ベスパスクリーンパネル塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたVESPA Sei Giorni(セイジョルニ)のフロントスクリーンパネルのスモーク塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーのスクリーンで、素材は一般的なテールランプと同様アクリル樹脂と思われます。

 濃度は比較的濃い「標準濃度~濃い目の中間」で、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 テールランプと違い裏に反射板が無いので、光の反射が少ないグレーの布地の上だと黒にしか見えません。

 が、立て掛けてみると、向こう側が透けて見えるのが判ると思います。

 光を反射し易いよう下に白い紙を敷き、持ち上げて光が通り易くすると、しっかり透明になっているのが判るかと思います。

裏側は元のままで、マスキングをしたフチは磨き処理を行っているので塗装した境界線も判らなく出来ているかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ベスパスクリーンパネル塗装 本塗り

 こちらも先日より下準備をしておいたVESPA Sei Giorni(セイジョルニ)のフロントスクリーンパネルです。

良く脱脂処理をし、プラスチックプライマーを塗ったら本塗り開始です。

 スモークの濃さは「標準濃度~濃い目の中間」で、以前当店で施工しましたアベンシステールランプ を参考にしています。当店としてはかなり黒い方ですね。

 濃度が決まったらクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

かなり濃いスモークですが、透明感が確保出来ているのも判ると思います。

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レンズ系 透過性塗装 下準備

レンズ系 透過性塗装 下準備

先日より作業を開始しているテールランプ等のレンズ類の下準備です。

 バイクのスクリーンパネルはそのままいつも通りに養生紙やマスキングテープを貼ってしまうと、塗っている時にスモークの濃さが判らなくなってしまう為、

 ミラーフィルムを貼って、テールランプのように光が反射するようにします。

 その上に通常通りマスキングを行い、さらに固定用の土台として段ボールを貼っておきます。

 その他のテールランプやウィンカーなどもマスキングを行います。

 レンズは#800~#1300相当で足付け処理を行います。中古品(特に専門業者さんが販売する製品)の場合はレンズ表面にワックスが塗られていたりするので、先に脱脂を行っておきます。

次のターンでの本塗りは、レッド、オレンジ、スモークの3種類で、合計15点を同時に行います。

透過性の塗装はゴミ等が混入するとそのまま残って見えてしまう為、まずはブース内の清掃からで、スチームを使って台に使っている棚板や床、浄化装置、排水溝を掃除します。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レンズ系 透過性塗装 下準備

 次回の透過性塗装のターンで本塗り予定のレンズ類の製品一式です。

 テールランプはその構造上、どうしても裏側に泥や砂などが堆積しますから、マスキングをする前にこの部分を清掃しておきます。

日本車に装着されたテールランプは比較的密封度が高いので(一部通じている個所はあります)、水とブラシを使って洗浄が可能です。逆にBMWやベンツなどは大きく穴が空いているので、濡らしたウエスで拭き取るようにして清掃します。

画像中央の黒いキャップが付いている所が内部と通じている個所で、ただしトラップ状になっているので水や汚れは入り難くなっています。

この後水気を飛ばしておき、よく乾かしておきます。同じ様にしてフィアットとGRBインプレッサのテールランプも清掃しておきました。

アバルト(フィアット)のテールランプは、バックランプとウィンカー部分をクリアー抜きにするので、それのマスキングシートを切り出しておきます。データ自体は以前作成した物があるので、今回もそれを利用します。

本塗りは来週を予定しております。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ベスパ スクリーンスモーク塗装承ってます

 先日到着しておりましたVESPA Sei Giorni(セイジョルニ)のフロントスクリーンです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

サイズは自動車のテールランプより一回り大きいくらいのサイズで、素材は恐らくPMMA(アクリル)と思われます。実際に削ってみれば判るのですが、粘りがあるようならPC(ポリカーボネート)と思われます。

濃度はについては、以前当店で施工しましたアベンシスのテールランプのようにと承っておりますので、以下の記事にあるテールランプを参考に濃度を調整したいと思います。クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」で承っております。

アベンシステールランプ スモーク塗装 完成

尚、スクリーンパネルはレンズ単体なので、車のテールランプよりも作業が単純(簡単)そうに見えますが、実際はこちらの方が手間がかかり、また塗装内容も難しくなります。

作業内容については、以前施工したDUCATIのスクリーンパネルの施工例が判り易いかと思いますので、宜しければ以下の記事をご参照下さいませ。

DUCATI Windscreen

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!