LINE6ワイヤレスマイク塗装 完成

大変お待たせしました!先日2回目の本塗りを終えていたLINE6のワイヤレスマイク塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこのような艶消し黒だった物を(そして部品毎に色味が違っていた物を)、

蛍光顔料を使ったマゼンタピンクに、

さらにホログラム顔料を重ねた塗装を施しました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

ここまでがストロボを使った撮影で、

ここからは自然光で撮影した画像となります。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

細かい粒粒した物がホログラム顔料です。

今回のような彩度が高い淡い色を、一般的な顔料だけで表現するのは難しく(というより物理的に不可能です)、なのでまず下色に通常顔料を使ったピンクを塗り、その上に蛍光顔料を使ったピンク(ほぼ隠ぺい力の無い色)を重ねています。

下色には白を使った方が発色(高彩度・高明度)が良かったりするのですが、そうすると褪色した際に極端に色が薄く見えてしまう事、またパーツ毎での色ブレが起き易いのを想定し、今回はピンクを下色に使っています。

ホログラム顔料はもっと粗い物もあるのですが、それを使うとそれを埋める為にクリアー層を厚くする必要があり、結果塗膜の強度が落ちてしまう為、今回は比較的粒子の小さい物(今まで使っている既存の物)を採用しています。STANDOX等の自動車補修用塗料に所謂「ラメ」と呼ばれる物が存在していないのはこれが理由ですね。ショーケースの中で飾っておく物の塗装と、雨風等の下で使っても問題が起きないようにする実用品の塗装とでは違う訳です。

ストロボや自然光ではホログラムが判り難かったので、スポットライトの下で撮影しました。

ただこれでも判り難かったので、スマホを使って動画での撮影もしました。

動画の方がホログラムの煌めきや色変化が判り易いかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

LINE6ワイヤレスマイク 本塗り(2回目)

先日1回目の本塗りを終えていたLINE6のワイヤレスマイクです。

今回は蛍光顔料の他にホログラム顔料も承っておりまして、前者は艶引けし易くなる傾向にあり、後者は画像のようにクリアー層を突起してしまうので、今回はもう一度クリアーを塗る事で対応しています(画像はクリアー1コートを塗っただけの状態なのでちょっと大げさになっています)。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、表面を#1500で研磨し、当たりの柔らかい布状研磨副資材(アシレックスレモン)で足付け処理を行っています。

粒粒に見えるのがホログラム顔料です。下色が黒の方が効果は高いのですが、今回のような明るい色でも光に当たるとしっかり煌めきを感じられます(ただしパールと同様で艶が無いと殆どそれを感じられません)。

よく脱脂清掃し、エアーブローをして埃を飛ばしたら本塗り開始です。特にベースクリアーは塗らず、そのまま直接トップコートとします。

クリアーは通常通り2コートで、コート毎の間に10分程度のフラッシュオフタイム=乾燥時間を設けています。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

当然ですが今回は突起は無く、平滑に仕上がっています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日また60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ゼンハイザーE945マイク塗装承ってます

先日到着しておりましたゼンハイザーE945ボーカルマイクです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

御依頼内容は黒~キャンディーゴールドのグラデーションで、オーナー様よりイメージイラストも頂いておりますのでそちらを紹介させて頂きます。

作業内容については以下の通りとなります。


■全体を艶消しクリアー仕上げ希望
■グリル網部: ブラック
■グリルリング : フチをキャンディーゴールド:中央をブラック
(上品な感じにフチのキャンディーゴールドは細めに)
■ブラックからキャンディーゴールドへのグラデーション
■ロゴ : ホワイト


各色について、以前施工した時の画像も紹介します。

キャンディーゴールドの色味については、この時の色を参考に調整するようにします。3コートキャンディーカラーの場合、通常は下地に粗目のシルバーメタリックを使いますが、こちらは粒子の細かいSPFシルバーを使っていて、その上に重ねる透過性の黄色は赤味を抑えた色味になります。

この時はキャンディーレッドと黒をグラデーションして、最後に艶消しクリアーで仕上げています。

グリルのリングにつきましては、この時は太さを等分して塗り分けていますが、

今回はこちらのゴールドを細くするよう承っています。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

LINE6ワイヤレスマイク 本塗り

先日お預かりしておりましたLINE6のワイヤレスマイクです。

お預かりしてから大分時間が経っていましたが、紹介していないその間に下塗り等の作業は進行しておりまして、いよいよ本塗り開始です。

まずは下色として適当な白=具体的にはVW社のキャンディホワイトを1コートのみ塗布します。妙に艶があるのはハードナーを添加しているからで、通常STANDOXはベースコートに直接のハードナー添加は必要ありませんが、膜厚が増えそうな場合には入れておくと安全です(また一部のクリアーではそもそもこれの添加が必須となって物もあります)。

その後に下色としてのピンク=以前ロジクールのワイヤレスマウスのキャンディー蛍光マゼンタにも採用したピンクカモフラ②を塗ります。ここで適当なピンクを使わないのは、後で同じ色を再現できるようにですね。

また今回は後の為に色見本も残しておくようにします。

色については事前に検証~作成していて、

今回は明るいピンクなのでキャンディーカラーのマゼンタは使わず、蛍光ピンクの粉末顔料を、STANDOXのベースコート用樹脂(MIX599)に混ぜた物と、STANDOX原色(白=MIX570・バイオレット=MIX569・パープル=MIX855)を使って色を作成しました。

こうやってみると余り差が判りませんが、「80%」の色味に合わせています。

蛍光ピンクのみでは隠蔽力は殆ど無く、また塗り方で色味が変わってしまうので、バッテリーカバーソケット(持ち手一番下の部品)は取り付けた状態で位置を合わせ、一緒にスプレーしています。

色味を確認して問題無ければ、次の行程にはいります。

今回はホログラムも承っていて、先日新たに取り寄せた顔料を試してはいたのですが、かなり粗く(そもそもストレーナーに通らなく)、なので実使用する物=マイクには不向きだと感じた為、

結局今まで使っていた既存のタイプを使う事にしました。こういったラメ系の社外品顔料としては比較的細かめの0.05mmのタイプです。

それを蛍光ピンクの上に重ねます。

余り多くするとピンクが台無しになってしまうので程ほどの量にしいます。画像だと不純物にしか見えませんが、光に当たるとこれらがレインボーに煌めきます。

そしてクリアーを塗布します。こちらは1コート目が終わった状態で、表面にツブツブが突起しているのが判るかと思います。

そして2コート目のクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

色見本用に塗っている物はホログラム有りと無しの2種類で、

こちらは無し=蛍光ピンクまでの見本で、

こちらはそれに0.05mmのホログラム顔料を塗った方です。それ以外は同じ条件で塗っているので、例え小さいラメでも仕上がりにかなり影響されるのが判るかと思います。顔料が大きくなるとトラブルの原因になるので、耐久性に重きを置く自動車補修塗装業界ではこれを嫌う傾向があり(勿論私もそうです)、なので大きいサイズの顔料は出来るだけ控えるようにしています。

この程度であれば後の磨き処理=ペーパー掛け&コンパウンド作業でも平滑に仕上げられますが、クリアーから突出したホログラム顔料はコーティングが削れてその特性が無くなり、またよく見ると突起していた跡が見えたりもするので、この後熱を入れて完全硬化させた後、もう一回クリアーだけを塗装しようと思います。

グリルはその形状からして突起は殆ど目立たないのでこのままで大丈夫だと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

LINE6ワイヤレスマイク塗装承ってます

先日到着しておりましたLINE6のワイヤレスマイクです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容は鮮やかなマゼンタ=蛍光色ピンクの塗装と、さらにホログラム顔料の追加も承りました。

蛍光ピンクについては以前施工したロジクールのワイヤレスマウスの色味が近いですので、こちらを参考に紹介させて頂きます。

この時の作業に関してはこちらの記事で紹介しておりますので宜しければご参照くださいませ。

今回も調色作業(有料)では無く、簡易的な色の作成=5分程度の作業で色を作る予定です。マゼンタの上にはホログラムも承っておりますので、事前に何種類か色見本も作成してみようと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!