ホンダカブヘッドカバー結晶塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたホンダクロスカブ用ヘッドカバーの結晶塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はアルミ無垢の状態で、リン酸処理後にプライマーを塗ってから上塗りを行っています。

 色は鮮やかなイエローの結晶塗装で、参考としてタッチペン塗料なども一緒にお預りをしました。

 HONDAの凸文字部は研磨後にクリアーを筆で塗って腐食の進行を遅らせるようにしています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ホンダカブヘッドカバー凸部研磨

 先日本塗りを終えていたホンダカブのホンダクロスカブ用ヘッドカバーです。 二度焼きを終えてカリっと仕上がったので、HONDAの凸文字を研磨します。

 #120から始めて最終#800まで行い、金属素地が光るまでになったら、最後に腐食の進行を遅らせる為にクリアーを塗っておきます。クリアーは普通の2液ウレタンクリアーです。

 この後もう一度、次は60℃40分程の熱を掛けてクリアーを硬化させます。

一緒に塗ったロードスターの方は凸部が無いのでこれで終わりですが、ついでにもう一度一緒に熱を入れておく事にします。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

ホンダカブヘッドカバー結晶塗装 本塗り

先日お預りしておりましたホンダクロスカブ用ヘッドカバーです。

シンナーで洗浄後、リン酸処理を行い、裏側とボルト固定部をマスキングしました。

まずは全体にプライマーを塗り、

 続けて派手なイエローの結晶塗装用の塗料を塗布します。4輪車のヘッドカバーに比べるとサイズが小さいので結晶目が荒くならないよう控えめに塗っています。

 その後140℃30分程の熱を掛けるとチヂレ目が発生してきます。

結晶塗装の場合は規定だと120℃20分くらいの焼き付けで良いのですが、それだとどうしてもグニグニ感が残ってしまうので、当店の場合は140℃で40分くらいか、または140℃×30分を二回行うような感じにしています。ただし一個だけでこれをしようとするとコスト(と環境負荷)が掛かり過ぎてしまう為、ある程度の数が纏まってから一度に施工するようにしています(ちなみに今回は13個を纏めて塗っています)。

この後はまとめて恒温器(乾燥炉)でもう一度140℃30分程の熱を掛け、後日「HONDA」の凸文字部を研磨して光らせ、最後にクリアーを筆で塗ってもう一度熱を掛けます(その時は60℃40分程となります)。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

ホンダカブヘッドカバー 結晶塗装承ってます

 先日到着しておりましたホンダクロスカブ用ヘッドカバーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご依頼内容は結晶塗装のイエローで、色の参考としてタッチペン塗料と、それで塗装を施したスイッチカバーも一緒に送って頂きました。わざわざお手数を頂きまして誠に有難う御座います!

かなり鮮やかなイエローですので、前回施工したフィン付きのヘッドカバーと同様のイエローを採用したいと思います。また塗装後には「HONDA」の凸文字部を研磨して光らせ、最後に腐食の進行を遅らせる為にクリアーを筆塗りで行っておきます。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

SHURE SM58マイク&サーモス 下準備

先日お預りしておりましたSHURE SM58ボーカルマイクです。今回はロゴ入れと、またそれと同じ仕様でサーモスの塗装も承っております。

 御用意頂いたロゴデータをマイクの円錐に合わせて修正し、ドライプリンターを使ってデカールを作製します。

 色はゴールドで、サーモス用のストレートのままのロゴも作っておきました。使うのは一つずつですが、一番良い物を選んで使えるよう余分に印刷しています。

 色は当店Web色見本から「S615 A-5」の近似色で承っていますので、画像を見ながら色を作っていきます。彩度の低いインダストリアルな感じのグリーンといった感じでしょうか

使った原色は白、黒、オーカー、かッパー(ブラウン)、グリーン、ブルーといった感じです。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!