SHUREワイヤレスマイク マーブルレッド塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHUREのワイヤレスマイクBLX2/BETA58A、マーブルレッドの塗装で本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はいつもの艶消し黒でしたが、

 キャンディーレッドのラップ塗装でマーブル柄に仕上げました。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 裏側です。

 各画像はいつもの通り、サイズの縮小以外は未加工・未編集となります。

 自然光下でも撮影しました。

それぞれの模様がズレないよう、ラップを被せる時には各部品を組み付けた状態で行い、その後のクリアー塗装時には再び分解して塗っています。

 ラップを掛けた時点で塗装の表面は凸凹してしまいますが、その後クリアーを研磨して平滑にしてからもう一度クリアーを塗っているのでいつも以上に艶々に仕上がっているかと思います。

 インジケーターランプとボタン部分もマスキングで塗ったとは判らない仕上りに出来ているかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

NDロードスターヘッドカバー結晶塗装 完成

 こちらも大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたマツダNDロードスターのヘッドカバー、結晶塗装の赤で完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はアルミ素地に何かしらのクリアーが塗られていた状態で、シンナーでそれを洗い流した後にリン酸処理を行ってからプライマーを塗っています。

 色は鮮やかな赤の結晶塗装となります(他に日産系のドス黒い赤などがあります)。

 プラグホール周りはキャップが外れたりしないよう結晶塗装は塗らず、艶消しの黒で仕上げています。

 それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ホンダカブヘッドカバー結晶塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたホンダクロスカブ用ヘッドカバーの結晶塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はアルミ無垢の状態で、リン酸処理後にプライマーを塗ってから上塗りを行っています。

 色は鮮やかなイエローの結晶塗装で、参考としてタッチペン塗料なども一緒にお預りをしました。

 HONDAの凸文字部は研磨後にクリアーを筆で塗って腐食の進行を遅らせるようにしています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ゼンハイザーE845マイク塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたゼンハイザーE845のマイクとホルダーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はいつものこういった状態でして、

 そちらをVW社のキャンディホワイト(カラーコード:LB9A)に、

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様で塗装を施しました。

 マイクホルダーは変形する為、クリアーには軟化剤を入れたフレキシブル仕様としています。

 こちらは自然光下で撮影した画像です。

 どれもサイズの縮小以外は未加工となります。

 こちらはストロボを使って撮影した画像となります。

 使っているカメラ自体は同じ物ですが、背景にグラデーションペーパーを使い、光源にストロボを使って撮影しています。

 ここを広げてマイクを差し込む為、塗膜が割れないよう軟化剤を入れ、またマイクが当たる内側には塗膜が着かない様にしています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHUREワイヤレスマイク塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHUREのワイヤレスマイクSVX24/PG58の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

筐体はプラスチック製で、艶消し黒の塗装が施されていました。

 色は紫系のメタリックで、

 ブルーパールも入っています。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 また今回のマイクは下側のプラスチックパーツも外せた為、そちらも同色に塗装しています。

 「SHURE」のロゴは白のデカールで再現しています。

 こちらは自然光下で撮影した画像です。

 掲載している画像はサイズの縮小以外は全て未加工となります。

 グリルボールのメッシュ(網)部分は黒の塗装で塗り分けています。

 ストロボを使った撮影も行いました。

 「SHURE」のロゴは裏表に二カ所入っています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!