インプレッサ シフトカバー&シフトパネル塗装承ってます

 先日到着しておりましたスバルインプレッサWRX STI GVFのシフトカバー&シフトパネル(ネジ穴蓋付)です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 こちらは元々シルバー(クリアー無し)で塗られていて、オーナー様自らペーパー掛けをされていたのですが、「プロに任せた方が安心だと思い」との事で、今回はこの部分を艶ありの黒(クリスタルクリアー仕様)で承りました。

 また今回の部品ですが、元々塗られていたシルバーがかなり食み出ていますので、周りのシボ部分を、クリアーを塗らない【激安コース】仕様での艶消し黒で承っております。

確かにこの部品、いつもこの部分が少し食み出ているのですが(マスク型の不良だと思います)、それにしても今回のは酷いです。いつもはベースコートを塗る際にわざと黒を少し食み出るようにして塗り、クリアーを塗る時はマスキングをし直すという方法で対応していましたが、今回はそういうレベルではありません。なので先に周りのシボ部分を艶消し黒に塗り、その後はいつも通り中央部分を塗ろうと思います。

シフトカバー(シフトパネル)の塗装については、以下リンク先で「艶消し」「半艶」「艶あり」それぞれの施工例を紹介しておりますので宜しければご参照くださいませ。

SUBARU Impreza Shift Panel

 そしてこちらはシフトパネル(枠部分)です。画像ではネジ穴を塞ぐ小さい蓋が着いた状態ですが、こちらは外して塗装します。

 こちらのシフトパネルは既存の内装色の「ガンメタ」の近似色で承っておりまして、見本としてステアリングスポークカバーも一緒にお預りしました。クリアーはこちらも高品位なタイプのクリスタルクリアー艶有り仕上げで承っております。

 裏に配線が着いていましたが、簡単に外せますのでこちらは一旦取り外しておきました。塗装後に元に戻しておきます。

ゴムパッドも一旦外し、洗っておきました。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

BMW R1200RTトップケース&パニアケースカバー 本塗り

 先日サフェーサーを塗布しておいたアルピンホワイトⅢのBMW R1200RTパニアケースカバーです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

 既に足付け作業は終えているので、サフェーサーを塗った個所のみ研ぎ作業を行い、よく清掃をしたら台にセットして本塗り開始です。

 トップケースは恐らくマスキングの為にネジ穴にトルクスのネジ(恐らく純正ネジ)が着いていましたので、そちらは一旦取り外し、適当なボルトに入れ替えておきました。最後に元に戻しておきます。

 まずはベースコートを塗布します。調色して作った色は200cc程で、最初からそれを使うと足りなくなってしまいますから、まずは配合データで作った色で隠蔽するまで下色として塗ります。

 おなじくセンターカバーも同色にします。

 STANDOXの白は隠蔽力が弱いので、下色として3コートしっかりウェットに塗り、最後に調色済みの白を1.5コート(1ウェットコート+連続してミッドコート)塗り込みます。

大抵はここで昼休憩にして、しっかり1時間以上のフラッシュオフタイム(コート間の感想時間)を設けます。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 今回は残った反対側のパニアケースとの差が出ないよう、通常クリアー(STANDOXイージークリアー)でのご指定となります。

 塗り方はクリスタルクリアーと同様、1コート目を塗ってから15分程のフラッシュオフタイムを設け、さらにもう1コートの合計2コートを塗っています。

フチも見える筈なので、色とクリアーは裏側に回り込むように塗っています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

メルセデスベンツSL1/43ミニカー 本塗り

 先日下準備をしておいたMercedes-Benz Collection】のメルセデスベンツSL1:43 のミニカーです。

良く脱脂し、本塗り開始です。

 色はメルセデス純正色のオブシディアンブラック(カラーコード:197)となります。

 ベースコートの塗装には、SATAのエアーブラシ口径0.5mmを使っています。

 ドアミラーと、

 こちらはリヤバンパーロアパネルですね。元の青い部分は全て塗装します。

 ベースコート塗装後、工場二階のいつもの明るいデスクに移動します。こういった細かい作業は一階では難しく、後付けしたアームライトが予想以上に活躍してくれています。

 ブツ切りマスキングでしかもサイズが小さい為、クリアーを塗る前に一旦際のマスキングを剥がします。

 色(ベースコート)が綺麗に塗れているか確認し、

 少しだけ位置をずらして(0.1mmくらい)再びマスキングを貼り直します。

 そしてボディです。こちらはスリーポインテッドスターのエンブレムバッジがクリアー下に貼られていたので、同じように元に戻します。

剥がしたエンブレムには多少糊が残っていましたが、クリアーを塗ってそれが剥がれたら取り返しがつかない事になるので、固定には透明なエポキシ接着剤を使います。

 点付けで、最初に剥がしたボンネットバッジを貼り付けます。ポッチよりもエンブレムの方がサイズが大きい為、隙間をエポキシ接着剤で充填するようにしています。

 そしてリヤ側です。

 同じ様に透明エポキシ接着剤をつまようじで点付けし、エンブレムを貼り付けます。接着剤は5分硬化タイプですが、1時間くらい寝かしておきます。

 そして再び一階に戻り、エアーブロー&タッククロスでホコリを飛ばします。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーもベースコートと同じく、SATAのエアーブラシ0.5mm口径を使いました。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

 スリーポインテッドスターのエンブレムも良い感じになっているかと思います。

 トランクバッジも無事です。

 ルーフサイドパネルは元々の肌が悪かったのでしっかりクリアーを塗り込んでおきました。また二回目のクリアー塗装後、直ぐに際のマスキングテープを剥がして段差が馴染むようにしています。

 リヤバンパーロアもバツ切りのマスキングテープを剥がしておきます。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。組み付け作業があるので少し長めに寝かします。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね(組み付け作業は社外記で紹介するかも知れません)。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ホンダカブヘッドカバー 本塗り

 先日お預りしておりましたホンダカブ純正ヘッドカバーです。

今回は赤と黄色の二個でご依頼頂いておりまして、赤の方は先に塗ってあるのですが、その後タイミングが合わず結構長くなってしまいました。大変長らくお待たせしました!

既にリン酸処理も終え、マスキングも行っておきました。

 まずはプライマーを塗布し、

 結晶塗装用の塗料(イエロー)を塗布します。フィンがスプレーの邪魔をするので、スプレーガンのパターンを一番捕捉し、フィンの隙間を一つずつ左右から塗るようにしています。

 その後140℃程の熱を掛けると結晶目が現れ、塗膜が硬化します。

 一回目の熱入れは赤外線ヒーターで、後日もう一度恒温器(乾燥炉)で焼き付けます。

今回は業者様からご依頼を頂いたS2000のヘッドカバーを一緒に塗っているのですが、偶然にも違う業者様から同じ物が重なり、当初は一緒に塗ろうと思っていたのですが、どっちか分からなくなると困る&量的にも厳しかったので、もう一つは後日本塗りを行う予定です。その時に今回のターンで塗った結晶塗装も一緒に熱をいれる予定です(恒温機の場合、1個でも4個でも使用する熱量は変わり無いのでまとめて入れたいのです)。

またこちらは後日”HONDA”の凸文字部分を研磨し、クリアーを筆塗りしておきます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ロードスターヘッドカバー結晶塗装 本塗り

先日お預りしておりましたロードスターのヘッドカバーです。大変長らくお待たせしておりました!

その後はアルカリ洗浄槽に浸け置きしておき、裏側も綺麗になりました。

裏側をマスキングし、

 ブラストボックスに入れて、

 サンドブラスト処理(軽め)を行います。

 その後リン酸処理~洗浄を行い、各部をマスキングして本塗り準備完了です。

 まずはプライマーを塗布し、

 結晶塗装は塗らないプラグホール穴を艶消しの黒(スタンドックスのベースコート黒)で塗装しておきます。結晶塗装の厚みでプラグキャップが上手く嵌らないのを防止する為ですね。

 その後プラグホール部をマスキングし、結晶塗装を行います。結晶塗装は専用の塗料で、1液の熱硬化型塗料となります。色は前回と同じ、オレンジとなります(こちらのオーナー様は今回で3個目のご依頼となります)。

 その後140℃程の熱を掛けると結晶塗装目が出て来て硬化も完了です。尚、焼付タイプですが「耐熱」と言う訳ではありません。ヘッドカバーはそこまで熱が上がりませんのでウレタン塗料でも大丈夫です。

本来であればヘッドカバー左側にタイミングベルトを覆うカバー部分があるのですが、

今回の部品はそこがカットされ、研磨して面が整えられています。格好良いですよね。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!