ゼンハイザーE945マイク塗装 完成

こちらもお待たせしました!。 先日サウンドハウス様から直送で届いていたゼンハイザーE945ボーカルマイクの塗装も本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

マイクは新品の物のみお受付となっていまして、それの理由としては、傷がある物だとサフェーサー等の下地処理が必要となり、その際に生じる研ぎ粉や研ぎ汁が中に入ってしまうからです。中身を全て分解した状態にして頂ければ対応は可能ですが、恐らく構造上それは難しいと思います。また下地処理費を考えると、新品のマイクが買えてしまう場合もありますので・・・。

 色は定番のVW社の「キャンディホワイト」(カラーコード:LB9A)に、SENNHEISERのロゴは粗目のメタリックを使ったグレーシルバーを塗装で入れています。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

 自然光下で撮影しました。

 こちらの内容は定番となっているので「予め塗っておいてそれを販売すれば」と思うかも知れませんが、マイクは購入してからの保障期間が設けてある事、あと仕事としてはやはり面白く無いのではと思っています。オーナー様が居てこそ綺麗に仕上げよう!と思うものですからね。

こちらはストロボを使って撮影した画像になります。

どれも使っているカメラとレンズは同じで、感度(ISO)と絞り、シャッタースピードのみ変えて撮影しています。画像は縮小のみ、撮ったそのままとなります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ゼンハイザーE945マイク塗装 完成

先日本塗りを終えていたゼンハイザーE945のボーカルマイクです。今回は磨き処理も承りましたので、塗膜が完全硬化した後、ロゴ部分にペーパーを掛けて凸凹を均し、磨き処理を行っています。

 そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介しますね。

今回はホワイトパールを御希望で、事前にお貸出しをした色見本帳の中からお好みの色を選んで頂きました。

 マイク本体の色はトヨタ「ホワイトパールクリスタルシャイン」(カラーコード:062)で、

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 ロゴは以前施工したSHUREのマイクに採用したラベンダーを参考にしています。

 自然光下でも撮影してみました。

 パールのしっとりとした高級感が判ると思います。

こちらは室内のストロボを使った環境での撮影となります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ゼンハイザーE945マイク&ホルダー塗装 完成

 大変お待たせしました!ゼンハイザーE945マイクとマイクホルダーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

マイク本体は塗装が施されているので足付け処理のみで塗装が出来ますが、

マイクホルダーは未塗装で、また可動部がある事、素材自体が柔らかく曲がる事など、マイク本体を塗るよりも手間が掛かります。塗装の費用はサイズで決まるのではなく作業時間=工数によるものですので、小さいから、安い物だからといって塗装費用が安くなる訳ではありません。

 色はVW社のキャンディーホワイトで、

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

 マイクホルダーは素材が柔らかい為、クリアーには軟化剤を添加してフレキシブル仕様としています。

 自然光下でも撮影してみました。

 マイクホルダーの内側はマスキングで塗らないようにしています。

 室内のストロボを使った環境でも撮影をしてみました。

 最近は海外の方からの御依頼も多いです(海外からの御依頼と言う訳では無く日本在住の外国人の方で、恐らくはそれを仕事にしているアーティストの方々かと)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ゼンハイザーE945マイク 本塗り

先日お預りしておりましたゼンハイザーE945ボーカルマイクです。サウンドハウスさんから直送で届いた物ですね(殆どがそうなのですが、今回オーナー様の御住所が判りませんのでそう紹介させて頂いております)。どちらも足付け処理済みとなります。

 ベースコートにVW社の「キャンディホワイト」(カラーコード:LB9A)を塗り、所定の位置にSENNHEISERのロゴにカットしたマスキングシートを貼り付けます。

 そこにシルバーを塗布します。シルバーは中目と粗めの3種類と、それに黒を少し入れています。

 マスキングを剥がし、クリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」で承っています。

ロゴのグレーシルバーについては、いつもはその都度適当に作っていたのですが、今回同じ仕様がかなり連続しているのでちゃんとデータ化しました。具体的にはSTANDOX原色を「811:812:598:571=5:5:5:0.3」の割合で混ぜています。

この後60℃40分の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ゼンハイザーE945マイク ホワイトパール 本塗り

 先日お預りしておりましたゼンハイザーE945のマイクです。

「SENNHEISER」のロゴについては以前施工したラベンダーの色ので承っておりますので、それを基に色を作製します。

 またマイク本体の色はトヨタ「ホワイトパールクリスタルシャイン」(カラーコード:062)で承っておりますので、こちらも配合データを基に色を作製します。

左上の色がカラーベースの白で、その上に右下のパールベースを塗り重ねる3コートホワイトパールとなります。

 マイクグリップ部は空研ぎで研磨し、グリルボールはナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って足付け処理を行っています。

 ベースコートを塗装し、十分に乾燥したらロゴのマスキングシートを貼り付けます。

 予め作成しておいたラベンダーカラーのベースコートを塗布します。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 またこちらはロゴの段差も綺麗に磨いてツルツルにして欲しいとのご希望も承っておりますので、完全硬化後には磨き処理も行います(磨き処理は【標準コース】以上のみの対応となります)。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!