ムーブヘッドカバー&インマニ結晶塗装 完成

先日本塗りを終えていたダイハツムーブのヘッドカバーと、

インテークマニホールドです。

その後恒温機で120℃30分程の二度焼きを行い、凸文字部を研磨してアルミ地を光らせました。

腐食の進行を遅らせられるよう露出させたアルミ素地にはクリアーを塗っておきます。

その後60℃40分程の熱を掛けたら完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々は未塗装で凸文字など無い製品でしたが、

御依頼頂いたショップさんから送って頂いたデータを基に、

金属加工会社さんにて2mm厚のアルミ板をカットして頂き、

構造用エポキシ接着剤で固定し、さらに接合部周りをエポキシプライマーサーフェサーで僅かな隙間も埋め、

ブルーパールを混ぜた結晶塗装の黒で仕上げました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

ぱっと見は黒の結晶塗装ですが、

光に当たるとブルーパールの青味を感じられるかと思います。

被塗物(ヘッドカバー)本体と切り文字との間で僅かな隙間も無くすことで後から取り付けたとは判らない程の一体感を感じられるかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

参考までに左側が通常の黒の結晶塗装で、右側が今回のブルーパールを入れた結晶塗装です。それ単体だと色の違いは判り難いですが、こうやって見比べると色相の違いが判り易くて良いですね。

スバルエンブレムプレート(裏側のみ)塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスバル純正エンブレムのアクリルプレート2枚の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこのような状態だった物を、

裏側の青い被膜を削り落とし、

新たに裏側からスバル純正色の「クリスタルブラックシリカ」(カラーコード:D4S)を塗装しました。

表側からは何もしていません。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

光に当たると青味が見えますが、実際には青では無く「緑」による青味ですね。

ただし普通に見ると黒系メタリックにしか見えません。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHURE SM58S(オレンジ)塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHURE SM58Sマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこの様な状態だった物を、

読売ジャイアンツのイメージカラーであるオレンジ=RGB値232:121:0を参考にして色を作成し、

ご指定のロゴを黒のデカールで施工しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

グリルボールは黒の艶あり仕上げとなります。

こちらはストロボを使った撮影となります。

オレンジと黒の組み合わせは間違いが無いですね。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

今回のように小さい文字は塗装で表現する(マスキングシートをカットする)のは物理的に難しいですが、デカールに印刷してそれを貼り付ける事で対応が可能です。クリアーの下に貼っているので、塗装で行った場合と同様、使っていて擦り切れるという事はありませんからご安心くださいませ。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

スバルエンブレム&ナンバーベース塗装 完成

先日本塗りを終えていたスバルエンブレムのアクリルプレートと、後日別のターンで塗っておいたメッキ枠です。

元々貼ってあった両面テープは再利用が出来ないので、それと同じ形状にカットした両面テープを貼り直しておきました。

そして先日塗り終わっていたナンバーベースと共に完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

ナンバーベースは元々未塗装の黒い樹脂素地だった物に、

スバルインプレッサSTIスポーツの「セラミックホワイト」(カラーコード:M6Y)で塗装を施しています。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

そしてエンブレムです。

アクリルプレートの背面はそのままに、

表からスモーク塗装を施しました。

メッキの枠はそのまま上塗りを行っても密着しない為(経年や飛び石で簡単に剥がれてしまう為)、

メッキ素地用の下地処理を行ってから艶あり黒の塗装を施しています。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

クリアーは全て高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

アクリルプレートはそのまま上塗りを行うと思わぬトラブルが生じる為、一旦クリアーで下塗りをしてから本塗りを行っています。

メッキ素地への塗装も、密着剤(スプレー糊のような物)を使えば至極簡単に上塗りを終えられるのですが、

無用に飛び石傷が付いたり、高圧洗浄機を当てたら塗膜がバリっと吹き飛んだり、ガムテープを貼って剥がしたら塗膜も一緒に持っていかれたり、経年でペリペリと剥がれてしまう恐れがあるので、とても手間が掛かっていますが素地調整~下地処理を行ってからの上塗りとしています。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

Kawasaki ZRXテールランプ塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたカワサキZRX1200 DAEGの純正テールランプ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はクリアーレンズだった物に、

透過性の赤=レッドキャンディー塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

元々配線はタイラップで固定されていたのですが、塗装する際に邪魔だったので一旦外しておきました。元の通りに取り付けてありますのでご安心くださいませ。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!