ゼンハイザーE945マイク マーブルレッド 本塗り

先日お預かりしておりましたゼンハイザーE945ボーカルマイクです。

本体は#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で空研ぎを行い、グリルはナイロンブラシとウォッシュコンパウンドで網目の奥までしっかり足付け処理をしてあります。

イメージとしてはこのような内容で承っておりまして、今回はまずベースカラーのマーブル柄のキャンディーレッド塗装を行う事となります。マーブル柄はビニールラップを使って下色のシルバーにランダムな模様を与える塗装で、その際にかなりの段差が出来ますから一度に仕上げるのは難しく、なのでロゴ入れと二回に別けて行います。

また今回のマーブル塗装(ラップ塗装)はどうしてもランダム=偶然的な作業になる為、それの道先案内人的な感じで色板も用意しています(しかしこの後これがどんどん増えて行く事に・・・)。

まずは下色としてベースコートの黒を塗ります。

グリルはキャンディーレッドと黒の塗り分けとなる為、ここで黒く残す網の部分をマスキングします。

キャンディーレッドの下色としてシルバーを塗布します。今回はいつものSTANDOX粗目シルバー原色のMIX598 では無く、比較的隠ぺい力の高く目の粗いMIX811を使います。

 

そしてラップ塗装を行います。

手順としては、黒を塗った上にシルバーを重ね、それが乾かない内にビニールラップを被せ、それを剥がす事で意匠を与える、といった感じです。

ただ如何せん、このラップ塗装は何か偶発的な事象に頼るような所があり、以前から私的にモヤモヤしていた事もあって、

色々とデータを取ってみる事にしました。

それぞれビニールラップの種類を変えたり、剥がすタイミングを変更したり、シルバーをMIX811=100%からMIX811:MIX598=1:1にする等、条件を変えた内容で色々試してみました。雇われの身だったらまず首になっているか、「アイツは自分の事しか考えていない」と陰口を叩かれていたと思います(むしろそれが当然だと思います)。

と言う訳で、胃液が口から出て来る前に勢いそのまま、本番のラップ塗装を行いました。

シルバーについては結局今まで通りのMIX811そのままで、ビニールラップを今までのポリエチレンから塩化ビニールに変更してみました。

データ取りと練習の甲斐あって良い具合に出来たと思います。

その後キャンディーレッドを塗布します。かなり艶がありますがこれはハードナーが添加された為で、いつも通りのベースコートとなります。

そしてクリアーを塗って本塗り(下塗り)完了です。

マーブル柄の凸凹が残っていますので、クリアーはいつもより多めに3コート塗ってあり、この後これを研いで平滑にします。

グリルはマーブル柄では無くレッド&ブラックで、ただし下側のリングにネームロゴが入りますから、こちらもそこだけ後でもう一度本塗りを行います。

この後は一応一日自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

SHURE SUPER55ガイコツマイク塗装承ってます

先日到着しておりました、シュアSUPER55ガイコツマイクです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご希望内容は「シルバーの部分を艶消しゴールドに」との事で、

事前に色見本帳をお貸出しし、その中からこちらのプジョー「PERSEPOLIS GOLD」(カラーコード:C3)で、クリアーは艶消し仕様で承りました。

また元々貼ってあったウィンドスクリーンは青ですが、今回こちらを黒への変更で承りました。どの道ウィンドスクリーンは接着剤で貼られているので再利用は出来なく、なのでお好きな色に変更が可能です。

参考までに以前施工した同型マイクを紹介させて頂きます。

この時は艶ありのガンメタでしたが、

その後に施工したこちらは艶消し黒の塗装を施しました。またネジ部分も塗装していて、今回もこの時と同じ仕様を予定しています。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

SHURE BETA58Aマイク塗装承ってます

先日到着しておりましたシュアBETA58ボーカルマイクです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容は、「仮面ライダーゼロワンキャラの黄色に近ければ」という事と、

また一部にはこの様なロゴ入れも承っております。ロゴの色は黒で、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承っております。

イエローの色味については、似たような感じで以前塗装した事例がありますので、参考までにそちらも紹介させて頂きます。

こちらはまだ日記では紹介していない事例で、後日施工事例のページに追加したいと思っています。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

AUDIXマイク塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたAUDIX OM11ボーカルマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はガンメタ(クリアー塗装し)に塗られていたマイクを、

二重のファイアーパターン柄にし、

シルバー~ブルーへのグラデーションを施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

こちらは自然光で撮影した画像となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

同じような画像が多いのですが、それぞれ向きを変えたりして撮影しています。

シルバーはSTANDOXの原色としては一番粗いMIX598を使い、

キャンディーブルーは、ハウスオブカラーのKK-13=バープルを使用しています。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

LINE6ワイヤレスマイク塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたLINE6のワイヤレスマイク塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこのような状態だった物を、

淡い紫色に、また前回のご依頼と同じくホログラムの顔料も重ねています。

こちらは自然光での撮影となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

ホログラムの顔料は黒い粒粒が見える特徴がある為、それが目立たない程度に留めていますが、

スポットライトに当たるとそれらがキラキラと輝きます。

前回のマイクがとても好評だったとの事で、今回のワイヤレスマイクも塗装をご依頼頂けたとの事です。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!