スーパーセブン カーボンフェンダー 下塗り(2回目)

先日一回目の下塗りを終えていたロータススーパーセブンのプリプレグカーボン(ドライカーボン)製リヤフェンダーです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

比較的綺麗に仕上がってそうに見えますが、

よく見てみるとカーボン素地の跡が全体に出ているのが判ると思います。激しく凹んだ箇所などもまだまだ無数にあります。

と言う訳で、ダブルアクションダンサー#240で全体を粗研ぎし、その後#320で目消し&手研ぎで足付け処理を行います。断面までしっかりとですね。

よく脱脂清掃し、

エアーブローを行ったら、

クリアーを塗布します。

この状態ではクリアーを2コート行っていて、肌的には丁度良い感じですが、

下塗りのクリアーはサーフェサーのような充填が役目なので、さらにもう1コート重ねます。トータル3コートですね。

無駄を無くす為にエアー圧を落としているのでデロデロとした肌になっていますが、現時点では凹んだ所を埋める、ラインを整えるという為の塗装なので問題ありません。

ただし4コート目に行くと塗膜自体に問題が起こる可能性がある為(ブリスター等)、3コートに留めておきます。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきます。

しっかりとした下地処理のお陰か、思っていたよりも回数は少なくて済みそうで、あと2~3回の下塗りで本塗りにいけそうです。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

VMAXウィンカー&レンズ塗装承ってます

先日到着しておりましたヤマハVMAXに取り付け予定のウィンカー一式と、リフレクターレンズです。こちらのオーナー様は以前同車のダクトカバーの塗装と、またその後テールランプのスモーク塗装もご依頼頂いた方です。この度も当店をご贔屓頂き誠にありがとうございます!

レンズはスモーク塗装で、濃度は「極薄めと薄目の中間」、以前ご依頼頂いたテールランプと同じくらいの濃さで承っております。

リフレクターレンズも同様で、以前ご依頼頂いたテールランプと同じような感じでともご指定を頂いております。その時の画像も紹介します。

この時は元々赤かったレンズにさらに赤を重ねてスモーク塗装を行っています。

ウィンカーレンズには深い傷が入っていますので、足付け処理の際に削って均しておくようにします。

そしてウィンカー本体=土台の部分です。元々はSRX系の純正部品との事で、ぱっと見は綺麗なのですが、

アルミ地に直接トップコート=クリアーが塗られている為、その間で菌糸状の腐食が発生しています。これはアルミホイールでもよく見受けられますが、クリアーに腐食を防止する効果はない為、プライマーが塗っていない物は早かれ遅かれ皆こうなってしまいます。ホームセンターで「防錆塗料配合済み これ一つでOK!」みたいな色付きペンキ(フタル酸樹脂塗料)とかの製品を見かけますが、本気でそれを信用する本業の方(塗装屋さん)は居ません。

ですので一旦クリアーを剥がし、腐食部分をサンダーで削り落とすかサンドブラスト処理を行ってからのプライマー塗装とする予定です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!