SHURE SM58マイク キャンディーマゼンタ&クロマ風No.2塗装 完成

 こちらも大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHURE SM58ボーカルマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

2本の内の一本は先ほど紹介したピンク&白のグラデーションで、

 今回のマイクは本体とグリルリングをキャンディーマゼンタに、

 グリルメッシュ部をクロマフレア風No.2で塗っています。

 自然光で撮影しました。

 SHUREのロゴはシルバーで、裏と表に二カ所入れています。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 フラッシュを使って撮影もしました。

 メッシュに塗ったクロマフレア風No.2は「青→紫→赤→橙→黄」に変化します。画像だと紫~オレンジに見えますが、蛍光灯下だと紺にしか見えません。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難うございました!

SHURE SM58マイク ピンクグラデーション塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHURE SM58ボーカルマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

今回は2本ご依頼頂いた内の一本で、

 グリルボールをピンクゴールドに、

 本体は白~ピンクのグラデーション、さらにその上にパウダーパール PP304(コースガラスフレーク)を重ねています。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

SHUREのロゴはゴールドで、

 前後に合計二カ所入れています。

 ストロボを使った撮影もしました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

  光が当たるとキラキラとした輝きを発します。

一緒にご依頼頂いたキャンディーマゼンタの方も完成していますので、そちらも続けて紹介いたします。

cannondaleカーボンフォーク塗装 完成

 先日本塗りを終えていたキャノンデールのカーボンフォークです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、磨き処理を行って数日寝かしておきました。そして最後の計量も行いました。

最終重量は「289.2g」で、最初の重量が「301.6g」ですから、今回の塗装では12.4g軽くなりました。元々下に塗ってあった黄緑色の分が軽くなったといった感じでしょうか。

 そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介しますね。

元々綺麗な状態だったのですが、黒い部分を無くしてフォーク全体をグリーンのパールに、ロゴを改めてcannondaleの黒に入れなおしました。

 フレームの方はこれと同じ色なので、それと変わらないよう剥離する前に調色作業も行っています。

 ロゴの部分は磨き処理をしているので、平滑に仕上がっているかと思います。

 ホイール取り付け部は裏表共に塗装しないようにしています。

 ブレーキ取り付け部も同様に、最初の状態と同じようにしています。

 色の違いが判り易いよう、ストロボでも撮影してみました。

 設定は同じでも環境によって色味が違って見えるのが判ると思います。これは画像を見ているモニターによっても同様で、それについてはこちらの記事が判り易いかと思います。S-WORKSのフレームを塗った時の画像ですね(尚、現在フレームの塗装お受付はしておりません)。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

近くで見ると色々なパールが入っているのが判るかと思います。

 今回は調色作業も行っていて、タッチアップ用(もしくは何かあった場合の補修用)として塗料40グラムもご購入頂いております。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHURE BETA58Aマイク塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHURE BETA58ボーカルマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 元々はいつものグレーメタリックのつや消し(クリアー塗装無し)だった物を、

入稿して頂いたデータを基にデカールでロゴ入れを行いました。

 ベースカラーはVW社のキャンディーホワイト(カラーコード:LB9A)で、

 ロゴはシルバーとなります。

 こちらは自然光で撮影した画像です(先ほどはフラッシュを使っています)。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 使っているカメラはNIKONのD200、レンズは同社マクロの40mmです。操作はマニュアルなのでその都度違いますが、ISOは250で固定、露出は5.0くらい、シャッタースピードは1/50くらいです。ストロボを使って撮影する場合は、シャッタースピードを1/125、絞りをF16に出来るので、三脚を遣わずとも被写体全体にピントが合わせられるというのが便利です。

BETA58についているアルミ製のエンブレムは接着剤で固定されていて、これを破損させずに取り外すのは難しい為、マスキングで行っています。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

スバルWRX STIフロントグリルメッキモール塗装 完成

 先日本塗りを終えていたスバルWRX STIフロントグリルの左右メッキモールです。

その後60℃40分程の熱を掛けて磨き処理を行い、ビビり音防止の為のフエルトシールを元のように貼っておきました。

 そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介しますね。

元々は装飾クロムメッキが施されたABS樹脂製品で、そのまま塗っても十分な密着性は得られませんから、通常の塗膜と同様の強度(密着性)が保持できるよう、下地処理を施してから上塗りを行っています。

 色はスバル純正WRXブルー(カラーコード:K7X)で、

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 各画像はいつもの通り、サイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂き誠に有難う御座いました!