スバルエンブレム(枠黒/表青)塗装承ってます

先日到着しておりました、スバル純正エンブレム前後です。こちらのオーナー様は前回フロントグリルモールの塗装をご依頼頂いた方で、この度も当店をご贔屓いただき誠に有難うございます!

ご依頼内容は以下の通りとなります。


・メッキ枠を艶ありの黒に

・アクリルプレートを表側からキャンディーブルーに

・クリスタルクリアー


参考までに、以前施工した時の画像を紹介します。

こちらはご依頼品では無く、テスト用に作成した私物で、今回はこちらと同じ内容にと承っております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

AUDIXマイク ファイアーパターン 本塗り

先日お預かりしておりましたAUDIXのボーカルマイクOM11(右)と、SM58をベースに以前当店で作成しておいた色見本用のマイク(左)です。

左のSM58のマイクに比べると、今回ご依頼頂いた右側のOM11の方が長い為、これに合わせてファイアーパターンのデータを修正しました。

右が既存のSM58用で、それの縦幅を15mm伸ばしたのが左側のパターンです。横幅はそのままとしています。

それを利用してマスキングシートをカットしました。

が、PP(ポリプロピレン)製のこのシートはコシが強いので、今回のマイクだと途中にある段差でマスキングが浮いてしまいますから、

今回は2パターン共、通常の和紙タイプのマスキングシート(テープ)を利用する事にしました。カットにはレーザー加工機を使っています。

ただ以前のデータでカットすると台紙も一緒に切ってしまったので、出力を調整します。気温で変わるのでその辺もしっかりデータに残しておかないと駄目そうですね。

微調整をして上のマスキングテープだけをカット出来ました。

それぞれ二枚作りました。

マイク本体は#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で研磨し、グリルボールはナイロンブラシとウォッシュコンパウンドで足付け処理を行っています。

まずは下色となる粗目のシルバーを塗布します。

グリルボールは黒のベタ塗りだったのですが、勢い余ってそちらもシルバーに塗ってしまいまして、ただこの後黒に塗り直しますのでごご安心下さいませ。

そしてファイアーパターンのマスキングです。予めカットしておいたマスキングシートに、転写用のフィルムを貼り付け、

それをマイク本体に貼り付けます。まずは一つ目です。

この段差部分が鬼門で、コシのあるPP製のマスキングシートだとここで浮いてしまいますから、今回は2パターン共和紙タイプのマスキングシート(テープ)で作成しました。

ただそれを二枚重ねると判り難いので、本来であればそれぞれを別けたかったのです。

「違う色のマスキングテープを使えば良いんじゃ?」と思うかも知れませんが、150mm幅のマスキングテープは特注で作って貰っている物なのでそうもいかないんですよね。

再び台にセットし、

ベースコートの黒を塗布します。グリルボールも黒に塗り直しておきました。

上に重ねたファイアーパターンを剥がし、

さらに薄っすら黒を塗り、もう一枚のファイアーパターンも剥がします。

今回はシルバーの部分を残しつつ、「青」のみのグラデーションで承っておりますので、左側のKK-13 BURPLEを使用します。

尚、こちらの透過性の青はHOUSE OF KOLOR社の顔料(または染料)で、これ単体では塗料として使えませんが、STANDOXのバインダー(樹脂分)に入れる事でキャンディーカラーとして使う事が出来ます(これとは違うUKシリーズは予め樹脂が入ってしまっているのでNGで、どうなるかと言うとクリアーだけが剥がれる層間剥離をお起こします)。

シルバーの部分を残しつつ、青をグラデーションさせます。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

ただし今回の塗装ではマスキングの段差が結構大きく出てしまていますので、完全硬化後にこれを研いで均し、もう一度クリアーを塗る事にします。

良く見ると肌が変な風に見えるのはこの塗り分けによる段差が出来ている為で、この後の磨き処理である程度均す事も出来なくはないのですが、下地が出てしまうとかなり面倒な事になる事、他のご依頼品と一緒に塗ればそんなに手間では無いのでそうしようと思います。

グリルボールはこちらで完了ですので、熱を入れた後は本体が終わるまで保管しておくようにします。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

AUDIXマイク ファイアーパターン塗装承ってます

先日到着しておりましたAUDIXのボーカルマイクOM11です。こちらのオーナー様は以前同型のマイクをキャンディーレッドの塗装でご依頼を頂いた方で、今回はこちらをブルーのファイアーパターン塗装でご依頼を承りました。この度も当店をご贔屓頂き誠に有難う御座います!

ファイアーパターンの柄についてはこの時と同じように2重にした仕様で、この時は色を「イエロー→オレンジ→レッド」としましたが、今回はこれをシルバー→ブルーのキャンディーカラーで、ヘッドは艶有り黒のベタ塗り、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っています。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

SHURE BETA58マイク レッド&ブルー レース塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHURE BETA58Aボーカルマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はいつものマイクに、レース生地を使って模様を入れました。

 下色にシルバーを塗装し、青→紫→赤のキャンディーカラーでグラデーションを施しています。

 またレース模様を施した時に段差が出来るので、本塗り後には一旦表面を研磨し、もう一度クリアー塗装を施しています。

 下色のシルバーに光が反射して、発色の良い(彩度・明度の高い)色味を表現してくれます。

 尚、今回グリル部分は塗装はしていません。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工(撮ったそのまま)となります。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

 ストロボを使った撮影も行いました。上の画像が正面となります。

 こちらは向かって左側です。

 こちらは正面に向かって右側となります。

 こちらは真後ろです。

 使用するレース生地についてですが、こちらは好みの物を購入して頂いてそちらを送って頂いても構いません。ただし素材によっては塗装に適さない物もありますので、何種類かをご用意して頂くか、こちらで実際に見て使えない場合には買い直して頂く事になるかも知れません。何卒ご了承くださいませ。以前実際にお持ち込み頂いた物で対応した事例がありますので、宜しければ以下リンク先をご参照くださいませ。

レース生地持ち込みによる施工例→>SHURE GLXD2/BETA58 Microphone

 当店で用意しているレース生地についてはこちらのページで紹介しておりますので、宜しければご参照くださいませ。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHURE BETA58マイク レッド&ブルー レース塗装 クリアー二度塗り

 先日本塗り(下塗り)を終えていたSHURE BETA58Aボーカルマイクです。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、さらに数日寝かした後に表面を#1500で研いで段差を無くし、足付け処理を行いました。

 そして二回目のクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

尚こちらのクリスタルクリアーはウェブショップで小売りしているのですが、ずっと品切れ状態のままにしてしまっておりまして、最近復活させたら早速本日お買い上げ頂きました。また保管している内に硬化剤が固まってしまうという報告があったので、ご購入頂いて半年以内なら50ccを無償で送るようにしました。どうぞご安心してゆっくりご使用頂ければと思います。

STANDOXクリスタルクリアーセット

先日行ったでは、下地に粗目のシルバー(MIX598)を塗り、その上に赤→青→紫のキャンディーカラーでグラデーションを表現し、レース生地を重ねて黒を塗り、模様を表現しています。

この後は再び60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、さらに数日寝かします。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!