SHURE BETA58Aマイク塗装 完成

先日本塗りを終えていたシュアBETA58マイクです。既に完成してお納めしておりますが、完成画像アップしていませんでしたので改めて紹介をさせて頂きます。

最初の状態も紹介します。

元々はこの様なグレーメタリックの艶消し仕上げ(クリアー塗装無し)だった物に、

レッドキャンディーカラーで塗装を施しました。

またマイク上部にはSHUREのロゴをゴールド色で配しています。

反対側はいつもの通りで、

SHUREのアルミプレートはマスキングで残しています。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

こちらは自然光下での撮影となります。

デカールの段差は#1500→#2000→#3000の研磨し、磨き処理を行って均してあります。

この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHURE SM58マイク(オレンジ)塗装 完成

先日お預かりしておりましたシュアSM58ボーカルマイクです。こちらは既に完成してお納めもしておりまして、改めて作業内容と完成画像を紹介させて頂きます。

マイク本体は#800相当の布状研磨副資材で研磨し、

グリルはナイロンブラシとウォッシュコンパウンドで足付け処理をしてあります。

まずはグリル全体をベースコートの黒で塗装し、

メッシュの部分をマスキングしたらオレンジメタリック=日産プレミアムコロナオレンジ(カラーコード:EBB)を塗布します。

本体も同様にオレンジメタリックで塗装します。

グリルのマスキングを剥がします。

隠ぺい力の事から本当は先にオレンジメタリックを塗って後から黒を塗りたいところですが、マスキングの手間(仕上り)を考えてこの順番となっています。ただ今回のオレンジメタリックは非常に隠ぺい力の高い塗色だったという事も理由ですかね。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

クリアーは2コート、1コート目は7割くらいの力で、2コート目に9割くらいといった感じでしょうか(10割で行こうとするとどこかしらタレが生じたりするので安全マージンを取るようにはしています)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

さらに数日寝かして組付けたら完成です。

こちらはストロボを使った撮影です。天候や時間に関係無く安定して撮影が出来るようにしています。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

こちらは自然光下での撮影となります。

マイクに限る事では無いのですが、各料金設定はそれ単体で施工するには採算が合わない所があり、ただこれを他の御依頼品と並行して作業、タイミングを合わせて一緒に塗ったりする事でコストを落とすようにしています。他店の値段設定がどうなのかは判りませんが、自動車ボディを塗るシステムでこれらの小物塗装を単品で行なおうとすると商売としてはかなり厳しいのです。

なので納期の短縮をご指定頂く場合は別途「納期指定」の有料オプションをつけて頂き、それでようやく単体で作業を行っても採算が合うようになります。高くなるのではなくむしろそれが基本的な金額で、逆に納期を指定されない事で割引がされているような感じと考えて頂ければと思います。

マイクの場合はある程度型が決まっていて、また新品のみのお受付なので時間が読み易い所もあるので納期のご指定(短縮)に対応できますが、逆に施工事例の無い物、下地が悪く(そのままでは塗れなく)時間が読めない事に関してはこちらのオプションは適用できないことはどうかご理解を頂ければと思います。

この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHURE BETA58Aマイク(ブルー&グレー)塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたシュアBETA58Aマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこのようなグレーメタリックのボディとシルバーのグリルだった物に、

ボルボ社純正色の「デニムブルーメタリック」(カラーコード:723)と、

グリルのメッシュ部には当ウェブサイト内色見本から、「S716 1-D」のグレーを採用しました。

こちらは自然光での撮影となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

メッシュ部はぱっと見は黒に見えますがグレーの艶あり仕上げとなります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHURE BETA58Aマイク(ブルー&グレー)本塗り

先日お預かりしておりましたシュアBETA58Aボーカルマイクです。

マイク本体は#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で空研ぎ、グリルはナイロンブラシとウォッシュコンパウンド(液状研磨剤)を使って足付け処理してあります。

グリルのメッシュ部は)は当ウェブサイト内色見本から、「S716 1-D」のグレーをご指定頂いておりますので、それに合わせて色を作成します。

似たような感じに出来たら、

実際にグリルボールに塗って再度確認をします。

使った原色は白と黒のみとなります。

上が先ほどのグレーで、下が今回ご指定頂いているもう一つの色=ボルボ社純正色の「デニムブルーメタリック」(カラーコード:723)です。「デニム」というだけあって少しくすんだような青ですね。

最初に塗ったグレーが乾いたら、

網の部分をマスキングします。リングの隙間に差し込むような感じを意識して貼っています。

続けてデニムブルーを塗布します。

同じようにマイク本体側にもデニムブルーを塗ります。

グリルに貼ったマスキングテープを剥がしたら、

最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

アルミプレート部のマスキングは2回目のクリアーが塗り終わったら直ぐに剥がしておきます。ちなみにマスキングは1枚物ではなく敢えて2枚にして貼ってあって、ピンセットで剥がしやすいようにしています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。ただこちら単体で熱を入れるのは効率が悪いので、大抵の場合は他のご依頼品と一緒に恒温器(乾燥炉)に入れて行うようにします。例えば結晶塗装の場合は120℃程の熱を掛けますが、その後熱が下がって60℃程になったらその余熱で一緒に行ったりもできます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々おまちくださいませ!

SENNHEISER Microphone EW500 

先日お預かりしておりましたSENNHEISER EW 500 G4-935-JBワイヤレスマイクです。その後完成してオーナー様にお納めしていますので、改めて作業内容を纏め、施工事例のページに追加しておきます。

各パーツは#800相当の布状研磨副資材で足付け処理しています。

よく脱脂清掃したらまずは下塗りにSTANDOX MIX891を塗布します。粒子は中目、正面が最も明るく透かしが最も暗いシルバーメタリックです。

続けてキャンディーブルーとキャンディーバイオレットを混ぜた物を塗り重ねていきます。

膜厚によって色が変わってしまいますので、全体が均一になるよう塗り重ねていきます。

ちょっと判り難いのですが、見本として頂いた画像をiPadで見ながら色味を調整しています。左がご希望の色味の画像(iPad)で、右が今回塗っているマイクです。

ここまでが着色=ベースコートで、

最後にトップコート=クリアーを塗って完了です。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

今回はこちらのアンテナ部分の塗装もご依頼頂きました。ただしここを塗ると電波の通りが悪くなる可能性がありますので、もしご懸念の場合にはお控え頂ければと思います(マイクメーカーの方曰く、東京ドームや武道館等の大きなホールで使う場合は塗装はNG、ZEPPくらいの規模なら問題ないだろうとの事でした)。

また今回は色見本キーホルダーの塗装もご依頼頂いています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

そして完成です。こちらはストロボを使った撮影となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります(彩度を高くしたりコントラストを上げて塗装が綺麗に見えるようにしたりはしていません)。

今回は青味寄りのバイオレットのキャンディーカラーとなります。

組付けた際、パーツ毎の色がブレないよう注意して塗装をしています(ただしくっつけた状態だと固着してしまう為、ピッタリ一回転した位置で塗っています)。

こちらは自然光での撮影となります。

マイク下部のところは稼働するようになっていて、ここを塗装してしまうと動かした際に塗装が剥がれてしまう可能性があるのですが、そちらをご了承頂ければお受付も可能です。

色見本キーホルダーの制作は塗装のご依頼を頂いた方のみ対応となっております。

その後こちらのマイクが実際に使われている画像を見つけましたのでそちらも紹介させて頂きます。

車のパーツ等もそうですが、塗装した物が実際に使われている姿を見れるのは嬉しいですね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!