ゼンハイザーE945マイク ピンク塗装承ってます

 先日到着しておりましたゼンハイザーE945ボーカルマイクです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご依頼内容はピンクの艶消し仕上げで、オーナー様より頂いた画像を基に近似色で承っております。

 工場二階の壁に飾ってある色見本から、

 似たようなピンクを探します。

今回ご指定頂いているのは比較的淡いピンクなので、ピンクの中でも一番含有量の少ない1%の仕様で良さそうです。

 iPadに写っているのがオーナー様より頂いた参考画像で、

こちらのピンクの艶消し(右側)が丁度良いかと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

銅製エフェクトマイク塗装 完成

 先日本塗りを終えていたボディが銅製のエフェクトマイクです。その後熱を掛け、安全な場所で寝かしておきました。

 付属していた部品を元の通りに組み付けします。

 外した端子は予めつけておいた印を見ながら元の位置に取り付けます。

 ステーも組付けて各部を清掃し、

 そして完成です。大変長らくお待たせしました!

最初の状態も紹介させて頂きます。

 元々は銅の素地にクリアーが塗られた状態で、

それを剥がしてプライマー→サーフェサーを塗って表面を平滑に研磨し、

ファイアーパターンのデータとマスキングシートを作成し、

 一旦全面を艶あり黒に仕上げた上で、艶消しクリアーをファイアーパターンの柄に塗装しました。

 パッと見は目立たなく地味なのですが、オーナー様は既に派手なファイアーパターン色の楽器をお持ちとの事で、今回は敢えてこのようにご希望されました。

 密着剤などは使わず、各工程でしっかり足付け処理を行ってから塗装をしていますので、自転車フレームの塗装のように経年でクリアーだけがペリペリと塗装が剥がれてくるような事もありません(フェザーエッジも綺麗に出せます)。

マイク側が艶消し、

コネクター側が艶ありの黒になっています。

 ストロボを使った撮影もしてみましたが、艶消しと艶ありの差が判り難かったので今回は自然光をメインに撮影しました。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

銅製エフェクトマイク 本塗り

 先日「艶あり黒」の下塗りを行っておいたボディが銅製のエフェクトマイクです。

 これに今度は「艶消し黒」でファイアーパターンの塗装を行う為、各部品を仮合わせします。

 マスキングシートは予め円周に合わせてデータを作成しておきました。細い本体と、太いカバーに合わせてサイズ(横比率)を変えています。

 この時点では足付け処理は行わず、塗装面にそのままマスキングシートを貼ります。柄がズレないようアプリケーションシート(透明な弱粘着シート)を貼り、石鹸水を使って貼り付けます。

 それに合わせ、横幅が大きくなったカバーの方(画面下マイク側)にマスキングシートを貼ります。

 位置がズレないようネジも仮止めしています。

 マスキングシートの継ぎ目は若干隙間があるので、それに合わせて下側のマスキングシートも修正して作成しました。

 マスキングシートの位置が決まったら蓋を取り外し、合わせ面や断面などをマスキングします。

 このままでは塗装は密着しないので、

 足付け処理を行います。ブツが着いていた部分は#1500で研磨し、全体を#1300相当(アシレックスオレンジ)で空研ぎします。

ただしこれだけではマスキング際の足付け処理が甘いので、

 さらにナイロンブラシとウォッシュコンパウンド(液状の研磨剤)を使ってフチまでしっかり足付け処理を行います。

 水で洗い流すとフチまでしっかり親水になっているのが判ると思います。

 その後しっかり清掃し、台にセットして本塗り準備完了です。

 方向に気を付けて脱脂清掃を行います(逆目にするとウェスの毛が断面の粘着部に着いてしまう為)。

 ベースコート(ベースクリアー)は塗らず、直接トップコート(2液ウレタン艶消しクリアー)を塗る為、ハジキが出ないようしっかり脱脂清掃を行います。

 そして艶消しクリアーを塗り、直ぐにマスキングシートを剥がします。

 その後時間が経つと艶が消えていき、本塗り完了です。お待たせしました!

事前に行ったテストでは、ぶつ切りにした艶消しクリアーの段差が激しかったので、

今回はそうならないよう希釈率を少し上げて、スプレーガンも口径1.0mmから0.5mmに変更しました。また二回目のクリアー塗装後直ぐにマスキングシートを剥がしています。

 どうしてもブツ切りの段差は残りますが、事前に行ったテストに比べると断然良くなったと思います。

 尚こちらはマイク側で、反対側のコネクター側にはファイアーパターンが届かないので艶あり黒のままとなります(ですので今回は塗っていません)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。組付け作業もあるのでまだもう少し時間が掛かるかと思いますが、どうぞもう少々お待ちくださいませ!

銅製エフェクトマイク 下塗り

 先日ファイアーパターンのロゴを筐体に合わせデータを修正していた、ボディが銅製のエフェクトマイクです。

 本体の筒に両側のカバーが被さる構造になっていて、クリアーまで塗るとそれらが入らなくなってしまう為(強引にやれば入らない事は無いですが凄い事になってしまいます)、その部分はベースコート(黒)だけにするようマスキングシートを作成しました。

 各パーツを分解した状態で台にセットします。

 本体は素地が露出した箇所があるので、

 スポット的にプライマーを塗布します。

 続けてベースコートの黒を塗り、

 蓋が被さる部分にマスキングシートを貼り付けます。

 そしてクリアーを塗り、マスキングテープを剥がします。

 この後ファイアーパターンの本塗りがあるので、その際にはまた傷が付いてしまう事になりますが、何もしないよりは良いと思いこうしています。

 また完全にピッタリでは無く、クリアーに塗った部分が少し蓋に入るようにしています(装着した状態で境界線が見えるようにしています)。

 現状は艶あり黒に塗った状態ですが、この後ファイアーパターンのマスキングをし、足付け処理もして、艶消しクリアーを塗る事となります。本番はまだこれからですね。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

SHURE BETA58Aマイク クロマ風No.2塗装承ってます

先日到着しておりましたSHURE BETA58Aボーカルマイクです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はクロマフレア風No.2のベタ塗りで、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っています。

以前施工した時の画像を紹介させて頂きますね。

色は当店規定の「クロマフレア風No.2」で、「青→紫→赤→橙→黄」といった色変化を行う光干渉型の塗装となります。

先ほどと同じマイクですが、見る角度や環境によって大きく色が変化します。

これと同じような塗料としては、日本ペイントの「マジョ―ラ」や、DUPONT社の「クロマリュ―ジョン」なる物がありますが、どちらも材料が高額な為、非常にコストの高い塗装となっていましたが、海外からパウダータイプの顔料を取り寄せる事で安価に提供出来るようになりました。3コート塗装割り増し以外の追加費用(材料費)は必要ありません(中には非常に高価な顔料もあり、その場合は追加費用を頂く事があります)。

その他の画像はこちらのページからご覧いただけますので宜しければご参照くださいませ。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!