オーディオテクニカ ワイヤレスマイク塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたオーディオテクニカのワイヤレスコードレスマイク(ATW-TS63)の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介をさせていただきますね。

同型のマイクで黒に塗装されている物もあって、そちらはいつものように足付け処理のみで塗装が出来るのですが、今回ご依頼頂いたこちらのシルバーのマイクは塗装では無くアルマイト処理が施されている為、別途下地処理を行ってからの塗装となりました。

 色はキャンディーレッドで、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 実は簡単な方法があって、アルマイトの上に密着剤を塗ってそのまま(プライマーもシルバーも塗らず)クリアーレッドを塗るだけで綺麗に仕上がるのですが、金属の、しかもアルマイト処理された上に直接上塗りを行っても塗装は密着しませんので、当店ではそういった作業はお受付をしておりません。メッキの場合も同様です。

 使用している塗料材料や作業自体は自動車のボディを塗装する内容と変わりありませんので、強度もそれと同様とお考えいただければと思います。

 スイッチ部分は外れてくれたのでその周りも綺麗に仕上がっているかと思います。パイロットランプの灯火も確認出来ましたのでご安心下さいませ。

 こちらは自然光下で撮影した画像で、実物はどの画像よりも美しい透明感&色の発色(彩度)を感じられるかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHUREワイヤレスマイク塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHURE QLXD2ワイヤレスマイクの塗装、本日完成となります。

先に塗装していたアルファロメオのヘッドカバーはもう少し寝かしてからの完成となりますのでもう暫くお待ち下さいませ(特に不具合が発生したとかではありませんのでご安心下さい)。

最初の状態も紹介しますね。

 元々は艶消し黒の状態で、また今回はヘッド部を別体(別売り)のELEFUNKEN M80Wに交換している為、そこだけ色(質感)が違うようになっていました。本体は塗装なのにヘッド部は黒アルマイト仕上げだからですね。

塗装するのは本体の3部品で、ただし今回は2色をグラデーションで塗装する為、それぞれの部品は組み付けた状態で塗装する事にしました。

 正面から見た状態だと、マイクの上の部分が「グリーン→青」に変化する「クロマフレア風No.7」を塗っていて、

 下の方は「マゼンタ・イエロー・オレンジ・黄緑」に変化する「クロマフレア風No.9」を採用しています。

 さらにマイクの裏側はそれを上下逆にしてあります。

 光の当たる角度によって色が変わるので、ステージ上でもかなり映えるのではないでしょうか。

当店としては余り行わない塗装ではありますが、作業内容自体はいつもの通りですので、強度は自動車ボディの塗装と同等とお考えいただければと思います。またクリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」を使用しています。

 こちらは自然光化で撮影した画像です。

 自然光だと金属感が強く感じられるのが特徴でしょうか。

 こちらはストロボを使って撮影した画像です。

 どの画像も撮ったままの未加工で、サイズのみ半分程に縮小しています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

オーディオテクニカ ワイヤレスマイク 本塗り

 先日下地処理を行っていたオーディオテクニカ ワイヤレスコードレスマイク(ATW-TS63)です。

それぞれ分割にした状態で塗った方が作業的には楽なのですが、今回は塗り方(膜厚)で色が変わるキャンディー塗装となる為、組み付けた状態での塗装とします。

 最初に隠蔽力の高いシルバー(具体的にはVWのリフレックスシルバー)を塗り、その後輝きの強いシルバー(STANDOX MIX598)を塗ります。

 続けて透過性の赤=キャンディーレッドを塗布します。一度に塗ると濃淡でムラになってしまう為、3~4コートに別けて塗っています。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

今回使用した透過性の赤=キャンディーレッドはいつものテールランプに使っている塗料では無く、一般的なハウスオブカラーのレッドを使っています。

画像だと上手く表現出来ないのですが、いつもテールランプの塗装に使っている赤は若干青黒く、こちらの方が朱色気味で明るめの赤となります。マイクの場合は車のように屋外で保管するような事は無いと想定しているので、発色よいこちらを採用するようにしています。

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせていただきますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

SHURE SM58マイク塗装承ってます

 先日到着しておりましたSHUREのSM58ボーカルマイクです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご依頼内容はマイク全体をキャンディーレッドでの塗装で、また今回はプレゼント用と言う事でネームロゴ入れも承っております。イメージイラストも作成していますので紹介をさせて頂きますね。

本体とグリルはキャンディーレッドで、正面にSHUREと「聡」のロゴを白で入れます。SHUREについてはいつも通りデカールで、「聡」の方はデカールか、または可能であれば(細部まで切れれば)マスキングシートを使った塗装で行おうと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

SHUREワイヤレスマイク 本塗り

先日下地処理を行っていたSHURE QLXD2ワイヤレスマイクと、別体となるヘッド部のELEFUNKEN M80Wです。

 今回は2色をグラデーションで塗装する為、色がズレない様に組んだ状態で塗装する事にしました。マスキングも内部に塗料が入り込まないようにしています。

 使用する色はこちらの2色で、

 こちらの玉虫色をした「クロマフレア風No.9」の顔料と、

グリーンから青に変化する「クロマフレア風No.7」の顔料を使用します。

それぞれマイク塗装のページで完成画像を紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

SHURE SM58クロマフレア風No.7

SHURE SM58クロマフレア風No.9

 それぞれの色を使って実際にグラデーションさせた色見本マイクもあるので(画像右端の物)、それも参考にしながら本塗りを行います。

 まずは下色に黒を塗ります。液晶パネル部はマスキングの為、際の仕上りが悪くならないよう無用に塗膜厚をつけないよう注意します。またこの状態ではネジを少し回して隙間を開いた状態で塗装しています。

 その後ネジをしっかりと締め、グリーン系のクロマフレア風No.7を塗ります。全体にでは無く、塗りたい部位より少し広めの範囲に、且つ余分なミストを飛ばさないようにします。

 さらに続けてクロマフレア風No.9を塗布します。

 グラデーションの境目としては、上下は液晶パネル辺りに、また裏表でもそれぞれの色を変え、どの角度から見ても2種類の顔料を確認出来るようにしています。

 こちらはグリップ部で、裏側は濃いグリーンになっています。

 その後ネジを緩めて隙間を空け、クリアーを塗布します。

使っている顔料は2種類ですが、それぞれが多色に変化する色の為、 グラデーションされた部位がズレると激しい色変化を感じられます。

この後は一日程自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて完全硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!