RB26→RB27タイミングベルトカバー 凸文字作成

 

先日レーザー加工機から切り出したPMMA=アクリル樹脂製の「7」の文字です。これをこのまま貼り付けても多分問題は無いと思ったのですが、今後同じような御依頼もありそうなので今回はこれを基に型を作成し、複製出来るようにします。

端材のアクリル板に両面テープを貼り付け、真ん中辺りに「7」を配置し、周りをブロックで囲います。

使うのはこういったシリコーン樹脂で、いつも使っている塗料と同じく主剤と硬化剤を混ぜて固めます。

ブロック型にシリコーンを流し込み、気泡を除去する為に真空脱泡を行います。

真空脱泡はそれ専用の機器が売っていますが、構造としては非常にシンプルなのでデシケーターは自作しています。

型取り用のシリコーン樹脂は粘度が高い為か、凄い量の気泡が噴き出てきます。

その後24時間程寝かしておくと固まっています(熱は掛けていません)。

ブロックを外して固まったシリコーンを取り出します。

今度はそこにウレタンレジンを流し込みます。余分を削る作業を軽減できるよう、クリアーファイルを切った物を蓋としておいておきます。クリアーファイルの素材であるPP(ポリプロピレン)はそのままでは塗料や接着剤がくっ付かないのでそのまま置くだけでOKです。

最初はエポキシレジンにしようかと思いましたが、今回は被塗物=タイミングベルトカバー自体が樹脂製と言う事で、結晶塗装もそこまで熱を掛けない方法を想定しますから、ウレタン樹脂でも問題無いかと思った次第です。

型から取り外し、これで今回貼り付ける「7」の完成です。この後はこれをタイミングベルトカバー本体に接着します。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

TOYOTA 2000GTヘッドカバー&ケース塗装承ってます

先日お預かりしましたトヨタ2000GTのヘッドカバー×2と、エアークリーナーボックスの蓋です。この度も当店をご贔屓頂きありがとうございます!

現状は黒の結晶塗装が施してあって、

今回はこちらを剥離し、改めて黒の結晶塗装で承っております。

また凸部も現状と同じく(判り難いですが…)、塗装後の研磨してアルミ地を光らせるよう承っております。

尚、エアークリーナーボックスは左側のヘッドカバーとセットで、それぞれ識別出来るよう裏側にリューター等で印をつけておこうかと思いましたが、

一部の形状が違っているので、塗装後でもこれを見て識別が出来るのでそのままで大丈夫そうと判断しました。

そしてエアークリーナーボックスです。

上面になる部分には元々シールが貼ってあって、それの糊が残ったまま塗装が施されているので、全体の下地処理を行ってから上塗りを行うようにします。塗装は半艶黒で承っております。

素材はFRPで、ボルト取り付け部には欠けが見られ、また色々な箇所に割れも出ていますので、これらの簡易的な補修も承っております。本格的な補修となると割れている深部まで削り込んでガラスマットを貼り直したりしますが、今回は簡易的な補修=裏側からの補強と、表側はV字に彫ってエポキシ樹脂で埋めるような補修方法を想定しています。

FRPはとても割れやすく(なので塗装屋からの視点としてはとても未熟な素材と捉えています)、目で見える部分だけの割れでは済みませんから、前回と同じく全体にエポキシプライマーサフェーサーを使った下地処理を行おうと考えています。

参考までに以前施工した時の同型製品の画像も紹介します。

この時は作業内容を纏めて施工例のページにしました。今回と同じく半艶黒の仕上がりとなります。

こちらも施工例のページとして纏めた、2000GTのヘッドカバーですね。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度もご贔屓頂き誠に有り難うございます!

RB26→RB28タイミングベルトカバー塗装 完成

大変お待たせしました!先日凸文字を研磨して裏側のシーラーを元に戻しておいたRB26エンジンタイミングカバーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はRB26の凸文字だったこちらのパーツに、

黒に近いグレーの結晶塗装を施し、

凸文字を「RB26」から「RB28」へ変更加工しました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

元々「6」だった箇所を削り落とし、新たに「8」にカットしたアルミ板を貼り付けました。

取り付けには構造用エポキシ接着剤を使っているので経年で剥がれるという事はまず無いと思います。

継ぎ目はエポキシプライマーサーフェサーで埋めているので、

粗探しをして見るようにしても、これを後から貼り付けたとは判らない仕上がりに出来ているかと思います。

ただ凸文字はあくまでも塗装の付帯作業であって、メインとなる塗装の方も美しい結晶目を表現出来ているかと思います。

サンドブラストからプライマーの塗装まで行っていますので、新車時の塗装のように経年で腐食が出て塗装がペリペリと剥がれる事も無いかと思います。

今日は天気が悪かったので画像が暗めで申し訳御座いません(その代わり涼しくて現場作業は助かりました…)。

裏側もプロの方に見られても(この場合は取り付けを行う整備士さんですかね)恥ずかしく無い仕上がりになっているかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

RB26→RB28タイミングベルトカバー 凸部研磨&シーリング

先日本塗りを終えていた日産RB26エンジンのタイミングベルトカバーです。その後恒温機で120℃30分程の熱を掛けて二度焼きを行っておきました。

最後に凸文字部を研磨してアルミ地を光らせ、

腐食の進行を遅らせられるよう、クリアーを筆で塗っておきます。

その後60℃40分程の熱を掛けてクリアーを硬化させたら、最初に剥がしておいたシーラーを貼り付けます。シリコーン樹脂製なのでそれと同じタイプのシーラーを使用します(シリコーン系はそれと同系でなければくっ付きません)。

位置を合わせてマスキングテープで固定し、さらに数日寝かします。

本来ならこれで完成!という事だったのですが、

凸文字部に塗ったクリアーの刷毛目が気になったので、改めて研磨して削り落として再度塗り直す事にしました。

今度は硬化速度・揮発速度の遅い仕様にしたので断然良くなりました。やはりというか気温と湿度の高いこの時期は気をつけないとですね。

この後は再び熱を入れますが、どの場合でもこれ単体でそれを行うとコスト高&環境負荷が高くなるので、他の御依頼品で熱を入れる時に一緒に行わせて頂く事とします。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

RB26→RB28タイミングベルトカバー 本塗り

先日「6」を「8」に変更加工しておいた日産RB26エンジンのタイミングベルトカバーです。8のフチに塗ったプライマーサーフェサーを研磨し、足付け処理を行っておきました。

裏側の塗装も剥がしているので、

まずはこちらにプライマーを塗布します。

裏側が乾いたら続けて表側にプライマーを塗布します。

さらに裏側にベースコートの黒を塗布します。

裏側が乾いたらマスキングをして、浮かした状態で塗れるよう台にセットしたら本塗り開始です。

当初色は黒のままと考えていましたが、見本としてお預かりしたプラグカバーと、先に塗った他の案件の結晶塗装の黒と見比べてみると、見本の方が少しグレーっぽかった為、赤と白を入れて調整しました。

結晶塗装用の塗料=リンターを4コート程塗り、140℃~170℃程の熱を掛けると画像のように結晶目が現れます。

結晶目は塗膜の厚みや塗り方(希釈率等)によって変わるので、それも見本に似せられるよう調整して塗装を行いました。

上面と側面で塗り方が変わると結晶目も変わってしまうので、全体が均一になるよう気を付けて塗装を行っています。

「RB28」の凸文字は、言われなければ加工(変更)したとは判らないかと思います。

凸文字部は最後に研磨してアルミ地を光らせます。

完全に同じという訳にはいきませんが、黒のままだったより断然色味は近くなったと思います。

今回はランボールギーニのヘッドカバーと一緒に塗装していて、そちらはそのままの黒で結晶目も元々塗られていた物を参考にしているので粗目の仕上がりになっています(かといってデロデロで汚い結晶目にはしていません)。

この後さらに恒温機で120℃30分程の二度焼きを行い、凸文字部を研磨してクリアーを筆で塗っておき、最初に剥がしたシーラーを元のように貼り付けておきます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!