マセラティリモコンキー塗装 完成

先日行っていた二度目のエンブレム塗装が終わり、その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

ボタン等の付属品はアルコールと柔らかいブラシで洗浄し、

それぞれを組み付けて完成です。大変お待たせしました!

色はマセラティ純正色の「ボルドーポンテヴェッキオ」(カラーコード:226125)となります。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

いつもならカバーパネルのつなぎ目に一段溝が出来るのですが、今回はこの辺りにも深い傷が多くあったので研磨して均しておきました。

通常はエンブレムの塗装は行わないのですが(素地がメッキなので部分的な塗装が出来ません)、今回は既存の青い被膜が全て綺麗に剥がれてしまっていたという事もあり、テスト的にこちらの塗装を行ってみました。

純正であって純正っぽく無い仕上がり(エンブレムが青い以外の色!)というのが面白いと思います。

ちなみに今回のエンブレムですが、塗装する前にシリコーンで型を取り、ピューターを使って鋳造を試みてみたりしていました。ただやはりというか細かい部分の再現が出来なく没となりました。いずれ機会があれば社外記の方で紹介しようと思います(ウレタンレジンだと上手くいきました)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

マセラティエンブレム 本塗り(2回目)

先日リモコンキーカバー本体と一緒に塗っておいた付属のエンブレムです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。素地がザラザラだったので艶が引けているのが判るかと思います。

ウォッシュコンパウンドとナイロンブラシを使って足付け処理を行います。

よく脱脂清掃し、芯棒に固定したら本塗り開始です。

今回は他にも2回目のクリアー塗装が必要だった物(LINE6ワイヤレスマイク)があったので、そちらと一緒に行っています。

クリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

今回は下地が出来ているので艶引けも少なく艶のある仕上がりになるかと思います。

それでは完成次第改めて紹介します。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

フェラーリ488リモコンキーカバー塗装 完成

先日本塗りを終えていたフェラーリ488の純正リモコンキーです。予め外しておいたFERRARIのメッキエンブレムを嵌め込み、

削ったカシメの部分にエポキシ接着剤を点付けして固定します。脱落しないよう、表側にも回り込むよう多めに塗っておきます。

その後同じようにして本体のプラスチックパーツを取り付けます。タップリ接着剤を着ければ外れたりする心配は無いのですが、万が一再び分解したくなった場合(傷が付いて塗り直したくなった場合等)、今回と同じ様に分解が出来るような方法で組付けています。

その後一日寝かして硬化したら完成となります。お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々は赤く塗られていたカバーパネルを、

濃紺のフェラーリ純正色「BLU POZZI」(カラーコード:520)に塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

画像だと黒に見えますが、実物はより紺に見えますので、その違いは比較的容易に判るかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

マセラティリモコンキー 本塗り

先日サーフェサーを塗っておいたマセラティの純正リモコンキーカバーです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

全体を#800~#1500で水研ぎしてラインを整えます。今回のカバーは特に状態が悪かったので結構削っていますから、それぞれを組み合わせて(且つ爪が嵌らないよう間にテープを貼って)ラインを合わせます。

その後よく清掃し、ワニクリップで固定して手で持って塗れるようにします。

プラスチック素地が露出した箇所にプラスチックプライマーを塗布します。

今回は被膜が剥がれたエンブレムの塗装も承っています。

メッキ素地なので本来であれば正規の下地処理を行う必要があるのですが、今回は部分的な塗装なのでそれが出来ない為、密着剤を使っての対応となります(通常この方法ではお受付はしておりません)。

ベースコートを塗布します。

色はマセラティ純正色の「ボルドーポンテヴェッキオ」(カラーコード:226125)となります。

エンブレムにも同じ様に塗布します。

その後当て板に被せたウェスにシンナーを少量染み込ませ、表面を軽く撫でるようにして凸部の塗装を拭き取り、素地のメッキを露出させます。その後再び密着剤を塗布します。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

エンブレムは周りにクリアーが付かないように塗っています。塗膜の厚みで大きくなると窪みに入らなくなってしまうからですね。

現状艶がありますが、ベースコートを塗った時点で素地のザラザラがあるのが判るように、完全硬化後には艶が引ける筈ですから、もう一度クリアーだけの塗装を行う事になると思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

フェラーリ488リモコンキー 本塗り

先日お預かりして分解をしておいたフェラーリ488の純正リモコンキーカバーです。

現状新品未使用の状態ですが、元々塗られている塗装が表面張力で凸凹していますので、

当て板(砥石)を使って研磨し、均しておきます。

その後は#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン) と、手が入り難い部分はウォッシュコンパウンド(液状研磨剤)ナイロンブラシを使って足付け処理を行います。

その後台にセットし、

よく脱脂清掃を行ってエアーブローで埃を飛ばしたら本塗り開始です。一応裏側のフチの部分にプラスチックプライマーも塗っておきました。車のバンパーを塗る時にミミの部分に塗っておくのと同じような感じですね(塗装屋さんにしか判らない話ですが、これをしないとそこだけ後でペリペリと剥がれるのでバンパー塗装では基本的な作業だったりします)。

まずは下色に、青味のあるグレーを1コートだけ塗布しました。

続けてご指定色のフェラーリ純正色「BLU POZZI」(カラーコード:520)を塗布します。

色はソリッドカラー=パールもメタリックも入っていない色で、青の原色2種が9割、その他白と黒で構成されています。

かなり黒く見えるので一応調べてみると、なるほど確かにそういった色のようです。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!