ジムニーヘッドカバー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスズキジムニーJA22のエンジンヘッドカバー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は未塗装のアルミ素地で、全体に腐食が出ていた為、

サンドブラスト(軽め)を行ってからの上塗りとしています。

色は「鮮やかな赤」の結晶塗装となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

ホースパイプ部もメッキが剥がれ錆が発生していた為、こちらもプライマーを塗ってからベースコートの黒を塗装しています。

プラグキャップの取り付けを阻害しないよう(膜厚が付かないよう)、プラグホール周りには結晶塗装は行わず、プライマー&ベースコートを薄膜に留めています。

近接画像です。

今回並行して作業を行っていた同車種で型違いのJA23のヘッドカバーと並べてみました。そちらは「どす黒い赤」となっていて、同じ赤でも違いが判るかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ジムニーヘッドカバー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスズキ ジムニーJB23のヘッドカバー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は未塗装のアルミ素地で、全体に腐食が出ていたのでサンドブラスト(軽め)も行いました。

色は当店規定の「どす黒い赤」となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

プラグホール周りもサンドブラストを行っているのでそのままでは腐蝕の進行が早いですから、こちらにもプライマーを塗装し、ただし塗膜の厚みでプラグキャップの取り付け不良が起こらないようベースコートの黒を薄膜に塗装しています。

新品で腐食が出ていない場合にはアルミ素地をそのまま残す場合もあります。

近接画像です。

今回並行して作業を行っていた同車種で型違いのJB22ヘッドカバーと並べて撮影してみました。そちらはフェラーリ等のヘッドカバーに採用している「鮮やかな赤」(イタリアンレッド)で、同じ赤でもかなり色味が違うのが判ると思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

いすゞ117クーペヘッドカバー塗装 完成

先日本塗りを終えていたいすず117クーペのヘッドカバーです。その後恒温機(乾燥炉)で120℃30分程の熱を掛けて二度焼きを行っておきました。

元の状態と同じ様に凸部を研磨します。最初は#120のダブルアクションサンダーで粗削りし、その後同じく#120から手研ぎで最終#800までの番手を使ってアルミ素地を光らせます。

最後にアルミの腐食の進行を遅らせられるようクリアーを筆で塗り、今度は60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

さらに数日寝かしたら完成となります。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々も同じく赤の結晶塗装が施されていた物を、

改めて同じような色味の結晶塗装を施しました。

当店規定の色味(色名)としては「どす黒い赤」となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

オイルキャップは腐食が出ていたので、

それらを削り落として磨き、アルミ素地を光らせておきました。

この後のメンテナンスとしては、ワックスなどを塗ってアルミ素地が空気に触れないようにしておけば腐食の進行を遅らせられるかと思います。特に金属用とかの必要は無く、一般的な固形ワックスで大丈夫です(それでも輝きが鈍くなった場合のみコンパウンド等で磨けば良いかと思います)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

メルセデスベンツW124テールランプ塗装承ってます

先日到着しておりましたメルセデスベンツW124の純正テールランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容は以前施工した時と同様、赤いレンズ部分にさらに透過性の赤を塗って深みのある赤に、その後全体にスモーク塗装を行います。

以前施工した時の画像がありますのでそちらを紹介します。

スモークについてはこの時の濃さを参考に調整しようと思います。

またフチの黒い部分も前回と同じように艶消し黒の塗装で承っています。

経年劣化で表面に細かいヒビが入っているので、最初にレンズを塗る際にここも一旦一緒に塗ってしまい、その後改めて艶消し黒を塗る方法で行います。

またこちらのオーナー様からはブレンボキャリパー一式も承っておりますので、そちらも後ほど紹介いたします。

改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ホンダK20Aヘッドカバー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを行っていたホンダK20Aヘッドカバーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は赤の結晶塗装だった状態の物を、

艶ありの赤に塗装を施しました。

色はホンダ純正色「ミラノレッド」(カラーコード:R81)となります。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

通常こういった鋳造製品は「研磨→プライマー塗布→サーフェサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行ってから上塗りを行いますが、

今回は「2度塗り」=塗装を2回に別けて塗る事でサーフェサーの下地処理を省いています。

サフェを使った下地処理に比べるとシャープさ(ラインの形成等)が足りない所はありますが、それによっってかなりのコストを抑えられるメリットがあります。足付け処理等については通常通りの作業とし、耐久性においては通常と変わりがありませんから、その点についてはご安心頂ければと思います。

凸文字部は研磨してアルミ地を露出させてからクリアーを塗る方法もありますが、

今回はそのままの内容で承っています(この方が耐久性という点では優れています)。

ボルト取り付け部や、

プラグキャップ装着部は塗膜が厚くならないよう、プライマーとベースコートの黒のみとしています。

オイルキャップ装着部は何も塗装せず、アルミ地そのままとしています(常にオイルで塗れていてガスケットも当たっているのでここは腐食の心配は無い部位かと思います)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!