SHURE BETA58Aマイク 本塗り

 先日お預りしておりましたSHUREのBETA58Aマイクです。

予めイメージイラストを作製していましたが、念の為プリントアウトし、実際にマイクに当ててサイズ等を確認しておきます。

 その後デカールにロゴを印刷しておきます。使うのは一個だけですが、予め余分に刷っておき、一番良い物を使うようにしています。

デカールの作成については以下のページで紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

1/43ポルシェミニカー用 デカール作成

 マイク本体は#500(アシレックススカイ中目)→#800(アシレックスレモン)で空研ぎし、グリルボールはナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使い、ペーパーの当たらない網目の奥までしっかりと足付け処理を行っています。

 マイク本体の色は、前回ご依頼を頂いたゼンハイザーE945と同じくホンダ「プレミアムホワイトパール」(カラーコード:NH-624P)で、まずはカラーベースとなる白を塗装します。

 その上にパールベースを塗布し、十分乾燥させます。

 その後、ご指定の個所にロゴを印刷したデカールを貼り付けます。尚、今回のロゴの色はシルバーの上にマゼンタを重ねたキャンディーピンク(メタリック)となります。

 デカール貼付け後、さらによく乾燥させます。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは前回と同じく高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 この後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ちなみに今回もテスト的にBE@BRIC(70%)もマイクと同仕様で作成していて、ただし素材に使ったベアブリックの素材(着色樹脂)が赤だった為、その色が滲み出てホワイトパールがピンクっぽくなっています。てっきり元々塗られている塗装が良く無かったのかと思いきや、ニジミは樹脂から発生している模様です(もしくはどちらからも)。

これを防止する為の下地剤(ニジミ止めシーラー)もあるのですが、艶が引けてしまう等の弊害もある為、この辺は塗る色によって素材を選ぶのが良いかも知れませんね。

SHUREワイヤレスマイク塗装承ってます

 先日到着しておりましたSHURE QLXD2ワイヤレスマイクです。ヘッド部分は別体でTELEFUNKEN M80Wが装着された仕様となっています。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

塗装するのはマイク本体(下部のアンテナ部は除く)と別体のヘッド、カバー部分の3点となります。グリルボールと接点カバーリングは塗装せずそのままとなります。

色については少々特殊で、クロマフレア風な偏光パールを2種類使ってのグラデーション塗装となります。以前色見本用マイクに塗装したサンプルがありますのでそちらを紹介させて頂きますね。

 また公式の色としては紹介していなかったのですが、イメージとしては上記画像の一番左の色見本マイクのような感じとなります。

 上記画像の左側の色見本がそうで、「濃いグリーン」と「玉虫色」をグラデーションさせて組み合わせた塗装となります。

それぞれの色を別けて紹介させて頂きますね。

 こちらが濃いグリーンの方(クロマフレア風No.7)で、見る角度によって青味が出てくる偏光型のパールを使用しています。

 パッと見は黄色寄りの濃いグリーンなのですが、

透かしで青味を帯びる色となります。マジョーラなどのクロマフレア系顔料の塗装と同様、下色に黒を塗装しています。

 そしてこちらが玉虫色の方(クロマフレア風No.9)で、見ての通りグリーン→イエローマゼンタへと激しい色変化を起こします。

 顔料自体はどれもパウダー(粉末)タイプで、バインダー(樹脂のみ)と混ぜて使う事で通常のSTANDOXの塗装システムとして使用が可能となります。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

SHURE BETA58Aマイク塗装承ってます

先日到着しておりましたSHUREのBETA58Aボーカルマイクです。この度もご贔屓頂き有難う御座います。

既にイメージイラストも作成しておりますのでそちらを紹介させて頂きますね。

マイクの本体色はホンダ プレミアムホワイトパール(カラーコード:NH-624P)で、かなり偶然なのですが、現在別件でお預り中のIMPULルーフアンテナと同色となります。ですのでタイミングを合わせて一緒に塗れればと考えております。

ちなみにこちらのオーナー様は今回で二回目の御依頼で、前回はゼンハイザーのマイクを塗装されました。その時の画像を紹介させて頂きますね。

 今回のホワイトパールはこの時と同色となります。

この時はロゴはピンクのソリッドカラーでの塗装でしたが、今回はサイズが小さいのでデカールで、また色は「ピンクメタリック」で承っています。

こちらも参考画像がありますので紹介をさせて頂きますね。

こちらは以前作成した色見本用のマイク(本体はレジン製)で、「SHURE」のデカールはシルバーの上にマゼンタを重ねて印刷したキャンディーカラーとなっています。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度も当店をご贔屓頂き誠に有難う御座います!

SHURE BETA58A & BE@RBRICK

 SHUREのSM58 BETAボーカルマイクです。

塗装をご依頼頂いたのは本体のみで、事前に打ち合わせをさせて頂きまして、以下のような内容で作業を承りました。 色はトヨタ純正色の「クールソーダメタリック」(カラーコード:8V7)で、クリアーは「半艶仕上げ」で承りました。以前ゼンハイザーのマイクで施工した時と同じ色、同じ艶での内容となります。

 足付け処理~マスキングを行い、台にセットしました。

 ベースコート塗布後、カットしたマスキングシートを所定の位置に貼ります。

 ロゴ部分に白(VWキャンディホワイト)のベースコートを塗ります。

 マスキングシートを剥がしました。

 裏に入れるロゴはサイズが小さい為、こちらは塗装では無くデカールでの対応としました。

 所定の位置に貼付け、よく乾燥させます。

 今回は「半艶」仕上げでご指定を頂いている為、塗装後に磨き処理が出来ませんから、まずは通常のクリアー(艶あり)で下塗りを行います。

この後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、さらに数日寝かします。

ロゴを入れた個所とデカールを貼った部分を#800で研いで平滑にし、塗装面全体を足付け処理します。

艶有り仕上げであれば塗装後にペーパーを掛けてコンパウンドで磨けば段差を目立たなくしますが、艶消し、半艶仕上げの場合にはそれが出来ない為、今回のように二回に分けて塗装を行います(その分ロゴ入れの費用は上がります)。

 デカールは特に段差の跡が見えてしまうので、下塗りのクリアーを厚めに塗り(3コート)、研いで平滑にしています。

そして半艶クリアーを塗って本塗り完了です。画像は塗ったばかりの状態で、ここから徐々に艶が消えていきます。

 その後再び60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

 今回はデータの入稿はありませんでしたが、フォントとサイズをご指定頂いたのでそれを基にこちらでデータを作製しています。

 クリアーは半艶仕上げで、強度については通常のクリアー(艶あり)と同じ物と考えて頂いて大丈夫です。

 目の肥えた塗装屋さんが見ても段差・継ぎ目が判らない仕上りに出来ていると思います。

 こちらは自然光下で撮影した画像です。

 こちらはストロボを使った撮影となります。

 つるんとした半艶仕上げで、落ち着いた高級感を感じられるかと思います。

尚、今回はマイクと同色・同仕様(同じロゴ)にしたBE@RBRICKも塗装し、キーホルダー化にしています。今回のように「塗装のついでに」といった感じであれば、かなりの格安で制作が可能となります。

詳しくは後日社外記のページで紹介しますので宜しければそちらをご確認頂ければと思います。 →アップロードしました。

ゼンハイザーE945(from千葉)塗装 完成

 大変お待たせしました!ゼンハイザーE945ボーカルマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

ゼンハイザーに塗られている塗膜はSHUREに比べると厚みがあるので、塗装前には肌目を消すようかなり削っています(逆に塗膜の薄いSHUREは旋盤で削ったヘアライン状の痕が多少残ります)。

 色はVW社の「キャンディホワイト」(カラーコード:LB9A)で、

 ロゴはシルバーに少量の黒を入れたグレーシルバーにしています。

シルバーメタリックだけだと白地に埋もれてしまいますが、少量の黒を入れる事で透かしを黒くし、ロゴがさりげなく目立つようにしています。

 シルバーメタリックは隠蔽性とアピール度を両立させる為、中目~粗目まで3種類の原色を使っています。

 ストロボを使った撮影もしてみました。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!