フェラーリリモコンキー 本塗り

 先日お預かりしておりました、ビアンコフジでご依頼頂いているフェラーリ純正リモコンキーです。

状態が良いのでそのまま足付け処理だけでも塗れるのですが、表面張力や肌の凸凹が残っているので、

  最初に砥石(クリスタルブロック#800)で平滑に研いでおきます。

その後全体を#1500で研摩し、ペーパーが入らない部分はウォッシュコンパウンド(液状研摩洗浄剤)とナイロンブラシを使って足付け処理を行います。

良く洗浄し、本塗り当日まで埃が付かないところ(恒温機の中)に保管しておきます。

 そしてタイミングが来たら台にセットして本塗り準備開始です。

 シリコンオフを使い、最終脱脂処理を行います。

 一応色の確認用として、イモリ型にレーザーカットしたアクリル板も用意しておきました。

 まずはカラーベースを塗布します。

フェラーリ純正色の「ビアンコフジ」(カラーコード:226027 )は3コート塗装で、まずはカラーベースとなる白で完全隠ぺいさせます。

その後パールベースを塗布します。通常のホワイトパールは樹脂分(MIX599)が90%程入りますが、ビアンコフジはそれが全く入らず、ホワイトパール原色(MIX801)がその殆どを占めます。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

 この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

自転車用エアーホーン塗装 承ってます

先日到着しておりました自転車用のエアーホーンです。こちらの方は以前も同じ物を3個ご依頼頂いたり、リカンベントのカバーパネルをキャンディーレッドの塗装でご依頼頂いている、オーダーメイド自転車でタイとかインドネシアとかに走りに行ってしまう方です。この度もご贔屓頂き誠に有難うございます!

ご依頼内容は艶消しの黒で、ただし今回はクリアーを塗らない【激安コース】の仕様で承っています。

また以前は艶あり仕上げだったので継ぎ目を消したりする下地処理も行いましたが、今回は足付け処理を行ったらそのまま上塗りを行います。

イメージとしては以前施工したモデルガンのパーツで、参考までにそちらを紹介させて頂きます。

クリアーは塗らずベースコートの黒だけで、ただしそれに直接硬化剤を入れ、さらに艶消し材を入れて塗っています。その他の画像はこちらの記事からご覧頂けますので宜しければご参照くださいませ。

またペットボトルの蓋部分も同じく艶消し黒の塗装で承っております。これも前回と同じですね。

以前の完成画像も紹介させて頂きます。 その他の画像はこちらのページからご覧いただけます。

その他、リカンベント用の透明なカバーパネルをキャンディーレッドに塗らせて頂いていたりもします。掛けている壁がまだ木目だった頃で、現在はこの壁を白く塗って有孔ボードを貼り、色見本を並べている場所です。30年くらい前に感じるのですが、まだ6年前だった事に驚きです・・・。

ホーンボタンとなる部分はピンポンチでシャフトを抜き、既に取り外してあります。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

インプレッサインマニ結晶塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスバルインプレッサ(GC8)のアルミ製インテークマニホールドの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

届いた時には塗装が剥がれた状態で、

それを洗浄→剥離→サンドブラスト→リン酸処理といった下地処理を行い、

全体にプライマー塗装、ネジを着ける箇所(結晶塗装をしなくはない箇所)にはベースコートの黒を塗ってマスキングをしています。

色は結晶塗装の赤で、純正と同様の鮮やかな赤としています。フェラーリのヘッドカバーなどに採用する赤ですね。ちなみにその他には日産系のドス黒い赤などもお選び頂けます。

結晶塗装は近くで見るとこのような縮れたような模様目になっています。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

RAV4内装パーツ8点塗装承ってます

 先日お預かりしておりました50系RAV4のドアハンドルポケットとカバー、合計8点です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

素材は恐らくABS樹脂で、表面は細かい梨地となっている為、まずは「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行ってから上塗りを行う予定です。

ご依頼頂いている色は艶ありの黒で、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!