BMW R1200RTトップケース&パニアケースカバー塗装承ってます

 先日到着しておりましたBMWR1200RTの純正トップケースカバーとパニアケースカバーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 トップケースカバーは傷も無く良い状態に見受けられますので、足付け処理をしてそのまま上塗りを行う予定です。

 パニアケースカバーは一部に傷があり、オーナー様自ら自家塗装もされた跡がありますので、そちらも含めて下地処理をしてからの上塗りとなります。

尚、色はこちらのパニアケースの白=BMWアルピンホワイトⅢへの塗装で承っていますが、残る反対側のパニアケースとの色違いが懸念される為、今回は調色作業も承りました。

ちなみに色を確認する場合、例え配合データがあっても一旦色を作ってテストピースに塗装しなければ確認しようが無いのですが、幸いにして今回は先日塗装したBMW R1200RSのパニアケースがあった為、それと色を比較する事が出来ました。

左側が先日完成したパニアケースで、右が今回ご依頼を頂いているパニアケースです。どちらも同じアルピンホワイトⅢですが、色が違うのが判ると思います。

これは配合データが違っていると言う訳では無く、そもそも車体に塗られた色は固体毎に違っているので、通常はデータから色を作った後に目調色(微調色)を行ってから塗装を行います。私が車体を塗っていた時は100%それを行っていましたし、それが普通です(ただし現在はそれを毎回やると非常にコスト高になってしまうので別に分けました)。

車体の塗装は例え同じ色でも時期や製造工場によって色が微妙に(と言うよりかなり)違っていて、また今回のように「車体」と「オプションパーツ」では当然別の工程で塗装されるので、色が違っているのは普通によくある事です。

4輪車で「バンパーの色がボディと違う!」と言うのもこれと同じで、新車時は勿論、事故などで修理した際も、国産車の場合は最初から塗装されたバンパー(カラードバンパー)の使用が基本ですから、修理から戻って来た車体のバンパーと車体で色が違う!なんて事は普通にあります(殆どの方は気にしないと思いますが・・・)。

以前知り合いの塗装屋さんから、「どうしても納得の行かないお客さんが居て、新品バンパーを何個か取り寄せて目の前で梱包から出し、好きなの選んでくださいって言って仮組みまでし、どれも色が違っていてようやく納得して貰えた」なんて事も聞きました。外車の場合はプライマリー(色が塗っていないプラサフ塗装済み)のバンパーが基本なので調色をしてから塗りますから、そこまで色が違うなんて事は無いのですが、国産のカラードバンパーではあるあるの話です。

ちなみに上記の対処法としては、新品のカラードバンパーを調色済みの色でわざわざ塗り直したり、もしくは隣接するパネル(ボンネット・左右フロントフェンダー)に色を暈して前回り全部再塗装!なんて事もあります(どちらも経験済みです)。

実際にあった話では、「仕事柄どうしてもそこが気になってしまう」と言うお客様がいらっしゃいまして(美術学校の先生でした)、「可能であれば一緒に調色してみたい」と言う事で、私の仕事が終わってから一緒に調色作業をした事がありました。塗装屋さんなら「ボディ側に色を暈さないと絶対無理でしょ」と思う筈ですが、それはしたくないと言う事だったのです。

と言う訳で仕事が終わった21時くらいから一緒に調色を行いまして、その時のご感想としては「青を入れたからって青くなるわけじゃないんですね!」と言う事で、結果的に色が違ってもご納得は頂ける事となりました。通常あり得ない事ですが、私的にも勉強になった事であります(そういった事もあり、最後までお付き合いをする【最高仕上げコース】を設ける事にしました)。

と、話が反れましてすいません!

それでは作業進行次第改めて紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

アウトランダーフロントグリル塗装承ってます

 先日到着しておりました三菱純正アウトランダー用フロントグリルです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご依頼内容はこちらの三角部分の塗装で、色は三菱純正色の「コズミックブルーマイカ」(カラーコード:D14)、クリアーは耐擦傷性の高い「VOCプラチナクリアー」で承りました。通常は使わないクリアーですが(磨き作業がとても難儀です)、「出来るだけ傷の付きにくい方法で」との事で今回新たに取り寄せる事にしました。

尚、旧タイプのプラチナクリアーであれば在庫はあるのですが、開封してからかなりの年月が経っている為、仕事ではそれは使えません。以前テスト的にスマホカバーに塗装した記事がありますので宜しければそちらをご参照下さいませ。

→ スマホカバー プラチナクリアー塗装

磨き処理が困難なのでちょっとした失敗でも塗り直しとなる為、通常はお受付しておりませんが、部品単品で平らな物であれば対応出来る物もあります。ただし熱は80℃を何度か掛ける為、変形が懸念されるテールランプ等には対応しておりませんのでご了承下さいませ。

塗装する部位は本体と一体のようなのですが、枠のシルバー部分取り外しが出来そうで、また三菱のメッキエンブレムは恐らく両面テープで着いている為、裏側からドライヤーで温めて隙間からヘラを差し込めば綺麗に外せると思います。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

レンズ系透過性塗装 下準備

 大変お待たせしております。現在作業進行中のレンズ系パーツ一式です。4案件、全部で24点となります。

 GRBインプレッサのテールランプは中古品をご購入されたようで、裏には泥汚れが結構ありましたが、

 マスキングをする前に洗浄しておきますので気分良く取り付けられるかと思います。

 ハイマウントランプは裏側に貼ってあったクッション(布)テープが劣化していたので、新しい物に貼り直せるよう準備をしておきます(塗装後に貼り付けます)。

 AE86トレノ用のヘッドライト用アクリル板には防水用のスポンジがこびり付いていたのでシリコンオフで取り除いておきます。

 一部にヒビ割れがあったので直しておく事にしました。

ネジで固定する個所はパッキンが付くのでそのままでも大丈夫ではありますが、

 割れた個所にアクリル板用の接着剤( ジクロロメタン)を染み込ませ、

 さらに透明のエポキシ接着剤を裏側に塗っておきます。多少盛り上がっていますがクッションテープが当たる箇所なのでそのままで問題無いかと思います。

 こちらはフロントグリルと一緒にお預りしておりますレガシィ用ドアミラーウィンカーです。

 フチに貼ってあった防水・防汚用のエプトシーラーを剥がしておきました。綺麗に剥がせて糊面には触れていないので塗装後に同じように貼り戻します。

 またレンズ下側にあるウェルカムランプ部分のクリアー抜き(マスキング)を承っておりましたので、サイズを測ってデータを作製し、

 マスキングシートを作っておきました。

 こちらは同じくレガシィのテールランプ等9点と一緒にご依頼を頂いているドアミラーウィンカーです。

先ほどと同じようにエプトシーラーを剥がしたのですが、こちらはかなり強力についていたので再利用は出来ません。が、既に代替品を用意しましたのでご安心下さいませ(社外記で紹介出来ると思います)。塗装後に同じように戻しておきます。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

液晶モニターカバーパネル 色確認

先日お預りしておりました車載用液晶モニターです。お待たせしておりましたが作業着手しておりますのでご安心下さいませ。

色はこちらの部品の近似色と言う事で承っていますので、色見本帳からこれに近い茶色を探します。

自動車の外装色にこういったソリッドカラーの茶色は殆どありませんが、一部内装用の色見本帳もありますので、その中から近い色を探します。

 それぞれの色見本には小さい穴が空いていて、

 それを作りたい色の部品に重ねる事で色の相違が判るようになっています。ただぶっちゃけ、これで色が判る程簡単な事では無いんですけどね(苦笑)。

と言う訳で、近似色としてはGeneral Motorsの「Dark Beige」(カラーコード:64DN)で、スタンドックスのサイトから配合データをダウンロードします。

 実際に色を作り、見本で確認します。

 塗料は乾くと表面も透かしも黒くなる傾向にあるので、色板にスプレーしてよく乾燥させます。

艶消しでの調色作業は、色を塗った後に実際に艶消しクリアー(2液ウレタン)を塗装し、本塗りと同様熱を掛けて完全硬化させてから色を確認する必要があります。ただしそうなると一回色を見る度に小一時間掛かってしまい、とても現実的ではありません。

ですので簡易的な方法としては、見本と色板両方につや出し材(シリコンオフや中性洗剤を混ぜた水等)を塗って色を確認するなどの方法を行います。

既にロゴ作製の作業も行っておりますので、後日そちらも紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

自転車フレーム 調色作業

 自転車屋さんからご依頼を受けている事故車両のカーボンフレームですが、オリジナルのデザインは残しつつ損傷部を綺麗に直す必要がある為、まず元の色を作る必要があります。

ちなみに四輪自動車であれば配合データがあるので色を作る事が出来ますが、自転車の場合はそれが無いので一から色を作らなければなりません。しかも今回は3コートホワイトパールなので中々難儀な作業でもあります。

 3コートパールは単なる白の「カラーベース」と、その上に透明な「パールベース」を塗り重ねて色を表現する為、まずは下層のカラーベースから色を作る必要があります。

 ただし実際の所はパールまでしっかり塗らないと色は判らない為、行ったり来たり(作ったり捨てたり)を延々繰り返すような作業が続きます。

 しかもホワイトパールは含有量や塗り方によっても色味が変わるので、ある程度まで色が出来たら今度は本塗り作業よろしくその辺の微調整も必要になってきます。

上の画像は右がカラーベース(白)のみで、左がそれにパールベース(透明)を塗り重ねた色板です。

基本的にはパールを塗り重ねると透かしは暗く、正面は明るくなる傾向にあります(まあそんな単純な話では無いのですが・・・)。

尚ホワイトパールの原色も4種類あって、しかもそこに白や黒、さらにはフリップコントローラー(パールの見え方を変える添加剤のような顔料)も入れたりと、とてもじゃないですが色の変化を全て記憶し続けるのは不可能なので、それぞれの色板にはメモを記してどれとどれの組み合わせが良いとかを探しながら作業を進めていきます。

ちなみに一般的な自動車ボディであれば塗装範囲を広くして暈す事も出来ますが、今回の自転車フレームは細かいカラーリングやロゴ、再現出来ない柄入りのデカールなどがある為、塗装範囲を広くとれない(とてもマスキングで出来るような事では無い)と言う事も作業を難しくしています。

ただホワイトパールに関しては何とか色が出来まして、後は赤と黒なので一応は先が見えています。

損傷部(傷)についてはカーボン層まで剥離をしましたが、前記した理由から塗装範囲を極力小さくする必要がある為(と言っても仕上がりや後々に影響するようなやり方はしていません)、パテ・サフェーサーは使わず「研磨→クリアー塗布→完全硬化→研磨」の工程を3回繰り返してラインを整えました。以前施工したTREKフレームの塗膜を全部剥がしてカーボン地のクリアー仕上げにしたような感じですね。

尚各ロゴに関しては、元々あった物を撮影して「Illustratorで輪郭をトレース→カット→現物合わせ」を繰り返し、ピッタリ合うマスキングシートを作製します。こちらは以前行ったLOOKのカーボンフレームの作業と似ていますかね。

幸いにして納期には余裕を頂けましたが、年末年始を利用してもう少し作業を進めたいと思います。