ジムニーヘッドカバー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスズキジムニーJA22のエンジンヘッドカバー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は未塗装のアルミ素地で、全体に腐食が出ていた為、

サンドブラスト(軽め)を行ってからの上塗りとしています。

色は「鮮やかな赤」の結晶塗装となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

ホースパイプ部もメッキが剥がれ錆が発生していた為、こちらもプライマーを塗ってからベースコートの黒を塗装しています。

プラグキャップの取り付けを阻害しないよう(膜厚が付かないよう)、プラグホール周りには結晶塗装は行わず、プライマー&ベースコートを薄膜に留めています。

近接画像です。

今回並行して作業を行っていた同車種で型違いのJA23のヘッドカバーと並べてみました。そちらは「どす黒い赤」となっていて、同じ赤でも違いが判るかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ジムニーヘッドカバー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスズキ ジムニーJB23のヘッドカバー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は未塗装のアルミ素地で、全体に腐食が出ていたのでサンドブラスト(軽め)も行いました。

色は当店規定の「どす黒い赤」となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

プラグホール周りもサンドブラストを行っているのでそのままでは腐蝕の進行が早いですから、こちらにもプライマーを塗装し、ただし塗膜の厚みでプラグキャップの取り付け不良が起こらないようベースコートの黒を薄膜に塗装しています。

新品で腐食が出ていない場合にはアルミ素地をそのまま残す場合もあります。

近接画像です。

今回並行して作業を行っていた同車種で型違いのJB22ヘッドカバーと並べて撮影してみました。そちらはフェラーリ等のヘッドカバーに採用している「鮮やかな赤」(イタリアンレッド)で、同じ赤でもかなり色味が違うのが判ると思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

いすゞ117クーペヘッドカバー塗装 完成

先日本塗りを終えていたいすず117クーペのヘッドカバーです。その後恒温機(乾燥炉)で120℃30分程の熱を掛けて二度焼きを行っておきました。

元の状態と同じ様に凸部を研磨します。最初は#120のダブルアクションサンダーで粗削りし、その後同じく#120から手研ぎで最終#800までの番手を使ってアルミ素地を光らせます。

最後にアルミの腐食の進行を遅らせられるようクリアーを筆で塗り、今度は60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

さらに数日寝かしたら完成となります。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々も同じく赤の結晶塗装が施されていた物を、

改めて同じような色味の結晶塗装を施しました。

当店規定の色味(色名)としては「どす黒い赤」となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

オイルキャップは腐食が出ていたので、

それらを削り落として磨き、アルミ素地を光らせておきました。

この後のメンテナンスとしては、ワックスなどを塗ってアルミ素地が空気に触れないようにしておけば腐食の進行を遅らせられるかと思います。特に金属用とかの必要は無く、一般的な固形ワックスで大丈夫です(それでも輝きが鈍くなった場合のみコンパウンド等で磨けば良いかと思います)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ジムニーヘッドカバー 本塗り

先日お預かりしておりましたジムニーJA22のエンジンヘッドカバーです。タイミング的には早いのですが、丁度赤系の結晶塗装を行うので、先行して一緒に作業を行う事にしました。

ただこの場合、アルカリ洗浄槽に浸け置きしておく時間が短くなってしまうので、

今回は超音波洗浄器を使う事にしました。メガネ屋さんの店頭に置いてある物の、強力なタイプですね。

いつも使っている洗浄槽から水を移しても良かったのですが、今回はスピードアップさせたかったので新たにお湯を使って洗浄液を作りました。

ちなみに使っている洗浄剤はこちらの製品です。

その後よく洗い流して乾燥させておきます。

バッフルプレートの隙間を塞ぐようにマスキングを行います。

表側も同様に、バッフルプレート内部に通る道を塞ぎます。

ブラストボックスに入れ、

サンドブラスト(軽め)を行いました。

その後リン酸処理を行い、しっかり洗浄&乾燥させておきます。塗装はとにかく塗装以外の作業が多いですね。

まずは全体にプライマーを塗布します。

続けて結晶塗装を行いたくない箇所に、ベースコートの黒を塗布します。

それが乾いたらマスキングを行い、

結晶塗装用の塗料=リンターを塗布します。リンターは1液の熱硬化型塗料で、この後140℃~170℃程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。マニュアル上では120℃20分なのですが、赤外線ヒーターだと熱の掛かり方にムラが生じるので高め&長めに設定しています(具体的には上から照射すると上面は170℃でも側面は140℃くらいにしかならなく、それ以下になっている箇所もあると想定して高めに設定しています)。

100℃くらいから結晶目が現れてこのようなチヂレ模様になります。

結晶目は熱を掛けるタイミングや環境、膜厚によって大きく変わるのが特徴で、それだけに通常の艶あり仕上げより難しい塗装だと感じています。

色は「鮮やかな赤」となります。

単体で見ると鮮やかなのかくらいのか判り難いのですが、

見本と比べると色相・明度・彩度の違いは良く判ります。

今回は「暗めの赤」と一緒に塗りましたので、並べて撮影もしました。

右が先ほど紹介したジムニーJB23のヘッドカバーで、こちらは日産系の「暗めの赤」となります。今回紹介しているJA22のヘッドカバーはフェラーリ系の「鮮やかな赤」となります。並べてみないと色は本当に判らないです(思い込みが何より怖いです)。

この後は恒温機で二度焼きを行い、さらに数日寝かしたら完成となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ジムニーヘッドカバー 本塗り

先日お預かりしておりましたスズキ ジムニーJB23 のヘッドカバーです。その後アルカリ洗浄槽に浸け置きし、オイル汚れを除去しておきました。

この後サンドブラストを行うので、バッフルプレートの穴をマスキングします。まずは第一段階ですね。

さらにそれを覆うように養生します。第二段階ですね。

表側の穴も塞ぎ、ブラストボックスに入れたら、

サンドブラストを行います。

その後リン酸処理を行い、しっかり清掃を行って、よく乾燥させたらマスキングをして本塗り準備完了です。

まずは全体にプライマーを塗布します。

続けて結晶塗装を行わない箇所に、ベースコートの黒を塗布します。

元々は特に気にせず一緒に塗ってしまっていたのですが、「ホースパイプ取り付け部は洩れるかも知れないので」「プラグキャップ部の嵌りが悪くなってしまうので塗らないで欲しい」という事で、ただ金属素地のままだとまた腐食が出てしまうので、プライマーの塗装と、そのままだと格好悪いのでベースコートの黒を薄膜で塗る今のスタイルになりました。他には黒では無くクロメートメッキ風にしたりもしています。

ベースコートの黒が乾いたら、

結晶塗装用の塗料=リンターを塗布し、

140℃~170℃程の熱を掛けて結晶目が出たら本塗り完了です。お待たせしました!

色は「暗めの赤」となります。

良い具合に結晶目が並んでくれたと思います(上手く並ばなかった場合は直ぐに溶剤槽に入れて全部洗い流して塗り直します)。

これ単体だと色味が判り難いのですが、

色見本を並べてみると色の違いが判ると思います。色は単体で見るより他の物と比べる「比色」が基本ですね(特に画像の場合だと加工されて派手に見せているケースが多く、全く信用が出来ません)。

後ほど紹介しますが、今回一緒に本塗りを行ったジムニーJA22のエンジンヘッドカバーは「鮮やかな赤」の結晶塗装ですので、並べてみるとその差は良く判ると思います。

この後は恒温機で二度焼きを行い、さらに数日寝かしたら完成となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!