BMWインテークマニホールド結晶塗装 完成

 大変お待たせしました!先日エンブレム部分の塗装を行っていたたBMW E30の純正インテークマニホールド、本日完成となります!

 塗装は結晶塗装のグレーシルバーで、

 フィン部とエンブレムの凸部を研磨して光らせ、最後にクリアーを筆で塗ってあります。

BMWのエンブレム部分は結晶塗装は塗らず、プライマー→アルピンホワイトⅢ→BMW Light Blue 5002→黒としています。水色の塗り分けが意外に難しく(凸形状に合わせると曲がってしまう為)、一度塗り終わってから部分的に塗りなおしています。

 ガスケットが当たる面やインジェクションが入る部分はマスキングしています。

 その他ネジやネジ穴、シールが入る部分にも塗料が付かないようにしています。

 それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました!

BMWインマニ ロゴ部塗装

先日結晶塗装を終えていたBMWインテークマニホールドです。その後恒温器(乾燥炉)で二度焼きを行っておきました。

まずはロゴの上下にあるフィン部分を研磨します。#120から始めて最終#800で研いで光らせています。

保護用に貼っていたガムテープを剥がし、

BMWロゴ部分の凸部を軽く研磨し、マスキングを行います。

中央の格子部分が中心からズレていて、しかも斜めになっているのが判ると思います(これに後で悩みました)。

まずはALPIN WEISSⅢ(カラーコード:300)を塗布します。

ブルーは以前作成した塗料が残っていたのでそちらを使います。BMW(STANDOX)オフィシャルの配合データから作っています。

一度には塗れないので、それぞれ分けて塗装します。

使用しているスプレーガンはSATAのエアーブラシで、奥が口径0.5mm、手前が0.3mmです。ニードルとキャップを交換する事で口径が変えられます。

中央の円をマスキングし、

黒を塗りました。こちらは原色ままとなります。

配置を間違えたら大ごとですので、こういった事もチェックしながら作業しています。

凸の段差が浅いので、塗装した箇所を傷付けないようマスキングテープを貼ります。ちなみにガムテープでは厚みがあり過ぎて使えません。

予め最初の段階で粗研ぎをしておいたので、凸部の頂点に着いた塗装を削り落とす程度でOKです。

水色の塗り分けはフィン状の凸部を無視して垂直にしたのですが、こうやってみるとどうも曲がって見えてしまう為、この後塗りなおす事となりました。現在は画像より自然な感じになっていますのでどうぞご安心くださいませ(完成画像でご案内いたします)。

この後はアルミ素地が露出した凸部にクリアーを筆塗りし、さらに熱を掛けて数日寝かしたら完成となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

RB26→RB28凸文字加工

 先日お預かりしておりました日産GT-RのRB26エンジンタイミングベルトカバーです。

 これの裏には綺麗な形にされたシリコンシーラーが塗ってあるので、それを崩さぬようカッターで切り取ります。塗装後にシリコーン接着剤で元の通りに貼り付けます。

 その後溶剤槽に浸け置きし、途中ダブルアクションサンダーやワイヤーブラシなどを使って旧塗膜を剥離しました。

 窪んだ箇所などは取り難いので、サンドブラストを当てる事にしました。

 裏側も綺麗に剥離してあります。

 そして「6」の部分を削ります。最初からベルトサンダーを使うと角に引っかかって切れてしまうので、最初はアルミ用のディスクグラインダーを使って粗研ぎします。

 続けてベルトサンダー、ロロックディスクサンダー、ダブルアクションサンダーを使って完全に除去します。

 そして「8」の形にカットしたマスキングシートを、素材となる3ミリ厚のアルミ板に張り付け、

 バンドソーで粗切りします。

 続けて2.5mmのキリを使い、ボール盤で穴を開けます。

 大体の形に切り出しました。

 そこからは棒ヤスリなどを使って形を整えていきます。

 ネチネチとした作業を繰り返し、裏表同じようになるように仕上げます(意外と表は良くても裏が駄目という事があります)。

 実際に置いてみて問題無ければ接着の準備となります。ちなみにタイミングベルトカバーは既にリン酸処理も済んでいます(ただしリン酸被膜は極薄膜なのでこのままでは長くは持たず、結果プライマーの塗装が必要となります)。

 「8」の接着面をダブルアクションダンサーで研磨し、金属用の接着剤(3Mオフホワイト)を準備します。

 親の仇くらいによく混ぜたら隙間なく塗りこみ、

 所定の位置に合わせて固定します。

 その後60℃30分程の熱を掛け、熱々でまだ柔らかいうちに食み出た接着剤をカッターで取り除きます。画像は既に余分を除去した状態です。

 今回は結晶塗装では無いのでこの後プライマー、サフェーサーを塗る予定ですが、少し心配になったので一応この時点で隙間にエポキシプライマー(サフェーサー)を塗っておく事にしました。

毛細管現象を利用し、隙間にしっかりエポキシプラサフを埋め込みました。この後他のご依頼品と一緒に熱を入れて塗膜を硬化させます。

後日、当て板に#120の空研ぎペーパーを貼り、他の「RB2」と同じ高さに「8」を削りました。

隙間は埋まっていましたが少し凹んだ感じになっていたので、念のためもう一度エポキシプラサフを塗り込んでおきます。結晶塗装ならそのままで十分でしたが、今回は艶あり黒なので粗が目立ちますから細部まで気を遣っておきます。

この後は少し寝かし、表側をプライマー+サフェーサー、裏側をプライマー+ベースコートの黒(つや消し黒)を塗る予定です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMW E30インテークマニホールド 本塗り

先日お預かりしておりましたBMW E30の純正インテークマニホールドです。

その後アルカリ洗浄槽に浸け置きをして汚れを落としておきました。

各部をマスキングし、ブラストボックスに入れ、

サンドブラスト処理を行いました。

この後はリン酸処理をし、綺麗に洗浄します。

リン酸処理後にもよく洗浄し、水気を乾かしたら各部をマスキングして台にセットします。

裏側も塗る為、台にボルトでしっかりと固定しています。

まずは台ごとひっくり返した状態で、

裏側にプライマーを塗布します。

台が固定されているので取り回しは面倒なのですが、以前作成した回転台のお陰で簡単に回せて作業が非常に楽になりました。重量をまるで感じさせません。

その後表面にひっくり返し、こちらも満遍なくプライマーを塗布しておきます。

中央のBMWのエンブレムは白・青・黒で塗装を行うので、

マスキングをしておきます。

この部位は凸が低いので、前回施工した時と同じようここは結晶塗装をしないようにします。

結晶塗装用の塗料(リンター)を塗布し、140℃~170℃程の熱を掛けて本塗り完了です。お待たせしました!

色は以前アルファロメオのヘッドカバーに塗ったようなグレーシルバーとなります。

塗る順番としては、最初のプライマーと同様に先に内側を塗るだけ塗ってからひっくり返し、表側を塗るだけ塗ったら再び裏側をこの状態で塗るといったやり方です。

ヘッドカバーであれば大抵2~5個くらいをまとめて塗っていますが、さすがにこちらはこれだけで体力(と集中力)が一杯いっぱいといった感じです。

この後は台から取り外し、今度は恒温器(乾燥炉)でもう一度140℃20分くらいの熱を掛けて焼き付けます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

スズキK12B樹脂製ヘッドカバー 結晶塗装承ってます

先日到着しておりましたスズキK12B樹脂製のヘッドカバーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容は鮮やかな赤の結晶塗装で、さらにそれにイエローパールを加えて多少なり変化を出すような方法で承っております。またこちらに手作業で足付け処理(ペーパー掛け)を行うのは物理的に難しい為、下地処理としてサンドブラスト作業も行います。

赤の結晶塗装にパールを入れる仕様に関しては、以前レッドパールを使った案件がありますのでそちらを紹介させて頂きますね。

こちらはマツダのNDロードスターのヘッドカバーで、ぱっと見は通常の結晶塗装の赤に見えますが、赤のパールを添加してあったりします。

また今回と同じ製品で結晶塗装を行った事例もありましたので、そちらも紹介をさせて頂きます。

見る限りでは同じ形なので、今回ご依頼頂いたヘッドカバーもスイフトに装着されるのかも知れません。その他の画像はこちらのページからどうぞ。

また同じスイフトでアルミ製の物もあったのでそちらも紹介をさせて頂きます。どれだけ出て来るんだって話ですが・・・(笑)。

似てはいますが形は全然違いますね。その他の画像はこちらのページからどうぞ。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!