バイクスクリーン&ミラー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日レンズ類の本塗りと、サイドミラー本体の塗装を終えていたバイク用のスクリーンパネルとバックミラー&ミラーレンズ、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々スクリーンは薄くスモークが入っていた物を、

 レンズ類は「標準濃度より少し濃い目」の濃度で、

「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 下に敷いている布のせいでスモークが黒過ぎて見えたので、改めて白い紙を敷いて撮影しました。

ウィンカーレンズもミラー本体に軽く乗せ、実際の装着時と同じような濃さに見えるようにしています。

 ミラー本体は元々艶消し黒だった物を、事前に色見本帳から選んで頂いたクライスラー社の「Dark Grey Met」(カラーコード:XS9)の艶消しクリアー仕上げで塗装しました。

最初の状態も紹介しますね。

根っこの部分だけが艶ありの状態でした。

 レンズとミラーで隙間が空いているのはちゃんと奥まで入れてないからで、実際に組み付けるとピッタリ嵌りますのでご安心下さいませ。

 土台を着けるとこんな感じになります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご贔屓頂きまして誠に有難う御座いました!

ZX-14Rウィンカーレンズ塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたカワサキZX-14Rの純正ウィンカーレンズの塗装、本日完成となります。

尚、上の画像では、下に敷いている布が暗いせいで下側のウィンカーレンズの色味も暗く見えてしまうので、

 改めて下に白い紙を敷いて撮影する事にしました。

最初の状態も紹介をさせて頂きますね。

元々はこのようなクリアーレンズタイプだった物に、

 透過性のオレンジを塗り、さらにスモークを塗ってクリアーでコーティングしています。

クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

  元々着いていたスポンジモールは切れずに取れたので、両面テープを細く切って元の通りに貼り付けました。

下側の切り欠けの所が水抜きになっているようです。

 画像は縮小以外未加工です。

ちなみに2年くらい前にこちらの純正テールランプをレッド&スモークでご依頼を頂いておりまして、今回はこれに合わせてのご依頼となりました。

この度もご贔屓頂き有難う御座いました!

KAWASAKI Z1テール&ウィンカーレンズ塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたカワサキZ1用の社外品ウィンカーレンズ&テールレンズのスモーク塗装、本日完成となります。

上の画像だと下に敷いている布が暗いので、改めて白い紙を敷いた状態で紹介しますね。

実際に装着されてメッキの反射板が着くとまた見え方が変わると思いますが、先ほどのグレーの布よりかはこちらの方が本来の濃さに見えるかと思います。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーレンズで、やはりと言うかプラスティック感が強い感じでした。

 今回は比較的薄いスモークですが、コントラストが効いて全然違ったイメージに見えるかと思います。

 また高品位なアクリルポリウレタンクリアのお陰で、ガラスのような質感に見えなくも無いかと思います(実物はもっと良いです)。

 この画像だけ見るとガラスにしか見えないですよね。どの画像もサイズの縮小以外は無加工です。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

V-MAXテールランプ塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたヤマハV-MAX1700の純正テールランプのスモーク塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はこういったクリアーレンズタイプで、ただウィンカーをスモークタイプに交換するとこれが浮いてしまうとの事です。

 濃度は「薄目と標準濃度の中間」で、

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

 紹介している画像は縮小以外の加工は無しで、カメラはNIKONのD200、レンズは同じくニコンのマクロレンズ40mmです。カメラ側の設定はノーマルで、ISOは250、ホワイトバランスはオート、絞りは大体F5.0でシャッタースピードは1/50くらいでマニュアルモードで撮っています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

バイクスクリーン&ミラーウィンカー本塗り

 先日下準備を行っていましたバイク用スクリーンパネルとミラーウィンカーです。

 スクリーンの方は既にスモークが掛かっているので、まずはこちらのミラーウィンカーレンズをその濃さに合わせます。

 スモークのベースコートを塗り重ねてスクリーンと同程度の濃さにし、さらにスモークを塗り重ねていきます。

 ご指定頂いているのは「標準濃度より少し濃い目」となります。

スクリーンの濃さが決まり、ミラーウィンカーもそれに合わせます。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。尚、ミラー本体の作業はまだこれからで、ただレンズはそちらとは一緒に塗れないので別々に行っています。

 オーナー様は既にご自身でスモークの黒染め(恐らくはお湯に染料を入れて煮る方法)を試されたとの事で、ただそちらが余り上手くは行かなかったとの事で今回のご依頼に至ります。私も同じような製品をユザワヤで見かけて危うく手に取るところだったのですが、知り合いの塗装屋さんから「かなり難しい」と言われていたので試した事はありません。オフィシャルサイトを見る限りでは簡単そうに見えたのですが、やはり世の中そんなに甘くはないのですね・・・。

 比較的しっかりとスモークですが、透明感があるのも判ると思います。

それではミラー本体も作業進行しましたら紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!