エアガンシリンダー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたエアーガン用のリボルバーシリンダーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は黒かった物で、これを隣にあるモデルガン用(弾が出ないタイプ)の色を参考にと塗装をご依頼頂きました。

元々塗ってあったモデルガン用が右で、今回塗装した物が左となります。今回は1時間程の軽めの調色作業も承りました。

 色は細かい目のメタリックを二種に、黒とオーカーとメタリックアディティブ(フリップコントローラー)を使っています。

 クリアーは塗らず、ベースコートに直接ハードナーを入れた仕様となります。

ベースコートのみだともう少し艶のある半艶くらいの質感になるのですが、今回使っているメタリックアディティブの副作用を使って艶の調整も行っています(メタリックアディティブの本来の使い方はメタリック粒子を粗く見せ透かしを白くして表面を黒くさせます)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

エアガンシリンダー調色~本塗り

 先日お預かりしておりましたリボルバーのエアガンシリンダーです。

足付け処理の為に#800~#1300の布状研磨副資材(アシレックスレモン~オレンジ)で研磨してみた所、既存の黒は素材色では無く塗装が施されている事が判りました。素材はグレーっぽい色で、ABS樹脂に金属が練り込まれた物との事です。

ペーパー(布)が入り込まない箇所もあるのでナイロンブラシとウォッシュコンパウンド(液状研磨洗浄剤)を併用します。

水で洗い流してみると被塗面が親水性になっているのが判ると思います。塗料の密着性はすこぶる良い状態となります。

 そして調色作業です。

使った原色は一番細かいシルバーメタリック(MIX595)とそれより一段階粗くなったシルバー(MIX594)、黒、オーカー、そしてフリップコントローラー=メタリックアディティブ(MIX008)です。メタリックアディティブは透かしを白くして表面を黒くし、メタリックの粒子感を粗く見せる効果があります。またその副作用として艶が消える効果もあって、トップコートクリアーを塗らない今回の仕様ではそれを利用します。

こちらは色板(塗料を吸い込まない厚紙)に塗料を塗った物で、色自体は同じなのですが、左は原色のみ、右はそれにメタリックアディティブを足したものです。艶具合が変わると見た目が大きく変わるのが判ると思います。

 それらを調整しながら見本のシリンダー(こちらはモデルガン用)の色に合わせていきます。

本塗り時にはこれに硬化剤も入れる為、それによって若干艶が出ますから、最終的には本塗りを行いながら調色もする!と言う、中々のアクロバティックな作業となっています。

プラスチックプライマーを塗り、作った色を塗布します。

塗る時はしっかりウェットに塗り込み、自然に艶が消えていくのを待ちます。

 右が見本としてお預かりしたモデルガン用のシリンダーで、左が今回塗装しているエアーガン用のシリンダーです。

調色はどんなに時間を掛けても同じ色にはならず、掛ける時間によって費用をご案内させて頂く方法となっております。今回はある程度軽めと言う事で1時間分の、より難しい色(ホワイトパールやキャンディーカラー等)の場合は3時間以上のコストが必要になったりします。

ちなみに車(4輪自動車)の場合は配合データが存在している事、また近年では既存の塗膜から色を作れる「測色機」なる物があるので、コストを落とされたい場合はそういった設備を持っているショップさんにお願いするのも一つの手段だと思います。

この後はいつも通り60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

エアガンシリンダー塗装承ってます

 先日到着しておりましたリボルバーのモデルガンとエアガンのシリンダーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご依頼頂いているのはこちらの黒い方(エアガン用)で、

見本としてお預かりしたモデルガン用のシルバーに合わせて塗装を承っています。尚、元々塗られている塗装はクリアーは塗っていないので今回も同じように、ただ簡易的な色の作成(非調色)では色を似せるのは難しそうなので、今回は軽めの調色作業(テストピース5枚程度)で作業を承りました。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

 

サーブ1/43ミニカー塗装承ってます

先日到着しておりました、ミニチャンプスの1/43スケールの「サーブ9-3,5ドア」と、2ドアタイプのミニカーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

塗装をご依頼頂いているのは左側の5ドアの方で、右の3ドアの方は万が一の部品取り用としてお預かりしました。ボディの形状は違いますがヘッドライトやテールランプ、ハッチバックの窓ガラスなどは共通のようなので、以前施工したレンジローバーミニカーのように窓ガラスが割れてもこちらが控えていればあれば安心と言う訳です。

現状はブルーメタリックに塗装されていて、今回はこちらをSAAB純正色の「シラスホワイト(Cirrus white)」(カラーコード:153)への変更で承りました。

2台はそれぞれ同じ色の設定だと思いますが、色は結構ブレています。

ドアは空かないタイプで、大よその作業内容は以前施工した1/43サイズのポルシェと同じような内容になるかと思います。

エンブレムについてはクリアー下に貼ってあるので再利用は出来なく、こちらもポルシェの時と同様、何とかデカールで再現してみようと思います。ただSAAB SCANIAのバッジは小さすぎるような気が・・・。

とりあえず底のネジを外して簡単にですが分解をしてみました。

 窓ガラスはカシメで止まっているだけなので無事外せそうです。

その他グリルやヘッドライトも極力再利用出来るよう丁寧に取り外すようにし、万が一の場合は3ドアの方を使わせて頂こうかと思います。

尚、今回は参考画像もご用意頂きましたのでそちらも紹介をさせて頂きます。

当店にお問合せをされた事がある方はご存じだと思いますが、今回のようなミニカーの場合、当店で施工する事を余りお勧めはしておりません。それ専門で扱っているショップさんも沢山いらっしゃいますので、そちらの方がご希望に沿えたり、また費用も抑えられる可能性が高いからです。

ただ今回のように「是非お願いしたい」を言われましたら、出来る限り(勿論掛けられるコストの範囲内で)尽力させて頂きたいと思います(ミニカーに限らず全てそう思ってやらせて頂いております)。

バッジやエンブレムはミニカーと同様になっているので、これらも何とか再現したいと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ネックレス補修塗装 下準備

先日お預かりしておりましたネックレスの象です。

現状コーティングされている白い被膜が剥がれて来てしまっているとの事で、一旦これらを全部剥がし、改めて艶消しの白で塗り直します。

通常樹脂素材に塗られた塗装の剥離はお受付しておりませんが(お受付する場合もありますがかなり高額になるので現実的ではありません)、今回は 既に剥がれ掛かっていたので対応しています。

象のフィギュアにIPA=イソプロピルアルコールをたっぷり塗布し、それをウェス(キムワイプ)、ラップでくるみます(シンナーを使うと素体が溶けるのでNGです)。

念のため素材が溶けない事を確認して大丈夫そうならそのまま30分くらい放置し、コーティングが浮くようにしてからナイロンブラシで擦ります。

本当は超音波洗機を使えば早かったのですが、当店の物はヘッドカバー用なので大きすぎて逆にセットするのが面倒だったんですよね。

ブラッシング→浸透放置を何度か繰り返し、元々あった白い被膜を完全に剥がしました(少しでも残っているとそこが剥がれるのでここはしっかり行っています)。

元々は上体を紺、角を白で塗られた物だったようです。

足付け処理の為、液状研磨剤=ウォッシュコンパウンドを使ってナイロンブラシで擦ります。

これで塗装準備が整いましたので、後日色を作って本塗りを行う予定です。どうぞもう少々お待ちくださいませ!