スターバックステンレスボトル塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスターバックスのステンレスボトル3本の塗装、本日完成となります。

最初の状態を紹介しますね。

元々パールピンクに塗装されていた物で、ただ使っている内に塗装が剥がれてしまうとの事で、今回こちらの新品を3本ご用意頂きクリアー塗装だけをご依頼頂きました。

塗装が剥がれてしまう原因は主に下地に問題があるのですが(ツルツルしたステンレスに直接上塗りを行っても塗膜は密着しません)、その他既存の塗膜自体が薄いという事もあり、今回はこれの上にクリアーを塗って耐久性を上げようといった内容となります。

 実際今まで同じように新品のステンレスボトルにクリアーだけを塗って耐久性が向上したという報告を頂いておりますので、今後は今までのようには剥がれないと思います。

 ロゴは元々クリアーの上に印刷されていた物ですから、これも上にクリアーを重ねる事で耐久性が上がったと思います。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。これはオプションで変更可能で、通常使用のクリアー(同社イージークリアー)に比べて高美観、耐擦り傷性、耐UV性、耐薬品性などに優れます(さらに上をご希望の場合にはVOCプラチナクリアーも対応出来ますが、別途割り増し費用と、さらにその都度新品の硬化剤をご購入頂く必要があるのでかなりの割高となります)。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 ちなみに今回は新品9本の内から程度の良い物3本をご用意頂いていて、その他剥がれてしまった物も5本、合計17本(!)同じ物をお持ちなのだそうです。相当お気に入りで、どうにかして剥がれないようにされたかったのだと思います。

耐久性もそうですが、見た目の美しさ(塗料自体の質感と塗り肌)も断然良くなったと思います。是非お手持ちの新品と見比べてみて頂ければと思います(そして今後の耐久性も)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

スターバックステンレスボトル×3 本塗り

 先日お預かりしておりましたスターバックスのステンレスボトル3本です。

製品自体はサーモス社で作成している物(OEM)と思われ、底の貼ってあるプラスチックプレートのマスキングには以前作成しておいたマスキングシートがそのまま使えました。まずは丁度良いサイズの物を足付け処理前に貼って置き、少しだけ径が大きい物を本塗り前に二重にして貼っておきます。

 今回は既存の塗装(色)とロゴはそのまま残すよう承っておりまして、ただSTARBUCKSのロゴはクリアーの外側に印刷されている為、そのまま足付け処理(ペーパー掛け)してしまうとこれが擦り切れてしまいますから、それを避けるようにして足付け処理を行います。

 ロゴ部分は足付け処理が出来ないので、この部分のみ密着剤を併用して対応します。

 塗装はとにかく脱脂清掃が重要で、作業前、足付け処理後、本塗り時と、最低でも3回は行います。

 持ち手を固定し、

 既存の塗膜を少し被せるようにしてマスキングをしています。フチは段差になるのを防ぐようマスキングテープをヒラヒラさせるようにしています(12ミリ幅のマスキングテープのフチ4ミリくらいを織り込むような感じです)。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは2コートで、最初の1コートを塗ってからフラッシュオフタイム(コート毎の乾燥時間)を15分程おいて2コート目を塗っています。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

 ロゴは溶けたりせず、無事綺麗なままで残りました。

底に貼ってあるプラスチックプレートの際はクリアーが溜まりやすいので、2コート目のクリアーが塗り終わった直後に1枚目のマスキングシートを剥がしています。2重にしているのはピンセットでプレートを傷つけたり、うっかりクリアーが着いてしまったりしないようにですね。F1ドライバーのヘルメットに貼ってある捨てバイザーのような感じです(違いますか・・・)。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

スターバックステンレスボトル×3 クリアー塗装承ってます

 先日到着しておりましたスターバックスのステンレスボトル3本です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 現状はピンクのパールに塗装された新品状態で、今回はこれにトップコートクリアーのみの塗装を承りました。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 こちらの色のステンレスボトルはオーナー様のお気に入りとの事で、今回は9本ある新品(!)の内から程度の良い3本を選んで頂きました。

 塗られているクリアーの肌は余り良く無く、また見るからに薄い感じがするので、今回のクリアー塗装で強度の増加を図ろうという作戦です。

余り強く足付け処理をするとクリアー層を破ってしまう恐れがあり、また「STARBUCKS」の白いロゴは最後にプリントされているので擦ると削れてしまいますから、その辺りを注意して作業を行うようにします。

同じ様な事例については施工例の記事でも紹介していますので、宜しければそちらもご参照くださいませ。

STARBUCKS Tumblers

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

スターバックスタンブラー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスターバックスのサクラタンブラーのクリアー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 元々新品の状態で、ただ既にお持ちのタンブラーは丁寧に使用していても剥がれてしまったとの事で、今回はそれの防止の為にクリアーだけの塗装で御依頼を頂きました。  

 パッと見は変わりませんが、実物の質感は、塗装の事を知らなくても全然違うように感じられるかと思います。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 まるでホーロー(ガラス質)のような質感を感じられるかと思います。

 こちらは自然光下で撮影した画像です。

 画像はどれも縮小以外は未加工です。

 こちらはストロボを使って撮影した画像です。タンブラー系は専用のサイトがあるので、そちらでも紹介出来るよう多めに撮影をしています。

 今回は既に施工例のある物なので対応出来ましたが、通常「クリアーだけ」といったご依頼はお受付出来ない物が殆どとなりますので、ご注意くださいませ。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

スターバックスタンブラー 本塗り

 先日お預りしておりましたスターバックスのサクラタンブラーです。

作業前の準備として、取っ手を取り付け、蓋周りと底部分をマスキングします。

元々ある花柄は、既存の塗膜の上に模様がプリントされていて、その上には何もコーティングがされていない為、いつも通りに足付け処理(所謂ペーパー掛け)を行うとこれが擦れて剥がれてしまいますから、まずはそれを避けつつ、既存の白い塗膜部分のみに#1300相当の布状研磨副資材(アシレックスオレンジ)を使って軽く空研ぎします。

 その後スコッチとウォッシュコンパウンド(液体研磨剤)を使い、全体を軽く擦ります。

 当たりが弱すぎると最初の状態と同じく水を弾いてしまいますが、表面に細かい傷が付いてくると水が馴染んで親水性となります。強く擦り過ぎると模様が削れてしまうので、途中何度も水で流しながら力加減を調整して行います。

ちなみにこれを非接触で行うのがガスプライマーを使った火炎処理で、ただし今回の場合はプリントが燃えてしまう(恐)と言う可能性もある為、以前行った通りの方法としています。

ガスプライマーについては、以下のPA(ポリアミド=ナイロン)製のフューエルキャップ塗装の施工例が判り易いかと思います。宜しければご参照下さいませ。

Mazda Diesel Fuel Cap

 よく脱脂清掃し、台にセットします。

 いつもに比べるとどうしても足付け処理が弱いところもありますから、今回は密着剤も併用します。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 今回のタンブラーは以前既に施工例がある物なので大丈夫な事が判っていましたが、製品によってはクリアーの溶剤によって侵されてプリントが剥がれたり、滲んだり、溶けてしまったりする事がある為、基本的にはお受付しておりません。

よくあるお問い合わせとしては、「著名な方に書いて貰ったサインが消えないよう、上からクリアーを塗って欲しい」と言うご相談がありますが、得体の知れない物の上に溶剤(クリアー)を塗ったらどうなるかは全く予想が出来ませんので、お受付は出来ません。「どうなっても構わないから」と言われても、グチャグチャになった物をその状態のままお返しして、さらに塗装費用まで頂くと言うのはお互い気分の良い事ではありませんので、何卒ご容赦頂ければと思います。

この後は一晩以上以前乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!