スバルエンブレム(裏黒表青/枠艶消し黒)塗装承ってます

先日到着しておりましたスバル新型レヴォーグSTI Sport R EXの純正リヤエンブレムです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容は、アクリルプレート裏側を削り落として黒に、アクリルプレート表側からは透過性の青=ブルーキャンディーに、メッキの枠は艶消し黒の塗装で承っております。

以前施工した際の画像がありますのでそちらを紹介させて頂きます。

アクリルプレートはこの時と同じ仕様で、メッキの枠を艶消し黒、またアクリルプレートのクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っております。

アクリルプレートとメッキの枠はそれぞれ両面テープで固定されているので、

塗装する際にはこちらを剥がす必要がありますが、再利用が出来ないので、

台紙をスキャナーでPCに読み込んでそれを参考にデータを作成し、

出来上がったデータをレーザー加工機でまずテストカットし、

問題無ければ両面テープをカットします。塗装後、最後にこちらを貼り付けておくようにします。

また今回はブルーキャンディーの塗装でミニカーキーホルダーの制作も承っております。

こちらは塗装の御依頼を頂いた方のみ対応したサービスとなっております。宜しければ以下リンク先をご参照くださいませ。

ミニカー色見本キーホルダー

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ROVER MINIテールランプ塗装承ってます

先日到着しておりましたローバーミニ用のルーカス社製テールランプ一式です。こちらのオーナー様は先日同パーツ2セットを濃い目のスモーク塗装でご依頼頂いた方で、今回新たな色で再びご依頼を頂きました。この度もご贔屓頂きありがとうございます!

今回はスモーク塗装では無く透過性の青=ブルーキャンディーカラーでのご依頼となります。

「青?!」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、以前ヘッドライトを透過性の緑でご依頼頂いた事がありますので参考までにそちらを紹介させて頂きます。

当店ではヘッドライトへの塗装はお受付しておりませんが、元々お取引のあったショップさんで、「レースで使うだけなので剥がれる事を前提に」と言う事で塗らせて頂いた物となります。ボディカラーのブリティッシュレーシンググリーンに合わせてのこの色だったのかと思います。

今回もその時と同じような感じで、ボディカラーであるローバー純正色の「タヒチブルー」(カラーコード:JRJ)に似せての青という事で、

当店にある透過性の青の色の中から近い色味(色相)という事で、

こちらのハウスオブカラーのKK-05=コバルトブルーを使用しようと思います。

念のためですが、ハウスオブカラー社のKKシリーズ=「KANDY KONCENTRATES」(キャンディコンセントレート)は、顔料(または染料)単体の物で、これを樹脂(当店の場合だとSTANDOX MIX599)に混ぜてベースコートとして使います。対してUK(ウレタンキャンディ)シリーズは予め樹脂が混ざっているので当店では使用が出来ません。もしどうしても使う必要がある場合は塗装システム自体をハウスオブカラーに準じた仕様で行う必要があります。これと同じような物が「マジョーラ」なる塗料であって、こちらは日本ペイントの塗料として予め樹脂が混ぜられていますから、これを使用する場合は塗装システム自体をニッペの物に合わせる必要があります(具体的にはアドミラですかね)。

塗装システムを無視して施工した場合の一例としては、私が昔アルバイトに行っていた町工場では、ベースコートをDUPONT社製の物にして(センタリ6000)、トップコート(クリアー)をロックペイント社の物(パナロック)で行っていました。理由はコストの低減化で、パナロック10:1のクリアーは熱を掛けずともそのまま磨けて、さらに塗膜がとても柔らかいので磨き作業が超絶楽だった事にあります。例えば現在使っているクリスタルクリアーを使って車のボンネット一枚を磨くのに3時間くらい時間を掛けていましたが、パナロックであれば30分で終わってしまうといった感じです(いずれも硬化時間を入れないでの話です)。これによって会社としてはかなり利益率が上がるのですが、それぞれ性質の違う塗料を使う事で後にクリアー層だけが剥がれるといった大きな問題=層間剝離等のトラブルが発生します。

ただこれらの塗装は、主にオーナーの居ない車体=店頭に並ぶ前の中古車に行われる場合が多いので、施工している側でも問題に気付いていない事が多かったりします(私としてはとても良い勉強とさせて頂きました)。

という事もあって、当店としても「マジョーラ」といったネーミングバリューを使用した塗装を行いたいとは思ってはいてもそれはせず、なのでそれに似た色の顔料を単体で入手し、今回の塗装と同じ様にSTANDOXの樹脂に混ぜて使うようにしていたりします。

コバルトブルー単体で塗った色見本がこちらで、今回のテールレンズもこのような色味になる予定です。現在キャンディーカラー単体での色見本は作っていませんが、あると便利ですね。

赤い反射板の部分は前回と同じくマスキングで、クリアーコートのみ一緒に行う仕様となります。クリアーも同じくクリスタルクリアーへの変更で承っております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

スバルエンブレム(枠黒/表青)塗装承ってます

先日到着しておりました、スバル純正エンブレム前後です。こちらのオーナー様は前回フロントグリルモールの塗装をご依頼頂いた方で、この度も当店をご贔屓いただき誠に有難うございます!

ご依頼内容は以下の通りとなります。


・メッキ枠を艶ありの黒に

・アクリルプレートを表側からキャンディーブルーに

・クリスタルクリアー


参考までに、以前施工した時の画像を紹介します。

こちらはご依頼品では無く、テスト用に作成した私物で、今回はこちらと同じ内容にと承っております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

AUDIXマイク ファイアーパターン 本塗り

先日お預かりしておりましたAUDIXのボーカルマイクOM11(右)と、SM58をベースに以前当店で作成しておいた色見本用のマイク(左)です。

左のSM58のマイクに比べると、今回ご依頼頂いた右側のOM11の方が長い為、これに合わせてファイアーパターンのデータを修正しました。

右が既存のSM58用で、それの縦幅を15mm伸ばしたのが左側のパターンです。横幅はそのままとしています。

それを利用してマスキングシートをカットしました。

が、PP(ポリプロピレン)製のこのシートはコシが強いので、今回のマイクだと途中にある段差でマスキングが浮いてしまいますから、

今回は2パターン共、通常の和紙タイプのマスキングシート(テープ)を利用する事にしました。カットにはレーザー加工機を使っています。

ただ以前のデータでカットすると台紙も一緒に切ってしまったので、出力を調整します。気温で変わるのでその辺もしっかりデータに残しておかないと駄目そうですね。

微調整をして上のマスキングテープだけをカット出来ました。

それぞれ二枚作りました。

マイク本体は#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で研磨し、グリルボールはナイロンブラシとウォッシュコンパウンドで足付け処理を行っています。

まずは下色となる粗目のシルバーを塗布します。

グリルボールは黒のベタ塗りだったのですが、勢い余ってそちらもシルバーに塗ってしまいまして、ただこの後黒に塗り直しますのでごご安心下さいませ。

そしてファイアーパターンのマスキングです。予めカットしておいたマスキングシートに、転写用のフィルムを貼り付け、

それをマイク本体に貼り付けます。まずは一つ目です。

この段差部分が鬼門で、コシのあるPP製のマスキングシートだとここで浮いてしまいますから、今回は2パターン共和紙タイプのマスキングシート(テープ)で作成しました。

ただそれを二枚重ねると判り難いので、本来であればそれぞれを別けたかったのです。

「違う色のマスキングテープを使えば良いんじゃ?」と思うかも知れませんが、150mm幅のマスキングテープは特注で作って貰っている物なのでそうもいかないんですよね。

再び台にセットし、

ベースコートの黒を塗布します。グリルボールも黒に塗り直しておきました。

上に重ねたファイアーパターンを剥がし、

さらに薄っすら黒を塗り、もう一枚のファイアーパターンも剥がします。

今回はシルバーの部分を残しつつ、「青」のみのグラデーションで承っておりますので、左側のKK-13 BURPLEを使用します。

尚、こちらの透過性の青はHOUSE OF KOLOR社の顔料(または染料)で、これ単体では塗料として使えませんが、STANDOXのバインダー(樹脂分)に入れる事でキャンディーカラーとして使う事が出来ます(これとは違うUKシリーズは予め樹脂が入ってしまっているのでNGで、どうなるかと言うとクリアーだけが剥がれる層間剥離をお起こします)。

シルバーの部分を残しつつ、青をグラデーションさせます。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

ただし今回の塗装ではマスキングの段差が結構大きく出てしまていますので、完全硬化後にこれを研いで均し、もう一度クリアーを塗る事にします。

良く見ると肌が変な風に見えるのはこの塗り分けによる段差が出来ている為で、この後の磨き処理である程度均す事も出来なくはないのですが、下地が出てしまうとかなり面倒な事になる事、他のご依頼品と一緒に塗ればそんなに手間では無いのでそうしようと思います。

グリルボールはこちらで完了ですので、熱を入れた後は本体が終わるまで保管しておくようにします。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

AUDIXマイク ファイアーパターン塗装承ってます

先日到着しておりましたAUDIXのボーカルマイクOM11です。こちらのオーナー様は以前同型のマイクをキャンディーレッドの塗装でご依頼を頂いた方で、今回はこちらをブルーのファイアーパターン塗装でご依頼を承りました。この度も当店をご贔屓頂き誠に有難う御座います!

ファイアーパターンの柄についてはこの時と同じように2重にした仕様で、この時は色を「イエロー→オレンジ→レッド」としましたが、今回はこれをシルバー→ブルーのキャンディーカラーで、ヘッドは艶有り黒のベタ塗り、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っています。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!