リモコンキーカバー3点 サフェ入れ

先日お預かりしておりましたリモコンキーのカバーパネル3セット6点となります。

それぞれ違うオーナー様からのご依頼ですが、内容が似ているので並行して作業を行っております(裏に印をつけておりますので間違えたりはしませんからどうぞご安心くださいませ)。


マセラティリモコンキー(O様)塗装承ってます

マセラティリモコンキー(S様)塗装承ってます

フェラーリカリフォルニアTリモコンキー塗装承ってます


マセラティのリモコンキーは未塗装の着色樹脂で、ただし成型時の歪が激しい為、#120で研摩して形を整え、その後#180でペーパー目を均し、#240~#320で足付け処理を行っています。

フェラーリのリモコンキーも同じく歪がある為、既存の塗膜を剥がして素地のラインを整えます。

ペーパーが入り難い&深い傷を付けたくはない箇所はナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って足付け処理を行います。

その後はよく水で洗い流しておきます。

順番が逆ですが、フェラーリのリモコンキーカバーは跳ね馬部分のマスク型を作成しています。比較的低い温度の熱で溶ける熱可塑性樹脂(ポリエチレン)を少量カットし、熱湯の中にリモコンキーカバーと一緒に着けて温めます。

柔らかくなった樹脂を窪みに押し込み、余分を除去します。

冷えたら剥がすとこのようにマスキング用の型が出来上がります。

マセラティのリモコンキーカバーは窪み部分にマスキングテープを貼っておきます。

ボタンが入る箇所には紙を丸めて差し込み、エアーで飛んでいかないようテープで固定しておきます。

サーフェサーはかなりの膜厚になる為、ゴムのボタンが嵌る部分に塗るとそれが入らなくなってしまう恐れがありますから、この段階ではマスキングをするようにしています。

跳ね馬のマスク型は少し浮かした状態にしておきます。奥までピッタリ入れてしまうとサフェで隙間が埋まってフチがガタガタになってしまう為ですね。

プラスチックプライマーを塗布し、ある程度乾かしたら続けてサーフェサーを塗ります。

サフェは合計4~5コートで、コート間には10分程のフラッシュオフタイムを設けています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

フェラーリリモコンキーカバーは、穴の周りの傷防止の為のステンレスリングの製作も承っておりまして、本塗りの前にそちらの作業を行う予定です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

フェラーリカリフォルニアTリモコンキー塗装承ってます

先日到着しておりましたフェラーリカルフォルニアT用純正リモコンキー です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はフェラーリ488スパイダーに採用されている純正色=ブルーコルサ(カラーコード:266915) での塗装と、キーリング取り付け穴部分に傷防止用のステンレスリングの製作・取り付けを承っております。

既存の塗膜はいつものように削り落とし、元々ある歪をサーフェサーで整えてからの上塗りとします。

ちなみにフェラーリのリモコンキーには、カバーを外す為に一部に窪んだ部分がありますが、ここにドライバー等を入れて抉るとどうしても傷が付くので、

私の場合はそれとは逆の部分、キーリング取り付け側からプラスチック製のヘラ(ジラコヘラ)を隙間に挿し込み、そのままヘラを周りを一周させるようにして外しています。これだとどこにも傷を付けず簡単に開けられるのでお勧めです(クレジットカードとかだと厚みがあるのでNGです)。

この型の鍵はキーリング取り付け部を避けるようにして爪が着いているので、この部分には比較的簡単にヘラを挿し込む事が出来るようになっています。またキーリングが着いたままでも出来ます。

早速分解も行いました。今回塗装するのは赤いカバー2点のみで、鍵本体(黒い部分)はそのままとなります。

キーリング取り付け部に着ける傷つき防止リングについては以前の施工例があるのでそちらを紹介します。

こちらは以前ご依頼を頂いたフェラーリ458のリモコンキーで、塗装後にキーリング穴に傷防止のステンレスリングを取り付けています。

傷つき防止リングの製作についてはこちらで紹介しておりますので宜しければご参照くださいませ。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

マセラティリモコンキー(S様)塗装承ってます

先日到着しておりましたマセラティリモコンキーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

別件で先日同じ型のリモコンキーをお預かり中で、それぞれ間違えないよういつもはタイトルに発送先のご住所を記載していたのですが、今回はどちらも同じ東京という事でイニシャルにさせて頂いております。

ご依頼内容はボディカラー同色のマセラティ「アルジェントルナ」(カラーコード:226688)で、下地処理はいつもの通り「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」を行い、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っております。

また今回は同じ仕様で2個のご依頼を頂いておりまして、今回先にお預かりしたこちらが完成後、次の二個目を送って頂く形となっております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

マセラティリモコンキー(O様)塗装承ってます

先日到着しておりましたマセラティの純正リモコンキー(グランツーリスモ 2014)です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

現状は全体的に傷があって、ただ塗装する上ではそれよりも製品自体の歪みが厄介で、それを整える為に「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった作業で下地処理を行います。

色はマセラティ純正色の「BLU SOFISTICATO」(カラーコード:266890 )で、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っております。

この型のリモコンキーは今までにも何度か施工しておりまして、以下リンク先の内容が判り易いかと思います。宜しければご参照くださいませ。

Maserati Remote Key

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

フェラーリ488リモコンキー塗装 完成

先日本塗りを終えていたフェラーリ488ビスタのリモコンキーカバー(表側のみ)です。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、外れていたエンブレムを取り付けました。

そして本日完成となります。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々は赤かったカバーを、

部分的に傷を補修し、フェラーリ純正色の「BIANCO FUJI/ITALIA」( カラーコード:226027)に塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂き有難うございました!