BMW RnineTヘッドカバー塗装 完成

先日本塗りを終えていたBMW R nineT2バルブスタイルシリンダーヘッドカバー一式です。その後二度焼きを行い、最後にフィン部を削ります。

最初は#120で粗研ぎし、

その後#180→#240→#320→#400→#500→#800と番手を上げてアルミ素地を光らせていきます。

このままの方が金属感が高いのですが、アルミ素地が露出したままだと腐食し易いので、

それの進行を遅らせられるよう、クリアーを筆で塗っておきます。

その後再び熱を入れて数日寝かしたら完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々はこの様な状態だった物に、

黒の結晶塗装を施しました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

この様な感じで組み合わさります。

ボルト取り付け部は固着し易いようなので結晶塗装は塗らず、プライマーとベースコートの黒で薄膜に留めています。

近くで見ると塗膜が幾何学模様になっているのが判るかと思います。

遠目からだと艶消しに見えますが、近くで見ると艶があるのが判ると思います。タオルで拭いても繊維が引っ掛からないのは表面が突起していないからですね。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

オーディオ用置物塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたオーディオのルームチューニング用置物、Acoustic Resolution Exciter RHR-21の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はザラザラとしたシルバーで塗装されていた物に、

艶消し黒の塗装を施しました。

最初に外してあったゴールド色のパーツは元通りに取り付けておきました。

穴の内側も普通の状態で見る限りではしっかり色は入ったと思います。

こちらは自然光での撮影となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

今回一緒にご依頼頂いている自動車内装パーツの塗装も先日完了していますので、

そちらと一緒に発送するようにいたします。

それでは内装パーツの完成までもう少々お待ちくださいませ。まずはこの度も当店をご贔屓頂きまして誠に有難う御座いました!

スバルWRX STIグリルモール&牽引フック塗装 完成

先日本塗りを終えていたスバルWRX STIのフロントグリルモールと、

CUSCO社の牽引フックです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

それぞれを組み付けて完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々はこのような状態だったチェリーピンクのフロントグリルモールと、

この様な状態だった牽引フックの赤い部分に、

SEAT社の「amarillo fluor」(カラーコード:S1E)で塗装を施しました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

こちらが表面で、

こちらが裏側となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

F50ブレンボキャリパー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたF50新品ブレンボキャリパーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこの様な状態で黒い塗装が施されていた物を、

既存の塗膜を全部剥がし、サンドブラスト処理で下地を整えた後、

BNR34ブレンボキャリパーのゴールドに似た色で塗装を施しました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

こちらのキャリパーは鋳造時の梨地の凸凹が大きいので、

目立つ正面=ロゴ周りのみエポキシプライマーとサフェで素地を均しています。

ロゴの赤はフェラーリロッソコルサ(カラーコード:300)を採用しています。

ボディ当たり面やシャフトを通す穴の内側などには膜厚がつかないようクリアーは塗らず、プライマーとベースコートの黒のみに留めています。

大抵再塗装の際にはここは塗らずアルミ素地そのままとなってしまうのですが、そうなると腐食が出てしまうので現在はこの部分にもプライマーだけは塗るよう、ただしそのままだと格好悪いので黒アルマイト風に艶消し黒にしています。また黒だと隠蔽力が高いので極薄膜に出来るというのも理由の一つです。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座いました!


キャリパー発送後、オーナー様からご感想のメールを頂きましたのでそちらを紹介させて頂きます。

「本日、ブレーキキャリパー届きました。大変綺麗に塗装して頂きありがとうございました。高畑さんにお願いして良かったです。大満足です‼️本当にありがとうございました。」

こちらこそわざわざご報告有難う御座いました!

ホンダN-VANメッキフォググリル塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたホンダNVANの純正メッキフォググリル塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこのようなABS樹脂に装飾クロムメッキが施された物で、

そのまま上塗り(今回の場合はつや消し黒塗装)を行っても塗膜は十分に密着しない為、

メッキ素地用の下地処理を行った上で塗装を行っています。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

ぱっと見はつや消し黒ですが、

若干量の白を入れたグレーとなっています。

今回見本としてお預かりしたプレートに仮合わせをしてみました。

今回は簡易的な色の作成(5分程度の作業で無料)と、艶具合についても「当店規定の艶消し」での対応となっています。

これも「出来る限り見本に合わせて欲しい」となると、別途調色費(2時間2万円~)と、艶調整費(色板塗装3枚2万円~)が必要となります(ただしこれらを行っても完全に同じ色になる訳ではありません)。

ただ今回のパーツであれば簡易的な色の作成と既定の艶消し仕上げでも違和感のない仕上がりになっているかと思いますのでこちらで十分かと思う次第です。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!