メルセデスベンツM103ヘッドカバー結晶塗装 完成

 先日本塗りを終えていたメルセデスベンツW124のヘッドカバーです。

今回凸部のフィンは研磨しませんが、オイルキャップ当たり面はいつものように塗膜を削って素地を露出させておきます。

 #120から始めて、最終#800で光らせておきます。

 そして裏側のバッフルプレートを取り付けます。ネジの落下防止に液体ガスケットをネジ穴に注入しておきます。

カバーを取り付け、ネジを締めて完成です。この後一日寝かします。

 そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介しますね。

当初はBRABUS仕様のヘッドカバーでのご依頼だったのですが、途中色々とありまして、オーナー様には改めてこちらのヘッドカバーをご用意頂いての塗装となりました。色々とお手配、お手数を頂きまして誠に有難うございました。

 色は鮮やかな赤の結晶塗装となります。

最初の画像に比べると赤が薄く見えますが、これは撮影環境によるもので、実際はもっと鮮やかな赤に見えますのでご安心くださいませ。

 順光にして撮ると赤が鮮やかなのが判るかと思います。カメラの設定は変更しておらず、撮っている方向が違うという事だけです。

 こちらはコンパクトカメラでのマクロ撮影となります。

遠目だと艶消しに見えますが、近くで見ると艶があるのが判るかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

メルセデスベンツM103ヘッドカバー結晶塗装 本塗り

去年の夏頃にお預かりしておりましたメルセデスベンツW124のBRABUSヘッドカバーですが、途中色々とありまして、その後新たにこちらのノーマルのヘッドカバーへと変更になりました。

 いつもはそのままの状態でブラスト屋さんにお願いしていたのですが、現在は旧塗膜は剥離した状態でという事になりましたので、いつものように溶剤槽に浸けてある程度の塗膜を剥がしておきました。

この型のヘッドカバーは裏側にも塗装が施されているので、そちらもある程度剥がしておきます。

 その後ブラスト屋さんに発送し、戻ってきた状態です。

 丁寧に仕上げて頂きました。

尚、洗浄をするとより酸化(腐食)し易くなってしまいので、ブラスト後はエアーブローのみに留めておいて頂いています。イメージとしてはうどんの麺に打ち粉がまぶしてあるような感じでしょうか。

 その後作業のタイミングが来たら全体をシンナーで洗い流すようにして脱脂洗浄を行います。

 裏側も同様に行い、エアーブローをしてしっかり乾燥させます。

 まずはホースパイプ部にプライマーを塗り、続けてベースコートの黒を塗っておきます。

 今回は腐食し易いマグネシウム合金の為、表裏共に耐食性の高い浸透型エポキシプライマーを塗布します。

またスプレーガンでの塗装では奥まった箇所までプライマーが届かないので、そういった部分は筆でしっかり塗りこんでおきます。

一旦熱を掛けて硬化させます。

 続けて表面も同様にエポキシプライマーを塗布します。

 そして結晶塗装の赤を塗布します。

 マグネシウム合金鋳物は特に巣穴が多く、熱を入れている最中にそこがプクッと膨れる為、傍で監視し、膨れた箇所は針を使って虱潰しにしていきます。

画像だとまだチジミきっていない状態で、ここからさらに結晶目が現れて艶が消えていきます。

 120℃~170℃くらいの熱を30分程掛け、塗膜を硬化させたら本塗り完了です。大変お待たせしました!

 今回は凸部のフィン部分は研磨しないよう承っております。

 この後は恒温機でもう一度140℃20分程の熱を掛けます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ! 

メルセデスベンツW124ヘッドカバー結晶塗装 完成

先日本塗りを終えていたメルセデスベンツW124のヘッドカバーとプラグカバーです。

プラグカバーの裏には元々スポンジモールが着いていた為、両面テープで元の位置に貼り付けておきます。

そして完成です。お待たせしました!

最初の状態も紹介しますね。

ヘッドカバーは恐らく未使用品で、プラグカバーは多少腐食が出ていましたが、比較的状態が良い物でした(酷くなると反ってしまっている物もあります)。

下地処理はサンドブラスト専門店にサンドブラスト処理をお願いし、

プライマーは耐食性の高い浸透型エポキシプライマーを使用しています。

 ヘッドカバー本体は鮮やかな赤の結晶塗装で、

 プラグカバーは黒に近い「濃いグレー」となっています。

 オイルキャップの当たり面は塗装後に研磨しておきました。

 腐食してささくれていた箇所は、プライマーを筆で流し込む事で埋めてあります。

 結晶塗装は遠目で見ると艶消しに見えますが、近くで見ると実際には艶があるのが判るかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠に有難う御座いました!

メルセデスベンツW124ヘッドカバー 本塗り

先日お預りしておりましたメルセデスベンツW124のヘッドカバーとプラグカバーです。

 ブラスト専門店にてサンドブラスト処理を行ってもらい、腐食を根こそぎ削り落として貰いました。

 その後シンナーで洗い流すようにして脱脂清掃を行い、

 まずは裏側全体に浸透型エポキシプライマーを塗布します。

入り組んだ個所の奥や裏はスプレーでは届かない為、筆で塗り込んでいきます。

 フィンの谷部分も全て筆指ししておきます。

 溝も全て塗りました。

 その後一旦60℃40分くらい熱を掛けて塗膜を硬化させ、

 裏側からマスキングをし、続けて表面の塗装となります。

 同じように全体にエポキシプライマーを塗布します。

 ヘッドカバーは未使用品ですが、やはりと言うかささくれた個所が多いです。

 こういった個所もスプレーでは奥まで入らないので、

 虱潰しに筆指しをしていきます。

 奥まで染み込ませました。

 再び熱を掛け、

 結晶塗装用の塗料(リンター)を塗布します。こちらは鮮やかな赤です。

 時間差で「濃い目のグレー」を塗布します。

 再び熱を掛けます。少量のエネルギーで済むよう、網棚の下に反射フィルムを貼った板を敷いてます(かなり有効です)。

 120℃で30分くらい熱を掛け、結晶目が出た状態です。大変お待たせしました!

グレーはかなり黒寄りで、以前施工したレパードのエンジンパーツの結晶塗装を参考にしています。

この後は恒温器でもう一度120℃20分程熱を掛け、オイルフィラーキャップ取り付け口を研磨し、プラグカバー装着部の当たり面に元々着いていたスポンジモールを取り付けておきます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

メルセデスベンツM103ヘッドカバー結晶塗装承ってます

先日到着しておりましたメルセデスベンツM103 BRABUSエンジンヘッドカバーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容は結晶塗装の鮮やかな赤で、以前の施工例がありますのでそちらを紹介しますね。

この画像だと暗い赤に見えますが、他の画像を見て頂けると鮮やかなのが判ると思います。

尚こちらではフィン部を研磨して光らせていますが、今回はこれを行いません。赤に塗ったそのままの仕上りとなります。

 今回のヘッドカバーの中央にはBRABUSの凹み状の文字がありますが(恐らく3.6L仕様かと)、現状塗装がタップリ塗られているせいか、文字の上の方は輪郭が見えなくなっています。

 他の場所を見ると腐食して浸食された跡が見受けられますので、いつものようにブラスト専門店にて全体を処理して貰い、耐食性の高い浸透型エポキシプライマーを使って重防錆仕様とします。

キャップを閉めた跡が無いので、塗装後は未使用なのが判ります。それにしても男前なマスキングで・・・。

裏側にはバッフルプレートが着いていますが、こちらは既に取り外しておきました。ネジが仮止めみたいな状態だったので、そのまま使わなくて良かったと思います。塗装後には耐熱液体ガスケットを塗って締めておきます。また浸透型エポキシプライマーは裏側にも塗装を行います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!