ポルシェ「CS」エンブレム制作&塗装承ってます

先日到着しておりましたポルシェ純正エンブレムです。こちらのオーナー様は以前より色々な物でご依頼頂いている方で、最近だとポルシェブレンボキャリパーの塗装を承っています。この度もご贔屓頂き誠に有難うございます!

今回はこれらを塗るのではなく、これらを参考にして新たにエンブレムを作成し、それを艶消し黒に塗装する内容となります。

判り易いようオーナー様から頂いた画像を含めて紹介します。

現在着いているエンジンフードのエンブレムですが、どうやらこういった組み合わせは通常存在はしていないらしく(詳しく無くてすいません・・・)、

「Carrera」のエンブレムに対して「CS」のエンブレムが小さい為、大きいCSのエンブレムを新たに作ってしまおう!という内容となります。

先ほどの画像にあった車体に貼ってあったエンブレムがこちらで、大きさが小さいのもそうですが、線が細く、また丸味を帯びた形状になっています。

この書体(輪郭)をそのままに、

こちらの一回り大きいRSのエンブレムにサイズを合わせ、また形状もこれと同じ様に平面的に仕上げます。とは言っても単純に平面では無く、若干のテーパーと、角は若干丸味があり、またRとS(造るのはCとS)の間で一段低くなっています。

作業工程としては、


・小さい「CS」のロゴをトレースしてベクターデータを作成

・それを「RS」のサイズに合わせて拡大、調整

・大きいサイズにした「CS」のデータから、既存のエンブレムと同じ3mm厚のアクリル板をレーザー加工機でカット

・カットして出来た「CS」のアクリル板を、見本と同じ様に成型(CとSの間の凹みを再現し、角に丸味を帯びさせる)

・「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」

・本塗り(艶消し黒を想定しています)


といった内容を想定しています。レーザーでカットして塗るだけならサフェは要らないのですが、結構微妙な形なので細かいラインの成型が必用ですね。

参考までに今までに施工した似たな案件を紹介します。

今回はこちらの内容に近いですね。

「C」と「S」の間はヤスリで削ろうと思っていましたが、そこもデータで作ってレーザー彫刻である程度削った方が綺麗に仕上がるかもですね。もしかしたらサフェも無しで行けるかも知れません。

他にはBMWのエンブレムも作成した事がありました。レーザーでカットしたMDFをベースにしてそれを成型し、シリコーンで型を取って樹脂を流し込んで作っています。こちらのタグ→から全体の記事が確認出来ますので宜しければご参照くださいませ。

自動車業界から離れてしまったので全く詳しくないのですが、きっと知っている人がそのエンブレムを見ると二度見して驚くような意味があるのだと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

スバルエンブレム&アンダースポイラー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたリヤアンダースポイラー&メッキと、その後本塗りを行っていたスバルエンブレムのアクリルプレート塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はシルバーに塗られていたSTIリヤアンダースポイラーを、

ボディ同色のスバル純正色「ダークグレーメタリック」(カラーコード:61K)に塗装しています。

また元々貼ってあったシールと同じようにして、

STiのロゴをシルバーのデカールで表現しました。

デカールの段差はその後の磨き処理で平滑に均してあります。多分この製品を良く知るメーカーの方が見たら驚くのではないでしょうか。

そして前後のエンブレムです。

両面テープは元のように戻しておきましたので、そちらの内容も紹介します。

エンブレム構造としては、両面テープで枠とプレートを固定している為、塗装する際にはそれを剥がす必要があり、またそちらは再利用が出来ません。

なので元の型をデータで作成し、新たにレーザー加工機でカットした両面テープを貼り付けています。

一旦それの台紙を剥がし、

元々貼ってあった台紙に交換しておきます。これで純正と同じ様に簡単に貼り付ける事が可能です。

枠の色は同じく「ダークグレーメタリック」(カラーコード:61K)で、

アクリルプレートの裏側にあったブルーの被膜を剥がし、新たに裏側から黒に塗装し、

表からは透過性の青=キャンディーブルーの塗装を施しています。

裏側も表側と遜色無く仕上がっているかと思います。

現在行っている小物塗装は自補修(自動車補修塗装=板金塗装)と違って「新車肌の再現」とかでは無いので、元々塗ってあった塗装に比べかなり美しく仕上がっていると思います。

クリアーは全て高品位なタイプのSTANDOX クリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

一つ一つの塗装は大した事をしている訳では無いのですが、毎回同じ事を行う量産と違ったオーダーメイドな作業ではどうしても時間が掛かってしまう所はあります。何卒御理解を頂ければ幸いです(勿論催促などされる方は居らず、お気遣いは本当に有難い限りです)。

枠のメッキには密着剤等は使っていませんので、よくある経年劣化で塗装がペリペリと剥がれてくるような事はありませんのでご安心くださいませ(フェザーエッジも出せるので補修も可能です)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠に有難う御座いました!