2020年内の作業状況につきまして

平素は格別のご高配を賜りまして誠にありがとうございます。

幸いにして当店はCOVID-19の影響もなく、また多くの方々にご贔屓頂き、既に年内の作業は埋まりつつあります。

現在お預かりしている案件については年内完成を予定しておりますが、これから新たにお問合せを頂く案件については、完成が来年以降になる可能性が御座います。ご不便をお掛けして申し訳御座いません、何卒ご理解、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

 


今年は休みを増やすどころかGWも夏休みも殆どないような状況でして、ただ一時期酷かった頚椎の痛みは何とか凌げています。

引き続き自転車フレームなどお受付出来ない状況は続きますが、品質を落とさないよう精進していく所存ですので、何卒ご理解を頂ければ幸いです。

ゼンハイザーE945マイク塗装承ってます

 先日到着しておりましたゼンハイザーE945ボーカルマイクです。

こちらのオーナー様は以前同型のマイクをベージュ色でご依頼頂いた方で、今回新たに違う色でリピート頂きました。この度もご贔屓頂き誠に有難うございます!

色は「濃いめのキャンディーマゼンタ」のベタ塗りで、これに「ガラスフレーク」を、またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っております。

それぞれ紹介します。

左がキャンディーレッド、真ん中と右側がキャンディーマゼンタの濃い方と薄い方となります。今回はこれの中央の色で承りました。キャンディーマゼンタのその他の画像についてはこちらのページで紹介していますので宜しければご参照くださいませ。

  今回はこれにガラスフレークをコートします。少し前に発売されたSTANDOXの「コースガラスフレーク PP304」ですね。こちらは一般的なパールと同様下色を選ばないので、今回のようなキャンディーカラーとの併用も可能です。決して派手では無く、スポットライトに当たった時に光り輝く顔料です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。この度も当店をご贔屓頂き誠に有難うございます!

NISMOドライカーボン製導風板 本塗り4回目

先日「O」の赤までを塗っておいたNISMOのドライカーボン製導風板です。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

カーボン抜きにした部分の凹みが激しいので、ここからはそれを平滑にする為の作業となります。

ただし下地を出すとそこで一発アウトな為(恐ろしくて想像も出来ません)、余り攻める事は出来ず、ここでのペーパー掛けはある程度全体を均す程度に留めます。通常の2コート塗装(ソリッド・メタリックパール)なら多少下地が出ても修正は可能ですが、3コート塗装となると1ミリの傷でもその周辺最低100mmは暈しに必要なので各ロゴの再マスキングが必要で、塗り直しは結構大変です(出来ない事は無いですがそれはかなりの損失ですので・・・)。

フチは下地が出やすいので#1300相当の布状研磨副資材(アシレックスオレンジ)で足付け処理を行っています。

よく脱脂清掃し、

 クリアーを塗って本塗り完了です。

 まだ段差が残っているので本塗りと言うよりは下塗り的な作業です。

ただここでゴミが混入するとマズイので、作業自体は本塗りと同じくデリケートに行っています(これ単体では採算が合わなくなるので他のご依頼品と一緒に塗らせて頂いております)。

 ぱっと見は良い具合に見えますが、

まだあと二回は必要そうです。これがあるのでマスキングシートを貼ったままクリアーを塗るのは避けたかったのですが、カーボン抜きでこのシャープさを優先させるにはそれで間違いは無かったと思います。

この後はいつも通り一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

Z32シフトノブ クリアー下塗り4回目

先日3回目のクリアー下塗りを行っておいた日産フェアレディZ32の純正シフトパネルです。その後60℃40分くらいの熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。一回目に比べると大分良いですが、まだまだです。

今までと同じように砥石と#800を使って水研ぎを行います。また少し色気を出して#1500も使ってみました。

その後いつも通り#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)を使って足付け処理を行い、

 よく脱脂清掃し、

 クリアー下塗り完了です。

各工程でのクリアーは3コート塗っているので、この時点で計12コート分の膜厚となります。「一度に12回塗って研いだ方が早いんじゃ」「っていうか12コートも塗って大丈夫なの?」と思うかも知れませんが、その為にこうやって工程を別けて行っている訳で、こうすれば何ら問題はありません。

このまま無限ループに陥ってしまいそうですが、いよいよ次かその次で本塗り(スモーク)塗装を行おうと思っております。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ルノー純正シャークアンテナ塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたルノー純正シャークアンテナの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は艶あり黒に塗装済みだった物を、

ルノー純正色の「グリチタニウム」(カラーコード:KPN)に、

またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で塗装を施しています。

 塗装後の磨き処理も行いました。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!