SHUREワイヤレスマイク マーブルレッド 本塗り

 先日黒で一旦下塗りとしていたSHUREのワイヤレスマイクBLX2/BETA58Aです。その後60℃40分程の熱を二回程掛け、しっかり完全硬化させておきました。

ボタン部分とインジケーターランプ部のマスキングは貼り直し、マイク自体も一旦芯棒から取り外します。

 全体を足付け処理後、組み付けた状態にして再び芯棒に固定します。

 今回はラップを使ったマーブル塗装となりますので、内容としては予想出来ない事が想定される為、予め練習用の色板も準備しました。マイク本体と同じように黒を塗ってクリアーを塗った物を足付け処理してあります。

 ラップはシルバーを塗った直後に貼り付ける必要がある為、万が一の事を考えて3セット用意しておきました。

 実際に手を動かしてイメージトレーニングを行い、

 まずは色板で試し、「もう少し縦目も増やした方が良さそう」と考えながら、

 本番完了です。

 回り込んだ部分にも模様が繋がるようにしています。

 シルバーは中目のMIX811と粗目のNIX598を50%ずつ混ぜています。

この後はキャンディーレッドを塗っていきます。クリアーでは無くベースコートです。

 グリルボールは形状的にラップするのが難しい為、以前施工した時と同様「黒&キャンディーレッド」のみの仕様となります。

 こちらもキャンディーレッドを塗り重ね、

 再び分解して芯棒にセットし直したら最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 ボタン部分のマスキングがクリアーと固着しないよう、こちらは直ぐに剥がしておきます。

 尚、このままでは段差が残った状態となる為、この後熱を掛けて硬化させた後、もう一度足付け処理を行ってクリアーを塗ります。なので完成まではもう少しですね。

 クリアーは3コート程塗っているので磨き倒して完成させる事も出来るのですが、それを考えると他のご依頼品と一緒にクリアーだけ塗らて貰った方が楽ですし、間違いは無いかと思います。

グリルボールはいつも通りなのでこれで完成ですね。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

ワイヤレスマウス 色作成

先日下塗りクリアーを塗っておいたロジクール社のワイヤレスマイク、LogicoolG Pro wirelessです。その後には「G」の部分のマスキングシートも作製していました。

色については、オーナー様より参考画像を頂いておりまして、このマゼンタっぽいピンクを作製します。

ただこの色は最初の段階でも検証している通り、画像をビビットに編集加工していると思われ、これを普通の塗料(自動車補修用塗料)で再現する事は不可能です。念の為ですが、当店の塗装ではプラモデル用塗料とかは使えません(強度的に実用性はありません)。

こちらの色見本でも相当鮮やかな色味なのですが、参考として頂いた画像には遠く及びません。

イメージとしては、こちらのPhotoshop Lightroomで編集加工した画像くらいにしたいと考えまして、当初不可能としていましたが、別件でPS4のコントローラーを蛍光色で塗装する案件が入りましたのでこちらも対応する事にしました。念の為ですが、上の画像はかなり加工しています。

 色々試してみたのですが、どうやっても色が濁ってしまうので、「蛍光ピンク+キャンディーマゼンタ+STANDOX MIX576+MIX599(バインダー)」と言う構成で、白は殆ど入れないで色を作りました。

蛍光色については以下の記事で紹介していますので宜しければご参照下さいませ。顔料(粉)単体で使用しているので問題はありません(逆を言うとリキッド=液体タイプは樹脂が混ざるのでNGです)。

蛍光顔料+STANDOX色見本

蛍光ピンク 色見本作成

画像だけを見るとこれくらいなら既存の塗料でも出せそうな気がするのですが、物理的には不可能です。一般的には白を入れると色が明るくなると思われがちですが、彩度が落ちて色が濁るので今回のような色は出せないのです。ちなみに下地に白を塗って透かす3コートキャンディーソリッドも試しましたが、まるで違う色でした。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

NDロードスターヘッドカバー結晶塗装 完成

 こちらも大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたマツダNDロードスターのヘッドカバー、結晶塗装の赤で完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はアルミ素地に何かしらのクリアーが塗られていた状態で、シンナーでそれを洗い流した後にリン酸処理を行ってからプライマーを塗っています。

 色は鮮やかな赤の結晶塗装となります(他に日産系のドス黒い赤などがあります)。

 プラグホール周りはキャップが外れたりしないよう結晶塗装は塗らず、艶消しの黒で仕上げています。

 それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ホンダカブヘッドカバー結晶塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたホンダクロスカブ用ヘッドカバーの結晶塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はアルミ無垢の状態で、リン酸処理後にプライマーを塗ってから上塗りを行っています。

 色は鮮やかなイエローの結晶塗装で、参考としてタッチペン塗料なども一緒にお預りをしました。

 HONDAの凸文字部は研磨後にクリアーを筆で塗って腐食の進行を遅らせるようにしています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!