日産S20ヘッドカバー 下塗り

先日サーフェサーを塗っておいたKPGC10型スカイラインGT-R(ハコスカ)のヘッドカバーです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとして黒のベースコートをパラパラと塗っておきました。

研ぎ作業はとても長く辛い作業なので、体に負担が掛からないよう時間がある時にゆっくり行いました。また今回は「下塗り」を行う事にして、研ぎ作業を大幅に軽減する事にしました。コストは上がりますがもはや仕方ありません。

鋳造製品は歪があるので、まずは#320から始めて粗研ぎを行います。

その後#400→#600→#800→#1000→#1200→#1500といった感じで全体を研いでいく訳ですが(実際は布状研磨副資材を使ってもう少し省略します)、これを少しの研ぎ残しも無く隅々まで行おうとすると骨が折れるので(私の頚椎が大変な事になるので)、今回は#400まででストップとします。

その後凸部を#80→#120で粗研ぎし、表面の腐食と歪を取っておきます。

 全体をよく脱脂清掃します。

フィンの部分(凸部)は後でまた削り落しますが、面倒なので簡単にマスキングをしてあります。

 そしてベースコートの黒→クリアーを塗って下塗りが完了です。

一回多めに塗装を行う事で時間は余計に掛かりますが、この方が体への負担は低く済みます。

また艶が出ると歪や深いペーパー目(スジ目)がよく判るので、さらに仕上がりが良くなります。この後は#800で細かいラインを修正し、#1000~#1500で目消し、足付け処理を行います。

ちなみに今回ご指定頂いている色は日産純正の「ミッドナイトパープルⅡ」(カラーコード:LV49)で、

こちらは見る角度で色が変わるクロマフレア顔料が使用されている為、既存の塗料(STANDOX原色)では色を作る事が出来ず、パッケージでの注文となります。現在、メーカー(STANDOX)にお願いして作って貰っているところです(海外からやって来るのでしょうか)。

クロマフレア顔料については以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照くださいませ。マジョーラにも使われている米国の顔料ですね。

特種塗料と言うかクロマフレア顔料

当然お値段も凄い事になる訳ですが、どうしてもという事で今回材料費もご負担頂いて対応をさせて頂いております。通常はお受付出来ませんのでご了承くださいませ。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

NISMOドライカーボン製導風板 本塗り2~3回目

 先日カーボン抜きのマスキングを行い、日産純正のホワイトパール(カラーコード:QT1)、クリアーを塗っておいたNISMOのドライカーボン製導風板です。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

 貼っておいたマスキングシートを全部剥がします。

 糊が残っていると大変な事になるので、シリコンオフとブラシでしっかり除去しておきます。

その後全体を足付け処理し、ベースコートクリアーを塗りました。

 そして「O」を塗る準備を行います。

隣の「M」をガイドとして位置を決め、マスキングシートを貼り付けます。

 赤を塗ります。フェラーリのロッソコルサ(カラーコード:300)を使いました。

赤に塗った「O」の輪郭の仕上がりが悪かったのですが、今回はそれを修正せずそのままクリアーを塗る事にしました。

この後再び60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させてます。

そして後日、全体を#800で軽く研磨して足付け処理を行い、

再び「O」を塗りました。今回は輪郭(マスキング際)の修正だけなので薄膜で、シャープで美しい線に仕上げています。

車体を塗っていた頃はこういった塗り分けをする機会は余りありませんでしたが、元々「塗った事が判らないように」といった事を優先した塗装だった為にちょっとした事が気になってしまい、どうしても時間を掛けてしまいがちです。

 タッククロス(粘着物質が付いた不織布)を使って埃を取り除き、

クリアーを塗って3回目の本塗りが完了です。最初の下塗りを含めると4回目ですね。

今回は「O」も綺麗に仕上がりました。

カーボン地を活かした箇所はまだ段差が激しいので、この後まだあと2回はクリアー塗装を行う予定です。

段差は強く出来てしまいましたが、各ロゴの輪郭が綺麗に仕上がっているのが判るかと思います。

通常のロゴ入れであれば修正が可能ですが、今回のようにカーボン地を活かした場合、色が食み出たらそこで終了(!)なので、やり方を変則的にしています。

この後は再び60℃40度程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

日産スカイライン エンジン補機類塗装承ってます

先日到着しておりました日産GT-Rのエンジンパーツ補機類一式です。こちらのオーナー様は少し前にRB26エンジンのタイミングプラグカバーの凸文字をRB28仕様に、またそれの塗装でご依頼を頂いた方です。この度も当店をご利用頂き誠に有難うございます!

その時の画像を紹介させて頂きますね。

一緒にお預かりしたプラグカバーの塗装に合わせて調色を行い、艶消し仕上げで塗装しました。RB26の「6」を削り落とし、「8」にカットしたアルミ板に変更しています。以下のページでその他の画像もご覧いただけます。

RB26→RB28加工タイミングベルトカバー塗装 完成

  今回はその紫では無く、全て「艶消し黒」で承っております。

サージタンクは表面が梨地でザラザラとしていますがそちらはそのままに、「洗浄→リン酸処理→プライマー塗装→ベースコート黒→艶消しクリアー」といった作業内容となります。

ウィンドウォッシャータンクは艶消し黒で、モーター部はマスキングで、またこちらは実質使わないとの事なので残存量のメモリは気にせず全面艶消し黒でべた塗りとなります。作業内容は「足付け処理→プラスチックプライマー塗布→ベースコート黒→艶消しクリアー」と想定しております。

冷却水のリザーバータンクは内容量が判るようメモリの部分は塗らないようにマスキングし、それ以外の部分はウォッシャータンクと同じように艶消し黒で塗装します。キャップやパイプが嵌る部分はマスキングをします。

アルミ製のオイルキャップは何かしらの塗装が施されているのでこれを剥がし、「リン酸処理→プライマー塗装→ベースコート(KH2)→艶消しクリアー」の作業を予定しております。これだけ色は日産純正色のBNR32のガンメタ「カラーコード:KH2」、艶は他と同じく艶消し仕上げとなります。

サージタンクのブラケットは本当は2個塗られたかったようなのですが、既に廃盤のようで一個しか入手する事が出来ず、今回はこちらのみご依頼頂きました。新品なのでサンドブラスト処理までは行わず、赤スコッチ(#320相当)で足付けをしてプライマー塗装、同じように艶消し黒で塗装します。現状メッキが掛かっているので防錆効果はありますが、被膜が薄いので恐らく経年で錆びが発生してしまっているのではと・・・。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

日産S20ヘッドカバー 下準備

いつもご贔屓を頂いている業者様から、二か月くらい前にお預かりしておりました日産スカイライン(ハコスカ)用のS20エンジンヘッドカバーです。ご承諾を頂いたので紹介をさせて頂きます。

現状はグレーの結晶塗装が施されていますが、もはやチヂレ目と言うより干ばつで出来た地割れのような状態になっています。

熱を入れるタイミングが遅かったか、使用期限を切れた塗料を使ったのではないでしょうか(ここまで酷くは無いですがこういった兆候が出た場合はやり直しています)。

  以前ご依頼を頂いたTOYOTA2000GTのボスに塗られた結晶塗装も凄かったですが、これで完成として出せる精神力が羨ましい限りです。

と言う訳で、その後アルカリ洗浄槽、溶剤槽に浸け置きをして旧塗膜を剥離しました。

前回の塗装はこの状態からそのまま上塗りを行われた筈ですが(なので塗装が密着していなく剥がれています)、

 マスキングをしてブラストボックスに入れ、

 サンドブラスト(軽め)を行いました。

その後凸部を#80→#120で粗研ぎし、

リン酸処理→洗浄を行いました。表面が黒っぽくなっているのは不働態被膜が出来ているからで、これだけでも一応は防錆効果があるのですが空気に触れていると劣化してしまうので、

その上にプライマーを塗り、サーフェサーを塗っておきます。

鉄にメッキが掛かった金属はそれ自体で防錆処理はされている訳ですが、屋外に置いておくと錆が発生するのはメッキが薄かったり気孔を水分(水蒸気)が通ってしまうからです。

その場合は屋外でも耐えら得るメッキ層にするか、その上に塗装を施す事で腐食は防げます。塗装の主な役割は「美観」「識別」「保護」となりますが、元々塗られていた塗装はその役目をどれも果たしていなかったのではと・・・。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

尚、ご依頼内容は日産純正色の「ミッドナイトパープルⅡ」(カラーコード:LV4)で、艶あり仕上げで承っております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

NISMOドライカーボン製導風板 本塗り

 先日下準備を行っていたニスモ社のドライカーボン製導風板です。

用意したマスキングシートを所定の位置に貼っていきます。製導風板自体は各辺が平行になっている訳では無いのでそれを意識しつつ、各ロゴがバラバラになってしまわないよう良い塩梅に配置していきます。事前に一度仮貼りをしておいたお陰で安心して作業が出来ました。

難しいのは食み出た部分で、位置が判り易いよう下にトレース台(光るプレート)を置いて作業をしています。

食み出た部分はカットするのではなく裏側に巻き込むようにして固定しています。フチの部分も塗り分けます。

 カーボン板の裏側はフチより少し内側で全面をマスキングしています。

そしていよいよ本塗り開始です(ただし本塗りといってもこの後の段差取りがあるのでまだ作業は半分にも至っていませんが・・・)。

色は日産純正色のホワイトパール(カラーコード:QT1)で、まずはカラーベース(ソリッドカラーの白)から塗っていきます。

3コートで最も重要なのがこのカラーベースで(調色もこれが最も難しいです)、しっかり隠ぺいするよう4コート塗っています。

その後はパールベースを塗布します。通常は3コート程塗りますが、樹脂分を減らして2コートにしています。車体のように大きい面積の場合はムラや暈しを考慮してコート数を多めにするのが一般的ですが、この面積ならその心配も無いのでコート数を減らす方を優先しています。

そして通常ならここでマスキングを剥がしてからクリアーを塗りますが、

 今回はそのままクリアーを塗りました。

ただしいつものようにテロっとさせずミッドコートで控えめにしています。

 大丈夫?!と思われるかも知れませんが、

以前マイクにファイアーパターンで艶消しクリアーを塗った時に検証していますので大丈夫です。

またこの時はクリアーだけでしたが、

それ以前に黒→クリアーに塗った上に白→クリアーを塗ったテストも行っていて、

きっちり輪郭がシャープに仕上がっているのが判るかと思います。自転車フレームの新車時の塗装などはこの方法だと思います。

  デメリットとしては表面張力でフチに塗料が溜まり「段差が激しくなる」という事で、ただこれに関してはこの後のクリアー(最低2回)で解消する予定なので問題無いと思った次第です。それよりも抜きにした各ロゴのフチのシャープさを優先しました。

この後はこのまま60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、後日マスキングテープを剥がします。糊残りしてもシリコンオフで拭けるので(塗料は溶けないので)問題ありません。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。次はNISMOの「O」を赤で塗る工程ですね。

どうぞもう少々お待ちくださいませ!