バイクスクリーン&ミラー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日レンズ類の本塗りと、サイドミラー本体の塗装を終えていたバイク用のスクリーンパネルとバックミラー&ミラーレンズ、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々スクリーンは薄くスモークが入っていた物を、

 レンズ類は「標準濃度より少し濃い目」の濃度で、

「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 下に敷いている布のせいでスモークが黒過ぎて見えたので、改めて白い紙を敷いて撮影しました。

ウィンカーレンズもミラー本体に軽く乗せ、実際の装着時と同じような濃さに見えるようにしています。

 ミラー本体は元々艶消し黒だった物を、事前に色見本帳から選んで頂いたクライスラー社の「Dark Grey Met」(カラーコード:XS9)の艶消しクリアー仕上げで塗装しました。

最初の状態も紹介しますね。

根っこの部分だけが艶ありの状態でした。

 レンズとミラーで隙間が空いているのはちゃんと奥まで入れてないからで、実際に組み付けるとピッタリ嵌りますのでご安心下さいませ。

 土台を着けるとこんな感じになります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご贔屓頂きまして誠に有難う御座いました!

バイクスクリーン&ミラーウィンカー本塗り

 先日下準備を行っていましたバイク用スクリーンパネルとミラーウィンカーです。

 スクリーンの方は既にスモークが掛かっているので、まずはこちらのミラーウィンカーレンズをその濃さに合わせます。

 スモークのベースコートを塗り重ねてスクリーンと同程度の濃さにし、さらにスモークを塗り重ねていきます。

 ご指定頂いているのは「標準濃度より少し濃い目」となります。

スクリーンの濃さが決まり、ミラーウィンカーもそれに合わせます。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。尚、ミラー本体の作業はまだこれからで、ただレンズはそちらとは一緒に塗れないので別々に行っています。

 オーナー様は既にご自身でスモークの黒染め(恐らくはお湯に染料を入れて煮る方法)を試されたとの事で、ただそちらが余り上手くは行かなかったとの事で今回のご依頼に至ります。私も同じような製品をユザワヤで見かけて危うく手に取るところだったのですが、知り合いの塗装屋さんから「かなり難しい」と言われていたので試した事はありません。オフィシャルサイトを見る限りでは簡単そうに見えたのですが、やはり世の中そんなに甘くはないのですね・・・。

 比較的しっかりとスモークですが、透明感があるのも判ると思います。

それではミラー本体も作業進行しましたら紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レンズ系透過性塗装 下準備

 次回の透過性塗装のターンで本塗り予定のレンズ系パーツ一式です。順番的にはデリカD5のテールランプ&ガーニッシュ一式を入れる筈だったのですが、そちらは数が多い事、また内容も複雑(赤色を揃えないといけない)といた事から、次回のターンにさせて頂きました。何卒ご容赦頂ければと思います。

代わりにこちらはちょっと早いのですが、ヴァンガードのテールランプを入れさせて頂きました。

 と言う訳で、まずは清掃作業です。こちらは先日お預りしておりましたカワサキZX-14Rのウィンカーで、中に埃が入らないよう目止めを行います。

 泥汚れを水とブラシで洗い流します。ちなみに実際に作業して気が付いたのですが、こちらのZX-14Rのウィンカーは、レンズ下部にある水抜き穴が大きく、巻き上げられた泥がそこから中に入ってしまっている!と言う事で、この後結局中も水で洗い流しました。一般的なテールランプは内部が袋状になっていたりするので内部を洗ったりはしませんが、今回のウィンカーは構造が単純だったのが幸いでした。しかし目止めのマスキングは全く意味が無かったという(笑)。

 その他のパーツも綺麗にしておきます。

 コンプレッサー(&エアードライヤー)の上にある排気口からは廃熱の温風が出て来るので、その上に置いておくと中までしっかり乾燥してくれます(同じく、気温の低いこの時期は、本塗り前にクリアーを入れたスプレーガンをそこに置いておくと粘度が下がって塗り易くなります)。

こちらは先日ミラーと一緒にお預りしたバイク用のスクリーンパネルです。

上部についてたゴムモールは接着剤で固定されていたので、ドライヤーで温めて剥がします。

表側は塗装するのでペーパーで削り落とし、取り付けは接着剤では無く両面テープを使おうと思います。

 スクリーンパネルのような一枚物のレンズは、そのまま普通にマスキングをしてしまうと塗っている時にどれくらいの濃度が判らなくなってしまいますから、半分に反射フィルムを、もう半分は透明なフィルム(粘着糊の弱いカッティングシート用のアプリケーションシート)を貼り付けます。今回はミラーウィンカーとも濃さを合わせないといけないのでいつも以上に気を遣います。

 アルミフィルムの上に養生紙を重ね、フチまでマスキングを行います。

 こうする事で2パターンの濃さが判りますから、本塗りをしながら目指すスモーク濃度に近づけられる事が可能になります。いざ本塗りが始まってしまうとどうにもならないので、保険に保険を重ねていくような感じですかね(こういった事もありスクリーンパネルのスモーク塗装はテールランプ等に比べると高めの設定となっております)。

ミラーウィンカーの方は分解が可能でしたが、取り付ける土台部分は反射板では無く黒(今回の塗装では黒メタリック)になる為、先ほどのスクリーンのように反射フィルムを貼り付ける必要はなく、ただしLEDの基盤が反射板の役割を担っているところもあるので、これを着けた状態で塗装する事にしました。中に塗料ミストが入らないようマスキングをした上でLED基板を取り付け、さらにマスキングを行います。

 そしてこちらは先日お預りしておりましたカワサキZ1用の社外品ウィンカー&テールレンズです。

こちらもやはりテールとウィンカーで濃さを合わせたいので、ウィンカーの方は反射フィルムを二通りにして貼る事にしました。

 右側がレンズの裏側にピッタリ近づけて反射フィルムを貼った物で、左側はレンズから離した状態(実際の反射板に近い感じ)にした物です。同じレンズでもフィルムの位置(貼り方)でスモークの濃さが違って見える為、本塗りをしながらスモーク濃度の調整・確認がし易くなります。

こちらは先日お預りしておりましたNCロードスター用のフロントウィンカーとサイドマーカーです。

画像のサイドマーカーはフチにメッキの枠が着いているので、傷が付かないよう足付け処理の前にマスキングをしておきます(本塗りの前にはまた貼り直します)。

 ZX-14Rのウィンカーレンズも裏から反射フィルムを貼っておきます。こちらはオレンジ&スモークですね。

まずはこのような感じでマスキング作業が完了です。今回は数が少なく見えますが実際には7案件、22個と多めになっております。

一番最初にお預りしたV-MAXのテールランプからその後は結構間が空いていたのですが、ここ2週間くらいで一気にレンズ系のご依頼が入ったので、(V-MAXのテールランプの方以外は・・・)比較的早めに本塗りの順番が来ています。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

バイクスクリーン&ミラー塗装承ってます

 少し前にお預りしておりましたバイク用のスクリーンパネルと左右ミラー一式です。こちらのオーナー様は以前ブレーキホース一部の塗装をご依頼頂いた方でして、この度も当店をご贔屓頂きまして誠に有難う御座います!

 スクリーンは既に若干にスモークが入っていますが、こちらを「標準より少し濃い目」のスモーク塗装で、またクリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承っております。

 そしてミラーです。今回はミラー本体とウィンカー部のスモーク塗装も承っておりまして、ただ分解の際に破損する可能性がある(!)と言う事で、一旦オーナー様にご返却し、

 本体からレンズを外した状態にして頂きました。お手数を頂きましてありがとうございました!

 ウィンカーレンズはスクリーンと同じように「標準より少し濃い目」のスモーク塗装で、こちらもクリスタルクリアーへの変更で承っております。

 そしてミラーです。現状本体は艶消しの黒で、土台部分は艶ありに塗装されています。

今回こちらを「ガンメタの艶消しに」と言う事で、色見本帳からクライスラーの「Dark Grey Met」(カラーコード:XS9)で、クリアーは艶消しクリアー仕様で承っております。

それでは作業進行次第改めて紹介をさせていただきますね。改めましてこの度も当店をご贔屓頂きまして誠に有難う御座います!

DUCATI Windscreen

 DUCATI DIAVEL用のアクリル製スクリーンパネルです。他の塗装屋さんやフィルム貼りのお店にどこの店でも難しいと断られ、当店にお問合せを頂きました。

尚、バイクに通常使うのは一つですが、この時は同じ物を二個、それぞれ違う濃度のスモーク塗装でご依頼を頂きました。

 通常のマスキングでは裏にマスキングテープもしくは養生紙を貼りますが、それでは塗装中にスモークの濃度やムラが確認が出来ない為、裏側には反射フィルムを貼り付けます。

 それだけでは心許無いので、さらにその上に通常の養生紙を重ね貼りします。

 表面を#800→#1300の空研ぎで足付け処理を行います。現状白く濁っていますが、塗装すると消えるので大丈夫です(ただし#800の目は残る事があるので注意が必要です)。

 よく脱脂処理を行い、プラスチックプライマーを塗ります。

 ベースコートでスモークの濃度が決まったらクリアーを塗って本塗り完了です。

 濃い方が「標準濃度」で、薄い方が「薄目」の濃さとなります。

 その後60℃40分程の熱を掛けて強制乾燥硬化させ、数日寝かした後に完成となります。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

製品到着後にはオーナー様から「ものすごく綺麗な仕上がりで、大変満足です。さすがプロの加工だと改めて感動しました。」とのお言葉も頂戴しました。

さらにその後、テールランプやウィンカーのスモーク塗装、カーボンカウルのクリアー塗装などもご依頼頂きまして、当店の塗装を気に入って頂けたようで有り難い限りです。