TOYOTA86ブレンボキャリパー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えておりましたヨタ86純正のブレンボキャリパー一式の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は赤いキャリパーで、新車から取り外した物を直接送って頂き、

いつものブレーキ屋さんにてサンドブラストを行って貰い、

オレンジパールメタリックに塗装しました。

透かしで赤味が強くなり、正面はゴールドパールで黄色味が出るオレンジとなります。

bremboのロゴは丸文字で、色は黒メタリック(VW LC9Z) となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります

塗膜の厚みを着けたくない箇所(車体固定部&ガスケット取り付け部)はプライマー&ベースコートの黒で薄膜にしています。

今回はタッチアップ塗料と、

こちらの色見本キーホルダー(イモリVer.)の制作も承りました。

色は今回のキャリパーと同色で、背板には結晶塗装の黒を施してあります。裏側はマットブラックに、当ウェブサイトURLのQRコードが入っています。

さらにはこちらの色相環色見本キーホルダーもご購入頂きました。

こちらも裏側はマットブラックで、色相環とそのRGB値をレーザー彫刻&白で入れてあります。

今回は(今回も)タッチアップ用の塗料もご購入頂きまして、そちらも同梱しておきます。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠に有難うございました!

TOYOTA86ブレンボキャリパー本塗り

先日お預かりしておりましたトヨタ86純正のブレンボキャリパー一式です。いつものブレーキ屋さんにて洗浄~サンドブラスト~マスキングまでを行って頂き戻って来ました。

鋳造製品の為、素地はザラザラとした梨地になっていますから、出来るだけ艶が出るよう目立つ正面はダブルアクションサンダー#80→#120で研摩し、その後全体も#180で手研ぎします。

シリコンオフを洗い流すようにして脱脂清掃し、本塗り準備完了です。

今回はイモリ型キーホルダーの制作も承っていますのでそちらも一緒に塗装します。こちらはアクリル樹脂なのでプラスチックプライマーを塗布しておきます。

こちらは金属用のプライマーを塗布します。

続けて膜厚を付けたく無い箇所(クリアーを塗りたくない部位)にベースコートの黒を塗ります。最初からマスキングをしておけば時間も掛からず楽なのですが、時々深く浸食されたキャリパーを見る事があり、出来るだけアルミ素地が露出した箇所は無くすようにしています。

よく乾燥させたら黒く塗った部分をマスキングします。

今回ご指定頂いているオレンジパールメタリックは隠ぺい力が弱いので、まずは似たような色で無機顔料(鉱物系)を多く含んだ下色を塗装します。

続けて前回と同じオレンジパールメタリックを塗布します。

ロゴは元々フロント105mm、リヤ52mmでしたが、

バランスを良くする為、105mm→95mmまで小さくしました。

リヤは少し大きくしたい(見せたい)くらいだったので52mmそのままとしています。

ロゴの色も前回と同様黒メタリック(VW:LC9Z)を採用しています。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

タイミング的には少し早いのですが、サンドブラストが終わった状態だと腐食してしまうので先に塗らせて頂きました。

黒く塗った部分のマスキングは、二度目のクリアーが塗り終わったら直ぐに剥がしています。

イモリはこのような感じで土台を取り付けてキーホルダー化します。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

TOYOTA86ブレンボキャリパー塗装承ってます

  先日到着しておりましたトヨタ86用ブレンボキャリパー一式です。

こちらのオーナー様は以前も同じく86のブレンボキャリパーの塗装をご依頼頂いた方で、今回新たな車両に乗り替える事となり、キャリパーに関しても前回と同じくオレンジパールの塗装でご依頼頂きました。この度もご贔屓頂き誠に有難うございます!

  新車からの取り外しなので状態はとても良いですが、塗装は純正らしくザラザラしています。

下地処理はいつものようにブレーキ屋さんにてサンドブラストを行って頂き、既存の塗膜は全て剥がしてからの塗り直しとなります。

ブレーキ屋さんについては以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照くださいませ。

ブレーキキャリパーの下地処理

ロゴのサイズはフロントが105ミリ、リヤが52ミリとなります。フロントが少し大き過ぎる気がするので少し小さくするかも知れません。また今回はbremboのロゴを「丸文字」への変更で承っております。

色に関しては以前ご依頼を頂いたオレンジパールで、その時の画像を紹介させて頂きます。

ロゴの色はこの時と同じくVW社の「ブラックマジックパールエフェクト(カラーコード:LC9Z)で承っております。

ただしロゴのデザインは丸文字タイプでご指定頂いておりますので、

その後別のオーナー様からご依頼を頂いたこの時と同じ内容となります。

また前回ご依頼頂いた時にはこちらのミニカー型色見本キーホルダーをご依頼頂きましたが、

今回はさらにこちらのイモリ型キーホルダーと、

こちらの色相環キーホルダーもお買い上げ頂きました。

  色相環キーホルダーは趣味で作成した物を当ウェブショップで販売している物で、調色して作成した12色のピースと、背板には黒の結晶塗装、裏面にはRGB値の色相環をレーザー彫刻&白に塗装しています。オールハンドメイドなので全く採算が合っていませんが、Twitterでの評判が良かったので夜な夜な制作しています。まだ少しだけ在庫がありますので宜しければご検討くださいませ。

色見本キーホルダー 色相環【艶あり】+結晶塗装黒

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難うございます!

PORSCHE Brembo calipers

 先日お預かりしておりましたポルシェ964ブレンボキャリパー一式です。

既に発送まで完了しておりますので、作業内容を纏めて施工例として紹介をさせて頂きます。

 元々はこのような状態だった物を、

いつものブレーキ屋さんにて洗浄~サンドブラスト~マスキングまでを行って貰いました。

正面の凸凹した部分は除去するよう承っておりますので、まずは電動グラインダーとアルミ用砥石で粗削りし、その後#80→#120のシングルアクションサンダーで研磨します。

一部凹んだ部分があるので、そこにはエポキシパテ(3Mパネルボンド)を充填し、この後60℃40分程の熱を掛けて硬化させます。

 パテを削り、さらにキャリパー全体を研磨します。

 その後表面以外を養生し、

 エポキシプライマーサーフェサーを塗布します。この後再び60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

エポキシプラサフを研磨します。最初は当て板を使って#320→#400でライン出しを行い、

その後布状研磨副資材の#500~#800相当(アシレックススカイ~レモン)を使ってペーパー目を均します。

 よく脱脂清掃し、いよいよ本塗り準備完了です。

 まずは全体にプライマーを塗布します。

その後ベースコートの黒を塗り、よく乾燥させたら、

 塗膜を厚くさせたくない箇所をマスキングします。

所定の位置にPORSCHEロゴのマスキングシートを貼り、ベースコートの白を塗布します。白はいつもの通りVW社のキャンディホワイトを使いました。

 ここまででベースコートが完了です。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

全体的に深い傷や打痕が多いキャリパーでしたが、正面部分はしっかり下地処理を行う事で綺麗に見れると思います。

キャリパー全体にサーフェサーを塗って研磨すればさらに仕上がりは良くなりますが、コストがこの倍くらいになってしまうので、そこまでの事をする事は殆どありません。

もしくは二度塗りという方法もありますが、ブレンボ純正のシャープさが損なわれてしまう恐れがあるので(ボテっとしたりデロデロした仕上がるになるので)、装着して見える所だけをビシっと仕上げ、その他は無用に膜厚を着けないようにしています。

その後しっかり熱を掛けて塗膜を硬化させ、正面部分に磨き処理を行って完成となります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

凸凹だった部分がフラットになっています。

正面を削る場合は別途そちらの費用が必要となります。ご希望の場合はお問合せくださいませ。

この度も当店をご利用頂き誠に有難うございました!

ポルシェ964ブレンボキャリパー塗装承ってます

先日到着しておりましたポルシェ964ブレンボキャリパー一式です。こちらは以前にも964用のブレンボキャリパーの塗装をご依頼頂いた方ですが、今回リヤを2ポッド→4ポッドのタイプに変更されるとの事で、改めて1セットのご依頼を頂きました。この度も当店をご利用頂き誠に有難うございます!

また今回はロゴがある面の凸凹を研磨して平滑にする作業も承りました。PORSCHEのロゴがある箇所の四角い部分とその上下のフィン、矢印のマークも全部削ってしまいます。

ただそうなると取り付けの方向(タイヤの回転方向)が判らなくなってしまうとの事で、

塗装しても消えないよう矢印をリューターで彫っておきました。

念の為裏側にも彫っておきました。

この後はいつも通りブレーキ専門の方に送って洗浄~サンドブラスト処理を行って頂きます。ブレーキ屋さんについてはこちらのページが判り易いかと思いますので宜しければご参照くださいませ。

以前ご依頼頂いたキャリパーの画像も紹介させて頂きます。

ポルシェブレンボキャリパー塗装色はこの時と同じでキャリパー本体を黒、ロゴは白、PORSCHERのロゴもこの時と同じく新しいタイプで承っています。現在も問題無く使えているとの事です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!