カワサキZ900RSテールランプ塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたKAWASAKI Z900RSの純正テールランプのスモーク塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は朱色のように鮮やかだったテールランプでしたが、

 スモーク塗装を行う事で大分落ち着いた雰囲気になったかと思います。

スモーク濃度は「薄めと標準の間ぐらい(どちらかと言うと薄め寄り!)」で、

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

垂れやすい側面はどうしても艶が出しきれないので磨き処理を行っています。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ホンダGL1800ウィンドスクリーン塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたホンダGL用ナショナルサイクル(NATIONAL CYCLE) VSTREAMウィンドスクリーンのスモーク塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はクリアーなスクリーンパネルを、

「極薄めと薄目の中間」の濃度で、

  またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーを採用しています。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

通常のテールランプと違い反射板が無く、また下に敷いている布がグレーと黒っぽいので少し濃く見えますが、

実際はオーナ様がご希望される、『GLはまるでオープンカーと同じくスクリーン越しにライディングするので「少し入っているな」程度』になっていますのでご安心くださいませ。

オーナー様はプロ用の塗料を使って自家塗装も嗜まれているとの事ですので、きっと出来上がったこれを色々チェックされるのでは、と思う次第です(自分でやるようになるとどうしても目が肥えますよね)。

ちなみに車を塗っていた以前のprofitでは、出来上がってお車を渡す際に「実はトヨタで整備士やっていまして」とか、「うちの協力工場に出せば割引あるんだけどこちらにやって貰いたくて。BMWのディーラー勤務です」とか言われる方が時々いらっしゃいました(恐)。

  他に日産で整備士をされている方で、同じ内製工場で働いている塗装屋さんに「僕の車STANDOXで塗って貰ったんですよ!」といったら「あんなの固くて磨けねぇよ!」と言われたそうです(脚色無しです。笑)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

カワサキZ900RSテールランプ 本塗り

  先日下準備を行っておりましたKAWASAKI Z900RSの純正テールランプです。

昔のバイクのレンズは土台とカバーが分離するのが主流でしたが、近年のは四輪車と同様一体型なので塗装する上でも使用する上でも(防水)楽になっています。レンズが別体だと水漏れするのが嫌でネジを強く締める傾向があり、「あともう少し・・・ピシッ!ああああ!!!」みたいな事が起こりましたので(水漏れするのはネジの締め付けトルクよりパッキンの劣化が問題です)。

  スモーク濃度は「薄めと標準の間ぐらい(どちらかと言うと薄め寄り!)」でご指定頂いていますので、ある程度の濃さにしたスモーク(ベースコート)少しずつ塗り重ねて規定(希望)の濃さに近づけていきます。

以前施工したメルセデスAクラスのテールランプの濃さも参考にしています。

濃さが決まったら最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

  この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めてご連絡を差し上げます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ホンダGL1800ウィンドスクリーン 本塗り

 先日下準備を行っておりました、ホンダGL用ナショナルサイクル(NATIONAL CYCLE) VSTREAMのウィンドスクリーンです。裏に透明なシートを貼り、そのフチをマスキングテープで固定して養生しています。また直接台に接触しないよう、マスキングテープの芯を固定して少し浮いた状態にしています。

スモーク濃度は「極薄めと薄目の中間」で、またオーナー様からは『GLはまるでオープンカーと同じくスクリーン越しにライディングするので「少し入っているな」程度』とも伺っておりますので、濃くなり過ぎないよう慎重にスモークを塗り重ねています。

参考にしているのは以前施工したホンダCR-Zのテールランプのスモークです。

濃度が決まったらクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

マスキングはボンネットを塗る時と同様、裏のプレスラインの内側ぎりぎりのところでブツ切りに、また二回目のクリアーを塗り終わった後に直ぐに剥がす事で段差が滑らかになるようにしています。またフチ(断面)はしっかりクリアーを塗っています。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

最近は極小さい物に限っていますので、このサイズは久しぶりに大きく感じました。

画像だと判り難いのですが、BMW K1200GTのアンダーカウルくらいあるのではないでしょうか。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めてご連絡を差し上げます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

透過性塗装 下準備

先日お預かりしておりましたホンダGL用ナショナルサイクル(NATIONAL CYCLE) VSTREAMのウィンドスクリーンです。ちょっと信じられないくらい大きいサイズです。

  塗装するのは表側なのでまずは裏側をマスキングします。「裏側を塗った方が簡単じゃ?」  と思うかも知れませんが、稀に致命的な問題が起こる事があるので現在は表側のみのお受付となっております。

通常の様に養生紙を貼ってしまうと、塗っている時に濃度やムラが判らなくなってしまうので、マスキングには低粘着の透明なシール(アプリケーションシート)を使います。また部位によって粘着力の強さを変えます。

フチを通常のマスキングテープで固定し、透明な部分を極力阻害しないようにします。

 そしてこちらは先日お預かりしておりましたダイハツムーブの純正テールランプです。

ウィンカー部分は赤く塗らずクリアーのまま(クリアー抜き)で承っていますので、そちらのマスキング用シートを作成します。

まずは上の画像にあるように内部反射板の見切りラインに沿ってガイド用のテープを貼り、

その上に適当な紙を置いてマスキングテープで固定し、鉛筆の芯を使って輪郭を抽出します。石刷りの方法ですね。

それをスキャナーで読み込み、ソフトを使って輪郭のラインを作成します。ラスター画像を基にしたベクター画像の作成ですね。

それを基に実際にマスキングシートをカットし、細部を調整してデータを完成させます。わざわざシートを作っているのはテープの継ぎ目が無くなる事と(仕上がりが良くなります)、本塗り当日に時間を掛けたくない事が理由で、これなら貼って剥がすだけなので塗装の方に集中出来ます。ちなみに脱脂足付け処理された面にマスキングテープを貼って一日放置すると、糊がくっついて(移って)大変な事になるので先に貼っておくという事は極力避けています(せいぜい12時間くらいが限界です)。

次の透過性塗装の本塗りターンではこれらとは別に、KAWASAKI Z900RSの純正テールランプと、当店で在庫していたWRX STIのテールランプの塗装を予定しています。

ちなみにこちらのWRX STIのテールランプは、レンズの角が破損していた物で、それを透明エポキシ接着剤で補修した再生品となります。この状態だと補強の為に裏に塗ったエポキシが見えてしまいますが、スモークに塗れば殆ど目立たなくなると思うので、今回一緒に塗って出来上がった物を販売しようと思っております。尚こちらは国内では珍しいUSテールとなります(スバル社製なのに日本では買えません・・・)。尚、土台との溶着部より外側なので水漏れの心配は全くありません。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!