ロボット「Robi」&「Q-Bo」黒系パーツ塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたディアゴスティーニ社製のロボット「Robi」と「Q-bo」の外装パーツ一式の内、黒系パーツ32点の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々黒いパーツだったのですが、バリを削った跡などが残っていた為、同じ様に黒の塗装でご依頼を頂きました。

 ベースコートはSTANDOXの原色黒(MIX571)で、クリアーは2液ウレタンの艶消しクリアーをコートしています。

 「どうせ傷付いてしまうのでは?」と思うかも知れませんが、事前に耐久性のテストなども行って頂いてのご依頼ですので問題はありません。

 尚、先に赤系のパーツ白系のパーツも完成していて、それらは既に納めております。

 しっかりウェットで2コート塗り込んでいますので、ツルンとした艶消しに仕上がっているかと思います。

 ただし細かい箇所が埋まってしまうのを避ける為、クリアーの希釈は通常20%のところを30%にしています。大きい面積でこれをするとムラになり易いのですが、小物であれば殆ど気にならないかと思います。

逆にムラの目立つ車のボンネットに艶消しクリアーを塗る場合、シンナーを入れないで軟化剤を入れて塗る事もあります(とデモマンから進言を頂きました)。塗装した表面の乾燥を送らせてミスト(塗りムラ)を馴染ませて防止する方法ですが、延々乾かないのでゴミが付きやすいと言うデメリットもあります(なので私はしません)。

 ピニオンギア取り付け部には塗料が付かないようマスキングしています(黒なので判り難いですが・・・)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご利用頂きまして誠に有難う御座いました!

STI リヤアンダースポイラー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSTIリヤアンダースポイラーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はシルバーに塗られていた物を、

 STIのチェリーレッドに塗装しました。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 今回使ったチェリーレッドは、前回ご依頼を頂いたルーフアンテナの塗装の時に調色をして作った塗料が残っていたのでそれを利用しています。

 場合によっては使い切ってしまって余らない事もありますので、今回のように配合データが無い色をご依頼頂く場合は、今後の事を考えてタッチアップ用の塗料をご注文頂ければと思います(後からだと作れませんのでご依頼時にどうぞ)。

タッチアップ用塗料40g

 裏側です。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご利用頂き誠に有難う御座いました!

フォレスターナンバーフレーム塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスバル純正ナンバーフレーム(ナンバーブラケット)の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は足付け処理の為か全体にペーパーが掛けられたような状態で、またナンバープレートが当たっていた個所の塗装の剥がれなどもありましたが、ペーパーの番手はかなり細かく(#1500~くらい)、また傷は装着されれば見えなく部分なので、今回は足付け処理のみを行ってそのまま上塗りとしました。

 色はスバル純正の「ジャスパーグリーンメタリック」(カラーコード:SBC)で、

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 使われている原色は8種類で、メタリックの他にイエローパールとレッドパールも入っています。

また今回はこちらの色見本ミニカーマグネットの塗装も承りました。

裏に磁石を埋め込んであるので、メモなどを挟んでロッカーや工具箱に貼り付ける事が出来ます。詳しくはウェブショップをどうぞ。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご利用頂きまして誠に有難う御座いました!

NDロードスター内装パネル塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたNDロードスターの内装パネル塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は革のような模様が入っていた物を、「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった工程で平滑な下地を作ってからの上塗りとしています。

 色はソリッドカラーの黒で、

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります(オプションで同社「イージークリアー」から変更可能です)。

 一部の業界では艶あり黒の事を「ピアノブラック」と呼ぶようなのですが、自動車補修塗装(いわゆる板金塗装)の業界では余りそういう呼び方をしないので(今までの現場でそういった単語を言う塗装屋さんは居ませんでした)、当店でも基本的には「艶あり黒」と紹介しています。

 ソリッドカラーで大きく違うのは、今回のようにベースコートの上にクリアーを塗る「2コートソリッド」で、他にはクリアーを塗らない(クリアー自体に顔料が入った)「1コートソリッド」なる方法があります。STANDOXの場合だとむしろ1コートソリッドの方が材料費が高く、ベタベタして当工場の浄化装置の循環ポンプが固着してしまうので今は殆ど使う事がありません。ただ逆にその特性(密着性が高い)を利用して、二度塗り時の下塗りに使ったりしています。

 塗装前にはこの細い部分も中央辺りに窪みがあったのですが(シボ模様なので見ても判りません)、サフェーサーの下地処理でそれも平滑にしておきました。

クリアーには軟化剤を入れていませんが(今回の部品では入れる必要が無い程度です)、サフェーサーは厚塗りをしたのでそちらには念の為軟化剤を入れています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

BMW R1200RSパニアケース塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたBMW R1200RSの純正パニアケース蓋の塗装、本日完成です。

最初の状態も紹介しますね。

元々はグレーメタリックの艶消し仕上げで、左右共に傷があったので、「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった工程で下地を整えてからの上塗りとしています。

 今回は土台部分に着いた状態でお預りしましたので、

元の通りに組み付けて完成となります。

尚、分解組み付けに関してはサービスで行っておりますが、その際に生じる破損や不具合に関しては保証も補償もありませんのでご注意下さいませ。ご懸念の場合には予め分解した状態にしておいていただけますようお願い申し上げます(パニアケースの場合は別途部品保管費が必要となります)。

 色はBMW MOTO純正のアルピンホワイトⅢ(カラーコード:300)となります。

 また今回はクリアーを高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 「STANDOXを使って塗っている」と言ってもクリアーはピンからキリまであって、先日使用したVOCプラチナクリアーのように非常に磨き難く、出来れば普段は使いたく無いような物から、とても柔らかくて作業者の負担が少なくて済む!(その代わり傷が付き易い)なんていうクリアーもあります。

 画像はどれもサイズの縮小以外は未加工です。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!