ダッジラム コーナーレンズ塗装 完成

大変お待たせしました!先日レンズと枠の隙間にシーリングを行っておいたダッジラムのコーナーレンズ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこのようにクリアーレンズだった物を、

透過性の橙=オレンジキャンディーに塗装しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

オレンジ100%だと赤味が強いので、今回はイエロー5:オレンジ1の比率としています。私的に思う一番純正っぽいアンバーですね。

スモークは塗らず、ベースコートオレンジ+トップコートクリアーの2コート塗装となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ダッジラムコーナーレンズ シーリング

先日本塗りを終えていたダッジラムの社外品コーナーレンズです。

元々シーリングは為されていなかったのですが、レンズと枠にかなりの隙間が空いていること、また以前行った同型の製品ではシーラーが塗られていたという事もあり、今回こちらのご依頼も承りました。

枠とレンズのフチをマスキングし、

シーラーを塗り込みます。

塗る時は最初にある程度盛り付け、それを指やヘラ、綿棒等で隙間の奥に押し込むようにして何度か往復し、余分は外(マスキングテープ上)に除けるような感じにします。

その後直ぐにマスキングテープを剥がします。シリコーンは塗装の大敵なので、その辺に付着しないよう気を付けて作業を行っています。

時々外側にタップリ食み出たシーリングを見かけますが、シーラーは接着剤程に密着しない為、フチが経年でベロベロとし、そこをきっかけにして剥がれてしまいます。なので量を塗るよりも隙間の奥までしっかり充填させる事が重要ですかね。

その後は自然乾燥でもOKなのですが、丁度ZX6Rのウィンカーの外枠を塗っていたので、そちらと一緒に恒温機に入れて熱を掛けさせていただく事にしました。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

Y31セドリックサイドマーカー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていた日産Y31セドリックの純正サイドマーカー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は鮮やかな橙色だったレンズに、

「極薄めと薄目の中間」の濃度でスモーク塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

フチのゴムは接着剤でくっ付いているのでマスキングでの対応となりましたが、

出来るだけ捲って塗装をしたので外した状態での塗装と遜色無い仕上がりに出来ているかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

スイフトスポーツテールランプ塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスズキスイフトスポーツの純正テールランプ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は比較的赤が派手な状態だった物ですが、

「極薄めと薄目の中間」の濃さのスモーク塗装で、シットリと落ち着いた雰囲気になったと思います。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ダッジラムコーナーレンズ 本塗り

先日下準備を行っていたダッジラムの社外品コーナーレンズです。

うっかり本塗り直前の画像を撮り忘れておりまして、こちらはプラスチックプライマー塗布→透過性の橙=オレンジキャンディーを2コート塗った状態です。

今回使用しているオレンジキャンディーは、前回施工した同型レンズの時と同様「イエロー:オレンジ=5:1」の配合にしてある物で、最初はこのようにイエローにしか見えないのですが、

それを4~5コート塗り重ねていく内にこのように丁度良いオレンジ色になります。オレンジ原色そのままだともっと赤に近くなり、少々クドい橙になってしまうのです。

また一度に仕上げようとするとムラやダマが出来てしまうので、ベースコート中のキャンディーオレンジ原色含有量を減らして何回かに別けて塗るようにしています。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

ただしこちらは最後にレンズと枠の隙間にシリコーンシーラーの塗布も承っていますので、もう少しお時間を頂きたく存じます(それでも今回タイミングが良かったので予定していたよりかなり早く塗れたと思います)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!