ダッジラム コーナーレンズ塗装 完成

大変お待たせしました!先日レンズと枠の隙間にシーリングを行っておいたダッジラムのコーナーレンズ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこのようにクリアーレンズだった物を、

透過性の橙=オレンジキャンディーに塗装しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

オレンジ100%だと赤味が強いので、今回はイエロー5:オレンジ1の比率としています。私的に思う一番純正っぽいアンバーですね。

スモークは塗らず、ベースコートオレンジ+トップコートクリアーの2コート塗装となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ダッジラムコーナーレンズ 本塗り

先日下準備を行っていたダッジラムの社外品コーナーレンズです。

うっかり本塗り直前の画像を撮り忘れておりまして、こちらはプラスチックプライマー塗布→透過性の橙=オレンジキャンディーを2コート塗った状態です。

今回使用しているオレンジキャンディーは、前回施工した同型レンズの時と同様「イエロー:オレンジ=5:1」の配合にしてある物で、最初はこのようにイエローにしか見えないのですが、

それを4~5コート塗り重ねていく内にこのように丁度良いオレンジ色になります。オレンジ原色そのままだともっと赤に近くなり、少々クドい橙になってしまうのです。

また一度に仕上げようとするとムラやダマが出来てしまうので、ベースコート中のキャンディーオレンジ原色含有量を減らして何回かに別けて塗るようにしています。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

ただしこちらは最後にレンズと枠の隙間にシリコーンシーラーの塗布も承っていますので、もう少しお時間を頂きたく存じます(それでも今回タイミングが良かったので予定していたよりかなり早く塗れたと思います)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レンズ関係透過性塗装 下準備

先日に引き続き、テールランプ等の透過性塗装の下準備となります。

透明なレンズは普通に養生紙やマスキングテープを使ってしまうと塗っていてスモークの濃さが判らなくなってしまう為、マスキングも透明なままになるようにします。

また違う環境での濃さも判るよう、4個の内の半分は反射フィルムを使って仮想の反射板に仕立てます。

マスキングテープを貼るだけなら1分くらいで終わる作業ですが、こうすると10分以上掛かるので、どうしてもコストが高くなりがちです。

被塗面以外のマスキングが完了した状態です。

続けて足付け処理を行います。

最初は#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で軽く全体とフチを処理し、その後#1300相当(アシレックスオレンジ)でしっかり足付け処理を行います。

透明なマスキングにしている物は、その透過性を損なわないように固定します。

少し大きめのダッジラムコーナーレンズも持って塗れるよう筋交いを使って芯棒に固定します。

Y31セドリックのレンズも持って塗れるようにします。

ハーレーのテールランプもワニクリップを筋交いにして安定するよう固定します。

左はスイフトのバックフォグで、右は最初に紹介したウィンカーとセットのZX6Rのテールランプです。

フォレスターのメーターレンズも透明性を損なわないようマスキングテープは最小限に留めています。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レンズ関係透過性塗装 下準備

次の透過性塗装のターンで本塗り予定のテールランプ等レンズパーツ一式です。今回は7セット、14点の塗装となります。


スイフトスポーツテールランプ塗装承ってます

ハーレーテールランプ&プライマリーカバー塗装承ってます

カワサキZX6Rテールランプ&ウィンカー塗装承ってます

フォレスターメーターカバー塗装承ってます

日産Y31セドリックサイドマーカー塗装承ってます

スイフトリヤフォグ塗装承ってます

ダッジラムコーナーレンズ塗装承ってます


スイフトスポーツのテールランプは輸送時にレンズの角が破損してしまっていて、今回はこちらの修理もご依頼頂いております。

ちなみに割れた箇所は土台接着部の外側なので、この状態でも水漏れ等の心配はありません。

割れた破片と本体の断面にアクリル樹脂用の接着剤=サンボンドを塗り、

それぞれをくっ付けます。

ある程度乾いたらさらに裏表から流し込みます。

その後割れた部分の周りを#320相当で足付け処理し、プラスチックプライマーを塗布します。

透明なエポキシ接着剤を塗布します。最初はレンズと土台の合わせ目部分に塗るようにします。

その後30分程して固まったら足付け処理を行い、再びプラスチックプライマーを塗布し、

同じ透明なエポキシ接着剤を盛っておきます。補強の為ですね。

表側に食み出た接着剤や、うっかりジクロロメタンが着いた指で触って指紋の跡に溶けてしまった箇所を削り落し、ぱっと見では割れていたとは判らない程度に出来ました。

輸送時にご依頼品が破損してしまう事は時々あり、大抵は今回のような「角」の部分で多く見受けられます。

若い頃に運送会社の集中センターでアルバイトをした事があるのですが、ベルトコンベアーから流れて来る荷物が凄い量で、とてもじゃありませんが一つ一つの荷物に気を遣えるような環境ではありませんでした。明らかに破損している物でも、まるでパワハラ見本市(笑)みたいな職場ではベルトコンベアーを止める訳には行かなかったのです。

そういった内情も知っているので「われもの」のシールは余り(と言うか殆ど)信用しておらず、完成後の梱包は本当に気を遣うようになりました。送った時の箱より戻って来る時の箱が大きくなっているのはそういった事が理由で、階段の上から転げ落としても壊れないくらいにと考えています。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

TOYOTA TE47レンズ類パーツ塗装 完成

先日本塗りを終えていたTE47のテールレンズとウィンカーレンズです。それぞれバラバラで塗装していますが、撮影する際にそれだと場所を取ってしまうので、

組付けた状態で撮影をする事にしました。

そして大変お待たせしました!トヨタTE47テールランプ等レンズ類一式の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

今回は「純正の状態」が基本となりますので、スモークは塗らず、クリアー塗装のみをメインとし、一部の色褪せているパーツのみ着色としています。

なのでぱっと見は余り変わり映えはしないのですが、

無数の細かい傷で艶が無くなってしまっていた樹脂の表面が、今回の塗装で艶々になった事で、全然違うパーツに感じられるかと思います。

サイドマーカーのレンズは、新品に合わせて中古品(現車パーツ)のオレンジを濃くしています。

テールレンズはクリアーのみで、別体になっているウィンカーレンズを濃いオレンジの物に合わせて調整しています。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

実物を見て頂くと判ると思うのですが、元々の素材PMMA=アクリル樹脂に比べると、透明な物に塗った高品位なポリウレタン樹脂はまるでガラスのような質感に感じられるかと思います。

ナンバー灯は汚れと傷が酷かったので、裏表両面共にクリアーを塗っています。

裏側はペーパー(研磨布)が入り難かったので、ウェットブラストを使って被塗面の研磨・足付け処理を行っています。

室内灯のカバーもクリアー塗装のみで、

こちらも裏側はウェットブラストで下地処理をし、クリアーを塗っています。

そしてヘッドライトカバーです。

前面に装着される物なので飛び石傷が酷く、ヒビが入った内部に入り込んだ汚れは除去しきれませんでしたが、

元の状態に比べると全体にあった小傷が払拭され、まるでガラスのように感じられる質感になったかと思います。

特に細かい箇所に溜まった汚れが酷かったのですが、

これらもウェットブラストで、劣化した表層を一枚剝ぐような感じで削りつつ、細部までしっかり足付け処理をしています。

文字も残り、詰まっていたワックスやコンパウンドのカスも綺麗に取り除けているかと思います。

ヘッドライトカバーは裏側もクリアーを塗装しています。

断面が黄色っぽく見えるのは恐らく樹脂自体(芯まで)の劣化で、これに極薄いスモークを塗ると青味が出てさらにガラスっぽい質感になったかも知れませんが、後からパーツを交換した際に部品毎でブレが生じる恐れがありますので、今回はクリアー塗装のみで正解だったと思います(恐らく世界中探してようやく予備品の一個が入手出来た程だと思いますので・・・)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。また追加でご依頼頂いているルーフサイドモールも引き続き作業を進行させて頂きますので、そちらはもう少々お待ちくださいませ!