スバルエンブレム塗装(スモーク&レッド/枠艶黒) 完成

 先日アクリルプレートのスモーク本塗りを終えていたスバルレガシィセダンBLE用純正エンブレム一式です。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

塗装したメッキ枠とアクリルプレートを組み合わせ、

新たにレーザーでカットした両面テープを貼り付けたら完成です。大変お待たせしました!

尚、ここまでの撮影は現場作業用のカメラ=NIKON D40で、

完成時に撮影をするのは、同じくNIKONのD200なるカメラを使っています。

どちらの画像もサイズの縮小以外は未加工となります(撮ったそのままとしています)。

最初の状態も紹介します。

元々はこういった状態だったエンブレムを、

メッキの枠は艶ありの黒で、

アクリルプレートは裏側の青い被膜を削り落とし、新たにレッドキャンディーでの塗装を行い、

最後に表側からスモーク塗装を施しています。

背面の赤は、透明な塗色=キャンディーカラーの下にメタリックが透けて見えるようになっているので、

赤を透過した光が下色のシルバーに反射し、

さらに赤い塗膜を通って見えるようになるので、通常の塗色とは違った色味に見えるのが特徴となります。

同じ様に表層に塗ったスモーク塗装は「透過する黒い塗膜」となるので、

光の当たり方、見る角度によって色味=黒味が変わって見えます。最初の方の画像だと余りスモークが効いていないように見えますが、実車に着くと光源(太陽や照明)を背にして見るようになるので、エンブレム単体で見るよりも黒味を感じられるかと思います(ですのでスモークの塗り過ぎはかなり注意しています)。

当店ではメッキ素地に直接上塗り=スモーク塗装を行ったりはしていませんが、今回のようにアクリル樹脂で封入されたメッキであれば通常通り対応可能です。PMMA=アクリル樹脂はテールランプと同じですので全く問題御座いません。

もしくは今回のように「完全隠蔽」させてしまう塗色であれば、密着性の悪い装飾クロムメッキでも下地処理が出来るので通常の塗装と同じ様に対応可能です。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

アルファードハイマウントストップランプ塗装承ってます

先日到着しておりましたトヨタ20系アルファードの純正ハイマウントストップランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容は透過性の赤=レッドキャンディー塗装で、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承っております。

参考までに、以前同じような内容で施工した時の画像を紹介させて頂きます。

スズキ車用のハイマウントストップランプで、今回と同じくスモークは無しの使用となります。

こちらはホンダフリードの純正ハイマウントストップランプです。同じく元々クリアーレンズだった物に、透過性の赤=レッドキャンディーで塗装を施しました。スモークは塗っていません。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ホンダS660テールランプ一式塗装承ってます

先日到着しておりましたホンダS660の純正テールランプ、センターガーニッシュ、ハイマウントストップランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はレッド&スモーク塗装の塗り分けで、

現状オーナー様に貼って頂いているマスキングの形状での塗り分け作業を承っております。マスキングテープが貼ってある部分はスモークに、それ以外の部分はレッド&スモーク塗装となります。

センターガーニッシュはレンズ外側にホンダのエンブレムが付いているので、こちらは外しての塗装となります。こちらレンズもレッド&スモーク塗装で、またクリアーは全て高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承っております。

ハイマウントストップランプは元々赤いレンズになっているので、こちらはスモーク塗装のみ、濃度はテールランプに合わせて調整を行います。

スモークの濃度につきましては以前施工した画像を参考にと承っておりますので、そちらを紹介させて頂きます。

こちらは以前施工したメルセデスCLSの純正テールランプで、本塗り時にこの画像を参考にしてスモークの濃さを調整するようにします。

また今回は、センターガーニッシュにLEDライトを入れる加工も承りました。

こちらのセンターガーニッシュでは元々光る仕様の物もあるようで、今回の製品ではそれを行う為の構造ではありませんが、一部に穴を開けてそこからチューブ状のLEDを挿し入れる事でポジション灯で光らせるようになるとの事です。施工方法についてはこちらのサイトで紹介しておりますので宜しければご参照くださいませ。最初に紹介していたメーカーサイトから消えてしまっていたので、こちらのサイトを参考にしておきます。

塗り分けについては一部が複雑になる為、作業を始める前=マスキングテープを剥がす前に後でそれが判るよう記録をしておきます。

テールランプを正面で見ると、上部のラインは大体真っ直ぐに見えるように塗り分けますが、

実際には途中で大きく角度が変わり、フチの太さも変わるので、その起点を記録しておきます。

テールランプの黒い土台部分の形を基準にし、そこの延長でプレスラインが交わる箇所で角度が変わる事と確認しておきます。判り易いよう赤い丸を記しておきました。

真上から見た感じで、黄色になっている部分がレッド&スモークになっている箇所です。車体に装着された外側(画像上だと左端)ではフチは細く、車体内側(センターガーニッシュ側)になるに連れて太くなる感じです。

そしてレッド&スモークの塗り分けが判るよう、イメージ画も作成しました。

この状態がノーマルで、

その後この様に指定の箇所に透過性の赤=レッドキャンディーを塗装し、

最後にレンズ全体を覆うようにスモークを重ねます。画像だと真っ黒に見えますがこれは塗り分けが判り易いようにしているだけで、実際にはもっと透明度のある薄さとなります。

同じくセンターガーニッシュも、

まずレンズ上部の御指定の箇所に透過性の赤=レッドキャンディーを塗布し、

その後レンズ全体にスモークを重ねます。レッドに塗った箇所はレッド&スモークに、それ以外の箇所はスモークとなります。その上に最後にクリアーをコートします。

イメージイラストの作成には勿論時間が掛かりますが、これを行う事でオーナー様が意図される事を汲み取って、実作業時にそれを再現する事に大いに役に立ちます。後で出来上がった物が言っていた事と違う!というのを避ける為ですね(意外にもこういった事が多いらしく、なので今回のような複雑な内容は作業自体を受け付けないショップさんも多いように見受けられます)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

メルセデスベンツW124テールランプ塗装 完成

大変お待たせしました!先日枠の本塗りを終えていたメルセデスベンツW124の純正テールランプ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこの様な状態だったテールランプに、

赤いレンズ部に透過性の赤の塗装を重ね、

全体に薄くスモーク塗装を施しました。

また最後に枠を艶消し黒で塗装しています。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

今回一緒にご依頼頂いたブレンボキャリパーは先に発送しておりまして、オーナー様からはお喜びの言葉も頂戴しました。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度は当店をご利用頂きまして誠に有り難うございました!

ハーレーテール/ウィンカー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたハーレーダビットソン フォーティーエイト(XL1200X)に取り付け予定のテール/ウインカー兼用ランプ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は透過性の橙=オレンジ色だったレンズに、

透過性の赤=レッドキャンディーと、

薄いスモーク塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

オーナー様からは「気にしなくて良いので赤に」と伺っていますが、さすがに塗り過ぎるとウィンカーも赤く光ってしまいますので、赤くなったギリギリで塗装を止め、その後スモークで深みを出しています。

レンズは本体から取れない構造(接着)になっているとの事で今回はマスキングでの対応となりましたが、

特に違和感無く仕上がっているかと思いますので(仕上がりが悪くなってはいないと思いますので)ご安心くださいませ。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!