Kawasaki Z H2スクリーンパネル塗装承ってます

先日到着しておりましたカワサキのバイクZ H2用純正スクリーンパネルです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はスモーク塗装と、一部すりガラス状になった箇所をボディ同色の「メタリックディアブロブラック」(カラーコード:17K)、

また先端に同じ様にすりガラス状で表現された「Kawasaki」のロゴを同じような感じで「白」で承っています。スクリーンパネルの塗装としては珍しくフルコースな感じですね。

すりガラス状になっているのは裏側もで、ただし塗装するのは表面なのでこちらはそのままとなります(色を塗れば見えなくなるので全く問題無いかと思います)。

現時点で考えている工程としては、


・表面を研磨してザラザラした箇所を平滑にする
・表側にスモーク塗装を行う。
・一旦完全硬化させスモーク塗装として完成
・再び表側に下地処理を行い、
・透けて見える裏側のザラザラに合わせて表側をマスキングをし、
・表面からブラックメタリックを塗装
・「Kawasaki」のロゴ入れ(デカール貼り付け)
・表面全体にクリアーを塗装


といった感じです。

ザラザラとした箇所は予め形をトレースし、データ化してマスキングシートを作成しようと思います(うっかりしていましたが恐らくこれが一番面倒かも知れません・・・)。

スモーク濃度については、この時のNISMOメーターパネル一番左の濃さで承っております。この中で一番薄いスモークですね。

フロントの「Kawasaki」のロゴも塗装前に研磨して消してしまうので、予めサイズを測って位置も判るようにしておきます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

カワサキZX6Rテールランプ&ウィンカー塗装 完成

大変お待たせしました!先日ウィンカーの枠部分の本塗りを終えていたワサキZX6Rのテールランプとウィンカー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

ウィンカーはレンズと枠が一体になっていて、一旦全体に塗装を施し、その後枠だけを艶消し黒で塗り直す事としました。

スモーク濃度は「極薄め」となります。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

周りを黒い枠が透過(反射)してレンズが黒く見えがちですが、

今回は「極薄め」なので、かなり薄いスモークとなります。

元々の枠は未塗装の黒い樹脂で、本体(車体土台)に装着すると艶具合が全然違っているのですが、今回の塗装でそれもかなり払拭出来ているかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用いただきまして誠に有難うございました!

ハーレーテールランプ塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたハーレーテールランプの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々何かしらの透明な被膜がコーティングされていて、そのまま塗るには状態が良く無かったので一旦クリアーを下塗りし、

改めてスモーク塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

比較的濃いスモークですが、以前ご依頼頂いた同型製品よりも濃くと承っていますので、使用上は問題無いのだと思います。

尚、一緒にご依頼を頂いたプライマリーカバーは先に完成しております。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂き、誠に有難う御座いました!

カワサキZX6Rウィンカー枠 本塗り

先日本塗りを終えていたカワサキZX6Rの純正ウィンカーレンズです。

今回は「極薄め」の濃さでご依頼を頂いていて、この場合かなり微妙な濃さ(薄さ)ですから、枠を塗る前に一応確認しておく事にしました。画像左側にあるのが見本の「未塗装品」で、右側がレンズにスモーク塗装を施した物となります。

装着した状態だと判り難いので外してみました。

左が未塗装品、右がスモーク塗装済み品となります。

一応装着もしてみました。左がスモーク塗装済み品、右が未塗装品(ノーマル)となります。

続けて次は枠部分の塗装となります。今回塗装したカバーの枠=樹脂素地の黒が、車体側の本体=樹脂素地の黒と色も質感も違うので、出来る範囲でそれに近づけようという作業となります。最初のご依頼のこちらの記事が判り易いかと思います。

先にスモーク塗装を行ったレンズ面をマスキングし、一緒に塗った枠の部分を足付け処理します。

台にセットし、よく脱脂清掃を行ったら、

ベースコートにハードナーとMIX008を添加した黒を塗布します。

MIX008はSTANDOXの原色の一つで、本来は「メタリックの粒子を立たせてギラツキ感を高め、正面を黒く、透かしが明るく」といった作用をもたせる顔料になりますが、それとは別に「艶消しになる」といった副効果があるので、今回はそれを利用しています。

また今回はクリアーを塗らない【激安コース】の仕様なので、ベースコートにはハードナー(硬化剤)も添加しています。これはバンパーのストラクチャー塗装(ザラザラとした塗装)の際に最後に行う塗装と場合と同じような方法であって、完全に独自の方法と言う訳では無くオフィシャル手法の応用、といった感じとなります(旧DUPONTでも自動車内装の皮や人口皮革を補修塗装するスマートリペアなるメニューがあり、同じような方法でした。

参考までにSTANDOXのテクニカルへのページをリンクしておきます。

2ステージプラスチック塗装ベースコートテクスチャー凹凸仕上げ

ある程度指触乾燥な状態になったら、

マスキングを剥がしておきます。

塗装屋さんならあるあるなのですが、塗装して日が経っていない状態(一か月程度)でマスキングテープを貼ったまま熱を入れると、その糊の溶剤分で塗膜に跡が残ってしまう為、忘れないうちに剥がしておきます。

今回塗装したカバーが装着される、車体側のパーツ(樹脂素地)と並べてみました。塗装した方は少し白味が足りない感じですがこれは梨地による見え方の違いで、外で見ると丁度良い感じになるかと思います(前回のは逆に室内だと色味が合って見えるのですが、屋外だと白味が強すぎた傾向にあったのでは、と思います)。

この後は再び60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、後日完成次第改めて紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

VMAXヘッドカバー結晶塗装承ってます

先日到着しておりましたヤマハVMAXのヘッドカバーです。こちらのオーナー様は現在お預かり中の同車取り付け予定のウィンカー一式の塗装をご依頼頂いている方で、新たに追加でこちらも承りました。この度もご贔屓頂き誠に有難うございます!

ぱっと見は綺麗に見えるのですが、クリアーが塗られたアルミ素地部分に腐食が見られます。

上塗りだけで金属の腐食を止める事は出来ないので、もしかしたらグレーメタリックに塗られた箇所も見えないだけで塗膜の下で腐食が発生しているかも知れません。

金属の腐食が進行すると塗膜を持ち上げて膨れ(ブリスター)が発生するのですが(その力は1平方センチメートルで1トンとも言われています)、そうなった時は大分進行した後で、大抵の場合は塗膜の下でビッシリ錆が発生しています。

ご依頼内容はグレーの結晶塗装で、凸部は研磨せず全面ベタ塗りで承っています。

ただしボルト(ゴムパッキン)が当たる面は塗膜を厚くしないようにとの事ですので、ここはマスキングをして結晶塗装は塗らないようにします。

パッキン跡を測ってみると22mmだったので、

そのサイズでマスキングシートをカットし、

本塗り時にはこのようにしてマスキングを行う予定です。ただしアルミ素地を露出した状態にするとまたそこから腐食が発生する為、プライマーを塗装し、ベースコートの黒を薄膜で塗っておくようにします。また腐食も発生していますので塗膜の剝離後にはサンドブラスト処理(軽め)も行っておきます。

色に関しては以前施工した画像があるのでそちらを紹介させて頂きます。

この時の画像を参考に、黒と白を混ぜた濃いめのグレーで対応したいと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!