シャッターボックス塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたガレージ電動シャッターの ステンレスボックス塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は未塗装の状態だった物を、

スポット溶接痕の凸凹を削って均し、プライマーを塗装→フェラーリ「GIALLO MODENA」(カラーコード:4305)の色で塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

枠と扉が分解出来ない構造なのが難しく、

また隙間が無いので塗料がくっ付かないように気を付けました。

内側は塗らないよう承っておりますのでそちらはステンレス素地そのままの状態となります。

先日いつものブレーキ屋さんに「ステンレスってどう塗るの?」と聞かれましたが、そもそもステンレス材はスチール(鉄)にクロムが含まれた金属なので、そう考えれば特に難しい物ではありません。

蝶番は穴にシャフトが挿し込まれた構造で、一般的な蝶番に比べると余りカッチリとしていない為に適当に開け閉めをすると塗膜に傷が付いてしまう恐れがあるのですが、基本的にはこちらを開ける事は無くリモコンでの操作になるとの事で安心しました。

壁に設置するとフチも見える筈なのでそこまでしっかり塗ってあります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

シャッターボックス 本塗り

先日お預かりしておりました電動シャッターのステンレス製キーボックスです。

スポット溶接の凸凹があったのでサーフェサーを塗って研磨する予定でしたが、

#120のダブルアクションサンダーで研磨したところそれらは比較的平らになってくれたので、予定を変更してプライマー塗装のみとする事にしました(勿論その分の費用も下げられます)。

内側は塗らないよう承っていますので、

蓋を開けた状態である程度のマスキングを行い、

蓋を閉めた状態で裏側全面を養生し、手で持って塗れるよう芯棒を固定します。

よく脱脂清掃し、まずはプライマーを塗布します。

うっかり途中工程の撮影を忘れてしまっていたのですが(すいません・・・!)、プライマー塗装後、下塗りとしてVW社のサンフラワーを1コート塗り、

その後ご指定頂いたフェラーリGIALLO MODENA(カラーコード:4305)を塗っています。4305は隠ぺい力が高く無いので下塗りを行っています。

尚、今回のシャッターボックスはクリアランスがかなり厳しい(狭い)事もあり、

ベースコート塗装後、一旦マスキングを剥がして扉を開いた状態でフチを軽く研磨し、

再び蓋を閉じた状態でマスキングをし直して、

それからクリアーをコートしています。

本来なら蓋が取れてくれれば枠と扉を別々に塗れるのですが、今回の製品は溶接で固定されてしまっているのでそれが出来なく、そういった事もあってサーフェサーの行程を省けたのは良かったです。

何とかうまく隙間が埋まらずに塗れたと思います。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

Aarkeソーダサーバー塗装承ってます

先日到着しておりました炭酸メーカー=aarke(アールケ)のソーダーサーバー・マシーンです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

現状は艶ありの白に塗装された物で、

今回はこちらをアイボリー=ポルシェ「SAND WHITE」(カラーコード:R6)の艶消し仕上げで承りました。

ただこの状態では塗装は出来ませんので(出来ない事は無いですが各部マスキングで塗った場合仕上がりがとても劣る恐れがあります)、まず分解する事が必要となり、家電製品ではこの辺が塗装する際のネックになるのですが、

今回の製品は各パーツがネジで止められている事が判るので、分解は可能と判断しました。

私的にはこういったネジ剥き出しの方が武骨で好きなのですが、何故か日本の電化製品はこの辺は隠したがる傾向にあるようで、しかも大抵は分解する事を想定していませんから、それぞれのパーツを外そうとすると爪が割れたり、または部品自体が破損してしまう事があり、塗装のハードルは高くなる傾向にあります。

と言う訳で無事分解も完了し、塗装するのはこちらの6部品となります。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

シャープペンシル 本塗り

 先日お預りしておりましたuniのシャープペンシルです。#800で足付け処理を行い、台にセットしてマスキングを行いました。

 ランナーとの接合部分はスポットパテ(ラッカーパテ)で簡易的に埋めています。塗装した後にランナーから切り離しているので、少し抉れたような状態になっていました(突起しているよりは良いだろう、と言う事だと思います)。

 まずは下色となるカラーベースを塗り、

 その上にパールベースを塗布し、クリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 色はマツダ「ベロシティレッドマイカ」(カラーコード:27A)で、クリアーは耐擦傷性の高いSTANDOX VOCプラチナクリアーの仕様となります。

 断面部分には組み合わせの突起があるので、クリアーはエッジのみ掛けるような感じで極薄く塗るようにしました。

同じく反対側もハーフコートのみにする感じで、他の組み合せる際に阻害しないようにしています。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃45分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

靴磨き木箱塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSAPHIR社の靴磨きセットの木箱の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は木目に半艶っぽいクリアーが塗られた状態でした。

 内側は木の素地そのままといった感じです。

今回はこのシルバーの動くアルミシャフト以外を艶消しの黒に!と言うご依頼となりました。

各付属品は(壊さずに)取り外す事は難しそうだったので、今回は全て装着した状態での塗装となっています。

 塗装は艶消し黒で、今回はクリアーを塗らない【激安コース】の仕様となります。

 ロック部は真鍮製で、締めると金属同士が当たって塗装が剥がれてしまいますので、取り敢えずこの状態でお納めする事にしました。塗装が削れても締めた状態では見えないので気にならないかと思います(本来は黒染めされた金属性の金具に交換が望ましいのですが、そうなると箱を一から作るような仕様となるのでさすがに現実的では無いかと・・・)。

 革の取っ手はもしかしたら抜けるのではないかと試しましたが、物理的に難しいようで、恐らくは取っ手を通した状態で金具を打ち付けているのだと思います。

 意外と面倒だったのが内側の塗装で、

 シャフトをマスキングすると上手く稼働しなくなるので、途中マスキングを剥がしては貼り直して、隙間からスプレーをするようにして塗りました。

 また内側は木の素地そのままだったので毛羽立ちが強く、黒を2コートくらいした時点で全部ペーパーを掛けて表面を均して塗っています。

クリアーを塗っていないのでツルツルと言う訳にはいきませんが、粉を噴いたようなザラザラ感は残っていないと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!