ロードスターヘッドカバー結晶塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたロードスターヘッドカバーの結晶塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々多少磨かれたような感じで若干の艶があり、ただ腐食が結構出ていましたので、

軽めのサンドブラスト処理を行った上で塗装を施しています。

 色は前回ご依頼頂いた時と同じようなオレンジ色の結晶塗装となります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご贔屓頂き誠に有難う御座いました!

Lancer Evolution Engine Cover

 三菱ランサーエボリューションのマグネシウムヘッドカバー(新品)です。いつもの業者様からのご依頼で、掲載の御承諾を頂きましたので施工例として紹介をさせて頂きます。

 元々ある凸文字は削り落としてしまうよう承りました。

 また今回はMg=マグネシウムのマークと▲、全て削り落としてしまいます。

 ちなみにこのヘッドカバー、中古品はいつも腐食が出てしまっているのですが、その理由として元々の(新品時)の塗装が非常に薄い事が理由の一つと考えられます。プライマーもクリアーも塗ってあるのですが、#800で足付け処理をしている時点で下地が出てしまう程の薄さなので、これではマグネシウムの酸化(腐食)を抑えられないのでは、と思っています(ゴアテックスと同じで水は通らなくても分子の細かい水蒸気は塗膜を通り抜けてしまいます)。

 至るところで下地が露出してしまっているので、全体にプライマーを塗ってしまいます。

下色に在庫していた緑と白を混ぜた物を1コートだけ塗り、その後グリーンを、 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

今回は頂いた参考画像を基に、当店で作製した「色相環色見本No.4」(4時を指す箇所の色)を採用しました。黄色いグリーンと青いグリーンの中間のグリーンとなります。

色相環色見本については現在制作中で、今のところは以下リンク先の記事が判り易いかと思います。

色相環キーホルダー試作完成②

 その後60度40分程の熱を掛けて硬化させ、さらに数日寝かして完成となります。

 今回のヘッドカバーは社外記の方にも掲載しておりまして、こちらで紹介している画像は全てサイズの縮小以外は未加工ですが、あちらではPhotoshopで画像を編集加工をしています。どちらも同じカメラとレンズですが、後から加工した画像と未加工の物での違いが判るかと思います。

  後日業者様からは「お客様にお見せしたら大喜びでしたよ。これだ!この色だ!と言ってました」とのお言葉も頂戴しました。

配合データから色を作製していますので、10年後に「この時と同じ色で!」とご指定頂いても全く同じ色で再現が可能です(塗料原色があればの話ですが・・・)。

ロードスターヘッドカバー結晶塗装 本塗り

先日お預りしておりましたロードスターのヘッドカバーです。大変長らくお待たせしておりました!

その後はアルカリ洗浄槽に浸け置きしておき、裏側も綺麗になりました。

裏側をマスキングし、

 ブラストボックスに入れて、

 サンドブラスト処理(軽め)を行います。

 その後リン酸処理~洗浄を行い、各部をマスキングして本塗り準備完了です。

 まずはプライマーを塗布し、

 結晶塗装は塗らないプラグホール穴を艶消しの黒(スタンドックスのベースコート黒)で塗装しておきます。結晶塗装の厚みでプラグキャップが上手く嵌らないのを防止する為ですね。

 その後プラグホール部をマスキングし、結晶塗装を行います。結晶塗装は専用の塗料で、1液の熱硬化型塗料となります。色は前回と同じ、オレンジとなります(こちらのオーナー様は今回で3個目のご依頼となります)。

 その後140℃程の熱を掛けると結晶塗装目が出て来て硬化も完了です。尚、焼付タイプですが「耐熱」と言う訳ではありません。ヘッドカバーはそこまで熱が上がりませんのでウレタン塗料でも大丈夫です。

本来であればヘッドカバー左側にタイミングベルトを覆うカバー部分があるのですが、

今回の部品はそこがカットされ、研磨して面が整えられています。格好良いですよね。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レンズ系透過性塗装 下準備

 前回本塗りを終えてからまだ早いのですが、既にかなりの量が入っておりますので早速作業着手しております。尚こちらにもう1セット(2個)レガシィのテールランプが後程合流となります。

それぞれの案件については以下の通りとなります。

デリカテールランプ レッド&スモーク塗装承ってます

セルシオ20テールランプ塗装承ってます

フィアットテールランプ レッド&スモーク塗装承ってます

レガシィテールランプ&ハイマウントランプ塗装承ってます

 

 まずは中にホコリが入らないよう穴をマスキングします。電球穴の部分はゴムパッキンから出る油でシールがくっ付かない事が多いので、最初にシリコンオフで脱脂清掃しています。ちなみに塗装面にシールを貼る場合は後で剥がし易いようにワックスを塗ってからがお勧めです(ドアモールとか落下したらマズイ物は脱脂が必須です)。

 ある程度年式が経った中古部品は大抵このように内側が泥砂で汚れているので、

 ブラシとウェスを使って水洗いをします。

奥まった角の部分は、綿棒を使ってグルグル回すと綺麗になってくれます。指先で回し易いのが味噌ですかね。

エアーブローをしつつウェスで吹き上げたら清掃完了です。

この状態で一晩置いてよく水気を乾かしておき、この後マスキングをしていきます。

車体に着けてお渡しするなら気にしなくても良いのかも知れませんが、部品単品だと見なくて良い部分が見えてしまうのでどうしても手間は掛かりますかね。まあ車に戻すにしても清掃は基本だと思いますが・・・。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ロードスターヘッドカバー結晶塗装承ってます

 先日到着しておりましたロードスターヘッドカバーです。こちらのオーナー様は既に当店で二回ヘッドカバー塗装のご依頼を頂いておりまして、今回で3回目となります。この度もご贔屓頂き有難う御座います!

 状態としては一応表面が磨かれたような感じなのですが、全体的に凹んだ個所には腐食が残っていますので、前回と同様「軽め」のサンドブラスト処理も承っております。

タイミングベルト部分は前回と同様カットがされた状態で、ここも結晶塗装に塗ります。

前回施工した時の記事がありますのでそちらも紹介をさせていただきますね。

ロードスターヘッドカバー結晶塗装 完成

今回のご依頼もこちらと同じ結晶塗装のオレンジで承っております。

またその後装着画像とコメントも頂いておりましたのでそちらも紹介をさせていただきますね。

今気づいたのですが、レビュー投稿ページでコメントに返信をしていなかったようです。大変失礼しました・・・!

こちらのページから他の画像とコメントが見れますので宜しければご参照下さいませ。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせていただきますね。改めましてこの度も当店をご利用頂き誠に有難う御座います!