SHURE BLX2/BETA58Aワイヤレスマイク 下塗り

 先日お預りしておりましたSHUREのワイヤレスマイクBLX2/BETA58Aです。

今回こちらは「マーブルレッド」の塗装で承っておりますので、まずは黒の塗装で下地を作ります。

 グリルボールはいつものようにウォッシュコンパウンド(液状研磨剤)とナイロンブラシで足付け処理を行い、スペーサーリングは黒アルマイトでは無く「艶消しの黒」の塗装だったので、マイク本体と同じく#800相当の空研ぎで足付け処理を行っています。

 ゴムのボタン部分とインジケーターランプはカッティングプロッターでカットしたテープでマスキングをしておきます。

 各パーツの断面などは塗装がされていなく、プラスチック素地が露出していると思われる為、そういった個所にプラスチックプライマーを塗ってから全体へベースコート(黒)を塗布します。

ちなみに前回行った方法ではコストを落とす必要があった為に「このままシルバーを塗ってラップ」と言う方法を行いましたが、やはりと言うか思ったのとはちょっと違った模様になってしまった為、今回は最初に行っていた通りの確実な方法(コスト高な作業)で行う事にしました。

 ベースコートの黒を塗った後にはいつも通りクリアーを塗って下塗り完了です。「下塗り」とはなっていますが、「艶ありの黒」のご依頼であればそれと変わり無い内容となります。

 ただしスイッチ部や全体的にも塗膜を余計につけたくない為、クリアーの塗り方はいつもより60%~70%くらいと遠慮気味に行っています(塗り過ぎると塗膜の強度が落ちたりフチに溜まったりする為)。

 特にスイッチ周りはこの後の本塗りもあるので綺麗に仕上げたいですから、この周りのクリアーは1コート程に留め、またボタン部分のマスキングは塗装直後に剥がしてフチの仕上りが悪くならないようにしています。

 こちらもいつもより控えめに塗っているので少し肌は荒れ目です(この後研磨するので問題ありません)。

この後はいつも通り60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、さらにチヂレ防止の為にもう一回程熱を入れてから本塗りに挑む予定です。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせてますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

SHURE SM57マイク塗装承ってます

 先日到着しておりましたSHUREの楽器用マイクSM57です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 SHUREのマイクはいつもSM58がメインなのでこの型は今回が初めてです。

グリル部分を外すにはSHUREのロゴがプリントされたアルミシールを剥がさなければならないのですが、今回塗装するのは本体のみなのでグリルは外さずマスキングで対応する事にしました。

色は「暗めの赤」と言う事で、事前に何種類か色見本帳をお貸出しし、その中からこちらのマツダ「パッションレッド」(カラーコード:22K)をご指定頂きました。またクリアーは「艶消しクリアー」の仕様で承っております。

イメージイラストも作製していますのでそちらも紹介をさせて頂きますね。

マイクの下の方には小さく「Toshi」のネームロゴ入れも承っています。サイズが小さいので塗装では無くデカールの使用を想定しています。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

SHUREワイヤレスマイク 本塗り

 先日お預りしておりましたSHUREのワイヤレスマイクSVX24/PG58です。

マイク本体の黒い部品(カバーパネル)は元々艶消し黒が塗装だれているので、#800相当の研磨副資材(アシレックスレモン)で空研ぎの足付け処理を行います。

 グリルボールはスチール(鉄)にシルバーの塗装が施されていて、これにペーパーやスコッチを使っても網目の奥まで届きませんから、この場合はウォッシュコンパウンドとナイロンブラシを使って足付け処理を行います。

尚、メッキタイプのグリルボールもありますが、その場合はサンドブラスト処理を行った後にプライマーを塗ってからの上塗りとなります。SHUREやゼンハイザーでは余り見ませんが、audio-technicaやLINE6では良く見受けられます。

 マイク下側の部品は樹脂素地の未塗装状態なので、念の為ガスプライマーで火炎処理を行った後にプラスチックプライマーを塗布しておきます。

 色はこちらのページで紹介している紫メタリックをご指定頂いておりますので、その時の画像を参考に色を作ります。

使った原色は、左から「バイオレット」「スカーレット」「ブリリアントレッド」、極粗目のシルバー、中粗目のシルバー、粗目のブルーパールとなります。

 細かいシルバーを入れると色がくすんでしまう(濁ってしまう)為、透明感の高いバイオレット系の原色をベースに、粗目のメタリックと、アクセントとしてブルーパールを入れています。黒や白などの無機顔料を入れていないので隠蔽力はかなり低くなります(ちなみに車のボディカラーはそういった事も想定して大抵は白か黒が入ります)。

 隠蔽力が弱いのでそのまま黒の上に塗っても透けてしまいますから、まずは染まり易い(隠蔽し易い)似たような色を1コート程下色として塗り、その上に先ほどの塗料を3コート程塗り重ねています。

 グリルボールは2トーンカラーでご指定を頂いておりますので、先に塗った紫メタリックが乾燥したらマスキングを行います。

 本来であれば先に黒を塗ってメッシュ(網)部をマスキングをした方が作業的には楽なのですが、隠蔽性の事を考えて今回は逆にしています。ボディと同じように下色を塗ると言う事も考えたのですが、膜厚は1コートでも少ない方が良いですからね(塗膜が厚くなるとその分耐久性が低くなります)。

 マスキングを剥がし、ベースコートの完了です。

 そして次にマイク本体のロゴ入れ作業となります。

 オリジナルロゴの場合はIllustratorのデータを入稿して頂くか、もしくはこちらで作る必要がありますが(別途費用が掛かります)、SHUREのようなメジャーなロゴは既存のデータがあるので、その場合の費用は必要ありません(ただしサイズの変更等には調整費が必要となります)。

SHUREのロゴはまとめてデカールで作製していて、今回は裏と表に白で承っています。

デカールの作製については以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照下さい。

1/43ポルシェミニカー用 デカール作成

 デカール接着後、十分に乾燥させたら、

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 塗ったばかりの時は余り目立たないのですが、強制乾燥硬化後にはデカールの段差が目立つので、#1500→#2000→#3000とペーパーを掛けて段差を均し、ポリッシュをして磨きます。

 この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

SHURE BLX2/BETA58Aワイヤレスマイク塗装承ってます

 先日到着しておりましたSHUREのワイヤレスマイクBLX2/BETA58Aです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご依頼内容は「マーブルレッド」で、上の画像にある色見本マイクと同様、グリルボール部はメッシュ(網)を黒に、リング部はキャンディーレッドで行います。

またマイク本体下部は以前施工したトランプ柄の同型製品と同様に塗装せず、そのままの状態とします。参考までに以前の施工画像を紹介しますね。

この時と同じくマイク下部の部分は塗装せず、またボタンとインジケーターランプ部はマスキングで対応します。

アルミ製のスペーサーリングは塗装では無く黒アルマイト処理がされているので、研磨した後にプライマーを塗ってから上塗りとします。

大まかな作業工程としては、

①下地処理(足付け処理等)

②下塗り(黒&クリアー塗装)

③強制乾燥~完全硬化

④足付け処理

⑤シルバー塗装

⑥ラップ処理

⑦キャンディーレッド塗装

⑧クリアー塗装

⑨強制乾燥~観世硬化

⑩足付け処理

⑪クリアー塗装

といった感じとなります。

単色べた塗りであれば①~③で終わるのですが、マーブル柄はそれの3倍以上(マイク3本分以上)の手間を掛けるので、どうしてもコスト高になります(なのでまさか今回ご依頼に至るとは思っていませんでした・・・)。

ちなみにもう少し工程が少ない仕様が「レース塗装」で、参考までにこちらも紹介をさせて頂きますね。

こちらはレースをマスクとして使った塗装で、今回のマーブル塗装よりかは手間が少なくなります。こちらのページで他の画像も見れますので宜しければご参照下さいませ。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

SHURE BETA58Aマイク塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHUREのボーカルマイクBETA58Aの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はグレーメタリックの塗装で、クリアーは塗られていない艶消しの状態でした。

 今回は本体と網の部分を「クロマフレア風No.4」の塗装で、グリルボールのリング部分を「ピンクゴールド風」の塗装にしています。

クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

 「クロマフレア風No.4」は元々パウダータイプの顔料で、それをSTANDOXのバインダー(樹脂)に混ぜてベースコートとして使っています。初期の頃は粒子が粗い割りに色変化が弱くてイマイチでしたが、その後色々な顔料を海外から取り寄せて採用しています。

 また今回はリング部分を「ピンクゴールドっぽく」とご要望を頂きまして、それらしい雰囲気の色も作製してみました。→ピンクゴールド色見本 作製

既に塗料を売って欲しいといったお問い合わせを頂いているのですが、これは単にSTANDOXだから難しいと言うだけで、模型用などでは普通に市販されていると思いますので、そちらをご利用頂ければと思います(SPFシルバーを使っているので無用にコストが高いです)。

 クロマフレア風No.4は「紫→橙→黄」と変化する色です。

ちなみに「風」では無く「本物のクロマフレア顔料」は以下リンク先にあるような塗料となります。日ペのマジョーラもこの顔料を使っています。

特種塗料と言うかクロマフレア顔料

 ストロボを使った撮影もしてみました。

 画像はどれも縮小以外未加工です。

 ちなみにですが、今回丁度同じマイク=SHURE BETA58を並行して作業しておりまして、ちょっといつもと違った仕様で行ったので紹介をさせて頂きます。

どちらも同じマイクで、向きも同じです。エンブレムがあるべき所に無いのが判りますでしょうか。

通常は行っていないのですが、プロの方がご使用されるとの事で特別にカスタムをお受付しました。元々あったエンブレムを剥がし、窪んだ個所を滑らかに削って構造用エポキシ接着剤(3Mパネルボンド)で埋めています。自動車補修(自動車板金塗装)に携わ差っている方なら普通に出来る事ですが、マイクでこれを行うのは珍しいかと思い一応撮影しておきました。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。GW中も暦通りの営業ですので平日であれば発送可能です。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!