SHUREワイヤレスマイク塗装 完成

 先日本塗りを終えていたSHUREのBLX24/SM58ワイヤレスマイクです。

 各部品を組み付けて完成となります。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介しますね。

受信機もセットになったモデルで、

元々はいつものようにシルバーのグリルボールと、ボディには黒メタリックっぽい塗装が施されていました。

グリルボールは黒に、本体はホンダS2000の「バミューダ―ブルーパール」(カラーコード:B545-P)で塗装しています。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

SHUREのロゴは白で、こちらはサイズが小さすぎて塗装では対応が出来ない為、デカールへの印刷&貼付けで行っています。

SHUREのロゴ入れは今まで行っていなかったのですが、先日色見本として作成した記事を見て頂けたようで今回初めて仕事でご依頼頂けました。これだけでも色見本を作製した意味がありましたので良かったです。

内部は分解していない為、パイロットランプ部とゴムボタンはマスキングで対応しています。

またパイロットランプ部は仕上りが悪くならないようマスキングはベースコートの時のみで、その後マスキングを剥がしてプラスチックプライマーを塗布後、クリアーを一緒に塗っています。ボタン部分はクリアーまでマスキングのブツ切りとなりましたが、判らないよう綺麗に仕上がっていると思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHURE Super55マイク塗装承ってます

 先日到着しておりましたSHUREのSUPER55デラックス・ボーカル・マイクロホンです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 こちらのマイクは「骸骨マイク」と呼ばれる形状の物で、今までも何度かお問い合わせがあったのですが、詳細が良く判らなかった事もあってご依頼に至る事はありませんでした。今回はオーナー様の御協力もあって初めてのお受付となります。

 また今回はマイク内部のウィンドスクリーン(スポンジ)の交換も承っています。

 色については予め色見本帳をお貸出しておりまして、てっきり鮮やかな青系メタリックを選ばれると思っていたのですが、今回はこちらのホンダ「ナイトシェイドメタリック」(カラーコード:NH-726M)でご指定承りました。恐らくはウィンドスクリーンの赤に合わされたのだと思います。

 と言う訳で早速分解もしてみました。

ちなみに簡単だと思っていたウィンドスクリーンは、ガッチリ接着剤で固定されているようでこれが一番面倒そうと言う事が判明しました(苦笑)。普通のマイクならグリルボールの中に入っているだけなんですけどね。

 構造自体は単純で、ただし使われているネジの長さが違ったり、一部配線も外さないといけないのである程度の情報はメモをしておきます。

 外した配線はコネクターから来る二カ所のみです。

 こちらがそのコネクターで、アームとグリル本体とを別けないといけないのでここのみ配線の取り外しが必要です。

 そしてウィンドスクリーンの取り外しです。決して乱暴に行った訳では無く、スポンジよりも接着剤の方が強いのでもうどうしようもありませんでした・・・。

 まるで親の仇のように全体に接着剤が塗られています。

新たにウィンドスクリーンを貼る際は位置合わせの為にズレも生じますから、正直ここまで塗りたくって無事で済むとは思えません。なので取り付けの際には接着剤は部分的に点付けで、両面テープと併用して貼り付けようと思います。

尚、これ以上綺麗に剥がすのは無理なので、この状態のままシンナーに浸けて接着剤を除去しようと思います。

と言う訳で無事に分解出来ました。

ちなみにオフィシャルサイトには「クロームメッキデザインjと記載されていたのでてっきり装飾クロムメッキ仕上げかと思いきや、アルミ素地のポリッシュ仕上げ(!)でした(なんて紛らわしい…)。

ただしこのまま上塗りをしてっも(色を塗っても)塗料は密着しませんので、素地調整(研磨とリン酸処理)とプライマーを塗ってからの塗装となります。

尚、通常のマイク(特にワイヤレスマイク)の分解は受け付けておりませんのでご注意くださいませ。こちらの型のガイコツマイクであれば今回内容が判りましたのでお受付・お見積りが可能です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介させて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

SHUREワイヤレスマイク 本塗り

 先日お預かりしておりましたSHUREのワイヤレスマイクです。それぞれ足付け処理を行い、マスキングをして台にセットします。

事前に作成したイメージイラストを紹介しますね。

グリルボールは黒で、マイク本体は事前にお貸出した色見本からホンダS2000の「バミューダ―ブルーパール」(カラーコード:B545-P)を選んで頂いております。

 まずはベースコートを塗布します。

 ベースコートが乾いたら場所を工場の二階に移し、デカールの貼り付けを行います。

 デカールは余分に作成してあるので、貼ってみて納得出来なかったら何度でもやり直しが可能です。

 所定の場所に裏表二ヶ所貼り終わりました。この後40℃60分程の熱を掛けてデカールを定着させます。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。

 ランプ部分はベースコートを塗った時点でマスキングを剥がしてプラスチックプライマーを塗布してあります。ボタン部分はクリアーを塗り終わった直後に剥がしてバツ切りしたマスキング際の段差が滑らかになるようにしています。

 以前塗装したワイヤレスマイクは本塗り時にとんでも無い事が起きたので心配していましたが今回は問題ありませんでした(勿論そちらもフォローは出来ています)。

 グリルボールと本体を違う色にした場合は多少追加費用が必要ですが、全体を見た時の雰囲気が引き締まるのでお勧めではあります。

 スペーサーリングはアルマイト仕上げでは無く塗装仕上げだった為#800の足付け処理のみ行って色を塗っています。アルマイトの場合には比較的粗めの番手で足付け処理を行い(#800では歯が立ちません)、プライマーの塗布が必須です。

こちらは本体の裏側、ボタンの無い方です。SHUREのロゴは裏表2か所で、位置(幅)が微妙なので前後を揃えるのに結構気を遣いました。

元々のロゴは足付け処理をした時に簡単に取れてしまうので、恐らく純正のままだと使っている内に擦れて無くなってしまうと思います。今回の塗装(当店の塗装)ではデカールもロゴ入れ塗装も最後に全体をクリアーでコーティングする作業が基本となるのでロゴだけ擦り切れるという事はありません(ただし特殊な案件で、確かこれだけはロゴ部だけの塗装でした)。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

SHUREワイヤレスマイク塗装承ってます

 先日到着しておりましたSHUREのBLX24/SM58、ワイヤレスマイクです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 今回は2トーンカラーでご指定を頂いておりまして、本体部分をブルーメタリックに、グリルボールは黒で、さらにSHUREのロゴを裏表2か所を白で承っています。

ブルーメタリックについては事前に色見本帳をお貸出していて、こちらのホンダS2000の「バミューダ―ブルーパール」(カラーコード:B545-P)をご指定頂きました。黒は通常のソリッドカラーの黒で、いずれも艶あり仕上げとなります。

イメージイラストも作成していますのでそちらも紹介させて頂きますね。

ボタン部分とランプ部分はマスキングで、マイク下部の黒い部分については塗装はせずそのままとします。

それでは作業進行しましたらまた紹介させて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

audio-technicaマイク塗装 完成

 大変お待たせしました!オーディオテクニカのボーカルマイク、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はグレーメタリック(クリアー無し)と赤アルマイト仕上げだった物を、

 グリルボールとリング一つを残してラベンダー色に塗装しました。

 今回のマイクは本体とグリルボールの間に2枚のアルミリングが挟まれるような構造になっています。

 オーナー様的にあの赤を無くしたかったらしく、今回の仕様となっています。

 ラベンダーの色味としては、以前施工したSHUREのマイクに比べてこちらの方が少し濃い感じとなっております。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!