アウディTT樹脂製エンジンカバー シルバー部塗装

 サンドブラスト後、スプレーガンに入れたシンナーで上から洗い流すようにして脱脂清掃を、よく乾燥させました(脱脂に使ったシンナーは剥離用として再利用します)。

 並行してフォースターのエンブレムも塗装の準備を行います。#800で表面を研磨後、ウォッシュコンパウンドとナイロンブラシで細部まで足付け処理を行います。

 本塗りの準備が出来たらエンジンカバーの作業と合流します。

 プラスチックプライマーを塗布し、

 シルバーを塗布します。

シルバーは粒子が細かく輝きの強い高輝度なSTANDOX SPFシルバー、JLM-906を使います。

JLM-906については以下の記事で紹介していますよで宜しければご参照下さいませ。

STANDOX また新色

トヨタスマートキー ロゴ色確認

 尚、JLM-906は下地に黒を塗ってからそれを透かすようにすると金属感が高まりますが(3コートSPFシルバー)、今回は明るいシルバーにしたい為に下色の黒は塗らず、原色そのまま使う2コート仕様とします。

尚、3コートで塗った場合の仕上りは以下の記事が参考になるかと思いますので宜しければご参照下さいませ。シルバーをバインダー(樹脂)で薄め、下地の黒を透かすようにした塗り方となります。

プレオルームミラー&ダミーシガーソケット塗装 完成

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。

 ちなみにエンジンカバーの一部には小さい穴があったので、そちらも塗装前に埋めておく事となりました。

プラスチックプライマー塗布後、エポキシ接着剤を埋め込んでおきます。この後一旦熱を掛けて完全硬化後に平らに研ぎ、まずはシルバーグレーの結晶塗装を行う予定です。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

アウディTT樹脂製エンジンカバー 下準備

 先日2トーンカラーの結晶塗装で御依頼を頂いておりましたアウディTT用の樹脂製エンジンカバーです。

 TFSIの文字はシルバーに塗り直す為、マスキング型を作製します。またこのままだと如何にもプラスチックの成形品といった感がありますので、削ってシャープに整えます。

 紙がズレないようテープで固定し、鉛筆の芯を当てて輪郭を抽出します。

 それをスキャナーで読み込み、画像加工ソフト(Illustrator)でベクトルデータを作製します。当然ですがスキャンしてそのまま使えるという訳ではありません。

さらに今回は結晶塗装の前に文字を塗る為、少し大きめに覆えるよう元の輪郭線から0.5mm程オフセットしました。

 それをカッティングプロッターでカットし、凸文字に仮貼りします。

 こんな感じで庇状に少し食み出た感じになります。良さそうなので本番用のもカットしておきます。

 フォーリングスのエンブレムが嵌る周りにはガムテープの糊か瞬間接着剤が付着したような跡があったので、それらはペーパーで削り落としておきました。弾力性のある物が着いているとそこだけサンドブラストが効かず(柔らかい物には効果が弱いのです)凸凹になってそのまま跡が残ってしまうからです。

 全体にサンドブラストを当てて足付け処理が完了です。結晶塗料にも使われている焼き付け型塗料は最初は密着性が良いのですが、それに頼って下地処理を疎かにすると数年後に全部剥がれてしまったりするので注意が必要です。

その後水洗いをして良く清掃しておきます。今回の樹脂材であるPA(ポリアミド)は吸水性が高く、また表面はサンドブラストで激しく毛羽立っているので水分が飛び難い為、この後は時間を掛けて十分に乾燥させておきます。

その間に凸文字をペーパーで削っておきました。凸文字の中は中空なので削り過ぎると穴が開いてしまうのですが(途中で気が付いて恐ろしくなりました・・・)、いつも通り#120→#180→#240→#320→#400と空研ぎを行い、#600→#800の水研ぎで均してあります。最初に比べると大分シャープになったのが判ると思います。

この後凸文字の天面をシルバーで塗装し、先ほど作成したマスキングテープを貼って結晶塗装を行う、と言う寸法です。他には以前行ったロータスの樹脂製エンジンカバーのように、型を作って後から凸文字部を塗るという方法もありますが、大変過ぎるのでそのような事は誰もしないのが普通です。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

キャブレタートップカバー 結晶塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日「CR」の凸文字部分を研磨していたFCRのキャブレタートップカバーは黒の結晶塗装で完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々アルミ無垢状態だった物を、「リン酸処理→プライマー塗装→結晶塗装の黒」といった工程で塗装を行いました。

 「CR」の凸文字部は塗装後に研磨してアルミ素地を光らせ、腐食の進行を遅らせる為にクリアーを筆で塗ってあります。2液ウレタンクリアーなので塗布後には熱を掛けて強制乾燥硬化させています。

 結晶塗装は小さい部品の方が塗り難い所もあり、通常のヘッドカバーを塗る場合よりもスプレーガンの口径は小さくしていたりします(通常は1.3mmで、今回は1.0mm)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ホンダ クロスカブヘッドカバー 結晶塗装 完成

 大変お待たせしました!先日HONDAの凸文字部を研磨してクリアーを塗っておいたホンダクロスカブの純正ヘッドカバー、結晶塗装の赤で完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は新品のアルミ無垢状態だった物を、「リン酸処理→プライマー塗装→結晶塗装の赤」といたt工程で仕上げています。

結晶塗装の赤は大きく別けて二種類あって、今回の方はフェラーリのヘッドカバーなどに塗装する時に使う「鮮やかな赤」となります(他には日産系の「ドス黒い赤」があります)。

 HONDAの凸文字部は塗装後に研磨してアルミ素地を露出させて光らせ、腐食の進行を遅らせる為にクリアーを筆で塗ってあります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

結晶塗装 凸部研磨作業

 先日赤の結晶塗装で本塗りを終えていたホンダクロスカブの純正ヘッドカバーです。その後140℃20分程の熱を掛け、二度焼きをしておきました。

 凸部の周りをマスキングし、ペーパーを掛けて塗装を剥がし、アルミ素地を光らせます。

 最終番手は#800まで行ってアルミ素地を光らせ、最後に腐食の進行を遅らせる為にクリアーを筆で塗っておきます。クリアーは普通の2液ウレタンです(STANDOXです)。

 こちらは先日一緒に本塗りを行っていたFCRのキャブレタートップカバーです。同じ様に周りをガムテープでマスキングし、凸部を研磨して光らせます。

最後にクリアーを塗ったら、後日60℃40分程の熱を掛けてクリアーを硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!