自転車用エアーホーン塗装 承ってます

先日到着しておりました自転車用のエアーホーンです。こちらの方は以前も同じ物を3個ご依頼頂いたり、リカンベントのカバーパネルをキャンディーレッドの塗装でご依頼頂いている、オーダーメイド自転車でタイとかインドネシアとかに走りに行ってしまう方です。この度もご贔屓頂き誠に有難うございます!

ご依頼内容は艶消しの黒で、ただし今回はクリアーを塗らない【激安コース】の仕様で承っています。

また以前は艶あり仕上げだったので継ぎ目を消したりする下地処理も行いましたが、今回は足付け処理を行ったらそのまま上塗りを行います。

イメージとしては以前施工したモデルガンのパーツで、参考までにそちらを紹介させて頂きます。

クリアーは塗らずベースコートの黒だけで、ただしそれに直接硬化剤を入れ、さらに艶消し材を入れて塗っています。その他の画像はこちらの記事からご覧頂けますので宜しければご参照くださいませ。

またペットボトルの蓋部分も同じく艶消し黒の塗装で承っております。これも前回と同じですね。

以前の完成画像も紹介させて頂きます。 その他の画像はこちらのページからご覧いただけます。

その他、リカンベント用の透明なカバーパネルをキャンディーレッドに塗らせて頂いていたりもします。掛けている壁がまだ木目だった頃で、現在はこの壁を白く塗って有孔ボードを貼り、色見本を並べている場所です。30年くらい前に感じるのですが、まだ6年前だった事に驚きです・・・。

ホーンボタンとなる部分はピンポンチでシャフトを抜き、既に取り外してあります。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

自転車用エアーホーン×3塗装 完成

air39 大変お待たせしました!自転車用のエアーホーンの塗装、本日完成となります。

下のボトル部分が圧力タンクになっていて、それと本体が細いエアーホースで繋がれています。

air40 ちょっとホースのまとまりが付かないのですがこれ自体取る事が出来なく、今回の塗装ではこれがネックとなっていました。ホースは一旦は塗装したのですが塗料が着かない素材だったようで結局剥がして元に戻す事になりました。何にしても元に戻せてよかったです。

air41 それぞれ本体と付属パーツとで色の組み合わせを御指定頂いてます。リングは装着されているようですが借り止めですので御安心下さい。これを填めてしまうといざハンドル等に装着する時にリングを開けなくなるので、装着する順番としては先にリングを着けてそれに本体をバチっと取り付ける感じです。

air42左と真ん中は色が似ていますが左はグレーメタリック、真ん中はブラックに微量のパールが入っています。今回は派手さと言うよりは渋さを好んで色を選ばれたような感じですね。自分好みの色になった部品が装着された自転車は乗るのが楽しくなりそうです。

それでは後ほど完成のお知らせメール差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

エアーホーン 稼動部修正

air38ホースの塗装を剥がし終わった後、続けて付属品の組付けを行いました。

エアーホーンの構造については塗装前にもチェックはしていまして、シルバーに塗った部品を押すとバルブの中にある出っ張り(虫)が押されてホーンが鳴る、といった仕組みなのは判っていましたが、エアーを充填する時にここを全開にすると言う事にまで気が回りませんでして・・・。

air34エアーを入れるのは米式バルブの空気入れで行うと思われ、その場合はこのボタンを全開にしなければならない筈です。が、ここまで開くとレバーの一部が本体に強く接触し塗装が剥がれてしまいます。外す前に気付くべきでした・・・。

air35 当たる箇所はちょっと大胆ですがカッターで大き目にカットしてしまいます。この後#240~#320でガタガタをスムーズに均し#600~#800で仕上げます。

air36 素地が露出しているのでプライマーもしっかり塗っておきます。色は残っていますからそんなに面倒では無いですが塗り直しはやはり凹みます。自業自得ですのでもう今日一日はこれの修正に費やす事にしました。

air37と言う事で無事修整塗装完了しました。かなり余裕を持ってカットしましたが見た目的には判らないと思いますので御安心下さいませ。いやはや大変失礼致しました・・・。

エアーホーン ゴム部本塗り

air29先日本体と付属部品の塗装を終えていたエアーホーンです。塗膜が完全硬化したのでタンクのゴムキャップとホースの塗装を行います。と言うか既に先日これは終えていたのですが、実は大変な事が起きていました(なので昨日からの更新が止まっていたのです)。

air30本塗り自体は問題なく終わっていました。マスキングはかなり手間が掛かりましたが台に固定したセッティング自体はそのまま利用したので多少は軽減出来ています。ホースは固定出来ないので本体のマスキングと接触はしてしまいますが、こちらはクリアーは塗らないベースコートのみの塗装なので半分程度を塗ったらセッティングタイムをおき、その後ホースを移動して塗れば特に問題はありません。

air31 そして今朝の状態です。パッと見は問題無く出来ているように見えるのですが、塗り終わった後の状態からして既に問題が起きていました。

air32ホース部分に塗った塗装はペリペリと剥がれてしまっています。当初はホースが曲がる事によって塗膜が付いていかない(柔軟性が劣る)のかと思いましたが、ゴムキャップは問題無いので(こっち方がよほど変形しますので)素材との密着性に問題があるようです。

で、色々と調べてみたのですが、この柔らかさと細さで耐圧のホースとなるともしかしたらポリエチレンかシリコン系の物なのかも知れません。ただし前者でこの柔らかさはちょっとあり得ないと思うで恐らくは後者かと思われます。ポリウレタンでしたら普通に密着はする筈ですし。一応最初の段階のパッチテストとしてシンナーを塗ってみたら表面がベタつくような感じがあったのでてっきりゴム系かと思いましたが、考えてみればかなりの圧力を掛ける使いかたをする訳ですからゴムは使わないですよね。ちなみに一般的なポリウレタンなら塗装は密着する筈なのでその可能性は低いです。ちょっとあり得ない剥がれ方なんですよ。

air33一応事前にオーナー様には「剥がれるかも知れない」旨はお話していますがもうそういうレベルでは有りませんから結局本日朝からこれを剥がす事にしました。ただし再塗装をする事は出来ませんのでホースは綺麗なまま活かさなければなりませんのでシンナーは使えず、結果ガムテープを貼っては剥がし、残りカスはシリコンオフで除去していきます。ちなみに一人では大変だったので最近出入りしている友人にも手伝って貰いました。一応同じ職訓校塗装科出身ですから手順と注意点だけを伝えればあとは黙々とやってくれます。本当に助かりました・・・。

という事でホースに関しては(当店の)塗装では対応が出来そうも無いので(素材がシリコンであれば同じくシリコン系が適しているかと思いますが当店では扱っていないのです)、ホース自体を取り替えるなど何かしら違う方法で対応するしか無いかも知れません。力不足申し訳御座いません・・・。

ちなみにこのまま続けて組み付け作業も行っていますが、こちらでもちょっと不具合があったので詳しくはまた紹介したいと思います。といってもこちらは既に解決していますので(一部塗り直しました)その点は御安心下さい。

自転車用エアーホーン×3セット 本塗り

air20 大変お待たせしました!エアーホーン3セット、無事本塗り完了しておりますので御安心下さい。ちょっと画像数が多くて重たいかも知れませんが何卒御容赦下さいませ(今回は色数が多いので・・・)。

air21 セッティングは下塗りの時と同様にエアーホースが本体に接触しないように固定しています。本塗り時はこの台ごと動かしたりしますがそれでも問題無く、見た目以上にかなりしっかり固定出来ています。ただし塗っている時間よりもこのセッティングに要した時間の方が確実に長いですが・・・。

air22 小さい方も足付け処理をして最初と同じようにセッティングします。今回リングの方は装着時に広げると思いますから塗膜が割れないように軟化仕様にしています。ただ想定以上に広げればやはりそれなりに危険ですので出来るだけストレス無いように装着して頂ければと思います(まだ完成もしていませんがお伝えするのを忘る事もあるかと思いますので念の為)。

air23 使う色は5種類で部品点数は9個です。間違えないように何重にも仕掛け(じゃなくて予防線)を施しています。

air24 そして本塗り完了です。下塗りをしておいたお陰で塗る感覚は掴めていましたからプレッシャーは低くて済みました。ほぼ同じ事を二回分やっていますからね。

air25 下塗りでは塗り過ぎないように注意したので凸文字等も比較的シャープさを残して仕上げられたと思います。

air26 ブラックに関してはソリッドカラーかと思いきやホワイトパールが入った2コートパールでした。見た目は黒に見えますが良く見ると確かにパールが・・・といった程度ではありますが良い感じに仕上がっていると思います。

air27クリアーを塗る時は指でこのホースをちょっと動かして隙間を塗っていたりします。肌を作りつつ垂らさないように、というのは当然難しい所ですが良質なクリアーだと比較的やり易かったりします。関ペのPG80も使った事はありますがあれでこう塗るのはちょっと厳しいと思いますよ。足り無い腕は材料でカバーして貰っているのです。

air28小物パーツもこんな感じで完了です。組み付けた状態を見るのが楽しみですがその前にはホースとゴムキャップ部の塗装がありますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!