ランドクルーザーテールランプ 本塗り

先日下準備を行っておいたランドクルーザー100のテールランプ一式です。被塗面は#800~#1300相当で足付け処理してあります。

今回はシーリングも承っておりまして、これは塗装の前に行う場合と塗装の後で行う方法がありますが、今回は前者で対応する事にしました。

塗装の前に行うシーリングはそれに対応した材料が必要で(変成シリコーン)、今までこちらは白か黒しか使っていませんでしたが、今回は透明タイプを見つけたので、これを使って塗装前に行おうと思った次第です。

脱脂清掃後、プラスチックプライマーを塗布し、土台とレンズの隙間に押し込むようにしてシーラーを塗り込みます。

左から右になぞったら、その後逆にして、さらに逆にしてを繰り返して隙間の奥まで充填するように塗り込みます。

その後余分をウェスで拭き取り、マスキングテープを剥がします。

これが本塗り前日の夜で、

翌日の朝にフチのマスキングを行い、

本塗り開始です。

オーナー様からは参考画像を頂いていて、これに倣うとクリアーレンズ部のスモークが比較的濃いですから、

先にクリアーレンズ部だけにスモーク塗装を行います。

プラスチックプライマーを塗布し、この後塗り重ねる分を考えた濃さにします。注意する点としてはここで濃くし過ぎないようにですね。

その後マスキングを剥がし、再びプラスチックプライマーを塗布します。

改めて画像を参考に、今度はレンズ全体にスモーク塗装を行います。

見る角度でスモークの濃さが違って見えるので、

色々な角度で確認しながら濃度を決めていきます。

スモーク塗装(ベースコート)が終わったら、最後にクリアーをコートして本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

参考画像に合わせて、赤いレンズ部分は濃くなり過ぎないようにしています。

ただそうするとクリアーレンズ部が明る過ぎるので、今回はそこだけ先にスモークを塗って濃淡2種類の濃さにしています。所謂「ダブルスモーク」ですね。

通常はレンズと土台には隙間があるのでマスキングは貼ったままで大丈夫ですが、今回はそこをシーラーで埋めているので、2回目のクリアー塗装完了後、直ぐにマスキングを剥がすようにしています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

こちらのオーナー様からはサイドバイザーのスモーク塗装も承っていますので、近々そちらも作業着手させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レクサスISテールランプ 本塗り

先日下準備を行っておいたレクサスIS(30系前期)のテールランプ一式です。

トランク側のテールランプは、途中で違うタイプの物を送って頂き、それに変更となっています。

それにより少しクリアーレンズ部の黒さは薄くなりましたが、それでも外側のテールランプのクリアーレンズに比べると明るさが違い過ぎるので、

外側テールランプのクリアーレンズ部だけを塗るようにマスキングし、プラスチックプライマー→スモークをまずはここだけ塗っておきます。

内側テールランプと同じくらいの濃さになったら、

マスキングを剥がし、改めて全体にプラスチックプライマーを塗布します。

続けて、オーナー様に送って頂いた画像を参考にスモークの濃さを調整していきます。

一度に塗ろうとするとムラが出たり濃さの微調整が出来ないので、ベースコート中のスモーク含有量を減らし、代わりにコート数を増やして塗っています。大体4~5コート塗り重ねています。

濃さが決まったらクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

テールランプの塗装では極力塗り肌を無くしたいので、ハードナーとシンナーの設定は少し遅めの仕様にしています(自動車ボディを塗っていた時よりも伸びる仕様にしています)。

ただそうすると垂れ易く、また指触乾燥までの時間が長くなるのでゴミが着くリスクも高くなるのですが、それでも肌が荒れるよりは全然マシといった感じです。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

 

トヨタGRヤリステールランプ 本塗り

先日下準備を行っておいたトヨタGRヤリスの純正テールランプと、

リヤのリフレクターレンズです。

GRヤリスのテールランプは周りの黒い部分の面積が大きいのですが、こちらもレンズと一体になっていて見切る箇所が無いので、スモーク塗装等を行う場合には一緒に塗装を行います。

最終脱脂処理を行ったらエアーブローをして埃を飛ばし、

 

スモークにしない部分をマスキングします。

そしてプラスチックプライマーを塗布し、

オーナー様より送って頂いた画像を参考に、スモーク塗装(ベースコート)を行います。

今回は「赤味が見えないくらい濃く」とご指定頂いていますので、かなり黒めにしています。

スモークの濃さが決まったらマスキングを剥がし、

再びプラスチックプライマーを塗布します。ちなみにプラスチックプライマーを塗ってからその上にマスキングテープを貼るとくっ付き過ぎてテープの糊が残ってしまうのでNGです。多少面倒でもその都度別けて塗るのが正解です(または全体にプラスチックプライマーを塗った後にベースクリアーを全面に塗る!という方法もありますが、ベースコートは極力膜厚を薄くしたいので通常その方法は選びません)。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

ちなみにてっきり赤いレンズ部分がブレーキランプかと思っていましたが、実際にはこの小さい四角い部分がそれなのだそうです。だから周りはここまで黒くしても問題無いんですね。

純正とは思えない感じになったと思います。

リフレクターレンズは「機能する事も想定しつつ濃い目に」との事ですので、

テールランプより少し薄い濃さとしておきました。

ぱっと見はこちらも真っ黒ですが、光に当たると反射板が光るのが判るかと思います。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ROVER MINIウィンカーレンズ塗装承ってます

先日到着しておりましたローバーミニ用フロントウィンカーとサイドマーカーです。こちらのオーナー様は先日い同車のテールランプを透過性の青で御依頼頂いた方で、今回はこちらをスモーク塗装で承りました。この度もご贔屓頂き誠に有難う御座います!

御依頼内容はスモーク塗装ベタ塗りで、

以前御依頼頂いた時と同様「濃い目」の濃さで、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承りました。

前々回にスモーク塗装で御依頼頂いたテールランプの画像を紹介させて頂きますね。

かなり濃いスモークですのでこの時は一応事前に確認をさせて頂きましたが、その後も問題無いとの事で今回もこの時と同様「濃い目」の濃さで承りました。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

スバルBRZテールランプ塗装承ってます

先日到着しておりましたスバルBRZ純正テールランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

御依頼内容はレッド&スモーク塗装で、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承っております。以前施工した時の画像がありますのでそちらを紹介させて頂きます。

スモーク具合についてはこの時の画像を参考にさせてして調整するようにします。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!