F50ブレンボキャリパー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたF50ブレンボキャリパーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は黒に塗られた新品の状態だった物を、

いつものブレーキ屋さんにてサンドブラストを行って頂き、

以前調色したBNR34ブレンボキャリパーのゴールド色の配合データで色を作成し、

bremboロゴのサイズはそのままに、赤に変更して塗装を施しました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

元々ロゴのある部分は、鋳造時の梨地で凸凹が激しく、なのでエポキシサーフェサーでそれを均してから上塗りを行っています。

車体との取り付け部は膜厚をつけないよう、プライマーとベースコートの黒を薄膜にして塗装しています。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

F50ブレンボキャリパー 本塗り

先日お預かりしておりましたF50ブレンボキャリパーです。いつものブレーキ屋さんにてサンドブラスト等の下準備を行って頂き、戻って来ていました。

脱脂清掃&マスキングもして貰っているので、この状態のまま本塗りも出来るのですが、

本塗り後に出来るだけ艶が出るよう、#180~#240で表面を研磨しています。

尚、画像の奥に映っている物は別のキャリパーで、今回は業者様からのご依頼品も並行して作業を行っています。

尚、この型のキャリパーは梨地が強いので(アルミ素地が凸凹しているので)、

装着して目立つロゴの部分はもう少し綺麗になるよう研磨し、さらにエポキシプライマーサーフェーサーを塗布します。

60℃40分程熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきます。

その後#320→#400→#500→#800と研いで均し、全体を脱脂清掃しました。

そして全体にプライマーを塗布します。先ほど塗ったエポキシプライマーサーフェサーと違い、ここで使うプライマーは厚塗りを出来ないタイプなので(と言うより通常「プライマー」と呼ばれる物は厚塗りは厳禁です)、これで梨地を均すという事はできない訳です。

続けて、膜厚を着けたく無い箇所(クリアーを塗らない箇所)にベースコートの黒を塗ります。

その後よく乾燥させ、その部分をマスキングします。

再びセットし、よくエアーブローして埃を飛ばしたら、

まずは下色を塗布します。隠ぺい力の良い色として無機顔料(オーカーやオキサイドレッド、白や黒)と、不要になって在庫していたゴールドを混ぜて作っています。塗料を捨てるという事は殆どしなく、こうやって再利用しています。

そしてゴールドを塗布します。

色はこの時と同じBNR34キャリパーの近似色を使用しています。

ここで一旦ブースから出して、業者様からご依頼頂いているブレンボの赤を塗ります。

そしてロゴ入れを行います。元と同じく横幅80mmでマスキングシートを作成しました。

ロゴの赤を塗布します。色はフェラーリのロッソコルサ(カラーコード:300)を採用しています。

マスキングを剥がし、

再び吊るしてエアーブローを行ったら、

最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーはいつもと同じく2コート行い、二回目のクリアーが塗り終わったら直ぐにマスキングを剥がしておきます。

今回一緒に塗っている奥に見える赤いキャリパーは、いつもご贔屓頂いている業者様からのご依頼品で、以前「当店で塗った物で今まで何か問題があった事はありますか?」と伺ったところ、全く無し、サーキットでタイムアタックをしても変色や剥がれ等も無く全然大丈夫とお墨付きを頂きました。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

F50ブレンボ塗装承ってます

先日到着しておりましたF50ブレンボキャリパーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

状態としては新品で、ただこのまま上から塗装を重ねても既存の塗膜と一緒に剥がれてしまう為、いつものようにブレーキ屋さんにてサンドブラストを行って旧塗膜を剥がして貰います。

ブレーキ屋さんについてはこちらの記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照くださいませ。

ご依頼内容はこちらのキャリパーをBNR34ブレンボキャリパーのゴールド色に、bremboのロゴはサイズをそのままに色を赤に変更で承っています。

以前の施工例を紹介させて頂きます。

色はこの時と同じ仕様となります。

配合データはその時残してあったので、今回もそちらを採用します。

新品時の状態はボディ取り付け部に塗装は施されていなく、今回もこちらと同じような感じにする予定です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

TOYOTA86ブレンボキャリパー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えておりましたヨタ86純正のブレンボキャリパー一式の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は赤いキャリパーで、新車から取り外した物を直接送って頂き、

いつものブレーキ屋さんにてサンドブラストを行って貰い、

オレンジパールメタリックに塗装しました。

透かしで赤味が強くなり、正面はゴールドパールで黄色味が出るオレンジとなります。

bremboのロゴは丸文字で、色は黒メタリック(VW LC9Z) となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります

塗膜の厚みを着けたくない箇所(車体固定部&ガスケット取り付け部)はプライマー&ベースコートの黒で薄膜にしています。

今回はタッチアップ塗料と、

こちらの色見本キーホルダー(イモリVer.)の制作も承りました。

色は今回のキャリパーと同色で、背板には結晶塗装の黒を施してあります。裏側はマットブラックに、当ウェブサイトURLのQRコードが入っています。

さらにはこちらの色相環色見本キーホルダーもご購入頂きました。

こちらも裏側はマットブラックで、色相環とそのRGB値をレーザー彫刻&白で入れてあります。

今回は(今回も)タッチアップ用の塗料もご購入頂きまして、そちらも同梱しておきます。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠に有難うございました!

TOYOTA86ブレンボキャリパー本塗り

先日お預かりしておりましたトヨタ86純正のブレンボキャリパー一式です。いつものブレーキ屋さんにて洗浄~サンドブラスト~マスキングまでを行って頂き戻って来ました。

鋳造製品の為、素地はザラザラとした梨地になっていますから、出来るだけ艶が出るよう目立つ正面はダブルアクションサンダー#80→#120で研摩し、その後全体も#180で手研ぎします。

シリコンオフを洗い流すようにして脱脂清掃し、本塗り準備完了です。

今回はイモリ型キーホルダーの制作も承っていますのでそちらも一緒に塗装します。こちらはアクリル樹脂なのでプラスチックプライマーを塗布しておきます。

こちらは金属用のプライマーを塗布します。

続けて膜厚を付けたく無い箇所(クリアーを塗りたくない部位)にベースコートの黒を塗ります。最初からマスキングをしておけば時間も掛からず楽なのですが、時々深く浸食されたキャリパーを見る事があり、出来るだけアルミ素地が露出した箇所は無くすようにしています。

よく乾燥させたら黒く塗った部分をマスキングします。

今回ご指定頂いているオレンジパールメタリックは隠ぺい力が弱いので、まずは似たような色で無機顔料(鉱物系)を多く含んだ下色を塗装します。

続けて前回と同じオレンジパールメタリックを塗布します。

ロゴは元々フロント105mm、リヤ52mmでしたが、

バランスを良くする為、105mm→95mmまで小さくしました。

リヤは少し大きくしたい(見せたい)くらいだったので52mmそのままとしています。

ロゴの色も前回と同様黒メタリック(VW:LC9Z)を採用しています。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

タイミング的には少し早いのですが、サンドブラストが終わった状態だと腐食してしまうので先に塗らせて頂きました。

黒く塗った部分のマスキングは、二度目のクリアーが塗り終わったら直ぐに剥がしています。

イモリはこのような感じで土台を取り付けてキーホルダー化します。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!