ロータスヘッドカバー結晶塗装 完成

先日本塗りを終えていたロータスヘッドカバーです。その後恒温機(乾燥炉)で120℃30分程の熱を掛けて二度焼きをしておきました。

凸部を#120ダブルアクションサンダーで粗研ぎし、その後は手研ぎで#120→#180→#240→#320→#400→#500→#800→#1300 といった工程でアルミ素地を光らせます。

本来はそのままが金属感があって良いのですが、そうなると経年で表面の酸化で輝きが鈍くなりいずれ腐食してしまう為、それらの進行を遅らせられるようクリアーを筆で塗っておきます。

その後60℃40分程の熱を掛けてクリアーが硬化したら完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

当店に届いた時には既にサンドブラストが行われた状態だったので、この後は洗浄、リン酸処理、プライマーを塗って上塗りを行いました。

色はボディーカラーに似せたブルー+ブルーパールとなります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

古い製品の為か素地の状態は余り良くありませんでしたが、結晶塗装の特徴でもある「粗を目立たなくする」効果のお陰で、美しい姿に生まれ変われたのでは、と思います(しかし塗装屋的にはどうしても粗を探してしまう為、「完璧な仕上がり」というのを未だ見た事がありません)。

途中、車体を預かっている整備工場様から納期の連絡がありましたが、急ごうにしても他にお待ち頂いている方がいらっしゃいますので、通常通り順番に作業をさせて頂きました。

実は今まで4回くらいM&A(企業買収)のお話を頂いたのですが、条件が折り合わなかった為か、未だ最後までには至っていません(まあ売る気も無いですが)。

近くで見ると規則的に模様が揃っているのが判ると思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ロータスヘッドカバー 本塗り

先日お預かりしておりましたロータスヘッドカバーです。元々サンドブラストが行われた状態で、それを溶剤で脱脂清掃後、リン酸処理を行っています。

まずは全体にプライマーを塗布します。

色は結晶塗装の青と黄色を混ぜて、

それにパウダータイプのブルーパールを入れます。

オーナー様から頂いた画像を参考に微調整を行います。

そして本塗り完了です。

製品としては古い物らしく、鋳造時に出来た素地の粗や巣穴が結構多かったので、艶のある状態だとそれらがかなり目立ちますが、

その後熱を入れて結晶目が現れると、粗がかなり目立たなくなるのが判ると思います。

この時点では赤外線ヒーターを使って140℃~170℃くらいの熱を30分程掛けています。

この後は一晩置き、後日恒温機(乾燥炉)に入れて120℃30分程の熱を掛けます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ロータスヘッドカバー 結晶塗装承ってます

先日到着しておりましたロータスのヘッドカバーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

  現状は既にサンドブラストが行われた状態で、頂いた画像を参考に、車体色に似せた色で結晶塗装を承っております。

比較的古い製品のようで巣穴が多くみられますので、シンナー洗浄&リン酸処理を行った後にしっかり空焚きをして乾燥させておこうと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ロータスエキシージ ヘッドカバー塗装承ってます

lotus 少し前に到着しておりましたロータスエキシージV6エンジンのトヨタ製2GR-FE(3.5L)のカムカバーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はいつもの結晶塗装では無く、「アルミの金属感を最大限に再現し、なおかつ美しく、まばゆく輝くシルバー」をご希望との事ですので、今回は以前プレオのルームミラーに施工した、STANDOX 3コートSPFシルバー仕様でご依頼を承りました。参考にそちらも画像も紹介致しますね。

preo17ベースコートに黒を塗り、その上にバインダー(樹脂)で9倍に薄めたSPFシルバーを塗った仕様となっています。この時の完成画像はこちらのページにありますので宜しければご参照下さいませ。

またSTANDOX SPFシルバーについてはこちらのページで紹介していますので宜しければどうぞ。

lotus1 ちなみに業務案内のカテゴリーページでもご案内しております通り、現在は「艶々仕様のヘッドカバー塗装」のお受付はしておりません。非常に手間と時間が掛かり、また心身への負担が大きく他の作業に影響するからです。

ですので作業着手は現在進行中の大型案件、トヨタスマートキーカバーの塗装(と加工)と、CORSAIRの巨大PCケースの塗装が完了してからとなります。納期も長めに頂戴致しました。

lotus2今回の作業では下地処理が相当大変な事になりますので、以前施工したRB25エンジンの時のように、サフェーサーでは無く「二度塗り」の方法で作業を簡略化する事も提案させて頂いたのですが、「仕上りの良い方で」との事で、今回はこれを全てサフェーサーで下地を作ってからの塗装となります。ですので費用もヘッドカバーの塗装としてはかなりの高額になっています(結晶塗装の4倍くらいといった感じです)。

ちなみにロータスのヘッドカバーは、やはり以前「アルミのように」といったご依頼を受けて施工した事がありますので、参考までにそちらも紹介致します。

lotus7こちらも下地はサフェーサーで整えていて、使っている塗料は同じSTANDOX製品(プラッティングシルバー)ですが今回の仕様とは大きく異なります。どっちが楽かと言うと、形状からして断然こちらの方が簡単です(今回は本当に大変です・・・)。

尚、先ほどの画像にはいくつかマーキングされた個所があって、今回はそれらの個所を削り落としたら埋めたりする事も承っています。その辺は間違えたら大事ですので、後日改めて仕様を紹介させて頂きます。

それでは作業進行しましたらまた紹介させて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

尚こちらの案件が終わるまではヘッドカバーの艶々仕上げ、また自転車フレーム関係の塗装もお受付が出来ません。ご迷惑をお掛けしますが何卒宜しくお願い致します。目安としてはゴールデンウィーク以降となります。申し訳御座いません。

ロータスヘッドカバー結晶塗装 完成

lotus18こちらもお待たせしました!ロータスのヘッドカバーはオレンジの結晶塗装で完成となります。

lotus19ロゴが付いている位置がちょっと特殊で、全体的に見ると結構ノッペリしているデザインです。と言うかボルトの位置も相当変わってますよね・・・。

lotus20以前これと似た形のヘッドカバーを「ポスト」として使われている方がいらっしゃいましたが、確かにヘッドカバーは綺麗な状態なら飾っておいても面白いと思います。固定する為の穴は予め開いてますしね(笑)。

それでは後ほど完成のお知らせメール差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!