MVアグスタ ミラーウィンカーレンズ スモーク塗装 完成

 こちらもお待たせしました!イタリアンバイクMVアグスタのミラーウィンカーレンズ、スモーク塗装で完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーレンズで、まさにプラスチック!と言う状態でした。ただ、多分凄く高いのではと…。

 スモークの濃さについては以前施工したインプレッサのダブルスモークの薄い方を参考に、「極薄めよりも少し濃く」といった濃さにしてあります。

 サイズは小さいですが、とにかく大変でした。

 裏側に直接マスキングテープが貼れれば楽なのですが、そうすると塗っていて今どうなのかと言うのが全く判らない為、そのマスキング方法からして結構工夫が必要です。

 透明なマスキングテープと言うのがあれば良いのですが、市販の梱包用のテープだと糊が変なので使えません。

 と言う事ですが、裏側に反射板風のアルミフィルムを貼る事で濃度やムラ・ダマを確認しながら塗るようにしまして、ご希望に沿った仕上がりに出来ていると思います。

クリスタルクリアーの質感も相まって、元のプラスチック的な感じは全くしないと思います。もしかしたら素材もアクリル樹脂では無かったのかも知れません(と言う事で予防策は色々張っていました)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご利用頂き誠に有難う御座いました!

MVアグスタ ミラーウィンカーレンズ 本塗り

 こちらもお待たせしました!イタリアバイクのMVアグスタのミラーウィンカーレンズも無事本塗り完了しておりますのでご安心下さいませ。

 被塗物はレンズ一枚物の単品で、パッと見は簡単そうに見えるのですが、実は通常のテールランプよりもかなり面倒です。

レンズ裏側に直接マスキングテープを貼ると塗っている時にスモークの濃さが判らず、かといってマスキングをしないと塗料ミストが付いてしまう為、その両方を解決しなければなりません。

方法としては、フチから3ミリ程の所までをバックテープのマスキングで行い、3Mの反射フィルムを使って反射板の代わりにして密封しています。

 スモークの濃さについては以前施工したインプレッサのダブルスモークの薄い方を参考に「極薄めよりも少し濃く」といった濃さになるよう調整します。

 ここまで微妙な濃さの調整となると事前のテスト塗装等では対応が出来ませんから、如何にして塗りながら今どれくらい濃いのかが判るようにしなければなりません。

 濃さは薄いのですが、コート数自体は5コートと、やはりと言うかかなり手間と時間を掛けています。しかも塗り直しが効かないので精神的にも大分やられます。

元々プラスチック的な質感が強かったのですが、薄っすらと色味(黒)が着いてコントラストが効き、また高品位なタイプのクリアーで質感はかなり良くなったと思います。

それではこちらも完成次第改めて紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

MVアグスタ ミラーウィンカーレンズ塗装承ってます

先日お預かりしておりましたMVアグスタなるイタリアのバイクのミラーウィンカーレンズです。こちらのオーナー様は以前もマフラーステーやアンダーカウルの塗装でご依頼頂いた方、今回はこちらのレンズをスモーク塗装でご依頼頂きました。この度も当店をご贔屓頂き誠に有難う御座います!

スモークの濃度は「極薄めよりも少し濃く」で、以前施工したインプレッサテールランプの中央部分(薄い方)でご指定頂きました。

それでは作業進行しましたらまた紹介させて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

MV Agusta ロアカウルパネル塗装 完成

mv11 大変お待たせしました!MV Agustaなるイタリアのバイクのアンダーカウルパネル、ホワイトパール塗装で本日完成となります。

mv14色に関しては厳密な調色作業を行った訳では無いので目立つ部分だと隣り合うパーツ同士で色違いは感じてしまうと思いますが、配合データが無い色で一から色を作るとなるとそれだけで相当の費用が掛かってしまうので今回は「近似色」と言うことで簡易的な色の作成で行っています。今回であればオーナー様がおっしゃるように装着しても殆ど見えな所に着く部品なので問題無いと思います。ただ当初予定していたトヨタの049とは明らかに違ったようなのでそちらは却下しましたが・・・。

最初の状態も紹介しますね。

mv3素材はPA(ポリアミド)で表面がザラザラとした梨地状でしたから、本来は「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった工程で平滑な下地を作りますが、これを全て手作業で行うとなると結構な手間と費用が掛かりますので今回は1コートソリッドダイレクト(クリアーに色が着いたような上塗り塗装)を下塗りとして二回分塗るような感じで仕上げています。勿論二回分の塗装なのでそれなりに費用は掛かりますがそれでも全面サフェーサーを塗って研ぐよりは時間が短縮出来て費用も抑えられています。こういった場合は塗装費よりも下地処理費が上回ってしまうなんてケースもありますからね。

mv12本来のサフェーサーを使った下地処理では無い場合のデメリットとしては「シャープ感が損なわれる」と言う事ですが、塗装した面はバイクの一番最下層の地面スレスレ部分ですからそこまで仕上げなくても良いという判断です。そもそもがシャープな造りでも無いですしね。

mv13 ただそれでも何もしないまま「単に塗るだけ」の仕上がりとは全然違いますので用途によって使い分ければ宜しいかと存じます。2ndレンジローバーの未塗装バンパーとかは大分この方法でやりましたしね。それでも純正のカラードバンパーよりも艶が良いというオチ付きでして(苦笑)。

それでは後ほど完成のお知らせメール差し上げますね。この度も当店をご利用頂き有難う御座いました!

MV Agusta ロアカウルパネル 本塗り

mv65先日下塗りをしておいたMV Agusta(イタリアのバイク)のアンダーカウルです。元々ザラザラとした樹脂素地に1コートダイレクトソリッド(クリアーに色が着いたような塗料です)を塗りましたが、硬化するとこんな感じで中途半端に艶が引いたような状態になります。実物は画像で見るよりもさらに気持ちが悪い仕上がりで、艶があるように見えますが後に紹介する画像を比べるとその差は判ると思います。

ちなみに通常は「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった工程で行いますが、装着する部分はバイクの車体の最下層で殆ど見えない部品なので、下地処理のコストを省く為に今回の方法をとっています。デメリットとしてはサフェーサーのように切削性が良い訳では無いので、この状態から足付け処理のみ行って本塗りとなりますから、やはりサフェーサーの場合に比べると仕上がりのシャープ感は劣ります。

mv7「研磨」と言う工程では無く足付け処理のみとなるので時間は2時間くらい短縮出来ます。これにサフェーサーを塗って研ぐとしたら全部手研ぎとなるので凄く大変なんですよね。尚、平面ならダブルアクションサンダーが使えるので迷わずサフェーサーを選択します。

mv8色は3コートパールで、かなり白いグラウンドカラーの上にホワイトパールとブルーパールを塗っています。

備忘録の為にちょっと記載しておきますが気にしないで下さい。グラウンドカラーはmix570をベースに855バイオレットと859ブルーで黄色味を殺し564をかなり入れて黒味を強くする。パールコートは825と845のブルーパールを基本として826のホワイトパールを入れて粒子間を出し、さらに008を入れてギラツキ感を出しつつスカシを黒くする。826ホワイトパールはスカシの黄味が出るので控えめに。

mv9バイクの白系の色は特に白い(黄色味・赤味が無く青みがある)傾向が強く、四輪車には無い色味が多いです。ホワイトパールとなると多少なり黄色味が出るのですが今回の色味もいそれが無いのでちょっと苦労しました。

mv10ちなみによく見える部分としては実は裏側にして塗った方で、車体に着くと画面左側の尖った箇所のみが見える部分になるらしいです。台に固定している辺りは内側になるのでここも装着すると見えないのです。それにしては結構大げさな作業になってしまうので、その中で省ける部分は・・・という事で今回はサフェーサーを下塗り方式に置き換えました。ただちょっと判り難いですかね(すいません説明が下手で・・・)。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きますのでもう少々お待ち下さいませ!