PORSCHE Brembo calipers

 先日お預かりしておりましたポルシェ964ブレンボキャリパー一式です。

既に発送まで完了しておりますので、作業内容を纏めて施工例として紹介をさせて頂きます。

 元々はこのような状態だった物を、

いつものブレーキ屋さんにて洗浄~サンドブラスト~マスキングまでを行って貰いました。

正面の凸凹した部分は除去するよう承っておりますので、まずは電動グラインダーとアルミ用砥石で粗削りし、その後#80→#120のシングルアクションサンダーで研磨します。

一部凹んだ部分があるので、そこにはエポキシパテ(3Mパネルボンド)を充填し、この後60℃40分程の熱を掛けて硬化させます。

 パテを削り、さらにキャリパー全体を研磨します。

 その後表面以外を養生し、

 エポキシプライマーサーフェサーを塗布します。この後再び60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

エポキシプラサフを研磨します。最初は当て板を使って#320→#400でライン出しを行い、

その後布状研磨副資材の#500~#800相当(アシレックススカイ~レモン)を使ってペーパー目を均します。

 よく脱脂清掃し、いよいよ本塗り準備完了です。

 まずは全体にプライマーを塗布します。

その後ベースコートの黒を塗り、よく乾燥させたら、

 塗膜を厚くさせたくない箇所をマスキングします。

所定の位置にPORSCHEロゴのマスキングシートを貼り、ベースコートの白を塗布します。白はいつもの通りVW社のキャンディホワイトを使いました。

 ここまででベースコートが完了です。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

全体的に深い傷や打痕が多いキャリパーでしたが、正面部分はしっかり下地処理を行う事で綺麗に見れると思います。

キャリパー全体にサーフェサーを塗って研磨すればさらに仕上がりは良くなりますが、コストがこの倍くらいになってしまうので、そこまでの事をする事は殆どありません。

もしくは二度塗りという方法もありますが、ブレンボ純正のシャープさが損なわれてしまう恐れがあるので(ボテっとしたりデロデロした仕上がるになるので)、装着して見える所だけをビシっと仕上げ、その他は無用に膜厚を着けないようにしています。

その後しっかり熱を掛けて塗膜を硬化させ、正面部分に磨き処理を行って完成となります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

凸凹だった部分がフラットになっています。

正面を削る場合は別途そちらの費用が必要となります。ご希望の場合はお問合せくださいませ。

この度も当店をご利用頂き誠に有難うございました!

ポルシェ964ブレンボキャリパー塗装承ってます

先日到着しておりましたポルシェ964ブレンボキャリパー一式です。こちらは以前にも964用のブレンボキャリパーの塗装をご依頼頂いた方ですが、今回リヤを2ポッド→4ポッドのタイプに変更されるとの事で、改めて1セットのご依頼を頂きました。この度も当店をご利用頂き誠に有難うございます!

また今回はロゴがある面の凸凹を研磨して平滑にする作業も承りました。PORSCHEのロゴがある箇所の四角い部分とその上下のフィン、矢印のマークも全部削ってしまいます。

ただそうなると取り付けの方向(タイヤの回転方向)が判らなくなってしまうとの事で、

塗装しても消えないよう矢印をリューターで彫っておきました。

念の為裏側にも彫っておきました。

この後はいつも通りブレーキ専門の方に送って洗浄~サンドブラスト処理を行って頂きます。ブレーキ屋さんについてはこちらのページが判り易いかと思いますので宜しければご参照くださいませ。

以前ご依頼頂いたキャリパーの画像も紹介させて頂きます。

ポルシェブレンボキャリパー塗装色はこの時と同じでキャリパー本体を黒、ロゴは白、PORSCHERのロゴもこの時と同じく新しいタイプで承っています。現在も問題無く使えているとの事です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ランサーブレンボキャリパー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていた三菱ランサーエボリューションXの純正ブレンボキャリパー一式のオーバーホールと塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は色が褪せてトップコートのクリアーが層間剥離した状態で、

その後いつものブレーキ屋さんにてサンドブラストとオーバーホールを行って頂きました。

色はランエボブレンボ純正の赤の近似色で承りました。

ロゴのサイズは元の通りに、色は白(VWキャンディホワイト)で塗装しています。

いつも塗っているランエボのブレンボはリヤのロゴサイズは横幅54mmですが、今回のキャリパーは41mmと小さくなっていました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ランサーブレンボキャリパー 本塗り

先日お預かりしておりました三菱ランサーエボリューションXの純正ブレンボキャリパー一式です。いつものブレーキ屋さんにてオーバーホールと下地作業(サンドブラスト・洗浄・マスキング)を行って貰い、戻って来ました。

そのままの状態でも塗れるのですが、塗り終わった後に艶が出るようダブルアクションサンダー#120~#180で平らな面を研摩し、#180~#240で手研ぎを行います。

 その後シリコンオフで全体を洗い流すように脱脂清掃し、本塗り準備完了です。

 まずは全体にプライマーを塗布します。

その後膜厚を着けたくない箇所にベースコートの黒を塗布し、

よく乾燥させた後、黒く塗った部分をマスキングします。

まずは適当な色で下塗りを行います。具体的にはフェラーリのローズメタリック(カラーコード:311C)で、別件で使って余っていた物に同じく余っていた白などを混ぜています。頻繁に使う色は在庫するようにしていますが(例えばフェラーリロッソコルサなど)、今後使う予定の無い色でもそのまま捨てる事は無く、こうやって再利用するようにしています(これによる弊害は全くありませんのでご安心ください)。

そしてランサー純正の赤(近似色)を塗ります。先日紹介したランサーのブレンボに採用した赤に比べると比較的青黒い赤となります。

そしてマスキングシートを貼り、

 ロゴを白で塗ります。具体的にはVW社のキャンディホワイト(LB9A)となります。

ここまでがベースコートとなります。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

マスキングシートは二回目のクリアーが塗り終わった直後に剥がしています(そのまま固まると汚くなりますしエッジがケガするくらい尖ります)。

ブレーキ屋さんが言っていましたが、ピストンはチタン製だろうとの事です(ランサーXは標準なのでしょうか)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

Lancer Brembo caliper

先日業者様からご依頼を頂いていたランサーエボリューション純正のブレンボキャリパー一式です。

ロゴのサイズは元の通りに戻すので、剥離する前に測っておきます。

いちいちメモを書くよりも「メジャー付きのマスキングテープを貼って撮影する」と言う方が後で発見し易く便利です。尚サイズはフロント80mm、リヤは54mmとなります。

  色に関しては一緒に見本をお預かりしたので、それに近い色の色を選びます。赤はいつものようにブレンボの赤に近い物を、ロゴのシルバーは高輝度タイプのJLAM-906を採用します。

サンドブラストはいつものブレーキ屋さんにお願いし、その後深い傷と打痕が目立つ前面のみエポキシプライマーサーフェサーを塗っておきます。この後熱を入れて硬化後に研ぎ作業を行い、今度は全面にプライマーを塗布します。

 そして完成です。

 いつものように画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

車体との固定部は膜厚を付けないよう薄膜のプライマーとベースコートの黒のみの仕上げとしています。

こちらの業者様からご依頼頂いたキャリパーはサーキットでタイムアタックをするような使われ方をするようで、以前「当店で塗装した物で何か問題が出た事とかありましたか?」と伺ったところ、全く無いとご回答を頂いております。