BeoLab3スピーカー 下準備

先日お預かりしておりましたBang&OlufsenのBeoLab3スピーカーです。

元々塗られているゴム状の被膜は劣化してベタベタになっているので、

アルミ製の筐体はそのまま溶剤槽に浸け置きをして既存の被膜を除去しています。

溶剤槽の中身はスプレーガン等の洗浄に使用し終わったシンナーで、本来はそのまま捨てってしまう物ですが、上澄みをここに貯めて剥離用として使っています。剥離剤の様に強力ではありませんが、その後の廃棄処理に手間が掛からない事、また時間さえ掛けられれば手放しで作業が進行しているので私的にとても気に入っています。

場所によってはまだくっ付いている箇所があるので、引き続き浸け置きしておきます。

蓋となるパーツは素材が樹脂=プラスチックの為、先ほどのように溶剤は使えませんから(溶けたり変形します)、

こちらは違う方法で下地処理を行います。

ラバー被膜が劣化している場合は溶解力の弱い溶剤(IPA等)を使ってネチネチと剥がしたりしますが、今回こちらはそこまで劣化しておらず、なのでいつもの下地処理で大丈夫そうでしたが、知り合いの塗装屋さんに「マジックリン」を使う方法を教えて貰ったのでそちらも試してみました。これを使うと生きている被膜はそのまま残り、劣化した被膜だけ綺麗に取れてくれるとの事です。

その後はいつものようにウォッシュコンパウンドとスコッチ&ナイロンブラシを使って足付け処理を行い、

全体にプラスチックプライマーを塗布し、

クリアーを塗っておきました。

サフェーサーでも良いのですが、特段傷があったり肌が荒れている訳では無かったので、それの代わりにクリアーを使ったという感じです。

この後は60℃40分程の熱を掛け、完全硬化したら再び足付け処理を行って上塗り(艶消し黒)となります。アルミ筐体の方がまだ時間が掛かるのでもう少し先になると思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BeoLab3スピーカー塗装承ってます

先日到着しておりましたBang&OlufsenのBeoLab3スピーカーのアルミ製筐体です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

状態としては、付属品は全て取り外された状態となります。

素材はアルミで、表面にはゴム状の被膜=ラバーコートが施されています。フォルクスワーゲン等の欧州車の内装に多く採用されている塗装ですね。

それが経年の劣化によりベタベタになり、爪で軽く引っ掻くとグニュっと簡単に抉れます。10年程度で廃棄される消耗品的な物であればそれでも構わないのかも知れませんが、今回のように長く使われる事が想定される物に採用されるべきものでは無いですかね。

御依頼内容は「つや消し黒」の塗装で、このまま上塗りは出来ませんから、まずは溶剤槽に浸けてこれらの被膜を剥がし、リン酸処理とプライマーの塗装を行う予定です。

こちらのパーツは素材が樹脂製なので溶剤浸け置きは出来ませんから、素地を侵さない溶剤(アルコール系)を使ってネチネチと剥がすか、もしくは違う方法(通常行うのはこちら)で対応しようかと思います。

参考までに、艶消し黒で塗装した画像を紹介します。

こちらは元々白だったり装飾クロムメッキだったスバルフォレスターのパーツですね。ベースコートの黒+艶消しクリアーの2コート仕上げで、これであれば今回のような結果になる事はありません。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

PC用スピーカー塗装 完成

speaker1 大変お待たせしました!パソコン用の小型スピーカーボックスは本日完成となります。

画像だとスピーカー周りは剥き出しになっていますが、四隅にネジ穴があるのでここにカバーが取り付けられるのだと思われます。ボックス自体は既製品でそれに木目柄のシートを貼ったような感じですかね。

speaker2 裏側のパネルはマスキングで対応しています。もう一個のケースは穴が大きいので内部にアンプが内臓されるのでしょうか。何だか楽しそうですね。

speaker3今回ご依頼頂いた理由については、

「PC本体からモニター、周辺機器までシルバーなんですがスピーカーのみ気に入った物にシルバーがなかったもので(^^;)」
との事です。購入時には色は二の次にして後から好きな色に塗ればいいやっていう考えでしょうか。随分な贅沢と言うか、うちを上手く使いこなしている感じですね(笑)。
それでは後ほど完成のお知らせメール差し上げます。この度もご贔屓頂き有難う御座いました!

PCスピーカー 下地処理~本塗り

speaker1 こちらもお待たせしております。パソコン用の小型スピーカーボックスですね。作業着手し始めてたらそのまま本塗りまで完了していたりしますので御安心下さい。ご依頼自体が激安コースなので作業自体はそんなに時間掛からないんですよね。

そして内容ですが、スピーカーボックスの一個は付属品が外されて箱だけの状態でしたが、もう一個はオーナー様自らがマスキングもしておいて頂いておりまして、ただどの道足付け処理などはしますからその部分のマスキングも張りなおしておきました。

speaker2 そして本塗り開始です。二個の内一個は箱だけなのでいつものように棒を差して固定していますが、もう一個の箱にはスピーカーも付いているので、スピーカーのコーンに直接当たらないようにフチにダンボールを固定するようにしています。

ちなみに今回のスピーカーボックスはMDF材で作られていて、それにオーナー様自らカッティングシート(恐らく3M社のダイノックフィルムでは?)を貼り付けています。こういったフィルムの素材はプラスチック系ですから、塗装時には直接塗る訳では無くやはりプラスチック用のプライマーを塗る必要があります。塗装は疑い深いくらいじゃないと痛い目を見ますから用心深くなったと言うか変な癖が付きました。

speaker3そして無事本塗り完了です。画像は既に強制乾燥も終えてブース内に置いている内にTACさんの動きがあってブースの中に車が入っていました。車が車なだけにまさかこの状態で塗っていたりはしませんので(詳しくは解かりませんが随分と新しい型のフェラーリでした・・・)。

今回の作業は、足付け処理からマスキング、そして本塗りと一連の作業は2時間も掛かっていません。激安コースなのでクリアーは塗りませんからスプレーガンを使うのも一回だけなのでお手軽です。 お任せコースも当初はこれくらい気軽に塗ってしまうコース設定の筈だったのですが、やっている内にレベルがどんどん上がってしまい、結局ある程度までの仕上がりにしてしまうと言う悪循環?に陥ってしまいました。本来はもっと気軽に手ごろなお値段で何でも適当に塗ってしまおうって考えだったんですけどね。

まあこれに関しては考えるところもあって、いずれはこの間にもう一つコースを儲けたいとと思っています。ちゃんと窓口がある店舗を持ったとしたら、朝頼んで夕方には違う色で出来上がっていたりしたら凄く面白いですよね。揚げ物屋さんみたいなノリで塗装が出来れば・・・なんて思っていたりします。 ただし今のように私一人で運営している会社じゃ絶対無理ですけどね(苦笑)。

小型スピーカー塗装承りました

先日無事到着しておりましたパソコン用の小型スピーカーボックスです。小型なのにちゃんとMDF(繊維板)で作られているようで凝ってますね(まさか手作りじゃ・・・)。

ご依頼の内容としては、シルバーのベースコートのみを塗る「激安コース」でして、これはクリアーを塗らない仕様ですので耐久性などでは2コートにはやはり劣ります。が、実はこちらのオーナー様は何度もご依頼頂いているリピーターでして、今までは主にモデルガンなどのパーツでそれらも同じく激安コースの仕様でしたから内容(仕上がり)は良くご存知頂いています。なのでこちらも特に進言する必要も無く安心してお受付出来ます。いつもご贔屓頂き有難う御座います!

ちなみに現状は木目調の樹脂シートが貼られていて、色はパールホワイト?っぽい感じになっています。シートはオーナー様自ら貼ったらしいですから、もしかしてケース自体も作っているのかも知れませんね。

ただ今使っているパソコン周りの製品がどれもシルバーとの事で、恐らくこれだけが浮いてしまう存在になったので統一性を図る為今回のご依頼に至ったのかと思います。ちょっとした事でも一度気にしてしまうとどうしても目に入ってしまいますからね。解ります解ります(笑)。

それでは作業進行しましたらまた紹介させて頂きますね。この度のご依頼、誠に有難う御座います!