アルファロメオジュリエッタテールランプ 本塗り

先日お預かりしておりましたアルファロメオジュリエッタのテールランプ一式とサイドマーカー、計6点です。

裏側を清掃したらマスキングを行い、被塗面を#800~#1300相当で研磨、足付け処理を行いました。

レンズ類の塗装では特に塗り肌を残さない仕上がりにしたいので、目立つ面を地面に水平になるように固定しています。

よく脱脂清掃し、エアーブローを行って埃を飛ばします。ブース内の床と壁、塗装台と棚板は前日に高圧洗浄機で洗い流しています。

プラスチックプライマーを塗布したら本塗り開始です。

サイドマーカーはアンバー=オレンジキャンディー+スモークで承っています。

最初の1~2コートではイエローにしか見えませんが、

塗り重ねていくにつれて赤味が出て来て丁度良い橙色になります。この後スモークを重ねます。

テールランプはこの時の画像を参考にとご指定を頂いておりますので、

それを参考にしながら含有量の低いスモークを4~5コートに掛けて塗り重ねて微調整を行います。

当店でのスモーク塗装は主に「ベースコート+スモーク」で行っていて、これを「トップコート+スモーク」で行えば比較的(と言うか相当)作業は楽になるのですが、

・濃さの微調整が出来ない

・表面張力で溜まった所が濃くなる

といった事が起きてしまう為、スモークとクリアーを別けた2コートの方法を基本としています(極稀に濃度の調整を必要としない【お任せ仕上げコース】の場合ではこの1コートで行う場合もあります)。

サイドマーカーのスモーク濃度はテールランプとは別で、頂いた画像を参考に比較的薄いスモークとしています(当店規定の「極薄めと薄目の中間」くらいになります)。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

アルファロメオジュリエッタテールランプ塗装承ってます

先日到着しておりましたアルファロメオ ジュリエッタの純正テールランプとサイドマーカー一式です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

テールランプはスモーク塗装ベタ塗りで、

濃度は「薄目」、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承っております。

濃度の参考にする画像も紹介いたします。

この時は「薄目より濃く」となっておりますので、「薄目と標準濃度の中間」といった感じになるかと思います。

この時は「薄目」で、これらを参考にしつつ、

・内部の構造や灯火はよく判る程の濃さで、且スモーク感もしっかり感じられる黒さに。コントラストが強調され深みや立体感が感じられるように。

またオーナー様からは「ボディが赤なので光によっては、レンと同化してしまう。・バックランプの白い部分が悪目立ちしてしまう。中に見える渦巻の LED が特徴なので、それが潰れない程度に」との御希望も承っておりますので、これらを参考に濃度を調整しようと思います。

サイドマーカーはクリアーレンズタイプで、こちらは透過性の橙=オレンジキャンディーに、また薄くスモーク塗装も承っております。メールにて頂いた画像を参考にして濃度を調整するようにいたします。こちらもクリスタルクリアーの仕様となります。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ダッジラム コーナーレンズ塗装 完成

大変お待たせしました!先日レンズと枠の隙間にシーリングを行っておいたダッジラムのコーナーレンズ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこのようにクリアーレンズだった物を、

透過性の橙=オレンジキャンディーに塗装しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

オレンジ100%だと赤味が強いので、今回はイエロー5:オレンジ1の比率としています。私的に思う一番純正っぽいアンバーですね。

スモークは塗らず、ベースコートオレンジ+トップコートクリアーの2コート塗装となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ダッジラムコーナーレンズ 本塗り

先日下準備を行っていたダッジラムの社外品コーナーレンズです。

うっかり本塗り直前の画像を撮り忘れておりまして、こちらはプラスチックプライマー塗布→透過性の橙=オレンジキャンディーを2コート塗った状態です。

今回使用しているオレンジキャンディーは、前回施工した同型レンズの時と同様「イエロー:オレンジ=5:1」の配合にしてある物で、最初はこのようにイエローにしか見えないのですが、

それを4~5コート塗り重ねていく内にこのように丁度良いオレンジ色になります。オレンジ原色そのままだともっと赤に近くなり、少々クドい橙になってしまうのです。

また一度に仕上げようとするとムラやダマが出来てしまうので、ベースコート中のキャンディーオレンジ原色含有量を減らして何回かに別けて塗るようにしています。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

ただしこちらは最後にレンズと枠の隙間にシリコーンシーラーの塗布も承っていますので、もう少しお時間を頂きたく存じます(それでも今回タイミングが良かったので予定していたよりかなり早く塗れたと思います)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レンズ関係透過性塗装 下準備

先日に引き続き、テールランプ等の透過性塗装の下準備となります。

透明なレンズは普通に養生紙やマスキングテープを使ってしまうと塗っていてスモークの濃さが判らなくなってしまう為、マスキングも透明なままになるようにします。

また違う環境での濃さも判るよう、4個の内の半分は反射フィルムを使って仮想の反射板に仕立てます。

マスキングテープを貼るだけなら1分くらいで終わる作業ですが、こうすると10分以上掛かるので、どうしてもコストが高くなりがちです。

被塗面以外のマスキングが完了した状態です。

続けて足付け処理を行います。

最初は#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で軽く全体とフチを処理し、その後#1300相当(アシレックスオレンジ)でしっかり足付け処理を行います。

透明なマスキングにしている物は、その透過性を損なわないように固定します。

少し大きめのダッジラムコーナーレンズも持って塗れるよう筋交いを使って芯棒に固定します。

Y31セドリックのレンズも持って塗れるようにします。

ハーレーのテールランプもワニクリップを筋交いにして安定するよう固定します。

左はスイフトのバックフォグで、右は最初に紹介したウィンカーとセットのZX6Rのテールランプです。

フォレスターのメーターレンズも透明性を損なわないようマスキングテープは最小限に留めています。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!