スイフトスポーツテールランプ塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスズキスイフトスポーツの純正テールランプ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は比較的赤が派手な状態だった物ですが、

「極薄めと薄目の中間」の濃さのスモーク塗装で、シットリと落ち着いた雰囲気になったと思います。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

スイフトスポーツテールランプ 本塗り

先日下準備を行っていたスイフトスポーツの純正テールランプです。

よく脱脂清掃し、エアーブローを行って埃を飛ばしたらプラスチックプライマーを塗布して本塗り開始です。

ご指定頂いている濃度は「極薄めと薄目の中間」で、前回同型のテールランプに施工した「薄目」のスモークを参考に、それより半段階明るくした(薄くした)濃さに調整します。

ちなみに前回施工した同型のテールランプは、クリアーレンズ部が「極薄め」、周りの赤いレンズ部が「薄目」の二段階の濃さ(ダブルスモーク)としています。

スモークを行っているのはベースコートで、

その後トップコートのクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

テールランプはそのまま台に置くとレンズが当たってしまうので、裏側に使い終わったマスキングテープの芯(25mm)を貼って浮くようにしています。

割れていた角の部分ですが、言われないと判らないくらいに仕上がっているかと思います。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レンズ関係透過性塗装 下準備

次の透過性塗装のターンで本塗り予定のテールランプ等レンズパーツ一式です。今回は7セット、14点の塗装となります。


スイフトスポーツテールランプ塗装承ってます

ハーレーテールランプ&プライマリーカバー塗装承ってます

カワサキZX6Rテールランプ&ウィンカー塗装承ってます

フォレスターメーターカバー塗装承ってます

日産Y31セドリックサイドマーカー塗装承ってます

スイフトリヤフォグ塗装承ってます

ダッジラムコーナーレンズ塗装承ってます


スイフトスポーツのテールランプは輸送時にレンズの角が破損してしまっていて、今回はこちらの修理もご依頼頂いております。

ちなみに割れた箇所は土台接着部の外側なので、この状態でも水漏れ等の心配はありません。

割れた破片と本体の断面にアクリル樹脂用の接着剤=サンボンドを塗り、

それぞれをくっ付けます。

ある程度乾いたらさらに裏表から流し込みます。

その後割れた部分の周りを#320相当で足付け処理し、プラスチックプライマーを塗布します。

透明なエポキシ接着剤を塗布します。最初はレンズと土台の合わせ目部分に塗るようにします。

その後30分程して固まったら足付け処理を行い、再びプラスチックプライマーを塗布し、

同じ透明なエポキシ接着剤を盛っておきます。補強の為ですね。

表側に食み出た接着剤や、うっかりジクロロメタンが着いた指で触って指紋の跡に溶けてしまった箇所を削り落し、ぱっと見では割れていたとは判らない程度に出来ました。

輸送時にご依頼品が破損してしまう事は時々あり、大抵は今回のような「角」の部分で多く見受けられます。

若い頃に運送会社の集中センターでアルバイトをした事があるのですが、ベルトコンベアーから流れて来る荷物が凄い量で、とてもじゃありませんが一つ一つの荷物に気を遣えるような環境ではありませんでした。明らかに破損している物でも、まるでパワハラ見本市(笑)みたいな職場ではベルトコンベアーを止める訳には行かなかったのです。

そういった内情も知っているので「われもの」のシールは余り(と言うか殆ど)信用しておらず、完成後の梱包は本当に気を遣うようになりました。送った時の箱より戻って来る時の箱が大きくなっているのはそういった事が理由で、階段の上から転げ落としても壊れないくらいにと考えています。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

スイフトスポーツテールランプ塗装承ってます

先日到着しておりましたスイフトスポーツ純正テールランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はスモーク塗装ベタ塗りで、濃度は「極薄めと薄目の中間」、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っております。

参考までに以前施工した同型製品の画像を紹介させて頂きます。

この時は中央のクリアーレンズ部を「極薄め」に、周りの赤いレンズ部分を「薄目」の濃さとしています。ですので今回はテールランプ全体をこの中間の濃さに調整するようにします。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

スイフトスポーツテールランプ塗装 完成

こちらもお待たせしました先日本塗りを終えていたスズキスイフトスポーツZC33Sの純正テールランプ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は赤が鮮やかなテールランプでしたが、

今回のスモーク塗装でかなり落ち着いた雰囲気になったと思います。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

クリアーレンズ部(バックレンズ部)は赤いレンズ部に比べて薄いスモークにしています。

クリアーレンズをスモーク無しにすると、そこだけが目立ってしまう恐れがあった為、若干のスモークを掛けつつ暗くしないよう、それぞれ二種類のスモークで塗り分けています。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!