インプレッサGHテールランプ塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたスバルインプレッサGHの純正テールランプの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

こちらも先ほど紹介したインプレッサG4テールランプと同様、一枚物のクリアーパネルを被せたような構造になっていて、

 ウィンカーとバックランプ部を除いて透過性の赤に塗装し、

その後全体にスモーク塗装を施しています。塗膜構成としては「プラスチックプライマー→レッドキャンディー→スモーク→クリアー」といった内容となります。

 また今回は濃度の調整が可能か【標準コース】でのお受付となっておりまして、いつもより濃い目のスモークとなっています。

尚、スモーク濃度が「大体の感じで極薄め~薄目になっていればそれで構わない」という事であればコストの低い【お任せコース】でも対応可能です。

 日陰でみるとしっかりとスモークが効いていて、ただ光に当たると鮮やかな赤が浮かび上がります。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーで、各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

インプレッサGHテールランプ 本塗り

先日下準備を行っておいたスバルインプレッサGHの純正テールランプ一式です。

よく脱脂清掃し、エアーブローで埃を飛ばします。

 予めカットしておいたマスキングシートを、ウィンカーとバックランプ部分に水貼りします。

 その後プラスチックプライマーを塗布し、続けて透過性の赤=レッドキャンディーを塗布します。

 マスキングシートを剥がした箇所にプラスチックプライマーを塗布します。

このままクリアーを塗れば「純正風」な仕上がりになりますが、

 今回は比較的しっかり目のスモーク塗装で承っておりますので、以前の施工画像を参考にスモーク塗装も行いました。

 塗装としては赤を塗るよりもこのスモークの方が難しく、特に濃度の微調整は吐き気を催す程のプレッシャーです(恐らく後数年でレンズ系の塗装は引退しようと思っています)。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

このテールランプはノーマルの状態だとメッキの反射が強過ぎる傾向にありますが、むしろそうであればある程透過性有彩色の発色性(彩度と明度)が良くなり、さらにスモークが入る事でコントラストが増して格好良くなります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

インプレッサGHテールランプ レッド&スモーク塗装承ってます

先日到着しておりましたスバルインプレッサGHの純正テールランプ一式です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はいつものレッド&スモークの塗り分けで、ただ今回はスモーク濃度のご指定を頂いておりまして、そちらの参考画像を紹介させていただきます。

この型のテールランプとしては比較的濃いスモークで、その他の画像はこちらの記事からご確認頂けます。

尚、【お任せコース】では濃度のご指定は出来ませんので、今回のような場合は【標準コース】以上でのお受付となります。各コースについてはこちらのページからご確認を頂けますので宜しければご参照くださいませ。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!