フェラーリ488リモコンキー塗装 完成

先日本塗りを終えていたフェラーリ488ビスタのリモコンキーカバー(表側のみ)です。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、外れていたエンブレムを取り付けました。

そして本日完成となります。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々は赤かったカバーを、

部分的に傷を補修し、フェラーリ純正色の「BIANCO FUJI/ITALIA」( カラーコード:226027)に塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂き有難うございました!

フェラーリ458 リモコンキー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたフェラーリ458スパイダー純正のリモコンキーカバー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々傷があったのと歪があったので、全体を研磨してサフェで下地を作り直し、

フェラーリ純正色のロッソコルサ(カラーコード:300)で塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

元々リングが着いていたのですが、それによってまた傷が付いてしまうので、そちらは取り付けずに完成となります。新たに取り付けるのは、ファイバー繊維等の傷が付きにくい物が宜しいかと存じます。

電池は新品に交換してあります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

フェラーリ488リモコンキーカバー 本塗り

先日サーフェサーを塗っておいたフェラーリ488ビスタのリモコンキーカバー(表側のみ)です。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

サフェ部分を#800で研磨し、当たりの柔らかい布状研磨副資材(アシレックスレモン~オレンジ)でペーパー目を均します。アシレックスは空研ぎ、水研ぎどちらも使えます。

フチの裏側まで回り込んで塗れるよう、芯棒に固定します。

クリップで掴める部分があればその方法で、今回のように裏面がフラットな場合は、ガムテープを丸めた物を貼ってそれと芯棒を合体させます。激しくエアーブローしても飛んでいかなようしっかり固定しています。

色はフェラーリ純正色の「BIANCO FUJI/ITALIA」( カラーコード:226027)で、まず下色=カラーベースの白を塗り、その上にパールベースを重ねています。

パールベースはそれ単体では下地が透けてしまう為、「カラーベース+パールベース+トップコートクリアー」の3層=3コート塗装となります。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

サイズ的には小さい物ですが、面積が小さい分ゴミが着くと目立つので、車体を塗るのと同じ様に気を遣って作業を行っています。

裏側まで回り込むようにして塗ると、「フチに色が入っていなかった!」なんて事は無くなります(バンパーを塗った際に耳の部分に色が入っていなかった!というのが塗装屋あるあるです)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

フェラーリ458 リモコンキー本塗り

先日素地調整~サフェーサーを塗っておいたフェラーリ458スパイダー純正のリモコンキーカバーです。その後60℃40分程の熱を掛けてサフェを硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

#600→#800の水研ぎでライン出しwお行い、

ペーパーが当てられない跳ね馬部分や溝等をウォッシュコンパウンドとナイロンブラシを使って足付け処理を行います。サフェを塗った部分に何もせずそのまま色を塗っても剥がれてしまう為、必ず足付け処理が必要です。

いつものように手で持って塗れるよう芯棒に固定します。

薄っすらと素地が見える部分には一応プラスチックプライマーを塗布しておき、本塗り開始です。

まずはベースコートを塗布します。

色はフェラーリ純正色ロッソコルサ(カラーコード:300)となります。

十分に乾燥させたら、

クリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

跳ね馬のエンブレムが嵌る部分はクリアーが入り過ぎないよう、スプレーガンの向きに気を付けて塗装しています。

裏側からも塗る事で、フチや穴の周りもしっかり色とクリアーが行き渡ります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

フェラーリ488リモコンキーカバー サフェ入れ

先日お預かりしておりましたフェラーリ488ビスタのリモコンキーカバー(表側のみ)です。ぱっと見は綺麗に見えますが、「r」と「a」の間の下くらいのプレスライン上に傷があるので、これを均します。

手研ぎだとそこだけ凹んでしまうので、固い当て板(砥石)を使って全体を均すようにして傷部分を削っていきます。

その後ウォッシュコンパウンドとナイロンブラシを使って細部の足付け処理を行います。

プレスラインの頂点にサフェが乗るような感じでマスキングを行います。

マスキングテープをピッタリ貼るとそこで激しい段差が出来てしまうので、テープの端を少し折り込んだ状態にし、スプレーガンから出るエアーでヒラヒラと浮くようにしてあります。所謂プレスラインぼかしですね。

素地が露出した箇所にプラスチックプライマーを塗り、続けてサーフェサーを塗布します。

最初の3コートはマスキングテープが貼ってあるままサフェを塗り、最後の1コートはそれを剥がしブツ切り部分を覆うように塗っておきます。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!