RB20ヘッドカバー等5点 結晶塗装 完成

大変お待たせしました!先日凸文字部を研磨してシーラーを貼り付けておいた日産RB20エンジンパーツ5点の結晶塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

既存の塗膜は全部剥離し、腐食(錆)が出ていたプラグカバーとタイミングベルトカバーはサンドブラストも行いました。

ぱっと見は黒に見えますが、ブルーパールが入っています。

 付属していたゴムは再利用出来たので元の通りに嵌めておきました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 実際に装着するともう少し角度がつく(平坦に見える)のですが、イメージが判り易いよう重ねてみました。

 光に当たるとフワッとブルーパールの青味を感じられます。

通常アルミプレートは剥がして新しい物に交換するのですが(曲がるので再利用は不可)、今回はオーナー様のご希望により「そのままの状態で塗装→凸文字部を研磨」と言う方法で行いました。露出させたアルミ素地には、腐食の進行を遅らせられるようクリアーを筆塗りしてあります。

ホースパイプ部も純正っぽい色で塗装しておきました。

 近接画像です。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

RB20ヘッドカバー等エンジンパーツ5点 下準備

先日お預かりしておりました日産RB20のヘッドカバー、プラグカバー、タイミングベルトカバー(上下)の部品5点です。

その後アルカリ洗浄槽に浸け置きし、シーラーを切り取ります。

とても特徴のある形をしたシーリングで、これを同じように再現するのは難しいですから、形を崩さないようカッターで切り落し、最後に同じ素材のシリコーン系シーラーで取り付けるようにします。

この後はヘッドカバー(タペットカバー)と一緒に溶剤槽に浸けて塗膜を剥離します。

プラグカバーの方も同様にカットしました。

こちらのプラグカバーについては、貼られているアルミプレートをそのまま塗装するので溶剤槽には入れず、再びアルカリ洗浄槽に浸けておきました(アルカリ液でもある程度塗膜は剥がれてくれます)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

日産RB20ヘッドカバー等エンジンパーツ5点塗装承ってます

先日到着しておりました日産RB20のヘッドカバー、プラグカバー、タイミングベルトカバー(上下)の部品5点です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容は以前施工した「結晶塗装の黒にブルーパールを入れた」仕様で、参考までにそちらの画像を紹介させていただきます。

ぱっと見は黒に見えますが、光に当たるとブルーパール(パウダータイプ)の青味が出てくる感じです。こちらのページで他の画像も紹介していますので宜しければご参照くださいませ。

タイミングベルトカバーはスチール製で、

一部には錆が発生しているので、旧塗膜の剥離後にサンドブラスト処理も承っています。

ヘッドカバー(タペットカバー)状態が良く、

ただし現状はシルバーの塗装が施されていますので、こちらも一旦剥離してからの上塗りとします。ぱっと見は判り難いのですが、アルミ素地が見れる部分と比べると色が違うのが判ると思います。

  プラグカバーは一部に腐食が発生しているので、こちらも旧塗膜剥離後にサンドブラスト処理を行います。恐らくですが、塗装が剥がれてそこから腐食したのではなく、腐食が出てそこの塗膜が剥がれていると思われ、塗装の下では全体に酸化が始まっていると思われます。

そして両面テープで貼り付けられたアルミプレートですが、普段であれば剥がして新品に交換となりますが(曲がるので再利用は不可です)、今回はそのまま一緒に結晶塗装を行い、最後に「NISSAN TWIN CAM 24VALVE」の凸文字部を研磨して光らせます。ちょっと高さ(厚み)が足りないかも知れませんが、恐らくは大丈夫だと思います(今までにはもっと薄い場合もありましたので)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ホンダクロスカブヘッドカバー結晶塗装 完成

 先日本塗りを終えていたホンダクロスカブの純正ヘッドカバーです。

最後に凸文字を研磨して光らせます。

  アルミ素地が露出したままだと腐食の進行が早くなるので、それを遅らせられるようクリアーを筆で塗っておきます。クリアーは普通の2液ウレタンなのでこの後また熱を掛けておきます(これ単体で熱を入れると採算が合わないので他のご依頼品と一緒となり、それによって少し多めに時間が掛かります)。

 そして完成です。お待たせしました!

色は黒で、この型のヘッドカバーでは初めてとなります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

ぱっと見はボディシューツを塗ったように見えますが、

 近くで見ると幾何学的な模様を描いているのが判ると思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ホンダクロスカブヘッドカバー 本塗り

 先日お預かりしておりましたホンダ純正のクロスカブ用ヘッドカバーです。

シンナーで洗い流すようにして脱脂清掃し、その後リン酸処理を行いました。

よく乾燥させ、マスキングを行います。アルミの輝きが無くなっているのは表面にリン酸による不働態被膜が出来た為で、これにより防錆・この後のプライマーの密着性が向上します。

今回のヘッドカバーを単体で塗装すると採算が合わないのですが、他に色見本キーホルダーとして作成する物も一緒に塗る事で何とかしてみました(他にも結晶塗装でお預かりしている製品があるのですが、そちらは掲載不可なのと、もう少ししてから本塗りを行う事にしました)。

 まずはプライマーを塗布します。

ちなみに金属に直接上塗り(結晶塗装)を行っても最初の内は大丈夫ですが、経年でペリペリと剥がれてきてしまいます。純正部品の塗装が剥がれるのはその為で、塗料(塗膜)自体が劣化したという訳ではありません。コスト上の問題でプライマーの塗装が省かれてしまっているのだと思います。

続けて結晶塗装用の塗料を塗布します。こちらはSTANDOXでは無く、大泰化工社のリンターなる製品となります。

これだけだと効率は良くないのですが、丁度時間が空いていたという事で先に塗らせて頂きました(テールランプ関係が始まると3週間以上後になってしまう恐れがありましたので・・・)。

焼き付け後、結晶目が現れます。

マニュアル上だと120℃15分なのですが、それだとどうしてもグニッとなる部分が残る気がするので、私的には20~30分、さらに恒温機で二度焼きするようにしています(ただしこれだけの為に熱を入れるのではなく他の被塗物も一緒に出来るようタイミングを合わせています)。

色は黒で、最後に「HONDA」の凸文字も研磨して光らせます。

 そしてミニカー型の樹脂製色見本です。

 厚みが無い物を選び、底面がフラットになるよう研磨してあります。

最後にいつものプレートに貼り付けてキーホルダーにしようと思っています。

↓こんな感じです。艶ありの黒と結晶塗装の黒の組み合わせが格好良いと思うので、試しに造ってみます。

ちなみに3個の内の一つは裏側にはレーザー彫刻でPRO_Fitのロゴを入れてあって、これ単体でキーホルダーになるタイプです。以前キャンディーレッドで塗装した物ですね。

ただ今回はサフェを塗っていなく、なので巣穴が結構あるのですが、そこはさすが素地の悪さを目立たなくしてくれる結晶塗装!という感じで、素体にそのまま塗るだけで予想以上に綺麗に仕上がりました。こちらも商品化出来たら販売したいと思います。

それでは作業が進行(または完成)しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!