メルセデスベンツSL1/43ミニカー 本塗り

 先日下準備をしておいたMercedes-Benz Collection】のメルセデスベンツSL1:43 のミニカーです。

良く脱脂し、本塗り開始です。

 色はメルセデス純正色のオブシディアンブラック(カラーコード:197)となります。

 ベースコートの塗装には、SATAのエアーブラシ口径0.5mmを使っています。

 ドアミラーと、

 こちらはリヤバンパーロアパネルですね。元の青い部分は全て塗装します。

 ベースコート塗装後、工場二階のいつもの明るいデスクに移動します。こういった細かい作業は一階では難しく、後付けしたアームライトが予想以上に活躍してくれています。

 ブツ切りマスキングでしかもサイズが小さい為、クリアーを塗る前に一旦際のマスキングを剥がします。

 色(ベースコート)が綺麗に塗れているか確認し、

 少しだけ位置をずらして(0.1mmくらい)再びマスキングを貼り直します。

 そしてボディです。こちらはスリーポインテッドスターのエンブレムバッジがクリアー下に貼られていたので、同じように元に戻します。

剥がしたエンブレムには多少糊が残っていましたが、クリアーを塗ってそれが剥がれたら取り返しがつかない事になるので、固定には透明なエポキシ接着剤を使います。

 点付けで、最初に剥がしたボンネットバッジを貼り付けます。ポッチよりもエンブレムの方がサイズが大きい為、隙間をエポキシ接着剤で充填するようにしています。

 そしてリヤ側です。

 同じ様に透明エポキシ接着剤をつまようじで点付けし、エンブレムを貼り付けます。接着剤は5分硬化タイプですが、1時間くらい寝かしておきます。

 そして再び一階に戻り、エアーブロー&タッククロスでホコリを飛ばします。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーもベースコートと同じく、SATAのエアーブラシ0.5mm口径を使いました。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

 スリーポインテッドスターのエンブレムも良い感じになっているかと思います。

 トランクバッジも無事です。

 ルーフサイドパネルは元々の肌が悪かったのでしっかりクリアーを塗り込んでおきました。また二回目のクリアー塗装後、直ぐに際のマスキングテープを剥がして段差が馴染むようにしています。

 リヤバンパーロアもバツ切りのマスキングテープを剥がしておきます。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。組み付け作業があるので少し長めに寝かします。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね(組み付け作業は社外記で紹介するかも知れません)。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

メルセデスベンツSL1/43ミニカー 下準備

 先日旧塗膜の剥離作業を行っていたMercedes-Benz Collection】のメルセデスベンツSL1:43 のミニカーです。

 その後もシンナー槽に浸け置きしておき、ワイヤーブラシも使って旧塗膜をしっかりと剥がしました。

 その後リン酸処理を行います。

 アルミ表面をエッチングし、表面にはリン酸被膜が形成されています。

 その後よく脱脂処理をし、プライマーを塗布します。裏側は塗り難いので固定せず直置きの状態で塗りました。

 その後ワニクリップで固定し、表面にもプライマーを塗布します。

 プラスチックパーツも下準備を行っておきます。サイズが小さいので1ミリ幅のマスキングテープを多用しています。

 ルーフサイドはフロントガラスなどと一体になっているので外す事が出来ませんから、ここはマスキングで塗装を行います。

 リヤバンパーロアパネルも同様に、艶消し黒部分をマスキングしておきます。

ドアミラーは根本の突起をクリップで固定しておきます。いずれも足付け処理を行ってあります。

いよいよ次回本塗りとなります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

メルセデスベンツSL1/43ミニカー 旧塗膜剥離

先日分解作業を行っておいた【Mercedes-Benz Collection】のメルセデスベンツSL1:43 のミニカーです。

今回は塗膜に何かしらのトラブルが出ていたようなので(酸化=腐食です)、既存の塗膜は剥がしておく事にしました。

剥離の方法としてはネオリバーなどの剥離剤を使うのが一般的ですが、その後の処理が面倒なので、当店の場合はスプレーガンを洗い終わった後のシンナーを取っておき、それを剥離用として使っています。普通の洗浄用シンナー(市販の再生シンナー)なので余り強力では無く、二週間経ってようやく画像のような状態です。

この後ワイヤーブラシで擦ってみましたが、まだ剥がれていない個所が残っていたので、再び溶剤槽に戻しておきました。針金が着いているのは溶剤槽から取り出しやすいようにする為で、底まで落ちると手袋の長さが足りないので直接腕を入れないといけないからです(皮膚がガサガサになります…)。

まだ殆ど変化はないのですが、また作業進行しましたら紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

ロボット「Robi」&「Q-Bo」黒系パーツ塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたディアゴスティーニ社製のロボット「Robi」と「Q-bo」の外装パーツ一式の内、黒系パーツ32点の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々黒いパーツだったのですが、バリを削った跡などが残っていた為、同じ様に黒の塗装でご依頼を頂きました。

 ベースコートはSTANDOXの原色黒(MIX571)で、クリアーは2液ウレタンの艶消しクリアーをコートしています。

 「どうせ傷付いてしまうのでは?」と思うかも知れませんが、事前に耐久性のテストなども行って頂いてのご依頼ですので問題はありません。

 尚、先に赤系のパーツ白系のパーツも完成していて、それらは既に納めております。

 しっかりウェットで2コート塗り込んでいますので、ツルンとした艶消しに仕上がっているかと思います。

 ただし細かい箇所が埋まってしまうのを避ける為、クリアーの希釈は通常20%のところを30%にしています。大きい面積でこれをするとムラになり易いのですが、小物であれば殆ど気にならないかと思います。

逆にムラの目立つ車のボンネットに艶消しクリアーを塗る場合、シンナーを入れないで軟化剤を入れて塗る事もあります(とデモマンから進言を頂きました)。塗装した表面の乾燥を送らせてミスト(塗りムラ)を馴染ませて防止する方法ですが、延々乾かないのでゴミが付きやすいと言うデメリットもあります(なので私はしません)。

 ピニオンギア取り付け部には塗料が付かないようマスキングしています(黒なので判り難いですが・・・)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご利用頂きまして誠に有難う御座いました!

ロボット「Robi」&「Q-Bo」黒系パーツ 本塗り

先日下準備を行っていたディアゴスティーニ社製のロボット「Robi」の外装パーツ一式の内の「黒系パーツ」です。

 黒系パーツは全部で22個となります。

 ギアーが入る穴はマスキングをしておきます。

 全体を良くエアーブローしたらプラスチックプライマーを塗布します。

続けてベースコート(黒)を塗ります。

塗装屋さんなら判ると思うのですが、ABS樹脂は溶剤に弱い物もあって、ベースコートをウェットに塗り込むと素材の表面が溶剤に侵され、ペーパー傷が広がって目立つようになったり、成型時の模様(ムラ)が生じたりします。この場合はベースコートだけでは綺麗に仕上りませんので、クリアーの塗装が必要となります。自動車部品のABSだと結構大丈夫なのですが、パソコン部品のABSパーツは弱いように見受けられます。

尚、淡い色のメタリック(シルバー)だとクリアーを塗ってもそれが残ってしまう(見えてしまう)事がありますが、ソリッドカラーであればこれくらいなら大丈夫です。メタリックの場合もドライコートで塗れば抑えられたりするので、磨き前提で(ドライコートだと艶引けするので)控えめに塗って対応したりします。

そして艶消しクリアーを塗って本塗り完了です。

 いつもの艶あり仕上げよりは控えめにしますが、同じように2コートで塗り重ねます(1コートだけで終らせるとダマやムラが出ます)。

 その後一時間くらい経つとしっかりと艶が消えてくれています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!