BMW MINIキーカバー塗装 完成

 大変お待たせしました!。先日本塗りを終えていたBMW MINI(R56)用の社外品キーカバーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は黒く塗装された新品状態で、艶もあって綺麗ではあったのですが、ゴミやハジキがあったのでそれらを処理してから上塗りを行っています。

色はBMW MINI純正のブリティッシュレーシンググリーンⅡ(カラーコード:A67)で、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

 元々はエンブレムバッジとメッキパーツが着いた状態で、それらはオーナー様に取り外しておいて頂きました。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 使われている原色としては、グリーンやブルー、黒以外に、メタリックとブルーパール・グリーンパール等が入っています。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

R35 GT-R カーボングリル塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていた日産スカイラインR35 GT-R用の社外品ウェットカーボン製フロントグリルのクリアー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーゲル(ポリエステル樹脂)の仕上げで、

また表面にはカーボン繊維の凸凹が出ていたので、これを研磨してクリアーを塗装し、さらにもう一度研磨してクリアーを塗っています。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

 

 マセラティリモコンキー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたマセラティの純正リモコンキーカバー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 元々は未塗装の着色樹脂で、全体に細かい凸凹があったのを「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地作業で滑らかな下地にしてから上塗りを行いました。

 色は色はスバル純正色「ダークブルーマイカⅡ」(カラーコード:52D)で、

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 裏側です。

こちらも最初の状態も紹介しますね。

こちら側も同じように最初は凸凹していました。

合わせ目部分はフランジ状になっていて隙間が出来るようになっています。こちらもサフェで埋まらないよう気を付けて処理をしています。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

BERINGERブレーキキャリパー塗装 完成

  大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたVMAXに装着予定のBERINGERブレーキキャリパー(リヤ用)の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はオレンジの着色アルマイト仕上げで、

 下地処理にはサンドブラストと、傷や打痕を修正する為にエポキシパテとサフェで処理しています。

 本体色は黒で、ロゴはVW社のキャンディホワイト(カラーコード:LB9A)を使用しています。ロゴデータは前回ご依頼頂いた時に作った物を少し変更して使っています。

 ボルトやガスケット取り付け部にはクリアーは塗らず、プライマーとベースコートの黒のみにしています。この辺りの仕様は前回と同様となります。

 ネジ穴の中はアルマイトがそのまま残っているのが判るかと思います。

 車体と固定する当たり面もクリアーは塗らずベースコートのみとしています。

 ロゴは前回と同様に片側のみとなります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠に有難う御座いました!

SHURE BETA58マイク レッド&ブルー レース塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHURE BETA58Aボーカルマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はいつものマイクに、レース生地を使って模様を入れました。

 下色にシルバーを塗装し、青→紫→赤のキャンディーカラーでグラデーションを施しています。

 またレース模様を施した時に段差が出来るので、本塗り後には一旦表面を研磨し、もう一度クリアー塗装を施しています。

 下色のシルバーに光が反射して、発色の良い(彩度・明度の高い)色味を表現してくれます。

 尚、今回グリル部分は塗装はしていません。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工(撮ったそのまま)となります。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

 ストロボを使った撮影も行いました。上の画像が正面となります。

 こちらは向かって左側です。

 こちらは正面に向かって右側となります。

 こちらは真後ろです。

 使用するレース生地についてですが、こちらは好みの物を購入して頂いてそちらを送って頂いても構いません。ただし素材によっては塗装に適さない物もありますので、何種類かをご用意して頂くか、こちらで実際に見て使えない場合には買い直して頂く事になるかも知れません。何卒ご了承くださいませ。以前実際にお持ち込み頂いた物で対応した事例がありますので、宜しければ以下リンク先をご参照くださいませ。

レース生地持ち込みによる施工例→>SHURE GLXD2/BETA58 Microphone

 当店で用意しているレース生地についてはこちらのページで紹介しておりますので、宜しければご参照くださいませ。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!