BMW RnineTヘッドカバー結晶塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたBMW Motorrad R nineTのシリンダーヘッドカバーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこの様なグレーメタリックの艶消し仕上げだった物に、

土台部分をブルーパール+黒の結晶塗装、

カバーパネルには青の結晶塗装+ブルーパールの色で塗装を施しました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

今回はフィンの部分は削らずそのままの仕様で承っております。

土台とカバーを組み合わせてみました。

黒ベースに青色となると、同社R1200GSアドベンチャーのカラーリングを彷彿とさせますね。

ボルト取り付け部の4箇所はガスケットが固着してしまうという事で結晶塗装は塗らず、代わりにいつものようにプライマー&ベースコートの黒を極薄膜に塗ってあります。

溝が入っているこちら側が下になるかと思います。

違うカメラ(コンパクトカメラ)を使って近接撮影も行いました。

フィンの隙間の溝は気にしないで塗ると塗料が入らないので、ノズルパターンを細くして一本ずつ丁寧に塗りました。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

BMW RnineTヘッドカバー 本塗り

先日お預かりしておりましたBMW Motorrad R nineTのシリンダーヘッドカバーパネルです。

片方のカバーと土台には傷があるので、

ダブルアクションサンダー#120→#180で研磨して均します。

その後足付け処理の為にサンドブラストを行います。

ちなみに当店にある吸い上げ式のサンドブラストでは塗膜を剥がす程の威力は無く、ただブラスト専門店にて強力な直圧ブラストを御願いする場合も現在は結局塗膜は剥がしてからの受付となっていますので、そのまま発送するという事はありません。既存の塗膜を全部剥がすのは結構な手間(コスト)が必要なのです。

ブラスト作業後、全体をシンナーで洗い流す様にして脱脂洗浄を行い、

まずはプライマーを塗ります。

プライマーは金属が露出した箇所のみで良かったのですが、塗って悪い事は無いので一応全体に薄く塗っておいています(目では見え難い角とかで金属が露出していた場合を考えて)。

また今回はヘッドカバーのボルト取り付け部には結晶塗装はしないよう承っていますので、その部分にはベースコートの黒を薄膜で塗っておきます。

同様にカバーパネルの裏側にもベースコートの黒を塗っておきます。特に機能上良くなるような事は全く無く、単に格好良く見える為だけですね。

ボルト部分4箇所をマスキングします。同じ物を扱うなら決まった事をやるだけなので簡単なのですが、毎回違う物となるとそれぞれに対応しなければならない為、各サイズにカットしたマスキングシートを予め用意しています。

蓋は板の上にネジで固定しておきます。

土台となるヘッドカバーは黒に若干のブルーパールを入れた色で、

カバーパネルはブルーにブルーパールを入れた仕様で承っています。

まずは土台のヘッドカバーを塗ります。

塗料が入り難い部分(溝や穴)は先に塗っておき、その後全体に4~5コートを塗り重ねています。

その後熱を掛けて結晶目を出しつつ、カバーパネルの塗装を行います。

どちらも塗り終わったら一緒に140℃程度の熱を掛けて焼付けます。

ぱっと見は黒にしか見えませんが、

若干のブルーパールが入っているので通常の黒とは違った見え方となります(と言っても知らないと判らないレベルですが)。

この時点で結晶目は出ていますが、塗膜は若干柔らかい感じがするので、後日今度は恒温機で120℃30分程の熱を掛けて二度焼きを行います。

ただこれだけで熱を掛けるのは勿体ないので、他に熱を入れたい物が出来たら一緒に行う予定です。ちなみに通常のプラスチックパーツ(テールランプ等)に120℃の熱を掛けると変形してしまいますが、恒温機は保温性が高いので加熱が終了して70℃くらいに温度が落ちた時に扉を開けて追加したい物を入れるとその後60℃前後で40分程の熱を掛けられたりします(気温が低い冬場は追い焚きをしたりします)。

今回は凸部を研磨する作業が無いので、2度焼きを行って数日寝かしたら完成となります。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

TOYOTA 2000GTヘッドカバー塗装 完成

先日本塗りを終えていたトヨタ2000GTのヘッドカバーです。その後二度焼きを行っておきました。

凸部を研磨してアルミ地を光らせ、

よくエアーブローをして研ぎ粉を清掃したら完成です。お待たせしました!

車体に装着されるのは一個ですが、今回は2個(2台分)同時に御依頼を頂きました。

最初の状態も紹介します。

一緒にお預かりしているFRP製のエアークリーナーボックスは現在下地処理中です。

また今回はそれぞれのヘッドカバーで区別がつくよう、特徴のある箇所を記録しておきました。このネジが着く丸い部分に突起が出ている方が左側の物ですね。「Q」としておきます。

仕様はいつもの通り(純正と同じく)結晶塗装の黒となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

こちらの方が「Q」ですね。画像の状態で見て「2000」の左側二つ目にあるネジ穴の丸い部分に突起があるのが判ると思います。

こちらは元々白っぽくなっていた方(塗装前の画像の右側の物)です。

「2000」の左側二個目の丸い部分に突起が無いのが判るかと思います。

こちらは白い方で、

こちらは「Q」の方ですね。

一緒に御依頼頂いたFRP製のエアークリーナーボックスの塗装も完了していますので、後ほどそちらも紹介します。

TOYOTA 2000GTヘッドカバー 本塗り

先日旧塗膜を剥離しておいたトヨタ2000GTのヘッドカバー2個です。その後リン酸処理を行い、よく乾燥させておきました。

まずはプライマーを塗布します。

続けて結晶塗装用の塗料=リンターを塗布します。

が、この時はちょっと塗り過ぎてしまい、チヂレ目が荒れてしまったので、

一旦全部シンナーで洗い流し、プライマーからやり直しました(手前がそうです)。その間にもう一個の方(奥)を塗装し、そちらは綺麗に結晶目が並んだので、その感覚を活かして塗り直すようにしています。

ちなみに塗り足りなかった場合=結晶目が細かすぎる場合は、焼き切る前にそのまま塗り重ねる事もあります。先日塗装を行ったRB26のタペットカバーがそうで、日記上では紹介はしていませんでしたがあちらもやはり1度では上手くいかず、その後塗り直す事で結晶目を揃えています。

こちらのヘッドカバーは鋳造素地の状態が良くないので、細かい結晶目だとその粗が残ってしまいますから、それを考えて比較的しっかりとした結晶目を出したい反面、塗り過ぎて結晶目が汚くなってしまう傾向が強いです。塗りながらそれが判れば良いのですが、熱を入れてみないとそれらが判らないのが本当に難しいところです。

一回塗れば大体どのくらいの厚みが丁度良いのかが判るので、塗り直した次は比較的理想に近い結晶目に仕上げられるようになります。

一度目の焼き付けは赤外線ヒーターで、140℃ ~170℃程の熱を30分程掛けています。

2個同時に塗っていたらどちらも塗り直しになっていましたが、順番に行う事で一個分=3回だけの塗装で済んでいます。

全体に満遍なく均一にしっかりとした結晶目が出ているのが判ると思います。

この後は恒温機で120℃30分程の2度焼きを行い、最後に凸部を研磨して光らせます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMW RnineTヘッドカバー塗装承ってます

先日到着しておりましたBMW Motorrad R nineTのシリンダーヘッドカバーパネルです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

御依頼内容は結晶塗装で、こちらの土台部分は「黒+ブルーパール」に、

この時の色ですね。

こちらのカバーパネルは、「ブルー+パール」の色で承っております。

この時の色ですね。

多少傷が付いているので、そちらは研磨して均しておきます。

尚、今までの施工事例ではフィン部分を研磨してアルミ素地を光らせていましたが、今回はそれは行わず「塗りっぱなし」の仕様となります。一応以前施工した時の画像も紹介します。

ウェブサイトで紹介しているのはこちらだけですが、その後ディーラー様より直接の御依頼も頂いています。

また今回はボルト取り付け部には結晶塗装は行わず、いつものプライマー塗装&ベースコートの黒を薄膜で塗るようにします。この時と同じような感じですね。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!