スバルエンブレム(背面黒/枠艶黒)塗装 完成

先日本塗りを終えていたスバルエンブレムのアクリルプレートとメッキ枠です。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

新たに作り直した両面テープを貼り付け、元々使われていた台紙に張り替えます。

そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々はこのような状態だったエンブレムを、

メッキ枠を艶あり黒、

アクリルプレートは裏側から青い被膜を削り落とし、新たに黒を塗りました。

アクリルプレートの表面は塗装はしていません。 各画像やサイズの縮小以外は未加工となります。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

装飾クロムメッキの素地は、そのまま上塗りを行っても十分に密着しませんので、下地を作りなおしてから塗装を行っています。

大分雰囲気が変わったのが判ります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

スバルエンブレム(背面黒/枠艶黒)本塗り

先日アクリルプレートの裏側にクリアーを下塗りしておいたスバル純正エンブレムです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

そのまま塗っても塗料は剥がれてしまうので、再び足付け処理を行います。平面は布状研磨副資材(アシレックスレモン)で、凹んだ箇所はナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使います。

よく清掃したら手で持って塗れるよう芯棒を取り付け、台にセットします。

今回はメッキ枠が艶あり黒、アクリルプレートの背面も黒なので、同時に本塗りを行います。

フチまでしっかり塗れるよう、裏側のスペースを出来るだけ広めにとって固定しています。

アクリルエンブレムはフチでピッタリマスキングするとそこに段差が出来てしまうので、あえてはみ出すようにして貼っています。エアースプレーだと袋小路の所には塗料が入り難く、その特性を利用した感じですね。

既にクリアーが塗ってあるので(PMMA=アクリル樹脂素地が露出していないので)ここでプラスチックプライマーを塗る必要は無く、そのままベースコートの黒を塗布します。

同じくメッキ枠にもベースコートの黒を塗布します。これをメッキ素地に直接塗っても十分に密着しない為、少々面倒ではありますが別途下地を作る作業をしています。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

ベースコートの黒は3コート、トップコートのクリアーは2コート、合計5コート程塗っています。

一旦クリアーで下塗りをしているのは塗料によってアクリルプレートが侵されない為で、例えばDIY等でプラモデル用の塗料等を使うのであればこれをする必要はありません(ただしそういった塗料が屋外紫外線下で劣化しなければの話ですが…)。

裏側はクリアーを塗らなくても大丈夫ではあるのですが、ベースコートだけだとちょっとした溶剤(ガソリン等)や両面テープの糊で塗膜が侵され、その痕が表面から見えてしまう場合があるので、そういったトラブルを避けたい場合にはクリアーも塗った方が間違いありません。

参考までに、今回と同じような方法で塗装を行っている色見本キーホルダーを紹介します。

こちらの枠の部分は、今回のスバルエンブレムと同じく「透明なアクリル板」に裏側から塗装をしていて、その際最初の頃はクリアーを塗らずベースコートのみだったのですが、食み出た塗料をシリコンオフ(低溶解の溶剤)で拭いていたところ、断面部分からそれが浸透して表側から層間剥離したその部分が見えてしまったのです。

それからはこちらを作成する際もしっかりクリアーまで塗るようにして、それから問題は起きていません。

車体の塗装だけを行っていた時は「下地は見えなくなる物」という事が常識でしたが、色々な塗装を行う事になって思わぬ事に気付けるのが結構楽しく勉強になっています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせていただきます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

スバルエンブレム(背面黒/枠艶黒) 下準備

先日メッキ枠の下地処理を行っておいたスバル純正エンブレムです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

アクリルプレートの表面は塗らないので傷が付かないようマスキングをしてあります。

メッキ枠に塗ったサフェを水研ぎし、足付け処理を行っておきます。メッキ素地を露出させないよう注意します。

現在5セット(10個)のスバルエンブレムをお預かりしておりますので、それぞれ判るよう印をつけてあります。

今回こちらは六連星の背面を「黒」で承っていますので、

サンダーや手研ぎで元々あった青い被膜を除去します。

ペーパー目を均し、ナイロンブラシとウォッシュコンパウンドで凹んだ箇所の足付け処理を行います。

マスキングを剥がし、青い被膜が残っていないか確認します。

このまま本塗りにいければ楽なのですが、一旦ここでクリアーを塗っておきます。また前回メッキ枠の下地処理を行った他の2セット分のアクリルプレートも、表面に一旦クリアーだけを塗っておきます。塗らなくても大丈夫かも知れませんが念のための任意保険みたいな感じですね。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

スバルエンブレム(表スモーク裏赤:枠艶黒)塗装承ってます

先日到着しておりました現行スバルフォレスター(SK)後期型のスバル純正前後エンブレムです。こちらのオーナー様は5年前にも当店をご利用頂いておりまして、この度もご贔屓頂き有難う御座います!

ご依頼内容としては、


■アクリルプレート表・・・スモーク塗装
■アクリルプレート裏(背面)・・・キャンディレッド
■メッキ枠・・・艶あり黒


となります。またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っています。

少し前にご依頼頂いている方と作業内容は同じなのですが、エンブレムの型は違ったタイプとなります。ちゃんと判るようそれぞれ印をつけています。

スモークの濃さについては、以前施工した事例の画像がありますのでそちらを紹介します。

施工内容も同じで、こちらのページで紹介しておりますので宜しければご参照くださいませ。アクリルプレート裏側の青い被膜を削り落として透過性の赤+シルバー+クリアーでキャンディレッドとし、表側からは薄くスモークを塗装しています。

今回のメッキ枠は貫通タイプ(右)と非貫通タイプ(左)となります。

まずは両面テープを剥がします。残った糊はシリコンオフで綺麗に除去します。

非貫通タイプはリューターを使って裏側に小さな孔を開け、そこからポンチでプレートを押して隙間が出来たらヘラを差し込んで両面テープを破断します(梃子で持ち上げようとすると割れるのでNGです)。

順番が逆ですがこのような感じです。事前に隙間からシリコンオフを流し込み、ドライヤーで温めて両面テープの粘着力も弱くしておいています。

そしてこの様な感じで分解完了です。

プラスチック樹脂(ABS)に施されたメッキは、母材が柔らかいのにメッキが固い為に簡単に割れやすく、なので隙間から無理にヘラ等で抉るのはNGなのです。

今回開けた穴は構造用エポキシ接着剤で埋めておきます。

剥がした両面テープは再利用が出来ないので、似たようなものを作成しておきます。

データは以前作った物があるのでそちらを使います(作業内容は違いますが、現在こちらと同じエンブレムをご依頼頂いていて、そちらでも作ってますね)。

まずは念のため紙でテストカットします。使っているのはCO2レーザー加工機です。

実際の被塗物に合わせて問題無ければ、

両面テープをカットします。

カッティングシートなどは専用のプロッターで切りますが、今回のように厚めの両面テープだとそれでは切れなく、また手で切ろうとするとどうしても形が歪になってしまうので、厚みがあっても綺麗に切れるレーザー加工機を使っています。ただ両面テープの種類によっては断面が炭化してしまう物があるので、色々探してそうならないタイプの物を使用しています。

カッティングプロッターのように刃によるカットと、今回のレーザーによるカットとの違として、後者の場合「焼き切る」という性質上その箇所が消失してしまいますから、データをオリジナルより少しサイズを大きくしていたりします。

以前ご依頼頂いた案件も紹介させて頂きます。

この時はこちらのフォレスターフロントフォググリルのメッキ部分を、

半艶黒への塗装で承りました。

この時も今回のスバルエンブレムの枠と同様装飾クロムメッキ素地への塗装だったのですが、オーナー様からは「劣化等もなく非常に良い状態で、その品質に感銘を受けて」とのお言葉も頂戴しました。その後の経過が判るのは当方としても興味があり、有難い限りです。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

スバルエンブレムメッキ枠 下準備

現在進行中のスバルエンブレムのメッキ枠、3セット分です。ABS樹脂に装飾クロムメッキが施されていて、そのまま上塗りを行っても塗膜は密着しませんから、通常の被塗面と同じようになるよう下地を作ります(もしくは薬品でメッキを剥がす事も可能ですがその方がコストが掛かるのでこの場合は選択しません)。

素地調整を行い、まずはプライマーを塗布します。

今回施工しているのは以下のご依頼品となります。

スバルエンブレム(背面黒/枠艶黒)塗装承ってます

スバルエンブレム(ピンクゴールド)塗装承ってます

スバルエンブレム(枠艶黒/表スモーク)塗装承ってます

本塗り自体のタイミングはそれぞれバラバラになるかと思いますが、メッキ素地の下地作業は同じ内容なので並行して作業をしています。まとめて作業をする事で時間の短縮と、余分に塗料を余らせてしまったりする事を防ぐ為ですね。

この後に行う上塗りはメッキ素地には密着しないので、裏までしっかりプライマーを塗っておきます。

 

その後30分程のセッティングタイムを設け、サーフェサーを塗布します。

ここでのサフェは、この後に行う研ぎ作業で下地のメッキを出さない為の物なので、特に厚塗りはせず、肌を荒らさないように注意して塗ります。

フチまでしっかり塗れるよう、裏側に回り込むようにしてスプレーしています。

この後は60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、表面を研磨して平滑に均したら上塗りを行います。

こちらはプレートを外す為の穴を開けているので、後日エポキシで埋めておくようにします。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!