ゼンハイザーE945マイク 本塗り

 先日お預かりしておりましたゼンハイザーE945ボーカルマイクです。

マイク本体には艶消し黒(クリアー無し)が塗ってあるのでそれを#800相当で研磨し、グリルはナイロンブラシとウォッシュコンパウンド(液状の研磨剤)を使って網目の奥までしっかり足付け処理を行っています。

 よく脱脂してエアーブロー後、まずはベースコートを塗布します。

色は日産「シルキーベージュ」(カラーコード:C42)で、中目のメタリック(MIX812)にイエロー系が3種類、黒と白も入っています。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

 SHUREのマイクは旋盤加工時の跡が残っているので仕上がりにそれが影響してしまう事がありますが(特にBETA58)、ゼンハイザーは塗られている塗膜が比較的厚いので、研磨してそれを目立たなくする事が出来ます。SPFシルバーはデリケートな塗装になるため、以前塗ったSHURE BETA58Aの時は、サフェの代わりにクリアーを下塗りしてから塗っていたりします。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

SHURE SM58マイク塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHURE SM58ボーカルマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

ボディは黒っぽく見えますがメタリックが入っていて、グリルはシルバー、どちらもクリアーは塗ってありません。

 今回の塗装はキャンディーレッドで、

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーで承りました。

 こちらは自然光で撮影した画像となります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

年末年始は12月31日~3日までの休みとしようとしていましたが、超特急仕上げのご依頼が数件入ってしまっているので、休みは返上になるかも知れません(まあその分割り増しを頂けるので、こういう時こそ働かないといけないのでして・・・)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHURE SM58マイク 本塗り

 先日お預かりしておりましたSHURE SM58ボーカルマイクです。

本体は#800相当の研磨副資材で空研ぎし、グリルボールはナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って足付け処理を行っています。

 下色として適当なシルバー(VWリフレックスシルバー)2コート程塗り、その上に粗めのメタリック(MIX598)を2コート塗ります。

 その後透過性の赤=キャンディーレッドを塗り重ねます。こちらもベースコートで、ただし硬化剤を適量(10%~20%くらい)入れています。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 ちなみにSM58は本体が上下に外れますが、中の配線はハンダで繋がっているのでそれは分解せず、ネジを少しだけ緩めた状態で塗装しています。分解すると部品点数が増えるのでその分コストも上がりますが、この塗り方なら(分解出来ない)BETA58と同額で出来ます。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

SHURE SM58マイク キャンディーマゼンタ&クロマ風No.2塗装 完成

 こちらも大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHURE SM58ボーカルマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

2本の内の一本は先ほど紹介したピンク&白のグラデーションで、

 今回のマイクは本体とグリルリングをキャンディーマゼンタに、

 グリルメッシュ部をクロマフレア風No.2で塗っています。

 自然光で撮影しました。

 SHUREのロゴはシルバーで、裏と表に二カ所入れています。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 フラッシュを使って撮影もしました。

 メッシュに塗ったクロマフレア風No.2は「青→紫→赤→橙→黄」に変化します。画像だと紫~オレンジに見えますが、蛍光灯下だと紺にしか見えません。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難うございました!

SHURE SM58マイク キャンディーマゼンタ&クロマ風No.2 本塗り

 先日お預かりしておりましたSHURE SM58マイク×2本の内の一つです。

白&ピンクのグラデーション仕様は既に本塗りを終えていまして、今回のこちらはキャンディーマゼンタとクロマフレア風No.2の2トーンカラーとなります。

 まずはクロマ風No.2の下色として、グリルボールにベースコートの黒を塗ります。

 その後クロマフレア風No.2を塗布します。

こちらは「青→紫→赤→橙→黄」に変化する特殊なパール顔料で、本物のクロマフレア顔料はDUPONT社のクロマリュージョンカラー、日本ペイントのマジョーラなどに採用されているJDSU社のChromaFlairを使っていますが、これは非常に高価なのと、リキッド(樹脂に混合された液体)の塗料しか無い為、当店ではパウダー顔料を単体で海外から取り寄せて、STANDOXのベースコートバインダー(MIX599)に混ぜて使っています。先日紹介したAXALTAのガラスフレーク(PP304)と同じ使い方ですね。

そういった顔料を使った塗装としては、以下のようなカラーバリエーションがあります↓パールは光を反射させつつ透過させる特徴があるのですが、それを多層にして複数の色を表現したのがこういった光干渉型の顔料です。使い方も難しくないので、低コストでご提供出来るようになりました。

 その後よく乾燥させたらメッシュ部分をマスキングします。

 マイク本体とグリルのリング部に粗めのメタリック(MIX598)を塗布します。

 その上に透過性のマゼンタを塗布します。濃くするとピンク感が無くなって赤になってしまうので、樹脂(バインダー)に対してマゼンタの含有率を下げて調整しています。

 メッシュ部のマスキングを剥がしました。ワイヤー一本一本が紫から紺に変化しているのが判ると思います。

その後シルバーに印刷した「SHURE」ロゴデカールを表と裏に貼って良く乾燥させます。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 キャンディーマゼンタは濃くし過ぎると赤くなってしまうので調整が難しいです(余程赤の方が簡単です)。

光が色(マゼンタ)の層を突き抜け、下地のシルバーに反射して再びマゼンタの層を通る為、見る角度によって色の深みが変わります。

 オーナー様よりご指定頂いた画像の色味にも近づけられたと思います。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!