SHURE SM58&Drumstick

先日お預かりしておりましたシュアSM58ボーカルマイクとPearlドラムスティックです。その後完成してお納めしていて、改めて施工事例として作業内容を纏めて紹介します。

マイクはいつものように足付け処理をして塗る準備を済ませ、

ドラムスティックについては固定箇所の関係から2回に別けて塗装を行ないます。こちらは#320→#800で足付け処理を行っています。元々プリントされていた「Pearl」等のロゴは削れて無くなっています。

マイクとグリルはいつものようにベースコートを塗布します。色はブガッティ・ヴェイロン「ティファニー・エディション」に採用されたTIFFANY GREEN(カラーコード:V603)となります。「ティファニーブルー」の名称は商標権があるみたいですが、自動車のボディカラーに設定された色を塗るのは何ら問題ありませんから、これを教えて頂いた塗装屋さんには感謝です!

ドラムスティックの方はある程度の所で暈すようにして一旦芯棒から取り外し、

よく乾燥させた後、最初に塗った先端部をマスキングします。色は塗っていますがここはクリアーを塗らず、この後の塗装で固定部として使う為ですね(どの道スティック先端は使えば塗装が剥がれてしまうので)。

また今回はロゴ入れも承っていますので、そちらの準備もします(当然ですが先にやっておきました)。

デカールにまず少しサイズを大きくした白(特色ホワイト)を印刷し、続けてマゼンタを印刷します。フチを白くする感じですね。

その後工場の二階に場所を移し、

デカールを貼り付けます。

その後よく乾燥させます。

マイクの方もSHUREのデカールを貼りました。

デカールはシールと違ってそれ自体では強度がないので、必ずトップコート=クリアーを塗る必要があります。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

そしてこちらのドラムスティックはつや消しクリアーとなります。

艶ありと同様ウェットで2コート塗りますが、こちらは徐々に艶が消えていきます。

艶が消えた状態です。

今回ドラムスティックを艶消しにした理由としては「木目」を目立たなくする為で、もしこれが艶あり仕上げの場合は別途サーフェサーやパテ等でこれを埋める作業が必要となり、かなりコストが上がってしまいます(塗装費と同等かそれ以上となります)。

今回はこれを艶消しとする事で木目を目立たなくし、またクリアーを塗っていない箇所との境界を目立たなくしました。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこのような状態だった物に、

マイク本体をティファニーグリーンに、

ロゴをピンクで施工しました。

こちらは自然光での撮影となります。

ドラムスティックは元々は木製の未塗装無垢素材だった物に、

同じくティファニーグリーンの艶消しクリアー塗装仕上げとしました。

かなり華やかな組み合わせになるかと思います。

その後オーナー様より「本日、マイクとドラムスティックを受け取りました。想像以上の出来映えで、御社へ塗装を依頼して本当に良かったと思っております。」とのお言葉も頂戴しました。

この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

TELEFUNKEN M81マイク塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたTELEFUNKEN M81マイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこの様な状態だった物に、

VW社のキャンディホワイト(カラーコード:LB9A)で塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

グリルはメッキが施されていた為そのまま塗装を行っても十分に密着しませんから、サンドブラスト処理→プライマーを塗ってからの上塗りとしています。

自然光でも撮影しました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

エンブレムは本体から飛び出たような形状になっていて、この場合マスキングの対応だとどうしても色がはみ出てしまいますから、最後にエンブレムのフチを艶消し黒で修正しています。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHURE SUPER55ガイコツマイク塗装 完成

先日本塗りを終えていたSHURE SUPER55SH Series IIガイコツマイクです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

ウィンドスクリーンは接着剤での貼り付けで、しかも一度にはできませんから(ずれたらその接着剤が隙間から見えてしまうので)、数日に分けて組付け作業を行っていました。一日一か所で三日間といった感じですね。

それぞれの接着剤が乾いたら各パーツを組み付けていきます。

そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々はこのような金属素地の状態だった物に、

マゼンタキャンディーカラーで塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

キャンディーカラーは下地のメタリックを透過させる事で色の彩度を高くし、またコントラストを強調する事で通常の2コート塗装では出来ない色味を表現しています。

ただし塗り方によって色味が変わってしまうので、各パーツでそれが生じないよう注意して塗装を行う事が必要となります。

自然光でも撮影しました。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

オーディオ用置物 塗装承ってます

先日到着しておりましたオーディオのルームチューニング用置物、Acoustic Resolution Exciter RHR-21です。こちらのオーナー様は先日SEVのアルミプレートの塗装をご依頼いただいた方で、この度も当店をご贔屓頂きありがとうございます!

素材は金属製で、表面は多少ザラザラとした塗装が施されています。

金色の部分は塗らないので外しておきます。

穴の中はペーパーでの研磨はし難いので、この部分はサンドブラストを使用する予定です。一応全体を研磨してプライマーを塗ります。

色についてはこちらの部品を一緒に送って頂き、

艶消し黒の色見本と見比べてみるとこちらと近い感じなので、当店規定の艶消し黒で塗る事とします。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

TELEFUNKEN M81マイク 本塗り

先日お預かりしておりましたTELEFUNKEN M81マイクです。

グリル部分はブラックメッキが施されていて、このまま上塗りを行っても塗装は十分に密着しませんから、

サンドブラストを行って表面を荒らします。ツルツルとして硬い表面を凸凹にする事で塗料の食いつきを良くするような処理でアンカー効果を期待しています(身近にある物ではマジックテープのような感じです)。

よく脱脂清掃後、

プライマーを塗布します。

マイク本体の方はグレーメタリックの塗装が施されていますので、これを#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で研磨して足付け処理をしてあります。

まずはベースコートを塗布します。

VW社のキャンディホワイト(カラーコード:LB9A)となります。

この後よく乾かしたら、

トップコート=クリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

マスキングした箇所の仕上りが悪くならないよう、2回目のクリアーを塗ったら直ぐにマスキングテープを剥がしておきます。少々リスクが高いですがそのまま固まってガタガタになってしまうのは避けたいのです。

ちなみに少し前までマイクは40本程度お預かりしておりまして、現在ようやく30本程にまで減らせた状態です。これから御依頼頂く場合は半年くらい掛かってしまいますのでご注意くださいませ。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!