ゼンハイザーE935マイク塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを行っていたゼンハイザーE935ボーカルマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はいつもの半艶黒っぽかった物を、

 キャンディーレッドに塗装しました。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 下地にシルバーが塗ってあり、その上に透明な赤を重ねる事で発色の良い色を表現しています。

「シルバー→キャンディーレッド→クリアー」の3コート塗装となります。

 自然光下でも撮影しました。

 画像は縮小以外未加工となります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

NBOXテールランプ レッド&スモーク塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたホンダNBOX純正テールランプ、レッド&スモーク塗装で完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

今回はタイミングが良く、お預りしてから比較的早めに対応出来ました。

 テールランプ中央のバックランプ部はスモークのみとし、

 テールランプ上部のウィンカー部分は、赤を薄くするように仕上げています。内容を知っていれば赤が薄くなっているのが判りますが、言われなければ判らない仕上りに出来てると思います。

 クリアーは高品位なクリスタルクリアーの仕様となります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ヤマハマグザムテールランプ塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたヤマハマグザムの社外品テールランプ、レッド&クリアー抜き仕様で完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーレンズの反射板が眩しいテールランプでしたが、

 ナンバー灯部分以外を透過性の赤で塗装し、レッドテールとしています。

 スモークは塗っていなく、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 ナンバー灯部分は足付け処理~クリアーの塗装も行っています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

フォレスターテールランプ塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたスバルフォレスターの純正テールランプも本日完成となります。

最初の状態を紹介させて頂きますね。

元々はいつものクリアーレンズタイプだった物を、

テールランプ下部のバックランプ部をクリアー抜きに、上部のウィンカー部分の赤を薄くして、最後に全体に「極薄目」のスモークにしています。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 作業内容を知っていれば、ウィンカー部分の赤が薄くなっているのが判りますが、言われなければ気づかない仕上りに出来ているかと思います。

 スモークも「極薄目」なので、こちらも言われなければ判らない程の黒さに留まっています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

NBOXテールランプ レッド&スモーク本塗り

 こちらもお待たせしました!先日お預りしておりましたホンダ純正NBOXテールランプです。

 マスキングシートは前回作製した時の物があるのでそちらを利用します。処理した被塗面に長時間貼っておくと糊が残ってしまう為、こちらは本塗り当日に行います。

 また今回は前回と同じくテールランプ上部のウィンカー部分も赤く塗るようご指定を頂いている為、そこはマスキングでは無くフリーハンドで最初の3コートはそこを避けるように赤を塗っていきます。

 4コート目からはウィンカー部分も含め、全体に透過性の赤を塗り重ねます。

その後バックランプ部のマスキングシートを剥がし、再びプラスチックプライマーを塗ります。

 最後に薄くスモークを塗り、

 クリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 パッと見は判りませんが、ウィンカー部は赤が2コートのみになっているので、灯火時にはこちらはアンバー(橙)に光る(だろう)という事です。

尚、もしそれでもウィンーが赤く光ってしまうと言う場合には、以下の施工例で紹介するような高輝度LEDのイエローバルブを使う事で対応出来るようです。ご依頼の前に適合する電球があるのを調べておくと良いかと思います。

NISSAN 180SX Red Tail Light

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!