アランミクリメガネフレーム×2塗装 完成

大変お待たせしました!先日テンプル部の本塗りを終えていたアランミクリのメガネフレーム2点の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々以前当店で塗らせて頂いた内の2本で、使っている内に塗装が剥がれてした物と、使う機会が無かった物を新たな色でご依頼頂きました。

また今回は艶ありと艶消しの2通りとなります。

こちらが艶ありで、

こちらが艶消しの仕様となります。

艶ありの方はクリスタルクリアーの仕様となります。

判り易いよう、人形に着けてみました。

オレンジ・グリーン共にメタリックとなります。

蝶番の部分は恐らくフレームに打ち込みなので分解が出来ず、なのでマスキングでの対応とし、フロントとテンプルそれぞれ別けて塗装を行っています。

そしてこちらはブラウン&グリーンの艶消し仕様です。

プラモデルの塗装にある艶消しはもっと艶の無い状態だと思いますが、あれは触れないで飾っておく事が前提で、なのでちょっと爪で擦ると簡単に傷が付いてしまいます。対して自動車補修用の艶消しは日常的に触れ、また屋外で使う事も想定されていますから、プラモデルのそれに比べると艶があるように感じられるかと思います。

ブラウンからモスグリーンにグラデーションしています。今まで塗ったフレームに比べると、こちらはかなり落ち着いた配色となっています。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂き誠に有難うございました!

アランミクリ メガネフレームテンプル 本塗り

先日テンプル部の本塗りを終えていたアランミクリのメガネフレーム2本です。その後60℃40分程の熱を3回程掛けて塗膜を硬化させておきました。一回熱を入れて直ぐだとマスキングの跡が付いたりするので余計に熱を入れています。

最初に塗ったフロント部をマスキングし、残るテンプル部の塗装を行います。

台にセットし、脱脂清掃&エアーブローを行い、

プラスチックプライマーを塗布します。

まずはオレンジを、少し大きめの範囲に塗ります。

その後グリーンを塗り、左右が同じ位置になるよう丁寧にグラデーションさせます。

続けてもう一方のフレームです。まずはブラウンを塗布します。

先ほどと同じ様にグリーンをグラデーションさせます。

使用しているガンはSATAのエアーブラシで、口径は0.3mmと0.5mmとなります。

ベースコートが終わったらクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

こちらは艶消しクリアーの仕様となります。

蝶番部分はバツ切りのマスキングとなる為、2回目のクリアーが塗り終わったら直ぐに剥がしておきます。

この後さらに時間が経つともう少し艶が消えていきます。

そしてこちらは艶あり仕様です。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

オークリーサングラスフレーム塗装

先日到着しておりましたOAKLEYレーシングジャケットのフレーム2点です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容としては2本とも同じ仕様で、

フロントの下部を「艶消しのガンメタ」で、それ以外の部分=フロント上側と左右テンプルを、 「OAKLEY チームオレンジ」の近似色とした「艶ありの蛍光オレンジ」で承っています。それぞれ頂いた画像を参考にした近似色で対応いたします。

左右テンプルに着いているオークリーのロゴ「O」は何もせずシルバーそのままの状態とし、ただしその下側前方、フロント下部と上部とを固定する丸いシルバー色のボルトの頭(表側のみ)は「艶消し黒」で承っています。

オークリーのフレームは分解が難しくて塗装の対応が出来ない物もありますが、今回の型は比較的簡単だったのでその点は問題はありません。

素材はオークリーの特許素材「O Matter®」との事で、触った感じでは塗料の密着性も悪く無さそうですが、念のため作業前に密着性テストも行っておく予定です。

こちらがフロント下部のパーツで、艶消しガンメタとなります。オーナー様曰く、肌に触れる部分(下部内側)が色落ちしやすいとの事ですが、当店で施工する塗装は自動車ボディの塗膜と同様の物となりますので、密着性さえ問題無ければその点は大丈夫かと思います。

フロント上部の溝の内側、レンズ当たり面にはクッションテープが貼ってあって、こちらは外すと再利用は出来そうもありませんから、マスキングで対応しようと思います。

鼻当て部分のパーツに関しては、フレーム素材とゴム部分が接着(または溶着)されていて分解が出来ない為、マスキングでの施工も検討しましたが、

フレーム素材が黒になった交換用パーツが市販されていましたので、今回はそちらをご用意頂く事にしました。それぞれ少しサイズが違う物が2セット入っています(ですので今回丁度良かったかも知れません!)。

念のため仮合わせをしておきました。フロント下部は黒に近いガンメタになるのでここが黒くても問題無いかと思います(恐らくはOAKLEY チームオレンジもこの仕様では無いかと思っています)。

オークリーフレーム塗装のお問合せは比較的多いのですが、塗装費用で新しいフレームが幾つも買えてしまう程の額になってしますので、ご依頼に至るケースは稀だったりします。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

アランミクリ メガネフレームフロント 本塗り

先日下準備を行っておいたアランミクリのメガネフレーム2本です。

こちらのフレームは蝶番が分解出来ない構造の為、フロントとテンプルそれぞれ別けて塗装を行います。まずはフロントからですね。

右手前が艶消しに塗る方となります。

左手前が艶ありの仕様となります。

まずは艶ありの、オレンジ&グリーンの方です。まずはオレンジから塗ります。

その後両端にグリーンを塗ります。基本的には元々のデザインと同じで、オレンジの色味を濃くした内容となります。色は剥離作業の前に作っておきました。

そしてこちらは艶消し仕上げにするフレームです。元々イエローだった箇所=中央に茶色のベースコートを塗ります。

鼻当ての周りは複雑で、ここを後から塗ると全方向に色が飛ぶのでこちらを先に塗っています。

その後両端にモスグリーンっぽい緑を塗ります。

そしてクリアーを塗ってフロント部の本塗りが完了です。

塗った直後は艶がありますが、こちらは艶消し仕様のクリアーの為、この後艶が消えていきます。

こちらは通常の艶ありクリアー、クリスタルクリアーの仕様となります。

以前より濃いめのオレンジになっています。カッパーやゴールドメタリックが入っています。

蝶番部分はフレームに打ち込まれた状態で、隙間は殆ど空いていない為、二回目のクリアーを塗ったら直ぐに剥がしておきます。

この後は60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、数日寝かした後、今度はテンプル=両側の彩度フレームを塗ります。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

 

アランミクリメガネフレーム 下準備

先日色を作成してテンプル部の塗膜を剥がしておいたアランミクリのメガネフレーム2個です。

次はフロントの塗膜を剥がすので、蝶番部分とテンプルをマスキングします。

ブラストボックスにフレームをセットし、

サンドブラストで塗膜を剥がします。

よく脱脂清掃し、マスキングを貼り直します。

鼻当てが着く部分のネジ穴には仮のネジを入れてマスキングをしています。

台にセットし、

プライマーを塗布します。

この後は数日寝かし、まずはフロントから、その後テンプルを塗ろうと思います(逆になるかも知れません)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!