GRヤリステールランプ等レンズ8点塗装承ってます

先日到着しておりました、GRヤリスのテールランプ・ミラーウィンカー・ハイマウントストップランプ・バックランプ・リフレクターの全8点です。こちらのオーナー様は以前インプレッサGRFのテールランプ等をご依頼頂いた方で、その時と同じくレッド・オレンジ・スモーク塗装でご指定を頂きました。この度もご贔屓頂き誠に有難うございます!

  テールランプはスモーク塗装と、クリアーレンズ部をレッド・オレンジの塗り分けでご指定頂いております。

スモーク濃度についてはお任せ頂いているので、前回ご依頼頂いた時を参考に、またボディーカラーのホワイトパールに合わせて調整しようと思います。「極薄めと薄目の中間」から少し「薄目」寄りといった感じでしょうか。

今回のGRヤリスのテールランプは今までに見た事が無いような構造で、てっきり黒い部分とレンズは別体かと思いきや、

ピッタリくっ付いている場所もあるので結局クリアーはテールランプ全体への塗装が必要となります(バツ切りだと爪で引っかかってしまうような段差が出来てしまう為)。

 またちょっと気になったのですが、何か鋭利な物で引っ掻いたような跡が見られて、ただ製品自体は新品ですから???と思っていたところ、

反対側にも同じような跡があります。成型時に出来るウェルドとかフローマークのような感じなのでしょうか(また見る機会があればチェックしておきたいと思います)。ちなみに今回の塗装で消えますのでご安心くださいませ。

 そしてその他の小物パーツです。

作業内容は以下の通りで、上から順番に


■バックランプ・・・中央のバックフォグ部のみを赤。全体にスモーク。

■ハイマウントストップランプ・・・レッド&スモーク

■ミラーウィンカー・・・オレンジ&スモーク

■リフレクターレンズ・・・スモーク


となります。

バックランプは中央の四角部分がバックフォグとなり、ここのみを透過性の赤に、そして全体にスモークを施します。

赤の塗り分けは、オーナー様に予め印をつけて頂いた位置を参考にします。

  また裏から光を当てて境界線も確認しておきます。

ミラーウィンカーは前回ご依頼頂いた時の物と同様、内部に反射板が付いていないタイプなので、オレンジだけでも(スモークを塗らなくても)黒さが出るかも知れません。この辺りは塗りながら確認~調整してみます(こういった物は実際に塗ってみないと判りません)。

 

ハイマウントストップランプは透過性の赤=レッドキャンディーのベタ塗りに、さらにスモークも重ねます。

ハイマウントストップランプはよく見かける形状なので互換品かと思いましたが、内部は今まで見た事が無い構造になっています。光を分散させる為でしょうか。

リフレクターレンズは、テールランプと同じくらいの濃さのスモークにする予定です。

以前ご依頼頂いたインプレッサGRFの画像も紹介させて頂きます。

最初にご依頼を頂いたのはレッド&スモークで6年前に、その後オレンジキャンディーでテールランプとウィンカーを3年前にご依頼頂いています。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ムーヴキャンバステールランプ塗装 完成

こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたダイハツムーヴキャンバス純正テールランプの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はクリアーカバータイプのテールランプでしたが、

 ウィンカー部分をマスキングしてクリアー抜きに、

それ以外の部分を透過性の赤=レッドキャンディーに塗装し、

  全面に薄くスモークを掛け、最後にクリアーでコートしています。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

恐らくですが、一度殻割されて内部の電球を変更(改造)されている物と思われます。かなり凝ってますね・・・。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ムーヴキャンバステールランプ 本塗り

  先日下準備を行っておりましたダイハツムーブの純正テールランプです。

被塗面を脱脂清掃し、予め用意しておいたマスキングシートを所定の位置に貼り付けます。

プラスチックプライマーを塗り、透過性の赤を塗り重ねていきます。一度に塗ると濃淡によってムラになってしまうので、3~4コート程に分けて塗ります。

 ウィンカー部分のマスキングを剥がし、再びプラスチックプライマーを塗布します。

その後はレンズ全体に薄くスモークを塗り重ねます。クリアー抜きにした箇所を3コート、その他赤い部分は2コートといった感じで、派手さを抑えつつ黒くなり過ぎないようにしています。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めてご連絡を差し上げます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

透過性塗装 下準備

先日お預かりしておりましたホンダGL用ナショナルサイクル(NATIONAL CYCLE) VSTREAMのウィンドスクリーンです。ちょっと信じられないくらい大きいサイズです。

  塗装するのは表側なのでまずは裏側をマスキングします。「裏側を塗った方が簡単じゃ?」  と思うかも知れませんが、稀に致命的な問題が起こる事があるので現在は表側のみのお受付となっております。

通常の様に養生紙を貼ってしまうと、塗っている時に濃度やムラが判らなくなってしまうので、マスキングには低粘着の透明なシール(アプリケーションシート)を使います。また部位によって粘着力の強さを変えます。

フチを通常のマスキングテープで固定し、透明な部分を極力阻害しないようにします。

 そしてこちらは先日お預かりしておりましたダイハツムーブの純正テールランプです。

ウィンカー部分は赤く塗らずクリアーのまま(クリアー抜き)で承っていますので、そちらのマスキング用シートを作成します。

まずは上の画像にあるように内部反射板の見切りラインに沿ってガイド用のテープを貼り、

その上に適当な紙を置いてマスキングテープで固定し、鉛筆の芯を使って輪郭を抽出します。石刷りの方法ですね。

それをスキャナーで読み込み、ソフトを使って輪郭のラインを作成します。ラスター画像を基にしたベクター画像の作成ですね。

それを基に実際にマスキングシートをカットし、細部を調整してデータを完成させます。わざわざシートを作っているのはテープの継ぎ目が無くなる事と(仕上がりが良くなります)、本塗り当日に時間を掛けたくない事が理由で、これなら貼って剥がすだけなので塗装の方に集中出来ます。ちなみに脱脂足付け処理された面にマスキングテープを貼って一日放置すると、糊がくっついて(移って)大変な事になるので先に貼っておくという事は極力避けています(せいぜい12時間くらいが限界です)。

次の透過性塗装の本塗りターンではこれらとは別に、KAWASAKI Z900RSの純正テールランプと、当店で在庫していたWRX STIのテールランプの塗装を予定しています。

ちなみにこちらのWRX STIのテールランプは、レンズの角が破損していた物で、それを透明エポキシ接着剤で補修した再生品となります。この状態だと補強の為に裏に塗ったエポキシが見えてしまいますが、スモークに塗れば殆ど目立たなくなると思うので、今回一緒に塗って出来上がった物を販売しようと思っております。尚こちらは国内では珍しいUSテールとなります(スバル社製なのに日本では買えません・・・)。尚、土台との溶着部より外側なので水漏れの心配は全くありません。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ムーヴキャンバステールランプ塗装承ってます

 先日到着しておりましたダイハツムーブカスタムの純正テールランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はレッド&スモーク塗装で、テールランプ下側のウィンカー部は赤くしないようにと承っています。

作業工程としては、まずウィンカー部をマスキングした状態で全体に透過性の赤=レッドキャンディーを塗布します。

ウィンカー部は一部「円」が差し掛かっているので、これを避けるような形状とします。

そして最後に全体に薄くスモークを塗ります。

尚、こちらは単なるイメージ画像ですので、実際の仕上がりは以下のような感じとなります。

こちらは施工例にあるGRBインプレッサの純正テールランプで、これも元々はクリアーレンズタイプだったテールランプをレッド&スモークの塗装で仕上げました。こちらのページから作業工程と他の画像も見れますので宜しければご参照くださいませ。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!