NISSAN GT-R(KPGC10) S20 Engine Cover

 いつもの業者様からご依頼を頂いていた、日産スカイラインGT-R(KPGC10)のS20ヘッドカバーです。

 現状は濃いグレーの結晶塗装が施されていて、ただしその後使った痕はありません。

 オイルキャップのネジ山まで塗られているという、中々男前な仕様です(使っている内に塗膜片が中に落ちて行くのでは・・・)。

 この型のヘッドカバーとしてはあるあるの、端のネジ穴部分が折れて溶接されています。

この部分の表側には、塗装を剥がした後に凸凹のビード跡が出て来たので、エポキシパテで均しておきました。

 塗膜を剥離後、サンドブラスト処理(軽め)を行います。

その後リン酸処理→プライマー→サフェーサーを塗布し、表面を研磨します。

当て板の入らない細かい部分は、2ミリ~3ミリ厚のアクリル板を使って平らに研いでいきます。番手は#320→#400となります。

 その後はいつもだったら#600→#800まで仕上げるのですが、今回は腐食による浸食痕などが目立った為、

一旦艶ありの黒で全面を下塗りとしました。サフェ作業も行っていますが、さらに2度塗りも行います。

 その後熱を掛けて塗膜を硬化させた後、同じように今度は#600~#800で水研ぎを行います。

 浸食されていた部分は凹んでいる為、その都度拾いパテ(ラッカーパテ)で埋めるのが大変だったので、代わりにクリアーを塗ってしまおう、と言う作戦です。また#320~#400のペーパー目の目消しにもなります。

 艶のある所が研いでいない部分で、艶が消えている個所は全て当て板(主にアクリル板)とペーパーを使って研いだ部分です。

 その後凸部を#120→#180で荒砥ぎしておきます。今回既に一度研磨(塗装)されて凸文字部が薄くなってしまっていたので、エアーツール(ダブルアクションサンダー)は使わず全て手研ぎで行っています(この辺の作業が体に良くなかった為か、その後調子が悪くなってしまったので、ヘッドカバーの艶あり塗装は当面これを最後の仕事とさせて頂く事にしました)。

そしてスコッチとナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って足付け処理を行います。

そして本塗り完了です。

(今回は掲載する予定では無かったので途中画像が余り無く、作業内容はかなり飛んでいます)。

色はスカイラインHR31 1987年 GTS-R(800台限定)の「ブルーイッシュブラック」(カラーコード:BG8)となります。黒に見えますが濃紺で、パールやメタリックは入っていないソリッドカラーとなります。

 その後熱を入れて塗膜を硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

 凸部を研磨した個所は最終#800仕上げとなります。

 アルミ素地を出している凸部分には多少腐食が残っています(黒い点々状の個所)。

シングルサンダーを使ってもっと削ればこれらも取り除けますが、部分的に削ると歪むのでその場合は全体的に、ただそうすると「2000」と「NISSAN」の文字部がさらに薄くなってしまうのでここまでに留めておきました。

 この部分が折れていた部分です。ポリエステルパテは熱に弱いので使わず、エポキシ接着剤(3Mパネルボンド)のみで成型しています。

 オイルキャップのネジ山部分にあった塗膜も取り除いておきました。

今回のヘッドカバーは梨地では無いのですが、プラグホールとプラグホールの間に凹みや歪があるので、平滑にする為の下地処理(サフェ研ぎ)が必須となります。単に塗るだけでこういった仕上りにはなりませんのでご注意下さいませ。

 今回のような作業は身体への負担が大きい為、現在はお受付を停止させて頂いております。

ただし一部のヘッドカバーは対応している物もありますので、詳しくはこちらの業務連絡のお知らせをご確認くださいませ。

日産S20ヘッドカバー塗装 完成

 大変お待たせしました!日産スカイラインGT-R(KPGC10)のS20ヘッドカバー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はグレーの半艶に再塗装されていた物を、

旧塗膜の剥離~サンドブラスト処理を行い、

「プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行って下地を平滑にし、

 艶々の仕上りにしました。

 色は色はスバルの「ダークグレー」(カラーコード:61K)でご指定頂き、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承りました。

 ヘッドカバーの向きを反対に変えました。

 こういった部品の場合は「当時と同じ様に」といったご要望が多い気がしますが、これらのヘッドカバーが着く車両(ハコスカ)はそういった事を既にやりきってしまわれたようで、今回のように「艶々に」といったご依頼は結構多いです(ただし費用も大きくなるのでご依頼に至るケースは稀です)。

 原色の中では一番粗いメタリック(MIX598)が使われている為、近くで見るとメタリックの荒々しさを感じられます。

 艶が出ると粗が余計に目立つので、鋳造製品をそのまま塗ってもこのようには仕上りません。特にこの型のヘッドカバーはプラグホールとプラグホールとの間に「凹み」があって、それがそのまま残ると格好悪いです。

現在同じように、ランエボ(マグネシウム製)のヘッドカバーと、ランエボⅩの樹脂製ヘッドカバーも「艶々」でご依頼を頂いておりまして、マグ製の方は初のキャンディーピンク塗装で、こちらも業者様からのご承諾を頂けましたので後日紹介したいと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご利用頂き誠に有難う御座いました!

S20ヘッドカバー 本塗り

 先日サフェ研ぎまでを終わらせておいた日産ハコスカ用のS20エンジンヘッドカバーです。最終脱脂処理を行い、いよいよ本塗りとなります。

 サフェ研ぎの際にはアルミ素地が露出している個所もあるので再びプライマーを塗布します。これは部分的にでも構わないのですが、サフェーサーの上に重なっても問題は無いので全体に塗ってしまいます。ただし肌を荒らすと仕上りに影響が出る為(艶引け)、全体に塗るのは1コートのみとしています。

最初は様子を見る為に適当なベースコート(今回はメルセデスのブルーブラック)を塗り、色が着く事で素地の粗が判りますから、そこからさらに研ぎ作業を行います。ここからが結構長い作業となります(今回で2時間程)。

 研ぎ痕などを除去したら、ご指定頂いた塗色(スバル「ダークグレー」61K)を塗りベースコートが完了です。

 ベースコートを十分に乾燥させたら凸部の周りをマスキングし、研磨します。

 番手は#240から始め、最終#1300相当で仕上げます。

 アルミ素地を光らせる際にはペーパーは新しい物を使う必要がある為(パテや塗装の研ぎと違って傷が残り易いのです)、本塗り中にも関わらず色々と物が溢れます。

 研磨した際の研ぎ粉はエアーブローだけでは落ちないので、タッククロス(不織布に粘着剤が塗布された塗装作業専用の物)を併用して塗装面をクリーニングし、アルミ素地が露出した個所には密着剤を塗って、最後にクリアーを2コート塗ったら本塗り完了です。お待たせしました!

 アルミ素地の個所は塗装後に研磨して光らせるという方法でも良いのですが、腐食して曇っていくなら多少でもそれを遅らせられればと言う事でクリアーを塗っています。クリアー自体に防錆効果はありませんのでご注意下さい。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を強制乾燥させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせていただきますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

日産S20ヘッドカバー サフェ研ぎ

 先日粗研ぎまでを行っていた日産ハコスカ用のS20エンジンヘッドカバーです。その後#320~#800相当の布状研磨副資材(アシレックススカイ~レモン)を使い、空研ぎ#400のペーパー目を除去しておきました。

サフェ研ぎ完了後、凸部の周りをマスキングし、最初はダブルアクションサンダー#120でフィンと文字の天面を粗研ぎし、

 その後当て板を使って手研ぎします。

 凸部はクリアーを塗る前にも研ぎ出すので、ここでは#240までの仕上げとしておきます。

一日中サフェ研ぎをすると腕が痛くて上がらなくなり、深爪もひどいので、数日に分けてここまで仕上げました。

よく脱脂清掃し、フィンの天面を適当にマスキングしておきます。どの道ベースコート塗装後にはペーパーで研ぎ出しますが、テープを貼る手間とどちらが楽か(またリスクが少ないか)を考えるとこの方が、と言う感じです。ベースコートはそれ単体だとペーパーに絡みやすいですしね(STANDOXは良い方で、DUPONTのセンタリ6000とか最悪では無いでしょうか)。

それではまた作業進行しましたら紹介させて頂きますね。次はいよいよ本塗りです!

NISSAN S20ヘッドカバー サフェ研ぎ

 先日プライマー&サフェーサーを塗布していた日産ハコスカ用のS20エンジンヘッドカバーです。フィンの部分はマスキングをしておいたので、それを剥がしてアルミ素地が露出した状態となります。全体にはガイドコートとして黒をパラパラとドライコートで塗ってあります。

 平面を研ぐのは難しいのですが、こういった歪な形状を、しかも見た目以上に粗の多い鋳造製品を研ぐのはかなり大変です。

 下手に手研ぎをすると素地の凸凹がそのまま残ってしまったりするので、最初は硬い当て板と#320~#400のペーパーを使って、平行四辺形を描くような動きでひたすらネチネチと研ぎます。

 また同じ動きをするとそこだけ掘ってしまうので、違う方向から違う動きでサフェを研ぐ必要があります。ちなみに2液のサフェ(特に外資系)は硬いので最初から#600とかでは歯が立ちません(サフェの塗り肌が残ってしまう程です)。

と言う訳で一日掛かりで粗研ぎが概ね完了し、この後は後日目消しの作業となります(と言うか深爪でこれ以上作業が出来ないという・・・)。

作業進行しましたらまた紹介をさせていただきますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!