日産ノートメッキフォグカバー&アンテナ塗装 完成

大変お待たせしました!先に本塗りを終えていたメッキフォグカバーと、先日本塗りを終えていたドルフィンアンテナの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 フォグカバーは元々装飾クロムメッキが施されていたので、通常の塗膜と同様の密着性を保持出来る下地を作ってからの上塗りとしています。

ドルフィンアンテナは元々白に塗られていたのですが、車体色とは違ったようで今回改めて塗装をご依頼いただきました。

 フォグカバーの方は艶ありの黒となります。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

元のメッキは剥がさずその上に塗装を重ねていますが、塗膜の密着性は通常の塗装と同様になっていますのでご安心くださいませ。念のためですが、密着剤の類は一切使っていません。

 ルーフアンテナは日産純正色のホワイト(カラーコード:QAY)となります。白をベースにイエローと黒が少量入ってます。

 こちらもクリアーはクリスタルクリアーとなります。艶あり仕上げの場合は別途オプションで変更が可能です(通常は同STANDOXイージークリアーとなります)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

レガシィフロントグリルメッキ枠塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスバルレガシィBN9の純正フロントグリルのメッキ枠です。

塗装した物は画面下のメッキモールのみで、本体部分は純正のままの状態となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は装飾クロムメッキの状態で、いかにも純正っぽいイメージでしたが、

フチが黒くなる事でかなり雰囲気が変わったと思います。

 色は黒で、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 立てた状態にしました。

 ちなみにフロントグリルを後ろで支えているのは、産業廃棄物の副産物で出来たポリエステル樹脂の塊です。凄く便利な使い方を見つけてしまいました(笑)。

 メッキを剥がさずに塗装していますが、塗膜の強度(密着性)は通常の塗装と同様とお考えいただいて大丈夫です(補修の際もフェザーエッジが出せる程になっています)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ホンダトゥデイヘッドカバー 結晶塗装 完成

先日結晶塗装のオレンジで本塗りを終えていたホンダトゥデイのヘッドカバーです。

凸文字部を研磨して光らせ、腐食の進行を遅らせる為にクリアーを筆で塗っておきます。

そして完成です!お待たせしました。

最初の状態も紹介しますね。

元々は黒の結晶塗装が塗ってあって、さらにその下にクリアーのような塗装が施されていました。

ボルト取り付け部とホースパイプ部には結晶塗装は塗らず、プライマーと艶消し黒(ベースコート)のみとしています。

撮影&発送は既に昨日終わらせていて、台風の影響が無ければ本日到着している筈です(ちなみに今日はさすがにクロネコヤマトさんは受付中止となっていました)。

 プラグホール周りは腐食が無かったのでマスキングをしてそのまま残してあります。

イベントがあるとの事で、今回こちらを装着して参加されたいとの事でした。台風の影響がなければ良いのですが・・・。

この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ホンダフリードピラーカバー塗装 完成

先日本塗りを終えていたホンダフリードの純正ピラーカバーです。

塗装前に剥がしておいたエプトシーラー(スポンジテープ)を元の場所に貼り付けます。

クッションテープはビビり音や風切り音の防止と、防汚の為に貼ってあります。

画面には映っていませんが、白いクリップも元のように戻しておきました。

そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介しますね。

元々は樹脂素地状態の未塗装品で、表面は若干ざらついた梨地の状態でした。

これに「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった作業を行い、平滑な下地にしてから上塗りを行っています。

色はボディ同色のホンダ純正色「MODERN STEEL」(カラーコード:NH797M)で、

クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

メタリックの他にパールの二種(アメジスト・レッド)が入っています。

いつも結晶塗装の目を撮影している時に使っているコンパクトカメラで近接撮影をしてみました。

使われているメタリックは中粗目(MIX811)で、こうやってみると結構不均一なのがよく判ります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠にありがとうございました!

NDロードスターヘッドカバー結晶塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたマツダNDロードスターのヘッドカバー、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はアルミ素地にクリアーのような物が塗られていて、シンナーでそれを洗い流した上でリン酸処理・プライマーを塗布しています。

色は鮮やかな結晶塗装の赤で、今回は日産系の「ドス黒い赤」を一緒に塗りましたので、最後にそちらと並べた画像も紹介します。

オイルキャップ取り付け部のゴムは外せないのでマスキングにて対応しています。

プラグホール回りは、プラグキャップが嵌らなくなるのを防ぐ為、結晶塗装はしないようにしています。ただし腐食しないようプライマーを塗った上でつや消しの黒(ベースコートの黒)を塗布しています。

塗膜を近くで見るとこのような模様になっていて、実は艶があるのが判ると思います。

色が判り易いよう、並べて撮影をしてみました。

今回の方がフェラーリのヘッドカバーなどを塗る場合に採用している鮮やかな赤で、奥のハコスカ用S20ヘッドカバーが「日産系のどす黒い赤」となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!