W124メルセデスベンツヘッドカバー等塗装承ってます

先日到着しておりましたW124メルセデスベンツのヘッドカバーとインジェクションカバー(プラグカバー)です。こちらのオーナー様は以前同車のテールランプ塗装や、ミラーカバー等の塗装でも当店をご利用頂いた方でして、この度もご贔屓頂き誠に有難うございます!

ぱっと見は状態の良い製品ですが、よく見ると下地の腐食で塗膜が膨らんでいるのが判ると思います(ブリスター)。

 固定されていたガムテープを剥がすと塗膜も一緒に剥がれ、下地からは粉を噴いたマグネシウム合金が見えます。

膨らんでいる所だけではなく金属素地全体がこうなっていますので、単に塗装を剥がして塗り直せば良いという訳では無く、ですのでサンドブラストと重防錆仕様の下地処理も併せて行います。

上塗り(色)については、ヘッドカバーをメルセデスベンツ純正色のマーブルグレー近似色の結晶塗装に、プラグカバーは通常の塗装(艶あり塗装)で同じくメルセデスベンツ純正色の「アズライトブルー」(カラーコード:366)で承っています。

またこちらのワイパーアームカバーも同色の「アズライトブルー」で、またどちらもクリスタルクリアーへの変更で承っています。

ヘッドカバーは以前もマーブルグレー近似色で塗った事例がありますのでそちらも紹介をさせて頂きます。

こちらのページで他の画像もご覧いただけますので宜しければご参照くださいませ。

尚、プラグカバーにある配線図のような凸文字ですが、こちらは削り落して平滑にしてしまいます。またプラグカバーは艶あり仕上げなので下地の段階でラインの調整(修正)を行う予定です(ぱっと見は綺麗でもかなり凸凹しています)。

色の作成はこちらの記事をご覧頂くと判り易いかと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

スバル WRX S4エンジンカバー&エンブレム塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたバルWRX S4の樹脂製エンジンカバーと、それに装着されるエンブレムプレートの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

エンジンカバーは未塗装で、

エンブレムもDITの周りは黒の樹脂素地状態でした。

 今回のご依頼ではエンジンカバーの両サイドとV字の溝をフェラーリの赤=ロッソコルサ(カラーコード:300)に、

DITのエンブレムはスバルチェリーレッド(STIピンク)にしています。

 黒い部分も塗り直し、全体を艶消しクリアーでコートしています。

このエンジンカバーの素地はザラザラとした梨地やシボ模様があるのが特徴ですが、

艶消し仕上げだとそのままでも違和感が無いのが判ると思います(これを艶あり仕上げにするには下地からやり直さなければ美しくは仕上がりません。というよりかなり気持ち悪い仕上がりになるかと思います)。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

エンブレムはDITの周り部分のみの塗装となります。

こちらもベースコート+艶消しクリアーの2コート仕上げとなります。

 ピンクの色はSTIの純正エンブレムの色を参考に作成しています。

DITは外れないのでマスキングでの対応となりましたが、よく見てもそれとは判らない(後から塗ったとは思えない)仕上がりに出来ているかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠に有難うございました!

尚こちらのオーナー様は以前スバルのエンブレム(前後)をご依頼頂いた方で、先日車体に取り付けた画像を送って頂きました。こちらの画像投稿&レビューページで紹介をさせて頂いておりますので宜しければご参照くださいませ。この度もご贔屓頂き誠に有難うございました!

スバル WRX S4エンジンカバー&エンブレム 本塗り

先日下準備を行っていたスバルWRX S4の樹脂製エンジンカバーと、それに装着されるエンブレムプレートです。その後よく脱脂清掃し、本塗り用のマスキングを行います。

エンブレムプレートは背面の黒い部分(樹脂素地)だけを塗るので、それ以外の部分を覆います。

よくエアーブローして埃を飛ばし、マスキングに毛埃が噛んでいない事をよく確認したらプラスチックプライマーを塗布します。

エンジンカバーはフチまでしっかり塗りたいので浮かした状態で台に固定してあります。

こちらもよく脱脂清掃し、まずは全体にプラスチックプライマーを塗布します。

最初に下塗りとして適当なピンクを塗ります。

 同じくエンブレムプレートにも塗ります。

エンジンカバーの方は普通のスプレーガン(IWATA W-50極みmini)を使いますが、エンブレムプレートの方は口径の小さいエアーブラシを使います。大きい面積を小さいガンで塗ろうとするとドライコートになって肌が荒れ密着性が落ちてしまいますし、また小さい面積を大きいガンで塗ろうとすると吐出される粒子が大きくなってこれも汚い仕上がりになるのでそれぞれにあった物を使います。

尚、いつもならエンジンカバーとエンブレムは別々に塗ったりするのですが、今回は同じトップコート=艶消しクリアーなので同時に塗る事にしました。

その後エンジンカバーをフェラーリロッソコルサ(カラーコード:300)に塗ります。中央は黒なので塗る必要は無いのですが、ミストが粉っぽくなって密着不良の原因になるので、途中1コートだけ一緒に塗っています。

ここでテープフリーな状態になるよう十分な乾燥時間を設けます(大抵はここで昼食=休憩としています)。

ベースコートが十分に乾いたらマスキングを行います。見切りの部分はカーブしているので普通に貼るとフチが浮いてしまいますから、1mm幅のマスキングテープを使ってマスキングします。

そして赤く塗った部分のマスキングが完了です。

 そしてベースコートの黒を塗ります。

ベースコートに艶が消える成分(具体的にはフリップコントローラー=シリカ顔料等)が入っていなければ、この様に若干艶のある仕上がりになります(艶消しと半艶の中間くらい)。

その後マスキングを剥がし、気になる細部を修正します。

そしてベースコートの塗装が完了です。

そしてエンブレムプレートです。

こちらはSTIチェリーレッド(STIピンク)となります。

 そして艶消しクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

艶消しクリアーの場合は艶あり程には塗り込まず、ただし同じように2コート塗っています(1コートだけだと艶は消え易いのですがムラが出てしまう為)。

エンブレムプレートも同じく艶消しクリアーで、ただしこちらはクリアーも口径の小さいエアーブラシを使います。

その後時間が経つと艶が消えていきます。

ベースコートだけの時よりも艶が消えてシットリと仕上がっているのが判るかと思います。

素地はザラザラとした梨地でしたが、艶消し仕上げだとそれも目立たなくなるのが特徴です(逆に梨地の上にそのまま艶あり仕上げにするとひどく気持ちの悪い仕上がりになります)。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMW F80インタークーラー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたBMW F80用のCSF社製インタークーラーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は黒の結晶塗装が施されていましたが、

その塗膜を剥離し、

BMW純正色の「マカオブルー」(カラーコード:250)で塗装しました。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

今回はパテやサフェ研ぎなどは行わず「2度塗り」の方法での下地処理となります。

着いていたパッキンは元の通りに挟んでおきました。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

RB20ヘッドカバー等5点 結晶塗装 完成

大変お待たせしました!先日凸文字部を研磨してシーラーを貼り付けておいた日産RB20エンジンパーツ5点の結晶塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

既存の塗膜は全部剥離し、腐食(錆)が出ていたプラグカバーとタイミングベルトカバーはサンドブラストも行いました。

ぱっと見は黒に見えますが、ブルーパールが入っています。

 付属していたゴムは再利用出来たので元の通りに嵌めておきました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 実際に装着するともう少し角度がつく(平坦に見える)のですが、イメージが判り易いよう重ねてみました。

 光に当たるとフワッとブルーパールの青味を感じられます。

通常アルミプレートは剥がして新しい物に交換するのですが(曲がるので再利用は不可)、今回はオーナー様のご希望により「そのままの状態で塗装→凸文字部を研磨」と言う方法で行いました。露出させたアルミ素地には、腐食の進行を遅らせられるようクリアーを筆塗りしてあります。

ホースパイプ部も純正っぽい色で塗装しておきました。

 近接画像です。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!