BMW ALPINAヘッドカバー塗装承ってます

先日到着しておりましたBMW ALPINAのヘッドカバーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

現状はグレーメタリックのハンマートン塗装が施された状態で、ご依頼内容はこの色に似た結晶塗装で、

また凸文字部は塗装部に研磨してアルミ地を光らせるよう承っております。

ハンマートン塗装はそれ専用の塗料が必要で、近年のそれについては判りませんが、この塗料は「ハジキ」を利用した塗装になっていて、その成分(シリコーン)が他の塗装業務に激しく悪い影響が出てしまう為に当店では扱っていません。

塗装を剥がすと今の色が判らなくなってしまうので、色見本帳の中から似たような色を選び、本塗りの時にこれに似せて色を作成します。

同じような感じで以前施工した事例がありますのでそちらを紹介させて頂きます。

ぱっと見は黒の結晶塗装に見えますが、光に当たるとメタリックのような質感を感じられる色になっています。

ホンダアコードヘッドカバー 結晶塗装完成

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

スバルWRX S4 樹脂製インマニ塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスバルWRX S4の樹脂製インテークマニホールド塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は未塗装の樹脂素地状態だった物を、

カラーベースをマツダの「ソウルレッドプレミアムメタリック 」(カラーコード:41V)に、

その上に当店規定のキャンディーレッドを重ねています。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

大変だったのが足付け処理で、

この形状をペーパーでは 行うのは物理的に難しく、ウェットブラストであれば比較的簡単に!と思っていましたが、

作業前の準備や後片付け、その後の洗浄(清掃)などを含めるとやはり大変で、

また一回だけの塗装では綺麗に仕上がらないと考え、二回に別けて塗っている(二個分塗っている)という所でやはり手間と時間が掛かってしまいました。

ただそれだけに良質な下地と、美しい塗膜に仕上げられたかと思います。

作業前は「もしかしたら結晶塗装より気分的には楽なのでは」と思ったりもしましたが、全くの勘違いでした(笑)。

この部分はカバーが着いて隠れてしまうのかも知れなく、それだとちょっと勿体ないかもですね。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

スバルWRX S4 樹脂製インマニ 本塗り

先日ウェットブラストにて足付け処理を行っておいたスバルWRX S4の樹脂製インテークマニホールドです。その後よく乾燥させておきました。

各部を下塗り時と同じ様にマスキングします。

固定方法も下塗り時と同じ様に四隅に全ねじを固定し、インマニを宙に浮かせたような状態にしました。

この様な感じで裏表を一緒に塗ります。

まずはベースコートのキャンディーレッドを塗布します。

下塗りの時はトップコートクリアーにキャンディーレッドを入れましたが、今回はそれをベースコートに入れています。通常通りの方法となります。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

とにかく塗り難い形状ですが、前回の下塗りが練習になっていたという事もあり、比較的落ち着いて作業が出来ました。

下塗りの状態に比べ、透過性の赤=キャンディーレッドに深みが出ているのが判るかと思います。

塗り難い箇所はスプレーパターンを細くして、一か所ずつを全方向から塗りながら、且つ肌が繫がるようハイスピードでスプレーしています。

全体に塗るスプレーも四方八方から、また角度を着けた状態で手首を固定し行っています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

スバルWRX S4 樹脂製インマニ 下準備

先日下塗りを行っておいたスバルWRX S4の樹脂製インテークマニホールドです。その後60℃40分程の熱を2回程掛けて塗膜を硬化させておきました。

このまま二回目の塗装=本塗りを行っても塗料は密着せず、かといって密着剤のような物を安易に使うと後で大変な事になってしまいますので(ペリペリと剥がれてきます)、この上に新たな塗装を行う場合には再び全体を足付け処理する必要があります。

ただしこの形状でペーパー(研磨紙または布状研磨副資材)を使って足付け処理を行うのはかなりの手間と時間が掛かり、またその方法だと細部まで確実に処理出来ない可能性がある為、今回も下塗り前と同様、ウェットブラストを使って足付け処理を行う事とします。

使っているメディア(研磨剤)は重曹で、これにより大気開放でのブラスト作業でも周りに被害は少なく(環境的には全く問題無く)、また塗装面に対してソフトな当たり方での施工が可能となります。

今回は動画を撮影していないのですが、開放型のウェットブラストでの作業は、以下のような感じとなります。

ただし開放状態だと吹き返しがかなり激しいので、作業時は合羽を着こみ、また送気マスクをして挑んでいます。重曹は身体への健康面においても全く問題無いのですが、体中がヌルヌルして嫌なんですよね・・・。

その後はよく水洗いします。

重曹には脱脂の効果もあるので、塗装前の下処理としてはとても良いメリットでもあります。

エアーブローしてよく水気を飛ばしておき、この後十分に乾燥させておきます。被塗面に細かい凸凹が形成され、艶が消えた状態になっているのが判ると思います。

また先に記載したように綺麗に脱脂処理された状態ですので、この後のマスキング作業と保管に注意して、そのまま上塗りが行えるようにしたいと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

LOTUS Engine Cover

ロータスヨーロッパのエンジンヘッドカバーです。元々グリーンに塗られていたようですが、整備工場さんにてサンドブラストを行って頂いたらしく、この状態で届きました。

リン酸処理を行い、よく洗って乾燥させました。

この後の塗料がアルミ素地に密着するよう、プライマーを塗布します。

色はボディカラーのような感じでと承っておりますので、

青と黄色の結晶塗料(リンター)に、パウダータイプのブルーパールを添加します。

大体似たような感じの色が出来たら、

本塗りを行います。

しっかりと塗り込みつつ、全体の膜厚が均一になるように塗布します。

その後赤外線ヒーターを使って140℃~170℃程の熱を30分程掛けたら本塗り完了です。

マニュアル上ではこれで焼き付けは完了ですが、削る際に柔らかい感じがするので、後日今度は恒温機(乾燥炉)で120℃30分程の熱を掛けます。

二度焼きが終わったら、ガムテープでマスキングをして凸部を研磨します。

最初は#120から始め、最終#800を使ってアルミ素地を光らせます。

そのままだとアルミ素地が直ぐに酸化してしまうので、腐食の進行を遅らせられるようクリアーを筆塗りしておきます。

その後60℃40分程の熱を掛け、数日寝かしたら完成となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります(撮ったそのままとなります)。

単なるソリッドカラーでは無く、パール感を感じられるかと思います。

その他の完成画像はこちらのページをご覧頂ければと思います。

また今回はオーナー様のYouTubeにて紹介もされました!

元々の状態や、到着時の梱包状態など詳しく紹介されていますので、今後のご依頼の参考になるかも知れません。