HONDA CB1300SBテールランプ 塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたホンダCB1300SBの純正テールランプ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーレンズタイプだった物に、

 透過性の赤=キャンディーカラーのレッドを塗っています。

 スモークは塗らず、レッド+クリアーの2コート仕様となります(トップコートクリアーに直接赤を入れる事も出来ますが、その方が褪色し易いので当店では殆どの場合でする事はありません)。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

 元々貼ってあったゴムは元の位置に戻しておきました。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

VMAXテールランプ塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたヤマハVMAXに取り付け予定の社外品テールランプ2個の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々赤いレンズでしたが、オーナー様曰く「品が無いくらいに明る過ぎ、赤味が飛んでしまう」との事で、

 今回レッド&スモーク塗装を施しました。

 濃い赤を塗り、さらに「極薄めと薄目の中間」の濃さでスモークを重ねています。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

 こちらのオーナー様からは先に同車のキャブレターサイドカバーをご依頼頂いていて、今回そちらも一緒に発送予定となります。

 またその前には同社のダミーダクトカバーの塗装もご依頼を頂きました。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠に有難うございました!

HONDA CB1300SBテールランプ 本塗り

先日下準備を行っておいたホンダCB1300SBの純正テールランプです。

 こちらも内部はメッキの反射板ではないのですが、LED端子の台座が金属製のプレートになっているため、それが多少なり光を反射してくれる構造になっています。

 ベースコート用の樹脂に透過性の赤を添加し、コートを重ねていきます。

 4~5コート程を塗り重ね、しっかりと赤くなったらベースコートが完了です。尚今回こちらはスモークは行いません。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

内部には黒い部分がある為、レッドだけでもスモークを掛けたような感じにも見えます。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

キャンディーカラー特有の深い色味を感じられるかと思います。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

VMAX社外品テールランプ×2個 本塗り

 先日下準備を行っておいたヤマハVMAXに取り付け予定の社外品テールランプ2個です。

 土台部分は外せない為にマスキングでの対応で、レンズのフチは最後のクリアー塗装後すぐに剥がせるように貼っています。

 元々赤いレンズですが、「品が無いくらいに明る過ぎ、赤味が飛んでしまう」との事で、今回はこれにさらに透過性の赤を重ねて色味を深く(濃く)しています。

 さらに「極薄目と薄めの中間」の濃度でスモークを重ねます。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レンズ関係透過性塗装 下準備

 先日作業前準備を行っていた透過性塗装関係のパーツ一式です。よく乾燥させた後、被塗面以外の部分をマスキングします。ネジや突起がある箇所は紙が破れてしまうので、マスキングテープで補強したりもします。

 中古品の場合はレンズに深い傷が付いていたりするので、その場合は#400で空研ぎ後、研磨粒子の当たりが柔らかい布状の研磨副資材でペーパー目を均します。

また新品でも社外品の場合はバリが残っているので(今回の場合だとMUGENのテールランプ)、そこは#180~#240で平らに削り、徐々に番手を上げて(ペーパーを細かくして)同じようにペーパー目を均しておきます。

全体を最終#1300相当で足付け処理が完了です。

尚、この時点で脱脂作業は二回行っていて、台の上に並べて準備する際にもう一回、本塗り前にさらにもう一回行い、計4回脱脂を行っています。透過性塗装でハジキが出ると延々とその跡が残ってしまう為、十分過ぎるくらいに行っておきます。

今回の案件で塗り分け(クリアー抜き)が必要なのはGRBインプレッサのテールランプで、既存のデータからカッティングプロッターを使ってマスキングシートを作成しておきます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。先に内装パーツを塗ってからの本塗りとなりますので、週末~来週になる予定です。どうぞもう少々お待ちくださいませ!