ロジクールワイヤレスマウス(OD)下塗り

  先日下塗りのクリアーを塗っておいたLogicool G PRO wirelessのマウスです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

「G」とインジケーターランプ部とパーティングラインに段差があるので、砥石と#800を使って平滑に研ぎ出します。

その後はスコッチとナイロンブラシとウォッシュコンパウンドで足付け処理を行います。

 再びマスキングを行い、本塗り(下塗り)開始です。

まずはベースクリアーをコートします。これは色の着いていないベースコートで、マスキング際を綺麗に仕上げる為です。

 マウスをトレース台に乗せ、

照明を着けて光の透過を見ながらマスキングシートを貼っていきます。

「G」のマスキングシートは以前作成した物で、オリジナルのデータより0.05mm小さくオフセットした物を使います。インジケーターランプ部のマスキングは市販の直径1mmの物を使っています。

 再び工場一階に戻り、

 まずは事前に作成したOD=オリーブドラブ色の確認をします。

 そしてマウスにも塗装します。

 通常はここからクリアー塗装となりますが、

マスキングした箇所はバリが酷いので、一旦ここでペーパーを掛けて段差を均します。

次はオリジナルのデータより0.1mm小さくオフセットしたマスキングシートを貼ります。少しずつ小さくしていく事で仕上がりを美しくシャープに仕上げます。インジケーターランプ部も同じように貼り直します。

再び工場一階に移り、

 薄くベースコートを塗布します。

 これでようやくロゴが綺麗に仕上がりました。

最後にクリアーを塗って本塗り(下塗り)完了です。

 インジケーターランプ部も綺麗に出来ているかと思います。

尚、今回は「艶消し」で承っておりますので、この時点ではまだ下塗りとなります。この後は再び熱を掛けて塗膜を硬化させ、ロゴ周りの段差を平滑にし全体の足付け処理、そして最後に艶消しクリアーを塗布します。

 下地が違うと艶具合も変わってしまう為、クリックボタンも同じように、

一旦艶ありに仕上げます。

サイドボタン8個も同じように足付け処理&フチにプラスチックプライマーを塗り、

ODのベースコート&トップコートクリアーを塗って下塗り完了です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞどうぞもう少々お待ちくださいませ!

ロジクールワイヤレスマウス(OD)下塗りクリアー

 先日分解作業を行っていたLogicool G PRO wirelessのマウスです。

「G」の部分は少し凹んだような状態になっているので一応予め研磨しておき、その後全体を#800相当(アシレックスレモン)で足付け処理をします。フチをしっかりとですね。

内側をマスキングし、台にセットして下塗り準備完了です。

よく脱脂清掃し、まずは「G」の部分などプラスチック素地の箇所にプラスチックプライマーを塗布します。その他の黒い部分は素地では無く艶消し黒の塗装なのでプライマーを塗る必要はありません(ただし塗着しても問題無いので特に気にせずオーバースプレーしています)。あとはフチをしっかりとですね。

そしてクリアーを塗布します。今回は「G」の段差と、左右にあるパーティングライン(継ぎ目)を平滑にする為の下塗りです。そのまま一回で仕上げる事も勿論可能なのですが、かなり汚い(気持ち悪い)仕上がりになるので、まずは段差取り、その後ご指定の色(オリーブドラブ)で塗装(艶あり仕上げ)、最後に艶消しクリアーを塗る3工程で行います。

「G」の部分は段差があるので、この後の研ぎで平滑に出来るようクリアーを多めに塗っておきました(4コート)。

この後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、再び足付け処理を行って次はOD=オリーブドラブの下塗りとなります。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせてます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ロジクールワイヤレスマウス(OD)分解~色作成

 先日お預かりしておりましたLogicool G PRO wirelessのマウスです。こちらの前にご依頼を頂いておりましたホワイトパールの同型マウスが先日完成しましたので作業着手しました。大変お待たせいたしました!

まずは分解作業です。ソールを剥がし、ネジが見える状態にします(ソールは再利用不可ですがメーカーから新品が入手出来るようです)。

底のパネルを開き、端子を外します。

 バッテリーはステーと両面テープで固定されています。

先ほどのバッテリーを外すとクリックボタンを留めるネジが出てくるので、それらを片っ端から外していきます。ちなみにネジは数種類あるので(恐らくは2種類)、それぞれ着いていた箇所が判るようにしておきます。

クリックボタンが外れると、さらにその奥にシャーシとカバーを固定するネジが出てくるのでそれらも外します。

シャーシがゴソッと外れて、これで分解が完了です。

さらに詳しい分解方法はこちらの記事で紹介していますので宜しければご参照くださいませ。

分解は今回で3回目なのでさすがに慣れましたが、先日の二回目の組付けはやはり大変でした。塗装後は気を遣う&クリックボタンを知恵の輪みたいに入れないといけないので冷や汗が止まりません。

「G」の部分は本体とは別体ですが、恐らく一度外すと戻らない筈なので、いつも通りマスキングで対応します。また画像だと判らないのですが「G」が出っ張っているのでそれを平滑にしなければなりません。左右にあるパーティングライン(継ぎ目)も消しておきます。

色はOD(オリーブドラブ)でご指定頂いておりまして、それらしい色を色見本から探してみたのですが見当たらなく、

 なので以前施工したチタン製のメガネフレームの色見本を参考にしてみる事にしました。

オーナー様よりご指定頂いた色(CMYK値64.71:52.55:90.98:10.2)見比べてみると、それより明るくした感じです。

と言う訳で、以前作成したチタンフレームの色にオーカー(MIX574)を足し、ご指定の色に近づけました。配合データも残してあるので後で同じ色も作成可能です(後日色見本も作成して残しておくようにします)。

また塗装とは全然関係ないのですが、以前「塗装後の重さはどれくらいになりますか?」といったご質問を受けていて、(そんな事を気にする塗装屋さんは余り居ないと思いますが)私的にも気になったので量ってみる事にしました。

今回の未塗装状態が22.00gで、

前回ご依頼頂いていたホワイトパールのマウスは25.03gでした。

塗装による増加分は3.03gで、はがき一枚分といったところでしょうか。

ちなみにこの時は3回分(3工程分)の塗装を行っているので、一回の塗装では1グラム程となります。作っている量に比べると残るのは極少量なので いつも驚いてます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ロジクールワイヤレスマウス(ホワイトパール)塗装 完成

 先日本塗りを行っておいたLogicool G PRO wirelessのマウスです。

その後磨き処理を行い、さらに数日寝かしてから組付け作業を行いました。

 ネジと端子を元の通りに組み付けていきます。分解についてはこちらのページで紹介しておりますので宜しければご参照くださいませ。

 サイドボタンは予備を含め合計8個あって、とりあえず元のように左側のみクリック出来る仕様にしておきました。

 そして完成となります。大変長らくお待たせしました!

最初の状態も紹介させて頂きます。

今回はロゴ入れも承っておりましたので、オーナー様のご厚意により予備の同型マウスを一緒にお預かりさせて頂きました。

  マウス本体の色はトヨタのクールホワイトパールクリスタルシャイン(カラーコード:075)で、3コート塗装となります。

 ロゴの赤はフェラーリの「ロッソコルサ」(カラーコード:300)となります。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

 マスキングに使う型はシートは1ミリの細い線にする事で、折れ曲がったフチの部分も違和感のないよう落とし込めているかと思います。

 インジケーターランプ部三か所は、ちゃんと光るようマスキングで残してあります。

 同じように「G」の部分も光るようクリアー抜きにしています。よく見ても段差は感じられないかと思います。

 参考用にお借りした未塗装品と一緒に並べてみました。

ちなみにこちらのオーナー様は前回ピンクでご依頼頂いた方で、そちらも紹介をさせて頂きます。

前回は艶消しクリアー仕上げで、気に入って頂けたようなので今回同型のマウスとキーボードの塗装をご依頼頂きました。こちらのページで作業内容を纏めていますので宜しければご参照くださいませ。

 今回入れたロゴはオーナー様から入稿して頂いたデータを使用しています。

 まさにオリジナル仕様といった感じでしょうか。

 それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠に有難うございました!

ロジクールキーボード塗装 完成

 先日本塗りを終えていたロジクールのG PRO Xキーボードです。

 熱カシメで固定されていた部品は、元と同じようにABS樹脂を溶かし込んで固定し、さらにエポキシ接着剤を点付けして固定しています。

 ネジや取り付け部品を間違えないよう分解前の画像を見ながら組み付けていきます。

 両面テープを貼り直したクッションシートを貼り付け完成です。大変お待たせしました!

 その後寝かしておき、一緒にご依頼を頂いたロジクールのワイヤレスマウスも組付けておきました。こちらは後ほど改めて紹介をさせて頂きます。

最初の状態も紹介しますね。

元々は未塗装の黒い着色樹脂で、ただペレットに染料が練り込まれていた為か「ニジミ」の現象が発生した為、それを抑え、さらに製品自体の歪も取る為に二度の下塗りを行っています。

 色はブガッティ純正色の「ティファニーグリーン」(カラーコード:V603)で、

 クリアは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

元々あったインジケーターランプ部のロゴ(文字)はスキャンしてデータを作成し、

 改めてピンクに印刷したデカールで再現しました。

一見すると大した事は無さそうに見えますが、これ一個だけの為にデータから作るのは意外と手間は掛かります。新聞が数百円で買えるのは一つの版から一度に数百万部を刷るからで、それが一部だけだったら幾らになるのかを想像して頂ければ判り易いかと思います。

 ロジクールマウスの方はマスキングでの対応でしたが、こちらの「G」は外れたのでそれに比べれば断然楽でした。

 端子接続部の部品の外し方がどうにも判らなくて、今回こちらはマスキングで対応しています。

それでは続けてホワイトパールに塗装したワイヤレスマウスも紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

 

完成しました!

ロジクールワイヤレスマウス(ホワイトパール)塗装 完成