ホンダS660リヤガーニッシュレンズ加工

先日内部にLEDモールを取り付けておいたホンダS660の純正リヤガーニッシュです。

防水の確認をしつつ、裏側の汚れを洗浄しておきます。

テールランプの塗装はまだ先なのですが、今回エンブレムがついていた箇所の突起を除去するので、先にこちらの加工&下塗りをしておきます。

元々ここにホンダ「H」のメッキエンブレムが着いていて、ただこちらは今後取り付ける事が無いとの事で、この位置決めの為の突起を除去するよう承っております。

イメージ的にはニッパーでカットしたくなるところですが、PMMA=アクリル樹脂は柔軟性が無く、衝撃を受けると結構簡単に割れてしまうので、

シングルサンダーである程度まで削り、

その後ダブルアクションサンダー&当て板とペーパーを使って平らに削り落とします。

そして全体に足付け処理を行います。

よく脱脂清掃し、プラスチックプライマーを塗布します。

このまま本塗りを行う事も出来ない事は無いのですが、今回のように突起があったり湯口だった箇所、またはABS樹脂のような射出成型品のフローマークやジェッティングはトラブルが起き易い箇所なので、まずは下塗りとして一旦クリアーで下地を整えておきます。本来であればサーフェサーを使う場面ですが、透明なそれは存在していないので、代わりにクリアーを使っているといった感じですね。

下塗りに使うクリアーは特に何でも良いのですが、こういった下塗りの場合は大抵他の御依頼品のついでに塗らせて貰っているので、今回はVOCエクストラクリアーを使用しています。レベリングがえげつないので(とても良く伸びるので)、塗り肌を残したくない小物塗装としてはとても気に入っているのですが、幾つか難点も判って来たので次は違うクリアーを試してみたいと思っています。

この後は他の御依頼品と共に熱を入れて硬化させておき、順番が来たら他のテールランプ一式と合流して作業を行います。まだもう少し先になるのでどうぞ今しばらくお待ち頂ければと思います(全くの別件ですが、同じくS660のカーボンルーフ塗装の御依頼を近々始めようと思っております)。

GRヤリステールランプ塗装承ってます

先日到着しておりましたトヨタGRヤリスの純正テールランプとリフレクターレンズです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

御依頼内容は「赤味が見えないくらい濃く」とのスモーク塗装で、

ただしこちらの長方形と台形をした上下2段のクリアーレンズ部にはスモーク塗装は行わないよう承っております。

塗り分けの参考として、以前塗装した同型テールランプの画像を紹介させて頂きます。

この時の塗装では、

長方形を上段を透過性の赤に、台形をした下段を透過性の橙にしています。スモークは塗っていませんが、内部に派手な反射板が無いタイプなのでそのままでも暗く見えますから、今回もこちらはスモークにしないようにと考えられたのだと思います。

こちらはその時に本塗りをした時の画像で、周りの黒い部分は別体かと思いきやレンズ面(透過部分)と塗り分け出来る継ぎ目が無いので、今回もこちらと同様一緒に塗装するようにします。

リフレクターレンズもテールランプと同じよう比較的濃い目のスモークで、ただこのタイプはそこまで濃くしなくても黒く見える傾向にありますから、それを想定して「機能する程度」にするようにします(そう承っております)。クリアーは全て高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

レクサスISテールランプ塗装承ってます

先日到着しておりましたレクサスIS(30系前期)のテールランプ一式です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

御希望内容はスモーク塗装のベタ塗りで、

ただし今回こちらの北米仕様のクリアーレンズが白っぽいので、まずここだけにスモークを施し(濃くし)、その後全体に薄いスモーク塗装を施します。

こちらのトランク側のテールランプは、クリアーが元々スモークっぽくなっているのでこのまま全体に薄いスモークを施します。濃さについては参考画像を頂いていますので、そちらを見ながら調整するようにします。

車体に装着されるとこのような感じで繋がります。確かにこのまま全体にスモークをしただけだと外側のクリアーレンズだけ白く残って変ですよね。クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承っています。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ホンダS660リヤガーニッシュ加工

先日お預かりしておりましたレンズ関係一式の内の一つ、ホンダS660の純正リヤガーニッシュです。塗装作業はまだもう少し先なのですが、今回こちらのパーツの一部加工も承りましたので、時間が読めなそうなそちらを先に行っておきます。

まずはホンダのエンブレムの取り外しです。ボディパネルであれば工業用ドライヤーを使って温めてから行うのですが、それと同じ様にやるとアクリルのカバーパネルが変形してしまうので、溶剤(シリコンオフ)を染み込ませるようにして少しずつヘラで剥がしていきます。万が一アクリルカバーが割れてしまうかも知れない事を考えると、これを一番最初にやっておくべきと後悔しました・・・(割れてしまうのは仕方ないとして、一か月放置してそれが起こるのと、預かって直ぐにそうなるのとでは印象が違うと思いますので)。

何とか無事に外れましたが、残った両面テープが強力で、この後もレンズ面に圧を掛けないよう少しずつ削り落としておきます。今回は塗装するので問題ないですが、単にエンブレムを交換するだけだとしたら周りは傷だらけになるのでかなり大変な作業になるのでは・・・。

取り付ける前に一応LEDモールの点灯をチェックしておきます。有機ELでは無いみたいですが、比較的ムラ無く光るようになっています。

施工方法については当初こちらのサイトで紹介していたのですが、何故かその後消えて無くなってしまい困っていたところ、新たにこちらのサイトを見つけたのでそれに倣って作業を行う事にしました。穴を開ける際にカスが中に入るのが嫌だったのでドリルやリューター等は切削工具は使わず、半田ごてで溶かして穴を開けるようにしました。

商品を紹介しているサイトでは比較的簡単そうに説明しているのですが、LEDモールは端が太くなっていて簡単には入っていってくれません。入り口を広くしても中で詰まってしまうので、ある一定の箇所で止まってしまいそれ以上進まないのです。

仕方ないので反対側にも穴を開けて紐で引っ張ろうかと思いましたが、一旦ここで休憩として色々な方法を考えてみて、LEDモールの裏側に細いステンレス線をテープで固定して一緒に押し込む事で上手く入れる事が出来ました!

恐らく普通の方だと無理やり押し込んでLEDの基盤を痛めてしまい、破損して点灯しなくなったそれについて問い合わせるといった事が多くなったので施工方法のページを消してしまったのでは、と思った次第です。

念の為ここで灯火する事を確認します。リヤガーニッシュの幅に対して少し短い感じなので、左右バランスの良い位置にしておきます。

空いた穴はシリコンシーラー等で塞ぐと書いてありましたが、それだと大抵後で水漏れするので(シリコーンは同じ素材ならくっ付きますがそれ以外だと密着性が弱いのです)、穴が開いた面の形にABS板を切り出して、

それをハンダで点付け溶接し、

エポキシ接着剤でその周りも覆うように固定します。

エポキシ接着剤が乾いたら、さらにそれを覆うようにウレタンシーラーを塗り込みます。一般的に防水効果が高そうなイメージのシリコーンシーラーですが、私的にはそうは思ってはいなく、これを使う場面としては同じ素材の物を接着する場合か、または色が透明である以上のメリットが無いと思っています。後で剥がす時には綺麗に剥がれるのでそれくらいですかね。

最後にもう一度灯火テストを行って問題無い事を確認したので、次は「H」=ホンダのメッキエンブレムが付いていた箇所に残る突起を削り、一旦全体にクリアーだけを塗る下塗りを行います。詳しくは控えますが、そのまま塗ると問題が起こる可能性があるからです(同様にスバルのエンブレムはその殆どで最初に表側にクリアーだけの下塗りを行っています)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

トヨタマークXテールランプ塗装承ってます

先日到着しておりました、トヨタマークX用社外品テールランプ(78WORKSファイバーLEDテールランプ V2)です。こちらのオーナー様は以前プリウスαの純正テールランプのレッド&スモーク塗装を御依頼頂いた方で、この度も当店をご贔屓頂き誠に有り難うございます!

御依頼内容はスモーク塗装ベタ塗りで、

濃度につきましては、こちらの以前施工したVWシロッコのテールランプの濃さを参考にと承っております。

前回御依頼頂いたプリウスαのテールランプも紹介させて頂きます。

この時は元々クリアーレンズだった物に、透過性の赤=レッドキャンディーと、その後全体に薄くスモーク塗装を施しています。「7年経過したことを感じられないくらいとても奇麗です」とのご報告も頂きました。こちらのページで他の画像も紹介していますので宜しければご参照くださいませ。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度も当店をご贔屓頂き誠に有難う御座います!