ランサーブレンボキャリパー 本塗り

 先日お預りしておりました三菱ランサーエボリューション9の純正ブレンボキャリパーです。オーバーホールと下地処理(洗浄&サンドブラスト作業)はいつものブレーキ屋さんにお願いしていて、作業途中の画像を送って頂きました。

 その後作業を終えて届けられたキャリパー一式です。少し早いのですが、このままの状態だと酸化(腐食)し易い為、先に作業を行う事にしました。

 また元々一個しか残っていなかったリヤキャリパーのゴムキャップも新品で4個取り寄せて頂きました。

 キャリパ―は届いた状態そのままでも塗れるのですが、仕上がった時にもっと艶が出て欲しいので、平面はダブルアクションサンダー#120→#180で、その他手研ぎ#180で研磨しておきます。この後シリコンオフをシャワーのようにして脱脂清掃します。

 ブースにセットし、よくエアーブローをしたら本塗り開始です。

 まずはプライマーを塗布します。

 無用に塗膜の厚みをつけないようスプレーは薄膜で、尚且つ塗り残しがないよう2コート行います。

 その後上塗り被膜(色&クリアー)を塗りたく無い箇所にベースコートの黒を薄膜で塗っておきます。金属素地が露出したままでは腐食してしまいますが、そこを上塗りをしてしまうと組み付ける人(整備士さんやオーナー様)が困るので、数年前からこのような方法としています。

 その後よく乾燥させ、マスキングを行います。

 マスキングシートをフチピッタリに貼ると段差が出来てしますので、1ミリくらい大きめのサイズでブツ切り箇所が庇のようになるようにします。

 上塗りでは極力膜厚を着けたくはないので、まずは下色として上塗り色の染まり易い(隠蔽し易い)色を1コート塗布します。

 その後、本番用の色(ベースコート)を塗布します。

ちなみに画像だとかなり小豆色っぽく見えますが、

外で見るとこれくらい鮮やかな赤に見えます。

こちらは以前ランサーを多く取り扱うショップさんからご依頼を頂いた時に作製した色見本で、今回の色もこれと同じ色になります。既存のキャリパー色から近似色を選び、「ランサー純正キャリパーの赤で」といった時に採用しています。

 ベースコートが十分に乾いたらロゴ入れを行います。

 フロントは80mm、色は白=VW社のキャンディーホワイト(LB9A)を採用しています。白々しく無く、黄ばみも無いスッキリとした白ですね。

 これでベースコートの塗装が完了です。ブレンボ純正の塗装は、恐らくこの時点で艶のあるままクリアーを塗っていると思われる為、経年でクリアーだけが剥がれると言う事になっているのだと思います。自転車フレームの塗膜もそうなのですが、焼付塗装は密着性が良いので途中で足付け処理を行うと言う概念が無いらしく(と職訓に来ていた塗装業界の権威の先生がおっしゃってました)、そのまま塗装を塗り重ねていく傾向にあるようで、最初の頃は良いのですが、10年くらい経つとクリアー層だけがペリペリと剥がれて取り返しのつかない事態になります。剥がれた塗装の下から艶のある塗膜が出て来るなんて事は、車体の塗装では普通あり得ません(昔は業界全体が下請けだったからかそう言う事もよく見かけましたが、今は世代が変わって流石に少なくなったと思います)。お越し屋とか最近は聞かないですよね。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

ブレンボキャリパー塗装承ってます

 先日到着しておりました、三菱ランサーエボリューション9の純正ブレンボキャリパー一式です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 現状はいつものように色褪せて、クリアーだけが剥がれているような状態になっています。

 ロゴも白かった筈ですが、オレンジ色っぽくなってしまっています。

 またブーツもボロボロになっていますので、今回は塗装とは別にオーバーホールも承っています。

 オーバーホールキットはフロントのみオーナー様ご自身で用意されていましたのでこちらを利用させて頂きます。

尚、ブレーキキャリパーのオーバーホールと下地処理(洗浄~サンドブラスト~マスキング)はいつものブレーキ屋さんでの作業となります。ブレーキ屋さんについては以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照下さいませ。以前知人の自働車板金塗装工場で、私と同じように間借りをして作業をしていた方です。

ブレーキキャリパーの下地処理

 リヤキャリパーはブーツの状態も悪くは無さそうなのですが、中古で購入された物との事で、やはりこちらもOHを含めた塗装で承っています。

 パッと見は綺麗に見えたのですが、よく見ると「o」の部分にシールを貼って上からクリアーを塗った痕が!。これはこれで随分と器用にやられているようです。

塗装内容については「純正の状態に近い色で」との事で、以前同じような内容で採用していたこちらの色見本を、補修&劣化していないリヤキャリパーの裏側部分に当てて確認したところ、大よそ同じような色でしたので今回もこちらで対応をさせて頂く事にしました。ロゴも元と同じように、フロント80mm、リヤ53mm、色は白を塗装で行います。

尚、以前同型のキャリパーを塗装した時の施工例がありますのでそちらも紹介をさせて頂きますね。

Lancer EVO Brembo Brakes

この時はF40のキャリパーから採色した赤を採用していて、今回はこれよりも若干青黒い感じの赤となります。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

BERINGERブレーキキャリパー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたVMAX1700に装着予定のBERINGERブレーキキャリパー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は黒アルマイト仕上げで、ロゴ部分は目立たないレーザー彫刻の上に後から青いシールが貼ってあったのですが、それを剥がして基のロゴを参考にデータを作製し、サンドブラスト等の下地処理を行った上で塗装を施しました。

 キャリパ―本体は黒でロゴは白、艶あり仕上げとなります。

 画像はどれもサイズの縮小以外は未加工(撮ったまま)となります。

 裏側です。トルクの掛かるボルト固定部はクリアーを塗らず、プライマー&ベースコートの黒のみとしています。

 元々は裏側にもBERINGERのロゴがレーザー彫刻されていましたが、着いてしまえば見えないと言う事で、今回の塗装では無しとしました。

 そして表面です。

 元々あったレーザー彫刻のロゴは左右でズレがありましたが(上下の隙間が極端に違いました)、そちらも修正しておきました。

 ERINGERのロゴはVW社の「キャンディホワイト」(カラーコード:LB9A)で、その下の「三AEROTEC」のロゴはALPSのドライプリンターで「特色ホワイト」の上に「ベースホワイト」を重ねて印刷しています(デカールです)。

 ロゴを塗装で行う場合はカッティングプロッターでマスキングシートをカットしますが、今回のAEROTEC程の小さなサイズになるとカットでは対応が出来無く、この場合はドライプリンターを使ったデカールでの施工となります。今回と同じ様な施工例としては、以前ご依頼頂いたCORSAIRのPCケースの特注フロントパネルの塗装も参考になるかも知れません。

 先ほどと同じ様な画像ですが、「→」の向きが逆になっています。

 こちらの小さい方はリヤキャリパーですね。

 こちらはデカールでは無く塗装で行っていますが、正直かなり厳しかったです。

最初にカットしたマスキングシートは微妙で、その後ロゴを縦横斜めに変えてカットし直した物を7個くらい作り、その中から一番良い物を使いました。もし次に機会があったら今度はデカールで対応すると思います(苦笑)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

(ちなみにオーナー様から先にご依頼頂いたテールランプのスモーク塗装の装着画像を頂いていますので後日そちらも紹介したいと思います)。

BERINGERブレーキキャリパー 本塗り

 先日サンドブラスト処理までを行っておいた、VMAX1700に装着されるベリンガーのブレ―キキャリパー一式です。

 シリコンオフで洗い流すようにして脱脂清掃をしておきます。

 その後マスキング作業を行います。

 今回のピストンはブーツ(ゴム)が無いタイプなので、ピストンよりも一回り大きいサイズ(36ミリ)の所でマスキングをしてサンドブラスト処理を行い、さらにそれよりも0.5ミリだけ小さいサイズ(35.5ミリ)のマスキングシートを作製し、貼り付けます。ブラストが当たった所がそのまま残らないようにですね。

 他には車体に固定される部分のマスキングも作製しておきます。こちらはプライマーとベースコートの黒(艶消し)を塗った後に貼り、そこにはクリアーを塗らないようにする為です。

 一旦キャリパーに貼ったマスキングテープを剥がし、緑色のマスキングシートに貼り付け、元のサイズより0.5ミリくらい大きめになるよう(少し食み出るよう)にカットしています。

 そしてブースにセットし、本塗り開始です。

 まずはプライマーを塗装し、

 クリアーを塗りたくない部分にベースコートの黒を塗ります。今回はキャリパーの色自体が黒なので全面塗っても良かったのですが、気分的にいつもの通りにしています。

 その後、黒を塗った部分にマスキングをしていきます。クリアーを塗らないようにするのは、高トルクで取り付けた歳に固着したりするのを防止する為ですね(ブレーキ屋さんの指示で元々は何も塗っていなかったのですが、サンドブラストをしてアルミ素地が露出したたままなのが嫌だったのでプライマーとベースコートだけを薄膜で塗るようにしました)。

 その後キャリパー全体にベースコートの黒を塗布します。

 ベースコートがテープフリーな状態になったら、予め準備しておいたロゴ用のマスキングシートを貼り付けます。位置がズレないよう、予めキャリパーのアールのラインに沿ってマスキングシートをカットしておきました。

 ベースコートの白を塗ります。

 これでまずは「BERINGER」のロゴ入れが完了です。

その後工場二階に移動して「AEROTEC」のロゴ入れを行います。こちらはサイズが小さいので塗装(マスキング)では対応出来ず、デカールでの施工となります。

 元の位置を確認しながら左右を貼り付けます。

この後一日寝かします。

 翌日ブースに戻し、今度は台に固定した状態で塗れるようにしました。

 このキャリパ―の形状からして、いつものように吊るして塗ると恐らく綺麗に塗れない(あの段差でクリアーが垂れるか、またはロゴ部分の肌が悪くなる)と思った為、今回のメインとなるロゴ部を上面にして塗る事にしました。丁度ネジ穴があったので全ネジ(全部がネジ山になったスチール製の棒)で支えています。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーが垂れるのは「そこで流れが止まってしまう」事から起こる為、今回のような形状だと吊るして塗るのは危なかったんですよね。

 お陰で良い具合に塗れたと思います。

 ピストン部以外のマスキングシートはクリアー塗装直後に剥がしておきました。

 こちらはリヤキャリパーです。

 こちらはロゴ面が平面でさらに上を向いているので、いつものように吊るした状態で問題ありませんでした。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BERINGERブレーキキャリパー 下準備

 先日ロゴデータを作製しておいた、V-MAX1700に装着予定のBERINGERブレーキキャリパー塗装の下準備となります。

 作製したロゴデータとカッティングプロッターを使い、マスキングシートを作製します。

 ちょっと判り難いのですが、こちらは「AEROTEC」のロゴをデカール用紙に白で印刷した物です。

ここまでサイズが小さい物は塗装では出来ませんが、今回のようにデカールを併用する事で対応が可能となります。以前施工したCORSAIR PCケースのフロントパネルと同じ方法ですね。デカールの作製については以前施工したポルシェミニカーの記事が判り易いかと思います。

 今回はいつものブレンボキャリパーと違い、ピストンにブーツ(ゴム)が付いていないタイプの為、ピストンより少し大きめにカットしたマスキングシートを貼り付けてサンドブラスト&塗装を行います。

 ボルト部分はマスキングをして残す事も可能ですが、既に錆も出ていますし、このまま残す意味も余り無いので、いつものブレンボキャリパーと同様こちらも一緒に塗ってしまいます。

 4輪車のキャリパーとは違い、意外に打痕跡が多いです。

 このままサンドブラストを掛けると打痕部分が判らなくなってしまうので、先にある程度削っておきます。

 余り削り過ぎると元のラインを崩してしまうので、打痕周りの盛り上がった部分を平らにしておく程度に留めておきます。

 BERINGERのロゴは塗装では無くレーザー彫刻っぽいので、

 こちらも出来るだけ削り落としておきます。

 尚、いつもであればサンドブラスト等の下準備はブレーキ屋さんにお願いしていますが、今回はマスキング個所など色々と細かい所があったので、全て当店で行う事にしました。

サンドブラスト処理完了です。

ピストン周りのマスキングを剥がした状態です。黒く残っている部分は塗装では無く着色アルマイトです。

いつものブレンボであればピストンの周りにブーツ(ゴム)が嵌っているので、そこでマスキングを見切るようにしていますが、今回はそれが無いのでこのようにしています。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!