スバルブレンボキャリパー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスバルブレンボキャリパーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は新品未使用の状態で、

 既存の塗膜はサンドブラストで剥がし、下地処理を行った上で新たに塗り直しました。

キャリパー本体の色はBMW純正色「SAKHIR ORANGE」(カラーコード:WB50)で、

 ロゴはBMW MINI純正色の「WHITE SILVER」(カラーコード:WA62)となります。

元々は素地のザラザラが残った状態でしたが、

 平面部分はサンドブラスト処理後にサンダーで研磨しているので、最初の状態に比べると艶のある仕上りとなっています(撮影の仕方が上手いと言う訳ではありません)。

尚、こちらのオーナー様からはテールランプ等レンズ系パーツの塗装も承っておりまして、そちらも先日本塗りを終えておりますので、どちらも完成しましたらご案内をさせて頂きたく存じます。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

スバルブレンボキャリパー 本塗り

 先日お預りしておりましたスバル純正ブレンボキャリパー一式です。いつものブレーキ屋さんにてサンドブラスト処理を行って頂きました。

こちらのオーナー様からはテールランプ関係の塗装もご依頼頂いているのですが(現在作業中です)、キャリパーをこの状態で保管しておくと腐食(錆)が発生する為、先にこちらを進行させる事にしました。

最初の状態を見ると判るように、このキャリパーは素地のザラザラが強いので、

 目立つ部分は研磨してある程度平滑にしておきます。

 キャリパ―のような形状をした物は脱脂作業がやり難いので、シリコンオフをタップリスプレーして拭き上げ、細かい部分はエアーブローをして洗い流し拭き上げます。

 脱脂清掃が終わったらブース内にセットし、

 よくエアーブローを行います。

 まずは全体にプライマーを塗布し、

 膜厚を着けたくない個所にベースコートの黒を塗ります。

 ベースコートの黒が乾いたらマスキングを行い、

 ロゴのサイズを検証します。

 今回は元々あったSTiでは無くbremboへの変更で承っていますので、現物にロゴを合わせながらサイズを確認します。フロントは横幅95ミリにしました。

 リヤは54ミリです。

 色はキャリパー本体をBMW純正色「SAKHIR ORANGE」(カラーコード:WB50)に、ロゴはMINI純正色の「WHITE SILVER」(カラーコード:WA62)で承っています。

 まずは隠蔽力の高い色で下塗りを行い、

 続けて「SAKHIR ORANGE」を塗布します。着色オレンジメタリックのMIX895が多く使われた色となります。

 ロゴの位置を確認してマスキングを行い、

 ロゴを「WHITE SILVER」で塗ります。その名の通り白いシルバーメタリックですが、黄や黒など原色8色で構成されていて結構複雑な色のようです。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 画像だとちょっと地味に見えますが、光が当たると着色オレンジメタリックが渋く輝きます。

 クリアーが流動している内にマスキングを剥がしておきます。

この後一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて完全硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

ポルシェブレンボキャリパー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたポルシェブレンボキャリパー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はガンメタっぽい塗装が施されていたキャリパーですが、

いつものようにブレーキ専門の方にブラスト作業と、今回はオイルシールとブーツの交換も行って頂きました。

 色はいつものVW社の「リフレックスシルバー」(カラーコード:LA7W)で、

 bremboのロゴは丸文字タイプに赤はフェラーリのロッソコルサ(カラーコード:300)を採用しています。

 ロゴのサイズは65ミリとなっています。

 ボディ取り付け部とパッドの当たり面は膜厚を着けないようプライマーと黒を薄膜にしてクリアーは塗らないようにしています。

 ピストンは外した時点で問題があればこちらも交換と言う事でしたが、ブレーキ屋さんにチェックして頂いてOKを頂きました。元々着いていたブーツとオイルシールの状態も良かったとの事です(同梱しておきました)。

 艶具合が判り難かったので室内でも撮影してみました。

 その他元々着いていた部品も別に梱包して同梱してあります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

レヴォーグブレンボキャリパー 塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスバルレヴォーグ用のブレンボキャリパ―、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々も同じような状態だったのですが、一部ブレーキフルードで塗膜が侵されて剥がれてしまっている個所があったので、

いつもの様にブレーキ屋さんにてサンドブラスト処理を行って貰い、

元の色とロゴをそのまま戻すような内容で塗装を行いました(画像は塗装前の状態です)。

 色は元の近似色と言う事で、こちらもいつものVWのリフレックスシルバー(カラーコード:LA7W)を採用しています。

 ブラケットも一部塗膜が侵されていたので今回一緒に塗りました。ボルトはキャリパ―と同様にサンドブラストをして旧塗膜を剥がした上で再塗装を行っていて、穴の内側は膜厚が付かないようにしておきました(以前ご依頼頂いた方は組み付け時にボルトを締めても塗装は剥がれなかったとの事なので恐らく今回も問題は無いかと思います)。

 シルバーなので光が反射して撮り難いのですが、艶のある仕上りになっていますのでご安心下さいませ。

 ボルト固定部は膜厚が付かないようプライマーと黒を薄膜に塗装しています。

 パッド当たり面も最初と同じように色(シルバー&クリアー)は塗らないようにしておきました。

 艶具合が判り難かったので室内の蛍光灯下でも撮影してみました。

 こちらの方がまだ判り易いですね。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ポルシェブレンボキャリパー 本塗り

先日お預りしておりました、ポルシェボクスター(986)のブレンボ製純正キャリパ ーです。その後いつものブレーキ屋さんにてサンドブラスト処理&オーバーホールを経て先日戻って来ておりました。

尚、ピストンについては問題無かったのでそのまま再利用とし、交換して元々着いていたシール・ダストブーツも比較的綺麗でキャリパ―の状態は良好だったとの事です。どうぞご安心下さいませ。

 ブレーキ屋さんではマスキングまでを行って貰っていて、以前は(下請けとして塗装する場合は)このまま本塗りとしますが、当店にご依頼頂いた場合にはここからもう少し手を掛けています。

 ダストブーツ以外のマスキングは一旦剥がし、全体を#120~#180のダブルアクションサンダーで研磨します。脱脂清掃も再び行います。

また今回は旧bremboロゴで承っていましたので、以前作っておいたデータを何種類かのサイズしてプリントアウトし、キャリパ―に当てて丁度良さそうなサイズを選びます。旧ロゴは文字が太っているのでサイズが大きいと野暮ったく見えてしまう為、今回は65mmを採用する事にしました。

サイズが決まったらマスキングシートを作製します。

当店で使っているカッティングプロッターはかなりの年代物ですが(ドライバはXPまでの対応なので、PCはこれ専用にしてオフラインで使っています)、先日刃とピンチローラーを交換して復活し、まだ十分働いてくれています。

 下準備が整ったらブースにセットし、

 まずはプライマーを塗布します。

その後膜厚を着けたくない個所(トルクが掛かる・固着してしまう個所)にベースコートの黒を塗り、

 よく乾燥させたらマスキングを行います。黒く塗った個所にはクリアーを塗らず、最後までこのままとなります。

 ベースカラーのシルバーを塗り、所定の位置にマスキングシートを貼り付けます。

色はいつものVW社の「リフレックスシルバー」(カラーコード:LA7W)で、これは先日本塗りを行ったSTIのブレーキキャリパーと同じ色なので一緒に塗れれば効率が良かったのですが、こちらはOHの作業もあって少し遅れてからの作業となっていました。

ロゴに赤を塗り、マスキングを剥がしたらベースコートが完了です。

尚、bremboのロゴの赤はフェラーリのロッソコルサ(カラーコード:300)で、こちらも以前施工したシビックのブレンボキャリパーと同じ仕様となっております。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 黒く塗った個所は際の仕上りが悪くならないよう、出来る限りクリアー塗装後に剥がしておきます。

この後は一日(一晩)自然乾燥させ、その後60℃40分程の熱を掛けて強制乾燥硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!