カワサキZX6Rテールランプ&ウィンカー枠 本塗り

先日レンズ部のスモーク塗装を行っていたカワサキZX6Rの純正ウィンカー一式です。その後60℃40分程の熱を二回程掛けておきました。

周りの黒い部分はレンズと溶着成型された一体物で、これをレンズだけで塗ろうとすると綺麗には塗れそうも無かった為、一旦枠も含めて全体の塗装を行い、改めてこの枠部分だけを塗装する事にします。

レンズ部分をマスキングします。

この後#800~#800相当で足付け処理を行います。

台にセットし、よく脱脂清掃をしたら本塗り開始です。

 今回塗装した物とは別に、ウィンカーの土台部分にレンズが装着された物を見本としてお預かりしまして、これの土台部分に合わせるようにします。土台部分は艶消しになっていて、レンズが半艶なので違和感があるのが判ると思います。

ベースコートの黒に直接ハードナーと、艶消し効果のある原色(MIX008)を添加しています。

最初は原色黒のまま塗っていたのですが、色味が全然違ってしまったので、その後オーカー、オキサイドレッドを入れて調整しています。

最初の状態に比べて艶が抑えられて違和感が減ったと思います。

この後は再び60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

カワサキZX6Rテールランプ&ウィンカー 本塗り

先日下準備を行っていた、カワサキZX6Rの純正ウィンカーレンズとテールランプです。

レンズと枠は溶着されて一体構造となっていて、このレンズだけを塗ろうとするとマスキング際で仕上がりが汚くなってしまいますから、今回はまず枠も含めて全て一緒に塗ってしまい、後日枠の部分を艶消し黒で塗る方法とします。

ウィンカーは全て同じ濃さでスモーク塗装を行いますが、塗りながら濃さの判断がし易いようそれぞれマスキングの方法を変えています(透明&反射フィルム)。

よくエアーブローし、プラスチックプライマーを塗ったら本塗り開始です。

濃度は「極薄めと薄目の中間」で承りました。

どちらも同じ製品で、同じようにスモークを行っていますが、濃さが違って見えます。

右側の反射フィルムでマスキングした方を見ると十分な濃さに見えますが、左の透明フィルムで見るとまだ少し足りない感じなので、もう少しだけ濃くする事にしました。

テールランプの方はこの時点で丁度良い感じだったので、ベースコート(スモーク)はここでストップとします。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

枠は後日つや消し黒で塗り直します。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。ウィンカーの枠はチヂレ防止の為、二度焼き後に塗ろうと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

バイク用ウィンドスクリーン塗装承ってます

先日到着しておりました2輪車用のウィンドスクリーンです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はスモーク塗装で、濃度については頂いた画像を参考にとご指定を頂いております(当店規定の「標準濃度」くらいとなります)。またクリアーは、高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っております。

尚、スクリーンパネルのような1枚物の場合、テールランプ等と比べると一見簡単そうに見えるのですが、実際は全く逆で手間が掛かり、また慎重な作業が必要となります(なので塗装費用も高めとなります)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

レンズ関係透過性塗装 下準備

先日より下準備を行っているレンズ系のパーツです。カワサキZX6Rのウィンカーレンズはレンズ単体のパーツで、そのままマスキングテープを貼ると光が遮断されてしまい、塗っている時にスモークの濃さが判らなくなってしまう為、仮想リフレクターとして、反射フィルムを貼ってからマスキングを行います。

ただしこれだけでもスモークの濃さは判り難い所がある為、

もう2点の方は透明フィルム(アプリケーションシート)を使ってマスキングを行います。塗装においては「これが正解」という事は無く、出来るだけ色々な方法を行って、理想の仕上がりに近づけるようにしています。

右が反射フィルム使用、左が透明仕様です。塗り方自体は同じ様に行い、濃さの見え方を比べて判断するようにします。

その他のパーツも被塗面以外の部分をマスキングしました。地味に時間が掛かる作業ですが、開脚してストレッチをしたり、音楽を聴きながら行ったりしているので、とても楽しく仕事が出来ています。サラリーマンでこんな事をしていたら恐らく減点対象になると思いますが・・・(実際サラリーマンの時は仕事効率はフロアー内で一番でも上司からの評価は低かったです)。

カワサキZX6Rのテールランプは、一部ラインが悪かった箇所があったので、#180~で研磨して均しておきました。

その他は#800相当(アシレックスレモン)でフチを研磨し、その後#1300相当(アシレックスオレンジ)で被塗面全体の足付け処理を行いました。

それでは作業が進行しましたらまた紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

カワサキZX6Rテールランプ&ウィンカー塗装承ってます

先日到着しておりましたKawasaki ZX6Rの純正テールランプ&ウィンカーレンズ一式です。こちらのオーナー様は以前Nワゴンのテールランプをご依頼頂いた方で、今回も当店をご贔屓頂き誠にありがとうございます!

ご依頼内容は「極薄めと薄目の中間」の濃度でのスモーク塗装で、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っております。

ウィンカーはレンズと枠がくっついた状態で、

周りの黒い枠がレンズに被さったような形状になっています。

このままでも塗れない事は無いのですが、だったらという事で一旦枠も含めて全体をスモーク塗装してしまい、後から枠だけを艶消し黒で塗る事にしました。

枠の黒は少し艶があって、

今回一緒にお預かりしたウィンカーASSYとして見ると、本体側とレンズで艶が違うのが判ると思います。

という事もあり、無理に黒素地(樹脂素地)をそのまま残すより、新たに艶消し黒で塗ってしまった方がより純正に近くなる(違和感が無くなる)と思う次第です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!