NISSAN BNR32 RB26→RB28

日産スカイラインGT-R用RB26エンジンのアルミ製タイミングベルトカバーです。

凸文字の「RB26」を「RB28」への変更に、また今回は結晶塗装では無く「艶あり黒」の塗装で承りました。

最初の状態は以下のページで詳しく紹介しております。宜しければご参照下さいませ。

→ RB26→RB28凸文字加工&塗装承ってます


 旧塗膜は劣化していたので、溶剤槽に浸け置きして剥がしておきました。

 変更するのは「8」の文字だけで、予め作製してあったデータからマスキングシートを作成し、それを3ミリ厚のアルミ板に貼って切り出します。

 バンドソーで粗切りし、

 ヤスリで形を整えます。

その他の画像は以下のページで詳しく紹介しておりますので宜しければご参照下さいませ。

→ RB26→RB28凸文字加工


 文字を削る前にサンドブラストを行って素地調整を行います。

 シングルサンダー、ベルトサンダーを使って「6」の凸文字を削り落とします。

 アルミ板から切り出した「8」を耐熱性のあるエポキシ背着材(3M オフホワイト)で接着し、硬化させた後にフチの隙間をエポキシプライマーサーフェサーで埋めておきます。

 その後プライマーを塗り、サーフェサーを塗布しました。

→ RB26→RB28タイミングベルトカバー サフェ入れ


 その後熱を掛けて塗膜を硬化させ、サーフェサーを研ぎます。

 タイミングベルトカバー全体にベースコートの黒を塗装後、

 凸部を研磨してアルミ素地を光らせ、

 最後にクリアーを塗布します。

→ RB26→RB28タイミングベルトカバー 本塗り


 そして完成です。

その他の完成画像は以下リンク先からもご確認頂けます。

RB26→RB28タイミングベルトカバー塗装 完成


 

KP61スターレットヘッドカバー結晶塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日凸部を研磨してクリアーを塗っておいたトヨタKP61スターレットのヘッドカバー結晶塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

腐食は見当たらなかったのですが、バフ掛けされて艶々としていたので、足付け処理としてこちらもサンドブラストを掛けてからの塗装としています。

 一緒にご依頼頂いたダットサンのヘッドカバーと同様、鮮やかな赤の結晶塗装となります(他にはどす黒い赤などがあります)。

 それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ダットサン ブルーバードヘッドカバー結晶塗装 完成

大変お待たせしました! 先日凸部を研磨してクリアーを塗っておいたDATSUN510ブルーバードのヘッドカバー結晶塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

全体に腐食が出ていたのでサンドブラスト処理を行ってからの塗装としました。

 色は鮮やかな赤の結晶塗装となります。

一緒にご依頼を頂いているスターレットのヘッドカバーも続けて紹介いたします。少々お待ちくださいませ!

ヘッドカバー凸部研磨~クリアー筆塗り

 先日本塗りを終えていた日産510ブルーバードKP61スターレットのヘッドカバーです。

その後二度焼きを行い、凸部を研磨して光らせます。

 エアーツールは使えないので小さい木片を当て板にし、一方向に研いで塗膜を削ります。

 最初は#120を使い、その後#180~#240~#320~#400と番手を細かくし、最後は布状研磨副資材で光らせます。

本来ならアルミ素地そのままの方が金属っぽく輝いて格好良いのですが、比較的早い段階で表面が腐食して黒ずんでしまうので、それの進行を遅らせるためにクリアーを筆で塗っておきます。

この後再び恒温器で60℃40分ほどの熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

トヨタスターレットヘッドカバー 本塗り

 こちらも先日サンドブラストを行っていたトヨタKP61スターレットの4Kエンジンヘッドカバーです。その後リン酸処理を行い、よく洗浄して乾かしてマスキングをしておきました。

まずは全体にプライマーを塗布します。

 先ほど紹介した510ブルーバードのヘッドカバーと同様、ホースパイプ部は結晶塗装を塗らないようにするので、プライマー塗装後にベースコートの黒を塗ります。

 ベースコートの黒が乾いたらマスキングをし、

 結晶塗装の赤を塗布します。

一緒に塗ったブルーバードのヘッドカバーに比べると素地の状態はとても良く、またサイズが小さいので控えめに塗っています。

 その後140℃程の熱を掛けると結晶目が現れます。

 色はブルーバードのヘッドカバーと同様、鮮やかな赤の結晶塗装になります。

 この後二度焼をし、その後凸文字部を研磨してアルミ素地を光らせます。

AISINの凸文字もやはり光っていた方が恰好良いのでこの後研磨して光らせ、最後にクリアーを塗って腐食の進行を遅らせるようにします。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!