SHURE SM58マイク塗装承ってます

 先日到着しておりましたSHUREのSM58ボーカルマイクです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご依頼内容はマイク全体をキャンディーレッドでの塗装で、また今回はプレゼント用と言う事でネームロゴ入れも承っております。イメージイラストも作成していますので紹介をさせて頂きますね。

本体とグリルはキャンディーレッドで、正面にSHUREと「聡」のロゴを白で入れます。SHUREについてはいつも通りデカールで、「聡」の方はデカールか、または可能であれば(細部まで切れれば)マスキングシートを使った塗装で行おうと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

インプレッサGRBテール&ハイマウントランプ塗装承ってます

 先日到着しておりましたインプレッサGRB純正テールランプとハイマウントランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容は定番のレッド&スモーク塗装で、作業内容を纏めた施工例の記事がありますのでそちらを紹介させて頂きますね。

SUBARU IMPREZA GRB Tail lights

 ハイマウントランプも同じくレッド&スモーク塗装で、上面に塗られた艶消し黒は塗らず、白いテープが貼られた位置を境にマスキングで対応致します。

裏側にはクッションテープが貼られていて、装着すれば見えなくなる部分ですが、一応剥がしてこの部分も塗装し、最後に元の位置に貼り直しておこうと思います。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

GRBインプレッサテールランプ塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたスバルインプレッサGRBの純正テールランプ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーレンズタイプのテールランプで、

 今回はウィンカー部をオレンジに、ブレーキ&ポジションランプ部をレッド、そして全体に薄くスモークを掛けています。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 自然に仕上がっているので知らない人が見ても塗装しているとは判らないと思いますが、同じインプ乗りが見たら二度見するかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

アバルト595テールランプ&サイドマーカー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを行っていたアバルト595のフィアット純正テールランプとサイドマーカーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーカバータイプだったテールランプを、

 ウィンカーとバックランプ部を除いたレンズ部分に透過性の赤=レッドキャンディーで塗装し、全体に薄くスモークを塗っています。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

サイドマーカーも最初の状態を紹介しますね。

こちらも元々無色透明のレンズでしたが、

 薄いスモークと高品位なクリアーの塗装で、まるでガラスのような質感に仕上がっているかと思います。

 立てた状態で撮影しました。

ウィンカーのスモークはテールランプよりも若干濃くなるように調整しています。

今回は電話でのお問い合わせでしたので、後日日中に改めてご連絡を差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

GRBインプレッサテールランプ 本塗り

こちらも先日より下準備をしておいたインプレッサGRB純正テールランプ一式です。

今回はいつものレッド&スモークとは別に、ウィンカー部を透過性の橙(オレンジキャンディー)で承っておりまして、これを同時に塗るのは難しい為(当店の場合は全て2コート塗装で行うので出来ない事は無いのですがリスクが高いです)、外側(クォーターパネル部)のテールランプだけ先にオレンジ&クリアーで塗装しています。

 ここからの作業はいつも通りで、予め用意しておいたマスキングシートをウィンカー部とバックランプ部に貼付け、

 透過性の赤=レッドキャンディーを塗布し、マスキングを剥がします。

 オレンジ部分にはクリアーが塗られているのでプライマーの必要はありませんが、手前のリヤゲート側のテールはマスキングシートを貼っていた個所がプラスチック素地なので、この時点でプラスチックプライマーを塗布します。

 そして全体にスモークを塗布します。艶があるように見えますが、この時点ではまだベースコートです。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアー部もスモークが掛かる事で落ち着いた感じになっているのが判るかと思います。

小物の塗装では自動車の補修塗装(板金塗装)と違い、「新車肌の再現」は殆ど必要が無く、特にレンズ系の物には塗り肌自体が無いので、極力肌の出来ない塗り方にしています。

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせていただきますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!