BNR32 Timing Belt Cover RB26→RB28

スカイラインR32 GT-Rの純正アルミ製タイミングベルトカバーです。

元々エンジンパーツ一式がオレンジに塗装してあって、

今回はこちらの「RB26」ので小文字を「RB28」への変更で承りました。

既存の塗膜はあまり密着していないように見受けられる為、こちらも一旦全部剥がして塗り直しとします。その他の最初の状態はこちらのページでご覧いただけます。

他のエンジンパーツはそのままとなりますので、既存の塗膜を剥がす前に元のオレンジを再現出来るよう調色作業を行って塗料を作成しておきます。

STANDOXの原色ではここまで鮮やかな色を再現する事が難しいと考え、下地に白を塗り、それを透かすようにして鮮やかなオレンジを表現しています。

調色作業について詳しくはこちらのページで紹介していますので宜しければご参照くださいませ。

裏側も剥がして塗り直す為、フチに塗ってあるシーラーを綺麗に剥がします。

その後溶剤層に浸け置きをして旧塗膜を剥がします。

その後平らな面をダブルアクションサンダーで均し、

サンドブラスト処理を行いました。詳しい内容はこちらのページで紹介しております。

そして「6」の部分を削り落とします。

 

「8」はアルミ板からカットした物を使用します。

リン酸を使った化成処理を行い、

構造用エポキシ接着剤を使って貼り付けます。

位置がずれないよう固定し、

熱を掛けて硬化させます。

熱が下がらない内にはみ出た接着剤を削り落としておきます(冷えると固くなって歯が立ちません)。その他詳しい内容はこちらのページでも紹介しております。

その後プライマーを塗装し、

サーフェサーを塗って熱を掛けて塗膜を硬化させます。

サフェを研いでラインを整えます。

最終#800でペーパー目を均します。

台にセットし、いよいよ本塗り開始です。

まずは裏側にベースコートの黒を塗布します。

続けて表面に調色したオレンジを塗布します。

RB28の凸文字部を研磨してアルミ地を光らせ、

クリアーを塗って本塗り完了です。

↓塗り終わった直後の動画です。

本塗についての内容はこちらのページで紹介しています。

最後に切り取っておいたシーラーを元の通りに貼り付けて完成です。

その他の画像はこちらのページで紹介しています。

↓完成時の動画も撮影しています。宜しければご参照くださいませ。

↓その後オーナー様の」SNSでも紹介して頂きました。

アルファロメオGT テールランプ塗装承ってます

 先日到着しておりましたアルファロメオGTの純正テールランプです。こちらのオーナー様は以前ヘッドカバーの塗装をご依頼頂いた方で、この度も当店をご贔屓頂き誠に有難うございます!

ご依頼内容はスモーク塗装べた塗りで、濃度は「薄目と標準の中間」、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承りました。

以前ご依頼頂いたヘッドカバーの画像も紹介しますね。

梨地を平滑にし、鋳造で作ったAlfaRomeoの凸文字を追加しています。その他の完成画像はこちらのページで紹介していますので宜しければご参照くださいませ。

またオーナー様からその後の画像も送って頂いたのでそちらも紹介させて頂きます。

「以前のカムカバーは問題なく光沢艶々状態です。」とのお言葉も頂戴しました。わざわざ有難うございました!

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

BMW R1200RS パニアケース装着されました

 先日完成しましたパニアケースが装着されまして、オーナー様に許可を頂いて撮影をさせて頂きました。今回は土台に着いた状態でお預りしましたので、完成時にそのまま車体に装着して帰る!と言う事が可能だったのです(ただその場合別途保管費として一個¥5,000の費用が掛かってしまいます)。

装着前の車体の画像は無いのでパニアケースだけ紹介をさせて頂きますね。

元々は艶消しのグレーメタリックカラーで、ケースだけ外れて転がってしまい全体に傷がついてしまったとの事で、傷の修理と、ボディ同色のALPIN WEISSⅢへの塗装で御依頼を頂きました。

 トップケースはグレーのままなので、それと比較をするとパニアケースが白くなってイメージが変わったのが判り易いかと思います。車体との一体感が増してボリュームが大きく感じられるようになりました。

 元々白系の色がフロント周りに寄っていたので、車体全体で見た時の配色のバランスも凄く良くなったと思います。むしろどうして純正でこの仕様がないのかが不思議です(四輪車の場合はマイナーチェンジでモールをボディ同色にした仕様を後から出す事がよく見受けられますが)。

同車種のオーナーから見ると同色の仕様が無いのは良くご存じなので、きっと二度見をされる事かと思います。

この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SHURE SM58 Microphone

shure18少し前にご依頼を頂いていたSHUREのマイクです。プレゼント用にと言う事でご依頼頂いていましたので紹介は控えていましたが、お渡しする日が過ぎれば問題無いとの事で改めて内容を紹介致します。

mic7本体はいつものキャンディーレッドで、そこに入れるロゴをベクトルデータにて入稿して頂きました。細部とサイズを修正し、イメージイラストを作製してご確認頂きました。

mic8作製したデータをプリントアウトし、実際にマイクに貼ってサイズと位置を確認します。

mic6今回は細かいラインがあるので極力ロゴのサイズを大きくしたいのですが、かといってバランスが悪くなっては困るのでその辺に気を付けています。上の画像ではロゴをプリントした紙をカットして貼っています。

mic46ロゴが決まったらいよいよ本塗りです。と言っても今回はロゴ入れがあるので、塗装は二回分(2個分)の工程となります。

mic47キャンディー塗装の特徴は色の発色の良さで、その為にはまず下地に光りが反射する為の明度の高い色(白またはシルバー)を塗り、その上に透過性のある色を塗ります。上に塗る色によっても仕上がりは変わりますが、下に塗る色によってもそれは変わるので、バイクのカウルなどの再補修の為の調色作業は困難を極めます(結果部品代よりも高くなるので、金額面で直すメリットは少なくなります)。

mic48透明な赤を塗り、さらにクリアーを塗って本塗り(下塗り)が完了です。

この後熱を入れて完全硬化し、さらに同じ下地処理を繰り返したら今度はロゴを入れて再度クリアーを入れて完成となります。

mic42細かいデザインだったのでカッティングプロッターだけでは難しかったのですが、細部は手でカットして何とか塗装で対応出来ました。

mic43
オーナー様からは、

「非常に美しく艶やかな仕上がりに、大変満足しております!
プレゼントする相手にも喜んでもらえると思います!」

とのお言葉も頂戴しまして安心しました。

mic45一番難しかったのは周りの星のラインで、曲線的なラインは多少曲がっても余り目立たないのですが、直線的なラインは曲がるのはもちろん、太さや幅が変わるとても目立つので神経を使っています。

当店ではエアーブラシを使って画を描いたりは出来ませんが、出来るだけ機械的に、人間の手が加わったとは思えないような仕上がりを目指しています。

NISSAN SKYLINE R34 Tail Light

img1906 丁度四年くらい前にご依頼頂いたスカイラインR34用の社外品テールランプです。作業内容は普通のスモーク塗装だったのですが、オーナー様から頂いた装着済みの完成画像が格好良かったので改めて紹介させて頂きますね。

img1958 意外と面倒だったのがマスキングで、土台の黒い部分は車体に装着されれば恐らく見えなくなると思いますが、小物塗装の場合はそういう訳にはいきませんので(この状態で渡すので)、一応しっかりマスキングしておきます。

img1959 多分黒いプレートも一緒に塗っても問題は無いと思うのですが、やはり気分的に良く無いという事で、かなりしっかりマスキングしています。

img1960 スモーク塗装は塗膜の厚みで濃淡が変わってしまうので、今回のような平面では無い部分への塗装はちょっと難しくなります。「これだけの段差で?」と思いそうですが、エアースプレーでの塗装となると空気の流れが変わると塗膜の付き方も全然変わってしまうのです。しかも一旦濃淡が付いてしまうと最後まで取れませんしね。

img2005 濃度としては「薄め」で、元の赤が派手だった分、スモークが綺麗に表現出来ていると思います。

img2006 こういう点では純正品よりも派手な社外品の方がスモーク塗装には適しているかも知れません。

img2007 無駄に手間を掛けたマスキングですが、そのお陰でこの状態で見てもとても塗装したとは思えないように仕上がっていると思います。車体に着いてしまえば全くの無意味なのですが(笑)。

img2080車体色は濃色系ですが、スモークテールが黒過ぎないお陰で極悪さは控えめになってくれていて、むしろ上品ささえ感じられると思います。