SHURE BETA58Aマイク クロマリュージョン塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHURE BETA58ボーカルマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

今回はボディとグリルのリング部分をクロマリュージョンカラーに、グリルのメッシュ部(網)をホワイトゴールドの2トーンカラーで承っていました。

 今回使用したクロマリュージョンカラーは、青→紫→オレンジへと変化します。

 グリルのメッシュ部はROVER社の「ホワイトゴールド」(カラーコード:GMN)となります。

 こちらは自然光で撮影した画像です。

 ぱっと見は濃い青&紫ですが、透かしの深い角度でオレンジ色が表現される光干渉型の特殊な顔料(クロマフレア)を使用しています。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 かなり激しい色変化をする顔料なので、車体などに塗るとちょっと派手過ぎるところがありますが、今回のマイクくらい小さい物であれば丁度良い上品さになるかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHURE BETA58Aマイク 本塗り

先日お預かりしておりましたSHURE BETA58ボーカルマイクです。

本体は#800相当で研磨し、グリルボールはナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って足付け処理を行っています。

グリルボールは2トーンカラーで承っていますので、まずは網の部分をROVERの「ホワイトゴールド」(カラーコード:GMN)を塗布します。

しっかりと乾燥させ、リング部を残してマスキングを行います。隙間が空いていますが、そこは網のワイヤーが無い部分で奥に何もありませんので問題ありません。

まずは下塗りとして黒を塗ります。

よく乾燥させ、続けてクロマリュージョンカラー(日本ペイントでいう「マジョーラ」)を塗布します。塗料が高価で、また在庫の残りも少なくなってきたので、無駄なく塗れるようエアーブラシを使いました。画像のSATAの口径は0.5mmですが、IWATAのLPH0.4mmよりも効率よく塗れます。

クロマフレア顔料はパールと同様に下地を透かして色を表現しますが、それを多層にする事で複雑な色を表現しています。

クロマフレア顔料についてはこちらのページでも紹介していますので宜しければご参照くださいませ。

ちなみにSTANDOXでこれ系統の塗料は出ていないので、その場合はDUPONTのクロマリュージョンカラーを使うが基本となっています。今はDUPONTもSTANDOXどちらも吸収されてAXALTAという会社のブランドとなっています(DUPONTの塗料は今だとCROMAXと呼ぶのが正解です)。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

網の部分はホワイトゴールドで、クリアーも一緒に塗ってあります。

クロマリュージョンカラーは1キロ缶でしか買えないので、今の在庫が無くなると12万円くらい出して買わなければならなく、うちのような頻度ではこれが難しいところであります。

ただ一応対策は行っていて、代替のパウダー顔料を既に手配済みです。

こちらはパウダータイプの顔料で、材料の単価自体はクロマリュージョンカラーと変わらない程ですが、少量での購入(1グラムから)が可能なので、いずれはこちらに移行していこうと思っています。クロマフレア風No.H05についての他の画像はこちらのページで紹介していますので宜しければご参照くださいませ。今までの類似品と違い、本物のクロマフレア同様の深みがあるのが特徴です。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

SENNHEISER E945 Microphone

ゼンハイザーのボーカルマイク、E945です。

マイク本体にはつや消し黒が塗られているので表面を#800相当で研磨し、グリルはナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って網の隙間までしっかり足付け処理を行っています。

まずは下色としてシルバーを塗布します。

その上に透過性の赤=キャンディーレッドを塗り重ねます。

塗膜を十分に乾燥させた後、SENNHEISERのロゴを印刷したデカールを貼りつけます。

ロゴは元のサイズより少し大きく、横幅は約70mmとなります。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

この後一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、磨き処理を行います。

そして完成です。

左が通常のキャンディーレッド、右が今回の濃いキャンディーレッドとなります。

下色のシルバーは同じですが、上に重ねているレッドを違う物に変えています。

ストロボを使って撮影もしました。

どの画像もサイズの縮小以外は未加工となります。

こちらは自然光で撮影した画像となります。

通常のキャンディーレッドより若干暗く、赤も濃い色味となります。

塗装後にペーパーを掛けて磨いている為、デカールの段差も殆ど分からないように仕上がっているかと思います。

ご希望の際には「濃い方のキャンディーレッド」とご指定下さいませ。

SHURE SM58×2 マイク塗装承ってます

 先日到着しておりましたSHUREのボーカルマイクSM58×2個です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご依頼内容はそれぞれ全く違う仕様で、イメージイラストを作成しておりますのでそちらを紹介させていただきます。

 こちらは「紫・紺」の2色を使った仕様で、マイク本体とグリルリング部を「キャンディーマゼンタ」に、グリルメッシュ部は「クロマフレア風No.2」で承りました。

また「SHURE」のロゴを前後二ヶ所にシルバーで、全体を艶あり、クリスタルクリアーの仕様となります。

そしてもう一本はマイク本体を「白~淡いピンク」のグラデーションに、グリルは「ピンクゴールド」、「SHURE」のロゴはゴールドで前後二か所、こちらも艶あり・クリスタルクリアー仕様で承りました。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせていただきます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

SHURE BETA58Aマイク塗装承ってます

先日お預かりしておりましたSHURE BETA58Aボーカルマイクです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はVW社のキャンディホワイト(カラーコード:LB9A)で、オリジナルのロゴをシルバーで承りました。

イメージイラストも作成しましたのでそちらを紹介いたします。

ロゴは横幅40mmと比較的大きめですが、文字の部分が細かいのでマスキングシートによる塗装では対応が難しいかも知れず、その場合はデカールでの対応とする予定です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!