KP61スターレットヘッドカバー結晶塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日凸部を研磨してクリアーを塗っておいたトヨタKP61スターレットのヘッドカバー結晶塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

腐食は見当たらなかったのですが、バフ掛けされて艶々としていたので、足付け処理としてこちらもサンドブラストを掛けてからの塗装としています。

 一緒にご依頼頂いたダットサンのヘッドカバーと同様、鮮やかな赤の結晶塗装となります(他にはどす黒い赤などがあります)。

 それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ダットサン ブルーバードヘッドカバー結晶塗装 完成

大変お待たせしました! 先日凸部を研磨してクリアーを塗っておいたDATSUN510ブルーバードのヘッドカバー結晶塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

全体に腐食が出ていたのでサンドブラスト処理を行ってからの塗装としました。

 色は鮮やかな赤の結晶塗装となります。

一緒にご依頼を頂いているスターレットのヘッドカバーも続けて紹介いたします。少々お待ちくださいませ!

ヘッドカバー凸部研磨~クリアー筆塗り

 先日本塗りを終えていた日産510ブルーバードKP61スターレットのヘッドカバーです。

その後二度焼きを行い、凸部を研磨して光らせます。

 エアーツールは使えないので小さい木片を当て板にし、一方向に研いで塗膜を削ります。

 最初は#120を使い、その後#180~#240~#320~#400と番手を細かくし、最後は布状研磨副資材で光らせます。

本来ならアルミ素地そのままの方が金属っぽく輝いて格好良いのですが、比較的早い段階で表面が腐食して黒ずんでしまうので、それの進行を遅らせるためにクリアーを筆で塗っておきます。

この後再び恒温器で60℃40分ほどの熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

トヨタスターレットヘッドカバー 本塗り

 こちらも先日サンドブラストを行っていたトヨタKP61スターレットの4Kエンジンヘッドカバーです。その後リン酸処理を行い、よく洗浄して乾かしてマスキングをしておきました。

まずは全体にプライマーを塗布します。

 先ほど紹介した510ブルーバードのヘッドカバーと同様、ホースパイプ部は結晶塗装を塗らないようにするので、プライマー塗装後にベースコートの黒を塗ります。

 ベースコートの黒が乾いたらマスキングをし、

 結晶塗装の赤を塗布します。

一緒に塗ったブルーバードのヘッドカバーに比べると素地の状態はとても良く、またサイズが小さいので控えめに塗っています。

 その後140℃程の熱を掛けると結晶目が現れます。

 色はブルーバードのヘッドカバーと同様、鮮やかな赤の結晶塗装になります。

 この後二度焼をし、その後凸文字部を研磨してアルミ素地を光らせます。

AISINの凸文字もやはり光っていた方が恰好良いのでこの後研磨して光らせ、最後にクリアーを塗って腐食の進行を遅らせるようにします。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

日産ブルーバードヘッドカバー 本塗り

 先日サンドブラストを行っていた日産510ブルーバードのヘッドカバーです。その後リン酸処理→洗浄→乾燥→マスキングを行いました。

 サンドブラストを掛けてみると予想以上に侵食・巣穴が多かった為、ある程度大きい穴には耐熱性のあるエポキシ接着剤(3Mパネルボンド)を埋めておく事にしました。

 その後60℃20分くらいの熱を入れ、プライマーを塗布します。ホースパイプ部分も腐食が出ているので一緒にサンドブラストを当て、ここにもプライマーを塗っておきました。

 ホースパイプ部には結晶塗装を塗らない為、代わりにベースコートの黒を塗っておきます。

 よく乾燥させた後、マスキングをします。

 そして結晶塗装用の赤(リンター)を塗布します。細かい穴が埋まるよう、ウェットで6コートくらいをしっかり塗り込みます。

 その後赤外線ヒーターで140℃くらいの熱を掛けます。格子状の棚板の下に、反射フィルムを貼った棚板を敷いて効率良く熱が掛かるようにしています(赤外線ヒーターの場合はかなり有効です)。

 巣穴があった箇所が凹んでいるのが判ると思います。このまま普通の塗装(艶あり)だと気持ちが悪い仕上がりになってしまいますが、

 熱が掛かって結晶目が出ると、こういった素地の粗さを目立たないようにしてくれます。結晶塗装が鋳造製品に多用されている所以です。

 ご指定いただいた色は鮮やかな赤となります。

 既に120℃~170℃で30分くらい熱を掛けていますが、この後恒温器(乾燥炉)でもう一度同じくらいの熱を掛けます。

最後に「DATSUN OHC」の凸文字を研磨してアルミ素地を露出させて光らせ、クリアーを筆で塗ります。

同時にご依頼頂いているスターレットのヘッドカバーも一緒に塗っていますので、続けてそちらも紹介いたします。少々お待ちくださいませ!