ゼンハイザーE845マイク&マイクホルダー塗装承ってます

 先日到着しておりましたゼンハイザーE845のボーカルマイクと、

 そちらのマイクホルダーとなります。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はこれらをVW社の「キャンディホワイト」(カラーコード:LB9A)で、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承っております。

以前の施工例がありますのでそちらも紹介をさせて頂きますね。

こちらはE945となりますが、作業内容と仕上りはこちらとほぼ同じ内容となります。他の画像もこちらのページからご確認頂けますので宜しければご参照くださいませ。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

SHURE BETA58Aマイク 本塗り

 先日お預りしておりましたSHUREのボーカルマイクBETA58Aです。足付け処理~マスキングを行っておきました。

尚、今回はこのような内容で作業を承っております。

 ベース色は角度によって色が変わって見えるクロマフレア風No.4で承っていますので、まずは下色として黒を塗ります。

 グリルボールは2トーンカラーで承っておりますが、こちらも一旦は全部黒に塗ってしまいます。

 クロマフレア系の顔料はそれ自体では隠蔽力が無く(パール顔料全般がそうです)、何かしら下色を塗る必要がありますが、その中でも黒が一番変化が強いので通常はこうするのが一般的です。

逆にこの下色を「白」と「黄色」にした物も試していて、こちらのページで詳しい内容を紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

 黒を2コート、クロマフレア風No.4は3コート塗っています。

 下色の黒が透けた状態なのですが、これだけ見てもそうだとは判らないですよね。

 その後十分に乾燥させ、続けてグリルボールのリング部分の塗装を行います。

 こちらはシルバーを下色として塗装し、

 続けてピンクゴールド風の色を塗布します。こちらも先ほど紹介した社外記のページで詳しく紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

 マスキングを剥がし、これでベースコートが完了です。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 今回使用しているクロマフレア風No.4は「紫→橙→黄」と変化する色です。

リング部分も良い具合にピンクゴールド感が出せたかと思います。

近づいて見ると、網の鋼線一本一本が色変化しているのが判ります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

AUDIX OM6マイク塗装承ってます

 先日到着しておりましたAUDIX OM6ボーカルマイクです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご依頼内容はパールピンク系の塗装で、見本用としてこちらのヘアーアイロンの部品を一緒にお預りしました。

またオーナー様からは、「中にラメが入っているのですが、可能であれば似た感じに」との事で確認してみると、

 ラメ(粗目のメタリック)と言うより、ホログラム系の顔料が使われているようです。小物系の塗装をされている方ならよくご存じのアレですね。レインボーとか呼ばれている塗料です。

 当店でも在庫はしていて、ただ使ってみた感じが余り良く無かったので紹介はしていなかった物です。

 顕微鏡を使って見てみるとほぼ同じ物でした。

ちなみにこちらは以前お世話になっていたオートサプライヤーさん(塗料材料の仕入れや情報などを提供してくれる方)に頂いた物で、普段使う事は無いですが、今回のような時に重宝しています。まだLEDが一般になる前の時代の物ですね(笑)。

 ちなみにこちらがそのホログラム顔料を使って塗装した見本用のマイクです。

余りにも酷いので知り合いの小物塗装屋さん達が来た時に見て貰ったら、「光に当たらないとこんなもんですよ!笑」「ネットに出ている画像は大袈裟にし過ぎなんですよね~」との事でした。そうなのですか・・・。

これでもかなりの量を塗っていて、さらにマジョーラ系と同様に粒子自体が黒い為、今回のような淡い色に使うとそれが目立ってしまいますから(既に見本のピンクで見て確認出来ます)、入れ過ぎないよう注意して行いたいと思います。

尚クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様で承っています。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

SHURE BETA58Aマイク塗装承ってます

 先日到着しておりましたSHURE BETA58Aボーカルマイクです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

こちらは本体とグリルボールメッシュ(網)の部分をクロマフレア風No.4で、グリルボールのリング部分を「ピンクゴールド風に」といった仕様でご指定を頂いております。

イメージイラストを作製しましたのでそちらも紹介をさせて頂きますね。

ピンクゴールドについては、粒子感の無い(目の細かい)メタリックと、キャンディーカラーでそれらしい色味を表現出来ればと考えています。

クロマフレア風No.4については施工例がありますのでこちらも紹介をさせて頂きますね。

こちらは以前サンプル用としてクロマフレア風No.4の顔料(パウダータイプ)を使用して塗装したサーモスで、身内に毎日使って貰って半年以上経ちますが、現在もほぼこの時の状態のままを維持しています。

他には以下リンク先の記事が判り易いかと存じます。

クロマフレア風顔料 No.4

それでは作業進行しましたら改めて紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

SHURE SM58マイク塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたSHURE SM58ボーカルマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーを塗っていない艶消しグレー&シルバーの塗装でしたが、

 今回は角度によって色が変わって見えるクロマフレア風No.4のを使って塗装しています。

 正面から見るとバイオレットっぽい色に見えますが、

 透かしてみると黄色に変化します。

 もっと大きい面積に塗れば色の変化が判り易いのでは?と思い、先日サンプルとしてプラスマイナスゼロの加湿器の塗装にこの色を使用しています。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 こちらはストロボを使って撮影しています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!