ヤマハマグザムテールランプ レッド塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたヤマハマグザムのテールランプ、レッドキャンディー塗装で完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はこのようにクリアーテールだった物を、

 ナンバー灯を残して全体を透過性の赤=レッドキャンディーで塗装し、全体をクリアーでコーティングしています。

 今回スモーク塗装は無しとなっております。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 凸凹した個所は車体に装着されると恐らく見えないと思いますが、そこも同じように塗装しておきました。

ナンバー灯部分はクリアーだけの塗装ですが、元のプラスチック素地の状態に比べ質感がアップしているのが判ると思います(画像より実物が判り易いです)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

 

キャブレタートップカバー 結晶塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日「CR」の凸文字部分を研磨していたFCRのキャブレタートップカバーは黒の結晶塗装で完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々アルミ無垢状態だった物を、「リン酸処理→プライマー塗装→結晶塗装の黒」といった工程で塗装を行いました。

 「CR」の凸文字部は塗装後に研磨してアルミ素地を光らせ、腐食の進行を遅らせる為にクリアーを筆で塗ってあります。2液ウレタンクリアーなので塗布後には熱を掛けて強制乾燥硬化させています。

 結晶塗装は小さい部品の方が塗り難い所もあり、通常のヘッドカバーを塗る場合よりもスプレーガンの口径は小さくしていたりします(通常は1.3mmで、今回は1.0mm)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ホンダ クロスカブヘッドカバー 結晶塗装 完成

 大変お待たせしました!先日HONDAの凸文字部を研磨してクリアーを塗っておいたホンダクロスカブの純正ヘッドカバー、結晶塗装の赤で完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は新品のアルミ無垢状態だった物を、「リン酸処理→プライマー塗装→結晶塗装の赤」といたt工程で仕上げています。

結晶塗装の赤は大きく別けて二種類あって、今回の方はフェラーリのヘッドカバーなどに塗装する時に使う「鮮やかな赤」となります(他には日産系の「ドス黒い赤」があります)。

 HONDAの凸文字部は塗装後に研磨してアルミ素地を露出させて光らせ、腐食の進行を遅らせる為にクリアーを筆で塗ってあります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

結晶塗装 凸部研磨作業

 先日赤の結晶塗装で本塗りを終えていたホンダクロスカブの純正ヘッドカバーです。その後140℃20分程の熱を掛け、二度焼きをしておきました。

 凸部の周りをマスキングし、ペーパーを掛けて塗装を剥がし、アルミ素地を光らせます。

 最終番手は#800まで行ってアルミ素地を光らせ、最後に腐食の進行を遅らせる為にクリアーを筆で塗っておきます。クリアーは普通の2液ウレタンです(STANDOXです)。

 こちらは先日一緒に本塗りを行っていたFCRのキャブレタートップカバーです。同じ様に周りをガムテープでマスキングし、凸部を研磨して光らせます。

最後にクリアーを塗ったら、後日60℃40分程の熱を掛けてクリアーを硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

ヤマハマグザムテールランプ 本塗り

 先日お預りしておりましたヤマハマグザム(ビッグスクーター)のテールランプです。今回タイミングはかなり早いのですが、レンズ系の塗装はまとめて行うようにしているので、逆に少し遅れていたら次のターンで二ヵ月掛かってしまったりもします。時々「いつ送れば早く終わりますか?!」といったご質問を頂いたりしますが、こういった事から当方ではタイミングが読めない処がありますのでどうかご理解を頂ければと思います。

脱脂清掃後、テールランプ下部の「ナンバー灯」になる個所をマスキングします。

プラスチックプライマー塗布後、透過性の赤=レッドキャンディーを5コート程塗布します。意外にコート数を多くしているのは裏側の形がイビツな為です。尚こちらはスモーク塗装は無しで、手前はインプレッサのハイマウントランプにはスモークを塗っているので色の違いが判ると思います。マズザムの方の赤は明らかに鮮やかですよね。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

車体に着けば見えなくなる部分でも、部品単体の状態だと気になってしまうかと思いますので(私も気になります)、裏側までしっかり塗るようにしています。

目立つ傷も小傷も多かったナンバー灯部分もクリアーを塗って綺麗になったと思います。

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせていただきますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!