V-MAX1700テールランプ塗装承ってます

 先日到着しておりました、ヤマハV-MAX1700の純正テールランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

オーナー様曰く、「リヤウィンカーをスモークのLEDに変えましたが、テールランプのクリアが目立ち締まりません。」との事で、先日完成しました同型製品と同じく「薄目と標準濃度の中間」の濃度で、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承りました。

先日完成した同型製品の記事を以下に紹介しますね。

V-MAX1700テールランプ塗装 完成

 

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ヤマハマグザムテールランプ塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたヤマハマグザムの社外品テールランプ、レッド&クリアー抜き仕様で完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーレンズの反射板が眩しいテールランプでしたが、

 ナンバー灯部分以外を透過性の赤で塗装し、レッドテールとしています。

 スモークは塗っていなく、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 ナンバー灯部分は足付け処理~クリアーの塗装も行っています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

V-MAX1700テールランプ塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたヤマハV-MAXの純正テールランプ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーレンズタイプだった物を、

 「薄目と標準濃度の中間」の濃度のスモーク塗装にしました。

尚、一番最初の画像が黒く見えるのは日陰になっているからで、実物を見るとあそこまで真っ黒には感じられませんのでご安心下さいませ。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

 またこちらのオーナー様からは追加でBERINGERのブレーキキャリパー塗装も承りました。

 またこちらの記事を見られていた同じV-MAX1700ユーザーの方からもお問い合わせを頂き、近日中に部品を送って頂けるとの事です。そんなに多くは走ってはいないバイクだと思いますが、皆さんここが気になるみたいですね。

キャリパ―はまだ先になりますが、先にこちらの完成のご案内を後程メールでお知らせ致しますね。まずはこの度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ヤマハマグザムテールランプ 本塗り

 こちらも先日下地処理を終えていたヤマハマグザムの社外品テールランプです。

 下の出っ張り部分はナンバー灯となっているので、こちらは本塗り前にマスキングをしておきます。

 プラスチックプライマーを塗り、全体に透過性の赤=レッドキャンディーを塗布します。

尚、現在使っているレッドキャンディー(キャンディーレッド)は三代目となっていて、詳しくはこちらのページで紹介しておりますので宜しければご参照下さいませ。現在も曝露テスト中です。

 赤の塗装が終わったらナンバー灯部分のマスキングを剥がし、再びプラスチックプライマーを塗って、最後にクリアーを塗ったら本塗り完了です。

 こちらはスモークは無しなので、後ろに映るNBOXのテールランプに比べて赤が鮮やかなのが判ると思います。特にこのテールランプは内部の反射板の輝きが強いので発色が良い(明度+彩度が高い)のが特徴です。

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

V-MAX1700テールランプ 本塗り

先日お預りしておりましたヤマハ純正V-MAX1700用テールランプです。

レンズ部には塗料が密着するよう足付け処理を行っておき、よく脱脂清掃をしたらプラスチックプライマーを塗ります。

濃度は「薄目と標準濃度の中間」で、以前施工した同型部品の「薄目」のスモークよりも少し濃くなるように調整します。一度に塗ると微調整が出来ないので、スモーク濃度を薄くしたベースコートを4~5回に分けて塗り重ねます。

 濃度が決まったら最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります(今回のターンは全てこちらのクリアーとなります)。

尚、こちらのオーナー様からは後日BERINGERのブレーキキャリパー一式も承っておりまして、そちらも進行次第改めて紹介をさせて頂きます。まずはロゴデータの作製ですね。

こちらも完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々おまちくださいませ!