ポルシェブレンボキャリパー 本塗り

先日お預りしておりました、ポルシェボクスター(986)のブレンボ製純正キャリパ ーです。その後いつものブレーキ屋さんにてサンドブラスト処理&オーバーホールを経て先日戻って来ておりました。

尚、ピストンについては問題無かったのでそのまま再利用とし、交換して元々着いていたシール・ダストブーツも比較的綺麗でキャリパ―の状態は良好だったとの事です。どうぞご安心下さいませ。

 ブレーキ屋さんではマスキングまでを行って貰っていて、以前は(下請けとして塗装する場合は)このまま本塗りとしますが、当店にご依頼頂いた場合にはここからもう少し手を掛けています。

 ダストブーツ以外のマスキングは一旦剥がし、全体を#120~#180のダブルアクションサンダーで研磨します。脱脂清掃も再び行います。

また今回は旧bremboロゴで承っていましたので、以前作っておいたデータを何種類かのサイズしてプリントアウトし、キャリパ―に当てて丁度良さそうなサイズを選びます。旧ロゴは文字が太っているのでサイズが大きいと野暮ったく見えてしまう為、今回は65mmを採用する事にしました。

サイズが決まったらマスキングシートを作製します。

当店で使っているカッティングプロッターはかなりの年代物ですが(ドライバはXPまでの対応なので、PCはこれ専用にしてオフラインで使っています)、先日刃とピンチローラーを交換して復活し、まだ十分働いてくれています。

 下準備が整ったらブースにセットし、

 まずはプライマーを塗布します。

その後膜厚を着けたくない個所(トルクが掛かる・固着してしまう個所)にベースコートの黒を塗り、

 よく乾燥させたらマスキングを行います。黒く塗った個所にはクリアーを塗らず、最後までこのままとなります。

 ベースカラーのシルバーを塗り、所定の位置にマスキングシートを貼り付けます。

色はいつものVW社の「リフレックスシルバー」(カラーコード:LA7W)で、これは先日本塗りを行ったSTIのブレーキキャリパーと同じ色なので一緒に塗れれば効率が良かったのですが、こちらはOHの作業もあって少し遅れてからの作業となっていました。

ロゴに赤を塗り、マスキングを剥がしたらベースコートが完了です。

尚、bremboのロゴの赤はフェラーリのロッソコルサ(カラーコード:300)で、こちらも以前施工したシビックのブレンボキャリパーと同じ仕様となっております。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 黒く塗った個所は際の仕上りが悪くならないよう、出来る限りクリアー塗装後に剥がしておきます。

この後は一日(一晩)自然乾燥させ、その後60℃40分程の熱を掛けて強制乾燥硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

レヴォーグブレンボキャリパー 本塗り

 先日お預りしておりましたスバルレヴォーグ用のブレンボキャリパーです。

その後いつものブレーキ屋さんにてサンドブラスト処理・洗浄・マスキングまでを行って頂き戻って来ました。

 そのままでも塗れるのですが、多少なり艶が出るよう表面を#180で研磨します。

 良く脱脂清掃し、ブース内にセットしたら本塗り開始です。

 当初こちらのブラケットは塗装しない予定でしたが、一部ブレーキフルードで塗膜が侵されていた個所があった為、一緒に塗る事にしました。尚サンドブラストは掛けておらず、#800相当での足付け処理のみとなります。

 ブラケットに固定するキャリパー側のネジも同色(シルバー)で塗られていた為、サンドブラストを掛けて塗膜を剥がして貰っています。

 まずは全体にプライマーを塗布します。

 塗膜が侵されていた方のブラケットにもプライマーも塗装しておきます。

 膜厚を着けたくない個所には(クリアーを塗らない個所には)ベースコートの黒を塗り、よく乾燥させます。

 その後黒く塗った個所をマスキングします。パッドを固定する為のシャフト穴とボディに固定する個所、またパッド側面が当たる部分も元々塗られていなかったので、同じようにそこも艶消し黒のみの仕上げとしておきます。

 その後ベースカラーとなるシルバー(VWリフレックスシルバー)を塗布し、予め作成しておいたSTIロゴのマスキングシートを所定の位置に貼り付けます。

 元々のロゴあった位置は、キャリパ―の中心(シャフト部)よりも少し右にズレた位置になっていたので、今回も同じようにしてあります。尚、左右どちらもキャリパーも同じようになっています(画像はサンドブラスト前に撮影した純正のロゴです)。

 ロゴを黒で塗装し、マスキングを剥がしたらベースコート作業の完了です。

良くエアーブローし、埃を飛ばします。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーを塗っていない個所(黒くぬった個所)は本塗り後直ぐに剥がしておきます。

 この後は一日以上自然乾燥させ、その後60℃40分程の熱を掛けて強制乾燥硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

スバルブレンボキャリパー塗装承ってます

 先ほど紹介しましたレガシィテールランプ類と同じオーナー様で、こちらのブレンボキャリパーの塗装もご依頼を頂きました。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 状態としては新品塗装済み品で、今回のご依頼ではキャリパー本体をBMW純正色「SAKHIR ORANGE」(カラーコード:WB50)に、ロゴは「brembo」への変更で、こちらの色はMINI純正色の「WHITE SILVER」(カラーコード:WA62)で承っております。ロゴのサイズは検証して、丁度良さそうなサイズを採用しようと思います。

製品は新品ですが、アルミ素地と塗装どちらもザラザラなので余り艶が無いような状態です。下地処理はいつものブレーキ屋さんにお願いしてサンドブラスト処理を行って頂きますので、ロゴが見える面はサンダーで削ってもう少し艶が出るようにしようと思います。

ブレーキ屋さんによる下地処理については以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照下さいませ。現在もポルシェキャリパ―のOHと下地処理と、同じくスバル系のブレンボキャリパーの下地処理をお願いしています。

ブレーキキャリパーの下地処理

ブレーキキャリパー塗装のあるあるなのですが、一般の方はブレンボなどよりもメーカー純正(トヨタなど)のキャリパーの方が安く済むと思われているようですが、全くの逆です。レーシングキャリパーなどは別の話ですが、ブレンボのような形状が単純で、且やり慣れているキャリパーの方が塗装費用は安く済みます。

特に先日施工したRX-7 FD3Sのリヤキャリパーのように、素材が鉄(鋳鉄)で塗装する部品点数も多く、また付属品やら可動部分など塗装時に気を遣わないといけない個所があり、とても気を遣います。

「でも以前塗って貰った時は安く塗って貰った」と言うのは、恐らくサンドブラスト処理はせず、またボディに着いたまま塗っているなどだと思います(それが悪いと言う訳では無く要はコストの問題で、私もそうやって塗った事はあります)。

¥100で買った物に数万円の費用を掛けて塗装するのは確かに考え難い事ですが、塗装費は元の製品の金額によって決まる訳では無く、作業をする時間によって決まる事(工数)をどうか御理解頂ければと思います。

実際にそう言った事例もあって、以下の記事で紹介している雑貨は¥100ショップで売っている物ですが、素材がPP(ポリプロピレン)で軟化仕様にし、裏まで艶々に塗っていますのでそれなりの費用が掛かっています。

象印魔法瓶&ティッシュケース塗装 完成

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

マツダRX-7 FD3Sリヤキャリパー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたマツダRX-7 FD3Sの純正リヤブレーキキャリパー一式の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 元々青に塗られてはいたのですが、ペリペリと剥がれて来ていました。

下地はいつものブレーキ屋さんにてサンドブラス処理を行って貰い、プライマーを塗って上塗りを行っています。

 色はフロントに装着したENDLESSのキャリパーの近似色として、色見本帳からマツダの「スターリーブルーマイカ」(カラーコード:24A)を選んで頂きました。

素材が鋳鉄なので素地が凸凹していますが、いつものように艶々に塗装してあります。

 また目立つ正面部分のみ梨地を削ってある程度平滑にし、ENDLESSのロゴ入れ(塗装)も行いました。

ひっくり返した反対側となります。

こちらも最初の画像がありますので紹介しますね。

サイドブレーキのワイヤーが装着される部分のバネやプレートは外してから塗装しています。

 ボルトで固定する部位は塗装の厚みが付くのを避ける為、そこはプライマーとベースコートの黒のみとしています。

 バネとプレートも錆が出ていたので軽く黒を塗っておきました。

 ブーツはそのままですが、状態は悪くないように見受けられます。

 車体に装着されるとこのような感じになります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご利用頂きまして誠に有難う御座いました!

RX-7 FD3Sリヤブレーキキャリパー 本塗り

 先日素地調整を行っていたMAZDA RX-7 FD3Sの純正リヤブレーキキャリパー一式です。いつものブレーキ屋さんにてサンドブラストによる下地処理を行って頂きました。

 事前にある程度削っておいた正面部分は#80シングルサンダー仕上げで、そのままだと傷が深いので#120のシングルサンダー→#120ダブルアクションサンダーでペーパー目を均します。アルミだと#120仕上げでは傷が深すぎますが、鉄なら大丈夫です。

 シリコンオフで洗い流すようにして脱脂清掃し、必要に応じてマスキングをし直し、ブースにセットしたら本塗り開始です。

 まずは全体にプライマーを塗布し、

 塗膜を厚くしたく無い個所にベースコートの黒を塗布します。

乾燥後、マスキングをします。

  フライスで切削された個所のマスキングは、少し大きめのサイズのマスキングシートを若干食み出るように貼り、ただそれだけだと塗装中に縮んで(もしくは伸びて)皺が寄ってフチの仕上りが悪くなる為、コシのある紙タイプのシールを重ねて貼って補強するようにしています。この方法に気付くのに20年掛かってしまいました・・・。

 そしてベースコートを塗布します。色はフロントに装着したENDLESSのキャリパーの近似色として、色見本帳からマツダの「スターリーブルーマイカ」(カラーコード:24A)を選んで頂きました。細目で赤味のある干渉ブルーパール(MIX839)が多く使われた色となります。

 また今回はパッドを固定する部品の一部にENDLESSのロゴ入れも承りました。

サイズが小さいのでデカールを予定していましたが、先日カッティングロッターの刃とピンチローラーを新しくしたら非常に調子が良くなり、細かいカットもやり遂げてくれるようになりました。

 ロゴは白で、いつものVWキャンディーホワイトを使用しました。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 ブレンボなどのアルミ製と違って鋳鉄製の為、全体的に凸凹とした仕上りなのは仕方ないのですが、

 装着時に目立つ正面部分のみサンダーで削って平滑にしている為、何もしないよりかは艶々に仕上がっているかと思います。

 パッドを固定するパーツも同様に、

 装着して見える正面部分は比較的平滑な仕上りとなっています(ただし削っただけなので巣穴や歪は残ります)。

ENDLESSのロゴも丁度良い具合で配置出来たと思います。

それでは完成次第改めて紹介をさせていただきますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!