フェラーリ488リモコンキーカバー塗装承ってます

先日到着しておりましたフェラーリ488の純正リモコンキーカバーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

以前同型製品の施工をしておりまして、その時はは外側の赤いカバー単品になっていましたが、今回はそれに電池ケースの部品が着いたままの状態となっておりますので、まずはこちらを取りはずします。

熱カシメされた箇所をリューターで削り落とします。

ただこれだけだと取れないので、

ドライヤーで温めて隙間からヘラを差し込み、シーラーを剥がします。かなりしっかり着いているので、何回かやっていたらいつかは破損してしまう事があるかも知れません。

FERRARIのエンブレムは金属製なので、それのカシメ部もリューターで削って取り外します。

そして分解が完了です。

分解組付けに関しては個人的な趣味としてサービスで行っておりますが、それによって生じる破損や不具合には補償・保証が出来ませんので、ご懸念の場合には予め分解しておいて頂く事をお勧めいたします(とは言ってもリューター等の工具をお持ちの方は少ないと思いますし、多少なり当方の方がこういった作業には慣れていると思いますのでむしろこの方がリスクは少ないかも知れません)。

潰されたカシメ部は横に膨らんでいるので(太くなっているので)それをヤスリで削っておき、スムースに組付けられるかも確認しておきます。組付けは、少し前に紹介したドアスイッチと同じようにエポキシ接着剤の点付けの要領で、簡単には外せないようにしつつ、後で再塗装する際にもまた分解出来るようにしておきます。

御依頼内容はこちらをフェラーリ純正色の「BLU POZZI」(カラーコード:520)への塗り替えで、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

マセラティリモコンキー塗装承ってます

先日到着しておりましたマセラティリモコンキーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はマセラティ純正色の「ボルドーポンテヴェッキオ」(カラーコード:226125)への塗装で、

 

またエンブレムの被膜が完全に剥がれ落ちてしまっていますので、こちらもボディと同色の塗装で承っております。

これだけを見るとよく判らないと思いますので、以前施工した時の画像を紹介します。

元々のエンブレムはこのように背景が紺色になっているのですが今回はそれが無いので、テスト的に(個人的な趣味の範囲で)ここも塗装してみよう、と言う作戦となります。

という訳で早速分解も行いました。

リモコンキーは3箇所の爪で固定されていて、一つは自作の工具でなんとか外せるのですが、残りの2つは完全に見えない箇所にあるので、多少強引に外すしかありません。幸いにして破損したのは一か所で済んだので、

脱脂清掃してプラスチックプライマーを塗り、エポキシ接着剤でそれぞれの破片を繋げ、

本体に固定してさらに補強の為に周りにも接着剤を盛っておきます。ちなみにプライマー無しだとくっ付かない素材で、また瞬間接着剤等では強度が得られないのでNGです(瞬間接着剤は60℃で接着効果が落ちるのでそもそも塗装~強制乾燥が前提の物には使えません)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

フェラーリ458リモコンキー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたフェラーリ458純正リモコンキーカバーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこのような状態だった物を、「研磨→プライマー塗布→サーフェサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行い、

改めてフェラーリ純正色のロッソコルサ(カラーコード:300)で塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

この鍵の特性上、金属製のリングをそのまま取り付けると、使っている内に穴の周りの塗装が剥がれてしまいますので、それを防止する方法としては、例えば金属では無く丈夫な紐等を使うと良いかも知れません。

例えば以下の様な製品ですかね↓

その他、以下の商品のように比較的細いタイプでも「落下防止」を謳っていれば安心出来るかも知れません。

それでもやはり金属のキーリングを取り付けたい!という事であれば、塗装しないで素材そのままで防御する何かを穴の周りに取り付けるしか方法は無いかと思います。こちらのような感じですね。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

フェラーリ458リモコンキー 本塗り

先日サーフェサーを塗っておいたフェラーリ458純正リモコンキーカバーです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとして黒のベースコートをパラパラと塗っておきました。

マセラッティのリモコンキー程では無いですが、こちらのカバーパネルも成型時の歪があるので、サンディングの際には当て板を使ってラインを整えます。通常は木片を使っていますが、今回は砥石を使っています。

ペーパーが入らない(当たらない)窪み部分は、ナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って足付け処理をしておきます。

よく洗浄し、本塗りのタイミングが来るまで保管しておきます。大抵は恒温機(乾燥炉)の中で、他の御依頼品で熱を掛ける場合はそちらと一緒に二度焼き~三度焼きとさらなる締まり切りを期待します。

本塗りのタイミングが来たら台(芯棒)に固定して本塗り準備を行います。

裏側に周り込んで塗れるよう、出来るだけスペースを開けた固定方法にしています。

素地が露出している箇所もあるので(主に裏側)最初にプラスチックプライマーを塗布し、続けてベースコートを塗布します。

色はフェラーリ純正色のロッソコルサ(カラーコード:300)となります。

最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

ゴムのボタンが嵌る部分は膜厚を着けたくないのでクリアーは塗らないようにしています(今回ベースコートだけ塗りました)。

ちなみに当店で使っている塗料はドイツSTANDOX社の物で、これらはロシアからの天然ガスに大きく依存していますから、もしかしたら今後入手が難しくなるか、または非常に高騰する可能性があります。塗料自体は天然ガスから出来ている訳では無いと思いますが、製造する過程で天然ガスの使用が必要ですからね。今から何か考えておかないといけないかも知れません(とは言っても小物の塗装ならどうにでも出来ると思いますが)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

フェラーリ458リモコンキー 下準備

先日お預かりしておりましたフェラーリ458の純正リモコンキーカバーです。

最初は#120である程度の塗装を剥がし、

その後#180~#240で均します。

その他ペーパーが当たっていない箇所にも塗料が付着する可能性がある為、ナイロンブラシとウォッシュコンパウンド(液状研磨剤)を使って足付け処理を行っておきます。フチと裏側もしっかりとですね。

跳ね馬部分にサフェを塗ると膜厚がついてエンブレムが入らなくなってしまう可能性がある為、

熱可塑性の樹脂(温めると粘土状になるポリエチレン樹脂)を詰め込みます。ちなみにプラモデル等でもこういった物がありますが、油分がある物は使えず、また塗装に対して密着しない素材が適しているので、知り合いの塗装屋さんからこちらを教えて頂きました。PE=ポリエチレンは基本的に塗装が不可能な素材ですので(ただし当店ではJIS規格に準じた密着性を保持した塗装は可能です)、今回のような使い方にとても適しています。

その後よく脱脂清掃し、

プラスチックプライマーを塗布します。

続けてサーフェサーを塗布します。

樹脂粘土を詰めた箇所はフチがガタガタになりがちですので、

それを外した後、薄く1コートサフェを塗って馴染ませておきます。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!