アランミクリメガネフレーム塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたアランミクリのメガネフレーム塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は赤かったフレームに、

艶あり黒の塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

レンズはそのまま入れようとすると塗膜を剥がしてしまう為、フチを削って塗膜の厚み分小さくしています。ガタつきも無く良い具合に出来ているかと思いますのでご安心くださいませ。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

自然光でも撮影しました。

知り合いの塗装屋さんが「嵌めこみタイプのフレームを塗装するなんて信じられない!」と仰っていましたが、誰でも出来る事だけをやっているといずれ仕事は無くなってしまうので(または値段競争になってしまうので…)、人が嫌がる事も出来るだけやってみようと考えています。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用いただき誠にありがとうございました!

オリバーゴールドスミスメガネフレーム塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたOliver Goldsmithのメガネフレーム塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はべっ甲柄だったメガネフレームで、

そちらを艶ありの黒に塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

蝶番を固定しているカシメの飾り金具は、予め透過性のイエローを塗って金メッキ風のキャンディーゴールドで塗装しています。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

キャンディーゴールドに塗った後は一旦クリアーを塗って完全硬化させ、再度足付け処理を行ってから8箇所の丸をマスキング、

その後黒を塗ってから最後に全体にクリアーをコートしています。

金属の状態で飾り金具を残す事は今まで何度か行って来ましたが、それにさらに着色をする!というのは今回が初めての試みとなります。

テンプル裏の文字は残されたいとの事で、ただ元々入っていたのは彫刻でしたから、特に気にせずそのまま塗装を行っています。

各文字やロゴがしっかり視認出来るのが判るかと思います。

自然光でも撮影しました。

元々レンズが着いていましたが、そちらは交換してメガネ屋さんにて取り付けられるとの事で、現在は何も着いていない状態としてあります。

現在別件でご依頼頂いているアランミクリのメガネフレームは、元々着いていたレンズも取り付けるようにします。

メガネフレームの塗装費用は、始めた当初の頃から段階的に見直しを行っていて、現在は最初の頃の倍くらいの金額となっていますが、それでも採算を合わせるのは難しい仕事となっています(だからどこもやっていないのだと思います)。

ただ塗装範囲自体は少ないので、いずれ引退して自宅の一室で作業をするのであれば可能な物なので、その時の為という事を含めて現在も続けさせていただいております(逆に自宅では無理そうで今も難しいと考える自転車フレームは受付を停止せざるを得ませんでした)。

 それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

アランミクリメガネフレーム 本塗り

先日お預かりしておりましたアランミクリのメガネフレームです。その後全体を#800相当で足付け処理し、しっかり持って塗れるよう固定をしておきました。

メガネフレームの固定方法としては、フロントはアルミワイヤーで、テンプルは100円ショップで購入した老眼鏡を分解してそのパーツと被塗物をネジで固定しています。

よく脱脂清掃し、プラスチックプライマーを塗ったら本塗り開始です。

プラスチックプライマーは塗り過ぎると逆に密着性が悪くなる為、口径0.3mmのエアーブラシで全体的に金一に満遍なく、2~3コートに別けて塗装しています。

まずはベースコートの黒を塗布します。STANDOX原色黒=MIX571となります。

レンズが嵌る箇所は膜厚を着けないよう極薄く塗っています。

ドライコートにならないよう(肌を荒らさないよう)、3コート程をウェットに塗り込み、その後しっかり乾燥させます。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

クリアーは合計2コート塗っていますが、こちらもベースコート同様、レンズが嵌る部分は塗膜が厚くならないよう1コートのみとしています。

塗装屋さんなら判ると思いますが、メガネフレームはとても磨き難い形状ですので、肌を荒らさないよう気を遣ってスプレーしています。

蝶番のマスキングは2回目のクリアーが塗り終わった直後に剥がしてブツ切りマスキングとなるフチを馴染ませています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程bの熱を掛けて塗膜を硬化させます。今回はレンズの取り付け(嵌めこみ)もあるので、いつもより長く寝かしてから行う予定です。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

オリバーゴールドスミスメガネフレーム 本塗り

先日カシメの飾り金具部をキャンディーゴールドに塗装しておいたOliver Goldsmithのメガネフレームです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、研磨して足付け処理を行っておきました。

よく脱脂清掃し、飾り金具部のマスキングを行います。

使うのは市販のマスキングシートで、直径1.6mmが丁度良いサイズとなります。

それを飾り金具の丸い部分に貼り付けます。

この部分はもう溶剤を着ける事が出来ないので(脱脂が出来ないので)、素手で触らないよう注意します。

台にセットし、よくエアーブローをして埃を飛ばしたら本塗り開始です。

まずはプラスチックプライマーを塗布します。

続けてベースコートの黒=STANDOX原色MIX571を塗布します。

使用するのは口径0.3mmのエアーブラシで、最初はマスキング箇所を避けるように塗り、最後に必要最小限の膜厚で隠ぺいするよう薄く仕上げます。

ベースコートの塗装が完了したら、

飾り金具部のマスキングを剥がします。

この後さらに時間をおいて乾燥させたら、

最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

レンズが嵌る部分は最初の1コート目は塗らないようにし、無用に膜厚が付かないようにしています。

今回は単にカシメの飾り金具を残すだけでは無く「金メッキ風に」といったご依頼で、実際にやるまではどうなる事かと思いましたが、何とか良い感じに仕上がったと思います。

この後は一晩自然乾燥させ、

後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

オリバーゴールドスミスメガネフレーム ゴールド下塗り

先日お預かりしておりましたOliver Goldsmithのメガネフレームです。その後レンズを取り外し、足付け処理を行っておきました。

今回はカシメの丸い飾り金具部分8箇所を「金メッキ風」にと承っておりますので、まずはこちらの塗装を行います。全体を塗れるようにしていますが、塗るのはその周辺のみとなります。

当初は全部一度に塗ろうと思っていたのですが、カシメ部分の歪が酷かったので少しでもそれが軽減できるよう二回に別けて行う事にしました。

塗装するのは飾り金具周辺のみなので、裏側からマスキングテープを貼って固定しています。

プラスチックプライマーを塗布し、透過性のイエローを塗布します。イエローキャンディー:オレンジキャンディー=5:1の割合で混ぜた物を使用しています。

下地がシルバーの上に透明なイエローが重なるとゴールド=金メッキっぽい色味になります。

同じ様にフロントフレームにも塗布します。

そしてクリアーを塗布します。一回目の状態でかなり段差があるのが判るかと思います。

その後2回コートし、合計3コート塗りました。

途中クリアーを筆挿ししてさらに充填し、ある程度段差が目立たないようにしています。

当初はもっと段差は酷くて、それを研磨してある程度均してから塗装を行っています。

この後はいつも通り60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、次はこの部分をマスキングして全体に黒を塗装します。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!