BMW MINIフロントグリル枠&ヘッドライトリム塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えておりましたBMW MINI F54ミニクラブマン純正のフロントグリルメッキ枠とヘッドライトメッキリム(リング)の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はABS樹脂に装飾クロムメッキが施されていた物で、これに普通通りの塗膜が出来るよう、下地を作ってからの上塗りとしました。尚、密着剤は使用しておりません。

裏側に着いていたプラスチック製のクリップと、ビビり音防止の為のクッションテープは元の通りに戻しておきました。

 色はソリッドカラ―のブラックで、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 塗膜の密着性については、通常の塗装と同等と考えて頂いて大丈夫です。

 密着剤(スプレー糊のような物)を使って塗装した場合、面で抑えている時は意外と大丈夫なのですが、何かしらきっかけがあるとそこからペリペリと剥がれて来たりします。

 また密着剤を使って塗った時のように、経年で効果が落ちて塗膜がペリペリと剥がれてくる事もありません。

ちなみに以前当店で塗装した物で一度そう言う事があったのですが、実際の部品を見せて頂くと、塗膜では無く下地のメッキ自体がプラスチックから剥がれて来てしまっていました。車種は三菱のパジェロで、同じように中古品のフロントグリルを手配したのですが、やはりそちらもその時点で既にメッキが劣化して剥がれ掛かっていました。

そうなると上から塗ってもどうしようも無く、ただそこまでのサイズのメッキを当店で剥がす事は出来ませんので、ご懸念の場合には今回のように新品部品をお手配頂くのが宜しいかと存じます(それにしてもそんなに簡単に純正部品のメッキが剥がれると言う事は無いのでビックリしましたが・・・)。

 画像はいつものようにサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

インプレッサ シフトカバー&シフトパネル塗装 完成

 大変お待たせしました!先日最後の本塗りを終えていたインプレッサWRX STI GVFのシフトカバーとシフトパネルの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々オーナー様自らペーパー掛けをされていた状態で、

また今回は新品時からの塗装が周りのシボ模様部分に食み出ていたと言う事もあり、シフトカバー全体を塗り直す事となりました。

またシフトパネル部は黒では無く、今回一緒にお預りしたこちらのステアリングスポークカバーのガンメタっぽい色を参考に塗装しています。

 周りのシボ部分はクリアーを塗らない【激安コース】の仕様で艶消し黒に塗装しています。

 シフトパネルは黒の上にパールを重ねて色を表現しています。

 それぞれを仮組みしてみました。

 最初に外していたゴムマットと裏の配線は元の通りに戻してあります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

NISSAN GT-R(KPGC10) S20 Engine Cover

 いつもの業者様からご依頼を頂いていた、日産スカイラインGT-R(KPGC10)のS20ヘッドカバーです。

 現状は濃いグレーの結晶塗装が施されていて、ただしその後使った痕はありません。

 オイルキャップのネジ山まで塗られているという、中々男前な仕様です(使っている内に塗膜片が中に落ちて行くのでは・・・)。

 この型のヘッドカバーとしてはあるあるの、端のネジ穴部分が折れて溶接されています。

この部分の表側には、塗装を剥がした後に凸凹のビード跡が出て来たので、エポキシパテで均しておきました。

 塗膜を剥離後、サンドブラスト処理(軽め)を行います。

その後リン酸処理→プライマー→サフェーサーを塗布し、表面を研磨します。

当て板の入らない細かい部分は、2ミリ~3ミリ厚のアクリル板を使って平らに研いでいきます。番手は#320→#400となります。

 その後はいつもだったら#600→#800まで仕上げるのですが、今回は腐食による浸食痕などが目立った為、

一旦艶ありの黒で全面を下塗りとしました。サフェ作業も行っていますが、さらに2度塗りも行います。

 その後熱を掛けて塗膜を硬化させた後、同じように今度は#600~#800で水研ぎを行います。

 浸食されていた部分は凹んでいる為、その都度拾いパテ(ラッカーパテ)で埋めるのが大変だったので、代わりにクリアーを塗ってしまおう、と言う作戦です。また#320~#400のペーパー目の目消しにもなります。

 艶のある所が研いでいない部分で、艶が消えている個所は全て当て板(主にアクリル板)とペーパーを使って研いだ部分です。

 その後凸部を#120→#180で荒砥ぎしておきます。今回既に一度研磨(塗装)されて凸文字部が薄くなってしまっていたので、エアーツール(ダブルアクションサンダー)は使わず全て手研ぎで行っています(この辺の作業が体に良くなかった為か、その後調子が悪くなってしまったので、ヘッドカバーの艶あり塗装は当面これを最後の仕事とさせて頂く事にしました)。

そしてスコッチとナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って足付け処理を行います。

そして本塗り完了です。

(今回は掲載する予定では無かったので途中画像が余り無く、作業内容はかなり飛んでいます)。

色はスカイラインHR31 1987年 GTS-R(800台限定)の「ブルーイッシュブラック」(カラーコード:BG8)となります。黒に見えますが濃紺で、パールやメタリックは入っていないソリッドカラーとなります。

 その後熱を入れて塗膜を硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

 凸部を研磨した個所は最終#800仕上げとなります。

 アルミ素地を出している凸部分には多少腐食が残っています(黒い点々状の個所)。

シングルサンダーを使ってもっと削ればこれらも取り除けますが、部分的に削ると歪むのでその場合は全体的に、ただそうすると「2000」と「NISSAN」の文字部がさらに薄くなってしまうのでここまでに留めておきました。

 この部分が折れていた部分です。ポリエステルパテは熱に弱いので使わず、エポキシ接着剤(3Mパネルボンド)のみで成型しています。

 オイルキャップのネジ山部分にあった塗膜も取り除いておきました。

今回のヘッドカバーは梨地では無いのですが、プラグホールとプラグホールの間に凹みや歪があるので、平滑にする為の下地処理(サフェ研ぎ)が必須となります。単に塗るだけでこういった仕上りにはなりませんのでご注意下さいませ。

 今回のような作業は身体への負担が大きい為、現在はお受付を停止させて頂いております。

ただし一部のヘッドカバーは対応している物もありますので、詳しくはこちらの業務連絡のお知らせをご確認くださいませ。

エアガンパーツ塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたエアガン用の亜鉛ダイキャスト製パーツの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々オーナー様によって素地調整は行われていましたので、今回当店では脱脂清掃→プライマー塗装→本塗りのみとなっています。

 色は黒で、クリアーは塗らない艶消しの仕様となります。

 ただしベースコート(黒)の塗装そのままだと通常はもっと艶が出てしまうので、副作用的に艶消し効果のあるベースコート(MIX008)を10%程添加しています。本来はフリップコントロール(パール・メタリックの正面と透かしの明度の調整)に使う原色で、15%までなら問題ありません。

 また硬化剤も10%添加しています。

それでは後程完成のお知らせメールを送らせて頂きます。この度も当店をご贔屓頂きまして誠に有難う御座いました!

VW GOLF R32エアベント&ワイパー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたフォルクスワーゲンゴルフR32のワイパーパーツとエアベントの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

エアーベントは元々未塗装の樹脂素地で、

ハイパーアームとカバーは艶消し黒の塗装が施されていました。

 今回はこれらをポルシェの「BASALT BLACK」(カラーコード:C9Z)に、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」で塗装をしています。色は事前にお貸出しした色見本からお好みの色(他の部品に自家塗装使った色の近似色?)を選んで頂きました。

 大変だったのは下地処理で、

 この網目一つ一つ研磨して足付け処理を行っています。

 ワイパーアームの根元部分とワイパーブレードが着く先端の部分はマスキングをして塗っています。

 カバーを取り付けてみました(向きは上下逆かも知れません)。

立てた状態で撮影してみました。

元々結構バリがあったのですが、何とか良い具合に仕上がっているかと思います。

升目の側面はどれも艶々に仕上がっているかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご贔屓頂きまして誠に有難う御座いました!