ZX-14Rテールランプ塗装承ってます

 先日到着しておりましたカワサキZX-14Rの純正テールランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご依頼内容はいつものレッド&スモーク塗装で、以前施工した画像がありますのでそちらを紹介させて頂きますね。

今回はこの時の画像を参考にする予定です。

尚、元々貼ってあるクッションテープは剥がすと再利用が出来ないので、同じ厚み(2mm)の物を同じような幅(約7ミリ)にカットして使います。先にある程度作っておき、塗装後に長さを合わせてカットして貼り付けます。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

SHUREワイヤレスマイク マーブルレッド 本塗り

 先日黒で一旦下塗りとしていたSHUREのワイヤレスマイクBLX2/BETA58Aです。その後60℃40分程の熱を二回程掛け、しっかり完全硬化させておきました。

ボタン部分とインジケーターランプ部のマスキングは貼り直し、マイク自体も一旦芯棒から取り外します。

 全体を足付け処理後、組み付けた状態にして再び芯棒に固定します。

 今回はラップを使ったマーブル塗装となりますので、内容としては予想出来ない事が想定される為、予め練習用の色板も準備しました。マイク本体と同じように黒を塗ってクリアーを塗った物を足付け処理してあります。

 ラップはシルバーを塗った直後に貼り付ける必要がある為、万が一の事を考えて3セット用意しておきました。

 実際に手を動かしてイメージトレーニングを行い、

 まずは色板で試し、「もう少し縦目も増やした方が良さそう」と考えながら、

 本番完了です。

 回り込んだ部分にも模様が繋がるようにしています。

 シルバーは中目のMIX811と粗目のNIX598を50%ずつ混ぜています。

この後はキャンディーレッドを塗っていきます。クリアーでは無くベースコートです。

 グリルボールは形状的にラップするのが難しい為、以前施工した時と同様「黒&キャンディーレッド」のみの仕様となります。

 こちらもキャンディーレッドを塗り重ね、

 再び分解して芯棒にセットし直したら最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 ボタン部分のマスキングがクリアーと固着しないよう、こちらは直ぐに剥がしておきます。

 尚、このままでは段差が残った状態となる為、この後熱を掛けて硬化させた後、もう一度足付け処理を行ってクリアーを塗ります。なので完成まではもう少しですね。

 クリアーは3コート程塗っているので磨き倒して完成させる事も出来るのですが、それを考えると他のご依頼品と一緒にクリアーだけ塗らて貰った方が楽ですし、間違いは無いかと思います。

グリルボールはいつも通りなのでこれで完成ですね。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

SHURE BLX2/BETA58Aワイヤレスマイク塗装承ってます

 先日到着しておりましたSHUREのワイヤレスマイクBLX2/BETA58Aです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご依頼内容は「マーブルレッド」で、上の画像にある色見本マイクと同様、グリルボール部はメッシュ(網)を黒に、リング部はキャンディーレッドで行います。

またマイク本体下部は以前施工したトランプ柄の同型製品と同様に塗装せず、そのままの状態とします。参考までに以前の施工画像を紹介しますね。

この時と同じくマイク下部の部分は塗装せず、またボタンとインジケーターランプ部はマスキングで対応します。

アルミ製のスペーサーリングは塗装では無く黒アルマイト処理がされているので、研磨した後にプライマーを塗ってから上塗りとします。

大まかな作業工程としては、

①下地処理(足付け処理等)

②下塗り(黒&クリアー塗装)

③強制乾燥~完全硬化

④足付け処理

⑤シルバー塗装

⑥ラップ処理

⑦キャンディーレッド塗装

⑧クリアー塗装

⑨強制乾燥~観世硬化

⑩足付け処理

⑪クリアー塗装

といった感じとなります。

単色べた塗りであれば①~③で終わるのですが、マーブル柄はそれの3倍以上(マイク3本分以上)の手間を掛けるので、どうしてもコスト高になります(なのでまさか今回ご依頼に至るとは思っていませんでした・・・)。

ちなみにもう少し工程が少ない仕様が「レース塗装」で、参考までにこちらも紹介をさせて頂きますね。

こちらはレースをマスクとして使った塗装で、今回のマーブル塗装よりかは手間が少なくなります。こちらのページで他の画像も見れますので宜しければご参照下さいませ。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

フィアットテールランプ レッド&スモーク塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたフィアットアバルトの純正テールランプの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はいつもの白いフチが目立つクリアーカバータイプのテールランプだったのですが、

 今回はそのフチを活かしてのレッド&スモーク塗装となります。

 レッドキャンディーは既存の赤い部分のみとし、外周のメッキ部分はわざと見えるようにしています。

オーナー様からは「縁の銀メッキはギラつきが抑えられつつ透けて見えるイメージ」と承っております。

 いつもは外周全部を赤く塗っていて、今回の塗り方は初めての仕様となっています。

 白いフチは目立たなくなり、メッキの輝きが良いアクセントになっているかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

デリカテールランプ レッド&スモーク塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていた三菱デリカD:5の社外品テールランプと、純正リヤガーニッシュ一式の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 こちらが塗装前の状態です。

社外品のテールランプは赤い部分が褪色してしまっていたので、

まずは赤を塗り直してからスモークを重ねて仕上げました。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 元々あの状態だったとは、よく見ても判らない仕上りに出来ているかと思います。

 今回のスモーク濃度は「薄目」となります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!