インテグラ brembo&nissinブレ―キキャリパー 本塗り

先日お預かりしておりましたホンダインテグラ用のフロント=ブレンボキャリパーと、リヤ=NISSINのブレーキキャリパー一式です。いつものブレーキ屋さんにて下地処理を行って頂き戻って来ていました。

あのままでも塗れる状態でしたが(ブレーキ屋さんからの下請け的な仕事の場合はそのまま塗装をしています)、当店でお受付したご依頼品については出来るだけ仕上りを良くしたいので、ダブルアクションサンダーで全体を研いだりしています。

ちなみにシングルサンダーの方が光りますが、それだと密着しなくなるのでNGです(その後ダブルアクションサンダーかサンドブラスト処理をする必要があります)。

シリコンオフで洗い流すようにしてよく脱脂清掃し、いよいよ本塗り開始です。

まずはプライマーを塗布します。

続けて、塗膜の厚みを付けたくない(クリアーを塗りたくない)場所につや消しの黒(ベースコートの黒)を塗布します。別段同じ色(今回の場合はイエロー)でも良いのですが、この方が新品の黒アルマイトっぽくて格好良いかと思いまして・・・。

リヤキャリパーの方も同じように塗ります。

黒が乾いたらその部分のマスキングをします。同じブレンボでも型によって違うので、サイズの合ったマスキングシートを選んで貼っていきます。

マスキングシートは一枚だと塗っている時にフニャフニャになってしまうので二重にしています。

今回は隠ぺい力の低いイエローとなるので、まずは適当な下色を塗ります。具体的にはVW社のハーベストムーンベージュを使いました。

その後ベースカラーとなるイエローを塗り、用意したbremboのマスキングシートを貼ります。

サイズは元と同じく80mmで、色は黒となります。

ここまでがベースコートの塗装となります。イエローはポルシェ純正色の「スピードイエロー」(カラーコード:12G)となります。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

スピードイエローはオーカーも入っているので、例えばSUZUKIのチャンピオンイエローよりは隠ぺい力は高いです(あれは酷いです・・・)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

TOYOTA86 TRDブレンボキャリパー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたZN6/86の純正オプションブレンボキャリパーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はTRDのロゴに赤の塗装だった物を、

いつものブレーキ屋さんにてサンドブラスト処理を行って頂き、

当店規定のオレンジパールに塗装しました。

彩度の高い赤・イエロー・オレンジの原色と、粗目のイエローパールと着色オレンジパールを使用しています。

ロゴはbremboに変更し、色は黒で塗装しています。

 フロントは100mm幅としました。

 画像はどれもサイズの縮小以外は未加工です。

 リヤは80mm幅となっております。

元々着いていた付属品は洗浄し、同梱してあります(ブリーダーキャップのみ仮止めしておいています)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

TOYOTA86 TRDブレンボキャリパー 本塗り

先日お預りしておりました、ZN6/86の純正オプションに付いているブレンボキャリパーです。その後いつものブレーキ屋さんにてサンドブラスト等の下準備を行っていただき、戻って来ました。

そのままでも塗れる状態ですが、#120のダブルアクションサンダーと#180の手掛けで表面を研磨して均し、塗りあがった時に艶が出るようにしておきます。またその際は角を削らないように注意します。角が無くなって全体のシャープさが無くなると、偽物っぽく見えてしまう為です。

キャリパー全体をシリコンオフで洗い流すようにして脱脂清掃し、本塗り開始です。

まずはプライマーを塗布します。

膜厚をつけたく無い個所にはクリアーを塗らない為、艶消し黒のベースコートを塗っておきます。

ロゴは元々TRDでしたが、今回はbremboで承りました。

ブレーキ屋さんからのアドヴァイスを頂き、フロントは100mm、リヤは80mmとしました。「そのサイズなら110mmでも良いんだけど多分入らないでしょ。余りギリギリだと格好悪いしね」と、言っていた通りでした。

その後、黒く塗った個所をマスキングします。以前は何も塗らないアルミ素地のままでしたが(塗るとブレーキ屋さんが怒るので)、そのままだと気持ちが悪いので今はこの仕様にしています。

キャリパー本体の色は以前当店で施工したオレンジパールで承っておりますので、その時作っておいたデータを基に色を作製します。2コート仕様でも塗れるくらいの(ギリギリの)隠蔽力と、オレンジの鮮やかさを両立するようにしています。オレンジ・レッド・イエローの原色に、粗目のイエローパールと着色オレンジパールを使っています。

まずは下色として適当な白を塗りました。VW社のハーベストムーンベージュです。白の他、黒・オーカー・オキサイドレッドなど隠蔽性の高い無機顔料が使われているので白系では隠蔽力が高いのが特徴です。主に暖色系有彩色の下色として使っています(ちなみに寒色系白はVWキャンディホワイトを使っています)。

オレンジパールを3コート程塗ってベースカラーの塗装が終了です。

十分に乾燥させたら、ロゴの位置を決めます。今回のキャリパーはアシンメトリー(非対称)なので、左右で塩梅の良い位置に配置するようにします。

左右を合わせるように位置を決めるので、ロゴは一度に全部一緒に塗るのではなく、一つずつ(前後左右ずつ)を合わせて塗ります。

ロゴは黒を塗装で、ここまででベースコートが完了です。

そして最後にトップコート=クリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

少し前まで毎日が猛暑だったのですが、ここのところ日によって気温が大きく変わります。クリアーに使う硬化剤とシンナーはその都度変えて使いますが、今の時期が一番調整が難しいです。

しかしようやく超高温超多湿の真夏が終わって一安心です。特に湿度が高いと硬化剤の反応が早くなるのでとても厄介なのです。

そう言えば少し前に知り合いのスイスの塗装屋さんが「キイテクダサイヨ!先週38℃もあったんですよ!」とか言っていましたから、きっと今まで経験した事が無い環境で仕事をしていたのではないでしょうか・・・。

 キャリパーは正面のロゴが見える面のみ塗装後に磨いています。

この後は一晩常温で寝かし(自然乾燥させ)、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

Maptunブレーキキャリパー塗装 完成

先日本塗りを終えていた、SAABに取り付け予定のMaptunブレーキキャリパーです。

元々着いていた部品を取り付けます。

 そして完成です。お待たせしました!

最初の状態も紹介しますね。

 元々は未塗装の黒アルマイト仕上げで、

ロゴは塗装では無く、CNCで切削されて一段低く彫り込まれていました。

 ロゴ部分は一旦全部削り落とし、全体をサンドブラスト処理してから塗装を行っています。

 ロゴデータはオーナー様自らIllustaratorを使って作製・入稿して頂いています。

 キャリパーのベースカラーはSAAB「SAFFRON YELLOW」(カラーコード:308 )で、

 黒は原色そのまま、赤のラインはフェラーリのロッソコルサ(カラーコード:300)を使用しています。

 ボルト取り付け面と、車体(またはブラケット)当たり面はプライマーと艶消しの黒(ベースコート黒のみ)を薄膜で塗装しています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご利用頂きまして誠に有難う御座いました!

Maptunブレーキキャリパー 本塗り

 先日お預りしていたSAABに取り付け予定のMaptunブレーキキャリパーです。

 元々キャリパー前面にメーカーロゴが彫り込まれているのですが、今回はこれを塗装で御依頼頂いていますので、いつものブレーキ屋さんにサンドブラスト作業を依頼する前にこれを削り落としておきます。

 #80のシングルサンダーで削り落としておきました。ブラスト処理後にまた削るので、この時点では粗研ぎで大丈夫です。

 その後ブレーキ屋さんにお預けし、サンドブラスト処理を行って戻って来た状態です。元々は未塗装の新品でしたが、アルマイト被膜はメッキと同じでそのままだと塗料が密着しない為、ブラスト作業は必須となります(またはダブルアクションサンダーでも対応は可能ですが、見ての通りこの形状をペーパー掛けするのは物理的に難しいのです)。

 文字が彫ってあった面を改めてシングルサンダー#120で均し、さらに全体を#120~#180で研磨します。

 その後全体をシリコンオフで洗い流すようにして脱脂清掃し、ブースにセットしたら本塗り開始です。

 まずはプライマーを塗布し、

 塗膜の厚みを付けたく無い箇所にベースコートの黒を薄膜で塗り、マスキングをします。主に高トルクで締め付ける車体との固定部分と、遊びが殆ど無いシャフトを通す穴部分ですね。

 まずは下塗りを塗布します。今回はVW社のハーベストムーンベージュを使いました。

 そしてご指定頂いたSAAB「SAFFRON YELLOW」(カラーコード:308 )を塗布します。原色ではオーカーが結構入るので、いつもキャリパーに塗っているイエローよりは隠蔽力が高いイエローとなります。

イエローに塗ったベースコートが十分乾燥したら、オーナー様に入稿して頂いたロゴデータを使ってカットしたマスキングシートを貼り付けます。

 まずはライン部分の赤を塗装します。色はフェラーリのロッソコルサ(カラーコード:300)を使いました。

 ライン部分だけを0.2mmオフセット(大きく)したデータを作り、別途マスキング用のシートを作製しました。

それを赤く残したいライン部分に貼り付けます(両端は要らなかったですね)。

 その後黒を塗り、マスキングを剥がします。

 再びフックに吊るした状態に戻し、

 クリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 ブレーキキャリパーに関しては洗浄・サンドブラスト・マスキングの作業を外部に委託している為、他のご依頼品に比べて比較的早めに作業が出来ている所があります。

当店ももう一人塗装屋が居れば今より相当早く完成は出来ると思うのですが、「これに何の意味があるんスカ?」とか言われてしまうと思うので、多分無理だと思います・・・。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!