トヨタMR2ヘッドカバー&タイミングベルトカバー塗装承ってます

先日到着しておりましたトヨタMR2 SW20のアルミ製ヘッドカバーと樹脂製のタイミングベルトカバーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はグレー系の結晶塗装で、ヘッドカバーは全体的に腐食も見られるのでサンドブラスト処理(軽め)も承っています。

タイミングベルトカバーは樹脂製で、新品を用意して頂きました。下地処理には密着性を上げるため、サンドブラスト処理も行います。尚、YAMAHAの凸文字がありますがこの部分は特に気にせずそのまま全体に結晶塗装を施します。

ちなみに結晶塗装を硬化(熱重合)させる場合は120℃程の熱を掛ける必要があり、以前トヨタ4AGエンジンのタイミングベルトカバーでこれを行った所変形してしまった事例があり、今回もその可能性が否めませんので、

失敗してしまった場合の保険として、もう一個タイミングベルトカバーをご用意頂きました。もし熱によって変形してしまった場合には通常の塗装(2液ウレタン系)で、ヘッドカバーの結晶塗装のグレーに似た色味で塗装を施すよう承っております。

またグレーにつきましては、こちらの「アウディのクワンタムグレーの様な」と承っています。

樹脂素材への結晶塗装は施工事例のある物(変形しない事が確認できている物)に限るのですが、

その後色見本キーホルダー素材に使うPMMA=アクリル樹脂や、

自分のバイク用のパーツのPP=ポリプロピレン樹脂等にテスト的に塗装を行い、

ある程度コツというか上手くいく場合と行かない場合を調べていたりもしました。

ちなみにこちらは変形してしまった失敗作です。素材は不明ですが恐らくはABSかPS(ポリスチレン)で、後者はプラモデル等に使われる熱に弱い樹脂なので(~90℃)、もしかしたらそのせいだったかも知れません。

バイクのカウルを塗って分かった事としては、ツルツルの状態だと塗料が乗り難く膜厚が均一になり難いので、それの対策としてサンドブラスト処理を行うのが有効だと判りました。オレフィン系素材にサンドブラストを行うと表面が毛羽だって大変な事になるのですが、まるで木の根っこのようになったその表面に塗料が上手く絡みつき(表面張力)、均一でしっかりとした膜厚が保持出来るのだと思います。

ちなみにPMMA=アクリル樹脂も熱には弱く、こちらの色見本キーホルダーの素材の一部に使っているアクリル板は1.0mm厚だと変形してしまいますが、これが1.5mmだと大丈夫なのでそれで対応しています。

以上の事から一概に「○○℃だとダメ」という訳では無く、素材の構造や熱の掛け方などによって結果が変わるので、今回それで宜しければという事でお受付した次第です。尚変形してしまった場合等への補償・保証は出来なく、そちらもご了承済みです(むしろお気遣い頂き誠に恐縮です)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

スズキツインヘッドカバー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスズキツインのヘッドカバー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこの様な状態だった物を、

サンドブラストを行って素地調整をし、

リン酸処理後にプライマーを塗装を行ってから、

鮮やかな赤の結晶塗装を施しています。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

プラグキャップ取り付け部は脱落防止の為に結晶塗装は塗らないようにしています。

ただしアルミ素地が露出したままだと(特にサンドブラスト後)腐食してしまう為、プライマーとベースコートの黒を薄膜に塗ってそれを防いでいます。

近くで見るとこのような感じになっています。

尚、こちらのオーナー様からは別途180SXのレンズ類の塗装も承っておりまして、そちらも作業進行しておりますから、完成次第一緒にご連絡を差し上げます(もし先にこちらだけ発送をご希望でしたら対応いたします)。どうぞ今しばらくお待ちくださいませ!

スズキツインヘッドカバー 本塗り

先日お預かりしておりましたスズキツインのヘッドカバーです。その後アルカリ層に付け置きしてオイルを除去しておきました。

よく洗浄して乾燥させたら、裏側バッフルプレートの隙間をマスキングします。

その後ブラストボックスに入れ、

サンドブラストを行いました。

その後リン酸処理も行っています。

まずは全体にプライマーを塗布します。

続けて膜厚を着けたくない箇所=結晶塗装を塗らない箇所にベースコートの黒を塗布します。

それが乾いたらマスキングします。

そして結晶塗装用の塗料=リンターを塗布します。

その後赤外線ヒーターにて120℃~150℃程の熱を掛けて塗膜を硬化させると結晶目が現れます。

結晶目は塗膜の厚みで変わるので、全体が均一になるようにして塗っています。

塗装屋的にはどうしても上面(天面)を多く塗りがちですから、それも意識してそれぞれの面を均一に塗るようにしています。熱を入れないと判らない所があるので、いつもの艶あり仕上げに比べると数倍難しく、綺麗に仕上がった時は一人ガッツポーズをしています(本当)。

この後はもう一度恒温器(乾燥炉)で120℃30分程の熱を掛けて二度焼きを行います。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ホンダCR-Xヘッドカバー塗装 完成

先日本塗りを終えていたホンダCR-Xヘッドカバーです。その後120℃30分程の熱を掛けて二度焼きをしておきました。

最後に凸部を研磨してアルミ地を光らせ、クリアーを筆で塗って腐食の進行を遅らせられるようにしておきます。この後もう一度60℃40分程の熱を掛けて硬化させます。

そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々はこの様な状態だった物を、

洗浄→旧塗膜剥離→サンドブラスト→ リン酸処理→プライマー塗装といった下地処理を行い、

結晶塗装の黒で仕上げました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

全体が均一な結晶目になるよう意識して仕上げています。

ボルト部やプラグキャップ取り付け面は塗膜が厚くならないよう(結晶塗装を塗らないよう)、プライマーとベースコートの黒を薄膜で塗装しています。

近接画像です。艶自体はあるのですが表面が凸凹しているので艶消しに見える感じですね。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ホンダCR-Xヘッドカバー 本塗り

先日お預かりしておりましたホンダCR-Xのヘッドカバーです。その後アルカリ槽に浸け置き洗浄→溶剤槽に入れて旧塗膜を剥離しておきました。

アルミ素地の表面には全体的に粉を噴いたような腐食が出ていて、

このまま塗っても塗装は剥がれてしまいますから(塗膜の下で腐食が進行し続けてしまいますから)、

サンドブラスト処理を行います。裏側バッフルプレートはリベットで着いていて外せないのでマスキングを行います。

ブラストボックスに入れ、

サンドブラスト処理を行いました。

当店で行うサンドブラストは基本的に吸い上げ式で、こちらは軽めの処理となります。根の深い鉄の腐食やマグネシウム合金の場合は専門の機関への外部委託で直圧ブラストを行って貰います(ただその場合はコスト的に3倍くらいになる為、今回のようにアルミ素材は当店で行うようにしています)。

その後リン酸処理も行いました。サンドブラストが物理的な素地調整とすると、こちらは化学的な防錆処理といった感じです。

まずは全体にプライマーを塗布します。

続けて膜厚をつけたくない箇所(結晶塗装にしたく無い箇所)にベースコートの黒を塗り、

よく乾かしたらマスキングを行います。

そして結晶塗装用の塗料=リンターの黒を塗布します。

リンターは一液型の低温焼き付け型塗料で、いつも使っている2液型と違ってこのままでは延々硬化(熱重合)しませんから、

強制的に140℃~170℃程の熱を掛けて焼き付けを行います。製品のマニュアル上だと120℃20分が規定ですが、この時点では赤外線ヒーターを使っているので熱の掛かり方にムラがあり、熱が足りないのはまずいので高めにしています。気温が低い日だと上面が140℃程度でも側面は100℃くらいなのでそれを考慮しています。

塗膜の内部と外側で伸縮率を変える事で塗膜の表面にちぢれたような模様を表現するのが今回の結晶塗装となります。

結晶塗装は塗り方(膜厚や熱を入れるタイミング等)で結晶目が変わり、失敗した場合は塗りなおしとなります。紹介はしてませんが、先日完成したロータスのヘッドカバーも一回目は綺麗に結晶目が出なく塗り直しています。成功率は60%~70%くらいです。

この後はもう一度、後日恒温器(乾燥炉)で120℃30分程の熱を掛けるようにします。

その後は凸部を研磨してクリアーを塗っておきます。あと一週間くらいですね。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!