ヤマハ マジェスティS テールカウル サフェ入れ

 先日お預かりしておりましたヤマハマジェスティSの社外品テールカウル(カバー)です。

表面には成型時のウネリが残っていますので、

 ダブルアクションサンダー#120~#180で研磨し、

 フチなど細かい部分は#180~#240の手研ぎでラインを整えます。

 その後脱脂清掃して台にセットし、

 さらに脱脂をしてプラスチックプライマーを塗布します。

 そしてサーフェサーを塗布します。

この後ある程度削るので、ウェットで5コート程たっぷり塗っておきます。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それではまた作業が進行しましたら改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

バイク カーボンフォーク塗装承ってます

 先日到着しておりましたバイク用YSS社のフロントフォーク一式です。

こちらのオーナー様は以前ホースパイプとフロントスクリーン、左右ミラー等の塗装をご依頼頂いた方でして、今回のフォークも同車に装着される物かと思われます。この度も当店をご贔屓頂き誠に有難うございます!

 ご依頼内容はフォークのアウターチューブとサブタンクのカーボン部分の塗装で、現状は艶消しクリアー仕上げとなっていますが、こちらにクリアーを塗っての「カーボン艶あり仕上げ」で、またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承っております。

今までの例からして、最終仕上げ(本塗り)の前に何度かのクリアー下塗りを想定していましたが、状態としては非常に良いのでもしかしたら一度の塗装で出来るかも知れません(ただこれについては塗装屋になってから何度も煮え湯を飲まされていますので、実際に作業をしてみてさらに検証してみたいと思います)。

以前ご依頼頂いた案件についても紹介をさせて頂きます。

元々両端がアルミ素地状態だったのですが、サンドブラスト処理を行ってプライマーを塗装、艶あり黒の塗装で仕上げています。こちらのページで他の画像も紹介していますので宜しければご参照くださいませ。

こちらはスクリーンパネルとミラーウィンカーレンズをスモーク塗装に、

 ミラーカバーは元々艶消し黒だった物を黒メタリックの艶消し仕上げにしています。

その他の画像はこちらのページでご覧いただけますので宜しければご参照くださいませ。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難うございます!

カワサキZ900RSテールランプ塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたKawasaki Z900RSの社外品テールランプの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーレンズで、

 それに透過性の赤=レッドキャンディーを塗り、

 以前ご依頼を頂いたハイエースのテールランプを参考にスモークを施しました。

 クリアは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 一昔前のバイクのテールランプはレンズが単体に外れる構造でしたが(ネジを締めすぎると割れてしまい、逆に緩すぎると中に水が入ってしまうというアレです)、近年の物は4輪車と同様、土台と一体になっています。中に水が入らなければ塗料ミストも入らないので塗る上ではこちらの方が楽です。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠に有難うございました!

カワサキZ900RSテールランプ 本塗り

こちらも先日下準備を行っていたKawasaki Z900RSの社外品テールランプです。かなり早いタイミングですが、テールランプ等の透過性塗装はそれ単体では採算が合わず、ある程度の数が纏まってから塗装するという形態でやっておりますので、タイミングさえ合えば予定していたよりも早く塗れる場合があります。

またその逆にご依頼が集まらなければ想定以上に長くなる事もあり、これらはご依頼頂くお客様次第となるところがありますので、当方では予想をする事ができません。何卒ご理解を頂ければ幸いです。

 よく脱脂清掃をし、プラスチックプライマーを塗布します。

 まずは透過性の赤=レッドキャンディーを塗布します。通常は「キャンディーレッド」と呼びますが、今回のようにレンズ系に塗る場合(下地にシルバーを塗らない場合)はこう記載しています。

このままだと純正と同様の鮮やかな赤で、

 そこにスモークを重ねていきます。どちらもベースコートです。

 スモークの濃さは、以前ご依頼を頂いたハイエースのテールランプを参考に調整をしています。

ちなみに赤だけなら通常濃さの調整などはしないので【お任せ仕上げコース】でも対応可能です。スモークを塗る場合は濃さの調整が必要なので【標準コース】以上でのお受付が基本となります。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

ぱっと見は綺麗ですが、微小なゴミが着いているのと、レッド&スモークはどうしてもベースコートの膜厚が着き艶が引ける傾向にありますから、最後には磨き処理も行います(【お任せ仕上げコース】では磨き処理は行わないので塗ったそのままとなります)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レンズ関係透過性塗装 下準備

 次の透過性塗装のターンで本塗りを予定しているテールランプ等のレンズ系パーツです。いつもはクリアーカバータイプのテールランプが多いですが、今回はバイクのテールランプ以外は全て赤系です。

それぞれの案件を紹介している記事へのリンクを以下に記載いたします。


ホンダヴェゼルテールランプ塗装承ってます

スバルWRX STIテールランプ塗装承ってます

カワサキZ900RSテールランプ塗装承ってます

レガシィツーリングワゴン テールランプ塗装承ってます


 まずは裏側の清掃作業で、レンズの内部に埃や泥が中に入ってしまわないよう電球穴をマスキングします。こちらはまるで新品ようですが実はそうでは無く、綺麗に清掃されていましたが、さらにブラシと綿棒で水洗いしておきました。

こういった箇所の汚れはウェスで拭きとる方法では難しいので、

 ブラシと水で洗い流すようにしてエアーブローを何度か繰り返すと隅々まで綺麗になっていきます。

 水洗いはジャブジャブ水を掛けている訳では無く、ブラシについた汚れを頻繁に洗い流すようにし、最後に少しの水を通すだけで大丈夫です。一度にやろうとするのではなく何度も繰り返すと綺麗になっていきます(しかしちょっと信じらないくらい時間は掛かりますが・・・)。

 ひっくり返した状態でよく乾かして水気を飛ばしておきます。

 その後土台部分をマスキングします。ネジが出ていたり尖っている箇所は直ぐに破けるので二重にしてさらにマスキングテープで補強しておきます。

 ホンダヴェゼルのテールランプは、左右にあるバックランプ部を「クリアー抜き」(スモークにはせず)で承っておりますので、予めマスキングシートを作成しておく事にしました。

 バックランプ部にマスキングテープを貼り、つなぎ目部分にボールペンを走らせて輪郭を描きます。

 それをスキャナーで読み込み、各部を修正してベクター画像を作成します。

 そのデータを基にカッティングプロッターでマスキングシートをカットします。

ただそのままでは使えないので、各部を修正→再びカットを繰り返し、最後に本番用のマスキングシートを作成しておきます。

その後被塗面を#800~#1300相当(アシレックスレモン~オレンジ)で足付け処理をしておきます。表面は勿論、フチもしっかり当てておきます。

この後は埃の付かない場所に一旦保管しておき、本塗りのタイミングが来るのを待ちます。すぐそのまま塗れるという訳では無く、各作業内容の確認、ブース内と排気浄化装置、塗装台・棚板をスチーム洗浄して埃の無い状態に清掃しておきます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!