RANGE ROVER engine cover “wrinkle finish paint”

img1632 4年くらい前に御依頼頂いた2ndレンジローバーのヘッドカバーです。元々塗装はされているのですがアルミ素地からの腐食が酷い状態でした。

img1738 旧塗膜を剥がすのは剥離剤では無く、主に廃棄物として捨てる筈のシンナーを溜めたタンクに数日浸け置きして剥がす方法を行っています。剥離剤に比べると威力が弱いのでそのままでは剥がれない事もありますが、何よりあの超刺激物を使い捨てる必要が無くなったのでこの方法が気に入っています。

img1746 腐食が酷い場合はサンドブラストを行います。と言っても強制的では無く、最終的な判断はオーナー様に委ねるようにしています。聞かれればアドヴァイスを差し上げますが、余り積極的に作業(費用)を上乗せするのは好きじゃ無いですしね。10年以上問題が起きない様にして欲しいと言う方も居れば、2年持てばそれで構わないという方もいらっしゃいますので。

img1764 ただその後のリン酸処理とプライマーに関してはほぼ強制的な感じで見積もりに形状させて頂いています。さすがにプライマーも塗らずいきなり金属素地に上塗りは出来ませんからね。

img1780 純正の塗装は塗ってそのままの仕上がりですが、折角凸状になっていると言う事もあって、最後に天面を面研する内容で承っています。

作業方法は至ってシンプルで、傷を付けたくな部分にはマスキングをし、それ以外の部分を削って光らせます。

img1782 削る方法としては最初はエアーツールを使い、その後は手研ぎで#240→#320→#400→#600→#800といった順番に徐々に番手を細かくして仕上げます。

img1783 最後は一応防錆の為にクリアーを筆で塗っています。プライマーでは無いので厳密にはちゃんとした防錆処理ではありませんが、何もしないよりかはと言う事でこれはサービスで行っています。オリジナルに拘る方や、毎週磨いてワックスを掛ける事が出来る方はクリアーは塗らずそのままの方が良いと思います。

img1784遠目からの撮影だと結構誤魔化しが効いたり、そもそもデジカメでの撮影であれば後から編集し放題と言う事もあるので、仕事での撮影ではRAWでは無くJPEGで、サイズの変更以外では殆ど無編集にするようにしています。

img1038その後別の案件では赤の結晶塗装を施した物もあったりします。どちらが良いと言う訳では無く、この辺は完全にオーナーの好みで、そもそも純正の塗装は結晶塗装では無く単なる半艶の黒みたいな塗装なのですが、コスト(と重量増)を惜しまないレンジローバーでこれはちょっと勿体無いですよね。

img1039 デザインはちょっとレトロっぽい感じが否めませんが、鈍い銀色のアルミ素地を露出させると断然格好良いですよね。

img718 その他サージタンクも御依頼頂きました。こちらは表面が面研されているので、むしろヘッドカバーよりも格好良く出来ています。

img810先日お客様から頂いた言葉なのですが、「何よりも画像があると説得力が全然違いますよ!」と言う事で、中々大変ではありますが何とか今後もこのスタイルを続けていければと思います。まあ他には何も出来ませんしね。

 

レンジローバーコーナーレンズ&サイドマーカー スモーク塗装 完成

range10 大変お待たせしました!レンジローバー2ndのフロントコーナーレンズとサイドマーカー、「標準濃度」のスモーク塗装で完成となります。

range13 スモークは比較的しっかりと掛かっていますが、濁ったような黒さになっていないのが判ると思います。私的には元々スモークと言うのは好きじゃ無かったのですが(そもそもディーラー勤めでしたし)、ただやるならばと言うことで、透明感や質感、濃度の調整などにも対応出来るようにしました。単に黒くするだけでは無く「高級感」が感じられるようにですかね。

range34こちらが元の状態です。レンズも塗膜同様、長く使っていれば小傷が付いたり表面が劣化して艶が無くなったりしますから、塗装ではそう言うのも払拭出来ると思います。

range12夕方以降はさらに黒味が増し、日中はしっかりオレンジ色も確認出来る程に見えると思います。

range11ウィンカーレンズもお揃いでスモーク塗装を承りました。スモーク塗装でコントラストがはっきりしましたからガラスのような質感に見えますよね。また高品位なクリスタルクリアーの質感も素晴らしいと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメール差し上げます。この度も当店をご利用頂き有り難うございました!

レンジローバーホイール塗装 完成

range 大変お待たせしました!レンジローバーのアルミホイール一式 無事完成となります。ちょっと重過ぎるのでいつもの撮影場所では無くブース内で撮っています。

range1 このホイールはレンジローバー2ndの限定車、「holland&holland」に履いてあるホイールとの事で、今回の塗装では元々あったデザインをそのまま元に戻しています。

range2 新車の当時からすると結構年数が経っていますから各所に腐食も出ていましたのでサンドブラストにて一旦旧塗膜を全部削り落とし、今後の腐食を防止する為にも重防錆仕様として下地をやり直しています。

range3納品はご依頼時と同じく「発送」となるのですが、ちょっと有り得ない重量ですので今回は運搬時のストレスも相当なものになりそうですから一応もう少し時間を置いてからの発送にしたいと思います。週明けの来週早々であれば大丈夫ですかね。とりあえずは後ほど完成の旨メールにてお知らせしたいと思います。

この度もご贔屓頂き有難う御座いました!

 

レンジローバーホイール マスキング~本塗り

range25 ベースコートが乾くと(この時点では「硬化」ではありません)マスキングテープが貼れる状態、所謂「テープフリー」になるのでここから2トーンカラーのマスキングとなります。被塗面には直接手を触れてしまう事もあるので作業前には良く手を洗い、その後の作業途中でも何度も手を洗いながらの作業となります。

まず最初の一本ですが、これ一本の為に30分以上時間が掛かりました。まあこれからの基準となるので当然と言うかむしろ早い方だと思います。

range26 そしてこんな感じで一本目が完了です。作業時間は二時間くらいだったと思います。

「塗装」と言っても実は色々な塗装屋さんが居て、エアーブラシでグラッフィックを描くようなカスタムペインターの方や、ギターの塗装専門でやっていらっしゃる方、私の場合は元々「自動車補修」の塗装でしたから「現状復帰」といった「修理した事が判らないような塗装」が専門になります。なので「独創性」と言う点ではかなり乏しいとは思いますが、今回のような元の状態に戻す作業と、下地から生じるような錆や腐食の再発を抑える事は比較的得意な方だと思います。と言うか今日までそれしかやって来ませんでしたので・・・。

range27 ラインさえ決まれば後はマスキングテープで覆っていくだけです。ただし変な貼り方をすればこの後の塗装時にフチが浮き上がってしまったりもするのでテンションを掛けずに丁寧に貼っていきます。

ちなみに最初に貼ったPP製のラインテープは「引っ張りながら貼る」が基本的な貼り方で、それを覆う和紙タイプのマスキングテープは「置くように貼る」が基本となります。

range29 そしてこの時点で翌日です。徹夜した訳では無く一日置いて体力をリセットしたような感じですかね。以前であれば何時になろうが最後まで通して作業していましたが体を壊してからは余裕を持って作業するようになりました。お陰で四つん這いにならないと現場の移動出来なかったり、車でバックする時に体全体を曲げないと後ろが見えなかったり、新幹線の座席では正座しか座れないなんて事は無くなりました。今が一番健康な状態かも知れません(笑)。

ちなみに無理なマスキングをしているとこの時点で浮き上がっている箇所があります。全体を良くチェックしたらいよいよ2色目のシルバーを塗ります。

range30 シルバーも単に塗るだけでは無く、マスキングテープを貼った側から一方向に塗るようにして塗り分けの段差を小さくするようにします。塗装の世界ではマスキングテープの厚みでさえ凄い段差になるので逆にそれを利用するのです。「そんな事で本当に仕上がりが変わるのか」といった感じですがこれはかなり効果は大きい方です。ただホイールを何周も回らないといけませんけどね・・・。

range31 そしてマスキングを剥がした状態です。各部をチェックして問題なければクリアーの準備です。

range32 いつもであれば「裏」「側面」「表面」を一度に塗りますが、今回は表面のみ単体で塗れるようにしたのでクリアーの塗装自体はかなり楽でした。

range33このホイールデザインはレンジローバー2ndの限定車?「holland&holland」に履いてあるものらしいです。正規に日本に入って来てはいないモデルらしく、オーナー様的にかなり思い入れがあったんでしょうね(掛けた費用も相当になりましたので・・・)。

それでは完成しましたらまた紹介させて頂きますね。もう少々お待ち下さいませ!

レンジローバーホイール 下準備

range19 ちょっと紹介が遅れていましたが無事本塗り完了しておりますので御安心下さい。実はこちらのホイールは数日に渡って作業していたのですが、ちょっと順番が複雑だったので作業を優先させて頂きました。順を追って紹介させて頂きますね。

上の画像はリムのガリ傷を修整しているところです。今回は「ホイール旧塗膜の総剥離」と言う事があったので、サンドブラスト専門店から戻ってきた無垢のアルミは極力早めにプライマーを塗りたかったのです。酸素に触れていればその分酸化(腐食)が進行してしまいますので。

と言う事でガリ傷は残したまま全体の防錆処理~裏吹きまでの作業を進めていまして、最後の方になってホイール表面の作業に戻ります。ガリ傷の箇所は研磨~パテ処理~研磨で平滑にしたら再度サフェーサーを塗ります。

range20 で、後日そのサフェーサーが完全硬化したら空研ぎ#320~水研ぎ#800まで仕上げます。全体を清掃したらマスキングをしていよいよ本塗り開始です。と言ってもこれも実は数日に分けました。今回はマスキングが大変過ぎるのです。

range21 そしていよいよ本塗りです。が、実際にはこの時点では比較的リラックスした作業で、この時点ではアーデングリーンの部分を塗る作業のみです。いつものように4本並べてセットしている訳では無く、一本一本仕上げていきます。ちなみにまず最初には研ぎ過ぎてアルミ素地が露出した箇所を一つ一つプライマーで拾っていきます。

range22 注意する事は肌を荒らさない事で、ベースコートの肌が荒れればそのまま最後まで影響されますし(艶が引けます)、ボカした部分がミストっぽくなればやはりその後に塗るシルバーの肌も荒れるので取り返しが付かなくなります。特にこの色であれば吹きムラ(メタル粒子が不揃いになって現れるムラ)は起きないので、エアー圧を落としてガン距離を近くして極力ウェットコートになるようにします。

range23 そしていよいよ今回の肝である2トーンカラーのマスキングです。この時まで何度も頭の中で作業イメージを繰り返して来まして、大変なのは覚悟していますがようやく呪縛から解き放たれ事にもなりますので(何度も夢に出てきました・・・)気合が入ります。

range24 今回の為にiPadの購入を決めたのですが残念ながら間に合いませんでした・・・。まあ今回は長期戦ですからむしろノートパソコンの方が画面が大きくてよかったかも知れませんけどね。

range28パソコンモニターをブース内に持ち込んで確認したかったのはこの2トーンカラーのラインです。今回の塗り分けの仕方はちょっと異常というか普通ではあり得無いようなライン位置で色分けが成されていて、通常であれば「プレスライン」に沿って色分けをするのが2トーンカラーの基本中の基本な筈なのですが今回は全く違います。純正の塗装でこんな事は通常有り得無いのですが・・・。

ただ今回のご依頼は「極力元の通りに」と言うなので、古い塗膜を剥離する前には色々な角度から撮影し、さらにメモ書き、そして実際にラインをトレースしてマスキングをして感覚を覚えておきました(上の画像がまさにその作業風景です)。

 

と言う事で次はマスキング作業に続きます。ちょっと画像が多くて重くなるので分けて紹介していきますね。後日になったらすいません(紹介しきれるかどうか・・・)。