VMAXダクトカバー 下塗り

 先日サフェーサーを研いでおいたYAMAHA VMAXのダミーダクトカバーです。

固定が難しそうで、かといって置いた状態だとフチの回り込んだ部分がが塗れないので、 先に裏側全体に色(ベースコート)を塗っておく事にしました。

 ベースコートが乾いたらいつものように芯棒を固定し、本塗り開始です。

裏側と同じように表側にベースコートを塗布します。画像だと台に置いた(挿した)状態ですが、塗る時は左手で芯棒を持ち、右手でスプレーしています。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り(下塗り)完了です。

今回は「YAMAHA」の文字を塗り分けるので、この後塗膜が完全硬化したら再び全体を足付け処理し、凹み文字部分を塗ってもう一度全体にクリアーを塗ります。

サフェーサーの下地のお陰で文字周りのダルい感じは払拭されましたので、この後の塗り分けはシャープに仕上げられるかと思います。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

VMAXダクトカバー サフェ研ぎ

 先日サフェーサーの塗装までを行っていたYAMAHA VMAXのダミーダクトカバーです。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとして黒をパラパラと塗っておきました。

素材はアルミの鋳物(鋳造)製品なので、どうしても全体的なウネリがありますが、それらが自然に繋がるようにサフェーサーを研いでいきます。最初は#320の空研ぎから始めます。

 逆アールの部分は小さい当て板やエッジを使って研いでいきます。空研ぎは#400まで行います。

 その後同じようにして#600の水研ぎを行います。水をウエスで拭き取った時に若干艶が出るので、それでラインを確認しながら歩を進めます。

 #600の水研ぎが終わったら「YAMAHA」の凹み文字部を研磨します。適当に研ぐとスジが出来てしまうので、自動車の外板パネルを研ぐのと同じように、平滑な当て板を使って縦横斜めに平滑に研いでいきます。当て板には2ミリ厚のアクリル片を使っています。

 新品時には、一方向に研ぐベルトグラインダーのせいで文字の周りが気持ち悪い感じにウネっていましたが、アルミ素地の研磨とサフェーサーのお陰でシャープな仕上りに出来たと思います。これならシルバーとの塗り分けも綺麗に出来ると思います。

この後はまず全体を艶あり黒で塗装し、完全硬化後に再び全体を研ぎ~足付け処理し、YAMAHAの凹み文字周りをシルバー(グレーMet.)で塗装し、余分を研いで除去したらもう一度全体にクリアーを塗ります。smartのBRABUSエンブレムを赤&黒で塗装した時と同じようなやり方ですね。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMW R1200GSフロントフェンダー塗装承ってます

 先日お預りしておりました、BMW R1200GSアドベンチャーの純正フロントフェンダー左右です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

現状はプライマーサフェーサーが塗られた状態で、こちらをBMW純正色の「Black Storm Metallic」(カラーコードM46)の近似色、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様で承りました。

 また今回は色の参考として、こちらのフューエルタンクカバーもお預りしております。

色については調色作業は行わず、配合データからの作製となるのですが、STANDOXから支給される配合データは水性ベースコート用の物のみなので、当店ではこれに対応が出来ず(当店は溶剤系ベースコートです)、ただSTANDOXのカスタマサポートから置き換えデータを送って頂けたので、そちらを使用する事となりました。ですので「M46の近似色」と紹介しております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

バイクステム結晶塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたバイク用マグネシウム合金製ステムの結晶塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はプライマーか不導体被膜のような黄土色の状態だったのですが、

 今回は濃い目のグレーで結晶塗装を施しました。

 フォークが入る内側は塗膜の厚みをつけないよう、プライマーとベースコートの黒のみとしています。

 アルミシャフトは着いたままでの塗装となりましたが、マスキングで塗ったとは判らない仕上りに出来ているかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

バイクステム結晶塗装 本塗り

 先日サンドブラスト&エポキシプライマーを塗っておいたバイク用のマグネシウム合金製ステムです。

 全体を足付け処理し、各部をマスキングしました。

 サイズの合うイモネジが無かったので、ネジ穴にはガムテープを棒状にしてカットした物を差し込んでいます。

 そして本塗り完了です。

 色は濃い目のグレーで、単純に黒と白では無く、「赤・青・黄色・オレンジ」と黒を混ぜて作っています。

 その後120℃~140℃の熱を掛けて塗料を硬化させます。赤外線ヒーターだと当たる表面積が小さいので、反対側に反射板を置いて効率を高めています(見た目はチープですが実に効果的です)。

ちなみに本来であれば直接恒温器(乾燥炉)に入れて熱を掛けた方が早いのですが、巣穴がある場合そこがプクっと膨れるので、大きくなる前に針で突いて破裂させる必要があり、結晶目がしっかり出るまでは赤外線ヒーターを使って熱を掛けるようにしています。

 一応30分程くらいは熱を掛けているので、マニュアル状では完全硬化しているのですが、

 この後もう一度恒温器に入れて120℃20分程の熱を掛けて二度焼きを行います。

早速恒温器に入れて二度焼きもしました。

設定温度は125℃で、140℃の表示は万が一の安全装置(自動停止)の設定温度です。120℃までは今の時期だと10分くらい掛かるので、タイマーは30分に設定していますが、その後も余熱はそのまま残るので「120℃20分」と言いつつ実際は、「127℃20分~120℃20分~110℃20分~100℃20分~」といった熱の入り方となっています。そして70℃くらいまで下がったら他に焼きたかった物を合流させ、そちらは余熱で強制乾燥させて貰います。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!