SHURE BETA58マイク レッド&ブルー レース塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHURE BETA58Aボーカルマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はいつものマイクに、レース生地を使って模様を入れました。

 下色にシルバーを塗装し、青→紫→赤のキャンディーカラーでグラデーションを施しています。

 またレース模様を施した時に段差が出来るので、本塗り後には一旦表面を研磨し、もう一度クリアー塗装を施しています。

 下色のシルバーに光が反射して、発色の良い(彩度・明度の高い)色味を表現してくれます。

 尚、今回グリル部分は塗装はしていません。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工(撮ったそのまま)となります。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

 ストロボを使った撮影も行いました。上の画像が正面となります。

 こちらは向かって左側です。

 こちらは正面に向かって右側となります。

 こちらは真後ろです。

 使用するレース生地についてですが、こちらは好みの物を購入して頂いてそちらを送って頂いても構いません。ただし素材によっては塗装に適さない物もありますので、何種類かをご用意して頂くか、こちらで実際に見て使えない場合には買い直して頂く事になるかも知れません。何卒ご了承くださいませ。以前実際にお持ち込み頂いた物で対応した事例がありますので、宜しければ以下リンク先をご参照くださいませ。

レース生地持ち込みによる施工例→>SHURE GLXD2/BETA58 Microphone

 当店で用意しているレース生地についてはこちらのページで紹介しておりますので、宜しければご参照くださいませ。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHURE BETA58マイク レッド&ブルー レース塗装 クリアー二度塗り

 先日本塗り(下塗り)を終えていたSHURE BETA58Aボーカルマイクです。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、さらに数日寝かした後に表面を#1500で研いで段差を無くし、足付け処理を行いました。

 そして二回目のクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

尚こちらのクリスタルクリアーはウェブショップで小売りしているのですが、ずっと品切れ状態のままにしてしまっておりまして、最近復活させたら早速本日お買い上げ頂きました。また保管している内に硬化剤が固まってしまうという報告があったので、ご購入頂いて半年以内なら50ccを無償で送るようにしました。どうぞご安心してゆっくりご使用頂ければと思います。

STANDOXクリスタルクリアーセット

先日行ったでは、下地に粗目のシルバー(MIX598)を塗り、その上に赤→青→紫のキャンディーカラーでグラデーションを表現し、レース生地を重ねて黒を塗り、模様を表現しています。

この後は再び60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、さらに数日寝かします。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

SHURE BETA58マイク レッド&ブルー レース塗装 本塗り

 先日お預かりしておりましたSHURE BETA58Aボーカルマイクです。

塗装するのは本体だけで(グリルは塗装しません)、ただ今回は作業内容が複雑な為、画像右側の見本用のマイクを本番さながら一緒に塗装を行う事にしました。先にこちらを塗って細かい部分を修正しながら本塗りに挑むような感じです。

尚、色見本用のマイクについてはこちらの記事が判り易いかと思います。宜しければご参照くださいませ。

 まずは下色のシルバーを塗布します。最初は隠ぺいの良いシルバー(VW社リフレックスシルバー:LA7W)を塗り、その上にSTANDOXの原色では一番目の粗いMIX598を塗布します。

塗装のイメージはこのような感じで、赤→紫→青のキャンディーカラーのグラデーションと、レース塗装を組み合わせた内容で承っています。

 いつもは先にレース柄の黒を塗装しますが、今回はグラデーションに重きを置きたかったのでキャンディーカラーの塗装から始めています(最終的にはどちらでも見た目は変わりありません)。

 通常は青と赤を混ぜれば紫になると思われますが、塗装の場合は色が混ざると濁ってグレーになってしまうので、それぞれの色が重ならないように注意します。

 使っているガンの口径は手前から紫=0.3mm、青=0.5mm、赤=0.8mmとなります。

 こちらに映っている画像はオーナー様から頂いた参考のイメージ画像で、これを基に色味・グラデーションを行っています。紫色は今回の為に新しい原色を用意しました。

 3色のキャンディーカラーが終わったらレース塗装を行います。

まずは練習用として、見本用のマイクから始めます。

 レースが動かないようしっかり固定し、ベースコートの黒を塗布します。

 レース生地を外しました。

今回の生地は細かい目の部分が多く、そこを塗料(黒)が通り難い傾向にあります。

 改善したい箇所を確認し、本番に挑みます。

そして本物のマイクです。

先ほどと同じようにレース生地を固定し、

 今度は細かい目を塗料が通るよう、エアー圧を下げてガン距離を近づけて塗りました。

今度はしっかり細部も表現出来ました。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です(ただし今回はもう一度クリアーを塗るので現時点ではまだ下塗りです)。

 アルミプレートのある正面が一番華やかな柄に見えるようにしています。

 裏側です。

ちなみにクリップで固定している箇所は黒が入らない(塗れない)ので、後からそこだけ改めてレース生地を合わせて塗っています(実はそこが一番難しいところかも知れません)。

黒は薄く塗っていてもやはり段差になって蛇の鱗みたいになってしまっているので、この後熱を入れて一旦硬化させ、全体を#1500程で研磨して均してからもう一度クリアーだけを塗装します。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

SHURE BETA58マイク レッド&ブルーレース塗装承ってます

 先日到着しておりましたSHURE BETA58Aボーカルマイクです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご希望内容はレース塗装で、またキャンディーレッドとキャンディーブルーを使ったグラデーションの仕様で承っています。

 レースに関しては当店で用意しているこちらをご指定頂きました。

それをスキャナーで読み込んで、

 イメージイラストを作成しました。

ただ実際に塗装するのとでは全然違いますので、こちらは参考程度にご確認を頂ければと思います。

以前施工した、色見本用のマイクです。これらのキャンディーレッドとキャンディーブルーを、先ほどのレース生地を使ってグラデーション塗装を施すといった感じとなります。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

Mercedes Benz Engine Air Cleaner Box

benz369 以前ご依頼頂いたメルセデスベンツW124のエンジンエアークリーナーボックスです。本体を3コートキャンディーブルー、AMGプレートは黒ベースにSTANDOX MIX818のシルバー、スリーポインテッドスターもMIX818のシルバーに塗装しました。

benz30元は未塗装の梨地で、これにこのまま色を塗っても艶々にはなりませんので、まずは平滑な下地にする所からの作業となります。

スリーポインテッドスターは単なる嵌め込みでしたが中々抜け難く、傷付けないよう取り外すのが少々難儀でした。

benz291 まずは表面のザラザラとした梨地を#120~#240で研磨します。平らな所はダブルアクションサンダーを使い、その他は手研ぎで行います。細かい個所はさらにヘラを使って行い、とにかくこの後の下塗り塗料がよく食いつくよう表面に傷を付けておきます。

benz293 その後スコッチとウォッシュコンパウンドを使ってさらに細かい箇所の足付け処理をしつつ、脱脂洗浄も行います。シリコンオフで油分は取れますが、泥汚れなどは水溶性の洗浄が有効です。

benz298必要な個所をマスキングし、まずは全体に満遍なくプラスチックプライマーを塗布します。

benz301 続けて2液ウレタンサフェーサーを、十分に乾燥時間を置きながら5~6コート程塗り重ねます。

benz302 今回はエアークリーナーボックス以外の部品も大量にご依頼頂きました。

benz303 スリーポインテッドスターもザラザラな梨地なので表面を研磨し、「プラスチックプライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」の工程で平滑に仕上げます。

benz305 その後熱を入れてサフェーサーが硬化したら全体を研ぎ着けます。

benz307 最初から手研ぎでは時間が掛かり過ぎるので、平面はダブルアクションサンダー#320~#400を使って粗研ぎします。

benz308 さらにその後#600~#800の水研ぎで細部まで研ぎ出し、全体のペーパー目を均します。

benz326 ただしエアークリーナーボックスは思った以上に成型時の出来が悪く(しかしこれが梨地樹脂製品の一般的な仕上がりです)、そのままでは歪が目立ってしまうのでさらに修正する事にしました。

benz328軟化性のあるポリエステルパテを塗って平滑に研磨し、再度サフェーサーを塗って下地を作ります。

benz319 今回はキャンディーカラーのブルーをご指定頂きまして、塗料はハウスオブカラーの塗料を使いました(STANDOXの塗料に混ぜて使います)。

benz338 カラーベース(下色)にはシルバーでは無く、日産の純正色でもあるモンテレーブルー(カラーコード:B17)のブルーメタリックを使いました。画面下の青がそうです。

benz337また仕上がった時の色合いを確認する為、透明なアクリル板にキャンディーブルーのみを単色で塗りました。これを3種類作製しています。

benz391 カラーベース(下色)であるブルーメタリックのに、この透明な青=キャンディーブルーを重ねる事によって仕上がりの色味を確認します。

benz339実際に透明な色板をブルーメタリックの上に重ねてみました。

既存の色の上に透明な色を重ねる事によって通常の2コート塗装では表現出来ない鮮やかで深い青味を表現できます。

benz347 色が出来上がったらいよいよ本塗り開始です。隅々までよく脱脂をし、サフェーサーを塗っていない箇所には再びプラスチックプライマーを塗布します。

benz348 車体に装着されれば表側しか見えませんが、気分的に気持ちが悪いので裏側も一緒に塗っておきます。

benz352 まずはベースカラーとなるブルーメタリックを塗布します。これが日産純正色のモンテレーブルー(カラーコード:B17)のベースカラーです。

benz365 先ほどの塗膜の上に透明な青い塗装=キャンディーブルーの塗膜を重ね、さらにクリアーを塗って本塗り完了です。

カラーベースで3コート、キャンディーコートで4コート程、クリアーで2コートといった塗膜構成となっています。

benz285 AMGのプレートは別工程で作業しています。

benz345 こちらも一度では綺麗に仕上がりませんので、何回かの塗装工程を経て艶々に仕上げています。

benz368 付属品を組み付け、完成となります。画像の加工などは一切せず撮影してサイズを縮小しただけですが、普通のブルーメタリック(パール)とは色味が違うのが判ると思います。

benz370 パテ処理とサフェーサーの二度打ちのお陰で美しいラインに仕上がりました。

benz371 カーボン製の社外品などもあるかも知れませんが、純正品に拘る方は多いと思いますので、そういった点では塗装はお役に立てるかも知れません。

benz372尚、キャンディーカラーは通常の塗装に比べて褪色し易いので、クリアーには耐UV性の高いクリアー(クリスタルクリアー)を使用しています。

benz376その他の部品は同じくキャンデイーブルーとキャンディーオレンジに仕上げています。

benz378キャンディーカラーでは通常の2コートメタリック・パールでは出せない鮮やかな色味や深みを表現する事が出来ます。勿論手間も増えますので通常よりも費用は高く、また長い年月で見ると色褪せるというデメリットもあります。

benz377それぞれの塗色(塗装)については色見本も作成していて、現在紫外線に当てた暴露テストも行っていますが結果は良好です。そもそも紫外線に当たらないエンジンルームの中なので心配はしていませんが、念の為と言う事ですね。