フィアットテールランプ レッド&スモーク塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたフィアットアバルトの純正テールランプの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はいつもの白いフチが目立つクリアーカバータイプのテールランプだったのですが、

 今回はそのフチを活かしてのレッド&スモーク塗装となります。

 レッドキャンディーは既存の赤い部分のみとし、外周のメッキ部分はわざと見えるようにしています。

オーナー様からは「縁の銀メッキはギラつきが抑えられつつ透けて見えるイメージ」と承っております。

 いつもは外周全部を赤く塗っていて、今回の塗り方は初めての仕様となっています。

 白いフチは目立たなくなり、メッキの輝きが良いアクセントになっているかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

デリカテールランプ レッド&スモーク塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていた三菱デリカD:5の社外品テールランプと、純正リヤガーニッシュ一式の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 こちらが塗装前の状態です。

社外品のテールランプは赤い部分が褪色してしまっていたので、

まずは赤を塗り直してからスモークを重ねて仕上げました。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 元々あの状態だったとは、よく見ても判らない仕上りに出来ているかと思います。

 今回のスモーク濃度は「薄目」となります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

フィアットテールランプ レッド&スモーク塗装 本塗り

 先日足付け処理まで行っておいたフィアットアバルトの純正テールランプです。

今回は今までに無い塗り分けで、以前作製したマスキングシートのデータが使えないのでフリーハンドでのマスキングとなります。

 レッドの塗り分けはテールランプ内部にある赤い部分と同じ位置で、この場合はレンズに対して垂直の位置でラインを決めていきます。

 3ミリ幅のラインテープの内側を赤く塗るようにします。ここまでは本塗り前日に作業を終わらせておきました(テープを長く貼っておくと糊がレンズ側に残ってしまい大変な事になります)。

 そして本塗り当日、周りの部分を養生します。

 プラスチックプライマーを塗布後、透過性の赤=レッドキャンディーを塗布します。

 マスキングを剥がし、塗装をしていない周りの部分にプラスチックプライマーを塗布します。

 その後全体に薄くスモークを塗り重ねます。オーナー様から伺っているご要望としては、「縁の銀メッキはギラつきが抑えられつつ透けて見えるイメージ」「レッドキャンディが深みがある赤となるイメージ」「スモークは余り濃すぎず品よくまとめたい」といった内容となりますので、ご意向に沿うよう細かく調整していきます。

 スモークの濃度が決まったら最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 赤は派手過ぎずしっとりと落ち着いた感じで、スモークの黒さもクドく無い感じに出来ているかと思います。

 派手だったメッキと、変だった白いフチも、適度なスモークで上品な感じになったかと思います。

テールランプをそのまま台に置くと横に寝がちになってクリアーが垂れ易くなる為、下にマスキングテープの芯などを止めて塗り易い(クリアーが綺麗に仕上り易い)位置になるようにしています。当店の塗装は派手な物は無いのですが、「やっておくと良くなるかも知れない」みたいな細かい事を沢山積み重ねて仕上げています。

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

デリカテールランプ レッド&スモーク塗装 本塗り

 先日下準備を行っておりました、三菱デリカD:5の社外品テールランプと、純正リヤガーニッシュ一式です。

 リヤガーニッシュは三菱純正部品ですが、テールランプは社外品で、既にかなり褪色してしまっていますので、今回はこれをリヤガーニッシュと同じような赤にし、その上でスモーク塗装を行う内容となります。

 まずはウィンカー部分のクリアーレンズをマスキングします。またガーニッシュ部にも色を合わせる為にレッドを塗るので、クリアーレンズ部をマスキングしておきます。

 その後プラスチックプライマーを塗り、テールランプのみ透過性の赤(=レッドキャンディー)を塗り重ねていきます。

 テールランプがガーニッシュと同じような濃さになったら、ガーニッシュ側にも透過性の赤を塗布します。

 マスキングを剥がし、残るクリアーレンズ部にプラスチックプライマーを塗布します。

 続けて全体にスモークを塗ります。

濃度についてはオーナー様より「スモーク塗装の濃度はある程度「スモーク塗装しました感」が欲しいので「薄目」で」と承っていますので、ご意向に沿うように調整しています。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります(今回のターンは全てこちらのクリアーとなります)。

 この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レンズ系透過塗装 下準備

先日清掃作業を行っていた、次の透過性塗装(レッドキャンディー&スモーク)のターンで本塗り予定の部品13点です。

電球取り付け穴をマスキングし、土台部分を養生しました。

尚、それぞれの案件については以下の通りとなります。

デリカテールランプ レッド&スモーク塗装承ってます

セルシオ20テールランプ塗装承ってます

フィアットテールランプ レッド&スモーク塗装承ってます

レガシィテールランプ&ハイマウントランプ塗装承ってます

レンズ面は足付け処理の前に脱脂清掃をしておきます。

 古いレンズは凸文字部分にワックスやコンパウンドが溜まっているので、

シンナーとナイロンブラシで擦って除去しておきます。

その後被塗面を#800~#1300相当で足付け処理を行います。フチまでしっかりとですね。

尚、これらレンズ類の本塗りの前に他のご依頼品を進めますので、こちらの塗装はもう少し先になるかと思います。進行しましたらまた紹介させて頂きますのでどうぞもう少々お待ちくださいませ!