ヤマハマグザムテールランプ塗装承ってます

 先日到着しておりましたヤマハマグザム用のテールランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容は以前施工した時と同じくスモーク無しのレッドキャンディー塗装で、

こちらのナンバー灯となる部分はクリアーのままで残す仕様とします。

以前施工した時の記事がありますのでそちらも紹介させて頂きますね。

ヤマハマグザムテールランプ レッド塗装 完成

 

 

クリアーもこの時と同じく「クリスタルクリアー」の仕様となります。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

 

V-MAX1700テールランプ塗装承ってます

 先日到着しておりましたヤマハ純正V-MAX1700のテールランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容は「薄目と標準濃度の中間」の濃度でのスモーク塗装べた塗りで、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」で承っております。

以前同型のテールランプを施工しておりますのでそちらの記事を紹介させて頂きますね(今回気が付きましたが、装着されると上の画像の向きになるのだと思います)。

V-MAXテールランプ スモーク塗装 完成

 

この時の濃度は「薄目」となりますので、今回はこれより若干濃くするようにします。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ヤマハマグザムテールランプ レッド塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたヤマハマグザムのテールランプ、レッドキャンディー塗装で完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はこのようにクリアーテールだった物を、

 ナンバー灯を残して全体を透過性の赤=レッドキャンディーで塗装し、全体をクリアーでコーティングしています。

 今回スモーク塗装は無しとなっております。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 凸凹した個所は車体に装着されると恐らく見えないと思いますが、そこも同じように塗装しておきました。

ナンバー灯部分はクリアーだけの塗装ですが、元のプラスチック素地の状態に比べ質感がアップしているのが判ると思います(画像より実物が判り易いです)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

 

ヤマハマグザムテールランプ 本塗り

 先日お預りしておりましたヤマハマグザム(ビッグスクーター)のテールランプです。今回タイミングはかなり早いのですが、レンズ系の塗装はまとめて行うようにしているので、逆に少し遅れていたら次のターンで二ヵ月掛かってしまったりもします。時々「いつ送れば早く終わりますか?!」といったご質問を頂いたりしますが、こういった事から当方ではタイミングが読めない処がありますのでどうかご理解を頂ければと思います。

脱脂清掃後、テールランプ下部の「ナンバー灯」になる個所をマスキングします。

プラスチックプライマー塗布後、透過性の赤=レッドキャンディーを5コート程塗布します。意外にコート数を多くしているのは裏側の形がイビツな為です。尚こちらはスモーク塗装は無しで、手前はインプレッサのハイマウントランプにはスモークを塗っているので色の違いが判ると思います。マズザムの方の赤は明らかに鮮やかですよね。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

車体に着けば見えなくなる部分でも、部品単体の状態だと気になってしまうかと思いますので(私も気になります)、裏側までしっかり塗るようにしています。

目立つ傷も小傷も多かったナンバー灯部分もクリアーを塗って綺麗になったと思います。

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせていただきますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

レンズ系透過性塗装 下準備

先日マスキングまでを行っていたテールランプ等の透過性塗装関連のご依頼品です。

その後被塗面(レンズ)を#800→#1300相当で足付け処理を行いました。

尚、こちらのヤマハマグザムのテールランプですが、以前はこのナンバー灯の部分は最後まで何も塗らない仕様だったのですが、今回はここに傷が着いていたので(画像の丁度中央近辺)クリアーも一緒に塗る事にしました。仕上り的にもこの方が良くなりますのでどうぞご安心下さいませ。

 インプレッサGRBのハイマウントストップランプは、裏側に防振用(または傷付防止用)の布製テープが貼ってあって、綺麗に剥がせそうも無かったらマスキングで対応する予定でしたが、

 部品が新品なので問題無く綺麗に剥がせました。糊が付かない台紙に貼って保管し、塗装後に元の位置に戻すようにしておきます。

 フィアット(アバルト)のテールランプは元々クリアー抜きの為のマスキングシートカット用データを作ってあるのですが、

 今回は現行型のアバルト595に使う為、下側の丸い部分(バックフォグ&バック灯)は必要無いとの事ですので、上の三角部分、ウィンカーのみのマスキングシートを作製します。

印しを付けたマスキングシートをスキャナーで読み込み、新たなデータを作製します。

 実際に貼ってみて位置を確認します。微調整が出来るよう石鹸水を塗っています。

内側にはラインが描かれているのですがここは無視して(塗れば判らなくなるので問題ありません)、この上側の反射板の壁に沿った位置を塗り分けのラインにしています。

ウィンカー部分を避けて透過性の赤=レッドキャンディーを塗布し、最後の2コートを残すくらいになったらこのマスキングシートを剥がして(再びプラスチックプライマーを塗って)さらに全体にレッドを塗る事でウィンカー部分も赤くしたレッドテール化にします。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。先に塗装する物があるのでもう少し先になるかと思います。どうぞもう少々お待ち下さいませ!