ハーレーテールランプ塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたハーレーテールランプの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々何かしらの透明な被膜がコーティングされていて、そのまま塗るには状態が良く無かったので一旦クリアーを下塗りし、

改めてスモーク塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

比較的濃いスモークですが、以前ご依頼頂いた同型製品よりも濃くと承っていますので、使用上は問題無いのだと思います。

尚、一緒にご依頼を頂いたプライマリーカバーは先に完成しております。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂き、誠に有難う御座いました!

ハーレーテールランプ 本塗り

先日クリアーの下塗りを行っておいたハーレーのテールランプです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、先日下地処理を行っておきました。

よく脱脂清掃し、エアーブローを行ったら本塗り開始です。

濃度は前回ご依頼頂いた「標準濃度よりも濃く」と承っていますので、

その時の画像を確認しながら、それよりも半段階程度濃くなるようにスモークを調整します。ここまでの黒さだと少々心配になりますが、既に前回同じ物でご依頼頂いているので安心です。

スモーク=ベースコートの回数自体は薄い場合と同じで、4~5コートで終わるよう塗料の含有量を変えています。他のご依頼品と一緒に塗っていますが、その都度ベースコートを入れ替えて塗っています。

濃さが決まったら最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ハーレーテールランプ クリアー下塗り

先日お預かりしておりましたハーレーのテールランプです。

通常のレンズと違っていて表面に透明な被膜がコーティングされていて、そのまま塗れない事も無いのですが、バリやブツがのこったまま塗ると綺麗に仕上がらない為、一旦クリアーを下塗りしてからスモーク塗装を行う事としています。

裏側をマスキングし、

被塗面を#800~#1300で研摩・足付け処理をします。

フチの裏側やバリを削った箇所等プラスチック素地が露出している箇所も含め、全体にプラスチックプライマーを塗布し、クリアーを塗って下塗り完了です。

塗装作業自体は本塗りと同じで2コート、ただしそこまでのクオリティは必要ないので、クリアーが溜まったり垂れたりしないよう控え目に塗っています。

この後は60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、他のご依頼品でスモーク塗装を行う際に一緒に本塗りを行う予定です。またその前に一緒にご依頼頂ているアルミ製のプライマリーカバーの作業を進行させておきます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ハーレーテールランプ&プライマリーカバー塗装承ってます

先日到着しておりましたハーレーのテールランプとアルミ製プライマリーカバーです。

こちらのオーナー様は以前から何度も当店をご利用頂いておりまして、最初の方ではアルミフェンダーやFRP製のラジエターカバーの塗装、その後カウルパネルもご依頼頂きました。この度もご贔屓頂き誠に有難うございます!

プライマリーカバーには、こちらのロゴ入れも承っております。似たようなデータを探したのですが微妙に形が違うので、同梱して頂いたシールを基にしてデータを作成しようと思います。本体のベース色は以前ご依頼頂いた時と同じくSTANDOX MIX854(黒)で、ロゴはスズキのミディアムグレー(カラーコード:ZVL)、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承っております。

ぱっと見は綺麗なのですが、打痕や、素材自体に線状の 縦筋があるので、「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を想定しております。またその際にはサンドブラストも行う予定です。

裏側にはテープを貼っておいて頂いておりますので、そこは塗らないようアルミ素地を残すようにします。

そしてテールランプです。

こちらは以前同じ物をご依頼頂いていて、今回はそれよりも濃い仕様で承っておりあます。

参考までに前回の画像を紹介させていただきます。

この時は標準濃度で、今回はこちらより濃くなるようにします。クリアーは同じくクリスタルクリアーの仕様となります。

このテールランプは新品時からコーティングが施されていて、ただそこにはゴミやワキのようなブツが存在し、

また側面は波打っていて、

ランナー切り離し部のバリなどもあるので、前回と同様に一旦「研磨足付け処理→クリアー塗装→強制乾燥完全硬化」で下地を作り、改めてスモーク塗装を行う予定です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ハーレーテールランプ スモーク塗装 完成

こちらもお待たせしました!ハーレーのテールランプスモーク塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

こちらが最初の状態で、

 

今回は「標準濃度」のスモーク塗装で承りました。
反射板が無い個所はかなり黒くなっていますが、
奥行がある部分は透明感があるのが判ると思います。

実際に装着してみて灯火が暗いと感じた場合は、元々の電球タイプをLEDの高輝度タイプ(赤く光るタイプがお勧めです)に替えれば照度は問題無いと思います。ちなみに電球でワット数を大きくすると熱も高くなってレンズが溶けたりするので注意が必要です。
クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーで、塗装面は磨き処理も施してあります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店を御利用頂き誠に有難う御座いました!