テールランプ等透過性塗装 下準備

 次の透過性塗装のターンで本塗り予定のテールランプ等レンズパーツ一式となります。


アルファロメオ147GTAテールランプ等塗装承ってます

スバルXVハイブリッドテールランプ塗装承ってます

ジムニーミラーウィンカー塗装承ってます

ヤマハマジェスティウィンカー塗装承ってます


 ミラーウィンカーはフチに貼ってあったクッションテープを剥がしておきました。

テールランプはどちらも中古品なので裏側の洗浄を行い、よく乾かしておきます。

元々綺麗に掃除されていましたが、普通は手が入らない谷(溝)の部分なども綺麗にしておきました。

この後はよく乾燥させておき、次は裏側のマスキング作業となります。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

NDロードスター サイドマーカー3セット塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたNDロードスター用の社外品サイドマーカー等3セット6点の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は色の着いていなかっただったこれらのレンズを、

透過性の橙と赤=キャンディーカラーのオレンジとレッドに塗装しました。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

スモークは塗らず、「オレンジ+クリアー」と「レッド+クリアー」の2コート塗装となります(塗っている回数自体は6~7コートとなります)。

ちなみにトップコートクリアーに直接色を入れる事も可能で(1コートキャンディー)、その方が断然コストは低いのですが、耐候性に劣るので当店では通常行いません。

その代わりある程度の量(ご依頼数)が溜まってからまとめて塗る事でコストを落とすようにしています。

ちなみに今回の製品はレンズに使われているPMMA(アクリル樹脂)の耐溶剤が低かった為か、強制乾燥~完全硬化後 に艶が引けたような状態になっていましたが、その後の磨き処理で艶々にしておきました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります(毎回クドくて恐縮なのですが、Photoshopなどのソフトを使えば画像を加工して綺麗に見せる事が可能なのでわざわざこう説明しています)。ちなみに自身もPhotoshop Lightroomを持っているので画像の加工は出来ますし、もっと良く見せる事も可能です。実物は画像より美しく感じられるかと思います。

  それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

30系ヴェルファイアテールランプ塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたトヨタヴェルファイア(30系)の純正テールランプ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はクリアーカバータイプのテールレンズだった物を、

中央部分に透過性の赤=キャンディーカラーのレッドを塗装し、

 全体に薄くスモークを重ねています。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 純正の状態だとプラスチックの質感が安っぽく見えていた所もありましたが、

 深みのある美しい質感を感じられるかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

NDロードスター サイドマーカー3セット 本塗り

先日下準備をしていたNDロードスター用の社外品サイドマーカー等3セット6点です。

各パーツは手で持って塗れるよう芯棒に固定し、台に挿せるようにしてあります。

フェンダーサイドマーカーは土台の黒い部分がレンズより食み出た状態なのでこれをマスキングで綺麗に仕上げるのは難しいですから、今回はここも一緒にクリアーを塗るようにします。

 最初はマスキングをしておきます。

プラスチックプライマーを塗布し、透過性の橙=キャンディーカラーのオレンジを塗布します。

 ウィンカーのオレンジは「イエロー:オレンジ=5:1」の割合で混合した物を使っています。塗り始めはイエローが強いですが、

塗り重ねていくうちに丁度良いアンバー=橙色になります。5コート程塗り重ねています。

フェンダーサイドマーカーはこの時点でフチのマスキングを剥がし、再びプラスチックプライマーを塗布します。

リヤのサイドマーカーは透過性の赤=キャンディーカラーのレッドです。いずれもスモークは無しで、これでベースコートが完了です。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

トップコートのクリアーに直接キャンディーカラーを入れて塗る事も出来ますが、そうすると表面張力でフチに溜まった部分は濃くなってしまう為、色が均一に仕上がりません。なので当店では今回のように2コート仕様が基本となります。

フェンダーサイドマーカーはフチの黒い部分も一緒にクリアーを塗ります。

 この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

テールランプ等透過性塗装 下準備

   次の透過性塗装のターンで本塗り予定のテールランプ等レンズパーツ一式となります。


30系ヴェルファイアテールランプ塗装承ってます

RX-7 FC3Sテールランプ塗装承ってます

NDロードスター サイドマーカー3セット塗装承ってます


FC3Sのテールランプはゴムモールが取れ掛かっていたので一旦外してしまい、残った両面テープを除去しておきます。

また年季が入っている為か、隙間や文字の部分には昔ながらの白いワックス(コンパウンド入り)が詰まっている為、それらをしっかり除去しておきます。

全体に清掃が終わったので、次は裏側のマスキング→足付け処理となります。

本塗り自体は年内に行う予定ですが、完成は年始になるかも知れません。何卒御理解を頂ければ幸いです。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!