アルファロメオヘッドカバー結晶塗装 完成

先日本塗りを終えていたアルファロメオ GT1300Jr.のエンジンヘッドカバーです。

最後に「Alfa Romeo」の凸文字部分を削って光らせます。

凸文字は成型後にフライスで削られている物と、鋳造してそのままの物があって、今回のヘッドカバーはこの後者となり、凸文字の厚みが十分に無い事、また単にペーパーを掛けても当たらない部分(低すぎる個所)がある為、その辺りを調整しながら削っています。

研磨した凸文字部分にクリアーを筆で塗り、さらに60℃40分程の熱を掛けて数日寝かしたら完成となります。 大変お待たせしました!

最初の状態も紹介させて頂きますね。

元々は未塗装で、全体に腐食が出ていたのでサンドブラストを行ってから塗装としています。

色はグレーシルバーとなります。

 結晶塗装には素地の粗さを目出せない特徴があり、今回のヘッドカバーも素地の状態は余りよくありませんでしたが(腐食による浸食で出来た巣穴や段差・バリなど)、パテやサフェーサーを使用せずとも美しい見た目に仕上がっているのが判るかと思います。

 これが艶あり仕上げだったら、かなり残念な仕上りになっていたと思います(そのためにパテやサフェ、二度塗りなどの下地処理が必要になる訳です)。

 結晶塗装はボディシューツなどの塗装とは違い、単にザラザラとした塗膜では無く、幾何学的な模様が出来るのが特徴です。

 ボルトが当たる部分はプライマーとベースコートの黒を塗っただけなので、素地の粗がそのまま残っているのが判ると思います。

 ホースに挿さる部分はプライマー&ベースコートの黒仕上げとしています。

オイルキャップをスライドで固定する個所も結晶塗装では無く艶消し黒仕上げとしています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

アウディTT樹脂製エンジンカバー結晶塗装承ってます

先日到着しておりましたアウディTT用の樹脂製エンジンカバーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご依頼内容は結晶塗装を2トーンカラーでの塗装で、全体を「グレーシルバー」に、プラグ上部の個所(と一段下がった耳の部分)を「鮮やかな赤」でご指定承っております。

塗り分けが判り易いようイメージイラストを作製しましたので以下に紹介させて頂きますね。

 こちらの赤くなった部分が「鮮やかな赤」の結晶塗装にする部位となります。

それぞれの色については以前の施工例がありますのでそちらの記事を紹介させて頂きますね。

まずは「グレーシルバー」の結晶塗装となります。

DATSUN 3100 Valve Cover

他にはBMWのヘッドカバーなどにも施工しています。

メルセデスベンツヘッドカバー結晶塗装 完成

結晶塗装の赤は「真紅」とご指定頂いておりますので、いつもフェラーリ等のヘッドカバーに採用している「鮮やかな赤」を採用する予定です。

結晶塗装の赤となると大抵はこちらの赤か、もしくは「日産系のドス黒い赤」となっていて、これらの違いについてはこちらの記事が判り易いかと思います。画像だと撮影する度に色が違って写ってしまうのでその差が判り難いのですが、こうやって並べて見ると一目瞭然かと思います。

 凸文字については現状と同じようにシルバーの塗装で承っておりまして、こちらは以前ロータスの樹脂製エンジンカバーに採用した高輝度なシルバー(SPFシルバー)を採用する予定です。

また作業方法については、先に文字天面部をシルバーに塗装し(クリアーは無し)、文字の形にカットしたマスキングシートを貼った状態で結晶塗装を行う方法にしようかと思います。以前BMWのヘッドカバーで文字をゴールドにした時と同じような方法ですね。

フォーリングスのエンブレムは現状黒っぽいシルバーに塗装されていて、こちらもTFSIと同色のシルバーに塗装し、さらにクリアーで仕上げます。また良く外れてしまう部品との事で、塗装後には耐熱性のあるエポキシ接着剤で固定するようにいたします。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせていただきますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

三菱 i(アイ)ヘッドカバー 下塗り

三菱 i(アイ)ヘッドカバー塗装承ってます

先日お預りしておりました三菱i(アイ)のエンジンヘッドカバーです。先日アルファロメオのヘッドカバーの本塗りが完了しましたので、続けてこちらも作業着手しております。同じ様な内容なので並行して作業が出来そうかと思いきや、中々そう上手くは行かない訳でして(頭の切り替えが難しいのです…)、長らくお待たせしておりました。

 ヘッドカバーは新品でも腐食(黒ずみ)防止の為か、アルミ表面が油っぽくなっている事が多く、そのままリン酸処理をすると弾いてしまい効果が無い為、まず最初にシンナーで洗い流すようにして全体を脱脂清掃し、その後リン酸処理を行います。

さらに水洗い後には一日以上乾燥させ、よく水気を飛ばしておきます(またはタイミングが良ければ恒温器に入れて一旦熱を掛けてしまいます)。

 その後全体にプライマーを塗布し、

 プラグキャップは恐らく外から被さるタイプの為、無用に膜厚を着けないようベースコートの黒を塗り、

テープフリーになったらマスキングをします。ここは最後までクリアーは塗らないようにします。

 続けて下塗り用のベースコートを塗ります。と言っても使うのは本塗り時と同様、マツダの「ソウルレッドプレミアムメタリック」のカラーベースを使います。次に本塗りを行う時、ベースコートの膜厚が薄く済むようにですね。尚ベースコートは薄ければ薄い程仕上りが良く(艶引けが無く)、逆に厚くなると塗膜の強度(主に密着性)が下がるので塗り過ぎには注意が必要です(どうしても厚膜になる場合は一旦クリアーを塗って反応させ、二回に分けるという手があります)。

 アルミ素地の時には判りませんでしたが、やはりと言うか鋳造素地の粗さが目立ちます。

 何でもない面もカクカクしていたりと、巣穴や傷以外でも、そのまま上塗りをしていたらちょっと残念な仕上りになっていたと思います。

 そしてクリアーを塗って下塗り完了です。いつもの仕上りと違ってデロデロしているのはクリアーを塗り過ぎた訳では無く(むしろいつもより塗っていません…)、素地が粗いからです。ただ鋳造製品にしては全然良い方で、だからこそ下地処理無し(素地調整無し、サフェ研ぎ無し)でもここまで仕上ります。普通はあり得ないのですが…。

 尚、本塗り時にはもう一度これと同じカラーベースと、さらにキャンディーレッドを重ねて鮮やかなソウルレッドプレミアムメタリック風の仕上りにします。

また本塗りの前には、先日アルファロメオのヘッドカバーでも行ったように、ある程度ペーパーを掛けて表面を均しておこうと思います。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせていただきますね。チヂレ防止の為まだ少し先になると思いますが、どうかもう少々お待ち下さいませ!

アルファロメオヘッドカバー 結晶塗装 本塗り

 先日お預りしておりましたアルファロメオ GT1300Jr.のエンジンヘッドカバーです。

その後アルカリ洗浄槽にて浸け置きし、裏側に残っていたガスケットなども綺麗に剥がしておきました。

 まずはサンドブラスト処理を行います。ホースパイプ取り付け部とボルトも着けた状態で、こちらも一緒にブラスト処理を行います。

マグネシウム製品や、アルミ製でも古いヘッドカバーで良く見られるのがこういった金属表層の層間剥離で、膨れた部分をそのままにすると塗装まで浮いたような状態になってしまう為、予め潰しておく(削り落としておく)必要があります。

 明らかに浮き上がっている部分はピックツールで捲り上げるようにして剥がし、その後シングルサンダーで広めに削っておきます。また強くエアーブローをして剥がれ予備軍を残さぬよう、虱潰しにしておきます。

 その後全体的にダブルアクションサンダーで均しておきました。

この後は洗浄も含め、リン酸処理を行って十分に乾燥させておきます。

 後日マスキングを行い、本塗り開始です。

 ホースパイプ取り付け部とそのボルトも一緒に塗装します(ボルトは新品に変えた方が望ましいので、一応といった感じです)。

 まずは全体にプライマーを塗り、

 ボルト取り付け部は一応結晶塗装は塗らないようにし(前回施工した同型ヘッドカバーだとここに液体ガスケットが塗られていたので恐らく漏れやすいのではと)、代わりにベースコートの黒を塗っておきます。

ホースが被さる個所も同様にし、テープフリーになったらマスキングをします。ボルトも黒に塗り、そちらはこの時点で完成として別けておきます。

 オイルキャップは通常の内ネジ式では無く、外側の縁に引っ掛けて固定するタイプなので、その部分も結晶塗装では無く艶消しの黒仕上げにし、マスキングをしておきます。

そして結晶塗装を行い、140℃30分くらいの熱を掛けてチヂレ目が出たら本塗り完了です。お待たせしました!

 色はグレーシルバーとなります。

 「AlfaRomeo」の凸文字部分は最後に研磨して光らせ、腐食の進行を遅らせる為にクリアーを筆で塗っておきます。

ホースパイプ取り付け部を固定しているボルトは仮止め用なので気にされなくて大丈夫です。

後日凸文字を削り、クリアーを塗ってもう一度焼いたら完成となります。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

アルファロメオヘッドカバー 本塗り

 先日下準備を行っていたアルファロメオGT 2.0 JTSのヘッドカバーです。マスキングをし直し、よく脱脂清掃を行ったら本塗り開始です。

 まずは研ぎ作業で素地が露出した個所にプライマーを塗り、

 続けてベースコートを塗布します。

尚、今回採用した色はホンダの「ミラノレッド」(カラーコード:R81)で、フェラーリのような鮮やかな赤に比べると、青黒味のある落ち着いた赤となります。以下の記事でも紹介しておりますので宜しければご参照下さいませ。

アルファロメオヘッドカバー 色検証

 ベースコート塗布後、十分に乾燥をさせたら凸文字の天面を削ります。

塗装前は#120手研ぎの状態だったので、同じく#120から始めて#180→#240→#320→#400→#600→#800→#1000と順番に均し、最後に布状の研磨副資材(アシレックス)で均しています。

 マスキングを剥がし、エアーブローでタッククロスで塗装面を清掃し、金属素地が露出した面に密着剤を塗布します。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 プラグホール周りは壁で囲まれていて、普通に塗っても塗料は隅まで入ってくれませんから(肌が荒れますから)、スプレーガンのパターンを細くし、隙間を狙い撃つようにして塗り込んでいます。

 プラグホールに詰めたマスキングテープの芯は、クリアー塗装後に裏から押して少し持ち上げておく事でフチにクリアーがくっ付いてしまうのを防いでいます。内側にマスキングテープを貼るよりも、この方がフチの仕上りは良くなります。

 凸文字もまるで元々あったかのような一体感に出来ていると思います(そもそも素材自体が違うのですが・・・)。

この後一日以上は常温で自然乾燥させ、その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせていただきますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!