ホンダストリームインパネ塗装 完成

先日本塗りを終えていたホンダストリームのインパネについていた部品です。全体に埃が付いていたので水洗いをしてよく乾かしておきました。

それぞれを元の通りに組み付けていきます。

一応分解前の画像を沢山撮影しておきましたが、使われているネジは二種類だけなので特に迷う事も無く組付けが出来ました。

ビビリ音防止の為についていたフエルトテープは塗装前に剥がしていたので、そちらも元の通りに貼り付けておきます。

そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々はこの様な状態だった物を、

「研磨→プライマー塗布→サーフェサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行って素地を平滑にし、

スバル純正色のWRXブルー(カラーコード:K7X)で塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

ボケットの塗装は一回目は上手くいかず、2回目で仕上げています。

ポケットは一体成型で外せず、それでいて奥が深い構造で、塗れていたと思っていた箇所の肌が余り良く無かったので、2回目はそれを意識してしっかり塗り込んでいます。

触って頂くとサラサラスベスベシットリとした艶消しクリアーの質感を感じて頂けるかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠に有り難うございました!

パジェロフロントグリル塗装 完成

先日本塗りを終えていたパジェロフロントグリルです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、予め艶消し黒に塗っておいたステーと網を取り付けます。

固定はリベットなので、こちらも艶消し黒に塗っておきます。

それぞれを元の通りに組み付けて、

完成となります。大変お待たせしました!

その後改めて撮影を行いました。

最初の状態も紹介します。

元々状態は良く、一部何かの原因で塗装が剥がれてしまった箇所のみ下地処理を行い、

その後全体を元と同じ色=三菱純正色の「クォーツブラウンメタリック」(カラーコード :C06)で塗装を施しています。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

前回と同じく今回も【お任せ仕上げコース】ですので磨き処理は行っていません。

クリアーは高品位なタイプのクリアーとなります(通常はクリスタルクリアーですが、今回は同社STANDOX VOCエクストラクリアーを使用しています)。

劣化して白くなっていた黒いステーが塗り直された分、さらに経年を感じない状態になっているかと思います。

普通であれば10年も経っていれば飛び石傷の一つでもあるのが普通ですが、今回はそれが全くありません(塗装屋さんなら判ると思いますが、これはちょっと信じられない事です)。余程大切に扱われている車体なのだと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠に有り難うございました!

トヨタTE47ルームランプ&ナンバー灯塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたトヨタTE47トレノGT用のナンバー灯レンズと室内ルームランカバーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこのような状態だった物を、

全体をウェットブラストで研磨して一皮剥くようにし、裏と表それぞれ別にクリアー塗装を行いました。

特に大変だったのがルームランプカバーで、

ぱっと見は判りませんが、元々焼けていたような箇所では素材自体に細かいクラック状の劣化が生じていて、一度の塗装ではそれが残ってしまいましたから、本塗りとは別に下塗りのクリアー塗装を2回行っています。

ナンバー灯は表と裏それぞれ一回ずつの塗装で済んでいます。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

凸文字周りに溜っていた汚れも払拭しつつ、

文字もしっかり残っているのが判るかと思います。

裏側もツルツルです。

強い光に透かすと細かいクラック群があるのが判ったりするのですが、通常に使用する分には全く見えないので問題無いかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠に有り難うございました。!

インプレッサシフトパネル塗装 完成

  先日本塗りを終えていたスバルインプレッサの内装シフトパネルです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

小物入れになる部分は元々艶消しの黒が塗ってあって、同じ部分で塗り分けをするのとその際の仕上がりが悪くなってしまう事と、ゴムマットが敷かれる部分がザラザラしていて気持ち悪いので、一旦そこも一緒に本塗りを行い、最後に艶消し黒で塗り直しておきます。

艶消し黒はベースコートのみでクリアーは塗らず、ただし硬化剤を直接添加しておきます。【激安コース】の仕様ですね。

1コート目は塗り分けのバツ切り部分を避けるように塗り、2コート目でそこを含めしっかり全体に塗り込みます。

その後マスキングを剥がし、

再び高温期に入れて60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。これ単体で熱を入れる事は無いので(採算が合わないですし無用に環境負荷が掛かるのは避けたいので)、他の御依頼品を入れる時に一緒に行います。

さらに数日寝かしたら完成となります。お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々は艶消しシルバー(クリアー塗装無し)だった部分に、

前回御依頼頂いたステアリングスイッチパネルと同色の塗装を施しました。

艶具合もその時と同様にしています。艶消しと半艶の中間くらいといった感じとなります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

艶あり塗装に比べると比較的地味ですが、

実際にはそれよりもかなり難しい内容となっています。

ただ今回は前回御依頼頂いた時の調色済み塗料が残っていたのでそれを使えたことと、艶具合に関してもその時のデータを基に行っていますので、それらの作業が軽減出来たのが幸いでした。

ゴムマットが敷かれる部分は塗料ミストが飛んでザラザラでしたが、そちらも塗り直す事でサラサラの状態になっています。

似たような色・艶具合なので判り難いのですが、純正の状態より綺麗に塗り分けが出来ているかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご贔屓頂き誠に有り難うございました!

スバルエンブレム塗装(スモーク&レッド/枠艶黒) 完成

 先日アクリルプレートのスモーク本塗りを終えていたスバルレガシィセダンBLE用純正エンブレム一式です。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

塗装したメッキ枠とアクリルプレートを組み合わせ、

新たにレーザーでカットした両面テープを貼り付けたら完成です。大変お待たせしました!

尚、ここまでの撮影は現場作業用のカメラ=NIKON D40で、

完成時に撮影をするのは、同じくNIKONのD200なるカメラを使っています。

どちらの画像もサイズの縮小以外は未加工となります(撮ったそのままとしています)。

最初の状態も紹介します。

元々はこういった状態だったエンブレムを、

メッキの枠は艶ありの黒で、

アクリルプレートは裏側の青い被膜を削り落とし、新たにレッドキャンディーでの塗装を行い、

最後に表側からスモーク塗装を施しています。

背面の赤は、透明な塗色=キャンディーカラーの下にメタリックが透けて見えるようになっているので、

赤を透過した光が下色のシルバーに反射し、

さらに赤い塗膜を通って見えるようになるので、通常の塗色とは違った色味に見えるのが特徴となります。

同じ様に表層に塗ったスモーク塗装は「透過する黒い塗膜」となるので、

光の当たり方、見る角度によって色味=黒味が変わって見えます。最初の方の画像だと余りスモークが効いていないように見えますが、実車に着くと光源(太陽や照明)を背にして見るようになるので、エンブレム単体で見るよりも黒味を感じられるかと思います(ですのでスモークの塗り過ぎはかなり注意しています)。

当店ではメッキ素地に直接上塗り=スモーク塗装を行ったりはしていませんが、今回のようにアクリル樹脂で封入されたメッキであれば通常通り対応可能です。PMMA=アクリル樹脂はテールランプと同じですので全く問題御座いません。

もしくは今回のように「完全隠蔽」させてしまう塗色であれば、密着性の悪い装飾クロムメッキでも下地処理が出来るので通常の塗装と同じ様に対応可能です。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!