Plastic Box

業者様からご依頼を頂いた電子機器のプラスチック製ボックスケースです。

ケース全体に成型時の歪があって、白などの明るい色であればこれがそんなに目立たないのですが、今回は「漆のような黒で」とご依頼を頂いていますので、まずはこちらを処理します。

 当て板に砥石を使って全体を#800で砥ぎ付けます。

細部まで足付けをする為、スコッチの他にナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って処理します。

 右が処理前、左が下地処理後の状態となります。

 ベースコートの黒を塗布し、ドライレタリングを貼り付けます。

 イラストはご依頼主様からIllustratorのデータを入稿して頂き、それを専門の業者様にてドライレタリングを作製して貰いました。

ドライレタリングの使用は今回が初めてなので、事前にテストも行っています。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 質感としては塗装屋デカールよりも「箔」に近い仕上がりとなります。

 その後60℃40分程の熱を掛けて完全硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

 今回は中に電子機器が入る為に開閉できる事が必要で、可動部の溝や接触する箇所にはクリアーを塗らないようにしました。

 ご依頼者様からは「模様の細かい部分も本当に綺麗な仕上がりで見とれてしまいました」とのお言葉も頂戴しました。

この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

フェラーリブランクキー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日艶消し黒の本塗りを終えていたフェラーリブランクキーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

今回は酷い塗装剥がれは無かったのですが、いつもの通り「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行ってからの上塗りとしています。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

また鍵本体の黒い部分は、ラバーコートが劣化してベタベタとしていた為、

 こちらも下地処理を行った後に艶消し黒で塗装を行っています。艶消しクリアー仕上げなので使っていて色が落ちたりはせず、もうベタベタになる事はありません。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

無線機用アンテナ塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていた無線機用の屋外アンテナの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は白い塗装が施されたプラスチックと、根本と先端にはメッキが施された金属部品で構成されていました。

 金属部分にはサンドブラスト処理をし、サフェーサーで下地を作っています。

 色は艶消し黒となります。

 接合部も綺麗に仕上がっていると思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ゼンハイザーE935マイク(from愛媛)塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたゼンハイザーE935マイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアー無しの黒メタリック仕上げだった物を、

事前にお貸出しした色見本帳の中から色を選んで頂き、

 配合データから色を作製して塗装しました。

 選んで頂いた塗色はマツダ純正色の「ガーネットレッドMC」(カラーコード:25F)で、

 「SENNHEISER」のロゴはシルバーとなります。またクリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります(オプションで変更可能です)。

 自然光でも撮影しました。

 使われている原色は7種類で、マルーン系をメインにレッドパール、ホワイトパールも入っています。

 ロゴのシルバーはいつもゼンハイザーに使っている塗色で、メタリック原色を3種に黒を少量入れています。

デカールでは無く塗装の為、塗りっ放しの仕上り(磨き無し)ですが段差は殆ど感じられないかと思います。

 今回はマイクとしては珍しい色なので、久しぶりにストロボを使った撮影もしておきました。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

HONDAカブヘッドカバー結晶塗装 完成

大変お待たせしました! 先日凸部を研磨していたホンダカブ用「放熱フィン付きシリンダーヘッドカバーCOMP」の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々アルミ無垢だった物を、

 結晶塗装の青に塗装し、

 「HONDA」の文字とフィンの上部を研磨して光らせました。

こちらも最初の画像を紹介しますね。

元々フィンの先端は丸みがあったので予め削って平らにしておき、

結晶塗装後に再びそこを削りました。

 露出したアルミ素地部分には最後にクリアーを筆で塗ってあります。

 元々フィンをフライスで切削するような製品では無い為、一部で削り難い所がありましたが、何とかなったかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!