PS4コントローラー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSCUF Vantage プレイステーション4用コントローラーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はグレーメタリックに塗装されていた物を、

 蛍光グリーンの艶消しに仕上げました。

 リングは別体となりますが、色が変わらないよう仮組みした状態で本塗りを行っています(撮影後は取り外して別に梱包してあります)。

 下色には通常顔料のグリーンを塗り、その上に蛍光顔料を使ったグリーンを重ね、最後に艶消しクリアーでコーティングしています。

 通常の自働車補修用顔料では再現出来ないような明るく発色のあるグリーンになっています。

 こちらはストロボを使った撮影となります。

   参考までに、見本として一緒にお預りしたRazer社のPC接続用スプリッターケーブルと比べてみました。

また失敗して余った(どうしようも無くなった)塗料を使って塗装した扇風機も並べて撮影してみました。こうやって見比べてみると使わなかった理由が判るかと・・・(ここからあの色にするのは大変なので、色見本に沿って色を作った方が確実だと判断しました)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

PS4コントローラー 本塗り

 先日お預りしておりましたSCUF Vantage プレイステーション4用コントローラー です。

脱脂清掃後、全体的に#800相当の研磨副資材(アシレックスレモン)で足付け処理をしました。

 溝やリングが嵌るギザギザの部分、各穴の断面などペーパーで当たり難い個所がある為、液体状の研磨材(ウォッシュコンパウンド)とナイロンブラシを使って細部の足付け処理を行います。

 カバー裏側の金属取り付け部をマスキングし、そこをワニクリップで固定します。

 リングはちょっとした事で折れてしまいそうなので、慎重に三点支持で固定します。

 今回は色の見本として、Razer社のPC接続用スプリッターケーブルを一緒にお預りしていますので、それを参考にします。

 当初はケーブルに合わせて(白を入れて)色を濁らせようと思ったのですが、先日塗装・完成したロジクールのワイヤレスマウスの感じでは、蛍光色は環境によって色の見え方がかなり変わる為、濁ってしまうよりは鮮やかな方が良いかと考え、余計な物は入れない事にしました。具体的には、STANDOX原色グリーン(MIX573)と、蛍光イエローのみとなります。

 また今回は膜厚を着けないようにする為、下色にはこちらの色相環グリーン(4時)を使います(ちなみにミニカー型の色見本は下色はVW社のキャンディホワイト=LB9Aとなります)。色相環の塗料についてはこちらのページで紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

蛍光カラーの配合は、

バインダー(MIX599):蛍光イエローパウダー=10:1

として作った「蛍光イエローリキッド」(液体)をベースに、STANDOX原色のグリーン(MIX573)と「97:3」の割合で混ぜます。

MIX573グリーンが3%、蛍光イエローパウダーが約9%、バインダー(樹脂)が約88%といった割合で、これ単体では殆ど隠蔽はしません。3コートパールやキャンディーカラーと同じですね。

ここで気が付いたのですが、先日塗装したロジクールマウスの蛍光色と同様、リングを別々に塗るとそれぞれで色が変わってしまう!(しかも想像している以上に・・・!)と言う事で、プラスチック製のリングは本体に取り付けた状態で本塗りを行う事にしました。

 幸いにして爪が入らないよう少しずらした状態にすると、かなり良い状態で仮固定する事が出来ました。

 リング部分とカバー裏側の樹脂素地部分にプラスチックプライマーを塗り、下色の、さらに下色として、白を1コートのみ塗ります。下地の黒メタリックが染まっていないので(隠蔽していないので)グレーに見えます。

続けて下色としての色相環グリーン(4時)を塗ります。ここで完全に隠蔽させておきます。

 そして蛍光グリーン(97:3仕様)を塗ります。

 蛍光グリーンは4コート程塗りました。

そして艶消しクリアーです。

 先日紹介しましたRobiと同じく、シンナー希釈率は少し多めにして複雑な形状のディテールが埋まらないようにしています。コート数は通常通り2コートです。

時間が経つにつれ徐々に艶が消えていきます。良い具合に蛍光感が残っているかと思います。

この後は一晩以上自然乾燥し、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

尚、先日お納めしたロジクールワイヤレスマウスのオーナー様から早速コメントを頂戴しましたので紹介させていただきます。


「本日無事午前中にマウスが届きました。やはり実物で見ると全然違い、嬉しさのあまり感動してしまいました。正に自分の求めた色になっています。マウス記事で「塗装に完璧な仕事はない」と記事に書かれていましたが、私個人としては完璧な仕事だと思います。」

との事です。有り難いお言葉、誠に恐縮です。

日記で撮影して紹介している完成画像は、サイズの縮小以外には加工・編集をしていませんので(しかもカメラもレンズも余り良い物ではないので・・・)、実物と比べるとどうしても劣って見えてしまっているかと思いますが、実際の物を見て頂いて喜んでいただけるのは当方としても非常に嬉しく、そしてようやく安心出来たという感じです。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

ロジクール ワイヤレスマウス塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたロジクール社のワイヤレスマウス、LogicoolG Pro wirelessの塗装、本日完成となります。

尚、組み付け作業はこちらの社外記のページで紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

最初の状態も紹介しますね。

元々は艶消しの黒に塗装されていたのですが、オーナー様に参考画像をご用意頂き、そちらと同じような仕様にと作業を承りました。

 ちなみに蛍光灯で見ると余り色がハッキリとしないので、今回はストロボを使った撮影を多くしています。ただ色の比較としては判り易いと思いますので、それぞれ違う環境で撮影した画像を掲載しています。

 サイドボタンはマグネットで簡単に着脱式となっていて、今回は予備の4個も含め、全部で8個を塗装しました。

 こちらは自然光で撮影した画像です。

 「G」の部分と、その上のインジケーターランプ×3箇所は、マスキングで透明なままにしているので、ちゃんと光ります。

 こちらはストロボを使った撮影ですが、この状態だと色がパッとしません。

 先ほどと全く同じカメラの設定で、背景だけを変えてみました。なぜここまで色味が変わって見えるのか不思議です。

(そう言えば知り合いの塗装屋さんから、ブラックライトを当てると良いと聞いていたのをすっかり忘れていました・・・)。

 各画像はサイズの縮小以外は編集加工をしておらず、撮ったそのままとなります。

当初はここまで大変な作業になるとは思っていなかったのですが、この系の色相は通常の顔料(STANDOXなどの自補修用塗料) では全然近くもならなかったので、その結果蛍光顔料を使う事となり、またマスキングの段差も気になってしまったので、それの処理に思った以上に手間と時間が掛かってしまいました。

既に同じようなお問い合わせが何件ありますが、そもそも結構な費用になっていますので、御依頼に至るケースは稀だと思います(是非どこか別の塗装屋さんがチャレンジして頂く事を期待しています)。

 隠蔽性の弱い色なのでどうしても膜厚は付きやすく、その結果マスキング際はどうしてもガタガタになって醜くなりがちですが、サイズを変えた(小さくした)マスキングシートに張り替えて塗ったり、また一旦普通のクリアー(艶あり)で仕上げてから平滑に削って改めて艶消しクリアーで仕上げるなどにより、近くに寄ってよく見ても、これを手作業で塗ったとは判らないような仕上りに出来ているかと思います。

 直径が1ミリのインジケーターランプもピッタリ元の通りにクリアー抜きに出来ているかと思います。カッティングプロッターでここまで小さい円は綺麗に切れないので(楕円になってしまいます)、今回はハイキューパーツさんのカット済みマスキングシートを使いました。今度同じことをするならPP(ポリプロピレン製)の物を探してみたいと思います(ってそんな需要殆ど無いですか・・・)。

 参考までに左が艶ありクリアー仕上げ、右が艶消しクリアー仕上げとなっていて、色自体(ベースコート)はどちらも同じ物ですが、艶が違うと色(色相・彩度・明度)が違って見えるのが判るかと思います。艶消しクリアー塗装仕上げは本当に奥が深いです(恐らくですが、クリアー中にシリカ粒子が入っているせいで濁りや光の屈折&反射が変わって違うように見えてしまうのだと思われます)。

まるでカタログのようですが、こちらも加工編集無しで、サイズの縮小のみです。

塗膜の強度については、自動車ボディのそれと同じ物と考えて頂いて大丈夫です。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ワイヤレスマウス 本塗り②

 先日一旦艶ありのクリアーで本塗りを終えていた、ロジクール社のワイヤレスマウス、LogicoolG Pro wirelessです。

 クリアー抜き(マスキング)で段差が出来ていた「G」の部分と、その上にある1ミリ径の丸いインジケーターランプ×3の部分を平滑に研ぎ、全体に足付け処理を行いました。

 サイドスイッチ類はベースコートを塗ったそのままとなっています。

段差が無くなったところに艶消しクリアーを塗って本塗り完了です。艶消しなら段差も目立たないのでそのまま行くと言う判断も出来ましたが、今までの経験から駄目だった時の光景しか頭に浮かばず、任意保険に任意保険を掛けるようにして作業をしています。

参考までに、左側が1コート目の艶消しクリアーを塗って15分くらい経った状態で、右が2コート目の艶消しクリアーを塗った直後となります。左側にも同じようにもう1コートをウェットに塗り、この後徐々に艶が消えていきます。

 艶消しクリアー塗布後、1時間くらい経った状態です。一応オーナー様から頂いた参考画像と見比べてみました。画像は加工されていると思われるので何とも言えませんが、イメージは画像に近い色味に出来ていると思います。

 ・・・が!!!

その後熱を入れて仮組みをしてみると、クリックボタンと本体とで色が違います。

恐らくはインジケーターランプ周りを修正している内にベースコートを塗り過ぎていたようで、本体の方が色が濃くなってしまっています。蛍光色の3コート塗装では、当然考慮するべきでした・・・。

 と言う訳ですが、既に気を取り直して再度全体を足付け処理し、同じようにマスキングから作業をやり直しています。塗装屋さんからするとまるで地獄のような状況に思えるかも知れませんが、「G」はデータがあるのでマスキングシートは直ぐに作製できる事、またこれらの作業は既に一度やっているのでそんなに大変ではありません。物理的に分解が不可能なサーフェスを塗った時に比べれば、ダメージは軽いです。

 と言う訳で、今回は車体(自動車)を塗る時と同じく、全て組み付けた状態(仮組み)で本塗りに挑む事にしました。と言うか下が透ける3コート塗装ですから、本当は最初からこうやって塗るのがセオリーだったんですよね。油断していました。

 最初の本塗りと同じく、下色からスタートしていきます。下色はピンクカモフラの②で、配合データがあるのでこれも問題ありません。

 また最初の時のように下地が黒では無い為、色も隠蔽し易く作業的にも楽です。

 そして本塗り用の蛍光キャンディー紫ピンクのベースコートを塗布します。下側に磁石で取り付けた予備ボタンの方へ、突き抜けるようにスプレーして同じ色になるように塗ります。

 ベースコートが終了したら工場二階に移動し、最初の本塗りの時と同じように「G」のマスキングを剥がし、さらに少し小さくオフセットした「G」のマスキングシートに張り替えてもう一度蛍光ピンクキャンディーマゼンタを塗布します。

 ボタン部分が明るく見えますが、装着した状態で全く同じように塗っているのでこれの色が違う筈はありません。R32GT-Rの側面を通して塗ってもドアだけ色が違ってみえるのと同じで、少しでも角度が変わると色の見え方が変わるフリップフロップ性によるものです。

その後も同じように「艶ありクリアー塗装→強制乾燥硬化→段差の研ぎ&足付け処理→艶消しクリアー塗装→強制乾燥硬化」と言う工程を経て(中々大変でした)、画像は既に仮組みをして色を確認した状態です。

実は最初の本塗りではRobiよりも先に塗り終わってはいたのですが、色の違いが不安だった為、この確認をするまでは紹介が出来なかったのです。お待たせしておりまして大変申し訳御座いませんでした・・・!

既に強制乾燥硬化も終わっていますが、もう少し寝かしてから組み付け作業となります。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

ワイヤレスマウス 本塗り

 少し前に下塗りのクリアーを塗っておき、さらに先日には色を作製しておいた、ロジクール社のワイヤレスマウス、LogicoolG Pro wirelessです。

インジケーターランプと「G」の部分は透明な素材を筐体に組み合わせていて、そこに微妙な隙間が残っていましたから、そこに砥石を当てて平滑に仕上げておきます。

 その後全体を#800~#1300相当で足付け処理を行います。

サイドボタンはマグネットで簡単に交換が出来る構造になっていて、磁石にくっ付く部分にプラスネジが嵌め込んである為、そこをワニクリップで固定する事にします。これらも足付け処理済みです。

そして先日作製しておいた「G」のマスキングシートを貼り付けます。よく見えるよう、トレース台の上で作業をしています。

黒い部分が絶対に食み出ないよう、且ギリギリのラインに位置を合わせます。

 本当は0.9mmの円が欲しかったのですが、無かったので既製品(ハイキューパーツさん)の1mm径の丸いマスキングテープを使います。

 元の丸が1ミリなので、0.1ミリのズレも許されないと言う・・・。

 と言う訳で、息すら吹きかけないようにして工場一階の塗装ブースに移動です(先ほどまでの作業は工場二階となります)。

 既に脱脂はしてありますが、一応マスキング部を避けてもう一度行っておきます。

 元々は艶消し黒が塗ってありますが、断面は微妙なので、念の為プラスチックプライマーを塗っておきます。

 サイドボタンは余計な所に塗料が着かないよう、根元の部分はマスキングをしておきます。

黒の上にいきなりマゼンタ系の色は隠蔽しないので、まずは白を下塗りします。

 完全隠蔽させる必要はなく、むしろ厚膜にならないよう1コートのみに留めておきます。

同じようにマウス本体にも白を塗りますが、インジケーターランプと「G」の部分は特に塗膜の厚みを着けたくないので、そこを避けるようにして塗っています。

さらに次はマゼンタピンク系の色を下色として塗布します。ここは完全隠蔽させたいので3コート塗っています。この時点で都合4コートで、ベースコートには硬化剤も入れています。

  今回は口径0.5mmのSATAエアーブラシ(DEKOR 2000)を使っています。

ちなみに画像にある台はPRO_Fitオリジナルで、ただ既に生産を終了しています。これを全部レーザーでカットしているとまるで採算が合わない事が判明しまして・・・(苦)。

 そしていよいよ蛍光マゼンタピンクです。今回は色見本も作製していて、下色と並べてみるとまるで発色が違うのが判ると思います。

ちなみに今回下色に使っているピンクは、以前ピンクカモフラの塗装に採用した色の内の②で、PANTONEカラーのFORMULA GUIDE2405の近似色となります(画像はGoe GUIDEの色見本帳です)。

白は使わず、蛍光ピンクとキャンディーマゼンタとMIX576(STANDOX原色で青味のレッド)で構成されています。

 オーナー様より頂いている参考画像に合わせてみました。画像よりも派手な感じですが、これが艶消しになると発色が抑えられるので、鮮やか過ぎるくらいで問題ありません。

 最後の蛍光マゼンタピンクは3コート塗っています。

 中々良い色なので、今度こういった系でグラデーションさせたマイクの色見本を作ろうと思います。

 そしてベースコート終了です。

 と思いきや、そう簡単にはいきません。ここからの修正がまだまだ続きます。

バリをタッククロスで擦って削り落とし、

 最初に作ったマスキングシートを、0.2mmオフセットさせたデータで改めてカットした物を貼り付けて、

 再び蛍光マゼンタピンクを塗布します。

 それでもまだ甘かったので、最初のデータから0.5mmオフセットさせたマスキングシートを作製し、再び蛍光マゼンタピンクを塗布します。

 マスキングを剥がし、下色に塗った白や元の黒が見えないかをよくチェックします。

 塗装に完璧な仕事は無いのですが、どの作業も一応それは目指しています(勿論掛けられるコストの範囲内でですが)。

ちなみにこの時点で製品に元々あった段差(溝)が残っていると厄介だったので、最初に下塗りのクリアーで平滑にしています。

さらに難しかったのが上の1ミリ径のインジケーターランプ×3で、綺麗な曲線になっていない個所はピンセットの先で除去してもう一度マスキングして塗ってを繰り返して何とか形にしました。次回同じことをするなら、0.8mm径のPP製マスキングシートが欲しいところです(どこかに売っているでしょうか)。

 そして最後にクリアーなのですが、この時点ではまだ下塗りとするので、艶消しでは無く普通の艶ありクリアーを塗りました。

ちょっと判り難いのですが、インジケーターランプ部が凹んでいるのが判ると思います。

本塗り(艶消しクリアー)の前にこの段差を平滑にしたかったので、一旦ここでは艶ありのクリアーを塗って完全硬化させ、再度削って平滑にしてから最後の艶消しクリアーに挑む予定です。

クリックボタンはそのまま艶消しクリアーでも良かったのですが、一応こちらもクリアーを塗っておきました。

それではまた作業進行しましたら紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!