RB26→RB28タイミングベルトカバー 調色作業

先日お預かりしておりました日産スカイラインGT-R RB26エンジン用タイミングベルトカバーです。その後アルカリ洗浄槽に浸けて洗浄し、裏側のシールをカッターで剥がし、溶剤槽に浸け置きをしておきました。

 裏側の塗膜がまだ残っていますが、この後サンドブラストを行うのでここまでとしておきました(剥離剤では無く廃棄シンナーなので溶解力が弱く、そこまでの効果は期待出来ません)。

 そして調色作業です。

今回は色の見本として紫色に塗装されたプラグカバーをお預かりしていますので、それに合わせて色を作成します。

 プラグカバーに塗られた塗装は艶消し仕上げなのでそのままでは正確な色が確認出来ず、石鹸水を塗って艶を出しています。通常は塗料用シンナーやシリコンオフのような溶解力の弱い溶剤を使いますが、艶消しの塗装はデリケートで、そこだけ艶が出たりシミになったりするのを防ぐために石鹸水を使っています。ちなみにただの水だと弾いてしまうので、界面活性剤の入った中性洗剤を少量混ぜています。

上の画像ではまずは適当な原色を混ぜて色を確認し、この後実際にスプレーガンを使って色板に塗っていきます。尚、画像にある色はホワイトパールを入れましたが、いざ塗ってみるとそれは間違いだったので廃棄し(下吹き用とし)、改めて作り直しています。

 パール・メタリックはやはりスプレーガンを使ってみないと色味は判らなく、また時間が経つと透かしが黒く正面が明るくなる特性があるので、それらを考慮しながら色を見ていきます。

 色板一枚につき3回~5回色を見ているので、80回くらい調整をした感じでしょうか。

 先ほどまでの色板は紙で、こちらはスチール製の色板となります。

 この後艶消しクリアーを塗り、今度は艶具合の確認を行います。

 また艶消しクリアーを塗ると色の見え方も変わる為、それ次第ではさらに調色作業が必要になるかも知れません。艶消しクリアーは本塗り時と同様2液ウレタンとなるので、塗装後に60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させてからの確認となります(画像はありませんが既にそちらも塗装済みです)。

今回使った原色はこちらの8種類で、簡単にですがそれぞれの特徴や今回の色にとっての役割を紹介します。

左側から、


■MIX571・・・ブラック。隠ぺいし易い色にする為と、彩度を落とす為に使っています。

■MIX855・・・バイオレット。今回の色のメインで、主に青味を担当しています。鮮やかですが隠ぺい力がありません。

■MIX821・・・アメジストパール。光に当たった時に正面で青赤味を表現してくれます。透かしが白くなります。

■MIX576・・・ブリリアントレッド。青味のある赤で、今回の赤味はこれで表現しています。

■MIX595・・・シルバーエクストラファイン。極細目のメタリックです。粒子のサイズはパールと同じくらいですが、彩度を落としてシットリとした表現を出してくれます。透かしも明るくなります。

■MIX831・・・中目の干渉レッドパール。最初はこれの存在が判らず、正面で中々赤味を出せなかったのですが、調色ライトで見てこれが入っている事が判明してからはスムースに進行しました。

■MIX008・・・メタリックアディティブ。透かしを濁らせないまま白くさせたかったので使っています(白の方が効果が高いですがそれだと濁ってしまいます)。また別の特徴としてメタリック・パールのギラツキ感が強くなり、また正面が黒くなるのでそれも考慮して使っています。

■MIX567・・・透かしの青味を殺して、且つ濁らせる為に少量使いました。パッとしないベンガラな赤茶色ですが、色々な場面で活躍してくれる原色で、私的に結構好きだったりします。


後は後日クリアーが硬化したら確認します。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMWヘッドカバー&サージタンク塗装承ってます

 先日到着しておりましたBMW E24ヘッドカバーと、E34 M5用サージタンクと小物部品です。こちらのオーナー様は以前から何度か当店をご利用頂いている業者様でして、今回こちらをALPINA/B9に使用されるとの事でご依頼頂きました。この度もご贔屓頂き誠に有難うございます!

 ヘッドカバーはかなり前にお預かりしていた物で、既にサンドブラストと、フィンの一部が削り落された状態となります。

 サージタンクは今まで見た事が無いような大きなサイズで、

 どうやら二つの部品をボルトで固定して一つになっているようです。今回こちらは取り外さず、そのままの状態で作業を行います。

こちらの部品はどういった物か分からないのですが、現状は黒い結晶塗装が施されています。

そのまま溶剤に浸けようと思ったのですが、一部にゴムが使われているのでそれは避け(ゴムはブニョブニョになってしまいます)、こちらはサンドブラストで塗膜を剥がすよう承っております。

 色の参考にと、今回こちらの塗装済みヘッドカバーを一緒にお預かりしました。

ただ現状は結晶塗装では無くハンマートン塗装が施されていて、この塗料は他の塗装に激しく悪い影響を与えてしまうので当店では対応しておらず(ハジキまくります)、代わりにこの色味を参考にした結晶塗装で対応をさせて頂く事となりました。

またこちらのヘッドカバーは先に返却しなければならない為、手元にあった色見本帳から近似色を探し、今度はこれを参考にして結晶塗装の塗料を作成します。アナログなリレー方式はどうしても誤差が生じますが、その辺りの事もご理解いただいております。

そしてヘッドカバのフィンが削られた部分ですが、今回はこちらにALPINAの凸文字をアルミで作成し接着~塗装後に研磨して光らせます。現在お預かりしているRB26エンジンタイミングベルトカバーの「8」と同じような方法ですね。一個だけでも大変なのに、まさか6個とは・・・(ですので今回は金属加工の専門会社に協力をお願いしようと思います)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

NAロードスターヘッドカバー 結晶塗装承ってます

 先日到着しておりましたマツダNAロードスターのヘッドカバーです。こちらは以前NDヘッドカバーの結晶塗装や、フューエルキャップのハイオク仕様の塗装をご依頼頂いた方となります。この度も当店をご贔屓頂き誠に有難うございます!

 腐食は見られないので下地処理はリン酸処理とプライマー塗装のみ(サンドブラストは無し)で行う予定です。色は所有されているロードスターのボディーカラー、マツダ「ブルーブラック」(カラーコード:HQ)に合わせた結晶塗装で承っております。また塗装後には凸文字部を研磨して鏡面状に光らせ、最後にクリアーを筆塗りします。

 マツダのブルーブラックなる色がどういった塗装色なのかを確認する手段としては、STANDOXでは無くRM社の色見本帳を使うのが便利です。以前趣味みたいな感じで買っておいた物ですね。

スタンドックスの場合はユーザー登録が必要なのですが、RMは誰でも利用できます。

http://www.rmpaint.com/jp/color-universe

ここからメーカー名とカラーコードを入力するとカラーマスター(色見本システム)の番号が「SB268.50」というのが判るので、

 引き出しの中から該当する番号の色見本を抜き出します。

 一般的な自動車補修用塗料の色見本帳はメーカー毎に分かれていますが、こちらのRM社のカラーマスターなるシステムは色相毎に分かれているので、欲しいと思った色板が発見し易いのです(ただし年間保守費用は払っていないので新色には対応していませんが…)。

ただ塗装屋の私が見ても黒にしか見えません(笑)。

一応オーナー様にも確認したところまさにその通りのようでして、「黒に見えるならそれはそれで問題ありません」とのお言葉も頂戴しているので、無理に青を多く入れて青味に見せるのではなく、この色見本を参考にしたいと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難うございます!

スズキハイマウントストップランプ塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたスズキ純正のリヤハイマウントストップランプの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーレンズだった物を、

 透過性の赤=レッドキャンディーに塗装しました。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

 スモークは無しで、純正のレッドと同じような感じとなります。

 ただしクリアーが塗ってあるので、純正よりも高級な質感を感じられるかと思います。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠に有難うございました!

RB26→RB28タイミングベルトカバー加工&塗装承ってます

 先日到着しておりました日産スカイラインGT-R RB26エンジン用タイミングベルトカバーと、色の見本としてお預かりした同車のプラグカバーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご依頼を頂いたのはこちらのタイミングベルトカバーで、

 この「6」の凸文字を「8」に変更する内容で承っております。

少し前にこちらと同じような加工を「艶あり黒」でご依頼した案件がありまして、作業内容をまとめていますので宜しければ以下の記事をご参照くださいませ。

NISSAN BNR32 RB26→RB28

尚、文字の加工はあくまでも塗装の付帯作業で、これ単体ではお受付しておりませんのでご了承くださいませ(海外では「RB28」の凸文字が売られているみたいですので、DIYをご検討されている方はそちらを探してみるのも手かも知れません)。

 凸文字は既に一度研磨されたようで角が少し低くなっていて、これの高さに全体を合わせようとすると文字が低くなってしまいますから、傾斜は残しつつ、自然な感じに仕上げたいと思います。尚凸文字部はベースコート(色)を塗装後に研磨して光らせ、その後全体をクリアーでコーティングします。

 裏側にはシリコーンシーラーが付いているので、一旦カッターで取り外してから溶剤槽に浸け置きし、塗膜を剥離します。

 色に関してはこちらのプラグカバーを見本に、今回は「調色作業」と「艶調整」どちらも承っております。

 質感からして、もしかするとクリアーは塗っていない焼き付け塗装かも知れません(ただこちらは塗りませんので削るなど試す事は出来ません)。

配合データの無い調色作業はそれなりに時間が掛かりますが、それよりも艶を合わせる方が実は難しい作業となります。というのも、艶は実際に塗ってから熱を入れて完全硬化させないと判らないからです。さらには塗る条件によって艶具合も微妙に変わるので、事前のテストピース作りは欠かせません。

丁度現在も業者様から住居用製品の塗装をご依頼頂いておりまして、ご指定頂いた「3分艶」になるよう調整を行っています。以下のページで紹介していますので宜しければご参照くださいませ(塗装屋さんが見ると気分が悪くなるかも知れません)。

艶消し塗装3分艶

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!