ダッジラムコーナーレンズ塗装 完成

 大変お待たせしました!先日シリコーンシーラーを塗っておいたダッジラムの社外品コーナーレンズの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は画像のようにクリアーレンズだった物を、

 透過性のオレンジに塗装しました。クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

 キャンディーイエローとオレンジを混ぜて色を表現しています。

 キャンディーオレンジ単体で使うとかなり赤味が強いのですが、それでもこちらはかなりオレンジ寄りの色味となっております。

 立てて撮影してみましたが、背景の洗濯機がちょっと目立ちすぎるような気がしたので、

 黒の画用紙を敷いてみました。

 オレンジ自体は何ら変わりありませんが、全然雰囲気が違っているのが判ると思います。ただそれだけですが・・・。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ボルボコーナーレンズ塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたボルボ240用社外品フロントコーナーレンズ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は画像のように色の付いていないクリアーレンズでした。

 下に白い紙を敷いたので、最初の画像と見た目が違っているのが判るかと思います。

 色は透過性のオレンジで、キャンディーカラーのイエローとオレンジを混ぜて調整しています。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

背景を白い紙から、

 黒い紙に変えると、レンズの色味も変わって見えるのが判ると思います。

対して左側のダッジ用コーナーレンズは土台の反射板が一体なので背景には影響されません。当然と言えば当然なのですが、反射板の無いタイプのレンズ(ブラックアウト化されたテールランプなど)に鮮やかな赤を塗っても鮮やかな色は表現されません。

 と言う訳で、さらに光が反射するようステンレス皿を下に敷いてみました。

反射板と同じように作用され、色が鮮やかになっているのが判るかと思います。色味も赤から黄色寄りに変わっています。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ダッジラムコーナーレンズ シーリング

 先日本塗りを終えていたダッジラムの社外品コーナーレンズです。

 レンズフチに塗られていたシーラーは塗装前に除去しておいたので、改めてこちらをシーリングします。ちなみに塗られていたシーラーはシリコーン系なので、少しでも(その油膜だけでも)塗装は密着しなくなってしまいますから、塗装前にこれの完全除去は必須の作業となります。最初から塗られている物の場合は仕方ないのですが、これから塗装を検討されている方はこれを塗らないようお願いいたします。

 シーラーが他の部分に付かないようマスキングをします。使うのは信頼の信越シリコーン社製の透明タイプです。

 ピッタリでは無く、レンズ・枠共に0.3ミリくらい被さる感じにします。

 奥までしっかり届くように充填し、余分を拭き取ります。綿棒やティッシュ・ウエスを使うと紙の繊維を巻き込んでしまう恐れがあるので、ここは素手で行います。

そして最後にマスキングテープを剥がし、数日寝かしておき硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ダッジラムコーナーレンズ 本塗り

先日下準備を行っていたダッジラム用の社外品コーナーレンズです。

 溝に塗られていたシリコーンシーラーは綺麗に除去してありますが、その油分はハジキの原因にもなりますので、しっかりと脱脂清掃を行っておきます。

 色は以前施工したキャラバンのコーナーレンズを参考にと御指定頂きましたので、その時の画像を参考にして色を調整していきます。比較的赤味(オレンジ)が濃いですが、イエローも入れて調整しています。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

場所によっては枠とレンズがピッタリついている箇所もあるので、フチのマスキングテープはクリアー塗装直後に剥がしてあります。

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ボルボコーナーレンズ 本塗り

先日下準備を行っていたボルボ240用社外品フロントコーナーレンズです。

こちらも先ほど紹介したインナーレンズと同様、裏側に土台(反射板)の無いレンズ単体の部品となりますが、比較的面積があって形が平らな為、裏側に反射フィルムを貼って色味が判るようにマスキングをしています。

スモーク塗装の場合にはこれを透明なシート(カッティングシートを貼る時に使うアプリケーションシート)にしたりもしますが、今回は透過性の橙=オレンジキャンディーカラーとなるので、色味の判り易い反射仕様としています。

 以前施工した時の画像を参考に、「イエロー+オレンジ」を塗り重ねていきます。

ちなみに赤味が強くなると元に戻せなく、黄色寄りになる分にはいつでもオレンジに出来るので、イエロー→オレンジといった調整の仕方になります。大体5~6コートの範囲で調整を終わらせます。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。透過性の塗装は通常の塗色に比べて褪色し易く、特に有彩色はその傾向にありますので、耐UV性の高いクリスタルクリアーの仕様が必須となります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!