SHURE SM58マイク塗装承ってます

 先日到着しておりましたSHURE SM58ボーカルマイクです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はクロマフレア風No.4のべた塗りで、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承っております。

見本として塗装した画像がありますのでそちらを紹介させて頂きますね。

SHURE SM58 クロマフレア風塗装No.4

その他こちらの社外記でも紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

クロマフレア風顔料 No.4

サーモス塗装 クロマフレア風No.4完成

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

SHURE SM58マイク塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHURE SM58マイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介させて頂きますね。

元々はゼンハイザーより若干明るめのガンメタリックに塗ってあった物を、

 VW社の「キャンディホワイト」(カラーコード:LB9A)に塗装しました。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

【お任せ仕上げコース】ですので磨き処理はしていませんが、使っている材料が良いお陰で、市販品(量産品)には見られない美しい艶を感じられるかと思います。

 紹介している画像もサイズの縮小のみで撮ったそのままとなります。

 自然光で撮影しました。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHURE SM58マイク 本塗り

 先日お預りしておりましたSHURE SM58ボーカルマイクです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

一ヶ月前くらいにはお預りしていたのですが、日記を探しても見つからず、紹介していなかった事に気付きました。大変失礼を致しました・・・!

 色はVW社の「キャンディホワイト」(カラーコード:LB9A)で、先ほど紹介したゼンハイザーE935と同じ色となります。マイク本体は#800で足付け処理を行い、グリルボールはスコッチ&ナイロンブラシとウォッシュコンパウンドで網目の奥まで足付け処理を行っています。

 まずはベースコートを塗布し、

 クリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーはゼンハイザーのマイクと同様、高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。自動車のように屋外に置く事は無いと思いますが、耐擦り傷性能も高いので直接塗膜に触れるマイクにはお勧めのクリアーとなります。

 この後は一晩寝かせ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

SHURE SM58マイク カモフラ塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを行っていたSHURE SM58ボーカルマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はいつものように黒メタリックの艶消し(クリアー塗装無し)の状態だった物を、

 ピンク系3種、グレー系1種を使ったカモフラ柄に塗装し、艶消しクリアーで仕上げました。

 SHUREのロゴはオリジナルを基に、ピンク&白フチの仕様にした物をデカールで再現しています。

 ベースコート塗装後には一旦艶ありのクリアーで塗装し、完全硬化後に研ぎ作業を行って平滑な仕上りにしています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHURE SM58マイク カモフラ塗装 デカール&本塗り

先日本塗り(下塗り)を終えていたSHUREのSM58ボーカルマイクです。この後60℃40分程の熱を入れてクリアーを完全硬化させておきました。

 その後#800のペーパーで凸凹を均して#1300で足付け処理を行い、脱脂清掃をしたらベースクリアーを塗布します。ベースクリアーは色のついていないベースコートで、この場合はデカールの密着性を上げる為です。

 そしてデカールの準備を行います(画像のマイクは当店の色見本です)。

通常オーダー(特注)でデカールを作る場合には費用が掛かりますが、今回のSHUREのように予め決まった物であればそちらは不要です。

 デカール貼付けの準備を行います。細かい作業は工場二階の、いつも完成画像を撮影している場所で行っています。

 木工用ボンドを溶かした液に一旦沈めるようにしてデカールを浸し、

マイク側に専用接着剤(マークセッター)をタップリ塗ってデカールを貼り付け、さらに接着剤をコーティングするように塗りながら木工用ボンドを溶かした水で拭き取ります(画像は見本用です)。

この状態で一日寝かしておきます。

 翌日、再び工場一階に戻って本塗り開始です。この時点ではシリコンオフ(脱脂用溶剤)が使えないので(デカールが取れる恐れがある為)、作業途中では絶対に油が付かないように注意し、エアーブローとタッククロスで埃を飛ばします。

 そして艶消しクリアーを塗って本塗り完了です。

 先ほどの状態から30分くらい経つと殆ど艶が消えてくれています。ゴミが着くのが嫌だと言う事で下手に途中で熱を掛けると部分的に艶が残ったまま止まってしまうので、しっかりと艶が消えるまでは自然乾燥が基本です。

この後一晩寝かし、翌日以降に60℃40分程の熱を掛けて完全硬化させます。

さらに数日寝かしたら組み付けて完成となります。どうぞもう少々お待ち下さいませ!