SHUREワイヤレスマイク塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHURE QLXD2ワイヤレスマイクの塗装、本日完成となります。

先に塗装していたアルファロメオのヘッドカバーはもう少し寝かしてからの完成となりますのでもう暫くお待ち下さいませ(特に不具合が発生したとかではありませんのでご安心下さい)。

最初の状態も紹介しますね。

 元々は艶消し黒の状態で、また今回はヘッド部を別体(別売り)のELEFUNKEN M80Wに交換している為、そこだけ色(質感)が違うようになっていました。本体は塗装なのにヘッド部は黒アルマイト仕上げだからですね。

塗装するのは本体の3部品で、ただし今回は2色をグラデーションで塗装する為、それぞれの部品は組み付けた状態で塗装する事にしました。

 正面から見た状態だと、マイクの上の部分が「グリーン→青」に変化する「クロマフレア風No.7」を塗っていて、

 下の方は「マゼンタ・イエロー・オレンジ・黄緑」に変化する「クロマフレア風No.9」を採用しています。

 さらにマイクの裏側はそれを上下逆にしてあります。

 光の当たる角度によって色が変わるので、ステージ上でもかなり映えるのではないでしょうか。

当店としては余り行わない塗装ではありますが、作業内容自体はいつもの通りですので、強度は自動車ボディの塗装と同等とお考えいただければと思います。またクリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」を使用しています。

 こちらは自然光化で撮影した画像です。

 自然光だと金属感が強く感じられるのが特徴でしょうか。

 こちらはストロボを使って撮影した画像です。

 どの画像も撮ったままの未加工で、サイズのみ半分程に縮小しています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHUREワイヤレスマイク 本塗り

先日下地処理を行っていたSHURE QLXD2ワイヤレスマイクと、別体となるヘッド部のELEFUNKEN M80Wです。

 今回は2色をグラデーションで塗装する為、色がズレない様に組んだ状態で塗装する事にしました。マスキングも内部に塗料が入り込まないようにしています。

 使用する色はこちらの2色で、

 こちらの玉虫色をした「クロマフレア風No.9」の顔料と、

グリーンから青に変化する「クロマフレア風No.7」の顔料を使用します。

それぞれマイク塗装のページで完成画像を紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

SHURE SM58クロマフレア風No.7

SHURE SM58クロマフレア風No.9

 それぞれの色を使って実際にグラデーションさせた色見本マイクもあるので(画像右端の物)、それも参考にしながら本塗りを行います。

 まずは下色に黒を塗ります。液晶パネル部はマスキングの為、際の仕上りが悪くならないよう無用に塗膜厚をつけないよう注意します。またこの状態ではネジを少し回して隙間を開いた状態で塗装しています。

 その後ネジをしっかりと締め、グリーン系のクロマフレア風No.7を塗ります。全体にでは無く、塗りたい部位より少し広めの範囲に、且つ余分なミストを飛ばさないようにします。

 さらに続けてクロマフレア風No.9を塗布します。

 グラデーションの境目としては、上下は液晶パネル辺りに、また裏表でもそれぞれの色を変え、どの角度から見ても2種類の顔料を確認出来るようにしています。

 こちらはグリップ部で、裏側は濃いグリーンになっています。

 その後ネジを緩めて隙間を空け、クリアーを塗布します。

使っている顔料は2種類ですが、それぞれが多色に変化する色の為、 グラデーションされた部位がズレると激しい色変化を感じられます。

この後は一日程自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて完全硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

マイク アルマイト被膜 下地処理

 先日お預りしておりましたSHURE QLXD2ワイヤレスマイクです。

ヘッド部分は別体(別売り)のTELEFUNKEN M80Wが装着されていて、こちらは塗装では無くアルミアルマイト処理が施されている為、そのまま上塗りをしても塗料は密着せず剥がれてしまいますので、#180で足付け処理を行い、この後プライマーを塗装します。

 本体(と元々着いていた筈のヘッド部分)は黒い塗装で、こちらはいつも通り足付け処理のみで大丈夫です。グリップ部のバッテリーカバーとなる部分は製造時の旋盤の跡が残っていますので、#500相当(アシレックススカイ中目)でヘアーライン目を均してから#800相当(アシレックスレモン)で仕上げておきます。

 アルマイト被膜についている色は塗装では無くアルミ素地(気孔)に染み込んでいる物で、無理に剥がす必要はありません。この後に塗るプライマーが密着する為の足付け処理が施されていれば大丈夫です。

良く脱脂し、プライマーを塗布します。

 こちらは別の案件でお預りしておりますオーディオテクニカのワイヤレスコードレスマイク(ATW-TS63)で、こちらも同じくアルミアルマイト処理が施されています。

ちなみにこれと同じ型のマイクで黒い仕様の物があるのですが、そちらは恐らく塗装での仕上げで、それであれば足付け処理のみで塗れますから、塗装するのが前提であればその方が安く済みます(ただしグリルも黒くなってしまうので、メッキを御希望であれば今回のような選択になるかと思います)。

先ほどのSHUREと同じく#180のダブルアクションサンダーで全体に満遍なく傷を付けておきます。

 サンダーが使えない(当たらない)谷の角や溝の部分は、ヘラにペーパーを当てて足付け処理を行います。ただしペーパーの当たり方が一方向だけだとどうしても密着性(アンカー効果)が弱くなる恐れがある為、ペーパーを掛ける際には方向を変えて、またケースバイケースで火炎処理や密着剤などを併用したりもします。

 マスキングをし、よく脱脂処理をしておきます。

そう言えば少し前、知り合いの塗装屋さんが「パテの時には脱脂はしない」と言っていましたが、私もディーラー在籍時にはそこまで脱脂に拘っていなくて(当時の私も含め意外と普通です)、ただ独りで仕事をするようになってからはそういった些細な事も気にするようになりました。

こちらもプライマーを塗布しておきます。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

SHUREワイヤレスマイク塗装承ってます

 先日到着しておりましたSHURE QLXD2ワイヤレスマイクです。ヘッド部分は別体でTELEFUNKEN M80Wが装着された仕様となっています。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

塗装するのはマイク本体(下部のアンテナ部は除く)と別体のヘッド、カバー部分の3点となります。グリルボールと接点カバーリングは塗装せずそのままとなります。

色については少々特殊で、クロマフレア風な偏光パールを2種類使ってのグラデーション塗装となります。以前色見本用マイクに塗装したサンプルがありますのでそちらを紹介させて頂きますね。

 また公式の色としては紹介していなかったのですが、イメージとしては上記画像の一番左の色見本マイクのような感じとなります。

 上記画像の左側の色見本がそうで、「濃いグリーン」と「玉虫色」をグラデーションさせて組み合わせた塗装となります。

それぞれの色を別けて紹介させて頂きますね。

 こちらが濃いグリーンの方(クロマフレア風No.7)で、見る角度によって青味が出てくる偏光型のパールを使用しています。

 パッと見は黄色寄りの濃いグリーンなのですが、

透かしで青味を帯びる色となります。マジョーラなどのクロマフレア系顔料の塗装と同様、下色に黒を塗装しています。

 そしてこちらが玉虫色の方(クロマフレア風No.9)で、見ての通りグリーン→イエローマゼンタへと激しい色変化を起こします。

 顔料自体はどれもパウダー(粉末)タイプで、バインダー(樹脂のみ)と混ぜて使う事で通常のSTANDOXの塗装システムとして使用が可能となります。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

SHUREワイヤレスマイク塗装 完成

 先日本塗りを終えていたSHUREのワイヤレスマイクBLX24/BETA58です。

 内側はしっかりマスキングをしておいたので塗料ミストの入り込みなども綺麗に防げていると思います。

 そして各部品を組み付けて完成となります。大変長らくお待たせしました!

最初の状態も紹介させて頂きますね。

元々はいつもの通り黒っぽい艶消しの塗装が施されていた物を、

 オーナー様から入稿されたイラストデータを基にトランプ柄の塗装を施しました。

 マイクの上下で分割される柄の位置もピッタリ決まりました。

 先程の裏側です。ボタンが手前となるとこちらが観客側になる感じでしょうか。

 ベースコート(色)の順番としては、「白→赤→黒」で、クリアーはクリスタルクリアーを二度打ち(二個分の塗装)をしています。

 ボタンとパイロットランプ部分はマスキングでの対応となっています。

 グリルボールには水色の輪ゴムが嵌るようになっているのですが、今回の柄には色が合わなそうなので着けずに梱包してあります。ただ傷の防止になるので本番以外では着けておくと良いかも知れません。

下の穴は予想以上にピッタリで、この型のマイクで底部分を塗装してしまうと恐らくカバーは上手く閉まらなくなってしまうと思います。今後の為に確認が出来て幸いでした。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!