RX-7 FD3Sリヤブレーキキャリパー 本塗り

 先日素地調整を行っていたMAZDA RX-7 FD3Sの純正リヤブレーキキャリパー一式です。いつものブレーキ屋さんにてサンドブラストによる下地処理を行って頂きました。

 事前にある程度削っておいた正面部分は#80シングルサンダー仕上げで、そのままだと傷が深いので#120のシングルサンダー→#120ダブルアクションサンダーでペーパー目を均します。アルミだと#120仕上げでは傷が深すぎますが、鉄なら大丈夫です。

 シリコンオフで洗い流すようにして脱脂清掃し、必要に応じてマスキングをし直し、ブースにセットしたら本塗り開始です。

 まずは全体にプライマーを塗布し、

 塗膜を厚くしたく無い個所にベースコートの黒を塗布します。

乾燥後、マスキングをします。

  フライスで切削された個所のマスキングは、少し大きめのサイズのマスキングシートを若干食み出るように貼り、ただそれだけだと塗装中に縮んで(もしくは伸びて)皺が寄ってフチの仕上りが悪くなる為、コシのある紙タイプのシールを重ねて貼って補強するようにしています。この方法に気付くのに20年掛かってしまいました・・・。

 そしてベースコートを塗布します。色はフロントに装着したENDLESSのキャリパーの近似色として、色見本帳からマツダの「スターリーブルーマイカ」(カラーコード:24A)を選んで頂きました。細目で赤味のある干渉ブルーパール(MIX839)が多く使われた色となります。

 また今回はパッドを固定する部品の一部にENDLESSのロゴ入れも承りました。

サイズが小さいのでデカールを予定していましたが、先日カッティングロッターの刃とピンチローラーを新しくしたら非常に調子が良くなり、細かいカットもやり遂げてくれるようになりました。

 ロゴは白で、いつものVWキャンディーホワイトを使用しました。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 ブレンボなどのアルミ製と違って鋳鉄製の為、全体的に凸凹とした仕上りなのは仕方ないのですが、

 装着時に目立つ正面部分のみサンダーで削って平滑にしている為、何もしないよりかは艶々に仕上がっているかと思います。

 パッドを固定するパーツも同様に、

 装着して見える正面部分は比較的平滑な仕上りとなっています(ただし削っただけなので巣穴や歪は残ります)。

ENDLESSのロゴも丁度良い具合で配置出来たと思います。

それでは完成次第改めて紹介をさせていただきますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

レヴォーグブレンボキャリパー塗装承ってます

 先日到着しておりましたスバルレヴォーグのブレンボキャリパー一式です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご依頼内容は、現状と同じような状態への再塗装で、全体的に見ても使用頻度は少なく綺麗に見えるのですが、

 小傷やブレーキフルードによって塗膜が侵された個所があり、タッチペンで修正されていたりしています。

下地処理はいつものようにブレーキ屋さんへの委託作業で、詳細については以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照下さいませ。

ブレーキキャリパーの下地処理

 と言う訳で、早速色の確認もしておきました。

 色に関しては一応今回色見本帳の中から近似色を選び探してみましたが、今まで採用していたVWのリフレックスシルバー(カラーコード:LA7W)で遜色ありませんでしたので、今回もこちらを使用する予定です。

ちなみに「SUBARUの色じゃ無いの?!」と思うかも知れませんが、色の作成は各原色を混ぜて作るのでそこは重要では無く、そもそもRMなるメーカーの塗料は色を作るのに「自動車メーカー」と言う概念すら無かったりします。私も最初は驚きましたが、今後は測色器を使っての調色作業がメインになるでしょうから、同じ色をメーカー毎に別ける方がナンセンスなのかも知れません。

RM社の色見本については以下の記事で紹介していますので宜しければご参照下さい。買ってはみたものの、タンスの肥やし状態です(笑)。

買ってしまいました・・・

 STIのロゴについても同じように再現を承っておりますので、ノギスでサイズを測り、以前作ったデータを使って新たに作成しておきます。

 今まで使ったSTIのロゴについては、以下の記事で紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

SUBARU WRX STi fender side molding

スバルブレンボキャリパー塗装 完成

結果としては、上記で紹介したブレーキキャリパーの塗装に使ったSTIのロゴを、縦横比と傾斜角度を変更し、既存のロゴに合わせました。左側に貼ってある方がそうです。右のサイドモールの塗装に使った方は角度は良かったのですが、線が細かったので使いませんでした。

尚、付属するブラケットについては塗装はせず、それを固定するボルトについてはキャリパーと同様にブラスト処理をした上で同色のシルバーで塗装をしておきます。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせていただきますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

RX-7 FD3Sリヤブレーキキャリパー 素地調整

 先日ロゴデータと色の確認を行っていたマツダRX-7 FD3Sの純正リヤブレーキキャリパーです。

今回は正面の目立つ部分のみ梨地を研磨して平滑にするよう作業を承っておりますので、いつものブレーキ屋さんにサンドブラスト作業をお願いする前にこちらを終わらせておきます。

 鉄はアルミと違って削るのが大変なので、最初はディスクグラインダー(砥石)で粗削りし、

 その後#80のシングルサンダーで目消しを行います。

 この後さらにダブルアクションサンダーで均しますが、先にサンドブラストを行ってからにしようと思います。

鋳物なので凸凹としたウネリは残りますが、素地のザラザラは取れたので、ロゴ入れも綺麗に出来ると思います。

既にブレーキ屋さんにはお願いしているので、後日戻って来たら作業を再開します。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ポルシェブレンボキャリパー塗装承ってます

 先日到着しておりましたポルシェボクスター(986)のブレンボ製純正キャリパ ーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 今回は塗装とは別にブーツとシールの交換も承っております。ピストンについては外した際に確認し、必要であれば交換といったオーバーホールの作業も承っております。

下地処理(サンドブラスト処理)とオーバーホール等に関しては、いつものブレーキ屋さんへの委託作業となりまして、詳細については以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照下さいませ。

ブレーキキャリパーの下地処理

今回のキャリパーは特にブレーキ屋さんが多く扱っていた物で、軽く100個以上は塗らされている塗らせて頂いていると思います。

尚、今回のキャリパーは別車種に流用予定との事で、ロゴはPORSCHEでは無くbremboの丸文字仕様で承っています。

以前施工例がありますのでそちらの画像も紹介させて頂きますね。

こちらは業者様からのご依頼で、マツダのソウルレッドメタリック風に塗装したキャリパーです。

他にはフライス加工で彫られたタイプなどもあります。画像は隼(バイク)用の物で、少し前には8ポッドのキャリパーでも塗装しました。

色に関しては以下の記事が判り易いかと思います。今回もこれと同じ配色を予定しております。

シビックブレンボキャリパー塗装 完成

 

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

RX-7 FD3Sリヤキャリパー 色&ロゴ確認

 先日お預りしておりました、マツダRX-7 FD3Sの純正リヤキャリパーです。

フロントにはENDLESSのブレーキキャリパーを入れられる(既に着いているのかも知れません)との事で、それの色に合わせてリヤキャリパーを塗装し、さらにロゴ入れも承っています。

 ロゴはこの位置を予定していて、サイズは高さが7ミリが丁度良さそうでした。尚、サイズが小さいのでデカールを予定していましたが、可能であればマスキングシートをカットして塗装で行うかも知れません。プロッターの刃を新しくしたらすこぶる調子が良いので、もしかしたらいけるかも知れないと思った次第です。

尚、ロゴの色は白で承っております。

 オーナー様は東京にお住まいなのですが、御車は実家の方にあるとの事で、そちらに色見本を送り、ご家族の方にENDLESSのキャリパーに近い色を選んで頂きました。凄い連携プレーですね(笑)。

一応第一~第三希望までを選んで頂き、配合データを確認出来ましたので、第一希望であるこちらのマツダ スターリーブルーマイカ(カラーコード:24A)を採用したいと思います。

この後はキャリパー正面の梨地を削ってある程度平滑にし、その後はいつものブレーキ屋さんにて洗浄とサンドブラスト処理をお願いする予定です。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!