NDロードスター ウィンカーレンズ塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたマツダNDロードスター用の社外品サイドマーカーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーレンズタイプで、そのままでもアンバー(橙)に光る電球が入っていましたが、

 こちらを透過性の橙=オレンジキャンディーの塗装を施しました。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 現物を見て頂ければ判ると思うのですが、元々の樹脂素地に比べると、ガラスのような質感に仕上がっているのを感じて頂けるかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

GRBインプレッサテールランプ塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたスバルインプレッサGRBの純正テールランプ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーレンズタイプのテールランプで、

 今回はウィンカー部をオレンジに、ブレーキ&ポジションランプ部をレッド、そして全体に薄くスモークを掛けています。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 自然に仕上がっているので知らない人が見ても塗装しているとは判らないと思いますが、同じインプ乗りが見たら二度見するかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

NDロードスター ウィンカーレンズ塗装 本塗り

先日よりお預りしておりましたNDロードスター用の社外品ウィンカーレンズです。

レンズ表面には一部に突起があって、こういうのを無視して塗ると色ムラが発生するので、スプレー時にはこれを上手く避けたリ 狙ったりして色を塗るようにします。

 使用する塗料(ベースコート)は少し前に塗装したインプレッサGRBのウィンカー部と同じ配合で、キャンディーオレンジ:キャンディーイエロー=1:5としています。

塗り始めはイエローにしか見えませんが、オレンジの赤味が強いので、塗り重ねていくうちに色が変わっていきます。

 5コート程塗り重ねたら、最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

近くで見てもで色ムラやダマは判らない仕上りに出来ていると思いますので、同じ製品をお持ちの方は「オレンジの仕様があったのか!」と驚かれるかも知れませんね(とは言ってもかなりマニアックな所なので誰も気づかないかも知れませんが・・・)。

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせていただきますので、どうぞもう少々お待ちくださいませ!

GRBインプレッサテールランプ 本塗り

こちらも先日より下準備をしておいたインプレッサGRB純正テールランプ一式です。

今回はいつものレッド&スモークとは別に、ウィンカー部を透過性の橙(オレンジキャンディー)で承っておりまして、これを同時に塗るのは難しい為(当店の場合は全て2コート塗装で行うので出来ない事は無いのですがリスクが高いです)、外側(クォーターパネル部)のテールランプだけ先にオレンジ&クリアーで塗装しています。

 ここからの作業はいつも通りで、予め用意しておいたマスキングシートをウィンカー部とバックランプ部に貼付け、

 透過性の赤=レッドキャンディーを塗布し、マスキングを剥がします。

 オレンジ部分にはクリアーが塗られているのでプライマーの必要はありませんが、手前のリヤゲート側のテールはマスキングシートを貼っていた個所がプラスチック素地なので、この時点でプラスチックプライマーを塗布します。

 そして全体にスモークを塗布します。艶があるように見えますが、この時点ではまだベースコートです。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアー部もスモークが掛かる事で落ち着いた感じになっているのが判るかと思います。

小物の塗装では自動車の補修塗装(板金塗装)と違い、「新車肌の再現」は殆ど必要が無く、特にレンズ系の物には塗り肌自体が無いので、極力肌の出来ない塗り方にしています。

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせていただきますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レンズ系 透過性塗装 下準備

レンズ系 透過性塗装 下準備

先日より作業を開始しているテールランプ等のレンズ類の下準備です。

 バイクのスクリーンパネルはそのままいつも通りに養生紙やマスキングテープを貼ってしまうと、塗っている時にスモークの濃さが判らなくなってしまう為、

 ミラーフィルムを貼って、テールランプのように光が反射するようにします。

 その上に通常通りマスキングを行い、さらに固定用の土台として段ボールを貼っておきます。

 その他のテールランプやウィンカーなどもマスキングを行います。

 レンズは#800~#1300相当で足付け処理を行います。中古品(特に専門業者さんが販売する製品)の場合はレンズ表面にワックスが塗られていたりするので、先に脱脂を行っておきます。

次のターンでの本塗りは、レッド、オレンジ、スモークの3種類で、合計15点を同時に行います。

透過性の塗装はゴミ等が混入するとそのまま残って見えてしまう為、まずはブース内の清掃からで、スチームを使って台に使っている棚板や床、浄化装置、排水溝を掃除します。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!