KATOクレーンミニカー ホイール 本塗り

先日下準備を行っていたKATO社製の1/50クレーンミニカーSR-250Riです。金属パーツの剥離作業とプライマーの塗装が終わったので、いよいよ本塗り工程となります。

ただ内容が複雑なので、とりあえず一番単純なホイールの塗装からスタートする事にしました。

ホイールの色はニットコウ(日本塗料工業会)の色見本から「G05-40X」をご指定頂いていますので、それをSTANDOXの色見本から近似色を探します。

SKODA(シュコダ)のRallyu red(カラーコード:8180)を使う事にしました。チェコの自動車メーカーですね。

タイヤは接着剤で着いていたのでそれのカスを取り除いておきます。

ウォッシュコンパウンド(研磨剤と洗浄剤が混ざった物)とナイロンブラシを使って細部の足付け処理を行います。

その後シリコンオフで脱脂し、台にセットしました。

ちなみにプラモデルを塗って欲しいといったお問い合わせも時々ありますが、あれらの多くは素材がPS(ポリスチレン)の為、当店で使っている塗料(アクリルポリウレタン)では溶けてしまいますから基本的には対応が出来ません。

また「塗料は持ち込みするので」といったお問い合わせも稀にあったりしますが、そういった事にも対応はしていません。「単に塗るだけなのでどうして駄目なの?」と思うかも知れませんが、例えば自分で釣ってきた魚をスシローとかに持ち込んで「これで握って!」と言っても断られるのと同じだと考えて頂ければと思います。

さらに同じような事で、「パテまでは自分でやっておくので」といった事も、「シャリは握って持って行くのでネタだけ乗せて」と同じですので対応は出来ません。何卒ご理解を頂ければ幸いです。

配合データから作成したベースコートを塗布し、

クリアーを塗って本塗り完了です。

一応事前にパッチテストは行っていましたが、実際に塗ってみないと分からないという事もあって、最初に単純なホイールから始めてみたという事もあります。

ちなみに模型用の塗料を使って塗られている物や、自家塗装をされてしまった部品の場合、金属であれば溶剤(または剥離剤)を使ったりサンドブラストが可能となりますが、プラスチックパーツはそれが難しい為、複雑な形状の物は対応が出来ません。ご注意くださいませ。

それではまた作業が進行しましたら紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

KATOクレーンミニカー 下準備

先日粗方のパーツはサンドブラスト処理をしておきましたが、他にも金属製の塗装済み部品が見つかったので、こちらもブラストを掛けて塗膜を剥がす事にしました。

尚、シャフトは溶剤浸け置きで塗膜は綺麗に取れていますが、鉄にクロムメッキが施されている物のようなので、足付け処理として一緒にブラストを行います。

何にしても光った金属にそのままプライマーを塗っても密着はしません。

ブラストボックスに入れ、

サンドブラストを行いました。

 両端はギザギザのローレット状になっていて、(前回溶かしてしまった)プラスチックパーツの穴に固定されるようになっています。

ちなみにこちらのプーリーは設計ミスなのか最初から動きません。多分入れた個所が狭すぎたのではと・・・。なのでシャフトは抜かず、そのまま塗装を行う事にしています。

シンナーで洗い流すようにしてよく脱脂清掃し、プライマーを塗布します。

乾いたらひっくり返し、全体に洩れなく塗っておきます。

他には運転席周りに着いている「手摺」の金属部品があるのですが(画像右下の4部品)、こちらは風が吹いただけで飛んでいってしまいそうなので、後で手作業で剥離・足付け処理をして、車体に取り付けた状態でプライマーを塗るのようにします。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

KATOミニカー 下地処理

先日溶けてしまった樹脂パーツの制作までを行っていたKATO社製の1/50クレーンミニカーSR-250Riです。

シンナーの漬け置きで旧塗膜は剥がれたのですが、どうもアルミ合金の表面に不働態皮膜のような物が残っているので、サンドブラスト処理を行う事にしました。

ちなみに元々のアルミ素地は、この蓋が取れた個所のような感じになる筈です。

元々接着剤で着いていたのですが、シンナー漬け置きをしたら剥がれていました。

他の部品も、全体が何かで一膜覆われたような感じです。

クレーン根本部分の滑車とシャフトですが、

こちらは参考画像を見てみると、滑車は塗装され、シャフトは塗装されていないので、これと同じようにします。

オーナー様ならお気付きだったと思いますが、滑車部分はメッキの上にそのまま色を塗られていた為、触れもしないのに既に塗装が剥がれていた状態でした。

なのでこちらも一緒にサンドブラストを当てて足付け処理を行います。滑車が飛んでいかないよう、番線で止めておきました。

ザルの上に置いてブラストボックスに入れ、

サンドブラストをかけました。

アーム部についていたメッキの滑車もブラストが掛かったのでもう剥がれる事はありません。

薄肉な部分も多いので、今回の製品はもしかしたらアルミ合金では無くマグネシウムなのかも知れません。となると、例の不可解な皮膜も分かるような気がします(マグネシウム合金によく見られます)。

その後シンナーで洗い流すようにして脱脂処理を行い、

プライマーを塗布します。最初は片面、裏側からです。

乾いたら裏返しにして、再びプライマーを塗布します。

窪んだ隅に溜まっていたような変な膜も綺麗に取ったので、シャープな仕上がりになりました。

これで一安心です。

その他、アームのシャフトなど別にもプライマーを塗る物があるので、そちらも進行次第また紹介をさせて頂きます。

どうぞもう少々お待ちくださいませ!

KATOミニカー 旧塗膜剥離 パーツ制作

 先日デカールを作製しておいたKATO社製の1/50クレーンミニカーSR-250Riです。

金属パーツは既存の塗膜の密着が悪い為、一旦全部剥がす事にしました。

目の細かいPP製の袋にパーツを入れ、口をアルミ線で縛ったら、

数日間、溶剤槽に浸け置きしておきます。

・・・が!

 元々あったこのシャフトの着いたパーツですが、赤い部分以外はてっきり金属製かと思っていたのですが、

溶剤槽から出してみると、シャフトとカシメ部分だけを残し、両端の部品が溶けて無くなっていました・・・。

メッシュ袋の中に残っていたカスを虱潰しに探してみましたが、その痕跡すら見つけられず、恐らく素材がPS(ポリスチレン)の為、溶剤で完全に溶けてしまった模様です。発泡スチロールにシンナーを垂らすと、延々下に溶けていって底なしの穴が出来てしまうのと同じような感じですね。

 と言う事ですが、幸いにして画像が色々残っていたので、それらを基に現物と照らし合わして各サイズを割り出し、消滅した部品を作る事にしました。

穴は1ミリで、全長は14ミリくらいとなります。

 シャフトがしっかり打ち込んであったので、てっきり金属部品と思い込んでしまったのですが、今思えばどうせ塗り直すので、塗装を削って素材を確認するべきでした。

 先ほど作ったデータを基に、アクリル板をレーザーでカットしました。奥が3ミリ厚で、手前が5ミリです。判り易いよう白いアクリル板を使いました。

ちなみに通常の模型(プラモデル)作りであればタミヤの角棒を使うのが一般的だと思いますが(間違いなくその方が楽かと)、素材が今回溶けた部品と同じポリスチレン製の為、当店のような自動車補修用塗料だと溶けてしまうのでそれは避けました。

 と言う訳で、棒ヤスリやペーパーで削り、同じような部品を作りました。

 残っていたアルミのカシメ(リベット)はニッパーでカットして取り除き、取り付ける際はメガネフレームなどに使われているM1の極小ネジで固定しようと思います。プラスネジの穴はエポキシで埋めてしまえば問題無いかと思います。

 隙間はノコギリを使い、その後ヤスリで整えています。

 実際にパーツを装着してシャフトも打ち込んでみました。

ちゃんとスムースに稼働もします。どうなる事かと思いましたがこれで一安心です。

プーリーは着いたまま塗られていたので今回の塗装でもそうする予定ですが、そのまま塗っても塗料は密着しない為(新品状態で既に剥がれていました・・・)、この後一旦サンドブラスト処理をしようと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

KATOクレーンミニカー デカール作製

 先日ご依頼を頂いていたKATO社製の1/50クレーンミニカーSR-250Riです。

少し前に分解作業も完了しましたので、旧塗膜剥離の前に各ロゴのデカールを作製しておきます。

 各ロゴは最初にIllustratorで作製しておいたので、それぞれを一纏めにして印刷の準備を行います。

 印刷に使うのはいつものALPS社製MD5000のプリンターで、ただ古い物なのでこれを動かすには昔のOS(Windows XP)が必要となりますが、ネット回線に繋ぐとウィルスが入り込んでしまう為、これ(とカッティングプロッター)専用のスタンドアローン機を使っています。IllustratorもVer.はCSと、全てが古いです(ただWin3.1から使っている身としては、これでも全然有難い話なのですが。笑)。

 まずはテストとして、黒の単色で印刷してみました。

 ここまでのサイズだともしかしたら細かい部分が潰れてしまうのでは?!と思っていましたが、元々貼ってあったデカールと遜色無く出来たので安心しました(ちなみにこれが駄目だったら以前お願いしたドライレタリング屋さんに外注依頼をする予定でした)。

 と言う訳で、各色に合わせてデカール用紙に印刷しました。

 「SUPERBOOM」「KATO」のロゴに使われた青は、日本塗料工業会(以下ニットコウ)の色見本帳の「G75-20L」でご指定頂いておりまして、こちらはALPSの「特色ホワイト」をベースに、沖の「特色ブルー」を3度重ね刷りしています。さらに白は「ベースホワイト」を重ね、下地を透けにくくしています。最後に「艶仕上げ」でクリアーをコーティングしています。レイヤーは3種類に分けています。

そしてこちらは小さくて見難いのですが、「つり上げ荷重65t」の赤です。

ご指定は同じくニットコウの「G05-40X」で、同じように「特色ホワイト」をベースに、「マゼンタ」を1度刷り、さらに文字抜きで「ベースホワイト」を特色ホワイトの上に重ねています。

後は「SR-250Ri」のグレーですが、こちらは当店にインクの在庫が無かったので、現在そちらを取り寄せ中です。既に黒でのテスト印刷は済んでいますし、MDプリンターでの印刷にとても詳しい知り合いの塗装屋さん(G-SHOCK塗装屋さん)に色味を確認して貰っているので問題は無いかと思います(色々とご教授頂き有難う御座いました!)。

念の為ですが、デカールの作製は塗装の付帯作業と言う事で、これ単体ではお受付しておりませんのでご了承下さいませ。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!