BMW Motorrad R nineT Engine cover

BMW Motorrad R nineTのシリンダーヘッドカバーに結晶塗装の黒を施し、フィンを切削研磨してアルミ地を光らせました。

元々はこのような状態で、

フィンの上部は丸まって、そのまま塗られている状態となります。

頂いた画像を参考にフィン部を研磨します。この時点では#120の粗研ぎとなります。

その後サンドブラストを行って足付け処理を行います。

フィンのパネルは裏表行います。

その後しっかり脱脂洗浄し、

プライマーを塗布します。

カバーパネルの裏側にベースコートの黒を塗布し、

表面にリンター=黒の結晶塗料を塗布します。

その後140℃~170℃程の熱を掛けると、

結晶目が現れます。

後日恒温機で120℃30分程の熱で二度焼きを行います。

 フィンの周りをマスキングし、

研磨して光らせます。最終番手は#800となります。

そのままだと表面が曇ってしまうので、

腐食(酸化)を遅らせられるよう、クリアーを塗っておきます。この後60℃40分程の熱を掛けてさらに数日寝かします。

そして完成です。

フィンの幅が揃うよう、調整して研磨しています。

こちらのページでその他の完成画像も紹介しております。

その後これらの画像を見られたディーラー様からご依頼も頂いております。

VMAXヘッドカバー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたヤマハVMAXのヘッドカバー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はグレーメタリックとアルミ素地にクリアーが塗られていた状態で、ぱっと見は綺麗なのですが、

クリアーの下で腐食が発生している為、既存の塗膜は全て剥がし、サンドブラスト処理を行ってからの上塗りとしています。

色は濃い目のグレーの結晶塗装となります。

この画像だと黒にしか見えませんが、

ボルト穴周りに塗った黒と比べるとグレー色なのが判るかと思います。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

尚、先にお預かりした同車のウィンカー関係の塗装は既に完成・発送済みで、「写真では見ていましたが、実物は想像以上に素晴らしい仕上がりでした」とのお言葉も頂戴しております。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご贔屓頂きまして誠に有難う御座いました!

VMAXヘッドカバー 本塗り

先日下準備を行っていたVMAXヘッドカバーです。その後リン酸処理を行い、洗浄~乾燥させておきました。

まずは全体にプライマーを塗布し、

ボルト穴周りにベースコートの黒を塗布して十分に乾燥させます。

その後予め作成しておいたマスキングシートを、ボルト取り付け部に貼り付けます。

色は濃いめのグレーで、以前施工した画像を参考に作成しています。

それを全体に均一になるよう6コート程塗ります。

ちなみに今回は先に私物をテスト塗装していて、それを参考にして塗り方を調整しています(そちらは塗り足りなくて結晶目が弱く、ただその失敗のお陰でこちらは上手く塗れました)。

その後140℃~170℃程の熱を掛けて塗膜を硬化(熱重合)させます。

そして結晶塗装完了です。お待たせしました!

いつもならこの後凸部を削ってアルミ地を光らせますが、

今回は耐蝕性に重きをおく感じで、このままで完成となります(ただし後日もう一度120℃で二度焼きを行います)。

前回は最初に塗った塗装を全て塗り直すという事態になりましたが、今回は先に自分の物を二個塗ったお陰でこちらは一度で綺麗な結晶目が出せたと思います(詳しくは社外記で紹介出来ると思います)。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

VMAXヘッドカバー 下準備

先日お預かりしておりましたヤマハVMAXのヘッドカバーです。その後アルカリ洗浄槽→溶剤槽に浸け置きし、旧塗膜を剥離しました。

溶剤槽での浸け置きだと簡単には剥離は出来ず、なので途中出してはワイヤーブラシやスクレーパーで削ってまた浸けてを何度か繰り返して塗装を剥がしています。時間は掛かりますがゴミが殆ど出ないのが気に入っています(剥離剤は後処理に困ります)。裏側に残っていた液体ガスケットも除去しておきました。

その後ブラストボックスに入れ、

サンドブラスト処理(軽め)を行いました。

この後はリン酸処理を行い、タイミングが来たら本塗り=結晶塗装を行います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMW Motorrad R nineTヘッドカバー塗装 完成

先日本塗りを終えていたBMW Motorrad R nineTのシリンダーヘッドカバーパネルです。その後恒温機で120℃30分程の温度で二度焼き目を行っておきました。

凸部は最初に#120ダブルアクションサンダーで研磨し形を整え、その後は手研ぎで#120→#180→#240→#320→#400 →#500相当(アシレックススカイ→)→#800相当(アシレックスレモン)でアルミ地を光らせています。

フィンの端は太くしようかと思いましたが、そもそもフィンの形状が端に行くにつれて細くなっているので、変な事はせず自然な感じにしました。

アルミ素地が露出された箇所はそのままの方が金属感があって格好良いのですが、そのままだと腐食の進行が早い為、出来るだけそれを遅らせられるようクリアーを塗っておきます。手前4本がクリアーを塗り終わった状態で、奥の3本が塗る前となります。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させたら完成となります。

そして大変お待たせしました!BMW Motorrad R nineTのシリンダーヘッド(2バルブスタイル)一式の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はグレーメタリックの艶消しに塗られていた物を、

既存の塗膜は剥がさずサンドブラストで足付け処理を行い、

黒の結晶塗装を施しました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

カバーパネルの裏は艶消し黒に塗っています。

それぞれを組み合わせてみました。

各フィンは削り方によって太さが変わってしまう為、当たり易い部分(角)を少なめに、当たり難い箇所を多めに削るよう意識して美しい見た目になるようにしました。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!