BMW R1200RTパニアケース&トップケース塗装承ってます

先日到着しておりましたBMW R1200RT LC用のバンザイモータース社製パニアケース蓋と、スモールトップケースの蓋です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

現状はカーボンブラックに塗装された状態で、今回はこちらを同社純正色のアルピンホワイトⅢ(カラーコード:751)への塗装で承っております。

以前施工した R1200RTのトップカバーはヒンジ部を外して塗装しましたが、今回のスモールタイプは分解が難しいようですので、現状と同じくマスキングでの対応となります。

パニアケースの蓋は艶消し黒(または樹脂素地の黒)との塗り分けとなっていて、今回もこの部分は塗らず、マスキングでの対応となります。

塗装するのは現状カーボンブラックに塗られている(艶のある部分)を、トップカバーと同じくアルピンホワイトⅢへの塗装となります。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ヤマハNMAXアルミパーツ塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたヤマハNMAXのアルミパーツの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はラバーコートのような艶消し黒の被膜が塗られていた物を、

溶剤槽に浸け置きして剥がし、「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった工程で下地処理を行ってから上塗りを施しました。

色はソリッドカラーの黒で、

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアー(今回は同社VOCエクストラクリアー)の仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂き誠にありがとうございました!

ヤマハNMAXアルミパーツ 本塗り

先日サーフェサーを塗布しておいたヤマハNMAXのアルミパーツです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておき、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

最初は当て板を使って#600でライン出しを行い、その後#800で曲面やプレスラインを優しく研ぎ、最後に#1500&当たりの柔らかい布状研磨副資材(アシレックスレモン&オレンジ)でペーパー傷の目消しと足付け処理を行います。

その後台にセットします。サフェを塗った時と同じ様に裏側も一緒に塗れるよう固定しています。

最終脱脂処理を行い、何度もエアーブローをして埃を飛ばしたら本塗り準備完了です。

まずはベースコートを塗布します。色は黒=STANDOX MIX571の原色ままとなります。

裏側も塗布します。

そして最後にクリアーを塗布して本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーはクリスタルクリアーへの変更で御指定を頂いておりましたが、今回はさらにそれより高グレードの同社STANDOX エクストラクリアーを使用しています。

エクストラクリアーはまだ不慣れな所があるのですが、比較的塗り易い形状だったので今回こちらにしてみた次第です。品質的にはクリスタルクリアーより上になりますのでご安心くださいませ。

エクストラクリアーはマニュアル上1.5コート吹きですが、知り合いの塗装屋さんから教えて貰った方法と、さらにSTANDOXのデモマンの方ともお話をして、シンナーを変更して希釈率を上げ、3コートで塗る仕様としています。作業時間と手間的にはむしろ増えてしまったのですが、結 果としてはとても良好となりました。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ヤマハNMAXアルミパーツ サフェ入れ

先日素地調整(サンディング~化成処理)を終えていたヤマハNMAXのアルミパーツです。

理想としてはここで一旦スプレーパテを塗りたかったのですが、やり過ぎるとキリが無いので(費用もみるみる上がっていく為)、今回はサフェのみに留めておく事にします。

裏側も一緒に塗れるよう、スペースを広く空けた状態でスプレー出来るよう固定しました。

まずはプライマーを塗布します。

プライマーは防錆効果は高いのですが厚塗りが出来ないので(一部エポキシ系ではそういった物もあります)、

別途サーフェサーを塗布します。

この後の研ぎ作業で細かいラインを成型するのでその分サフェは多めに、ウェットで5~6コート程を塗っておきます。ただし一度に塗るとブリスター等の原因になるので、1コート毎に15分程度の乾燥時間=フラッシュオフタイムを設けてじっくり一時間以上の時間を掛けてサフェを塗布します。

 

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ハーレーテール/ウィンカー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたハーレーダビットソン フォーティーエイト(XL1200X)に取り付け予定のテール/ウインカー兼用ランプ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は透過性の橙=オレンジ色だったレンズに、

透過性の赤=レッドキャンディーと、

薄いスモーク塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

オーナー様からは「気にしなくて良いので赤に」と伺っていますが、さすがに塗り過ぎるとウィンカーも赤く光ってしまいますので、赤くなったギリギリで塗装を止め、その後スモークで深みを出しています。

レンズは本体から取れない構造(接着)になっているとの事で今回はマスキングでの対応となりましたが、

特に違和感無く仕上がっているかと思いますので(仕上がりが悪くなってはいないと思いますので)ご安心くださいませ。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!