W124メルセデスベンツヘッドカバー 本塗り

先日サーフェサーを塗っているW124メルセデスベンツのインジェクションカバー(プラグカバー)です。こちらとワイパーアームカバーは「アズライトブルー」(カラーコード:366)の艶あり塗装で承っておりますので、ヘッドカバーとは別工程で作業を行っています。

そしてこちらのヘッドカバー本体です。プラグカバーと同様、専門店にてサンドブラストを施工して貰いました。

このヘッドカバーは元々裏側にも塗装が施されていて(マグネシウム合金の場合は保管している間に腐食してしまう為)、今回はそれと同じ様に裏側にもプライマーを塗装します。

作業するまでに腐食が進行しないよう、敢えて洗浄はしないようお願いしていて(エアーブローのみ)、作業前に溶剤槽の上に吊るし、上からシンナーをスプレーガンで吹き付けて洗い流すようにして脱脂清掃しています(そして零れたシンナーは再び剥離作業の為に再利用されます)。

まずは全体に浸透型エポキシプライマーを塗布します。

ただしスプレー塗装だとその特性からして入り組んだ箇所の奥まで塗料が届かない為、

希釈率を上げたプライマーを筆で塗っていきます。

その後もう一度全体にスプレーして刷毛目を均します。

この後60℃20分程熱を掛けて半硬化させ、

ひっくり返して表面の塗装となります。

ネジ部にたっぷり塗ってしまうと山が埋まってしまうので、

希釈率を上げたプライマーを薄くスプレーします。

その後60℃20分程熱を掛けて半硬化させます。

その後ネジ部やオイルシール当たり面をマスキングします。

そして全体にプライマーを塗布します。

同じくこちらもスプレーでは届かない箇所を、筆を使って虱潰しに塗っていきます。

この後再び60℃20分程の熱を掛けて半硬化させておきます。

その間に色を作ります(うっかり濃くし過ぎて捨てる方が多くなってしまいました・・・)。

ヘッドカバーはメルセデスベンツ純正色の「マーブルグレー」(DB7201)に似た色の結晶塗装で承っていますので、色見本を見ながらそれに合わせます。

それを全体に均一な膜厚になるよう且つしっかり塗り込んで本塗り完了です。

本塗り後、120℃~170℃程の熱を40分程掛けると、

結晶目が現れ、無事本塗り完了です。

ここまでは赤外線ヒーターを使っての焼き付けで、この後は恒温機を使って120℃40分程の熱を掛けて二度焼きを行います。

ただこれだけの為にそのエネルギーを使うのは勿体ないので、他に熱を入れる物が出来たら一緒に行います。最初の設定温度を120℃にセットして、その後熱が下がって70℃くらいになった時点で扉を開けて他の物を入れると、その後一時間くらい60℃の熱が掛けられるという寸法です。

プラグカバーの方はこちらのヘッドカバーより数倍下地に時間を掛けていますが、艶ありの塗装は結晶塗装のようなプレッシャーはないので安心です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

W124メルセデスベンツヘッドカバー 下準備

先日2度目のサフェを塗っておいたW124メルセデスベンツのヘッドカバーとインジェクションカバー(プラグカバー)です。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

そのままでもいけない事は無さそうだったのですが、念のためもう一度サフェを塗る事としました。なのでペーパー目を気にする必要は無く、#180~#240で研摩してラインを整えます。

マグネシウム合金素地を露出させないよう余裕を持って研ぎは終了とし、よく脱脂清掃を行いました。

再びサーフェサーを塗布します。ウェットに5コート程塗りました。

良い具合にラインも整ってきて、次は本塗りに行けると思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

フェラーリ355ヘッドカバー結晶塗装承ってます

先日到着しておりましたF355ヘッドカバーとプラグカバー一式です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

当ウェブサイトでは紹介していませんが、フェラーリのヘッドカバーで一番ご依頼が多いのがこちらの型となります。新車時からの塗装は概ねこのような状態になっていて、なのでエンジンを整備したり買い取った車を販売する際、整備工場や自動車販売店からご依頼頂く事が多い案件の一つです(正規ディーラーからもご依頼頂いています)。

剥がれる原因はプライマーが塗っていないからで、下地処理さえちゃんとやってあれば塗膜自体こんな風になる事はありません。

以前施工した同型製品の画像も紹介させて頂きます。

色はこの時と同じく鮮やかな赤の結晶塗装で、研磨した後の凸部は腐食の進行を遅らせられるようクリアー筆塗りも承っております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

Y32 VG30サージタンク結晶塗装 完成

大変お待たせしました!先日凸部を研磨してクリアーを塗っておいた日産Y32用VG30のサージタンクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はグレー色だった結晶塗装を剥離し、

日産系のドス黒い赤で結晶塗装を施しました。

ちなみに蓋は一度失敗し(谷の部分でタレが生じました)、一旦全部剥がして塗り直しています(わざわざ紹介する事はありませんが結晶塗装では良くある事です)。

毎回塗った物を、しかもあらゆる角度から撮影して紹介するとなると(さらにPhotoshopなどを使って画像の加工などしないようにするとなると)どうしてお粗は見えてしまいますから、人に見られて恥ずかしくない仕上がりになるようにしています。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

ネジ穴とガスケット当たり面は塗らないようマスキングをしています。

剥がすと再利用が出来ないシールも何とか活かす事が出来ました。

近くで見ると塗膜の表面が幾何学的な模様になっているのが判ると思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用いただきまして誠に有難うございました!

Y32 VG30サージタンク結晶塗装 凸部研磨

先日本塗りを終えていた日産Y32用VG30のサージタンク(コレクトケース)の蓋部分です。その後恒温機で120℃40分程(熱の上昇時間を考えると20℃~120℃に20分、その後120℃を20分程)の熱を掛けておきました。

最初は#120ダブルアクションサンダーで粗研ぎを行います。アルミ素地自体腐食している部分もあるのでそれも一緒に削り落すような感じです。

その後は手研ぎで研磨します。

研ぎ作業に使ったのがこちらの材料で、空研ぎ用ペーパー#120~#400、布状研磨副資材#500~#800、合計7種類です。全て新品を使っています。金属の研磨で中古を使うと一見光っているようで深い傷が取れず残ってしまい最後に絶叫する事になるので、ここは景気よく使うようにしています。作業時間は1時間くらいでしょうか(なのでこれも頚椎に良くない原因かと…)。

マスキングを剥がし、エアーブローして研磨作業が完了です。

最後にアルミ素地が露出した部分に、クリアーを筆で塗っておきます。クリアー自体に防錆効果はありませんが(防錆顔料が入っていないので)、直接空気に触れないという点で腐食の進行を遅らせられる事を期待しています。

この後は60℃40分程の熱を掛けてクリアーを硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!