レンズ関係透過性塗装 下準備

 先日の続きで、次の透過性塗装のターンで塗るテールランプ等レンズの下準備となります。

 反射板のついていないレンズ単体の部品は、そのままマスキングをしてしまうと色が見えなくなってしまうので、養生紙を貼る前に反射フィルムを貼っておきます。

 ヘッドライトインナーレンズを除き、全てのマスキングが完了です。

 レンズ表面とフチをしっかり足付け処理します。ボルボのコーナーレンズはランナーから切り離した箇所のバリが酷かったので、#320~#400の空研ぎで予め均しておきました。

 ヘッドライトインナーレンズは表面がカットガラスの様に凸凹していて、いつも使っている足付け用の布状研磨材でも谷の部分に当たらない為、

 ウォッシュコンパウンド(リキッドタイプの研磨洗浄剤)とナイロンブラシを使って足付け処理を行います。また今回は裏側も一緒に塗るので、そちらも同様に行っています。

 塗りながらスモークの濃度を確認するには、先ほどのコーナーレンズと同様に反射板の代わりになるフィルムを貼るか、もしくは透明のテープでマスキングする必要があるのですが、これらの形状からしてそれは難しく、なので今回はマスキングをせず「裏表全面を塗る」と言う方法にしました。ですのでこちらも裏側まで足付け処理を行っています。

固定方法としては、ヘッドライト本体に装着する為のネジ穴部分を利用し、ワニクリップで固定しました。これで裏側もしっかりスプレー出来るようになります。

 当初こちらの小さいリングをどうするか悩んでいたのですが、周りに小さな穴が3か所開いているのを見つけた為、そこに細いアルミ線を差し込み、

それが抜けないようワニクリップで固定する方法でこちらも裏側を塗れるようにしました。スモークは表側だけで、プラスチックプライマーとクリアーは全面塗る方法で行います。

これで塗装準備が整いましたので、これらは一旦保留(保管)し、ブース内の清掃(棚板と壁~床のスチーム洗浄)を行ってから本塗りを行う予定です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レンズ関係透過性塗装 下準備

お待たせしました!次の透過性塗装のターンで本塗りを予定しているテールランプ等レンズパーツです。今回は6セット14点の塗装となります。 それぞれの案件を紹介している記事へのリンクを以下に記載いたします。


スバルWRX STIテールランプ塗装承ってます

ヘッドライトインナー スモーク塗装承ってます

ポルシェ987 テールランプ塗装承ってます

ボルボコーナーレンズ オレンジ塗装承ってます

ダッジラムコーナーレンズ オレンジ塗装承ってます

ホンダフィットテールランプ塗装承ってます


 ダッジラムのコーナーレンズには隙間にシリコーンシーラーが塗られていて、そのまま塗装しても剥がれてしまいますから、予めこれらを除去しておきます。

テールランプ裏に残った泥はエアーブローだけでは取れないので、ブラシと水洗いで清掃しておき、ひっくり返した状態でよく乾かしておきます(ちなみに濡れたままマスキングをすると湿気がレンズ内に入って内側が曇ってしまう場合があります)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせていただきます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ホンダシビック無限テールランプ塗装承ってます

 先日到着しておりましたホンダシビック用MUGENのテールランプ一式です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 状態としてはクリアーレンズタイプで、ただ内部の赤の色が濁っているせいか、少しチープに感じてしまいます。

 こちらはバックドア側に着くレンズで、

車体に装着されるとこのように横に並びます(なのでテールランプ一個だけで塗ると濃さが変わってしまうので基本的にお受付は出来ません)。

テールランプはシーラーでは無く溶着で密閉されているのが殆どで、通常はこれを隠す為にレンズ裏側からフチを黒や白やシルバーで塗っていますが、今回はここだけクリアーレンズのままなのでちょっと目立ってしまっています。

スモークの濃さは「標準濃度」で、以前施工したこちらのインプレッサのテールランプを参考にとご指定頂いていますので、前記したような箇所も殆ど目立たなくなるかと思います。クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ホンダフィットテールランプ塗装承ってます

 先日到着しておりましたホンダフィットの純正テールランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

クリアーレンズに見えますが、上下の部分には多少スモーク(のようなもの)が施されています。色味が茶色なのでまるで劣化したように見えますが、当店のスモークは青緑味寄りなので、ガラスのような高級感が感じられるようになるかと思います。

スモーク濃度は「薄目」で、塗装範囲はレンズ全体へのべた塗り、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様で承っています。

同型の製品は施工例がありませんが、似たような感じでの施工例がありますのでそちらを紹介させていただきます。

こちらも「薄目」の濃度で、上の画像だと濃く見えますが、その他の角度から撮影した画像ではもっと薄く感じられるかと思いますのでご安心くださいませ(また撮影している時期や時間帯、カメラのシャッタースピードや露出によっても見え方が違います)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ダッジラムコーナーレンズ オレンジ塗装承ってます

 先日到着しておりました、ダッジラム用の社外品コーナーレンズです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 フチには黒い枠が着いているのですが、その隙間に塗られている透明なシリコーンシーラーが大きく食み出ている為、このまま塗っても塗装は剥がれてしまいますから、まずはこちらの除去からとなります。

特にレンズに食み出た部分はきっちり除去し、塗装後に改めて透明なシール材を充填するようにします。

ご依頼は透過性の橙=オレンジキャンディーで、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

以前の施工例がありますので紹介をさせていただきますね。

こちらは以前施工したキャラバンのコーナーレンズで、その後に施工したランドクルーザーのコーナーレンズもこちらを参考にしています。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!