靴磨き木箱 本塗り

 先日お預りしておりましたSAPHIR社の靴磨きセットの木箱です。

尚、当初は木の部分だけを塗装するものと考えていましたが、オーナー様のご要望により、中の銀色のシャフト以外は全て真っ黒に塗装する事となりました。金具も、革の取っ手も、全て艶消し黒で塗装する事となります。

 中のシャフトは左右にスライドするようになっているので、塗る時に邪魔にならないよう稼働する状態にしてマスキングを行います。

全体を#320~#800相当で研磨足付け処理をしています。

 まずは内部の塗装からとなります。

 今回はクリアーを塗らない【激安コース】の仕様なので、むしろ分解が出来ない事が幸いとなりました(普通は分解せずに塗ると言う事は無く、今回はかなり特殊な例となります)。

 内側を塗り終わって十分に乾燥させたら閉じた状態にし、外側の塗装となります。

 まずは底部分を塗装し、さらに十分乾燥させます。

 取っ手周りもそのまま塗るので浮かした状態で裏側を塗り、十分に乾いてくっ付かなくなったら次の行程へと進んでいきます。

塗り難い個所を予め終わらせておき、最後は肌が荒れないよう全体をウェットに塗り込みます。

画像は既に時間が経って艶が消えた状態です。クリアーは塗りませんが、ベースコートに硬化剤を入れてあるので、この後熱を入れておく事にします。

取っ手部分は革ですが、ここも同じようにSTANDOXで塗っています。

車の塗装屋さんなら普通に知っている事なのですが、自動車補修用の塗料は内装にも使えて、実際それの色見本や配合データなども用意されています。

また以前にはGショックのベルトを塗る際に塗膜の密着テストなども行っていたりします。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

シャープペンシル塗装承ってます

 先日到着しておりましたシャープペンシルの外装パーツです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 製品は新品のようですが、一部にランナーとの接合部跡(ゲート)がありますので、こちらは簡易的な処理(ラッカーパテ)で対応するようにします。

色は事前に色見本帳をお貸出ししておりまして、こちらのマツダ「ベロシティレッドマイカ」(カラーコード:27A)で承りました。ベロシティレッドは二色ありますが、まず下色となるカラーベースを塗り、その上に上段のパールベースを塗布する3コート塗装となります。

またクリアーは耐擦性の高いSTANDOX VOCプラチナクリアーへの変更で承りました。先日三菱アウトランダーのフロントグリルに使用した傷のつき難いクリアーですね。尚VOCプラチナクリアーは垂らすと磨き処理が出来ない為(塗り直しが必至です)、対応出来る物は限られておりますのでご了承下さいませ(またさらなる割増費用も必要となります)。

尚、今回と似たような案件としては以前ボールペンの塗装を施工した事がありますので、参考までにそちらも紹介をさせて頂きますね。

こちらのページから作業内容の流れもご確認頂けます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

靴磨き木箱塗装承ってます

先日到着しておりましたSAPHIR社の靴磨きセットの木箱となります。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 現状は茶色の木目のクリアー仕上げになっていて、今回はこちらを艶消し黒の塗装で承っています。

 各部品はネジ等では無く、全て打ち込みで固定されている為、取り外しが出来ません。

 ロック部や、

 蝶番部も釘やネジでは無く、タッカーのように先端が尖った部分を直接本体に打ち込むようにして固定されています。

 また今回は内側も同様に、艶消しの黒の塗装で承っています。

 こちらも分解は(壊さずに行うには)不可能な構造になっています。

 塗装する範囲は木目の個所と金色の部分で、中のシルバーのシャフト以外は全て艶消しの黒の塗装で承っております。

表面には木目の凸凹も残っていますが、艶消し仕上げならこちらも余り気にならない程度になるかと思います。

逆にこれを艶あり仕上げにする場合は、まずこの木目の凸凹を平滑にする為の作業が必用で、以前同じような木目柄のメモリアルスタンドを艶々の白にする!といったご依頼がありましたが、非常に大変でした。こちらのタグから施工内容が見れますので、宜しければご参照下さいませ。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

Plastic Box

業者様からご依頼を頂いた電子機器のプラスチック製ボックスケースです。

ケース全体に成型時の歪があって、白などの明るい色であればこれがそんなに目立たないのですが、今回は「漆のような黒で」とご依頼を頂いていますので、まずはこちらを処理します。

 当て板に砥石を使って全体を#800で砥ぎ付けます。

細部まで足付けをする為、スコッチの他にナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って処理します。

 右が処理前、左が下地処理後の状態となります。

 ベースコートの黒を塗布し、ドライレタリングを貼り付けます。

 イラストはご依頼主様からIllustratorのデータを入稿して頂き、それを専門の業者様にてドライレタリングを作製して貰いました。

ドライレタリングの使用は今回が初めてなので、事前にテストも行っています。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 質感としては塗装屋デカールよりも「箔」に近い仕上がりとなります。

 その後60℃40分程の熱を掛けて完全硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

 今回は中に電子機器が入る為に開閉できる事が必要で、可動部の溝や接触する箇所にはクリアーを塗らないようにしました。

 ご依頼者様からは「模様の細かい部分も本当に綺麗な仕上がりで見とれてしまいました」とのお言葉も頂戴しました。

この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

iPhone 8 Case

 iPhone8用のポリカーボネート製スマートフォンケースです。

 裏側のパネルと枠が別体になっていて、

 ピッタリと組み合わさってしっかりスマホをカードするような構造になっています。

 塗装するのは表側だけで、ただし裏側に塗料が着くと不具合が生じる恐れがある為、フチより少し内側の部分から裏面全てをマスキングします。

 穴をそのまま塞ぐとそこに塗料が溜まってバリが出来てしまう恐れがある為、こういった箇所もフチより少し内側の部分でマスキングを行います。

 こんな感じで裏面全てをマスキングしました。

 表側の被塗面を足付け処理します。

 素材が透明なので判り難かったのですが、表面はかなり凸凹している為、研磨して平滑に均します。

 台にセットし、良く脱脂清掃を行います。

まず最初にプラスチックプライマーを塗り、

 ベースコートを塗布します。

今回は「出来るだけ白く」と言う事で、STANDOX原色の白(MIX570)をそのまま使用しました(ただし原色そのままだと隠ぺい性が悪い為、最初に下色をしています)。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承りました。

 この後一晩以上自然乾燥で寝かし、後日60℃40分ほどの熱を掛けて塗膜を完全硬化させます。

 さらに数日寝かしたら完成となります。

 仮合わせをしてみました。

後日オーナー様から以下のコメントを頂いております。


「とても完成度が高く、大満足しております!本当にプロフィット様にお願いしてよかったです!

次にお願いする機会もきっとあると思いますので、その時は何卒よろしくお願いします!

今回は本当にありがとうございました!」


こちらこそこの度のご依頼、誠に有難う御座いました!