フリードフロントグリルメッキモール塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたホンダフリードのフロントグリルメッキモール塗装、本日完成となります。

最初の状態を紹介します。

元々はABS樹脂に装飾クロムメッキが施されていた物で、この状態にそのまま上塗りを行っても十分な密着性を得られませんから、これに下地処理を行った上で、

ホンダ純正色「クリスタルブラックパール」(カラーコード:NH731P )の塗装を行っています。

トップコートには、通常使っているクリスタルクリアーよりも上位の同社STANDOX VOCエクストラクリアーを使用しています。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

ちなみに最初の御依頼ではリヤのメッキガーニッシュをご依頼頂いておりまして、 そちらが完成・納品後、続けてこちらの御依頼を頂きました。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂き有難うございました!

フリードフロントグリルメッキモール 本塗り

先日プライマー~サーフェサーを塗っておいたホンダフリードの純正フロントグリルメッキモールです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

素地は装飾クロムメッキなのでライン自体に歪等はありませんが、プライマーやサーフェサーを塗った際に出来る肌の凸凹がある為、それを研磨して平滑にします。注意する点は素地のメッキを露出させない事で、フチの段になっている箇所はコシの強い耐水ペーパーでは無く、布状研磨副資材を使って研磨します。

よく清掃し、芯棒を固定して台にセットしたら最終脱脂を行って本塗り開始です。

本塗り前のエアーブローはかなりの勢いで行う為(基本的に全開)、それによって飛んでいったり外れたりしないようかなりしっかり固定しています。

まずはベースコートを塗布します。色は前回ご依頼頂いたリヤメッキガーニッシュと同様、ホンダ純正色「クリスタルブラックパール」(カラーコード:NH731P )となります。

クリアーをいくら艶々に塗っても、ベースコートを塗り終わったこの時点で肌が荒れていると完全硬化後に艶引けが起きてしまう為、とにかくこの時点で平滑な肌になるようしっかりウェットに塗り込みます。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーで御指定を頂いておりましたが、今回はさらに上位の同社STANDOX VOCエクストラクリアーを採用してみました。昨年末に自分のバイクのカウルを塗るのに使っていて問題ありませんでしたので、徐々にこちらに移行していこうと思っています。

クリスタルクリアーは以前一度廃盤になるという話があって、ただ非常に評判が良かった為かその後も製造が続けられ、ただいつ無くなってもおかしくない所があるので、今のうちに新しいシステムに慣れておこうという算段です。

クリスタルクリアーに比べるとエクストラクリアーの方がコストは高くなりますが、当面は据え置きで対応する予定です。

ただエクストラクリアーは粘度が高いので細かい物には塗り難く、なので現時点ではご指定はお受付せず、その時の状況によってこちらで勝手に変更させて頂こうと思います。飛行機でエコノミークラスを予約して、乗った時のタイミングで無料でビジネスクラスにアップグレードされるような感じで、品質的にはクリスタルクリアーより上ですのでその点はどうぞご安心くださいませ。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

スマートフューエルリッド&フリードメッキモール サフェ入れ

先日お預かりしておりましたスマートのフューエルリッドです。

もう一個の方は艶々の塗装が施されているので軽い下地処理(研磨・足付け処理)でそのまま上塗りが出来ますが、こちらはザラザラとした梨地の為、「研磨→プライマー塗布→サーフェサー塗布→完全硬化→研磨」といった工程で平滑な下地をつくる必要があります。

表面をダブルアクションサンダー#120~#180で研磨し、フチや凸凹部分は#180→#240の手研ぎで、さらに裏側は#320相当の布状研磨副資材で足付け処理を行っています。上塗りだけでなく、パテやサフェ、接着剤を塗布する面には足付け処理が必須となります。

よく脱脂清掃し、裏側にサフェが飛ばないよう(飛んでも構わないのですが研ぐのにも手間が掛かる為)マスキングをします。フチはピッタリ貼るのではなく、少し浮かした状態でボカシが出来るような感じですね。

プラスチックプライマーを塗る前には念の為ガスプライマーも塗っておきます。ガスプライマーを使う場合はPP(ポリプロピレン)やPA(ポリアミド)等、塗料が密着し難い樹脂の場合で、元々は「足付け処理無しでくっ付く!」というのがうたい文句でしたが、余り信用しきれない所があるので結局どちらも行う事になり、「便利な物が新製品が出る度にさらに余計に時間が掛かる」という状態になっています。雇われの身だったら一番最初に首になるパターンですね(実際勤め人の時にボーナスが同僚の半分になっていてビックリしました。笑)。

サーフェサーは5~6コート程塗っています。先ほど紹介したRAV4のパーツより梨地の凸凹が大きいのと、PPのようなオレフィン系は研磨した際に表面が毛羽立つ傾向にあり、それを埋める為です。

ちなみにその毛羽立ちは水研ぎやドライヤーの熱で抑える事も出来るのですが、それが返って塗料の密着性を高められると考えているので(木の根っこのようなもの)、敢えて残すようにしています。アンカー効果の期待ですね。

フチにサフェが溜まって固まらないよう、マスキングを剥がしておきます。

フチまでしっかり塗りつつ、裏側には無駄に飛散させないようにしています。

そしてこちらはホンダフリードGB5の純正フロントグリルメッキモールです。

うっかり撮影し忘れたのですが、こちらは先ほどのRAV4の外装パーツやフューエルリッドとは違うプライマーを使用しています。以前ご依頼頂いたリヤメッキガーニッシュと同じ方法ですね。

メッキの場合と同様、裏側にも回り込んでしっかり塗っています。メッキの上に色が乗っても密着せずペリペリと剥がれるのが嫌だからですね(その他両面テープ等を貼ると塗膜と一緒に剥がれたりもします)。

メッキパーツはラインが出ているのでサフェは薄くで構わないのですが、フチに段差があったりする場合、サフェを研いでいる時点で下地を露出してしまう恐れがありますから、そうならないよう余分に塗ってあります。プライマーを3コート、サフェを4コートといった感じでしょうか。

この後は一晩以上自然乾燥させ(塗膜中の溶剤をゆっくり排出させる為)、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

フリードフロントグリルメッキモール塗装承ってます

先日到着しておりましたホンダフリードGB5純正フロントグリルのメッキモールです。こちらのオーナー様はつい先日同車のリヤメッキガーニッシュをご依頼頂いた方で、この度も当店をご利用頂き誠に有難うございます!

素材はABS樹脂の上に装飾クロムメッキが施された物で、このまま上塗り(色・クリアー)を行っても十分には密着しませんから、別途下地処理を行ってからの塗装となります。

色は前回と同じホンダ純正色「クリスタルブラックパール」(カラーコード:NH731P )で、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承っております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ホンダフリードリヤメッキガーニッシュ塗装 完成

先日本塗りを終えていたホンダフリードGB5の純正リアメッキガーニッシュです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、元々貼ってあったクッションテープを取り付けます。

ゴムもプラスチック同様そのまま両面テープを貼っても剥がれてしまう為、プライマーを塗布します。刷毛で塗ったりするタイプもありますが、今回は段ボールに固定してスプレーで塗布しました。一回目が塗って乾いたらテープを剥がして端も塗っておきます。

新たな両面テープを貼り付け、剥がす前の状態の画像を見ながら元の位置に戻します。

そして完成です。お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々はABS樹脂に装飾クロムメッキが施された物で、この状態のまま密着剤(スプレー糊のような物)を塗って上塗りしてしまえばかなり楽に出来るのですが(わざわざクッションテープを剥がす必要もありません)、その場合「点」では無く「面」で抑えているだけなので、経年劣化や何かのきっかけ(飛び石や高圧洗浄)で塗膜がペリペリと剥がれてくる可能性が高いです。

色はホンダ純正「クリスタルブラックパール」(カラーコード:NH731P )となります。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

黒・青・緑系の原色に、極少量のブルーパールが含まれた配合となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!