インプレッサG4テールランプ レッド&スモーク塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたスバルインプレッサG4の純正テールランプ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 元々はクリアーカバーレンズを被せたタイプのテールランプでしたが、

 バックランプとウィンカーの部分をクリアー抜きとし、テールレンズ全体に透過性の赤=レッドキャンディーを塗装しました。

 さらにその上に薄くスモークが塗られ、渋い赤になっています。

 クリアーレンズも落ち着いた感じになっています。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」で、各画像はサイズの縮小以外は未加工となります(最近は加工・編集が当たり前になっているのでわざわざこう記載しています)。

 立てた状態でも撮影しました。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

インプレッサG4テールランプ 本塗り

 こちらも先日下地処理を終えていたスバルインプレッサG4の純正テールランプです。良く脱脂清掃を行います。

 マスキング用のデータは以前作製した物があるので、それを使ってマスキングシートをカットし、貼り付けます。よくエアーブローし、プラスチックプライマーを塗布します。

透過性の赤を塗り、マスキングシートを剥がします。

クリアー抜き部分に再びプラスチックプライマーを塗布します。

 続けて全体にスモークを塗布します。

 以前の施工例を参考に濃度を調整し、

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 しっとりと落ち着いた赤になっているかと思います。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛け、磨き処理を行ってさらに数日寝かしておきます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

インプレッサG4テールランプ レッド&スモーク塗装承ってます

 先日到着しておりましたスバルインプレッサG4の純正テールランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はレッド&スモーク塗装で、以前施工した時の画像がありますのでそちらを紹介しますね。

ウィンカー&バックランプ部をクリアー抜きにして透過性の赤に、その後全体に薄くスモークを掛けてクリアーでコーティングしています。こちらのページから他の画像も見れますので宜しければご参照下さいませ。

先ほどのテールランプが装着されたのがこちらの車両で、今回もこの画像をご指定してご依頼を頂きました。こちらのページから他の画像と、オーナー様から頂いたコメントもご覧頂けます。宜しければご参照下さいませ。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

インプレッサG4テールランプ レッド&スモーク塗装 完成

impg427 そしてこちらのスバルインプレッサG4の純正テールランプもレッド&スモーク塗装で完成となります。お待たせしました!

最初の状態も紹介しますね。

impg426元々の状態はいつも通りで、このメッキの枠と鮮やか過ぎる赤が気に入らない!と言う方が結構いらっしゃるんですよね。

impg428 全体をスモークと言うご依頼もありますが、今のところは今回のようなレッドキャンディー塗装をメインにして、その後全体に薄くスモークを塗る仕様(おまけスモーク)が人気です。

impg429 と言うか当初はXVハイブリッドの方が人気でこちらのG4の方は余りご依頼数は無かったのですが、今年になってからジワジワと増えて来ましたので、今回は今更ですがクリアー抜きの箇所を型取ってデータ化し、マスキングシートを作れるようにしておきました。今まではその都度メッキ枠に合わせてラインテープを手で貼っていましたから、それに比べると作業スピードは断然上がっています。

impg430こうやって見ると単なるレッドテール化では無く、うっすらスモークが入ってシックな雰囲気になっているのが判りますよね。クリアーレンズ部分は他の部分よりも1コートスモークを増やして(計3コート)コントラストを調整しています。

それでは後ほど完成のお知らせメール差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

インプレッサG4テールランプ レッド&スモーク塗装 本塗り

impg459インプレッサG4のテールランプは想定していなかったのですが、タイミング良く届いたのでギリギリ今回のターンで一緒に塗れました。テールランプは単体で塗装すると採算が合わないので大体4~6セット(10個くらい)を纏めて塗るようにしていますが、タイミングを逃すと完成まで二ヶ月くらい掛かる事もあるので、その辺のバラつきに関してはどうか御理解頂ければと思います。

ちなみに納期を短縮させる事も可能ですがそちらは「納期指定」といった別途有料のオプションとなっていて、それ以外ではどのご依頼も「納期未定」が基本となっております。お急ぎの場合や日程などご都合を決められたい方はそちらをお願いしていますが、仕上がりが上がらないのに金額が上がると言うのは私的にも望んでいませんので、どうか納期は決められず時間に余裕を持ってご依頼頂ければと思います。

impg460 今回のインプレッサG4のテールランプもジワジワとご依頼が増えて来たので、今回はクリアー抜き用の型をデータとして作っておきました。どうせやるならもっと早くからやっておけば良かったのですが最初の頃はそんなにご依頼は無かったんですよね。

しかしお陰で本塗り当日のマスキング作業が圧倒的に早くなったのでストレスは軽減されました。今回のような透過性の塗装は凄くプレッシャーが高く、いつも前日から気が重いのですがお陰で今回はかなり楽な気分で挑めました。

impg461 そしてキャンディーレッド塗布が完了です。この後クリアーに残した部分に再度プラスチックプライマーを塗り、続けて全体にスモーク塗装を塗っていきます。

impg462 赤い部分にはスモークを2コート、クリアーレンズ部分には3コート塗って最後にクリアーを塗って本塗り完了です。深みが全然違いますよね。

impg464妙に浮いたメッキの枠も全く判らなくなり、かなりシックは雰囲気に変わったと思います。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きますね。もう少々お待ち下さいませ!