SHUREワイヤレスマイク マーブルレッド塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHUREのワイヤレスマイクBLX2/BETA58A、マーブルレッドの塗装で本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はいつもの艶消し黒でしたが、

 キャンディーレッドのラップ塗装でマーブル柄に仕上げました。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 裏側です。

 各画像はいつもの通り、サイズの縮小以外は未加工・未編集となります。

 自然光下でも撮影しました。

それぞれの模様がズレないよう、ラップを被せる時には各部品を組み付けた状態で行い、その後のクリアー塗装時には再び分解して塗っています。

 ラップを掛けた時点で塗装の表面は凸凹してしまいますが、その後クリアーを研磨して平滑にしてからもう一度クリアーを塗っているのでいつも以上に艶々に仕上がっているかと思います。

 インジケーターランプとボタン部分もマスキングで塗ったとは判らない仕上りに出来ているかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHUREワイヤレスマイク マーブルレッド 本塗り②

 先日マーブルレッドで本塗りを終えていたSHUREのワイヤレスマイクBLX2/BETA58Aです。その後60℃40分程の熱を二回程掛け、塗膜を硬化させておきました。

クリアーを塗った直後は比較的平滑でしたが、ベースコートはラップを貼って凸凹になっている為、完全硬化後はクリアーの表面も凸凹として、余り美しくない状態になっています。

ボタンとインジケーターランプ部のマスキングを貼り直し、全体を研磨してこれを平滑にします。

 再び細部まで足付け処理を行い、台にセットします。

 下塗りの黒から始めて、今回で3回目の塗装となります。

 クリアーは通常通り2コート塗り、ボタン部分のマスキングはフチの仕上りが悪くならないよう、二回目のクリアー塗布後直ぐに剥がしておきます。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

この後は再び60℃40分程の熱を掛けていよいよ完成となります。

それではどうぞもう少々お待ち下さいませ!

SHUREワイヤレスマイク マーブルレッド 本塗り

 先日黒で一旦下塗りとしていたSHUREのワイヤレスマイクBLX2/BETA58Aです。その後60℃40分程の熱を二回程掛け、しっかり完全硬化させておきました。

ボタン部分とインジケーターランプ部のマスキングは貼り直し、マイク自体も一旦芯棒から取り外します。

 全体を足付け処理後、組み付けた状態にして再び芯棒に固定します。

 今回はラップを使ったマーブル塗装となりますので、内容としては予想出来ない事が想定される為、予め練習用の色板も準備しました。マイク本体と同じように黒を塗ってクリアーを塗った物を足付け処理してあります。

 ラップはシルバーを塗った直後に貼り付ける必要がある為、万が一の事を考えて3セット用意しておきました。

 実際に手を動かしてイメージトレーニングを行い、

 まずは色板で試し、「もう少し縦目も増やした方が良さそう」と考えながら、

 本番完了です。

 回り込んだ部分にも模様が繋がるようにしています。

 シルバーは中目のMIX811と粗目のNIX598を50%ずつ混ぜています。

この後はキャンディーレッドを塗っていきます。クリアーでは無くベースコートです。

 グリルボールは形状的にラップするのが難しい為、以前施工した時と同様「黒&キャンディーレッド」のみの仕様となります。

 こちらもキャンディーレッドを塗り重ね、

 再び分解して芯棒にセットし直したら最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 ボタン部分のマスキングがクリアーと固着しないよう、こちらは直ぐに剥がしておきます。

 尚、このままでは段差が残った状態となる為、この後熱を掛けて硬化させた後、もう一度足付け処理を行ってクリアーを塗ります。なので完成まではもう少しですね。

 クリアーは3コート程塗っているので磨き倒して完成させる事も出来るのですが、それを考えると他のご依頼品と一緒にクリアーだけ塗らて貰った方が楽ですし、間違いは無いかと思います。

グリルボールはいつも通りなのでこれで完成ですね。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

ゼンハイザーE845マイク塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたゼンハイザーE845のマイクとホルダーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はいつものこういった状態でして、

 そちらをVW社のキャンディホワイト(カラーコード:LB9A)に、

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様で塗装を施しました。

 マイクホルダーは変形する為、クリアーには軟化剤を入れたフレキシブル仕様としています。

 こちらは自然光下で撮影した画像です。

 どれもサイズの縮小以外は未加工となります。

 こちらはストロボを使って撮影した画像となります。

 使っているカメラ自体は同じ物ですが、背景にグラデーションペーパーを使い、光源にストロボを使って撮影しています。

 ここを広げてマイクを差し込む為、塗膜が割れないよう軟化剤を入れ、またマイクが当たる内側には塗膜が着かない様にしています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ゼンハイザーE845マイク 本塗り

 先日お預りしておりましたゼンハイザーE845のマイクとマイクホルダーです。

マイク本体は#800相当で空研ぎの足付け処理をし、グリルボールはウォッシュコンパウンドとナイロンブラシ、マイクホルダーはスコッチ&ナイロンブラシとウォッシュコンパウンドで足付け処理を行っています。ちなみにグリルボールにスコッチを使うとワイヤーの重なった部分に繊維が挟まって残ってしまうのでNGです(最初の頃に経験済みです)。

 マイクホルダーは内側を塗るとマイクと固着してしまう恐れがある為、塗料が着かないようマスキングしています。

 また念の為に樹脂部品にはガスプライマーを使った火炎処理も行っておきます。

 プラスチック部品にプライマーを塗布後、ベースコートを塗ります。色はVW社のキャンディホワイト(カラーコード:LB9A)となります。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーで、

ただしこちらのマイクホルダーはマイクを差し込む時にかなり口が開くようになる為、樹脂素材は使っていて塗膜が割れないよう軟化剤を入れたフレキシブル仕様にしています。

なので順番としては先にマイクのクリアーを終わらせ、その後軟化剤を入れたクリアーでマイクホルダーを塗っています。

 内側の干渉する部分もマスキングしてあります。

ブツ切りマスキングした個所は硬化後にペーパーを掛けてエッジを均し、挿したマイクを傷付けないようコンパウンドで滑らかに磨いておきます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!