TOYOTA1600GTヘッドカバー塗装 完成

先日本塗りを終えていたトヨタ1600GTのヘッドカバーです。その後120℃30分程の熱を掛けて二度焼きを行い、最後に凸文字部を研磨してアルミ地を光らせました。

さらに露出した素地部にクリアーを筆塗りし、その後60℃40分程の熱を掛けておきました。腐食の進行を極力遅らせられるようにですね。

そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態を紹介します。

元々旧塗膜は剥がれた状態で、

頂いた画像を参考に、トヨタワークス_151Eエンジンのような明るいブルーの結晶塗装を施しました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

昔の記事に比べると紹介する画像の数がかなり増えていますが、

実際にお逢いする事は無く、また実物を見せられないのであれば、これ以上説得力のある事は無いかと思っています。

また昔に比べてレンタルサーバーの容量も大分増えたので、画像数が増えるくらいなんでも無くなったというのが良い点ですかね。

頂いた画像を参考にし、意識して結晶目を大きくしています。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

トルネオユーロR ヘッドカバー塗装 完成

先日本塗りを終えていたホンダH22A型アコードユーロRのヘッドカバーです。その後恒温機で二度目の焼き付けを行い、凸文字を研磨してアルミ地を露出~光らせました。

本来はそのままの方が金属感があって良いのですが、空気に触れていると酸化して曇ってしまう為、腐食の進行を遅らせられるようクリアーを筆塗りしておきます。

その後さらに60℃40分程の熱を掛け、数日寝かしたら完成となります。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

大事にされていたようで塗膜自体はかなり残っていたのですが、新品時の塗膜は密着性が悪いので(プライマーが塗っていないので)、端の方からは経年劣化でペリペリと剥がれてきていました。

それらを全て剥がし、リン酸を使って化成処理を行い、プライマーを塗って改めて同じような色で塗り直しました。

フェラーリ等のヘッドカラーに採用している鮮やかな赤に比べると、こちらは黒ずんだ赤となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

ホースパイプ取り付け部もシルバーで塗り直しておきました。

色の比較として、今回一緒に塗ったマセラティギブリのヘッドカバーと並べて撮影しました。鮮やかな赤と、どす黒い赤の違いが判り易いかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

TOTOTA1600GTヘッドカバー 本塗り

先日お預かりしておりましたトヨタ1600GTのヘッドカバーです。

そのままでも塗れる状態だったのですが、裏側の固着したオイル汚れが酷く、これを綺麗にしようとアルカリ洗浄槽に数日浸け置きしたのですが全く効果が無く、だったらという事でその後溶剤槽に浸けたのですがそれでも効果が見られず、いっその事サンドブラストを掛けてしまうか・・・と思ったのですが、

丁度重曹を使ったウェットブラストをテストしていたので、それを使って何とか綺麗にする事が出来ました。

その後リン酸処理を行い、よく乾燥させた後、マスキングを行いました。

まずはプライマーを塗布します。

色はこちらの画像を参考にとご指定頂いておりますので、青の結晶塗装用塗料(リンター)に、同じく白の結晶塗料を混ぜて色を作成しました。

今回サンプルで頂いた画像はかなり肌目の大きい塗膜だったので、結晶目も大きくしようと思い、しっかり塗り込みました。

その後赤外線ヒーターを使って140℃~170℃の熱を掛けると画像のように結晶目が現れます。昔ながらの荒々しい目と、それでいて結晶目が崩れないよう注意して均一に塗り込みました。

自動車ボディを補修する際に使うウレタン系の塗料は2液性で、この場合主剤と硬化剤を混ぜる事で硬化しますが、結晶塗装用の塗料(リンター)は1液の熱硬化型(熱重合型)の塗料の為、常温ならスプレーガンに入れたまま数日(数カ月)放置しても大丈夫です(勿論そんな事はしませんが)。そういった点で常に稼働しっぱなしの工業塗装(ライン塗装)では重宝されます。2液等の反応型だと数時間単位で全ての機器を洗浄しなければならない為、大量生産では全く実用的ではありませんので(夏場はサフェを塗っている途中に一回スプレーガンを洗うというくらいですので…)。

マニュアル上だとこの状態でも完全硬化していますが、凸部を研磨する際この状態だとまだ柔らかい感じがするので、後日改めて恒温機(乾燥炉)で120℃30分程の熱を掛けて二度焼きを行います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

トルネオユーロR ヘッドカバー 本塗り

先日お預かりしておりましたホンダH22A型アコードユーロRのヘッドカバーです。

その後アルカリ溶剤槽に浸け置きをして油分を洗い流し、

よく乾燥させた後、今度は溶剤槽に浸け置きをして旧塗膜を剥がしておきました。

その後よく洗浄し、しっかり乾燥させておきます。単品での作業だとどうしても採算が合わない所がありますので、この辺は他のご依頼品と並行して作業を行っています。

さらにその後、リン酸処理を行い、再び洗浄して乾かした後、マスキングをして本塗り準備完了です。プラグキャップ取り付け部はアルミ素地が綺麗だったのでそのまま残すことにしました。

まずは全体にプライマーを塗布します。

ボルト取り付け部にベースコートの黒を塗ります。

ホースパイプ部はそのまま残そうと(マスキングをしようと)思っていたのですが、メッキが劣化していたのでこちらもプライマーを塗っておきました。またこちらは黒では無くシルバーを塗っています。

黒とシルバーを塗った箇所が乾いたらマスキングを行い、

結晶塗装用の塗料(リンター)を塗布します。元々塗られていた赤は鮮やかでは無く、日産系のどす黒い感じだったので、赤に黒を足した色を使用しています。

その後140℃~170℃くらいの熱を掛けて焼き付けます。左は業者様からのご依頼品で、同じ赤ですがこちらはマセラッティのパーツなのでイタリアンな感じの鮮やかな赤となります。

100℃くらいから結晶目が現れ、その後120℃に達してからさらに30分~40分くらい熱を掛けて続けると塗膜が硬化します(熱重合)。

一緒に塗ったマセラティのヘッドカバーと比べてみると、同じ赤でも全然違うのが判ると思います。

色は単色で見ても判り難く、何かしらの見本を参考にした比色を行う事が重要だと考えています。

この後は恒温機でもう一度120℃30分くらいの熱を掛けて二度焼きを行い、その後凸文字部を研磨してアルミ地を光らせ、最後にクリアーを筆で塗っておきます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

フェラーリ355ヘッドカバー結晶塗装 完成

先日本塗りを終えていたF355ヘッドカバーとプラグカバー一式です。その後120℃30分程の熱を掛けて二度焼きしておきました。

#120のダブルアクションサンダーで粗研ぎをし、その後は#120→#180→#240→#320→#400→#500→#800と番手を上げてアルミ素地を光らせます。

そのままの方が金属感があるのですが、経年でアルミの表面は曇ってしまう為、腐食の進行を出来るだけ遅らせられるようクリアーを塗っておきます。

その後60℃40分程の熱を掛けてクリアーを硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

作業前は塗膜が剥がれ掛かった状態でしたが、

それらを綺麗に剥がし、今回は素地調整(リン酸処理)とプライマーを塗っておきましたので、新車時のように塗膜がペリペリと剥がれて来ることは無いかと思います。

ちなみに今回のように塗膜が剥がれたのは塗料の耐久性が落ちたからと言う訳では無く、密着性が無くなった事が原因となります。

焼き付け型の塗装はそれ自体で密着性の良い塗料なのですが、金属素地に塗る場合、プライマーを塗っていないと今回のように経年で剥がれてしまいます。職業訓練学校自体、金属塗装業界の重鎮(何かの組織の会長)が講師としていらっしゃった時、「工業塗装の多くではコストが優先され、それ自体で密着性が良い焼き付け塗装はプライマーを省かれる場合が多々ある。気づいた時にはもう10年経っているのでクレームが入る事も少ない。ただし車の外装塗装でそんな事があってはならないので、そこには十分コストが掛けられている」みたいな話をされていました。ヘッドカバーは自動車塗装と言うよりは金属塗装=工業製品とみなされているのだと思います。

今回はプラグホール周りにもプライマーとシルバーを塗ってみました。

恐らく今後100年以上必要とされ続ける部品だと思いますので、何もしないより(塗らないより)長持ちしてくれると思います。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

色は鮮やかな赤となります(他には日産系のドス黒い赤などもあります)。

近くで見ると均一なチヂレ目になっているのが判ると思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!