HONDAカブヘッドカバー結晶塗装 完成

大変お待たせしました! 先日凸部を研磨していたホンダカブ用「放熱フィン付きシリンダーヘッドカバーCOMP」の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々アルミ無垢だった物を、

 結晶塗装の青に塗装し、

 「HONDA」の文字とフィンの上部を研磨して光らせました。

こちらも最初の画像を紹介しますね。

元々フィンの先端は丸みがあったので予め削って平らにしておき、

結晶塗装後に再びそこを削りました。

 露出したアルミ素地部分には最後にクリアーを筆で塗ってあります。

 元々フィンをフライスで切削するような製品では無い為、一部で削り難い所がありましたが、何とかなったかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

HONDAカブヘッドカバー凸部研磨

 先日本塗りを終えていたホンダカブ用「放熱フィン付きシリンダーヘッドカバーCOMP」です。

 まずはいつも通りHONDAの部分を削って光らせ、

 一旦そこはマスキングし、続けてフィン部分を研ぎ付けます。

 最初は#120で初めて最後は#800で光らせます。鏡面では無くヘアーラインの残る仕上りとなりますので研ぐ方向は縦方向のみなので今回のように行き止まりがあると中々厄介です。HONDAの凸文字の20倍くらい時間が掛かりました・・・。

 研ぎ作業が終わったらよく清掃し、アルミ素地の腐食の進行を遅らせる為にクリアーを筆で塗っておきます。

 クリアーは通常の2液ウレタンクリアーなので、この後もう一度熱を掛けて塗膜を完全硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

HONDAカブヘッドカバー結晶塗装 本塗り

先日お預りしておりましたホンダカブ用「放熱フィン付きシリンダーヘッドカバーCOMP」です。

 今回は放熱フィンの天面も研磨して光らせるよう承っておりますので、塗装前にある程度削って面を平らにしておきます。

 その後リン酸で化成処理を行い、よく洗浄して乾かしマスキングを行ったら本塗り開始です。

 まずはプライマーを塗装します。

 尚、テールランプと同様、結晶塗装もそれ単品での施工だと採算が合わない為、何個かを纏めて作業するようにしています。今回はいつもご贔屓を頂いている業者様から、古い車のインパネと一緒に作業を行っています(昔の車は内装に結晶塗装が多く採用されていました)。

 結晶塗装用の塗料を塗布後、140℃くらいの熱を掛けて本塗り完了です。

結晶塗装は1液の熱硬化型で熱で硬化しますが「耐熱」と言う訳ではありません。そもそもヘッドカバーにはそれほど熱が掛かりませんので、耐熱塗料を使う必要はないのです。また2液ウレタン塗料も必ず熱を入れますが、これを「焼付け」と言うのは間違いです。

後日「HONDA」の凸文字と、各フィンの天面を削ってアルミ地を光らせ、腐食の進行を遅らせる為にクリアーを塗っておきます。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

アウディTT樹脂製エンジンカバー結晶塗装 完成

 大変お待たせしました!先日フォーリングのエンブレムを取り付けていたアウディTT樹脂製エンジンカバーの結晶塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は未塗装の黒い樹脂素地で、

凸文字部分は樹脂の成型そのままにシルバーがプリントされた仕上りでした。

 下地処理はサンドブラストで足付け処理を行い、

 まずは最初にグレーシルバーの結晶塗装を塗りました。

 その後にこちらのプラグ上部に当たる部分を結晶塗装の赤に仕上げています。

 赤はフェラーリのヘッドカバー塗装に使っている鮮やかな赤を採用しています。

 塗り分けはブツ切りのマスキングで、ここを綺麗に仕上げる事に気を遣いました。

 フォースターのエンブレムは粒子が細かく高輝度なメタリックのシルバー(STANDOX JLM-906)とクリスタルクリアーで艶有りの塗装にしています。

 凸文字は塗装前に研磨してシャープに仕上げ、同じように高輝度なシルバーで塗装しています(クリアーは塗っていません)。

日記では紹介していませんが、実は赤い部分は一度塗り直していて、理由は結晶目が余り綺麗では無かった事で、本来であれば塗装直後にシンナーで洗い流してしまうのですが(PA=ポリアミドは耐溶剤性が高いのでシンナーで洗っても大丈夫です)、今回は先にグレーシルバーの結晶塗装を終わらせていた為にそれが出来ず、焼付硬化後、表面を研磨して塗り直しています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

アウディTT樹脂製エンジンカバー エンブレム接着

 先日結晶塗装の本塗りを終えていたアウディTTの樹脂製エンジンカバーと、シルバーに塗装したフォースターエンブレムです。

 このエンブレムが取れ易いとの事で、今回は接着力の高いエポキシ接着剤(3Mオフホワイト)を使用(併用)する事にしました。

今回のエンジンカバーは素材がPA(ポリアミド)樹脂の為、如何に接着力の高いエポキシだとしてもそのまま塗ると剥がれてしまいます。これはPP(ポリプロピレン)でも同様です。

ですので塗装と同様にペーパー等で足付け処理をし、プラスチックプライマーを塗ってから接着します。

 反対型(表面)に接着剤が食み出るまで盛ったら、エンブレムを装着し、さらに突起部分を半田ごてで溶かして潰します。金属で言うカシメみたいな感じですね。

貼り付けたエンブレム部に布を当て、マスキングテープで押さえつけるようにしてしっかり固定します。後はこのまま寝かしておき、接着剤がある程度固まったらマスキングテープを剥がして熱を入れてしっかりと硬化させておきます(布を当てたままやマスキングテープを貼ったまま熱を入れると跡が残るので注意が必要です)。

尚、瞬間接着剤は便利な反面、60℃程の熱で効果が無くなってしまうので(剥がれてしまうので)今回のような場合にはNGです(まだセメダインスーパーXの方がマシです)。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!