RB26→RB28加工タイミングベルトカバー 調色

先日お預かりしておりました日産BNR32のタイミングベルトカバーです。アルカリ洗浄槽に一日だけ浸けて、サッと汚れを落としておきました。

今回は調色作業も承っておりまして、ただ既存の塗膜を剥がしてしまうと色の確認が出来ませんから、溶剤槽に入れる前に色を作成しておきます。

が、これがまた予想に反して難航しまして・・・。

ソリッドカラーなので二時間もあれば大丈夫と思っていたのですが、元々塗られている色の彩度が高過ぎて、既存の塗料(STANDOX)ではどうやっても色が出せません。作っては捨てて(実際には下塗り用として保存)を何度も繰り返し、それでもダメで、最終的には「下色に白を塗り、それを透かすようにしてオレンジを重ねる」という、3コートソリッド方式にする事にしました。下地の白が隠ぺいしていないVWの車体等で、どうにもならなくなって使われる方法ですね。

参考までに使った原色です。オレンジとイエローだけでまずある程度の色相を合わせ、それを白く塗った色板の上に重ね、微調整&白を追加していくという方法です(ちなみに白を入れると色は濁ります)。

下色に使った白はVW社のキャンディホワイト(LB9A)で、その上にバインダー(ベースコート用樹脂だけの物=MIX599)を100%加えたオレンジを4コート程重ねて塗っています。

下地の白が透き通る事で、通常の方法では表現出来ない彩度を表現しています。

途中、キャンディーカラー用のオレンジ原色(染料または細かく粉砕されたキャンディーカラー専用の顔料) を使おうとか、蛍光顔料を入れてみようとかも考えたのですが、知り合いの塗装屋さんにも相談した結果、以前これと同じ方法でやった事があるという事で、信じてこの方法でやり続けました(この度は有難うございました!)。

結果、想定していた作業時間(2時間)を大きく超えてしまいましたが(二日間…)、何とか元の色に近い物を表現する事が出来ました。

 出来上がった色を、改めて本番用の色板(スチール製)に塗装しました。クリアーも塗っています(硬化剤無しの主剤とシンナーのみ)。

本番ではこの色板を参考にして、タイミングベルトカバーの塗装を行います。同じ様に下色にVW社のキャンディホワイトを塗り、その上に今回調色した透過性のオレンジを塗り重ね、最後にクリアーを塗る方法となります。

裏側のシーラーをカッターで切り離し、この後タイミングベルトカバーは溶剤槽に浸け置きをして既存の塗膜を剥離します。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

W124メルセデスベンツ ワイパー&プラグカバー 本塗り

先日三度目のサーフェサーを塗っておいたW124メルセデスベンツのインジェクションカバー(プラグカバー)です。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

最初は#320の空研ぎである程度のライン出しを行い、その後#600~#800の水研ぎ、最後は布状研磨副資材(アシレックスレモン)と#1500でペーパー目消しを行いました。

裏側をマスキングし、台に固定して本塗り準備完了です。持って塗れるよう、中心に塩ビパイプを固定しました。

ワイパーアームカバーは#800の空研ぎで足付け処理を行っています。プラスチックプライマーを塗布します。

まずはベースコートを塗布します。色はメルセデスベンツ純正の「アズライトブルー」(カラーコード:366)となります。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。大変お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

マグネシウム素材は経年による浸食や歪が激しいので、アルミ合金に比べてとても手間が掛かります(比較的程度の良い製品でしたがまさかここまで手間が掛かるとは思っていませんでした・・・)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

RB26→RB28加工タイミングベルトカバー塗装承ってます

先日到着しておりました日産BNR32のタイミングベルトカバーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はRB26の「6」を「8」への変更加工で、

また現状の塗装は状態が良くないので剥離して下地からやり直します。

ボルト固定部などで力が掛かる箇所の塗装が単に剥がれているだけならその部分だけの修正でも対応出来るのですが、どうやらアルミ素地との密着性は良くないように見受けられます。

全体に細かいブリスターと、一部大きく膨れて塗膜が割れた箇所なども見受けられます。

色については現状のオレンジを再現しますので、塗膜を剥離する前に調色作業を行っておく事にします。

参考までに、以前施工した同型部品の画像を紹介させて頂きます。

この時も塗装したのはタイミングベルトカバーのみで、一緒にお預かりしたプラグカバーの色を参考に色の作成=調色作業を行っています。

その後無事装着された画像をTwitterで見つけたので、そちらも紹介をさせて頂きます。

タイミングベルトカバーを塗装した後には、サージタンク等を艶消し黒の塗装でもご依頼頂いていました。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

W124メルセデスベンツヘッドカバー 本塗り

先日サーフェサーを塗っているW124メルセデスベンツのインジェクションカバー(プラグカバー)です。こちらとワイパーアームカバーは「アズライトブルー」(カラーコード:366)の艶あり塗装で承っておりますので、ヘッドカバーとは別工程で作業を行っています。

そしてこちらのヘッドカバー本体です。プラグカバーと同様、専門店にてサンドブラストを施工して貰いました。

このヘッドカバーは元々裏側にも塗装が施されていて(マグネシウム合金の場合は保管している間に腐食してしまう為)、今回はそれと同じ様に裏側にもプライマーを塗装します。

作業するまでに腐食が進行しないよう、敢えて洗浄はしないようお願いしていて(エアーブローのみ)、作業前に溶剤槽の上に吊るし、上からシンナーをスプレーガンで吹き付けて洗い流すようにして脱脂清掃しています(そして零れたシンナーは再び剥離作業の為に再利用されます)。

まずは全体に浸透型エポキシプライマーを塗布します。

ただしスプレー塗装だとその特性からして入り組んだ箇所の奥まで塗料が届かない為、

希釈率を上げたプライマーを筆で塗っていきます。

その後もう一度全体にスプレーして刷毛目を均します。

この後60℃20分程熱を掛けて半硬化させ、

ひっくり返して表面の塗装となります。

ネジ部にたっぷり塗ってしまうと山が埋まってしまうので、

希釈率を上げたプライマーを薄くスプレーします。

その後60℃20分程熱を掛けて半硬化させます。

その後ネジ部やオイルシール当たり面をマスキングします。

そして全体にプライマーを塗布します。

同じくこちらもスプレーでは届かない箇所を、筆を使って虱潰しに塗っていきます。

この後再び60℃20分程の熱を掛けて半硬化させておきます。

その間に色を作ります(うっかり濃くし過ぎて捨てる方が多くなってしまいました・・・)。

ヘッドカバーはメルセデスベンツ純正色の「マーブルグレー」(DB7201)に似た色の結晶塗装で承っていますので、色見本を見ながらそれに合わせます。

それを全体に均一な膜厚になるよう且つしっかり塗り込んで本塗り完了です。

本塗り後、120℃~170℃程の熱を40分程掛けると、

結晶目が現れ、無事本塗り完了です。

ここまでは赤外線ヒーターを使っての焼き付けで、この後は恒温機を使って120℃40分程の熱を掛けて二度焼きを行います。

ただこれだけの為にそのエネルギーを使うのは勿体ないので、他に熱を入れる物が出来たら一緒に行います。最初の設定温度を120℃にセットして、その後熱が下がって70℃くらいになった時点で扉を開けて他の物を入れると、その後一時間くらい60℃の熱が掛けられるという寸法です。

プラグカバーの方はこちらのヘッドカバーより数倍下地に時間を掛けていますが、艶ありの塗装は結晶塗装のようなプレッシャーはないので安心です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

W124メルセデスベンツヘッドカバー 下準備

先日2度目のサフェを塗っておいたW124メルセデスベンツのヘッドカバーとインジェクションカバー(プラグカバー)です。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

そのままでもいけない事は無さそうだったのですが、念のためもう一度サフェを塗る事としました。なのでペーパー目を気にする必要は無く、#180~#240で研摩してラインを整えます。

マグネシウム合金素地を露出させないよう余裕を持って研ぎは終了とし、よく脱脂清掃を行いました。

再びサーフェサーを塗布します。ウェットに5コート程塗りました。

良い具合にラインも整ってきて、次は本塗りに行けると思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!