RB26→RB27タイミングベルトカバー 下準備

先日「7」の凸文字を制作していたBNR34純正の樹脂製タイミングベルトカバーです。既存の塗膜(プライマー)がシリコンオフで溶けてしまうので、全体をクリアーで下塗りしておきました。

「6」を削り落として穴が開いた箇所は、裏にアルミ板を当てて構造用接着剤(3Mオフホワイト)で固定しています。

「6」の箇所を研磨して平滑にし、全体を足付け処理しました。

「6」があった箇所に「7」を置いてサイズ等の最終確認を行います。

構造用エポキシ接着剤(3Mオフホワイト)を使って「7」を貼り付けます。タイミングベルトカバー側はプラスチック素地が露出している箇所が無く、また今回作成した「7」は2液ウレタンレジンなのでプラスチックプライマーの塗装は必要がありませんから、そのまま接着しています(PP=ポリプロピレン素地が露出している場合はプラスチックプライマーの塗布は必須です)。

その後60℃15分程の熱を掛けて接着剤を半硬化させました。

いつも行っている「8」のアルミ板と違い、ウレタンレジンで複製した7は柔らかいので被塗面の形状にも馴染むと考え、接着剤の塗布は少量にしています。

なので食み出しも最小限で済んでいますから、

このまま再度熱を掛けて本硬化させます。

その後周りをマスキングし、食み出た接着時を研磨して均しておきます。

そして当て板とペーパーを使い、全ての凸文字を研磨して高さを合わせました。

よく脱脂清掃し、マスキングを行います。タイミングベルトカバー全体は下塗りのクリアーで覆われているので、再度全体に塗装を行う必要はありません。

PP素地が露出した「RB2」の部分にプラスチックプライマーを塗布します。ちなみに「7」の周りもPP素地が露出しているように見えますが、こちらは下塗りクリアーで覆われているので(そしてその下には既にPPプライマーが塗られているので)、ここにプライマーを塗る必要はありません。

ちょっと信じられない事ですが、プロの塗装屋さんでもFRP製品(ゲルコート仕上げ)にプラスチックプライマーを塗る事が当然と思っている方も居て(昔アルバイトに行っていた会社の塗装屋兼社長)、「タカハタくん!エアロパーツは塗装が剥がれ易いからちゃんとプライマー塗って貰わないと困るよ!」と言っていましたが、その塗装屋さんが塗った物が剥がれるのは単なる脱脂不足で、被塗面に残った型から剥がす際に使う離型剤がしっかり取れていない事が原因なだけだと思います。念のためですが、ゲルコート=不飽和ポリエステル樹脂にプラスチックプライマーは必要ありません。恐らくプラスチックプライマーを塗るとその後の塗装が弾き難くなるので、それのおまじない的に塗っていたのではと(ただ商売は上手でその後会社は大きくなっていきました)。

そしてグレーの1コートソリッド=STANDOX VOC 2Kエナメルを塗布します。

通常であればサーフェサーを塗るところですが、サフェはそれ自体が凸凹とした肌になってしまいその後の研ぎが必要ですから、その作業を省けるよう肌が平滑になるトップコートをサフェ代わりに使っているといった感じです。または途中の下塗りで使ったようにクリアーを使っても良いのですが、下地(フェザーエッジ)の模様が見えない方が凸文字を確認する際のバランス感が判り易いと思い、色のついた(顔料が入った)1コートソリッドを使ったという訳です。サフェを使う程では無い梨地を艶ありにする場合の「2度塗り」と同じような感じですね。

「RB2」の部分がザラザラしていますが、こちらはPP樹脂を研磨した際に出来る毛羽立ちで、これは問題ありませんのでご安心くださいませ(むしろ樹の根っこみたいで密着性が上がると思っています)。後の研ぎで均しておきます。

この後は60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、細部を研いで足付け処理を行ったら本塗り前の準備が完了です。

残るアルミパーツも作業着手しておりますので、そちらも進行次第紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

UAZ-452バックランプレンズ 本塗り

先日一回目のクリアー塗装=下塗りを行っておいた、GAZ社UAZ-452のバックランプレンズです。その後何度かの熱入れを行って問題が無い事を確認し、二回目のクリアー塗装=本塗りを行います。

傷があった箇所にはクリアーが筆挿ししてあるので、それを研磨して平らに均します。

よく清掃し、マスキングをし直したら台にセットして本塗り開始です。

最初の下塗りでプラスチックプライマーを塗っているので今回は必要ありません。

直接トップコート=クリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのVOCエクストラクリアーを使用しています。

こちらのレンズは経年でボロボロになって割れてしまうとの事なのですが、恐らくそれの原因は紫外線による劣化なのではと思っています。通常レンズ系にはPMMA=アクリル樹脂かPC=ポリカーボネートが使われるのが一般的ですが、もしかしたらこちらの素材はエポキシ系樹脂なのでは、と思う次第です。そう考えるとこの黄ばみのある感じも納得できます(それにしても今時考えられる事ではありませんが…)。市販のカーボン製パーツは透明な樹脂(ポリエステル樹脂またはエポキシ樹脂)が使われていますが、そのままだと紫外線でボロボロになってしまうので、商品の説明書きに耐候性の高いウレタンクリアーでの塗装を推奨すると記載してあるのはそういう事ですね。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

RB26→RB27タイミングベルトカバー 凸文字作成

 

先日レーザー加工機から切り出したPMMA=アクリル樹脂製の「7」の文字です。これをこのまま貼り付けても多分問題は無いと思ったのですが、今後同じような御依頼もありそうなので今回はこれを基に型を作成し、複製出来るようにします。

端材のアクリル板に両面テープを貼り付け、真ん中辺りに「7」を配置し、周りをブロックで囲います。

使うのはこういったシリコーン樹脂で、いつも使っている塗料と同じく主剤と硬化剤を混ぜて固めます。

ブロック型にシリコーンを流し込み、気泡を除去する為に真空脱泡を行います。

真空脱泡はそれ専用の機器が売っていますが、構造としては非常にシンプルなのでデシケーターは自作しています。

型取り用のシリコーン樹脂は粘度が高い為か、凄い量の気泡が噴き出てきます。

その後24時間程寝かしておくと固まっています(熱は掛けていません)。

ブロックを外して固まったシリコーンを取り出します。

今度はそこにウレタンレジンを流し込みます。余分を削る作業を軽減できるよう、クリアーファイルを切った物を蓋としておいておきます。クリアーファイルの素材であるPP(ポリプロピレン)はそのままでは塗料や接着剤がくっ付かないのでそのまま置くだけでOKです。

最初はエポキシレジンにしようかと思いましたが、今回は被塗物=タイミングベルトカバー自体が樹脂製と言う事で、結晶塗装もそこまで熱を掛けない方法を想定しますから、ウレタン樹脂でも問題無いかと思った次第です。

型から取り外し、これで今回貼り付ける「7」の完成です。この後はこれをタイミングベルトカバー本体に接着します。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

RB26→RB27タイミングベルトカバー下準備

先日お預かりしておりましたBNR34純正の樹脂製タイミングベルトカバーです。「6」の部分を「7」に変更し、青黒い結晶塗装で承っております案件となります。

予め作成しておいた「7」のデータを使い、レーザー加工機でアクリル板をカットします。

ちなみに元々ある凸文字は、それぞれかなり高さが違っています。恐らくは車体にエンジンが詰まれた際時に、この文字が正面を向くようになっているのだと思います。

最も高いのが左端の「R」で、

今回加工する右端の「6」の部分が最も低くなっています。既に切った物を右端に置いていて、これにより使う今回使うアクリル板は厚さ2mmで丁度良さそうなのが判ります(接着後に削って高さを合わせます)。

レーザー加工機でのカットは、刃で切るカッティングプロッターと違い、切断した箇所が溶解&蒸発してその分目減りしてしまう為、それを見越して4種類の太さのサイズをカットしておきました。

その中から丁度良さそうなのを選びます。「6」に比べると少し大きいですが、この後周りをテーパー状に削って調整するので問題ありません。

先に7の制作を行おうと思っていましたが、既存の「6」があるとやり難いので、

先にこちらを除去する事にしました。まずは#120シングルサンダー(3Mロロック)で粗削りします。

そういえばと途中で気づき、裏側にアルミ板を貼る部分の足付け処理の為にサンドブラストを行っておく事にしました。

既に表からある程度削っていたので、サンドブラストを行った部分は穴が開きました。もちろん想定していたので問題ありません。

アルミ板を切り出し、当てる部分の形状に合わせて曲げ、接着する箇所にはダブルアクションサンダーで研磨~足付け処理を行います。

よく脱脂清掃し、タイミングベルトカバー側にはプラスチックプライマーを塗布して、十分に乾かしたら構造用エポキシ接着剤=3Mオフホワイトを塗布します。

その後60℃30分程の熱を掛けて硬化させ、表側に貼ったマスキングテープを剥がし、シリコンオフで糊をしっかり除去します。

とここで、接着剤を充填した中に気泡が残っていたのが見えたので、

表面と周りをカッターで切り出し、

再びエポキシ接着剤を練って巣穴に埋め込んでおきました。これが雇われの身だったら見て見ぬ振りをするか、手っ取り早くポリパテを詰めたりしていたかも知れませんが、一人でやっている分には誰にも文句が言われないのでやりたいように出来るのが良いですね。

レーザーでカットした「7」のフチをテーパー状に削ります。射出成型品は金型から外れ易いよう、真っすぐに見えても実際には真っすぐではない場合が殆どなんですよね(それ故に真っ直ぐにデザインされた無印良品の製品に多くの方が惹かれるのだと思います)。

「RB2」の横に並べて違和感が無ければ完成です。ただ今回はこれをそのままは使わず、これを基にシリコーン型を作成し、レジンを流し込んで複製した物を使うようにします。なので多少サイズが小さくなる事を考慮してこの時点ではほんの気持ち大きめにしてあります(後でレジンを削ればよいので)。

尚、こちらの日記では、ある程度作業が進んでから内容を纏めて紹介していますが(どれも一日で出来ている事ではありません)、当Twitterアカウントでは単発で紹介していたりしますので、こちらの方がリアルタイムでの進捗状況は判り易いかも知れません。

その後はタイミングベルトカバー本体を、いつものように脱脂用に使う溶剤=シリコンオフを使って清掃したのですが、なんと下地に使われているプライマーが溶ける事に気づきました!通常そんな事はあり得ないのですが、時々こういう物が見られたりするのも塗装の難しい所で、トヨタの内製工場に勤めている知り合いは、ヴィッツ外装の塗膜がシリコンオフで溶けたと嘆いていました。何台かに一台かの割合で新しい塗料を使った暴露テスト等を行っているのかも知れません。

今回は結晶塗装なのでそこまでナイーブになる必要は無いのですが(結晶塗装の塗料は下地を侵し難い塗料です)、この後の「7」を貼り付ける工程で不具合が出るのが嫌だったので、一旦全体に何かしらの下塗り(ノンストップフィラー=ノンサンディングサーフェサーまたはクリアーまたは2Kエナメルの1コートソリッド)を行う事にしました。

ちなみに通常の塗膜はベースコート→クリアーコートとなっているのが一般的ですが、こちらの製品はプライマー(サーフェサー)の上に塗られている塗膜が赤パール(メタリック)とクリアーを混ぜたような塗装なので、研磨するとその研ぎ汁で現場はちょっとしたホラーみたいな感じになっています。

ペーパーが入り難い箇所は、ウォッシュコンパウンドとナイロンブラシを使って足付け処理を行います。

その後よく清掃し、脱脂を行います。ここでいつものようにシリコンオフ=ノルマルヘキサン系の溶剤を使うと再び露出したプライマー層が溶けてしまうので、さらに溶解力の弱いIPA=イソプロピルアルコールを使います。油系の脱脂には威力が弱いのですが、既にウォッシュコンパウンドで油分の洗浄も行われているので今回は問題ありません。

その後プラスチック素地が露出した箇所にはプライマーを塗っておきます。

そして下塗りとしてクリアーを塗りました。前記したようにここでは他の方法もありましたが、丁度他のご依頼品、具体的にはブレンボキャリパー一式の本塗りを行っていたので、そちらと一緒に塗らせてもらう事にしました。

見た目はちょっとアレですが、要はこの後の作業で既存のプライマー層を露出しないようにすれば良いので問題ありません。

この後は熱を入れて完全硬化させ、次はいよいよ「7」の接着作業を行います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

TOYOTA 2000GTヘッドカバー&ケース塗装承ってます

先日お預かりしましたトヨタ2000GTのヘッドカバー×2と、エアークリーナーボックスの蓋です。この度も当店をご贔屓頂きありがとうございます!

現状は黒の結晶塗装が施してあって、

今回はこちらを剥離し、改めて黒の結晶塗装で承っております。

また凸部も現状と同じく(判り難いですが…)、塗装後の研磨してアルミ地を光らせるよう承っております。

尚、エアークリーナーボックスは左側のヘッドカバーとセットで、それぞれ識別出来るよう裏側にリューター等で印をつけておこうかと思いましたが、

一部の形状が違っているので、塗装後でもこれを見て識別が出来るのでそのままで大丈夫そうと判断しました。

そしてエアークリーナーボックスです。

上面になる部分には元々シールが貼ってあって、それの糊が残ったまま塗装が施されているので、全体の下地処理を行ってから上塗りを行うようにします。塗装は半艶黒で承っております。

素材はFRPで、ボルト取り付け部には欠けが見られ、また色々な箇所に割れも出ていますので、これらの簡易的な補修も承っております。本格的な補修となると割れている深部まで削り込んでガラスマットを貼り直したりしますが、今回は簡易的な補修=裏側からの補強と、表側はV字に彫ってエポキシ樹脂で埋めるような補修方法を想定しています。

FRPはとても割れやすく(なので塗装屋からの視点としてはとても未熟な素材と捉えています)、目で見える部分だけの割れでは済みませんから、前回と同じく全体にエポキシプライマーサフェーサーを使った下地処理を行おうと考えています。

参考までに以前施工した時の同型製品の画像も紹介します。

この時は作業内容を纏めて施工例のページにしました。今回と同じく半艶黒の仕上がりとなります。

こちらも施工例のページとして纏めた、2000GTのヘッドカバーですね。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度もご贔屓頂き誠に有り難うございます!